• 関連の記事

「オフィス(事務所)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オフィス(事務所)」に関する情報が集まったページです。

2Dドット絵“メタバース”をバーチャルオフィスに 学研「MetaLife」 25人まで無料
RPGのような2Dワールド上で、ユーザー同士がコミュニケーションできる「MetaLife」を学研HDが公開。参加者25人までなら無料で利用できる。(2022/8/3)

ペーパーレス化のメリットと課題【前編】
まだ紙の書類で消耗してるの? 「ペーパーレス化」で職場はうまくいく
オフィスのペーパーレス化は手間もコストもかかるが、それに見合うだけのメリットが得られる可能性がある。ペーパーレス化の利点は「コスト削減」だけだと考えているとすれば、それは大きな間違いだ。(2022/8/2)

「Microsoft 365」の管理機能との組み合わせが鍵
「ハイブリッドワーク」を成功させるデバイス管理とノートPC選びのこつ
ハイブリッドワークを採用する企業では、従業員は基本的にオフィスの外にいることを前提として、PC選びと情報漏えい対策を見直す必要がある。ユーザーの利便性とIT管理効率を高めるツール選びのヒントは。(2022/7/29)

オフィスの節電対策の実態は? 「小まめな消灯」「空調は必要な場所のみ」などの声
UPDATERは大企業の総務担当者を対象に、夏の電力不足に対する意識調査を実施した。その結果、8割弱の企業が節電の取り組みを予定していることが分かった。(2022/7/22)

オフィスの天井から物音、調べてみると…… ダクトから“生まれたての子猫”を発見→無事救出される【米】
みんな元気でよかった。(2022/7/2)

日本マイクロソフト、本社オフィス改修完了 ウェルビーイング重視で「瞑想ルーム」「トレーニングルーム」新設
日本マイクロソフトが6月末に改修を終えた本社オフィスを公開した。新オフィスには「ウェルビーイング」の考えをオフィスデザインに反映。瞑想スペースなどを新設した。オフィス改修で社員の業務生産性の向上を目指す。(2022/7/1)

電力逼迫 企業が節電対応、一部生産停止も
電力需給が逼迫する中、企業が節電対応に本腰を入れている。店舗やオフィスでエアコンの温度を高めに設定したり、照明を消したりするといった取り組みやすい施策から、保有する自家発電設備のフル稼働まで、あらゆる工夫で電力不足解消に努めている。(2022/6/30)

イラストレーターの1日をまとめた動画が効率的すぎて参考になる 「こんな生活してみたい」「オシャレな仕事場」と反響
効率化の秘訣もインタビューしました。(2022/6/28)

スマートビル:
ビットキー、東京建物/鹿島の六本木複合型ビルを丸ごとDX
ビットキーは、東京建物と鹿島建設が共同で所有する六本木和幸ビルで、入退室管理、シェアオフィスの運営・管理支援、会員間のコミュニケーション促進などを目的にビットキー製品が採用されたことを発表した。(2022/6/24)

「ハイブリッドワーク」時代にあるべきオフィスの姿とは? 日本マイクロソフトがリニューアルした品川オフィスをオンラインで公開
日本マイクロソフトがオンラインイベント「ハイブリッドワーク2022」を開催した。このイベントの中で、リニューアルが完了した同社の品川オフィス(本社)の様子が初めて公開されたので紹介する。(2022/6/16)

オフィス探訪(JT後編):
JTのオフィスにある「“たばこ”のないたばこ部屋」とは? 移転でこだわった「交流を促す仕掛け」
2020年10月に本社を移転したJT。ABW(Activity Based Working)を導入し、従業員が働く場を自由に選択できる働き方を目指している。ユニークな設計を細部にまで施し、従業員の働きやすさを追求した本社オフィスを訪ねた。(2022/6/16)

電子ブックレット(BUILT):
コロナ禍だからこそ、新たな“FM戦略”を
コロナ禍によって、テレワークの普及や働く場所の在り方といった社会基盤に変革が起きています。しかし、急激な社会変化に対しては、PDCAサイクルで柔軟な対応力を備えるファシリティマネジメント(FM)を活用することにより、ビルやオフィスの資産価値を向上させる機会にもなり得るという。本ブックレットは、ファシリティマネジメント フォーラム 2021のセッションのうち、「コロナ禍をチャンスに変えるFM戦略」と題した講演のまとめになります。(2022/6/14)

PCもサービスで使う
どこでもオフィスになる時代 「as a Service」で実現する次世代のPC活用
調達や配布、運用、リプレースといったPCライフサイクル管理に関連する業務は、企業のIT部門がDXに専念することを妨げている。PCの管理にかける時間を短縮し、業務の負担を軽減するにはどうすればよいのか。(2022/6/10)

Tシャツ・ジーパンで働ける:
ニトリが本気で作った「働きやすいオフィス」とは? デジタル人材1000人化への第一歩
ニトリHDは、デジタル事業を担う新会社・ニトリデジタルベースのオフィスを発表した。このオフィスを拠点に、現在は350人ほどのデジタル人材を、2032年までに1000人規模へと増員する方針だ。「働きやすさ」を重視して作ったというこのオフィスには、どのような特徴があるのか?(2022/6/8)

テレワークの次はオフィスの整備
Teams/Zoomを使うと見えてくる、オフィスの弱点と課題
コロナ禍でテレワーク環境の整備が課題になったが、ハイブリッドな働き方に移行すると企業は新たな問題に直面する。「Microsoft Teams」や「Zoom」の利用にオフィス環境は耐えられるだろうか。(2022/6/7)

6月6日に先行開始:
印刷のキンコーズ、店舗をコワーキングスペースに 1回200円の“ふらっと立ち寄れる仕事場”へ
オンデマンド印刷サービスのキンコーズ・ジャパン(東京都港区)が、同社の店舗をコワーキングスペースやサテライトオフィスとして提供するサービスを始める。6月6日に横浜駅西口店と四条烏丸店で先行してサービスを開始し、都内8店舗で順次展開する予定。(2022/6/6)

重要なのは場を用意することではなく、選択できるようにすること:
PR:ハイブリッドワークが生産性向上の起爆剤に――実現に向けて働く環境をアップデートするポイントとは
オフィスに出社したり、在宅で業務を推進したりする「ハイブリッドワーク」の一般化が進む一方、テレワーク環境の整備がゴールになっているケースもある。コロナ禍以前からテレワークを実践してきたMicrosoftは、そうした状況に警鐘を鳴らす。では、ハイブリッドワークを見据えて働く環境をアップデートしていく上でのポイントはどこにあるのだろうか。(2022/6/2)

橋本マナミ、1歳息子が仕事場に同行で“働くママ”ショット 「素敵です」「急に大きくなった感じする」と反響
息子くん大きくなったなぁ。(2022/5/24)

ノートや便せん、製本しないで“紙だけ”販売 コクヨから「書き心地」選べる製品
おなじみのキャンパスノートから便せん、お店やオフィスで見る帳簿など、さまざまな紙の書き心地を味わう。(2022/5/19)

プロジェクト:
住友林業が欧州初進出、英国で木造6階建て環境配慮型オフィスの開発事業に参画
住友林業は、英国の不動産開発業者Bywater Propertiesと合弁会社を設立し、ロンドンで木造6階建ての環境配慮型オフィス開発事業「Paradise プロジェクト」に参画する。なお、住友林業が住宅・不動産事業で欧州に進出することや英国に現地法人を設立するのは初だという。(2022/5/18)

新幹線・駅…… 苦境の鉄道がリモートワークで反転攻勢
コロナ禍で苦境の続くJRや私鉄の鉄道各社が新たな需要を掘り起こそうと、鉄道利用者らのリモートワークを支援するサービスを広げている。駅構内のシェアオフィスの利用は堅調といい、リモートワーク環境を整備した新幹線も運行中だ。(2022/5/17)

Q&A 総務・人事の相談所:
週1の出社を“強要”するのは、パワハラなのか?
オフィスで週1のミーティングを実施することにしたら、部下から「出社を強要するのはパワハラだ」といわれてしまった──。そんな悩みに対し、人事のプロが教える対処法は?(2022/5/17)

これからの「Web会議」運用のいろは【第2回】
「使い方が分からないWeb会議用機器」が会議室に現れたら危険信号
オフィスの会議室に新しいWeb会議用機器を導入しても、操作や設定が難しいと社内普及は進まない。オフィスワーカーもテレワーカーも平等にWeb会議を利用できるよう、運用管理で気を付けるポイントは。(2022/5/10)

仕訳ワンポイントレッスン:
エアコンの固定資産区分は「器具備品」か、「建物附属設備」か? 壁掛け型とダクト型で違い
オフィスに設置したエアコンの固定資産区分は「器具備品」なのか。それとも、「建物附属設備」か?(2022/4/25)

これからの「Web会議」運用のいろは【第1回】
会議室のリニューアル前に「なぜ会議室が必要か」を議論すべき理由
これからオフィスの会議室をリニューアルするなら、まず「オフィスの会議室で達成したいことは何か」の定義が必要だと専門家は説く。その理由は。(2022/4/25)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【前編】
地球規模に広がった「無線WAN」とは何かの疑問
オフィスで無線LANが広く使われているのと同じように、「無線WAN」の利用も勢いづいている。無線ならではのメリットを引き出す無線WANとは、具体的には何なのか。(2022/4/18)

入社式は対面5割、研修はリモート7割:
2022年の新入社員、79.8%がテレワーク オフィスの必要性は?
「Job総研」を運営するライボ(東京都渋谷区)の調査によると、新社会人の79.8%がテレワークを実施し、頻度は「週に数回」が49.4%で最多となった。(2022/4/12)

大型ジェット旅客機がオフィスに転身!? 廃棄された航空機を解体、シアトルで再利用
カリフォルニアからまもなくシアトルへ到着予定。(2022/4/9)

27.5%がバックオフィスの業務改善に否定的:
本音は「やり方を変えるのが面倒」? LegalForceがバックオフィス業務に関する調査結果発表
LegalForceは「コロナ禍3年目のバックオフィスDX実態調査」の結果を発表した。27.5%がバックオフィスの業務改善に否定的で、その理由として「これまでのやり方を変えるのが面倒」が挙がった。(2022/4/5)

柔軟な働き方のその先へ:
PR:大失敗のフリーアドレス、ABW――“見せかけ”オフィス改革の落とし穴はいったい、どこにあったのか?
「オフィスで働く」ことが常識ではなくなった今、固定席を設けない「フリーアドレス」や、フレキシブルに場所を選んで働く「ABW(Activity Based Working)」の導入によるオフィス改革も、もはや珍しいものではなくなってきた。しかし、ただ固定席を廃止するだけで“改革”を果たせたといえるのか? フリーアドレス、ABW成功のカギを探る。(2022/3/29)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(50):
テレワーク拡大で増える「スマートフォンを使ったIP電話」、音質を左右する要因を知っておこう
テレワークの拡大でスマートフォンをクラウドPBXの端末として使い、在宅勤務時でもオフィスにいるときと同様に電話を使えるようにする企業が増えている。そこで気になるのが音質だ。今回はスマートフォンを使ったIP電話の音質を決める要因について述べる。(2022/3/28)

世の中の変化に合わせてプリンタも変化を:
PR:COREFIDOが「コロナ禍の業務用プリンタ」に適している、これだけの理由
テレワークの普及によってオフィスに行く機会は減ったが、印刷業務がなくなったわけではない。だが世の中の変化に合わせ、利用者が求める業務用プリンタは変化している。コロナ禍で必要とされる「業務用プリンタの要件」とは何か。(2022/3/28)

「ONE PIECE」のルフィがAI化 集英社オフィスの受け付け担当に
セコムとDeNAは漫画「ONE PIECE」の主人公ルフィのAI「AIルフィ」の実証実験を始めた。AIルフィは来訪者が近づいたり話しかけたりすると、ルフィのイメージに合わせた動きと語りかけるような合成音声で自動応答するという。(2022/3/24)

集英社入り口にお目見え:
AIルフィが受付を担当 道案内や検温うながす DeNAやセコム協業
DeNAは、人気漫画「ONE PIECE」の主人公ルフィが「AIルフィ」として受付業務を担当する実証実験を、東京・神保町の集英社オフィスで始めた。来訪者への応対や、検温を促すあいさつ、道案内などをする。(2022/3/24)

なぜ今タワー型サーバなのか:
PR:テレワーク全盛時代でも衰えないタワー型サーバの価値 その理由は?
テレワークが国内ビジネスに定着する現在でも、オフィスに設置するタワー型サーバの価値はいまだに衰えていないという。なぜ今タワー型サーバなのか。今回は、その理由を探るとともに、ユーザーの満足度が高いタワー型サーバはどの製品なのかを、IT製品・サービスのレビューサイト「ITreview」へ実際に寄せられたレビューからひもといてみたい。(2022/3/14)

リモートワーク定着で決断:
日本サッカー協会、自社ビル「JFAハウス」売却へ 三井不動産系と「100億円を超える契約」
日本サッカー協会は、自社ビル「JFAハウス」(東京都文京区)の売却に向け、三井不動産レジデンシャルと売買契約を締結したと発表した。売却額についてJFAは「100億円を超える契約」としている。1年後を目安にオフィスの移転先を検討する。(2022/3/15)

オフィス探訪:
感染対策に1.7億円! コロプラが目指した『出社したくなるオフィス』の全貌
コロプラは2月、東京・六本木のミッドタウン・イーストにオフィスを移転した。感染症対策に特化しつつ円滑にコミュニケーションがとれる空間を目指した。新オフィスの仕掛けとは?(2022/3/14)

ペーパーレス化の裏で:
原料は水だけ オフィスの古紙を「新品」に再生する”紙の洗濯機”とは?
ペーパーレス化に伴い、紙を使用する頻度はグンと減ったように感じる。筆者も「ちょっと紙に書いて整理したい」と思っても、ちょうどいい紙が見当たらない”紙難民”の一人だ。使用済みの紙や機密文書を「ただの白い紙」に再生する”紙の洗濯機”という機械があるという。どのような仕組みなのかというと……(2022/3/11)

廃小学校をオフィスに! 出雲市が開業「日御碕サテライトオフィス」 教室を占有、月1万6000円から
環境めっちゃよさそうです!(2022/3/8)

導入事例:
コロプラがクリエイターが望むオフィスを都内で構築、最先端の感染症対策も導入
コロプラは、東京都港区の複合施設「東京ミッドタウンイースト」で、科学的根拠に基づく最先端の感染症対策を施したオフィスを実現し、そのオフィスに移転した。新オフィスではゲームクリエイターが出社したくなる環境も構築している。(2022/3/3)

土日は月額10万円:
オフィス賃料は使った分だけ 曜日単位で契約するレンタルオフィスの実証実験が開始
ガイアックスなど4社は曜日単位で契約するレンタルオフィス「unito work space(ユニット・ワーク・スペース)」の実証実験を4社合同で3月1日に開始する。(2022/2/24)

ハイブリッドワークに適した会議室を構築する
「Web会議がしやすい会議室」を日本特殊陶業はどう実現したのか
スパークプラグをはじめとしたセラミックス製品を手掛ける日本特殊陶業は、DXと働き方改革の推進、そしてイノベーション創出のために新しいオフィス棟N-FORESTを開設した。同オフィスの開設に当たり、同社が「Web会議の音響」にこだわった理由は。(2022/2/24)

PR:あの人はどこ?――オフィスのフリーアドレス化で見失う社員の“居場所” 社内交流UPの鍵は可視化と意外性だった
オフィスの在り方が問い直されている今、フリーアドレスに注目が集まっている。フリーアドレスにはオフィスコスト削減やコミュニケーションの活性化といった利点がある。一方で、誰がいつ出社しているか、どこにいるのか分からないという悩みや、感染症対策が難しくなる、いつも同じ席に座る習慣が付くなどの課題も生じる。そこで、これらの課題を解決してフリーアドレスを活用する方法やツールを紹介する。(2022/2/24)

医療機器ニュース:
仮眠に適した室温を確認、オフィスでのパフォーマンス向上へ
ダイキン工業は、眠気による生産性低下の改善に適した、日中の仮眠時の温熱制御を確認した。仮眠中に3段階に分けて温熱制御することで、仮眠に適した睡眠、起床後の脳の処理速度と記憶力の改善が得られた。(2022/2/10)

「総務」から会社を変える:
「ぶらぶら総務」がポイント? 社員が行きたくなるオフィスの条件
総務領域に詳しい豊田健一氏の連載。今回は、「社員が行きたくなるオフィス」の条件を探っていく。オフィス変革の主役である総務にとって、考えるべき視点はどういったポイントなのか。(2022/2/10)

調査から読み解く「プリンタセキュリティ」の今【前編】
何でも印刷したがる“プリンタ依存”で深刻化するセキュリティ問題
テレワークでオフィスのプリンタを利用しにくくなっても、印刷ニーズはすぐにはなくならない。むしろ“プリンタ依存”はさらに進む見込みだ。こうした中、企業はプリンタセキュリティの確保に苦労している。(2022/2/10)

「もう猫吸いながらしか仕事できません」 バーチャルオフィスの突き抜けた広告が「猫は麻薬」と話題に
ほかにも「オレは布団でも仕事できる」「寒いから出社したくないみたいな日もある」などのバリエーションが。(2022/2/9)

国内企業で進みつつある「Branch of One」、5G普及で加速の可能性も――IDC調べ
IDCの調査によると、オフィスのIT環境を自宅に拡張する「Branch of One(1人支店、在宅勤務)」は、情報サービス/通信/メディア、流通、金融分野などの大企業を中心に進みつつあることが分かった。(2022/2/4)

オフィス内外を結ぶ新しいワークスタイルとは
テレワーク組と出社組を断絶する「コミュニケーション格差」を解消するには
「ハイブリッドワーク」という働き方が定着しつつある。しかしこの働き方には、オフィスの内外にいる従業員にコミュニケーションの格差が生じ、意思決定が困難になるリスクがある。こうした課題を解決し、快適な共同作業を実現するには。(2022/2/4)

どうする? 今年のセキュリティ対策:
PR:「予防」「発見」「治療」全ての感染対策を網羅! サイバーハイジーンとEDR一気通貫の重要性
新型コロナウイルス感染拡大から、約2年が経過した。ポストコロナ時代に向け働き方の変革が求められている中、コミュニケーションを活性化する仕組みづくり、オフィスのアップデートなど、新しい働き方を実現するために企業がやるべきことは山積しているが、その中でも「緊急性は理解しているが何から始めればよいのか分からない」のがセキュリティ対策だ。今、企業が最優先するべき新しいセキュリティ対策の在り方とは?(2022/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.