• 関連の記事

「審査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「審査」に関する情報が集まったページです。

国内初、インサイダー取引の審査業務にAI活用 SBI証券が導入へ 審査時間を約90%短縮
SBI証券が、国内で初めてインサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度より運用を始めると発表した。審査時間を90%短縮し、審査業務の効率化を図る。共同実証したNECは、同社のクラウドサービスに、インサイダー取引に対応した新機能として22年度に提供する。(2021/9/15)

SBI証券、NECと共同でインサイダー取引審査業務にAIを導入
 SBI証券は9月14日、日本電気(以下NEC)と共同でインサイダー取引の審査業務にAIを導入、2022年度より運用開始予定と発表した。AIを活用することにより、審査業務の更なる高度化、効率化に取り組むとしている。(2021/9/15)

巧妙なインサイダー取引をAIで検知 SBI証券とNECが共同で実証、サービス化へ
SBI証券とNECは共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。巧妙化する不正取引をAIで検知し、審査時間を9割削減した。2022年度にサービス化も見込む、その仕組みとは。(2021/9/15)

「不正取引の手口が巧妙化し、審査の負担が増えている」:
「根拠を説明するAI」でインサイダー取引の審査を効率化 SBI証券とNEC
SBI証券はNECと共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。2022年度に運用を開始する。「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。(2021/9/15)

「超立体マスク」「超快適マスク」もJIS適合マスクに ユニ・チャーム発表
ユニ・チャームは13日、「超快適マスク」「超立体マスク」がJIS規格(T9001 一般用)の適合審査を通過したと発表した。(2021/9/13)

公取委、Appleの改善策に「審査が理解された」と評価
公正取引委員会が、米Appleに対する独占禁止法に基づく審査を終了する方針を発表した。Apple側が音楽配信などのアプリ提供者に対し、コンテンツ販売方法を限定する規定などを問題視してきたが、Apple側が改善策を提示したため。Appleが規約改定をすることについて、公取委は「消費者やユーザー利便性に重きを置いて審査をしていることがApple側に理解されたためではないか」としている。(2021/9/3)

Appleが開発者との集団訴訟で和解 App Store以外での支払いを容認
Appleが8月27日、2019年に起きた米国の複数の開発者による集団訴訟について和解したと発表。その内容を日本語で公開した。中小開発者への支援や検索機能の維持、審査レポートの公開など、開発者にとっては見逃せない声明だ。(2021/8/27)

I&CO Tokyo共同代表 高宮範有氏に聞く:
「カンヌライオンズ」日本代表審査員が総括 コロナ後の広告における「体験の本質」と「手段の必然性」の価値
史上初のオンライン開催となった「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で審査員を務めたI&CO Tokyo共同代表の高宮範有氏に、2021年の世界におけるクリエイティブの傾向を総括してもらった。(2021/8/12)

メルカリの利用実績を基に融資する「メルペイスマートマネー」 売上で返済もOK
メルペイが、「メルカリ」の利用実績を基に限度額や金利を定める少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を始めた。従来の金融サービスの与信審査が通りにくい層を取り込み、メルカリや「メルぺイ」の利用拡大につなげるという。(2021/8/3)

「コロナ禍で困る子どもたちを技術で救いたい」
楽器指導で5G/エッジコンピューティングを活用するアイデアとは
コロナ禍で「対面でのサービス提供」が難しくなっている。レッドハットが開催した「アイデアソン 2021 Spring Online」で発表されたアイデアはそういったサービスをどのように救うのか。審査員特別賞を受賞したチームに話を聞いた。(2021/7/26)

サプライチェーン改革:
最新法令に基づいた輸出管理のガバナンスを強化するソリューション
日立ソリューションズは2021年7月13日、輸出管理業務の顧客審査や品目審査、取引審査をワークフローシステム化して、業務効率向上を支援する「安全保障貿易管理ソリューション」の最新版を同年7月14日より提供すると発表した。(2021/7/14)

不法残留疑い、AIで検知 入管庁、五輪で水際対策強化
出入国在留管理庁が、不法残留する疑いがあるとして入国審査を厳格にすべき「要注意人物」を検知するため、過去の残留事案に基づく傾向分析や航空機の予約情報との照合にAIを使ったシステムを今月から導入したことが分かった。AIの導入で要注意人物の高度な分析や迅速な照合を図り、不法残留の減少につなげたい考えだ。(2021/7/9)

ヤフオク!、“いたずら入札”対策に本人確認を検討 ID再取得に対するブラックリスト整備も実施予定
ヤフーが、「ヤフオク!」の“いたずら入札”対策に、すでに一部で導入している本人確認による審査について適用範囲の拡大を検討している。IDを再取得して違反行為を繰り返すユーザーをはじくため、ブラックリストの整備も強化するという。(2021/7/8)

AIで契約書チェックを行うLegalForceが「契約ライフサイクル」全体カバーを目指すワケ
法務担当者向けに契約実務のサポート機能をSaaSとして提供するLeagalForceは、新たに案件受付の機能を、秋から有料オプション機能として提供する。同社は、案件の受け付けから審査、締結、そして契約書の管理という「契約ライフサイクル」のすべてをサポートすることを目指しており、今回その最後のピースが埋まる。(2021/7/7)

講談社がクソゲー専門コンペ開催 特別審査員に野田クリスタル
講談社は7日、クソゲー専門コンペを開催すると発表した。グランプリに相当する「至高のクソゲー賞」の賞金は100万円。募集は2022年3月末まで。(2021/7/7)

中国当局、配車サービス最大手を審査 習政権のIT統制強化進む
中国のインターネット規制当局が、中国配車サービス最大手の滴滴出行(DiDi)に対する審査に着手したと発表した。国家安全上の理由だと説明しており、審査中には利用者の新規登録停止を命じられた。習近平政権は中国IT大手への締め付けを強めており、その一環とみられる。(2021/7/5)

借りられるかが事前に分かる 銀行ローンの横断マッチング、クラウドローンが事前審査サービス開始
個人と銀行をマッチングし、銀行から自動車ローンなどの融資提案を受けられるプラットフォーム「クラウドローン」に、新機能の事前審査バージョンが登場する。信販会社のオリコが事前に審査を行うことで、借りられるかどうか、また利率が判明した状態で、複数の銀行からのオファーを受けられるようになる。(2021/7/1)

背景に創業122年の教え:
熱いプレゼンに涙──社内起業家をクラファンで創出、ロート製薬に見た“社員の起爆力”
副業の枠を超えたマルチジョブ制度「明日ニハ」を取り入れているロート製薬(大阪市)。簡単に言うと社内ベンチャー制度のようなものだが、全社員が審査員、社内通貨を用いたクラウドファンディングでの出資――など、他社とは一線を画する取り組みで企業力の強化を目指している。同社に、制度の狙いやカルチャーを聞いた。(2021/6/25)

AI与信解禁 メルペイに聞く「何が変わるのか?」
4月に改正割賦販売法が施行され、AIやビッグデータを使った与信審査が解禁された。メルカリ子会社で決済サービスを営むメルペイは、これに対応を「AI与信」を提供する計画だ。しかし、もともとメルペイはメルカリの売買履歴データやメルペイでの決済データを用いて、与信を行っていたはず。法改正で何が変わるのだろうか?(2021/6/29)

施工:
大型ボックスカルバートのプレキャスト化工法、技術審査証明を東急建設が取得
東急建設が開発した側壁と頂版をプレキャスト化する大型ボックスカルバート構築工法「PPCa ボックスカルバート」が、先端建設技術センターの先端建設技術・技術審査証明を取得した。(2021/6/24)

「この人、家賃を滞納しそう?」AIが予測 入居審査を45分→16分に
賃貸物件に申し込んだ人のデータから、家賃を滞納する可能性がどれぐらいあるかを判断するAI「滞納予測AI」が実用化へ。(2021/6/22)

審査や入金遅れ:
緊急事態宣言再延長に飲食店悲鳴「もう限界」 1月分の振り込みは、まだ
東京、大阪など9都道府県の新型コロナウイルス緊急事態宣言は、沖縄県の期限に合わせて6月20日まで再延長された。昨年以来、飲食店への休業要請や時短要請も長期化しているが、頼みの協力金も審査や入金が遅れ、資金繰りに窮する店も少なくない。(2021/5/31)

蓄電・発電機器:
日本初、500kWの「潮流発電システム」が国の審査に合格
九電みらいエナジーは2021年5月20日、環境省の委託事業として実証に取り組んでいる潮流発電システムが、経済産業省が実施する電気事業法に基づく使用前検査に合格したと発表した。(2021/5/24)

マッチングアプリ「Omiai」で171万人分の会員情報流出 ネットの反応は?
ネットマーケティング(東京都港区)は5月21日、同社が運営するマッチングアプリ「Omiai」にて、171万人1756件の会員情報が流出したと発表した。流出したのは、年齢確認審査用に提出された身分証明書の画像データ。(2021/5/21)

品質不正問題:
JIS規定と異なる試験を25年間実施、日本軽金属がアルミ板製品で検査不正
日本軽金属ホールディングスは、中核子会社の日本軽金属が名古屋工場で生産するアルミ板製品の検査において1996年ごろから不正があったことが判明したと発表。同工場はJIS認証を取得していたが、認証機関であるJQAによる臨時認証維持審査の結果、重大な基準違反があるとしてJIS認証が取り消された。(2021/5/18)

導入事例:
建築行政手続きのDX推進、確認審査報告書を電子データで受け取る
東京都杉並区は2021年4月から、建築確認審査報告書を電子データで受け取る「電子報告機能」のトライアル運用を開始した。デジタル化により行政手続きを効率化するとしている。(2021/4/28)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルに東名阪以外で使える5G向け周波数帯を割り当て――三木谷さんは「貧乏クジ」をひかされてしまったのか
総務省が5Gでの利用を前提に1.7GHz帯(東名阪エリア以外)の携帯電話基地局開設計画を募集した。総務省での審査の結果、この帯域は楽天モバイルに割り当てられることが決まった。サービスを開始したばかりの楽天モバイルにとって朗報……と思いきや、そうとも言いきれないもある。(2021/4/23)

EU、包括的なAI規制案 無断監視を禁止し、罰金も
欧州連合は、AIに関する包括的な規制案を発表した。AIの危険度を4段階に分け、ハイリスクなAIについては事前審査を義務付ける。違反すれば罰金を科す。(2021/4/22)

IPAのお墨付きサービスでセキュリティ対策を:
UTMを月額1万円以下で 中小企業に向けた5つのセキュリティ製品とは
IPAが、中小企業のセキュリティ対策の促進に向けて「サイバーセキュリティお助け隊サービス」を開始した。コストやセキュリティ要件など一定の審査基準を設けて合致したサービスや製品をブランドとして管理する。(2021/4/19)

「スーパー野田ゲーPARTY」、任天堂の審査を通る マヂラブ野田さんがラジオで報告
お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の野田クリスタルさんが制作したミニゲーム集「スーパー野田ゲーPARTY」が任天堂の審査を通った。(2021/4/16)

KDDI、トッピングをユーザーと共創する「povo Power User Program」本エントリー開始
KDDIは、オンライン専用の新料金ブランド「povo」のサービスを開発・共創するメンバーを募集する「povo Power User Program」の本エントリーを開始。書類審査・面談などを行い、最大10人を採用する予定。(2021/4/13)

「世界初」AI・IoTの特許審査基準をマンガで解説 特許庁の職員作「荒削りですが……」
AI・IoT特許の特徴や審査基準を解説した「世界初」の漫画を特許庁の職員が作成。「漫画としては荒削りで至らぬ点が多々あるかと思いますが、あたたかいご理解をたまわれば」(2021/4/7)

働き方の「今」を知る:
育休判明でローン融資拒否! 高飛車な銀行は、これから滅ぶと思えるワケ
男性が育休であることが判明し、ローンを断られた事例が話題に。いまだに金融機関の審査では、硬直的な審査が続いている。しかし、今後はこうした高飛車な銀行は、滅んでいくのではないだろうか。(2021/4/7)

「特許審査の基本的な考え方になじみのない人」が対象:
漫画でAIやIoTの特許審査基準を解説、特許庁が「漫画審査基準〜AI・IoT編〜」を公開
特許庁は、AIやIoT関連技術を題材として、特許の審査基準の基本的な考え方を漫画化した「漫画審査基準〜AI・IoT編〜」を公開した。(2021/4/6)

クルマが持てなかった人にローンを クルマの遠隔制御で金融包摂を目指すGMS
仕事に必要なクルマが欲しいがローンの審査が通らない。クルマの遠隔制御技術を活用することで、こうした人にもローンを提供する仕組みを提供しているのがFintech企業、Global Mobility Service(GMS)だ。(2021/3/29)

太陽光:
太陽光の“分割案件”を問題視、経産省が10kW未満も分割審査へ
経済産業省は2021年4月から、10kW未満の地上設置型の太陽光発電設備について、分割審査を行う。規制を逃れるため、意図的に発電設備の出力を分割して申請する、いわゆる分割案件が急増していることを問題視したもので、同年3月22日に開催した有識者会議のなかで明らかにした。(2021/3/25)

デザインの力:
「コクヨデザインアワード2021」受賞作品が決定、国内外1401点の中から
コクヨは、働く/学ぶ/暮らすシーンで新しい価値を創出するプロダクトデザインを募集し、商品化を目指すコンペティション「コクヨデザインアワード2021」の最終審査を終え、グランプリおよび各賞の受賞作品を決定した。(2021/3/17)

Googleマップ、描画ツールでの道路追加・修正が可能に(審査後公開)
Googleマップの「地図を編集」で、描画ツールを使ってあるべき道路を追加したり誤情報を修正できるようになる。修正は、Googleが約7日かけて精査してから反映する。ショップやレストランにこれまでより気軽に写真を追加する機能も追加される。(2021/3/12)

「AWS大阪リージョン」正式オープン 事前申し込みなど不要に
AWSジャパンが、「大阪ローカルリージョン」を通常のリージョンへ拡張し、誰でも事前の申し込みや審査なく使えるようにした「AWSアジアパシフィック(大阪)リージョン」の正式オープンを発表した。(2021/3/2)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(4):
製品の「設計」工程ですべきこと、そして「設計審査」との向き合い方
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する。第4回のテーマは、「設計」プロセスで設計者がすべきこと、そして重要な「設計審査」との向き合い方について詳しく解説する。(2021/2/18)

Oculus、審査なしでVRアプリを販売できるサービス 非公式ストアとも連携
Oculusが、「Oculus Quest」用アプリを「Oculus Store」外で配信できるサービス「App Lab」を始めた。開発者は有料・無料を問わず、専用サイトから配布用ページを生成できる。(2021/2/3)

Mobile Weekly Top10:
携帯ライター・ジャーナリストが選ぶ2020年のスマホ/ソフトバンクとY!mobileが新プラン
2020年を代表するスマートフォンは何か――毎年恒例のスマートフォン・オブ・ザ・イヤーが開催されました。審査員は、何に注目してお勧め機種を選定したのでしょうか。(2020/12/29)

ついに発表! 2020年を代表するスマートフォンは?
2019年12月17日から2020年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」。2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。今回は審査員の配点とコメントを紹介。栄冠を手にしたモデルは?(2020/12/28)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020:審査員が選ぶ「2020年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月中旬、2020年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」の審査会を開催しました。審査の対象となるのは、2019年12月17日から2020年12月7日までに発売したスマートフォン。今回は、審査員が推薦した5機種とその理由を紹介します。(2020/12/25)

気象庁、公式サイトの広告掲載を1月に再開 9月の反省踏まえ審査体制を強化
気象庁が、不適切なコンテンツが掲載されたため一時停止していた公式サイトへのWeb広告掲載を、審査体制を強化した上で1月に再開する。(2020/12/17)

ヤフー、1億件以上の広告素材を非承認 「髪などコンプレックス刺激」「根拠のないNo.1表示」など
ヤフーは、今年4月〜9月の半年間で、約1億1000万件の広告素材を非承認にした。「ユーザーに不快感を与えるような表現」をはじめとした、ヤフーの広告ルールに抵触する広告タイトル・画像などの配信を、審査の課程ではじいた。(2020/12/16)

AI・機械学習の用語辞典:
チューリングテスト(Turing test)とは?
用語「チューリングテスト」について説明。機械(=人工知能)が人間の模倣をして、人間がそれに気付かないかをテストすること。手順としは、審査員と、機械もしくは人間とで、自然言語による会話を行い、最後に審査員は会話相手が機械か人間かを判定する。(2020/12/7)

「アサシン クリード ヴァルハラ」に未審査の「禁止表現」 CEROが指摘、UBIはゲーム修正
11月10日発売の「アサシン クリード ヴァルハラ」の一部バージョンで、CEROの規定で「禁止表現」に当たる表現が。CEROによるレーティング審査時に提供された資料にない表現内容だったという。UBIはゲーム内容を修正した。(2020/12/1)

CERO、「アサシン クリード ヴァルハラ」PC版が無修正の「未審査版」で発売されていたと公表 ユービーアイに説明求める
CEROからまたもや異例の声明文。(2020/11/30)

「迫っているんだ 娘と過ごせる時間のタイムリミットが―」 医療現場の実話をもとにした「医療マンガ大賞」受賞作品が決定
審査員はこしのりょうさん、おかざき真里さんら。(2020/11/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.