• 関連の記事

「判決」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「判決」に関する情報が集まったページです。

Googleさん:
「中絶薬」検索だけで罪に問われる可能性 米最高裁判決でGoogleが追い込まれた背景
米最高裁が中絶の権利を認めた過去の判例を覆し、複数の州で中絶が禁止されました。犯罪となれば、プラットフォームは当局から個人データの提供を求められます。ますます「個人データの収集と保存はするな」という声が高まっています。(2022/6/27)

逮捕歴ツイート「削除可能」 最高裁が初判断 長期間の閲覧想定せず
Twitterに過去の犯罪歴を投稿された男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁は、「逮捕から時間も経過し、ツイートは長期間閲覧されることを想定していない」などとして、削除を命じる判決を言い渡した。(2022/6/27)

最高裁の中絶の権利を認めない判断を受け、多数の米IT企業が従業員保護を表明
米連邦最高裁は、妊娠中絶は女性の権利だとした判決を覆す判断を示した。これを受け、GoogleやAppleなど、多数の企業が従業員の中絶のための医療を支援すると表明した。(2022/6/25)

「セブン側への忖度判決」 敗訴の元FC店オーナー、怒りあらわ
コンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」本部が、24時間営業を打ち切った大阪府東大阪市の加盟店元オーナーとのフランチャイズ(FC)契約を解除したことの有効性を争った訴訟は23日、本部側との取引再開を望んだ元オーナー側の訴えを全面的に退け、元オーナー側に店の引き渡しと賠償を命じた。額は1億円を超えるとみられる。(2022/6/24)

ジョニー・デップ、バンドがツアー告知で活動再開! 裁判判決後の元妻アンバーと明暗分かれる
裁判はこれで終わりではなさそう。(2022/6/23)

「食べログ」独禁法違反、地裁判決は「不当」 カカクコムが即日控訴
カカクコムは、「食べログ」のアルゴリズム運用に独禁法違反があったと認めた東京地裁判決は「不当」だとし、東京高裁に即日控訴した。(2022/6/17)

「食べログ」運営会社に3840万円の賠償命令 アルゴリズム変更→点数ダウンで客足減 東京地裁
カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」で実施したアルゴリズム変更により損害を被ったとして飲食チェーンが提訴した件について、東京地方裁判所は、カカクコムに対し3840万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2022/6/16)

【訂正あり】「セクハラ報道」勝訴の木下博勝、一部媒体のずさんさ指摘 FAX1枚の“取材”に「正統な記事っていえるのかな」
2019年に行きつけのクラブでキスやボディータッチを働いたとされていました。(2022/6/15)

ジョニー・デップ、泥沼裁判勝訴後SNS初投稿 TikTok開設でファンへメッセージ「私たちは一緒に正しいことをしました」
1日でフォロワー690万人超え。(2022/6/8)

『ポプテピピック』の迷シーンがTシャツに 「しょーがねーだろ赤ちゃんなんだから」「無罪したれや!!」など
親子で着たい。(2022/6/6)

サードウェーブとマカフィーの裁判の判決が確定 マカフィーが約2348万円を支払いへ
サードウェーブがマカフィーを相手取って提起した民事訴訟の判決が、このほど確定したことが判明した。マカフィーは、サードウェーブに対して約2348万円(と遅延損害金)を支払うことになる。(2022/6/3)

ジョニー・デップDV巡る裁判勝訴に喜び「人生を取り戻してくれた」 元妻アンバーは「時代への後退」と非難
長い泥沼裁判、ついに評決。(2022/6/2)

逮捕歴ツイート削除訴訟、最高裁で結審 判決は6月
SNSのTwitterに過去の逮捕歴が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟の上告審弁論が5月27日、最高裁で開かれた。削除を認めなかった二審東京高裁の判断が見直される可能性がある。(2022/5/30)

「ファスト映画」投稿者に5億円賠償求め提訴 東宝など13社
映画の内容を短縮した「ファスト映画」を動画投稿サイト「ユーチューブ」上に無断で投稿され著作権を侵害されたとして、東宝などの映像会社13社が19日、投稿した男女3人=いずれも著作権法違反罪で有罪判決が確定=を相手取り、計5億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。(2022/5/19)

死んだ愛犬「闘病中」と偽りネット資金調達 企画者の女に有罪判決
死んだ飼い犬が闘病中だとうそをつき、治療費名目で支援金をだまし取ろうとしたとして26歳の女が有罪判決を受けた。女はクラウドファンディングを悪用。診断書などを偽造し、心配する愛犬家ら370人以上からお金を集めた。(2022/5/19)

香川県「ゲーム対策条例」の違憲裁判、8月末に判決へ
2020年に香川県で制定された「ネット・ゲーム規制条例」を巡る違憲裁判が結審した。判決は8月30日に言い渡される。(2022/5/17)

13日からは従業員のマスク着用取りやめ:
グローバルダイニングへの時短命令は違法 損害賠償は認めず
新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく東京都の営業時間短縮命令は「営業の自由を侵害し違憲で、違法だ」として、グローバルダイニングが都に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は5月16日、時短命令は違法と判断したものの、損害賠償請求は棄却した。同社は判決を不服として即日控訴した。(2022/5/16)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

まるでイタズラをごまかすワンコ……! やらかした「イーブイ」の粘土作品が笑っちゃうくらいかわいい
かわいいは無罪。(2022/5/2)

東京地方裁判所がマカフィーに約2350万円の支払いを命令 サードウェーブの訴訟を受けて
4月25日、東京地方裁判所がサードウェーブを原告、マカフィーを被告とする訴訟に判決を言い渡し、マカフィーに損害賠償を命じた。(2022/4/25)

逮捕歴ツイート削除認めず 最高裁が二審判断見直しか
Twitter上に過去の逮捕歴の投稿が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、東北地方の男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟で、最高裁が弁論を5月27日に開くと決めた。男性側の逆転敗訴となった二審東京高裁判決が見直される可能性がある。(2022/4/7)

「夢を壊すための裁判ではなく、守るための裁判」「今でもディズニーを愛している」 東京ディズニーランド出演者訴訟、判決受け原告が会見
「安全配慮義務違反」と「パワーハラスメント」を訴えた裁判、争点は――。(2022/3/29)

「ババアはいらねぇ」「どのツラ下げて来てんのか」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”訴訟に判決 オリエンタルランド社に88万の支払い命令
2018年7月の提訴から約3年半でついに判決。(2022/3/29)

Uber Eats支払いに偽札使用 裁判所が無分別女に出した量刑
大阪市の女が2021年4月、家庭用プリンタでコピーした偽札をUber Eatsの支払いに充てたとして在宅起訴された事件で、大阪地裁が懲役3年(執行猶予4年)の判決を言い渡した。(2022/3/28)

私道の無断駐車を注意した男性、相手に殴られブチギレ 相手のクルマをひっくり返して強制排除
トラクターを運転していた男性は裁判で無罪となりました。(2022/3/6)

刑法感覚のないセキュリティエンジニアと技術感覚のない警察・検察との悪魔合体:
みんな、ありがとう! これからは技術者として名をはせていけるよう精進するよ(Coinhive事件最高裁解説 後編)
Webサイトに設置した「Coinhive」が不正指令電磁的記録保管罪に当たるとされたWebデザイナーのモロさんは、2022年1月、最高裁判所で逆転無罪を勝ち取った。裁判の争点は何だったのか、同様の事件を今後起こさないために必要なことは何か、主任弁護人と弁護側証人が解説する。(2022/3/1)

モロさんは令和の「スパルタクス」だ:
逆転無罪を決定付けた「反意図性」と「不正性」の解釈(Coinhive事件最高裁解説 前編)
市井のエンジニアが不正指令電磁的記録保管罪に問われた「Coinhive裁判」において、最高裁判所は2022年1月、無罪判決を言い渡した。東京高裁での有罪判決から逆転無罪を勝ち取れたポイントは何だったのか、主任弁護人と弁護側証人が解説する。(2022/2/28)

漫画村問題、クラウドフレアを漫画家が訴えた裁判で逆転勝訴 足掛け4年、「少しでもいい前例になってくれたら」
一審の東京地裁から一転、Cloudflare社に対し情報開示を求める判決が下されました。(2022/2/22)

死亡事故のUber Eats元配達員に有罪判決 東京地裁
Uber Eatsの配送中に自転車で歩行者をはねて死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた東京都北区の会社員の男の判決公判が東京地裁で開かれ、禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年)が言い渡された。(2022/2/21)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
部下が不正経理、それでも厳しい叱責はパワハラか? どこまでが“妥当”か、判決は
部下のミスや不正に対して厳しく叱責した場合、パワハラに当たるのか? 「ミスを繰り返す部下に対し、強い口調で注意を繰り返したケース」と「部下の不正経理が発覚し、厳しく叱責したケース」の2つの実際の裁判例もとに解説します。(2022/2/7)

「モロさんはスパルタクスだった」──Coinhive裁判がもたらした“抑止力”
最高裁で逆転無罪を勝ち取ったCoinhive裁判。平野弁護士はこの裁判を戦い抜いたモロさんを、古代ローマの「スパルタクス」に例える。スパルタクスはローマの奴隷を取り巻く法令が大きく変化した起点になったからだ。(2022/2/2)

最高裁で逆転無罪の確率は0.02%──針の穴を通したCoinhive裁判 覆った“従来の法解釈”
Coinhive裁判の最高裁判決で逆転無罪を勝ち取った平野敬弁護士が、本件の論点と、判決が示した法解釈への影響力について解説した。Coinhiveは「意図に反するが不正ではない」と結論付けられ、憲法、刑法学者にとってもインパクトのある判決となった。(2022/2/2)

Coinhive裁判4年間の舞台裏 担当弁護士が見た、始まりから逆転無罪前夜まで
Coinhive裁判が幕を閉じた。結果は二審の判決を覆し無罪。社会的意義の大きい裁判を無罪に導いた平野敬弁護士が、日本ハッカー協会のイベントで、Coinhive事件発生当初から無罪を勝ち取るまでの“ドラマ”を語ってくれた。(2022/2/2)

Uber Eats自転車死亡事故、元配達員禁錮2年求刑
Uber Eatsの配送中に自転車で歩行者をはねて死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた東京都北区の会社員の男の初公判が開かれた。男は起訴内容を認め、検察側は禁錮2年を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を求め、即日結審した。(2022/1/27)

小寺信良のIT大作戦:
Twitterのスクショ投稿が違法?  判決で示された学びと悟り
Twitter上での論争に関わる裁判で判決が出た。そこで特に重要なのは、「ツイートのスクショ」の著作権問題である。(2022/1/25)

逆転無罪“Coinhive事件” 担当弁護士が振り返るイベントを無料配信
いわゆる“Coinhive事件”判決の背景と影響について学べるイベントを、日本ハッカー協会が1月31日に開催。YouTube liveで無料視聴できる。(2022/1/25)

「広告表示と比較して、PCに与える影響は許容範囲内」──Coinhive事件、最高裁の判決全文
仮想通貨のマイニングツール「Coinhive」の設置によりWebデザイナーの男性が不正指令電磁的記録保管罪に問われた「Coinhive事件」を無罪と判断した理由について、最高裁が全文を公開した。(2022/1/20)

仮想通貨無断「採掘」コインハイブ事件 最高裁が無罪判断
他人のパソコンを暗号資産(仮想通貨)の「マイニング(採掘)」に無断利用するプログラムを自身が運営するウェブサイトに設置したとして不正指令電磁的記録保管の罪に問われたウェブデザイナーの男性(34)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は20日、罰金10万円とした二審東京高裁判決を破棄し、無罪の判断を示した。一審の無罪判決が確定する。(2022/1/20)

コインハイブ事件、最高裁で“逆転無罪”に 「おめでとうございます!」「長い間本当にお疲れさまでした」と祝福の声
2018年の逮捕から4年、長い戦いでした。(2022/1/20)

Coinhive事件、無罪確定 二審の有罪判決から逆転
最高裁判所は、Coinhive事件に対して二審の有罪判決を破棄し、無罪判決を下した。(2022/1/20)

PC無断利用で「マイニング」は違法か Coinhive裁判、20日に最高裁判決
Coinhive裁判の判決が1月20日、最高裁第1小法廷で言い渡される。コンピュータウイルスを規制する法律が適用されたが、一審無罪、二審有罪と分かれており、この法律の適用範囲などについて、最高裁が初判断を示すとみられる。(2022/1/19)

Googleを特許侵害で提訴したSonosが勝訴 GoogleはNest端末の臨時対応を告知
Sonosが特許侵害でGoogleを提訴した裁判で、米ITCが最終判決を下した。Googleがスマートスピーカーに関する5つの特許を侵害しているという判断だ。Googleはユーザーに対し、「判決に対処するため、デバイスのセットアップ方法に変更を加えた」と告知した。(2022/1/7)

保護した兄妹子猫、イタズラをかわいさで誤魔化し…… 人間みたいに自首してくる姿に「かわいいから無罪」
そんな目で見られると……!(2022/1/7)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

アニメ会社ユーフォーテーブルが脱税の有罪判決を受け謝罪 今後は「法令を遵守し経営適正化に一層努める」
2020年6月に、東京国税局に脱税疑惑で告発されていました。(2021/12/10)

Apple、Epicとの訴訟が終わるまでは支払いオプションのリンク禁止を維持できることに
Apple対Epicの訴訟で、Appleが求めていた差止命令の停止が一部認められた。控訴の判決が出るまで、Appleはアプリ内の支払いオプションへのリンクを禁止できることになった。(2021/12/9)

元SKE48・山田樹奈被告に有罪判決 詐欺などの罪で懲役1年6月、執行猶予4年に
2019年1月までSKE48に所属していた山田被告。(2021/12/2)

大渕愛子弁護士、誹謗中傷犯は二児の母と報告 謝罪文拒否に「反省していないことは確か」
犯人は起訴され有罪が確定。(2021/11/28)

Twitterで話題の犬用「勝訴」おもちゃ、バンダイが発売 「無罪」とのリバーシブル仕様に
BANDAI SPIRITSは18日、Twitterで話題になった「判決を取ってくる犬用おもちゃ『勝訴マスコット』」の予約受付を始めた。企画デザイン2時が作り、Twitterで話題になっていた。(2021/11/18)

「ファスト映画」投稿者に初の有罪判決 著作権侵害申告の実績ない映画会社狙い組織的犯行
宮城県仙台地裁は「ファスト映画」をYouTubeに投稿し、広告収入を得ていた被告3人に有罪判決を下した。3人は21年6月にファスト映画関連で始めて逮捕されていた。(2021/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.