• 関連の記事

「Kickstarter」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Kickstarter」に関する情報が集まったページです。

「寝ながら」の体勢に特化したVRデバイス「HalfDive」発表 寝たままVR世界にダイブできる未来が来る?
突き詰めれば『ソードアート・オンライン』の世界に?(2021/9/14)

Diver-X、寝ころび姿勢に特化したVRデバイス「HalfDive」 11月にクラウドファンディング開始予定
Diver-Xは、寝ころんだ姿勢での利用に最適化したVRデバイス「HalfDive」を発表した。(2021/9/13)

中国メーカーのUnihertzが、なぜFeliCa対応の超小型スマホを投入したのか?
超小型にこだわってスマートフォンを開発し続けてきた中国メーカーのUnihertz(ユニハーツ)。同社が2月に予約販売を開始したのが、おサイフケータイに対応した「Jelly 2」だ。なぜおサイフケータイに対応するほど日本市場に注力しているのか。(2021/9/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜハイブリッド車のエンジン始動はブルルンと揺れないのか
純エンジン車であれば、エンジン始動時にはキュルルルとセルモーターが回る音の後にブルンッとエンジンが目覚める燃焼音と共に身震いのような振動が伝わってくるものだが、ハイブリッド車にはそれがない。それはなぜなのか?(2021/8/16)

デザインの力:
航空機部品などを手掛ける町工場の金属加工技術を生かした付けペン
講談社が運営するクリエイター支援サイト「KickstarterNavi」は、岐阜県で精密機器の金属加工業を営むシオンが手掛けるプロダクト、「DRILLOG」の支援プロジェクトをローンチしたことを発表した。DRILLOGは金属製の付けペンで、脱着構造によりペン先とペン軸を組み合わせて使用できる。(2021/8/12)

中高年の男性が支援:
クラファン3900万円達成! 集中度を数値化するイヤフォン型脳波計「VIE ZONE」の可能性
日本のスタートアップが発表したイヤフォン型脳波計「VIE ZONE」が、クラファンで3900万円ほどの支援金を集め、注目されている。イヤフォン型脳波計とは、どのようなアイテムなのか。同製品を開発したVIE STYLEの社長に話を聞いたところ……。(2021/7/23)

スワイプ1つで老眼鏡に変わるサングラス、イスラエルの新興企業が開発
サングラスのつるを指でスワイプすると老眼鏡に早変わり──液晶を使って焦点距離を変えるサングラスをイスラエルの新興企業が開発した。(2021/7/1)

積木のようで横にも積める「積紙」、コクヨなど3社が開発
紙を使った積木のような玩具「積紙」(つみし)のクラウドファンディングが始まった。重なった紙同士を噛み合わせることで横にもブロックを積める。(2021/6/21)

待たせたな! 激ムズ遺跡探検ゲーム「LA-MULANA 2」に凶悪難易度の追加DLC 開発者「苦情は一切受け付けない」
また遺跡につぶされる日々が……。(2021/5/15)

「低遅延」をうたうゲームキャプチャデバイス「Genki Shadowcast」でのプレイは現実的か ノートPCがコンシューマーゲーム機のディスプレイに早変わり
「このキャプチャユニットで、PCのディスプレイを使ってゲームができないか」という夢がかなうかもしれない。(2021/3/25)

CloseBox:
視点を変えても立体物がそこにあるように見える「Looking Glass Portrait」ディスプレイ、クラファン中(ただし、ホログラムではない)
ホログラムではない、立体視技術を使ったディスプレイがKickstarterに。(2020/12/4)

6メートル長の造形ができるベルトコンベアー3Dプリンタ、クラファン実施中
中国の3DプリンタメーカーCrealityが、「CR-30」を2021年5月に出荷開始する。(2020/11/30)

手のひらにのる小さな犬型ロボット 奇妙な動きで話題になった四つ足ロボ「スポット」を小さくしたみたい
SFのような世界を自宅で体験できそう。(2020/9/16)

手汗を予防するゲーミングマウスが登場 内蔵のファンで手のひらの汗を蒸発させる
七色のライティングで集中しやすい雰囲気を演出します。(2020/9/1)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタル時代、顧客の参加で変わる「4P」 ユーザーのハッキングまでも認める「共創」とは?
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/8/19)

マニアが集う「マニアフェスタ」オンライン開催 Kickstarterと講談社が協力
さまざまなジャンルのマニアや研究者、専門店が参加する展示即売会「マニアフェスタ」が、9月26〜27日にオンラインで開催される。連携するKickstarterのネットワークを生かし、地域や国を超えた交流を促す。(2020/8/4)

これでもうマスクを忘れない! 帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」
ストレスフリーでマスクの持ち歩きができる。(2020/8/2)

世界コスプレサミット、2021年開催のためクラウドファンディング コロナ禍で存続の危機
Kickstarterにて、8月1日から9月13日までクラウドファンディングを実施。(2020/7/31)

「幻想水滸伝」クリエイターによる精神的続編「百英雄伝」がクラウドファンディング開始 わずか半日で1億円を突破
初代「幻想水滸伝」ディレクターとデザイナーによるプロジェクト。(2020/7/28)

【6年前の今頃は?】「ポテトサラダを作る」クラウドファンディングに680万円集まる
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/7/11)

【6年前の今頃は?】「ネコ耳ヘッドフォン」爆誕 サイバーなネコ耳がオタクの心にぶっ刺さる
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/6/30)

東京在住のフィンランド人が「サウナホラーゲーム」開発 本場のサウナ文化を恐怖とともに体験
現在はデモ版が公開。本格的な開発に向けてクラウドファンディングを実施中。(2020/6/24)

コロナ禍でもネットでミュージシャンが生き残る方法 SoundCloud、BandCamp、YouTubeのメリットとデメリット
ベルリン在住のミュージシャンが実践レポートする、ネット活用サバイバル術。(2020/5/27)

北欧スタートアップ「ヴェアホイ」:
木製腕時計をつくった会社に、なぜ3000万円超の資金が集まったのか
新型コロナの感染拡大を受けて、多くの会社で売り上げが低迷している。そんな状況のなかで、達成率5000%と予想をはるかに超えて支援額が伸びている、海外発のクラウドファンディングプロジェクトがある。それは……。(2020/5/26)

アナログゲームの見本市「ゲームマーケット」がネット開催! 仮想ブースで新作発表の場に
クラファンサイト「マクアケ」「キックスターター」なども企画に協力しています。(2020/5/21)

上はビジネス、下はスウェット 見える部分はフォーマルなビデオ会議用部屋着
ビデオ会議終了後はカメラのオフを忘れずに。(2020/5/12)

お菓子の家作りが捗りそう レゴブロックみたいなワッフルを作れるワッフルメーカー、クラウドファンディングで人気に
おうちで簡単に“お菓子の家”を作れます。(2020/4/3)

デスクに置ける“月面”が手に入る NASAのデータから製造した「Lunar Surface」
細部にこだわった仕上がりです。(2020/4/2)

岩や葉っぱをまとって自然に溶け込むおじいちゃん・おばあちゃん 不思議な世界観の写真集がクラウドファンディングに登場
不思議な世界観がすてき。(2020/3/11)

点を線で結ぶだけでパラパラ漫画が作れるミニ冊子が楽しそう! クラウドファンディングで人気に
手軽にアニメーション制作を体験できます。(2020/2/26)

魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場
ファンタジー好きにはたまりません。(2020/2/25)

適当に買うと後悔 “電源難民”を防ぐモバイルバッテリーの選び方
(2020/2/12)

3DEXPERIENCE World 2020:
プラットフォーム思考がSOLIDWORKSユーザーを新次元へ、3DEXPERIENCE World開幕
2020年2月9日(米国時間)、SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2020」が米国テネシー州ナッシュビルで開幕した。長年親しまれてきた「SOLIDWORKS World」から名称を変更し、プラットフォーム思考による新たな価値を世界中のSOLIDWORKSユーザーに示す。(2020/2/10)

300g超えの重量級スマホ「Unihertz Titan」のQWERTYキーボードをじっくりと試す
中国のUniherzが開発した「Unihertz Titan」は、スレートボディーにハードウェアQWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォンだ。クラウドファンディングで目標額を超える支援者が集まり、2019年12月末から出荷された。約2週間使ってみたが、ハードウェアキーボードと日本語入力の使い勝手を評価した。(2020/2/6)

「ワンダフル101」リマスター版、クラウドファンディングで1億円調達 Nintendo Switchなどで発売決定
リワードにも注目です。(2020/2/4)

首を傾げたりオモチャで遊んだり 高性能な猫型ロボット「MarsCat」がクラウドファンディングに登場
鳴き声もかわいい。(2020/1/10)

倒産したAnkiのAIロボット「Vector」、“第2の父”Digital Dream Labsが救う
昨年倒産してしまったAnkiのAIロボット「Vector」の資産一式をDigital Dream Labsが買収した。同社はVectorをオフラインでも利用できるようにする「Escape Pod」と、ユーザーが自分のサーバにVectorを接続できるようにする「Dev Vector」を開発する計画だ。(2020/1/6)

仕事を支えてくれた2019年のマイベストガジェット6選
筆者の仕事は、いつでもどこでも仕事ができることが強み。それにガジェットを追加することで、もっと仕事の効率が向上する。この記事では、2019年に買ったベストガジェットを6つ紹介する。(2019/12/29)

aiboのネコ版? 伸びもする「MarsCat」のクラウドファンディング開始
中国の産業用ロボットメーカーElephant Roboticsが、ネコ型愛がんロボット「MarsCat」のクラウドファンディングをKickstarterで開始した。音声コマンドに反応し、接し方で性格が変化される。(2019/12/27)

CHUWIが11.6型2in1タブレット「UBook」の一般販売を予告 海外価格は350ドル
CHUWI INNOVATIONは、11.6型2in1タブレット「UBook」の一般販売開始の告知を行った。(2019/12/17)

「何年待ったことか」「泣きそう」――18年ぶりの新作「シェンムーIII」発売、ネットで喜びの声
Deep Silverが11月19日に、アクションゲーム「シェンムーIII」を発売。同シリーズで、18年ぶりの新作。(2019/11/20)

Polaroid Original、スマホの画面をフィルムにプリントする「Polaroid Lab」を130ドルで10月発売
スマートフォンの画面に表示した写真をポラロイドフィルムにプリントできるガジェット「Polaroid Lab」が10月10日に130ドルで発売される。(2019/9/11)

コーヒーの香りで目覚める朝 英メーカーのドリッパー付き目覚まし時計
今後、日本でも販売されるかも?(2019/9/2)

あの会社のこの商品:
人の心を癒すロボット「Qoobo」は、どのようにして生まれたのか
「ペットを飼いたいなあ」と思っていても、何らかの事情で飼えない人も多い。そのような人たちに癒やしを提供するのが、ユカイ工学の「Qoobo」。海外でも評判が高いユニークなロボットは、どのようにして誕生したのか。(2019/8/22)

ニューヨークやロンドン ミニチュア都市をクリア樹脂に閉じ込めた指輪が旅行気分をかき立てる
思い出の場所をいつも自分の手元で楽しめる。(2019/7/14)

「クラウドファンディング」の本質とは何か
大企業が乗り出し始めたクラウドファンディング。その意味は単なる資金調達のための手段から大きく変わってきている。(2019/7/12)

Bluetooth 5搭載カセットプレーヤーがレトロで新しい
今なら8000円くらいで購入できる。(2019/7/5)

アニメ「リトルウィッチアカデミア」VRゲーム化クラウドファンディングプロジェクト VRで最高の飛行体験
物語に登場するキャラクターと一緒にホウキで自由に空を飛び、魔法を駆使してレースをすることができる。(2019/6/22)

Kickstarter、はったりなどを禁ずるガイダンスページを開設
米クラウドファンディングサイトのKickstarterが、プロジェクトタイトルに「世界初」などの不正確で大げさな表現を用いるなど、誠実ではない行為を禁ずるガイダンスページを開設した。(2019/6/14)

「シェンムー3」が11月19日に発売延期 「完成までもう少しだけ洗練させる必要がある」
最後のクオリティアップ。(2019/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.