• 関連の記事

「中国」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中国」に関する情報が集まったページです。

空間ビデオが撮れて3.3万円から ARグラスとつなげて使う、スマホのような端末「XREAL Beam Pro」
ARグラスなどを手掛ける中国XREALは6月19日、スマートフォンのようなARコンピューティングデバイス「XREAL Beam Pro」を発表した。SIMカードスロットを備えていないデバイスで、2眼カメラによる3D空間撮影も可能。6月19日から予約販売を開始し、8月6日に随時発送予定。(2024/6/19)

Samsung/SK hynixが矢面に:
米国の対中「GAA/HBM」規制、実施なら韓国勢に打撃
米国による、中国に対する半導体輸出規制の次なる領域とみられるのが、最先端のGAA(Gate-All-Around)半導体製造技術だ。Bloombergの報道によると、米国が中国企業による同技術のアクセスを制限する措置を検討しているという。(2024/6/19)

SiCパワー半導体の長期供給契約も:
STと吉利汽車、「共同研究ラボ」設立などで合意
STマイクロエレクトロニクスと中国の吉利汽車は、「SiC(炭化ケイ素)パワー半導体の長期供給契約」と、「共同研究ラボの設立」で合意したと発表した。革新的な技術を共同で開発することにより、新エネルギー車(NEV)への移行を加速させる。(2024/6/17)

Microsoftのブラッド・スミス氏、中国による連邦政府へのサイバー攻撃について責任を認める
Microsoftの副会長兼プレジデントのブラッド・スミス氏は、米連邦議会の公聴会で、昨年7月に政府高官のExchangeのメールが中国のサイバー攻撃で侵入された件について、責任を認めた。「Recall」(回顧)機能をオプトインに変更したことについても言及した。(2024/6/14)

セキュリティニュースアラート:
Fortinetの脆弱性を悪用 中国が支援するサイバースパイ活動は「思っていたよりも広範囲」
オランダ国立サイバーセキュリティセンターは、中国当局が支援しているとみられる脅威アクターのサイバースパイ活動が、「これまで考えられていたよりも広範囲に影響を与えている」と警告した。具体的にどの程度の影響を及ぼしているのか。(2024/6/14)

「うちらが撮った写真やん」 中国の宇宙開発企業がインターステラテクノロジズ撮影の“地球の写真”を無断使用? 構図までそっくり
インターステラテクノロジズが成層圏から撮影した地球の写真を、中国の宇宙開発企業が無断使用した可能性がある。稲川貴大代表が、自身のXアカウントで指摘した。(2024/6/13)

“なみのりピカチュウ”が中華鍋の上でビッグウェーブに乗る!? ウソみたいな手作りフィギュアに「天才的で好き」
目が離せない職人ワザ。(2024/6/14)

日本語辞書を無許諾で提供していた中国サイト「Sora」閉鎖 CODA発表
コンテンツ海外流通促進機構は10日、日本で出版されている辞書のデータを無許諾で提供し、多くのアクセスを集めていた中国のWebサイト「Sora」が閉鎖されたと発表した。(2024/6/12)

3Dプリンタ活用最前線:
PR:属人化を解消するデジタルものづくり 〜無駄をなくし、開発・製造を加速する方法とは〜
中国をはじめとする新興国や欧米の勢いが増し、日本の製造業の存在感が薄れている。その根本的な原因はどこにあるのか? 世界とのギャップを埋めるにはどうしたらよいか? 3D CADや3Dプリンタを活用したデジタルものづくりに30年以上関わり、多くの製造業を支援し続けるSOLIZEにその打開策を聞いた。(2024/6/12)

Amazfit、高コスパを実現した実売1万円台のスマートウォッチ
中国Zepp Healthは、Amazfitブランド製となるエントリークラスモデルのスマートウォッチ「Amazfit Bip5 Unity」を発表した。(2024/6/11)

製造マネジメント インタビュー:
シェア低下にあえぐパナソニックの白物家電、「引き算の商品企画」で中国勢に対抗
パナソニックグループで家電や空調設備、電材などの事業を展開するパナソニック CEOの品田正弘氏が報道陣による合同取材に応じた。足元で厳しい環境にある白物家電事業を中心にどのような取り組みを進めていくのかについて説明した。(2024/6/11)

「Apple Vision Pro」の日本上陸はもうすぐ? 6月中旬までに発売と著名アナリストが予測
香港の証券会社TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleは6月中旬までにイギリス、フランス、ドイツ、中国、日本、シンガポールなど、米国外の市場にApple Vision Proを出荷する予定だとする出荷調査情報をX(旧Twitter)に投稿した。(2024/6/6)

工場ニュース:
信越化学工業が中国にシリコン製品の新工場の建設決定、2026年2月に完成予定
信越化学工業は、中国の浙江省に新会社を設立し、シリコン製品の新工場を建設する。中国国内のさらなる需要拡大を見据え、シリコン製品の生産能力の増強と生産品目の拡大を図る。(2024/6/6)

めっちゃ感情豊か! ネットでおなじみ“orz”を中国語版にすると……? 激しすぎる悲しみの表現に3万いいね 「アピールすなww」
落ち込みようがすごい。(2024/6/7)

Cocomi、初香港で工藤静香が同伴も……“局所映り込んだ”母の奮闘姿にチクリ「写真撮るのに力入りすぎ」
ママがんばってくれてるのに!(2024/6/4)

中国への不透明感で重要性増すインドビジネス 日本企業進出は頭打ち、構造的要因も
中国での政治・経済を巡る不透明感が続く中、日本企業はインドビジネスへの関心をこれまで以上に高めている。(2024/6/4)

中国から指示か 脱走実習生らの偽造マイナカード「工場」を摘発
さまざまな個人情報がひもづき、新たな身分証と位置付けられているマイナンバーカードを偽造していた、アパート一室の「工場」が摘発された。(2024/6/3)

靖国神社の石柱に落書き、一連の様子を中国の動画アプリに投稿 放尿のような仕草も
靖国神社(東京都千代田区)で6月1日、石柱に英語で「トイレ」と書かれた落書きが見つかった器物損壊事件で、中国の動画投稿アプリ「小紅書」(レッド)で、男性が、石柱に落書きしている様子が投稿されていることが分かった。(2024/6/3)

OpenAI、ロシアや中国によるChatGPTなどのAIツール不正利用について報告 5件を阻止
OpenAIは、ロシアや中国が国民操作に同社のAIツールを利用したと報告した。5件のキャンペーンを特定し、阻止したとしている。(2024/5/31)

今こそ知りたい電池のあれこれ(24):
注目集まるリン酸鉄リチウム、メリットとデメリットを整理しよう
中国系企業を筆頭にLFP系材料であるリン酸鉄リチウムの採用事例が目立つようになってきています。リン酸鉄リチウムの採用については、高い安全性や低コストといったメリットが挙げられる一方、エネルギー密度の低さやリサイクル時の収益性に対する懸念などデメリットに関する面の話題を耳にすることもあるかもしれません。(2024/5/31)

難読漢字を読んだ日本人→中国人の“意外すぎる反応”とは? 中華料理屋での出来事に「読めるけど絶対書けないやつ」
麺料理の名称として知られています。(2024/5/31)

第6回 建設・測量生産性向上展:
中国建機メーカー「柳工」が日本進出 環境負荷ゼロのBEV建機で運用コストも削減
中国の建設機械メーカー「柳工(LiuGong)」は、「第6回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」に初出展し、100%電気で稼働するBEV建機で日本市場への進出を表明した。(2024/5/30)

脱炭素:
フォーミュラEの航空貨物にSAFを初採用、ベルリン上海間のフライトで
フォーミュラEとDHLはドイツ ベルリンから中国 上海への航空貨物の輸送にSAFを使用した。(2024/5/30)

自動車メーカー生産動向:
中国の苦戦、認証不正、北米の好調……2023年度の新車生産を振り返る
長らく続いた半導体の供給不足の緩和や北米を中心とした旺盛な需要などにより自動車生産の回復が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年度の世界生産合計は、2年連続で前年度実績を上回った。(2024/5/30)

Huaweiの新ハイエンドスマホ「Pura 70 Ultra」を試す 制裁下でこの性能は“魔法を使っている”と思わせるほど
GalaxyやXiaomiといった新型スマートフォンに沸き立つ中、中国ではファーウェイの最新スマートフォン「Pura70」が話題だ。今回筆者は実機を入手したので、レビューしよう。(2024/6/2)

草刈昌代、電車内ショットである人物が写り込み注目集まる 「ガラスに映ってる」「周防監督が良きかな」
北京旅行を楽しんだとのこと。(2024/5/29)

レアな割引クーポンが拡大……米スタバ、中国で価格戦争に直面 打開策は?
米コーヒーチェーン大手スターバックスが、中国で避けようとしてきた価格戦争に巻き込まれつつある。急成長する低価格路線の地元ライバル勢との厳しいシェア争いに直面しているためだ。(2024/5/29)

「290円ラーメン」終売でもまだまだ安い幸楽苑、なぜコロナ禍が明けても不調が続いているのか
コロナ禍明けで各業界が復調に沸く中、取り残されているのが幸楽苑だ。290円の中華そばがなくなったとはいえ、まだまだ競合と比較して安い部類に入るのに、なぜ不調が続いているのか。(2024/5/29)

Huawei向けの輸出許可を取り消し:
米国の「意固地な」半導体規制は中国の自立を助長するだけ
米バイデン政権は、Huaweiに対する半導体の輸出許可を取り消す決断を下した。これに対し中国は強く反発。米中の分断はさらに深まると予測される。(2024/5/28)

中国Meizuはスマホから“AIデバイス”のメーカーへ転身 「Meizu 21」にその一端を見る
中国の老舗スマートフォンメーカーであるMeizu(魅族)は、2024年2月に新たな製品戦略を発表し、スマートフォンからAIデバイスへの転身を図るとしました。最新スマートフォン「Meizu 21 Pro」はAI機能を強化しています。AIアシスタント機能として「Aicy」を備えています。(2024/5/27)

シャープ、シャオミと無線技術の特許クロスライセンス契約 中国での訴訟は取り下げ 「友好的な協議の結果」
シャープは24日、中国Xiaomi(Beijing Xiaomi Mobile Software)との間で無線通信技術の特許クロスライセンス契約を締結したと発表した。中国での訴訟は取り下げる。(2024/5/24)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
vivoの折りたたみ最上位「X Fold3 Pro」に触れる 薄くて高性能で、画面内指紋センサーにも対応
中国メーカーの折りたたみスマートフォンは、元祖折りたたみメーカーであるサムスンの製品を上回る性能と仕上げのモデルが次々と登場しています。vivoの「X Fold3 Pro」は折りたたみデザインながらも、ディスプレイに指紋認証センサーを内蔵。カメラもかなり高性能です。(2024/5/24)

日高屋、ギョーザやチャーハンなど値上げ 中華そば「390円」は維持
ハイデイ日高(さいたま市)が運営するラーメンチェーン「日高屋」は、5月31日から一部商品を値上げすると発表した。値上げ幅は全体で3%程度となる。1号店のオープンから390円の価格を維持してきた「中華そば」は値上げしない。(2024/5/24)

47歳・ほしのあき 俳優、インフルエンサーら集合の“女子会”ショット公開 「あき様、脚が細い」「すごい美女軍団」の声
「オシャレなお店でのビーガン中華ランチ」を楽しんだと報告。(2024/5/23)

HONOR、GoogleのAI「Gemini」と「Imagen 2」を搭載へ Samsungに続き
中国HONORは、米Google Cloudと提携し、次世代AI体験を提供すると発表した。韓国Samsungと同様、スマートフォンに「Gemini」と「Imgen 2」を搭載する計画だ。(2024/5/23)

イオンリテール、衣料品の分別回収を実施 環境月間の一環
イオンリテールは5月22日、「イオン」「イオンスタイル」の衣料品売り場で、不要となった衣料品の分別回収を実施することを発表した。関東・北陸信越・東海・近畿・中国・四国地方の約290店舗で実施する。6月の環境月間に合わせた取り組みの一環。(2024/5/23)

「狂気でしかない」「毎日見たくなる」 SNSに毎日餃子を1個だけ投稿する話題の中華料理店に理由を聞いてみた
それはそれとして、餃子はとてもおいしそうです。(2024/5/23)

「全く理解できん」 ビンの中に砂をいれたら…… 「ドラゴンボール」の世界が浮かび上がる“驚異の技術”が860万再生【香港】
何が起きているのか分からないほどの技術。(2024/5/25)

安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
中国の雑誌に掲載されました。(2024/5/22)

「日高屋」が値上げ 「中華そば」は1号店オープン時から変わらずの390円を維持
中華そばは守られた。(2024/5/21)

米政府の対中関税引き上げ、日本にも深刻な影響?
ジョー・バイデン米政権は、電気自動車(EV)など中国製品に対する関税を引き上げると発表した。米大統領選でドナルド・トランプ陣営への対抗策という見方もあるが、中国の産業は打撃を受けるのか。そして日本はどのような影響があるだろうか。(2024/5/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
米政府が中国EVに100%課税する意味
米政府は中国製のEVにかけられていた25%の関税を、なんと100%に引き上げると発表した。米政府は世界の貿易から、ならず者でルールを守らない中国を除外し、中国なき世界貿易を目指そうとしている。(2024/5/20)

厳しさ増す米国のファーウェイ規制 専門家「全て排除するのは難しい」
米国が華為技術(ファーウェイ)など中国IT企業への規制を強めるのは、機器を通じた情報流出への懸念とともに、技術開発競争で中国に主導権を握らせたくないとの思いがあるためだ。日本は経済安全保障で米国と歩調を合わせるが、過剰に華為などを締め付ければ、中国側が報復に出る可能性もあり、慎重な対応が求められる。(2024/5/19)

「美しさと品がある」「可愛すぎる…」 ハンドメイドの「中国陶器ネイル」、美しい仕上がりに称賛集まる
シールを使って手作りしたネイルがまるで陶磁器。(2024/5/18)

One-Netbook製8.4型携帯ゲーミングPC「ONEXPLAYER 2 Pro」に新モデル CPUをRyzen 7 8840Uにアップグレード
テックワンは、中国One-Netbook Technology製8.4型携帯ゲーミングPC「ONEXPLAYER 2 Pro」の新モデルを発売する。(2024/5/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの価格はまだまだ上がる? ならば海外格安EVにどう対抗すべきか
クルマの価格が高くなったという声をよく聞く。昔と比べて装備が充実していることもあり、価格は上がった。今後も、電動化やソフトウェアの高度化など、価格が上がる要素ばかりだ。安価な中国製EVなどに負けないためにも、真の価値を打ち出していくことが必要だ。(2024/5/17)

米国「対中半導体戦争」の行方はどうなる? 日本の技術は注目されるのか
米政府が、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米半導体大手インテルの輸出許可を取り消したと報じられた。(2024/5/15)

Innovative Tech:
“ビールは冷やす”となぜうまい? 中国の研究者らが調査 アルコール度数と温度の関係に迫る
中国科学院や中国の白酒メーカーである五粮液などに所属する研究者らは、異なるアルコール度数や温度によって味わいなどが変化するメカニズムを解明するために検証した研究報告を発表した。(2024/5/15)

富岳は4位維持 トップ3は米国独占、世界スパコンランキング 影を潜める中国
スーパーコンピューターの計算速度を競う世界ランキング「TOP500」が13日発表され、理化学研究所が運用する「富岳」は4位を維持した。首位から3位までは、前回と変わらず米国勢が独占した。(2024/5/14)

タイ・中国製の商品を“日本製”と表記…… 阪急百貨店が謝罪&購入者へ連絡呼びかけ 「深くお詫び申し上げます」
計15品番が対象。(2024/5/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.