• 関連の記事

「中国」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中国」に関する情報が集まったページです。

ライカと共同開発 1インチの巨大カメラ搭載 Xiaomiが新型スマホを海外発表
中国スマートフォン大手のXiaomiは、新型スマートフォン「Xiaomi 12S」シリーズを海外発表した。無印とProモデルに加え、ライカと共同開発の巨大カメラを搭載する「Xiaomi 12S Ultra」をラインアップする。(2022/7/6)

アジアBNPL大手のAtome、日本上陸 オフライン決済にも注力
アジアで2700万以上のユーザーを持つ後払い(BNPL)決済サービス、Atome(アトミ)が7月6日、国内でサービスを開始した。Atomeは、2017年創業。19年にシンガポールでBNPLサービスを開始し、インドネシア、マレーシア、香港、台湾、ベトナム、フィリピン、タイ、中国本土などでサービスを提供している。日本が10番目のマーケットだ。(2022/7/6)

中国10億人分の個人情報、22TB分が流出か ハッカーが約2687万円で販売と海外報道
中国人10億人分の個人情報を入手したとするハッカーが現れた。ハッカーは22TB以上に及ぶデータを10ビットコイン(約2687万円相当)で販売しているという。(2022/7/6)

知らないと損?業界最前線:
「家電量販市場」、猛暑のエアコン商戦でも回復が厳しいワケ
家電量販各社の2022年3月期決算が、軒並み前年比でマイナスだ。さらに今年は、上海のロックダウンや半導体不足などの影響が国内家電市場にも及び、夏商戦には不安がつきまとう。一方、ほぼ全国が例年よりも早く梅雨明けしており、早々にエアコン商戦がスタート。巻き返しを図ることはできるのか。(2022/7/6)

ハイビームが携帯型ゲーミングPC「AYANEO AIR」の国内取り扱いをアナウンス 近日予約開始
ハイビームは、中国AYANEO製となる携帯型ゲーミングPC「AYANEO AIR」の国内取り扱いを発表した。(2022/7/5)

Xiaomi、ほとんどスマートウォッチなバンド「Xiaomi Mi Band 7 Pro」を約7700円で発売
Xiaomiは新スマートバンド「Xiaomi Mi Band 7 Pro」を中国で発売した。価格は379元(約7700円)。1.64型長方形ディスプレイでGPSとNFCをサポートする。(2022/7/5)

Innovative Tech:
文章から「3Dアバター」と「動き」を自動作成するAI シンガポールと中国のチームが開発
シンガポールのNanyang Technological University、中国のSenseTime Research、中国のShanghai AI Laboratoryは、テキスト入力から3Dアバターとその動きをゼロショットで生成する機械学習を用いたシステムを開発した。(2022/7/4)

MERCUSYS、実売8000円切りのエントリーWi-Fi 6対応無線LANルーター
ティーピーリンクジャパンは、中国MERCUSYSブランド製のエントリーWi-Fi 6対応無線LANルーター「MR70X」の国内取り扱いを発表した。(2022/7/1)

米経済誌「フォーブス」が発表:
日本長者番付2022 孫正義氏は3位転落 お金持ち1位は?
フォーブスジャパンは6月1日、「日本長者番付2022」を発表した。その結果、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏が、3兆500億円で保有資産額トップだった。柳井氏がトップになるのは2020年以来2年ぶり。衣料品大手ユニクロの国内・中国市場における売り上げの低迷が、親会社であるファーストリテイリングの株価に影響した。(2022/6/30)

米FCC、AppleとGoogleにTikTokアプリをアプリストアから削除するよう要請
米連邦通信委員会(FCC)のコミッショナーが、AppleとGoogleに対し、アプリストアから「TikTok」を削除するよう要請した。TikTokの個人情報に中国の親会社の従業員がアクセスしているという報道を受けたものだ。7月8日までに削除しないなら、その理由を説明せよとしている。(2022/6/30)

中国のブロックチェーン活用事例は世界とは違う? 中国が目指す未来の世界とは
暗号資産取引を2021年に「全面禁止」した中国だが、ブロックチェーンの社会実装は進んでいるようだ。世界各国とは違う形で進化する中国のブロックチェーン事情を解説する。(2022/6/30)

自動車メーカー生産動向:
ホンダやマツダの生産が前年同月比で半減、2022年度の厳しいスタート
半導体不足や中国のロックダウンなどサプライチェーンの混乱が深刻化しており、日系乗用車メーカー8社が発表した2022年4月の生産台数では、ダイハツ工業とSUBARU(スバル)を除く6社が前年割れとなった。(2022/6/29)

組み込み開発ニュース:
セルラーIoTモジュール世界トップシェアのQuectel、満を持して日本市場に進出
中国のQuectel Wireless Solutionsが、本格展開を始める日本国内向けの事業戦略について説明。セルラーIoTモジュールの出荷台数ベースの世界シェアで26.6%とトップに立つ同社だが日本国内での展開が遅れていた。今後は、2021年3月に開設した日本オフィスを中核に、世界全体と同等のシェアを目指して事業展開を拡大していく方針だ。(2022/6/29)

Keychron、ワイヤレスメカニカルキーボード「K8」にバックライト非搭載モデル
コペックジャパンは、中国Keychron製メカニカルキーボード「Keychron K8 ノンバックライト・ワイヤレス・メカニカルキーボード」の取り扱いを発表した。(2022/6/28)

中国コスメ「フラワーノーズ」、SNSで話題の新作を一気見せ! きらっきらのパケにときめく「クリスタルユニコーンシリーズ」をレビューします
「ユニコーンシリーズ」がクリスタルのきらめきとともに帰ってきました!(2022/6/26)

「100万ドルの夜景」などをミニチュアで再現! 香港の風景に出会える「香港ミニチュア展」KITTEで開催
ミニチュアでも、でかいぞ。(2022/6/24)

「Steam Link」は快適? “変身”するAndroidベースのポータブルゲーミングデバイス「GPD XP」を試す
中国GPDが開発し、日本では天空が販売しているAndroidベースのポータブルゲーミングデバイス「GPD XP」は、ポータブルゲーム機より少し高く、据え置きハイエンドゲーム機より少し安いという絶妙な価格設定となっている。快適にゲームを遊べるのか、実際に試してみよう。(2022/6/24)

中国でコロナ対策アプリ不正操作 河南省幹部処分
中国河南省にある地元金融機関で預金が引き出せなくなり預金者らが抗議活動をしている問題で、地元当局者が抗議に加わっている預金者らの新型コロナウイルスの感染対策アプリを不正に操作して預金者らを外出禁止にしようとしていたことが明らかになった。(2022/6/24)

PR:【これはハマる…!】 香港で大人気のスープヌードル店が日本上陸! 全6種のオリジナルスープ&新食感のぷりっと麺を食べてきました
香港で大人気の米線レストラン「譚仔三哥(タムジャイサムゴー)」の味が、日本でも食べられます。(2022/6/24)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国格安EV「宏光MINI」は自動車業界のiPhone? 100万円以下のソックリEV続々登場
日本では日産自動車が軽電気自動車『SAKURA』を発売し、格安EVに期待が高まっている。本連載で1年前に紹介した世界で一番売れているEV「宏光MINI」は、累計販売台数73万台を達成。中国では二匹目のドジョウを狙い、100万円以下のEVが次々登場し、早くも明暗が分かれつつある。(2022/6/23)

Xiaomiの「POCO F4 GT」日本初上陸 Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から
予告されていた通り、中国Xiaomiから生まれたブランド「POCO」が日本に初上陸を果たした。日本で発売される最初のハイエンドスマートフォンは「POCO F4 GT」。Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から。(2022/6/23)

中国、IT統制強化へ独禁法改正審議を加速
全人代の常務委員会が北京で会議を始め、独占禁止法の改正案などの審議を始めた。同法改正案には、中国IT大手への統制強化を意識した文言が明記されている。習近平国家主席が改正作業の加速を指示しており、法整備を急ぐ考えとみられる。(2022/6/22)

ディスプレイの代わりにプロジェクターを内蔵するノートPC「MOZI」 コンセプトデザインをLenovo子会社が披露
中国Lenovo傘下のLianbao Technologyが、内蔵のプロジェクターで投影を行うノートPC「MOZI」のコンセプトデザインを発表した。(2022/6/21)

コペック、Keychron製ワイヤレスキーボード「Keychron K4」を販売開始
コペックジャパンは、中国Keychron製ワイヤレスキーボード「Keychron K4」の取り扱いを発表した。(2022/6/21)

22時間営業“ガチ中華”のテーマパーク、秋葉原駅に出現 「羊の丸焼き」を1人分から提供
中華料理店「味坊集団」を運営するL&L(東京都台東区)は、秋葉原駅昭和通口に大規模店舗「香福味坊(こうふくあじぼう)」を6月23日にオープンする。(2022/6/21)

中型二次電池の事業強化図る:
TDK、中国のEV向け二次電池大手と合弁会社を設立
TDKは2022年6月20日、二次電池事業を手掛ける同社子会社と中国の車載用二次電池大手「Contemporary Amperex Technology Co., Limited」(中国福建省、以下、CATL)との間で、家庭用蓄電システムや電動二輪車、その他産業用途に適した中型二次電池の開発、製造、販売に特化した合弁会社2社を設立したと発表した。(2022/6/20)

TikTok、米ユーザーデータをOracleのクラウドに移管したと発表 中国からアクセスされたという報道も
中国ByteDance傘下のTikTokは、米国のユーザーデータの保存場所をOracleのクラウドに移管したと発表した。翌日、BuzzFeedがTikTokのユーザーデータは過去に中国からアクセスされていたと報じた。日本など米国以外のユーザーデータの保存場所は従来どおりだ。(2022/6/19)

高梨沙羅、現役続行の意思明にファンから温かいメッセージ届く 「努力もプレッシャーも何度も越えてきた」「飛ぶことを楽しんで」
2月の北京五輪ノルディック・スキージャンプ混合団体で“スーツの規定違反”で失格になったことをきっかけに今後の進退について言及していました。(2022/6/17)

TerraMaster、中小企業向けの6ベイ搭載デスクトップNAS「T6-423」
中国TerraMasterは、SMBユーザーなどの利用に向く6ベイ搭載コンパクトNAS「T6-423」を発売する。(2022/6/16)

おすまし顔のドラミちゃんが冷やし中華に変身! 「食べるの勿体ない」「これはもうアート」と絶賛の声
ナイスアイデア!(2022/6/15)

Innovative Tech:
1枚のパノラマ写真から室内を3次元で忠実に再現 Googleなどが開発
中国の浙江大学と米Googleの研究チームは、1枚のパノラマ写真から部屋内の全体の3次元シーンを正確に再現するシステムを開発した。(2022/6/14)

ネット配信やゲーム特化のチューナーレステレビ、エディオンから 43インチ4Kで4万9800円
エディオンは、同社のオリジナルブランド「e angle select」にて、チューナーレステレビを販売すると発表した。予定価格は4万9800円。中国TCLと共同開発した。(2022/6/13)

日本の5G通信は海外と比べて遅い その原因は? Opensignalが調査
Opensignalは、世界の5G体感について調査の分析結果を発表。日本の5G信号強度は東アジア市場(香港、韓国、台湾)と比較して大幅に低い一方、4G信号強度は他の市場と同等という結果になった。(2022/6/13)

山根康宏の中国携帯最新事情:
今、中国でAndroidタブレットが過熱している理由 XiaomiとOPPO、そしてHuaweiも
2021年にXiaomiが高コスパのタブレットを発売して以来、HuaweiやOPPOなどの他メーカーもタブレット市場に参入している。自宅での需要が増えていることも背景にあるだろう。ノートPCより安くスマホより大きい画面が使えるため、スマホの次に買い足される製品となっているのだ。(2022/6/15)

余波は続きそう:
白物家電の品薄懸念 なぜ
エアコンや洗濯機など家電製品の品薄が懸念されている。従来の半導体不足に加え、新型コロナウイルス対策として約2カ月にわたって中国・上海でロックダウンが行われ、家電メーカーの現地生産や部品供給が停滞したためだ。(2022/6/12)

格闘技イベントで“判定前の暴挙”が物議 中国選手に背後から蹴られた風間敏臣「4ラウンドがあったらアイツ反則負け」
風間選手が事態を説明しています。(2022/6/10)

工場ニュース:
中国にトラクションモーターシステムのフラグシップ工場を建設
日本電産は、中国浙江省平湖市に、トラクションモーターシステム「E-Axle」のフラグシップ工場を建設する。E-Axleの組み立て生産だけでなく、EV専用一貫工場を目指す。(2022/6/10)

世界のIaaSシェア、2021年は1位AWS、2位Microsoft、3位Alibaba、4位Google ガートナー調査
米Gartnerが、ワールドワイドにおける2021年のIaaSクラウドの市場シェアについて、調査結果を発表した。トップは米AWSでシェア38.9%、2位は米Microsoftで21.1%、3位は中国Alibabaでシェア9.5%、4位は米Googleでシェア7.1%だった。(2022/6/10)

Nothing初のスマートフォン「phone(1)」、7月13日0時に発表へ
Nothing Technologyが、7月13日0時に同社初のスマートフォン「phone(1)」を発表する。同社のWebサイトで発表会のライブ配信を行う。Nothingは、中国のスマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏が2020年に英国で立ち上げた新興企業。(2022/6/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「歩いて稼げる」STEPN、崩壊論高まる 大物投資家のSNSが中国封鎖引き金か
現実世界で歩いた分だけお金が稼げる「STEPN」は、世界で200〜300万ユーザーを獲得した注目のブロックチェーンゲームだ。しかし5月末に中国ユーザーの規制が発表されると、ゲーム内のNFTやトークンの価値は数日で暴落。とはいえ中国当局に目をつけられないよう先手を打ち、うまく対処している。(2022/6/9)

中国の支援を受けた脅威アクターが悪用する16の脆弱性とは? CISAらが共同アラート
CISAらは共同でセキュリティアラートを発表した。中国が支援する脅威アクターが頻繁に悪用する脆弱性とベストプラクティスをまとめている。(2022/6/9)

建設業の人材動向レポート(43):
建設業のGDPに関する国際比較「世界1位の中国は10年連続で大幅増」
本連載では、ヒューマンリソシアが運営する「建設HR」が独自に調査した建設業における人材や市場動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、建設産業を生産面から見た建設業のGDPについて、主要6カ国の違いを分析している。(2022/6/9)

One-Netbook、第12世代Core i7を採用した13型2in1タブレットPC「ONE-NETBOOK T1」 Indiegogoにて先行で提供
中国One-Netbook Technologyは、第12世代Coreプロセッサを搭載した13型2in1タブレットPC「ONE-NETBOOK T1」を発表した。(2022/6/7)

パナソニックインダストリー モーターなど生産拠点の中国集中を回避
パナソニックインダストリーが、2024年度までに年間の研究開発に対する投資額を売上高の8%にまで引き上げる方針を示した。同社はモーターなどの部品や半導体材料を生産しており、中国に集中している生産拠点を国内に分散していく。(2022/6/7)

東京で全国の名店の味を提供:
ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート 第4弾は「金澤濃厚中華そば神仙」
「東京ラーメンストリート」で開催中の「ご当地ラーメンチャレンジby東京ラーメンストリート」で、第4弾として金沢の名店「金澤濃厚中華そば神仙」が出店する。第3弾の『麺屋ようすけ』は6月13日まで出店中。(2022/6/7)

One-Netbookが第12世代Core採用2in1 PC「T1」のティーザーサイトを公開 クラウドファンディングを6月9日に開始
中国One-Netbook Technologyが、13型の2in1タブレットPC「T1」のティーザーサイトを公開、6月9日にクラウドファンディングを開始すると発表した。(2022/6/6)

パナソニック、IoT「ビストロ」発売2カ月延期 中国ロックダウンの影響
パナソニックは、スチームオーブンレンジ「ビストロ」新型の最上位モデル発売日を、6月下旬から8月下旬に延期する。中国でのロックダウン影響。(2022/6/6)

見直し:
日本の製造業に「国内回帰」の波、流れは逆転したのか
中国やロシアなど安全保障上のリスクや、感染症などへの対応、為替の円安基調を背景に、日本の製造業の「国内回帰」や「国内強化」が進んでいる。10年ほど前までの「超円高」時代には生産拠点を海外に移し、空洞化が進んだが、流れは逆転したのか。(2022/6/6)

Innovative Tech:
文章から“動画”を自動作成するAI、中国の研究チームが開発
中国の清華大学の研究チームは、簡単なテキストを入力に、その文章を基にした簡単な動画を自動作成する機械学習モデルを開発した。(2022/6/6)

ロシア100年ぶりデフォルトへ 中国の支援の動きを阻止できるか?
 プーチン大統領がロシアの歴史に新たな汚名を残すのか。世界の大手金融機関でつくるクレジットデリバティブ決定委員会は1日、ロシア国債の利払いが「不履行」に当たると認定した。欧米から制裁を受けているロシアは、海外からの資金調達が長期間困難になるとみられる。ウクライナ侵攻の戦費枯渇に前進しているが、あの国が邪魔をしそうだ。(2022/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.