• 関連の記事

「Kingston」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Kingston」に関する情報が集まったページです。

日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと
日本HP傘下のゲーミングブランド「HyperX」から、さまざまなデバイスが発売された。ここでは、75%キーボードと軽量マウス、そしてバックパックを試してみた。(2024/7/12)

古田雄介の「アキバPickUp!」:
Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット!
現行APUのRyzen Gシリーズを組み込める新型ベアボーン「DeskMini X600」が登場し、早速ヒットしている。前作から約3年半振りの新モデルだ。(2024/5/27)

USB PD給電で動かせる、Core i7-12650H搭載の超小型PC「Minisforum UN1265」を試す
USB PD給電にも対応しているという大きな特徴を持つCore i7-12650H搭載の超小型PC「Minisforum UN1265」の実力を各種ベンチマークテストで確かめてみた。(2024/1/11)

OCuLinkで外部GPUも使える小型PC「Minisforum UM780 XTX」の純粋なパフォーマンスを検証する
幅広い拡張性と幅広いニーズに応えられるという一般利用にも、“逸般”利用にももってこいな1台が定価で9万5980円から購入できるのはなかなか強烈だ。(2023/12/13)

AIに聞く:
AIに予算30万円以下でゲーミングPCを組んでもらって分かったこと
ボーナスシーズンに入り、PCの新調や追加購入などを考えている人も多いだろう。一方で、Microsoft Copilotが一般提供されるなど、徐々にAIが身近な存在になりつつある。そこで、複数のAIに予算30万円以下でパーツの選定をしてもらった。(2023/12/7)

34型ウルトラワイド液晶やヘッドセットも付属! 「NEXTGEAR JG-A7G6T」の限定セットモデルを試して分かったこと
マウスコンピューターがPCゲーム初心者向けに複数のセットモデルを用意しているが、真打ちと言えるセットが「NEXTGEAR JG-A7G6Tウルトラワイド5点セット」だ。その内容をチェックした。(2023/11/17)

999ドル:
AMDが“高コスパ”のプロ向けGPU「Radeon PRO W7700」を発表 実力をチェック!
AMDが、デスクトップワークステーション向けGPUの新モデル「Radeon PRO W7700」をリリースする。、ECCメモリを備えながらも、米国での販売価格は999ドル(約15万4000円)と比較的手頃である。その特徴を、ベンチマークテストの結果を交えながら簡単に紹介しよう。(2023/11/13)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
OpenAIが次世代の「GPT-4 Turbo」やカスタムできる「GPTs」を発表/イーロン・マスクが対話型AI「Grok」
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、11月5日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/11/12)

ミドルレンジ期待の新星となるか? 「Intel Arc A580」搭載グラフィックスカードを試して分かったこと
Intelが、ゲーミング向けGPU「Arc A Graphics」の新製品として「Arc A580」を投入する。デスクトップ向け製品では穴となっていたフルHD解像度をターゲットに据えた製品で、グラフィックスカードの想定販売価格は米国では179ドル(約2万6700円)、日本では3万5000円弱となる。本GPUの概要を紹介すると共に、その実力を先行してチェックしてみよう。(2023/10/10)

HP Imagine 2023:
「HP AI Studio」や「NVIDIA AI Enterprise」搭載ワークステーション投入などAI推し! フォルダブルPC「Spectre Foldable」も日本で発売
HPが米国でイベント「HP Imagine 2023」を開催した。その際に、HyperX/Polyブランドを含めて新製品を一挙に発表したので、その概要を紹介する。特に注目したいのは、フォルダブルPC「Spectre Foldable」と、サステナブルなインクカートリッジが使える新型プリンタだ。(2023/10/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
TranscendのスティックSSDに最大容量2TBモデルが2.2万円で登場
Transcendのスティック型SSD「ESD310C」シリーズに2TBモデルが加わった。また、64GB SATA SSDが640円のスポット特価で売られており、大いに盛り上がっている。(2023/7/8)

壊れるSSDと上手に付き合う【第4回】
「突然のSSD故障」を回避するベストプラクティスはこれだ
「SSD」の自己診断機能を使うことで、SSDの故障に事前に対処できる可能性がある。それを実現するには、どのような方法を取ればいいのか(2023/7/4)

COMPUTEX TAIPEI 2023:
大型ハイスペック曲面ディスプレイや超高速SSDで総合力を見せるMSIブース
久しぶりに対面開催となった「COMPUTEX TAIPEI 2023」は、PCを含むICT業界関係者を中心に大きなにぎわいとなっている。この記事では、台湾の大手メーカーであるMicroStar-International(MSI)ブースの様子を紹介する。(2023/6/1)

容積約0.48L! 最新の「Intel NUC 13 Pro」は手のひらサイズで想像以上の快適さを備えた超小型PCだった
Intelが技術のショーケースとして販売している「Intel NUCシリーズ」。その最新モデルの1つである「Intel NUC 13 Pro(Arena Canyon)」は、モバイル向け第13世代Coreプロセッサを搭載することで「小さいのにパワフル」をより高いレベルで実現している。この記事ではスリムボディーのキット製品でも上位に相当する「NUC13ANKi7」を試していく。(2023/5/11)

容積14Lで空冷だけどパワフル! Core i9-13900K搭載でコンパクトな「Intel NUC 13 Extreme Kit」を試す
Intelが2022年12月末に発売した「Intel NUC 13 Extreme Kit」は、デスクトップ向け第13世代Coreプロセッサをあらかじめ組み込んだハイエンドベアボーンキットだ。ゲーミングあるいは動画編集の快適さを重視する人にとって、貴重なコンパクトボディーも魅力である。この記事では、Core i9-13900Kを搭載する最上位モデルの使い勝手をチェックする。(2023/2/10)

“うさぎ年”らしい飛躍の年に――日本HPが2023年の事業方針を説明 周辺機器やゲーミングを強化
2023年はうさぎ年である。日本HPは、親会社であるHPの掲げる「Future Ready戦略」に基づき、2022年を上回る「飛躍の1年」を目指していくという。(2023/1/20)

PR:シンプルかつモダンなPCで仕事も学習も大いにはかどる! MSI「Modern 14 C12M」の高コスパに驚く
ビデオ会議やオンライン授業の導入で一段と身近になったノートPC。普段から使うPCだけに、高い性能はもちろんのこと、見た目や使い勝手にもこだわりたいところだ。手頃な価格でそれらを両立させたエムエスアイコンピュータージャパン(MSI)の「Modern-14-C12M-605JP」をチェックする。(2022/12/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
次世代Ryzenのオーバークロック機能「AMD EXPO」に対応したメモリが店頭に!
G.Skillの新しいDDR5メモリ「Flare X5」や「Trident Z5 Neo」などのパッケージに、「AMD EXPO」のロゴがついていた。Ryzen 7000シリーズでサポートされる機能だ。(2022/9/20)

Intel Arc A380搭載デスクトップPC「DAIV Z3-A380」の性能は? クリエイティブ系アプリは加速する?
マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」シリーズに、Intel Arc A380を搭載したデスクトップPCが追加された。新GPUはクリエイティブ関連のアプリで有用なのか、そしてパフォーマンスはどうなのかを細かくチェックした。(2022/9/13)

まずはハイエンド製品から:
最大5.7GHz駆動で競合を打破――AMDが「Ryzen 7000シリーズ」を正式発表 米国では9月27日発売
AMDがことあるごとに“チラ見せ”してきたRyzen 7000シリーズが、いよいよ正式発表された。まずはハイエンド製品でGPUを統合していない「Xシリーズ」から登場することになるが、その“エントリー”製品でも第12世代Coreプロセッサの最上位製品と同等かそれ以上のゲーミング性能を発揮できるという。【更新】(2022/8/30)

HP INNOVATION SUMMIT 2022:
35億ドルの新規ビジネスを獲得できた――HPが“サステナビリティー”に注力する理由
日本HPがリアル/オンラインのハイブリッドイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2022」を開催。米HPのエンリケ・ロレスCEOがリモート登壇し、HPグループのサステナビリティー(持続可能性)に関する取り組みを重視する理由を対話形式で語った。(2022/7/27)

Kingston、ハードウェア暗号化機能を備えたタッチパネル搭載外付けSSD
Kingstonは、OSに依存しないパスワード保護機能を搭載した外付けSSD「Kingston IronKey Vault Privacy 80」を発表した。(2022/5/24)

【Amazonタイムセール祭り】microSDがお買い得 Switch用にも使えるサムスンやキングストン製品などがセールに
Switch用にほしい。(2022/2/26)

「第2の創業を目指す」 日本HP新社長が語るパーソナルPC市場と日本のゲーミング市場
日本HPが2022年初の事業説明会を開催した。2021年に新社長に就任したばかりの岡戸伸樹氏は何を語ったのか。(2022/1/21)

【Amazon 初売り】セール最終日は何を買う? 3日間で人気があった商品を公開
お買い物の際はポイントアップキャンペーンのエントリーも忘れずに。(2022/1/6)

【Amazon 初売り】サンディスクの512GB microSDが1472円OFF Switchの容量不足で困っている人はいかが?
256GBも4306円とお買い得に。(2022/1/3)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3060が6万円切り――Palitのバルクグラフィックスカードが大量入荷
ドスパラ秋葉原本店が、Palit製の現行GeForceシリーズのバルク品を緊急入荷した。長い品薄状態と高騰傾向が続いたパーツだけに注目度が高そうだ。(2021/11/20)

古田雄介の週末アキバ速報:
「思ったよりも無風でした」――DSP版Windows 11の販売開始
Windowsの新バージョン発売といえば、秋葉原電気街の伝統的なお祭りの合図だ。いや、合図だった。静かにPCパーツショップの店頭に並んだ最新Windowsの様子をまとめた。(2021/11/13)

Kingston、最大7000MB/sを実現するPCIe 4.0対応のM.2 NVMe SSD
Kingston Technologyは、高速転送に対応したPCIe 4.0対応のM.2 NVMe SSD「KC3000」を発表した。(2021/11/9)

Kingston、ゲーミングPC向けのDDR5メモリとPCIe 4.0対応NVMe SSDを発表
Kingston Technologyは、Kingston FURYブランドからDDR5対応デスクトップ用メモリ「Kingston FURY Beast ビースト DDR5」など2製品を発表した。(2021/11/2)

ハイエンドSSDが新時代に! 176層/PCIe 4.0 x4の新製品2モデルを試す
176層の3D TLC NANDフラッシュメモリを搭載した、PCI Express 4.0 x4対応SSDが続々と登場している。Crucialと日本シーゲートの最新モデルをチェックした。(2021/10/15)

日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表 新ブランド「Victus(ヴィクタス)」も旗揚げ
日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表した。これに合わせて、よりカジュアルなゲーミングブランドとして「Victus(ヴィクタス) by HP」も立ち上げる。(2021/9/9)

税込み4万円台から買える! ベーシックノートPC「mouse C4」を試してみた
マウスコンピューターから、実売4万円台で買える低価格ノートPC「mouse C4」が発売された。店頭で先行販売していたモデルだが、低価格モデルゆえに気になるところがあるのか実機を使って試してみた。(2021/6/17)

Kingstonがゲーミングメモリブランド「Kingston FURY」を発表
Kingston Technologyは、高性能ゲーミングパーツを提供するブランド「Kingston FURY」の発表を行った。(2021/6/2)

古田雄介のアキバPick UP!:
「M.2 SATA SSDは既に下火」の中、2TBで2万円台前半のM.2 NVMe SSDが登場
キングストンからM.2 NVMe SSDで最安クラスとなる「NV1」シリーズが登場して話題となっている。安価なM.2 SSDという位置づけもNVMeが担えている陰で、レガシー化する存在も……。(2021/5/17)

Kingston、バーチャル7.1chサラウンド再生にも対応したゲーミングヘッドセット
Kingston Technologyは、バーチャルサラウンド機能を搭載したゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Revolver + 7.1」を発売する。(2021/5/10)

90年代人気ドラマ「ER緊急救命室」キャストが同窓会 ジョージ・クルーニー「妻に見せたら結婚生活の危機になった」
一部からは復活の可能性に言及も。(2021/4/23)

Ryzen搭載の超小型デスクトップPC「Minisforum UM270」を試す
超小型PCといえばIntel NUCを思い浮かべるが、AMDプラットフォームでも同様のミニPCが続々と登場している。ここで紹介する「Minisforum UM270」もその1台だ。実力はどうなのか、チェックした。(2021/3/10)

HP、ゲーム周辺機器ブランドHyperXを4億ドル超で買収 OMENとは統合せず
HPがKingston TechnologyのゲームアクセサリブランドHyperXを買収する。買収総額は約450億円。HyperXはヘッドセットやキーボードで知られる人気ブランドだ。(2021/2/25)

HPがKingstonのゲーミング部門「HyperX」を買収 4.25億ドルで
米HPが、米Kingstonのゲーミング部門「HyperX」を4.25億ドルで買収することを発表した。買収後も、Kingstonはゲーミング向けメモリ/ストレージ製品の販売を継続するという。(2021/2/25)

機関車? 中世の騎士かな? BMWから「よろい着ているようにしか見えない」やばいバイク登場
つ、つよそう。(2021/1/26)

Kingston、ハニカムデザインの軽量ゲーミングマウスなど2製品
台湾Kingston Technologyは、軽量デザイン筐体を採用したUSBゲーミングマウス「Pulsefire Haste」を発表した。(2021/1/18)

CES 2021:
DellがAlienwareブランドの新PCを発表 Ryzen 5000シリーズ搭載デスクトップと新型GeForce RTX搭載ノート
Dellが、Alienware(エイリアンウェア)ブランドの新型PCを発表した。デスクトップではRyzen 5000シリーズ(第4世代Ryzen)を搭載できる新モデルが登場し、ノートではGeForce RTX 30シリーズを搭載できる新モデルが投入される。(2021/1/13)

HyperXがコンパクト設計のゲーミングキーボードを発表
Kingston Technologyは、このほど開催されたオンライン発表会「CES 2021」にて小型ゲーミングキーボード「HyperX Alloy Origins 60 メカニカルゲーミングキーボード」の発表を行った。(2021/1/12)

Kingston、バーチャルサラウンド再生にも対応したゲーミングヘッドセット
Kingston Technologyは、軽量設計の有線接続型ゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Stinger S」など2製品を発表した。(2020/10/26)

「スター・ウォーズ」レイア役の故キャリー・フィッシャーに初孫 ビリー・ロードの第1子出産報告に「スカイウォーカーの血を引く存在」と祝福の声
ルークおじさんもお祝い。(2020/9/25)

仕事もゲームもこれ1台で:
最新AMD製CPUを搭載したモバイルPC「ZenBook 14」を手持ちのIntelモデルと比べた結果
ASUSのモバイルPCで、ボディーデザインにもこだわった14型ディスプレイを備えた「ZenBook 14」シリーズ。そのAMDモデルに、Zen 2アーキテクチャ採用のRyzen 7 4700U搭載機が登場した。何が変わったのか、Intelモデルとの比較を交えて紹介しよう。(2020/9/10)

美ボディにうっとり 1980年製「BMW R100 RS」をツヤツヤに仕上げたフルカウル・カスタムバイクがすごい
こりゃたまらん!(2020/8/22)

Kingston、軽量デザインのワイヤレスゲーミングヘッドセット
台湾Kingston Technologyは、軽量デザイン筐体を採用したワイヤレスゲーミングヘッドセット「Cloud Stinger Core ワイヤレスゲーミングヘッドセット」を発売した。(2020/8/17)

古田雄介の週末アキバ速報:
NVMe SSDが500GBで8000円、250GBで5000円切り!
4連休から夏休みシーズンに突入する今週末は、各店が大規模なセールを展開中だ。割安なストレージの他、3万円以上値引きしたプロ向けドローンなども目玉になっている。(2020/7/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.