• 関連の記事

「韓国」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「韓国」に関する情報が集まったページです。

中国、K-POPファンのSNS軒並み規制 韓国産業に打撃
エンタメ界への規制が強化されている中国で、今度は韓国のK-POPが標的となった。中国のSNS上のファンアカウントが軒並み規制され、2016年に韓流を締め出した「限韓令」「禁韓令」の再来との見方もある。韓国の対中国の弱腰も背景にあるようだ。(2021/9/15)

宇宙から地球へ 高速通信の切り札
破綻から復活した衛星通信会社OneWeb 世界の有力企業が出資する“納得の理由”
衛星を使い、高速な通信サービスを開発するOneWebは韓国のITベンダーから3億ドルを調達する他、カナダの通信事業者と覚書を結んだ。経営破綻から立ち直ったOneWebが目指すのは何か。最近の動きを追った。(2021/9/15)

劇場版ポケモン「ココ」、Netflixで10月に世界公開 「ポケモンGO」などで記念イベント
ポケモン社の米国法人が映画「劇場版ポケットモンスター ココ」をNetflixで日本、中国、韓国を除く世界に向けて配信すると発表した。(2021/9/8)

韓国OEM企業がEV量産車に採用:
Lanxess、EV用バッテリー筐体をINFACと共同開発
独Lanxess(ランクセス)は、電気自動車(EV)用バッテリーモジュールの筐体を、韓国INFAC(インファック)と共同開発した。韓国OEMメーカーは、2021年発売のEV量産車にこの筐体を採用した。(2021/9/7)

工場ニュース:
住友化学が半導体向けフォトレジスト生産強化、大阪工場を増強し韓国に工場新設
住友化学は2021年8月31日、最先端プロセス向けフォトレジストの生産体制を強化することを発表した。大阪工場(大阪市此花区)で、液浸ArF(フッ化アルゴン)とEUV(極端紫外線)フォトレジストの製造ラインを増設する他、住友化学の100%子会社である東友ファインケムの益山工場(大韓民国全羅北道益山市)に、液浸ArFフォトレジストの製造プラントを新設する。(2021/9/3)

追跡用の「電子足輪」切って連続女性殺人 韓国社会に衝撃
韓国で位置追跡装置を内蔵した「電子足輪」を切断して逃走した男が、女性2人を殺害していたことが判明し、社会に衝撃が広がっている。韓国では性犯罪など再犯の恐れが高い前科者に対し、出所後も一定期間電子足輪を装着させる制度を行ってきたが、制度の限界を指摘する声も出ている。(2021/9/2)

韓国議会、AppleとGoogleのアプリストア手数料を規制する法案承認
韓国議会は、アプリストア運営企業が開発者に独自決済システムのみ使用するよう強制することを規制する法案を承認した。大統領が署名して法制化されれば、AppleとGoogleは韓国で開発者によるアプリストア外での課金を認めざるを得なくなる。(2021/9/1)

ケンミンの冷凍ビーフンの自販機が登場 24時間生産工場から直売
9月1日から冷凍の焼ビーフン、エビ玉ビーフン、 韓国風はるさめ炒めチャプチェなどを販売。(2021/8/31)

工場ニュース:
住友化学が半導体用高純度ケミカルを増産、愛媛工場で2倍、韓国益山工場で4倍に
住友化学は2021年8月24日、半導体用高純度ケミカルの製造ラインを増設し、生産能力を強化することを発表した。愛媛工場(愛媛県新居浜市)で高純度硫酸の生産能力を約2倍に引き上げる他、100%子会社である東友ファインケムの益山工場(大韓民国全羅北道益山市)では、高純度アンモニア水の生産能力を約4割増強する。(2021/8/26)

愛媛と韓国で製造ラインを増設:
住友化学、半導体用高純度ケミカルの生産能力増強
住友化学は2021年8月24日、愛媛工場(愛媛県新居浜市)と韓国子会社で、半導体用高純度ケミカルの製造ラインを増設し、生産能力を増強すると発表した。愛媛工場は2024年度上期、韓国子会社は2023年度下期に稼働の予定。(2021/8/27)

早ければ2024年末にも製造開始:
Samsung、米国新工場建設で3つの州と交渉
Samsung Electronicsが、米国内に170億米ドル規模の半導体工場を建設すべく、3つの州との間で交渉を進めているという。早ければ2024年末にも製造を開始するとみられる。世界第2位の半導体メーカーである同社は、「米国から十分な助成金を得られない場合は、本社を置いている韓国に新工場を設立する可能性もある」と述べている。(2021/8/24)

「日本でリメークしてほしい韓国ドラマ」 4位『愛の不時着』、2位『梨泰院クラス』を抑えて1位になったのは?
韓国ドラマが好きな男女405人を対象に「日本でリメークしてほしい韓国ドラマ」についてアンケート調査を実施した。その結果、1位は『キム秘書はいったい、なぜ?』(52票)だった。(2021/8/23)

3分インタビュー:
海外初進出! 韓国の「変なホテル」は、なぜトイレとバスを別々にしたのか
「変なホテル」が韓国の明洞にオープンした。変なホテルといえば、ロボットがチェックインなどを行ってくれるわけだが、韓国と日本とでどのような違いがあるのだろうか。明洞ソウルの総支配人に話を聞いた。(2021/8/19)

AWS専業SIerのサーバーワークス、Google Cloud事業へ参入 韓国Bespin Globalとの合弁で
AWS専業のクラウドSIer、サーバーワークスが、韓国のBespin Globalとの合弁でGoogle Cloud専業のSIer企業「G-gen」を設立し、Google Cloud事業に参入することを発表した。(2021/8/19)

Twitter、「誤解を招く投稿」を報告するテストを米、韓国、豪で開始
新型コロナワクチンの誤情報が接種拒否の一因とされる中、Twitterは、ツイートを報告するツールに「誤解を招く内容を含んでいる」という項目を追加するテストを開始した。米、韓国、オーストラリアの一部のユーザーが対象。(2021/8/18)

不安は:
中国・韓国・日本のキャッシュレス決済調査、各国の特徴は?
銀聯国際日本支社は、中国・韓国・日本の「現金とキャッシュレス決済に関する調査」を実施。各国で最も使われる決済方法は何か、月にどのくらい現金もしくはキャッシュレス決算を使用しているか、キャッシュレス化への不安などを聞いた。(2021/8/18)

日中韓のキャッシュレス決済調査 現金使用額は日本がトップ、スマホ決済は?
銀聯国際日本支社は、日本、中国、韓国を対象とした「現金とキャッシュレス決済に関する調査」の結果を発表。月額での現金使用額は日本がトップとなり、キャッシュレス化への不安要素は3カ国とも「セキュリティ」となった。(2021/8/16)

韓国代表の柔道銅メダリスト安昌林、井上康生前監督と“ねぎらい2ショット” 「テディーベアみたいでかわいい」と反響
京都育ちの在日3世。(2021/8/13)

防水&ペン対応の「Galaxy Z Fold3 5G」発表 3代目になる“フォルダブル”はモバイルの未来か
韓国Samsung Electronicsが、フォルダブルスマホの新モデル「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」を発表。同社のモバイル事業トップは「フォルダブルはスマホの新しいスタンダード」と胸を張る。3代目になるフォルダブルスマホの進化点を見ていく。(2021/8/12)

孫氏の投資に、中国などの政治リスクが顕在化
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は10日の会見で、中国当局の規制強化で株価が下落する中国の投資先企業に引き続き投資していく姿勢を示した。同時に、韓国やインド企業などにも分散して投資していく方針を掲げるなど、米中対立の影響もあって先鋭化している中国企業への投資リスクを回避していく姿勢も強くにじませた。(2021/8/11)

2021年上半期のヒットコスメは韓国ブランドが席巻 Qoo10コスメランキングでトレンドアイテムをチェック
衰え知らずの人気を誇るコスメばかり。(2021/7/24)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が頑なに「端末割引上限2万円規制」の見直しを拒否――5G契約者数で韓国と大きな差はないと主張
総務省の「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」において、Appleが「5Gの普及を促すために5G端末の値引き上限を撤廃すべきだ」と指摘した。それに対して、同省は「5Gは普及しつつある」として事実上の反論をした。ただ、5G契約をしているからといって5G端末を使っているとは限らないので、現状維持にとどまらない普及策を打つべきではないだろうか。(2021/7/16)

DRAM量産に初めてEUV装置採用:
SK hynix、EUV露光による1αnm世代DRAM量産を開始
SK hynixは2021年7月12日(韓国時間)、EUV(極端紫外線)露光装置を使用した初めてのDRAM量産を開始したと発表した。10nmプロセス技術の第4世代である「1α(アルファ)nm世代」の8Gビット LPDDR4 モバイルDRAMで、同年後半からスマートフォンメーカー向けに提供する予定だ。(2021/7/13)

海外用Wi-Fiルーターレンタル「グローバルWiFi」が5Gプランを提供開始
ビジョンは、海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi」で容量無制限の5Gプランを提供開始。まずはハワイと米国本土でスタートし、順次韓国、中国などエリアを拡大していく。(2021/7/2)

Hyundai傘下になったBoston Dynamics、7台のSpotがBTSの曲でダンスする動画を披露
韓国Hyundaiによる買収が完了したロボットメーカーBoston Dynamicsが、韓国の人気グループBTSの楽曲に合わせて7台のSpotが踊る動画を公開した。BTSはHyundaiのIONIQのアンバサダーを務めている。HyundaiもBTS出演のSpotを歓迎する動画を公開した。(2021/6/30)

CFIUSが暫定命令:
中国ファンドの韓国Magnachip買収、米国が保留命令
米国が、中国の投資家による韓国の半導体メーカーの買収を阻止する方向で動いている。これは、戦略的な半導体技術に対する中国のアクセスを抑制する上で、米国の管轄権が大幅に拡大したことを示していると、業界関係筋は述べる。(2021/6/24)

米Boston Dynamicsが韓国Hyundaiの傘下に SBG、保有株式の8割を売却
ソフトバンクグループ(SBG)は傘下のロボットメーカー米Boston Dynamicsの株式80%を韓国Hyundai Motor Groupに売却したと発表。残り20%の株式はSBGが引き続き保有する。(2021/6/21)

韓国タイヨウインキ:
現像型で反射率が高い白色ドライフィルムを発売
太陽ホールディングスの子会社である韓国タイヨウインキは、現像型高反射白色ドライフィルム「PSR-400 WD17NB」の販売を始めた。(2021/6/11)

14nm比で電力効率が35%向上:
Samsung、RFチップ向け8nmプロセス技術を発表
Samsung Electronics(以下、Samsung)は2021年6月9日(韓国時間)、マルチチャンネル/マルチアンテナをサポートする5G通信向けに、8nm世代のRFチップ製造向けプロセス技術(8nm RF)を発表した。サブ6GHz帯からミリ波帯までサポートする1チップのRFソリューションを製造できるとする。(2021/6/9)

元韓国代表MF柳想鉄さんが死去、49歳 1年前交わした再会の約束果たされず、2020年2月に病身を押して来日
マリノス、レイソルでプレー。(2021/6/8)

LINEのデータ国内移転、“アルバム”は2024年に 「当初は計画になかった」
LINEのアルバムに保存した、画像データの国内移転が2024年上半期になる見込み。データ量が膨大で、韓国のサーバからの移転に時間を要するため。6月中の国内移転を目指す対象は、トーク内の画像データで、アルバムは対象外。LINEは「説明が不十分だった」と釈明。(2021/6/2)

韓国の美容系YouTuberが30歳で死去 2019年からガン闘病、生前最後の投稿では前向きな発言も
家族と過ごすある1日を映した映像が生前最後の動画となりました。(2021/5/31)

SK hynixも生産能力増強を発表:
韓国、半導体への投資を加速
韓国の報道によれば、SK hynixが、ファウンドリー事業用の生産能力を2倍に拡大する予定だという。同社はプレスリリースで、「実行可能な計画によって、ファウンドリーの生産能力を2倍に増強すべく検討しているところだ」としている。(2021/5/18)

LINE、PCゲームの配信プラットフォームを日本でも展開 MMORPGなどを提供
LINEが、PCゲームの配信プラットフォーム「LINE POD」の提供を6月10日から日本で始めると発表。ローンチ時の配信タイトルは韓国製のMMORPG2本。「LINEアカウントを持っているユーザーが手軽にPCゲームを楽しめるサービスを目指す」という。(2021/5/14)

ロジックと4個のHBMを積層:
Samsungが次世代2.5D実装技術「I-Cube4」を発表
Samsung Electronics(以下、Samsung)は2021年5月6日(韓国時間)、2.5D(2.5次元)パッケージング技術「I-Cube4」(Interposer-Cube4/アイキューブ4)の提供を開始したと発表した。(2021/5/12)

生き残りをかけた技術競争:
「液化水素運搬船」先駆者の川崎重工 河野一郎常務に聞く「韓国や中国がまねできない技術」
川崎重工業が水素ビジネスに本腰を入れている。造船技術を生かして液化水素運搬船を建造し、液化水素の海上輸送でトップランナーの役割を果たす。この分野の責任者である河野一郎常務にインタビューした。(2021/5/7)

ソフトバンクが「5G国際ローミング」の提供を開始 韓国SK Telecomの5Gエリアから
ソフトバンクが、国内キャリアとしては初めて5Gのローミングアウト(海外での5G通信サービスの利用)に対応する。まずは、韓国SK Telecomの5Gエリアの一部で、iPhone 12シリーズから対応を始める。(2021/4/27)

専門家の見解:
LINEに代わるサービスはあるのか 多機能サービス存在せず1強状態
利用者の個人情報が中国から閲覧可能だったとして、政府の個人情報保護委員会の立ち入り調査を受けたLINE。問題発覚を受けて個人情報の取り扱い方針を示すプライバシーポリシーを改定、「韓国でのパーソナルデータの保管」を明記した。(2021/4/7)

中国勢の追い上げに耐えられず LGの携帯電話撤退、国産ケータイも撤退の歴史
一時は世界シェア3位となった韓国LGの携帯電話事業からの撤退は、中国Huaweiなど中国勢の追い上げに耐えきれなくなったためだ。日本メーカーも、多くがiPhoneの登場を機に撤退に追い込まれており、LGの決断は市場での生き残りの厳しさを改めて示した。(2021/4/6)

LG、スマホ事業から撤退 AIなど他分野にリソースを集中
韓国LG Electronicsが、全世界でスマートフォン事業から撤退すると発表。同社は「携帯電話市場から撤退することで、ロボティクスやAIなど、他の領域にリソースを注げる」としている。(2021/4/5)

LG Electronicsが携帯電話事業から撤退 電気自動車/IoT/B2Bソリューションに注力
韓国LG Electronicsが、7月31日までに携帯電話事業から撤退することを発表した。競争の激しい携帯電話端末(スマートフォン)市場に注いでいたリソースを、電気自動車/IoT/B2Bソリューションといった成長分野に振り向けるという。(2021/4/5)

石川温のスマホ業界新聞:
LINEが個人情報データの国内化を発表――出沢社長「おかしい、気持ち悪いへの配慮に欠けてきた」
LINEアプリに関するサーバに保存された情報が中国から確認できるようになっていたり、情報の一部が韓国のデータセンターに保存されていたりした問題に関して、LINEが日本のユーザーのデータを順次国内に移管する意向を表明した。「データが国内にあること」は、ユーザー目線では重要なのだろうか。(2021/4/2)

LINE、ユーザー情報移転先の国名を明記 韓国やベトナムで開発運用
LINEはユーザー情報を必要に応じて韓国やベトナムに移転すると明記した新たなプライバシーポリシーを発表した。これまでデータの提供先の国名は「第三国」とされており、ユーザーに明示されていなかった。(2021/4/1)

「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事、一転して公開に 森川氏「逆にLINEに迷惑になる可能性ある」
「韓国の情報機関がLINEの通信を傍受している」とした2014年の報道に対する、当時LINEの社長だった森川亮氏の反論記事が一時閲覧できなくなっていたことを巡り、森川氏が記事を再度公開した。(2021/3/31)

「LINEの通信を韓国が傍受」への反論記事をLINE前社長が削除 理由は「差し控える」
韓国の情報機関がメッセージアプリ「LINE」の通信を傍受しているとした報道への反論記事を、LINE社の前社長である森川亮氏が削除していたことが分かった。森川氏は削除した理由などについて「回答を控える」としている。(2021/3/30)

冨安健洋、韓国戦での流血にコメント 「故意的にやった事ではないと信じています」と相手選手を気遣う
冨安選手「大きな問題にならない事を願っています!」(2021/3/26)

韓国発のプリクラ機「人生4カット」って知ってる? シンプルでおしゃれな最新機種が「SPINNS」に導入されます
ロゴ入りのコラボアイテムも発売されます。(2021/3/25)

火消しとなるか:
LINE、くすぶる不安 画像やクレジットカード番号はどうなる?
LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能だったほか、画像や健康保険証、「LINEペイ」の利用者情報の一部が韓国で保管されていた問題で、出沢剛社長が23日、記者会見を開いた。(2021/3/24)

LINEが中国からの個人情報アクセスを遮断 データ保存も韓国から日本へ移転を実施
信用は取り戻せるのでしょうか。(2021/3/24)

LINE、中国での開発を終了 保管データは日本へ完全移行
LINEが、コミュニケーション関連機能の開発や保守、運用について中国での業務を終了すると発表。これまで韓国のデータセンターに保存していた画像や動画などのデータを、日本に移転することも明かした。(2021/3/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.