• 関連の記事

「液晶パネル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「液晶パネル」に関する情報が集まったページです。

MSI、藤原ヒロシ氏コラボデザインのクリエイター向け16型ノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、クリエイター向け16型ノートPC「Creator Z16」のラインアップに藤原ヒロシ氏とコラボレーションした限定デザインモデルを追加した。(2021/9/21)

PR:在宅エンタメやテレワークも快適! ファーウェイが本気で作った34型ウルトラワイド「HUAWEI MateView GT」の魅力に迫る!
2021年夏、ファーウェイがPC向けディスプレイを3機種投入した。その中でも、34型ウルトラワイドカーブディスプレイ「HUAWEI MateView GT」は、ゲーミングはもちろん、映像コンテンツの視聴やデスクワークにも便利な、コストパフォーマンスに優れたお勧めモデルである。その魅力をチェックしていこう。(2021/9/16)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
2021年8月のM&Aを振り返る
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、8月に多数行われたM&Aについて、それぞれの方向性や目的をまとめてみた。(2021/9/13)

設計者向けCAEを使ったボルト締結部の設計(7):
設計者CAEによる締結部の設計法
部品の固定(締結)のために使用する“ボルトの設計”をテーマに、設計者向けCAE環境を用いて、必要とされる適切なボルトの呼び径と本数を決める方法を解説する。連載第7回では、本連載の最終目標である設計者が使うCAE環境で、必要とされるボルトの呼び径と本数を決める設計法を取り上げる。(2021/9/13)

伝統と最新の融合で爆売れ! カワサキZ900RS【丸山浩の人気車分析】
3年連続クラスNo.1と絶大な支持を集めているZ900RS。確かにカッコいいバイクだけど、なんでそんなに売れるのか!?(2021/9/12)

古田雄介の週末アキバ速報:
ASUSの水冷キットに「LGA1700」のロゴ
今週登場したASUS JAPANの水冷キット「ROG RYUJIN II」には、Intelの次世代Core iシリーズの対応を思わせるロゴが貼られていた。次世代の影がひたひたとアキバに迫る。(2021/9/11)

3D CADとJIS製図(4):
2D図面の“一義性”を考える【その2】図形の表し方
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第4回は、JIS製図における2D図面の“図形の表し方”のポイントを詳しく取り上げる。(2021/9/2)

利用シーンを選ばずに快適動作! 2in1のビジネス向けモバイルPC「ASUS ExpertBook B5302FEA」を試す
「ASUS Expert」シリーズは、ASUS JAPANのビジネス向けPCだ。ラインアップを一新した中から、2in1タイプのモバイルPC「ASUS ExpertBook B5302FEA」をチェックした。(2021/8/25)

設計者向けCAEを使ったボルト締結部の設計(6):
ボルトの締め付けトルクを決める
部品の固定(締結)のために使用する“ボルトの設計”をテーマに、設計者向けCAE環境を用いて、必要とされる適切なボルトの呼び径と本数を決める方法を解説する。これまでの連載で「締め付けトルクと軸力の関係」や「いろいろな金属の摩擦係数」が明らかとなったので、連載第6回ではボルトの締め付けトルクを決める。(2021/8/23)

MSI、クリエイター向けノート「Creator 17」にDisplayHDR 1000対応4K液晶搭載のハイエンドモデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、DisplayHDR 1000対応の17.3型4K液晶ディスプレイを搭載したクリエイター向けハイエンドノートPC「Creator-17-B11UH-009JP」を発表した。(2021/8/19)

モバイルディスプレイの道:
スタンド込みで500g台と軽量! 13.3型ながら4K UHD対応の「Quintokuta 4S133」を試す
リンクスインターナショナルの「Quintokuta 4S133」は、13.3型と小型ながら4K表示に対応したユニークなモバイルディスプレイだ。多機能な実機をチェックした。(2021/8/19)

大画面4K対応テレビの再生品を5万円以下で グリーンハウスが直販サイトで販売
グリーンハウスは10日、49V型4K/HDR対応液晶テレビのメーカー再生品を4万9800円(税、送料込)で販売すると発表した。(2021/8/10)

3D CADとJIS製図(3):
2D図面の“一義性”を考える【その1】図面の様式
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第3回は、3D CADから2D図面化する際に知っておきたいJIS製図の知識として、「図面の様式」を取り上げる。(2021/8/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニック1Q決算、13年ぶりの好結果も半導体不足や物流停滞で通期は慎重姿勢
パナソニックは2021年7月29日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の連結業績を発表した。営業利益はリーマンショック以前の2009年3月期(2008年度)第1四半期以来の1000億円を超え、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を色濃く受けた前年度同期からの回復ぶりを示した。(2021/7/30)

設計者向けCAEを使ったボルト締結部の設計(5):
金属材料の摩擦係数
部品の固定(締結)のために使用する“ボルトの設計”をテーマに、設計者向けCAE環境を用いて、必要とされる適切なボルトの呼び径と本数を決める方法を解説する。連載第5回では、金属同士の摩擦係数を測定したデータを紹介し、軸力見積もり時に使用すべき摩擦係数を提案する。(2021/7/13)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 パナ新CIOの本音【後編】:
「日本人の魂」を買われてはならない――僕がパナソニックに行く理由
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、P&G、ファーストリテイリング、アクサ生命保険でCIOを務め、5月にパナソニックのCIOに就任した玉置肇氏。外資企業でキャリアを積んだ玉置氏が、歴史ある日本企業=パナソニックに入社した背景とは? そこには、熱い思いがあった──。(2021/7/13)

3D CADとJIS製図(2):
JIS製図って何ですか!? 「第三角法」について考える
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第2回は、3D CADの運用を意識した上で、設計製図の基本であり、2D図面の作成に不可欠な「第三角法」について取り上げる。(2021/7/1)

和田憲一郎の電動化新時代!(43):
日本の充電インフラのカギを握るe-Mobility Power、2030年代に向けた展望は?
日本政府は、成長戦略として2030年までに普通充電器12万基、急速充電器3万基を設置すると発表しているが、日本の充電インフラの拡充はどのように進めるのだろうか。その鍵を握る企業がe-Mobility Power(以下eMP)だ。eMP 代表取締役社長である四ツ柳尚子氏と企画部マネジャーの花村幸正氏、同アシスタントマネジャーの長田美咲氏に、現在の状況と将来の方針についてインタビューを行った。(2021/7/1)

シャープ、mini LEDの次世代テレビを試作 コントラスト比は100万:1以上
シャープは6月29日、バックライトにmini LEDを採用した次世代テレビの試作機を公開した。(2021/6/29)

MWC Barcelona 2021:
「ThinkPad X1 Extreme Gen 4」登場 Core H45+RTX 30で約17.7mm/約1.82kgを実現
MWC Barcelona 2021の開催に合わせて、Lenovoが「ThinkPad X1 Extreme」の新製品を発表した。第11世代Core H45プロセッサとGeForce RTX 30 Laptopを組み合わせてパフォーマンスを向上した他、アスペクト比16:10のディスプレイを搭載することで利便性も向上した。(2021/6/23)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」番外編:
どうしたMicrosoft、どうなるWin 10? 「Windows 11」説急浮上の背景と“モヤモヤ”を解説しよう
「Win 10は最後のメジャーアップデート」って言ったじゃないか――! と、心の中で叫んだユーザーは多いのではないでしょうか。Win 10運用の課題や疑問を解説する本連載、終了したはずでしたが、急きょ番外編をお届けします。Microsoftは、ここに来て一体何をしようとしているのでしょうか? 6月25日の“Xデー”を前に、予想してみましょう。(2021/6/23)

HMI開発:
PR:マルチデバイス展開を求められるHMI、開発コスト・UX・スピードを両立するには
組み込み機器のHMIが高度化しているが、その開発は大きな負荷になっている。同じHMIを、PCやスマートフォン、タブレット端末などへのマルチデバイスに展開することや、MCUベースの組み込み機器でもリッチHMIを動作させることなども求められている。これらHMI開発の課題を一気に解決するのがThe Qt Companyの「Qt」である。(2021/6/24)

湯之上隆のナノフォーカス(39):
日本の半導体ブームは“偽物”、本気の再生には学校教育の改革が必要だ
今や永田町界隈は「半導体」の大合唱であるが、筆者はそれを「偽物のブーム」と冷めた目で見ている。もはや“戦後の焼け野原状態”である日本の半導体産業を本気で再生するには、筆者は学校教育の改革から必要だと考えている。(2021/6/22)

デバイスの情報などが分かる液晶パネルを内蔵した多機能USB Type-C外付けドック
きびだんごは、液晶パネルを内蔵した多機能USB Type-C外付け拡張ドック「Visual Dock」の輸入販売を目指したクラウドファンディングプロジェクトを開始する。(2021/6/17)

設計者向けCAEを使ったボルト締結部の設計(4):
ボルト締め付けトルクと軸力の関係
部品の固定(締結)のために使用する“ボルトの設計”をテーマに、設計者向けCAE環境を用いて、必要とされる適切なボルトの呼び径と本数を決める方法を解説する。連載第4回では「ボルト締め付けトルクと軸力の関係」を導きます。(2021/6/14)

3D CADとJIS製図(1):
JIS製図って何ですか!? 設計意図を伝える「正面図」の重要性
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第1回は、JIS製図の概要と「正面図」の重要性について取り上げる。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
RDNA2ベースのノートPC向けGPU「Radeon RX 6000Mシリーズ」登場 搭載PCは順次登場
RDNA2アーキテクチャベースのモバイル(ノートPC)向けGPUが発表された。搭載製品は6月から順次登場する。ASUSなど4社からは、ノートPCの設計プログラム「AMD Advantage」に準拠するモデルも登場するという。(2021/6/1)

next@acer:
Acerが「裸眼立体視」対応クリエイター向けノートPCを試作 開発者を対象にモニター募集
Acerが、SpatialLabsの裸眼立体視技術を利用したクリエイター向けノートPCを試作した。同社の「ConceptD」での搭載を想定しているが、まずはUnreal Engineを使っている開発者を対象に3カ月間の無料モニターを募集して実用化に向けた検討を行う。(2021/5/28)

モバイルディスプレイの道:
内蔵USBハブ機能で高い拡張性を備えた13.3型モバイルディスプレイ「GDP133FQ-E」を試す
バリエーションが増えてきたモバイルディスプレイだが、コンパクトな13.3型モデルはまだ数が少ない。貴重な選択肢となる恵安の「GDP133FQ-E」を試した。(2021/5/27)

Ryzen×Chrome OSの実力は? 「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」をじっくりチェック
ThinkPadブランドのChromebookが、ようやく日本にもやってきた。しかも、AMDプロセッサ(RyzenまたはAthlon)搭載である。その実力はいかほどのものか、実機で試してみよう。(2021/5/25)

モバイルディスプレイの道:
じか付けスタンドで縦置きも可能な15.6型モバイルディスプレイ「VG1655」を試す
さまざまな液晶ディスプレイを取りそろえているビューソニックジャパン(ViewSonic)から、15.6型のモバイルディスプレイが登場した。本体背面にスタンドを備えた「VG1655」を試してみた。(2021/5/20)

設計者向けCAEを使ったボルト締結部の設計(3):
ボルトが疲労破壊しない条件
部品の固定(締結)のために使用する“ボルトの設計”をテーマに、設計者向けCAE環境を用いて、必要とされる適切なボルトの呼び径と本数を決める方法を解説する。連載第3回は「ボルトが疲労破壊しない条件」について詳しく取り上げる。(2021/5/18)

長野剛コラボもあり:
MSIが第11世代Core搭載のゲーミング向け「アルティメットノート」を発表 5月20日から順次発売
MSIが、第11世代Coreプロセッサ搭載のゲーミングノートPCを順次発売する。ハイエンドからエントリーまで幅広いラインアップを用意している。(2021/5/17)

HTC、5K&120Hz対応のVRヘッドセット「VIVE Pro 2」 10万3400円から
台湾HTCが、新型VRヘッドセット「VIVE Pro 2」を発表。4Kよりもさらに細かい5Kに対応し、リフレッシュレートは最大120Hzをサポートする。6月下旬に発売し、価格はヘッドセット単品で10万3400円(税込、以下同)。(2021/5/12)

PR:みんなが悩むテレワークの“困りごと” デル・テクノロジーズの「ビデオ会議用モニター」で一挙に解決!
テレワークが広く広まる中、特に在宅でのWeb会議における悩みは尽きない。デル・テクノロジーズが実施した在宅勤務に関するアンケート結果で明らかになった、“リアルの悩み”を的確に解決してくれるデバイスを紹介しよう。(2021/5/18)

LGエレ、ディスプレイアームを標準装備した4K対応27型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、デスク固定型ディスプレイアームを採用した27型4K液晶ディスプレイ「27UN880-B」を発売する。(2021/5/11)

収益柱見いだせず:
低空飛行の9年、パナ津賀社長最後の決算
パナソニックが10日発表した令和3年3月期連結決算は、売上高が前期比10.6%減の6兆6987億円、最終利益が26.9%減の1650億円だった。(2021/5/11)

マウスコンピューター、GeForce RTX 3060 Laptop GPUと165Hz液晶パネルを搭載したノートPCを発売
マウスコンピューターは、同社のゲーミングパソコンブランドG-Tuneより、GeForce RTX 3060 Laptop GPUとリフレッシュレート165Hzに対応する液晶パネルを搭載した15.6型ゲーミングパソコン「G-Tune E5-165」を発売した。(2021/5/7)

テックワン、ゲーミングUMPC 「ONEXPLAYER」日本語ティーザーサイトをオープン
テックワンがゲーミングUMPC 「ONEXPLAYER」日本語ティーザーサイトをオープンした。(2021/5/6)

実例で学ぶステップアップ設計者CAE(12):
流体解析におけるメッシュ作成の基礎、これからの設計者CAE
初心者を対象に、ステップアップで「設計者CAE」の実践的なアプローチを学ぶ連載。詳細設計過程における解析事例を題材に、その解析内容と解析結果をどう判断し、設計パラメータに反映するかについて、流れに沿って解説する。最終回となる第12回は「流体解析」をテーマに、解析ゴールの考え方とメッシュ生成の基礎について解説するとともに、設計者CAEの実践に向けたメッセージをお届けする。(2021/5/6)

キヤノンMJ、無線LAN対応のビジネス向けスタンダードA4ドキュメントスキャナー
キヤノンマーケティングジャパンは、無線LAN接続対応のA4ドキュメントスキャナー「DR-S130」を発売する。(2021/4/27)

設計者向けCAEを使ったボルト締結部の設計(2):
疲労破壊が起きない条件を考える 〜ボルトの疲労強度〜
部品の固定(締結)のために使用する“ボルトの設計”をテーマに、設計者向けCAE環境を用いて、必要とされる適切なボルトの呼び径と本数を決める方法を解説する。連載第2回は、疲労破壊の発生有無を予測する際に必要となる「ボルトの疲労強度」と「ボルトの締め付け条件」の検討のうち、ボルトの疲労強度の検討アプローチについて詳しく取り上げる。(2021/4/19)

デル、税込み8万円台からの個人向けスタンダードノート「Inspiron」新モデル
デル・テクノロジーズは、個人向けノートPC「Inspiron」の新モデル計7製品の販売を開始した。(2021/4/14)

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅
昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。(2021/4/15)

富士通、テレワークに適した14型ノート「LIFEBOOK U7」など法人向け9機種を投入
富士通は、テレワークでの利用などを重視したモバイルノートPCなど計9機種の提供を開始する。(2021/4/13)

ASUS、「ガンダム」「シャアザク」デザインのゲーミング液晶ディスプレイを発売
ASUS JAPANは、アニメ「機動戦士ガンダム」をモチーフにしたゲーミング液晶ディスプレイ計2製品の販売を開始する。(2021/4/9)

レゴがコロナ禍で2桁成長できたワケ キーワードは「マリオ」と「大人レゴ」
2020年、レゴは世界全体の売上が7600億円となり、対前年比で13%増加した。好調な業績をけん引したのが「マリオ」とのコラボ商品だったという。コロナ禍の2020年をレゴジャパン社長が振り返る。(2021/4/19)

モバイルディスプレイの道:
4Kで10点マルチタッチ対応の“全部入り”15.6型モバイルディスプレイを試す
ルタワジャパンの15.6型モバイルディスプレイ「Better Digi Xcreen2go U15HT」は、4K表示とタッチ操作に対応した高性能モデルだ。(2021/4/9)

Dellが「Alienware m15」と「Dell G15」のRyzenモデルを発表 可変リフレッシュレート対応ディスプレイも順次発売
Dell Technologiesが、AMDのモバイル向けRyzen 5000プロセッサを搭載するゲーミングノートPCとVRR(可変リフレッシュレート)対応のゲーミングディスプレイを発表した。Alienwareブランドでは、実に約14年ぶりのAMDプロセッサ搭載ノートPCとなる。(2021/4/7)

トヨタ「GR 86」と共同開発:
スバル、新型「SUBARU BRZ」公開 2.4リッターエンジンを搭載し夏に発売
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)とSUBARUはオンライン合同イベントを実施。共同開発したSUBARUの新型「SUBARU BRZ」(日本仕様)と、TGRの新型「GR 86」を公開した。(2021/4/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.