• 関連の記事

「医療」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
医療IT − TechTargetジャパン
質問!医療→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で医療関連の質問をチェック

関連キーワード

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【前編】
子宮頸がんを「AI」で撲滅へ Googleと医療機器メーカーの挑戦とは
Googleと医療機器メーカーHologicは、AI技術ベースの子宮頸がん診断支援システムを共同開発した。「子宮頸がん撲滅」のために両社が目指すビジョンは。(2022/5/20)

PR:AIで心疾患を見つけ出せ――医療現場のAI活用、その現状を追う AIは「勉強熱心で優秀な研修医」になるのか
(2022/5/20)

医療機器ニュース:
診療所向け電子カルテ医事会計システム事業を譲渡
キヤノンメディカルシステムズは、同社の診療所向け電子カルテおよび医事会計システム事業をエムスリーソリューションズに譲渡する。譲渡後、エムスリーグループは、クラウド型とオンプレミス型双方のシステムを取り扱うことになる。(2022/5/18)

製品動向:
パナソニック ハウジングソリューションズが建材ショールームをリニューアルオープン
パナソニック ハウジングソリューションズは、東京都港区東新橋一丁目のパナソニック東京汐留ビル内に配置していた介護施設向け製品のショールーム「シニアライフ・プロスタジオ」を改修し、福祉施設や医療施設、教育施設をメインターゲットにした「ライフケア・ハウジング プロスタジオ」として2022年4月6日にリニューアルオープンした。(2022/5/16)

アイリスオーヤマ、家電など10%超値上げ ヘルスケア商品やペット用品も
アイリスオーヤマは13日、家電やヘルスケア商品など幅広い商品を6月から10%以上値上げすると発表した。6月1日出荷分から順次適用する。(2022/5/13)

ダイヤモンドに近い硬度の新素材:
銀歯は古い? デジタル技術で変わる歯科医療
金属修復(銀歯など)の代替材料として、セラミックスの「ジルコニア」に注目する。どういった素材なのかというと……。(2022/5/13)

CAD・3Dスキャナーで歯科治療に大改革 「安全・安心で、信頼できる治療が提供できる」末瀬氏
歯科医療の分野でCADや3Dスキャナーの導入が始まっている。レジンやセラミックスといった歯の修復素材は、口腔内スキャナーで型どりし、CADで設計。切削器や3Dプリンタで制作できるようになってきた。(2022/5/13)

導入事例:
一般設計者でも放射線の遮蔽性能評価を数時間で行えるアプリを開発、清水建設
清水建設は、高エネルギー放射線医療施設の遮蔽設計時に必要な放射線の遮蔽性能評価を、一般の設計者でも簡易に行えるアプリ「SC-HoRS」を開発した。SC-HoRSでは、独自の簡易式自動計算機能により、放射線遮蔽室と放射線治療装置の仕様を入力するだけで、放射線の遮蔽性能評価が行える。(2022/5/12)

医療機器ニュース:
AI技術と自動化機能を搭載した、日本発のCT装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、AI技術と自動化機能を搭載したCT装置「Revolution Ascend」を発売した。企画から開発まで日本チームが主導しており、国内ユーザーの声を多く取り入れた製品となる。(2022/5/11)

製造ITニュース:
製造業など各業界のベストプラクティスとAIを統合したソリューション
DataRobotは、製造や金融、ヘルスケア、小売など各産業向けのベストプラクティスとAI機能を統合し、業界向けのパートナーシップ拡大までを一体化した包括的ソリューション「DataRobot AI Cloud for Industries」を発表した。(2022/5/10)

医療機器ニュース:
メタバースを活用した医療サービスの研究開発のため、産学共同講座を開設
順天堂大学と日本アイ・ビー・エムは、メタバース技術を活用した医療サービスの研究開発に向け、「メディカル・メタバース共同研究講座」を設置した。メタバース空間の構築や、メンタルヘルスなどの疾患改善への効果検証などに取り組む。(2022/5/9)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】
医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは
米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。(2022/5/6)

医療分野に勝機を見るAmazon【後編】
Amazonが遠隔医療市場で勝てる理由と、それでも苦戦する理由
医療サービス「Amazon Care」により、遠隔医療と対面診療のハイブリッドモデルを推進するAmazon.com。遠隔医療市場で優位に立てるとの見方がある一方、他の業界と同じ考えではうまくいかないとの見方もある。(2022/5/6)

Medtec Japan 2022:
ワイヤレス給電技術を医療機器向けに展開、カテーテルなどの体内位置検出で
古河電気工業は、「Medtec Japan 2022」において、体内医療機器位置検知ソリューション「Tellumino(テルミノ)」を披露した。(2022/4/28)

「SNSで交友関係が豊かでも現実がそうとは限らない」 東京都健康長寿医療センター研究所が調査
東京都健康長寿医療センター研究所が、SNSでの交友関係が豊かでも現実でそうとは限らないとする調査結果を発表した。Facebookの友達数が多くても困ったときに助けてくれる人は一部に限られるとしている。(2022/4/27)

20〜40代の女性1000人に調査:
医療保険「ネットで加入」3割に 対面は「断りづらい」の声も
保険ガイド「リアほ」を運営するWDC(千葉県船橋市)は、医療保険に加入している20〜40代の女性を対象に、医療保険に関する意識調査を実施。月々の医療保険の保険料は「2001〜3000円」が最多となり、45.5%が「医療保険を見直したことがない」と回答した。(2022/4/27)

内視鏡AIでがん見逃しゼロへ:
ソフトバンクG、医療ベンチャー「AIメディカルサービス」に出資 国内3例目
AIを用いた内視鏡診断システムを開発する医療スタートアップ、AIメディカルサービス(東京都豊島区)は4月26日、ソフトバンクグループのビジョン・ファンド2をリード投資家とし、総額80億円の資金を調達したと発表した。同ファンドから出資を受ける国内企業は3例目。(2022/4/26)

「貧血」や「インフルエンザ」検索で監修済み医療情報をトップに表示 Googleが新機能
グーグルは、検索サービスのアップデートとして、喘息、インフルエンザ、貧血などの一般的な疾患に関する信頼度の高い情報を見つけやすくする機能を日本向けに追加したと発表した。(2022/4/26)

東京・世田谷に施設オープン:
ブシロードがヘルスケア事業に本格参入 狙いは?
ブシロードのグループ会社であるブシロードウェルビー(東京都中野区)は、5月18日にスポーツクラブ「ブシロードウェルビー東松原」を世田谷区松原にオープンする。(2022/4/26)

ユーザーファーストの源は「データ」:
PR:医療ITで社会課題を解決するやりがいとチーム開発の醍醐味(だいごみ)とは
ただ作るのではなく、なぜ作るのか、サービスやビジネス全体にどのような影響があるのか考えて物事に取り組む。そしてそれを明確に言語化する。私たちはこのチームで、日々成長しています。(2022/4/25)

エンタメ作品に見るテクノロジー:
「ゲームは命の大切さが分からなくなる」は本当か? 問いに医療×ゲームで切り込む「仮面ライダーエグゼイド」
休みの日でもITについて楽しく考えられるよう、テクノロジーのエッセンスを含んだエンターテインメント作品を紹介。今回は「仮面ライダーエグゼイド」。(2022/4/23)

DataRobotで何ができる? 業界専用AIサービスの実力は
DataRobotは、主要産業に対応したAI機能を備えるクラウドサービス「DataRobot AI Cloud for Industries」を発表した。製造業向け、銀行向け、医療機関向け、小売業向けの4種類を用意する。(2022/4/22)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員研修【前編】
医療機関が人材育成に「ゲーミフィケーション」を採用した理由
米国医療機関のMayo Clinicは、従業員研修にゲーミフィケーションの手法を採用しようとしている。この研修システムの特徴は双方向コミュニケーションとチーム育成を重視している点だ。ユーザーの反応は。(2022/4/22)

Garmin、軽量&スリムなアクティビティトラッカー「vivosmart 5」発売
ガーミンジャパンは、4月22日からアクティビティトラッカー「vivosmart 5」を発売。シリコンバンドを取り入れた軽量かつスリムなモデルで、女性向けヘルスケア機能で生理周期や妊娠経過などもサポートする。(2022/4/21)

医療機器ニュース:
心臓の動きによる画像のブレを低減するCTシステムを発売
富士フイルムヘルスケアは、拍動による画像のブレを低減し、AI技術を活用した画像処理機能や画像処理速度向上技術、検査効率向上技術を搭載したマルチスライスCTシステム「SCENARIA View Plus」を発売した。(2022/4/21)

NEWS
鳥取県立中央病院が「CARADAオンライン診療」を小児診療に採用 導入の狙いは
鳥取県立中央病院はオンライン診療システムを導入し、主治医の判断のもと小児患者にオンライン診療を提供する。システム導入の目的は。(2022/4/20)

医療機器ニュース:
ストレッチャブルデバイスの回路基板に適用できる伸縮性フィルムを開発
東レは、高い復元性と耐熱性を維持しつつ、抵抗値安定性に優れ、回路への実装が可能な新グレードの伸縮性フィルム「REACTIS」を開発した。医療用生体センサーなど、ストレッチャブルデバイスの回路基板に適用できる。(2022/4/19)

富士キメラ総研が世界市場を調査:
有機エレクトロニクス関連、医療分野などに注目
富士キメラ総研は、エレクトロニクス産業で需要が高まる「有機エレクトロニクス関連」の世界市場を調査した。これによると、有機エレクトロニクスデバイスの市場規模は、2035年に7兆4525億円に達すると予測した。2020年に比べ2.2倍の規模となる。(2022/4/19)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

医療機器ニュース:
医療機器の電磁規格に対応したオゾン発生装置を共同開発
コニカミノルタとタムラテコは、オゾン発生装置「バクテクター2.0MD」を共同開発した。ウイルスや菌を不活性化する低濃度オゾンガスの発生プロセスに、コニカミノルタの電磁波制御技術を導入することで、医療機器の電磁規格に対応した。(2022/4/14)

日本IBMがメタバースに病院構築へ 順天堂大と共同研究
日本アイ・ビー・エムと順天堂大学が、メタバース技術を活用した医療サービスの共同開発を始める。「順天堂バーチャルホスピタル」を構築する他、中期的にはバーチャル空間での活動がメンタルヘルスなどの疾患の改善に与える影響などを検証する。(2022/4/13)

Innovative Tech:
人体組織にデータを書き込み、体外へ無線送信する技術 米国とベルギーの研究チームが開発
米国とベルギーの研究チームは、体内の医療用インプラントからデータを送信する際に、人体組織内のイオンにデータを書き込み、体外の受信機にデータをワイヤレス送信するイオン通信技術を開発した。(2022/4/13)

ICT:
建物内の磁場分布を利用した新たな屋内位置測位システム、大成建設
大成建設は、スマートデバイスの内蔵センサーと建物固有の磁場分布を活用することで、無線通信機器を設置することなく、屋内での所在位置を高い精度で特定する位置測位システムを開発した。新システムは、空港や商業施設の誘導案内、医療施設における患者の見守りなど、人の位置情報を可視化し、建物利用者の利便性や安全性を向上させられる。(2022/4/13)

医療機器ニュース:
AI医療機器を開発するためのプラットフォームを発表
NVIDIAは、AI医療機器を開発するための組み込み型プラットフォーム「Clara Holoscan MGX」を発表した。毎秒254兆〜619兆回の計算に対応し、高スループットのデータストリームを処理することで、リアルタイムな洞察を取得できる。(2022/4/11)

決済とヘルスケア対応スマートリング「T-Ring」 開発開始
 決済サービス「TwooCa」の提供などを行うKort Valuta(東京都目黒区)は4月7日、決済機能とヘルスケアデータの取得が同時にできるスマートリング「TwooCa Ring:T-Ring」(仮称)の開発を開始したと発表した。リングには、国際ブランド認定チップを実装予定としており、世界中のお店で決済利用が可能となる。(2022/4/8)

医療分野に勝機を見るAmazon【前編】
Amazonが「Amazon Care」で医療サービスに本腰 遠隔医療市場が拡大へ
Amazon.comは北米向け医療サービス「Amazon Care」の提供地域を拡大させ、米国全土で遠隔医療サービスを利用できるようにする。これにより遠隔医療市場の潜在顧客が大きく広がる可能性がある。(2022/4/8)

医療機器ニュース:
AIを活用して、X線画像のノイズを50%低減する画像処理技術
キヤノンは、医療用X線デジタル撮影装置「CXDI」シリーズ専用のコントロールソフトウェアに使用できる、新たな画像処理技術「Intelligent NR」を開発した。AI技術を活用し、従来処理比で最大50%のノイズを低減する。(2022/4/7)

6000人に聞いた:
小中学生がなりたい職業、3位に「ユーチューバー」がランクイン 1位は?
ニフティは小中学生を対象に「なりたい職業」についての調査を実施した。3位に「ユーチューバー」がランクインし、2位は「医者」「学校の先生」だった。親が子どもに薦める職業は「医者」「薬剤師」など医療関係が多い。(2022/4/6)

女の子の1位は「ケーキ屋・パン屋」:
小学1年生が「就きたい職業」ランキング コロナ禍で注目された職業が人気に
小学1年生とその親を対象に「将来就きたい職業」「就かせたい職業」を聞いた。男の子の就きたい職業2位は「スポーツ選手」、1位は?女の子の親が子どもにつかせたい職業では「医療職」が人気を集めた。(2022/4/5)

医療機器ニュース:
サイバニクス治療により、ALS患者の歩行機能が改善
CYBERDYNEの「HAL医療用下肢タイプ」を用いたサイバニクス治療が、ALS患者の歩行機能改善に有効性を示すことを、東邦大学が明らかにした。1〜2カ月間の治療により、歩行テストにおける歩行距離や歩行率が改善した。(2022/4/5)

製造業がサービス業となる日:
内視鏡画像のクラウド活用で協業、オリンパスとコニカミノルタの狙い
国内医療業界におけるクラウド活用を進めるべくオリンパスとコニカミノルタが協業を発表。オリンパスの内視鏡用クラウドサービス「Vivoly+」への画像送信端末装置として、コニカミノルタが医療用画像連携装置「BlueGate」を提供することで、オリンパスの消化器内視鏡のデータを医療機関がさらに有効活用できるようにする狙いがある。(2022/4/1)

アナログ・デバイセズ MAX30009:
低電力ウェアラブル向け生体インピーダンスAFE
アナログ・デバイセズは、高精度のバイタルサイン測定に適した生体インピーダンスAFE「MAX30009」を発表した。ウェルネス向けウェアラブル機器や医療パッチなど、バッテリー駆動の小型ウェアラブル機器に適する。(2022/3/31)

日本とイスラエルのサイバー協力、可能性は無限大 駐日大使寄稿
サイバーやAI、先端医療などハイテク産業でイスラエルは2021年に前年比2.5倍となる250億ドルもの投資を集めた。世界経済が新型コロナウイルス禍で打撃を受ける中、新興企業が新技術を開発し世界をけん引している。(2022/3/30)

3Dプリンタニュース:
霜降りステーキのような培養肉を3Dバイオプリントで、産学共同で2025年に実現へ
大阪大学大学院工学研究科と島津製作所、シグマクシスは、「培養肉を自動生産する3Dバイオプリント技術」に関する記者説明会を開催した。同技術の開発および普及によって、食糧問題はもちろんのこと、医療や健康、環境などのさまざまな社会課題の解決につなげることを目指す。(2022/3/30)

「Yahoo! MAP」で小児用コロナワクチンマップ提供 詳細情報やルート検索も
ヤフーは24日、スマートフォン向け地図アプリ「Yahoo! MAP」上に新型コロナワクチンの小児接種に対応した施設や医療機関を表示する「小児用 コロナワクチンマップ」の提供を始めた。(2022/3/24)

BIM:
野原HD、BIMを用いた開業希望医向けのクリニック開業パッケージ
野原ホールディングスは、開業希望医向けにBIMを用いたクリニック開業パッケージ「コネクトクリニック」を発表した。医療機器や什器(じゅうき)、家具を含めた諸室空間の配置や医療スタッフ、患者の各動線を3Dで可視化する。(2022/3/23)

デジタルヘルスケアサービスの普及が進む英国
英国成人の半数以上が利用する医療アプリ「NHS login」とは
英国NHSのデジタルヘルスケアサービスが、新型コロナウイルス感染症のまん延をきっかけに広く普及している。NHSのさまざまなヘルスケアサービスの窓口となる「NHS login」を、英国民はどの程度活用しているのか。(2022/3/23)

第一三共ヘルスケア調べ:
一人暮らしで「困ったこと」 2位は「宅配便の受け取り」、1位は?
第一三共ヘルスケアは、一人暮らし経験者と、この春から一人暮らしを始める人を対象に、「一人暮らしと健康に関する意識調査」を実施した。一人暮らし経験者が「困ったこと」1位は、「体調が悪くても一人でどうにかしないといけない」だった。(2022/3/20)

海外医療技術トレンド(81):
拡大する米国の医療情報漏えいインシデント、医療機器企業はどう対応すべきか
本連載第16回で米国の医療機関のサイバーセキュリティ対策への取り組みを紹介したが、その後も医療情報漏えいインシデントは拡大傾向にある。(2022/3/18)

医療機器ニュース:
AIによるノイズ除去技術を搭載した超音波診断装置を発売
富士フイルムヘルスケアは、AIを活用したノイズ除去技術「DeepInsight技術」を搭載した超音波診断装置「ARIETTA 850 DeepInsight」「ARIETTA 650 DeepInsight」を発売する。スペックル信号と電気ノイズを高精度で区別し、ノイズを除去できる。(2022/3/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.