「NHK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「こんなおかしなドラマ待ってました!」 オダギリジョー、“犬役”のNHKドラマ大反響で「殴られるような事にはならず、安心しました(苦笑)」
オダギリさんは警察犬役として着ぐるみ姿で出演。(2021/9/23)

NHK「ワルイコあつまれ」放送で「デザインあは打ち切り?」とトレンドに → NHK「打ち切りということではありません」
NHK広報によると「あくまで休止中」とのことです。(2021/9/13)

話題の教育番組「ワルイコあつまれ」は来週で終わり? NHKに聞いた“予告なし”の理由
NHK Eテレ(教育)は13日、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが出演する新番組「ワルイコあつまれ」を放送した。番組の宣伝や事前の予告は一切なしで朝のお茶の間を驚かせた。(2021/9/13)

武田総務大臣、NHKにネット配信実証を要請 テレビない人が対象
武田良太総務相がNHKに対し、テレビを保有していない人を対象にした放送番組のインターネット配信を行う社会実証を実施するよう要請すると明らかにした。武田氏は「公共放送におけるネット配信の意義やニーズを検証し、公共放送が果たすべき役割について議論したい」と語った。(2021/8/30)

豪雨災害で気象庁にアクセス集中、一時閲覧しにくい状態に 「NHKのサイトも見て」
14日昼ごろから気象庁のWebサイトが閲覧しづらい状態に。豪雨災害に伴うアクセス集中によるもの。今後同様な事態が起きたら「NHKのサイトも見て」。(2021/8/16)

気象庁サイト、アクセス集中で閲覧しにくい状態に 九州・中国地方で続く豪雨の影響か
緊急の場合は「Yahoo!天気・災害」や「NHKニュース・防災アプリ」「NERV防災アプリ」などのアプリ・サービスの活用も。(2021/8/14)

「登坂パパの幸せそうなお顔」 元NHK登坂淳一アナ、娘の“お食い初め”で幸せいっぱい親子ショット
すてきな笑顔。(2021/8/5)

「庵野秀明の1214日」、Amazonプライムビデオで配信 シン・エヴァと同じ8月13日から
Amazonプライムビデオの見放題サービスにNHKのドキュメンタリー番組「さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜」が加わる。(2021/7/28)

五輪中継、サブチャンネルの画質はなぜ悪い?
「なぜこんな画質に」──NHKと民放が連日生放送している「東京2020オリンピック」。しかしSNSには時折、画質に関する苦言が流れてくる。なぜか。(2021/7/28)

NHK夏休み子ども科学電話相談が五輪の影響で規模縮小→有志の「夏休みこども科学インターネット相談」が立ち上がる
第1回から考古学者がエジプト文明を解説する豪華な内容。(2021/7/27)

東京五輪の開会式、生放送を見た人は約7062万人 ビデオリサーチ推計
23日夜にNHKが生中継した「東京2020オリンピック」開会式は全国で推計7061万7000人が視聴した。視聴率調査会社のビデオリサーチが発表した。(2021/7/26)

開会式は「NHK+」のみ 偽サイトに注意 スマホやPCで東京五輪を見る方法
「東京2020オリンピック」はほとんどの競技が無観客で行われ、観戦する手段はテレビ放送かネット配信になった。ただしネットのライブ配信を利用する時には注意も必要だ。(2021/7/23)

NHK「デザインあ」を急きょ放送差し替え 音楽担当に小山田圭吾、「経緯など踏まえて総合的に判断」
一連の“いじめ”問題などの影響で。(2021/7/20)

高岡早紀、朝ドラ「おかえりもモネ」出演直前に101歳の祖母が逝去 「NHKが大好きだったおばあちゃん」に雄姿見てもらえず
「数日前、101歳の天寿を全うして旅立ちました」と報告。(2021/7/19)

国宝「救世観音像」を8K画質で3DCG化 「現地調査以上の情報量」と仏像研究者も驚嘆
NHK放送技術研究所と東京国立博物館は、国宝「救世観音像」の8K画質の3DCGモデルを作成した。このCGモデルを鑑賞した仏像研究者たちからは再現性の高さに驚きの声が上がった。(2021/6/22)

NHKスクエアが「DVD化してほしいNHKドラマ」を募集 影響で“岸辺露伴”がTwitterトレンド入り
「だが断る」となりませんように……。(2021/6/16)

NHK元職員を逮捕 PCなど不正発注
NHKの元職員が在職中にノートPCなどを不正に発注して受け取っていた問題で、警視庁捜査2課は14日、詐欺の疑いで、埼玉県ふじみ野市の元NHK職員を逮捕した。(2021/6/15)

元NHK登坂淳一アナ、初お宮参りで娘に夢中な姿を妻に激写され反響 「幸せのかたまり!」「癒やされます!」
不妊治療を経て授かった娘。(2021/5/29)

省電力、長寿命、低コスト化へ:
日本触媒、有機EL用電子注入材料をNHKと共同開発
日本触媒は、有機EL用の新たな電子注入材料をNHKと共同で開発した。この材料を用いると陰極から直接、発光層へ電子注入を行うことができるため、有機ELの構造を簡素化できるという。(2021/5/14)

「さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜」がNHKオンデマンドで配信開始! 「プロフェッショナル」とは別編集・100分間の拡大版ドキュメンタリー
やったー!(2021/4/30)

元NHK登坂淳一アナ、第1子女児の誕生を“赤ちゃん抱っこ”した2ショットで報告 「これで本当に“白髪のパパ”になりました」
おめでとうございます!(2021/4/28)

元NHK登坂淳一アナ、貴重な“男性目線の不妊治療”をつづる 「周りの視線への不安感」と婦人科訪問のハードル告白
男性側からの発信は貴重。(2021/4/23)

土偶作者は右利きの可能性 文化財の新たな“鑑賞”手法、NHKが8K活用
 縄文人の息吹を伝える土偶や400年前の人々の生活を描いた屏風(びょうぶ)など、東京国立博物館(トーハク、東京都台東区)の貴重な収蔵品の鑑賞に、NHKの超高精細映像「8K」技術を用いる試みが始まった。トーハクとNHKが共同で進める「8K文化財プロジェクト」だ。博物館開館150周年となる令和4年度までに、計8点の文化財を8K技術などを用いて写し取り、これまでになかった鑑賞方法を研究するという。(文化部 道丸摩耶)(2021/4/20)

NHK BS1で「さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜」放送決定 未公開映像加えた100分間の拡大版
完全版来た!(2021/4/16)

NHK予算、2年連続で全会一致承認ならず 放送とネットのビジョン見えず
NHKの予算が、全会一致での国会承認を2年連続で逃した。反対した日本維新の会は、NHKの問題点を「放送と通信の融合に対するビジョンをしっかりと打ち出してこなかった」と指摘する。(2021/4/14)

厳しい結果に:
NHK予算、2年連続で全会一致承認ならず ビジョン「見えぬ」と批判
NHKの予算が、全会一致での国会承認を2年連続で逃した。近年では、籾井勝人会長時代に不祥事が相次ぎ、3年連続で賛成多数での承認となったが、与野党が全会一致で認めるケースが多い。(2021/4/13)

NHK「クローズアップ現代+」終了報道を否定 「執筆者に抗議するとともに、記事の削除求める」
一部ネットメディアが掲載していた記事が発端でした。(2021/4/9)

元NHK登坂淳一アナ、不妊治療経て妻の第1子妊娠を発表 “白髪のパパ”として子育て情報を発信予定
おめでとうございます!(2021/4/8)

アニメ「進撃の巨人」、ファイナルシーズン Part 2をNHK総合で今冬放送
NHKは3月29日、テレビアニメ「進撃の巨人」ファイナルシーズンの“Part 2”を今冬総合テレビで放送すると発表した。(2021/3/29)

「#麒麟がくる」「#青天を衝け」Twitterでのハッシュタグ出現数を調査 男女の反響に差
NHK大河ドラマ「#青天を衝け」と、前シーズン作品の「#麒麟がくる」を対象にしたTwitterトレンドの調査結果。(2021/3/23)

シン・エヴァンゲリオン劇場版でAdobe Premiereは庵野総監督の要望にどう応えたか
NHK「プロフェッショナルの流儀」にも登場した、Premiereを使った制作システムの裏側が、アドビ公式ブログにより明らかになった。(2021/3/23)

ジブリ最新作「アーヤと魔女」、4月に劇場公開 初の3D CG 一部カット追加
スタジオジブリと東宝は、2020年の年末にNHKで放映した「アーヤと魔女」を4月29日から劇場公開する。一部カットを加え、映像と音響を劇場クオリティで制作したという。(2021/2/12)

女優の松浦雅、芸能界引退でトリマーに転職へ 体調悪化に「一人で完治を目指すことは不可能」と判断
2014年放送のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」でデビューした松浦さん。(2021/2/1)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
半導体の偉人が続々登場する「電子立国 日本の自叙伝」に感動
この年末年始は、例年の帰省を取りやめて“ステイホーム”を強いられたこともあり、有意義に休みを過ごすために、NHKの過去の番組をネット経由で見られる「NHKオンデマンド」に思い切って加入しました。(2021/1/28)

NHKの公式note開始は“成り行きの未来”との決別になるか
ネットの普及などで新聞・テレビの時代の岐路に立たされている中、NHKは12月、「note」に公式アカウントを開設。元NHK記者が内部文書や現役職員への取材から公共メディアの未来を読み解く。(2020/12/31)

紅白出場のYOASOBIを生んだ小説投稿サイト「monogatary.com」とは エンタメの“種”を集める
NHK紅白歌合戦に、音楽ユニット「YOASOBI」の出場が決まった。実はYOASOBIを世に送り出したのはレコード会社が運営する小説投稿サイト「monogatary.com」だった。(2020/12/24)

“深津絵里”がクリスマスイブに突然のトレンド入り 伝説のCM連想させるNHKの手腕にバブル世代から反響
朝ドラ史上初の3人ヒロイン。(2020/12/24)

YOASOBI、「第71回NHK紅白歌合戦」に紅組で出演決定 初パフォーマンスとなる「夜に駆ける」披露
2020年の顔、紅組に参戦決定。(2020/12/23)

動く実物大ガンダムの「起動式」をNHKが生中継 カメラ12台で
NHKは、12月18日の午後4時30分から「生中継!ガンダム動く」をBSプレミアムで放送する。(2020/12/17)

NHKが公式noteアカウント立ち上げ 取材過程やノウハウ公開
NHKがコンテンツ配信サービス「note」で公式アカウントを立ち上げ、放送時に使用されなかった取材の裏話や取材方法などを紹介する「NHK取材ノート」を始めると発表した。(2020/12/14)

武田大臣、KDDIなどの乗り換え手数料撤廃を「一定の成果」と評価 NHK受信料引き下げにも注文
武田良太総務相がKDDIとソフトバンクがメインブランドからサブブランドへの乗り換え手数料を撤廃したことに対し、「改善に向けて一定の成果が出た」との見解を示した。(2020/12/11)

NHK再編の狼煙、「Eテレ売却」は妥当か、素人考えか
小寺信良さんが、NHK再編問題に切り込む。(2020/12/10)

ナイツ土屋、NHKドラマ「うつ病九段」の羽生善治役が「めっちゃ似てる」「キャスティング絶妙過ぎ」と話題に
表情のクセも本人っぽい。(2020/12/8)

NHKドラマ「岸辺露伴は動かない」の予告映像が公開 高橋一生演じる露伴が不敵に「だが断る」
アニメ版の露伴を演じた櫻井孝宏さんがナレーション担当。(2020/12/7)

総務省「NHKのネット事業費拡大案は合理性ある」との考え示す 25日から意見募集
総務省が、インターネット事業費の上限緩和を求めるNHKの申請について「一定の合理性がある」とする考えを示した。(2020/11/24)

「筋肉体操フェス」に君も出ないか? リモート出演者募集 TeamsでNHKスタジオと接続
NHKの特番「筋肉体操 生放送フェス」が12月12日に放送される。この放送に自宅から“リモート出演”する人を募集中。「筋肉の量に関らず、どなたでも応募できます!」(2020/11/11)

NHK、「未来少年コナン」最終話を11月22日に再放送 SNSで相次いだ“録画予約失敗”の声に対応か
NHKがアニメ「未来少年コナン デジタルリマスター版」の最終話を22日午前2時35分に再放送すると発表した。(2020/11/6)

NHK、「未来少年コナン」最終回を21日深夜に再放送へ 予約録画失敗の悲鳴を受けて?
「バカね!」を見られる!(2020/11/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
これまでカップ麺に押されていた乾麺・袋麺が、コロナ禍の影響で売れている。在宅勤務の普及などが原因だが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」も影響していると筆者は指摘する。その理由は?(2020/10/28)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(33):
音声コミュニケーションを効果的にする「AI字幕」を試してみよう
筆者が主宰する情報化研究会で「感情表現字幕システム」についてNHKテクノロジーズの岡田俊一氏に講演していただいた。AIを使った字幕(AI字幕)は効果的なコミュニケーションの実現に役立ちそうだ。(2020/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.