• 関連の記事

「オムロン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オムロン」に関する情報が集まったページです。

ネプコンジャパン2024:
インフィニオンはSiCとGaNで車載充電器を高効率化、オムロンの充電スタンドにも
インフィニオン テクノロジーズは、「ネプコンジャパン2024」の「第1回パワーデバイス&モジュールEXPO」において、SiCやGaNなどの次世代パワー半導体を用いたEV向け車載充電器を展示した。(2024/2/8)

組み込み採用事例:
オムロンが産業用エッジ開発にクラウドネイティブプラットフォームを採用
オムロンは、産業用エッジプラットフォームの開発に「Wind River Studio」を採用した。クラウドネイティブ開発プラットフォームとして活用し、ソフトウェア開発の効率化を目指す。(2024/2/8)

買収したGaN Systemsの製品も披露:
GaN搭載で小型化したオムロン製V2X充電システム、インフィニオンが展示
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは、「第1回 パワーデバイス&モジュール EXPO」(2024年1月24〜26日/東京ビッグサイト)に出展し、同社製のGaN(窒化ガリウム)パワーデバイスを採用したオムロン ソーシアルソリューションズのマルチV2X(Vehicle to X)充電システムや、GaN/SiCパワーデバイスを搭載したOBC(オンボードチャージャー)などの幅広い製品群を展示した。(2024/2/8)

脱炭素:
オムロンがサプライチェーンのCO2排出量見える化実証開始、Catena-Xにも接続
オムロンは、製造現場における脱炭素化への取り組みを紹介するとともに、製品サプライチェーンのカーボンフットプリントの見える化に向けた実証実験を開始したことを発表した。実証実験では、グローバルデータ流通基盤「Catena-X」にも接続する計画だという。(2024/1/30)

FAインタビュー:
データの利活用で現場力を高める、オムロンが目指す工場のスマート化
人手不足、品質保証、エネルギー削減など、製造現場が抱える課題は複雑化している。そこで必要になってくるのが工場の自動化、スマート化だ。今後の事業展開の方向性などについて、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 本部長の大場恒俊氏に話を聞いた。(2024/1/29)

現場管理:
気象IoTセンサーを用いた“寒さ指数”の提供開始、ウェザーニューズとオムロン
ウェザーニューズは、気象IoTセンサー「ソラテナPro」の観測データを用いた寒さ指数の提供を開始した。屋外作業員や農家のパフォーマンス低下、学生の低体温症などを予防する。(2023/12/15)

2023国際ロボット展:
協調する人と機械が柔軟に役割変更、オムロンの次世代コンセプトライン
オムロンは「2023国際ロボット展」において、「i-Automation!」を具体化した2つの次世代生産コンセプトラインを展示した。(2023/12/11)

Edge Tech+ 2023:
工場にも広がるコンテナ活用、オムロンの「仮想化制御プラットフォーム」が進化
オムロンは、「EdgeTech+ 2023」において、コンテナ技術を活用した「仮想化制御プラットフォーム」によるリアルタイムモニタリングのデモンストレーションを披露した。(2023/11/29)

FAインタビュー:
工程集約で成長するオムロンのロボット、モバイルマニピュレーターの浸透に期待
ロボット事業に2016年から参入し、後発でありながら着実に成長を続けているのがオムロンだ。オムロンのロボット事業の現在地とこれからの方向性について、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ロボット事業本部 本部長の氏本拓志氏に話を聞いた。(2023/11/22)

FAニュース:
チップレットなど先端半導体やEV部品を3Dで高速自動検査、オムロンが検査装置拡充
オムロンは新たなCT型X線自動検査装置「VT-X950」「VT-X850」を2024年に投入する。半導体検査向けの「VT-X950」は2024年春、EV部品向けの「VT-X850」は2024年2月の発売を予定している。(2023/11/22)

ソフトウェアも多数展示:
第11世代インテルCoreプロセッサ搭載IPC、オムロン
オムロンは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、同社の産業用PC「NYBシリーズ」の新製品として「第11世代インテルCore」プロセッサを搭載した産業用PCや、パートナー企業が開発したソフトウェアを展示した。(2023/11/21)

産業用ロボット:
オムロンが考えるロボット導入の3つの壁、乗り越えるために必要なもの
オムロンは、ロボット事業についての説明会を開催した。産業用ロボットやモバイルロボットにおける戦略を紹介するとともに、ロボット普及を阻害する“3つの壁”とそれを乗り越えるために必要なものについて説明した。(2023/11/7)

FAニュース:
中国で半導体や2次電池の設備投資低迷、オムロンは2024年度以降本格回復見込む
オムロンは2023年10月27日、オンラインで記者会見を開き、同日発表した2023年度上期(2023年4〜9月)の決算について説明した。(2023/11/6)

FAインタビュー:
オムロン制御機器事業が進めるデータ活用とソリューションビジネスの拡大
オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 社長の山西基裕氏が合同取材に応じ、データを活用したソリューションビジネスの拡充を図る制御機器事業について語った。(2023/11/1)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(70):
オムロンがSD-WANでグローバルネットを刷新、「見える化」と「コスト削減」を実現
オムロンがSD-WANによるグローバルネットワークの刷新を進め、2023年12月に導入が完了する予定だ。高機能なSD-WANの特徴や導入効果を見てみよう。(2023/10/30)

FAニュース:
多品種混在でも調整要らずに安定読み取り、オムロンの新たなDPMコードリーダー
オムロンはクラス最高読み取り性能を持つハンディDPMコードリーダー「V460-H」を2023年11月1日に日本国内で発売する。(2023/10/18)

医療機器ニュース:
通信機能付きの上腕式血圧計を発売、アプリで簡単にデータを管理
オムロン ヘルスケアは、筒状のカフに腕を入れるだけで血圧を測定できる「オムロン 上腕式血圧計 HCR-1901T2」を発売した。通信機能を備え、測定データをアプリに転送して値の変化を表やグラフで確認できる。(2023/10/10)

家庭用蓄電池で電力調達コストを削減、オムロンが小売事業者向けサービス
オムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、主に小売電気事業者に向け、電力の調達コストの課題解決をサポートする電力調達コスト低減ソリューション「POWER JUGGLING」を2023年9月より提供開始すると発表した。(2023/8/31)

蓄電・発電機器:
家庭用蓄電池から逆潮流電力を買い取り、オムロン・東邦ガスが国内初の実証
東邦ガスとオムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、2023年8月24日、家庭用蓄電池から状況に応じて電力を買い取る新たなサービスの検証を開始する。(2023/8/28)

維持管理:
ウェザーニューズとオムロンが小型気象IoTセンサーを共同開発 局所的な現場の天候をリアルタイム観測で“減災”へ
ウェザーニューズとオムロンは、狭小な現場でも設置しやすい小型の気象IoTセンサー「ソラテナPro」を共同で開発した。高性能のIoTセンサーで現地の気象をリアルタイムで可視化し、建設現場の安全対策などに役立てられる。(2023/8/18)

製造現場向けAI技術:
オムロンが料理の自動化? 近未来デザインから新しいモノづくりの軸を確立
オムロンは2023年6月15日、京阪奈イノベーションセンタにおいてラウンドテーブルを開催し、同社の技術開発や具現化の方向性、研究子会社であるオムロンサイニックエックスの活動内容などに関して説明した。本稿はOSXに関する説明を中心に紹介する。(2023/8/21)

スマート工場最前線:
AMRを作り活用するオムロン、綾部工場で進むThe GEMBA活動
オムロンの綾部工場ではさまざまな自動化の取り組みが進んでいる。(2023/8/14)

FAニュース:
eスポーツで磨いた性能をVRなど遠隔制御に展開、オムロンがスイッチを世界販売
オムロンは操作用マイクロスイッチの「D2FC」「D2LS」「D2FP」を2023年8月からグローバルで販売すると発表した。VR(仮想現実)などを活用した遠隔制御向け操作機器などでの利用を主に想定している。(2023/8/4)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
中外製薬とオムロン、異業種2社の出会いはどこで生まれたのか
出会いは突然に……なんてね。(2023/7/27)

無人搬送車:
オムロンが積載重量650kgのAMR、中可搬重量域強化で全搬送工程を自動化へ
オムロンは最大積載重量650kgのAMR「MD650」を2023年7月17日から日本国内で発売すると発表した。(2023/7/27)

ロボット開発ニュース:
中外製薬とオムロンが次世代ラボオートメーションで協業、非定型実験業務を自動化
中外製薬は、新研究拠点「中外ライフサイエンスパーク横浜」において、オムロン、オムロン サイニックエックスとの共同研究に基づき新たに導入した次世代ラボオートメーションシステムを紹介した。(2023/7/19)

製造業IoT:
ウェザーニューズとオムロンが気象IoTセンサーで協業、15カ月で開発を完了
ウェザーニューズとオムロンが新型気象IoTセンサー「ソラテナPro」を発表。電源が得られる場所であればユーザーが任意の場所に簡易に設置でき、7つの気象に関わる要素を1分ごとに観測して内蔵のLTE-M通信モジュールによってクラウドにデータ収集できる。(2023/7/6)

協働ロボット:
オムロンが最新卓球ロボットで体現する融和、人と人をつなぐオートメーション
オムロンは京阪奈イノベーションセンタ(京都府木津川市)においてラウンドテーブルを開催し、同社の技術開発や具現化の方向性、研究子会社であるオムロンサイニックエックスの活動内容などに関して説明した。今回は前編として最新の卓球ロボットのコンセプトや同社が目指す人と機械との関係性などを紹介する。(2023/6/26)

オムロン、全社データドリブン経営にクラウドネイティブなデータマネジメント基盤を採用
オムロンが世界中の事業データの活用にクラウドネイティブなデータ管理ソリューションを採用した。データドリブン経営を目指すとしている。(2023/6/22)

開発リードタイム「従来の半分に」:
研究開発の全機能を岡山に、オムロンの電子部品戦略
オムロンが電子部品事業の研究開発体制を刷新した。同社は全国6カ所にあった研究開発拠点を岡山事業所(岡山市中区)に集約。この研究開発体制刷新によって、「開発リードタイムを2分の1以下にする」としている。(2023/6/19)

オムロンの電子部品戦略(後編):
コンカレント開発を進めるオムロン、岡山に研究開発部門を集約し新価値創造へ
オムロンは、電子部品事業の戦略説明会を開催するとともに、研究開発部門を集約した岡山事業所を公開した。後編では、岡山事業所の位置付けとコンカレント開発の推進について紹介する。(2023/6/9)

工場ニュース:
オムロンがインドで血圧計生産工場を新設、血圧計普及加速に向けて2025年に稼働
オムロン ヘルスケアは、インドのタミルナド州の工業団地内に、家庭用、医療機関用血圧計の生産工場を新設する。血圧計普及率が約2%と低水準のインドにおいて、多くの人に血圧計が届くよう体制を整え、同国の健康課題の解決に貢献する。(2023/6/9)

オムロンの電子部品戦略(前編):
金型データや環境対応部品で新たなビジネスを、オムロンの新たな電子部品戦略
オムロンは、電子部品事業の戦略説明会を開催するとともに、研究開発部門を集約した岡山事業所を公開した。本稿ではまず前編として部品事業戦略について紹介する。(2023/6/5)

工場ニュース:
オムロンが電子部品事業の国内全工場で太陽光発電活用、CO2年間1200t削減へ
オムロンは電子部品事業の国内5生産拠点において、太陽光発電を活用した生産を2023年5月15日から開始すると発表した。(2023/5/12)

太陽光:
機器数は最小で発電量は最大に、オムロンが完全自家消費向け三相パワコン
オムロンが完全自家消費向けの三相パワーコンディショナーの新製品を発表。構成機器を減らすことでシステム設置コストを削減できる他、負荷追従機能を高めることで高効率な自家消費を可能にするとしている。(2023/5/10)

組み込み開発ニュース:
オムロンとの協業を深化させるレッドハット、今後の成長は“エッジ”にあり
レッドハットが2023年度の事業戦略を説明。同社は中長期の成長に向けて産業機器や車載機器などのエッジにおけるビジネスの基盤構築に注力しているが、その代表的なパートナーになっているのがオムロンだ。(2023/4/27)

FAニュース:
オムロンが2022年度過去最高業績を達成、好調な制御機器事業が成長後押し
オムロンは2023年3月期(2022年度)の業績を発表。2期連続の増収増益となり過去最高業績を更新した。(2023/4/27)

FAニュース:
データ活用やモジュール生産に貢献するコントローラー、ライン全体の効率化を実現
オムロンは、情報制御と安全制御を進化させたオートメーションコントローラーの新製品をグローバルで発売すると発表した。発売するのは、CPUユニットと、EtherNet/IPユニットで、高精度なデータ活用機能と用途に応じた柔軟性を備えていることが特徴だ。(2023/4/18)

スマート工場最前線:
エネルギー生産性向上に向け、オムロンが松阪事業所で半減を目指す4つの要素とは
オムロン ヘルスケアは温室効果ガス削減に向けてエネルギー生産性の向上を進めている松阪事業所(三重県松阪市)を報道陣に公開した。(2023/4/14)

製造マネジメントニュース:
国内拠点カーボンゼロ化を前倒しで進めるオムロン、環境対応と企業成長の両立へ
オムロンは2023年3月8日、ESG(Environment、Social、Governance)についての説明会を開催。社会価値と経済価値をそれぞれ高め、カーボンニュートラルの実現やデジタル化社会の実現、健康寿命の延伸などの社会課題解決を進めていく方針を示した。(2023/3/9)

組み込み開発ニュース:
オムロンが業界初の300Aプリント基板用リレー、低接触抵抗と高放熱の合わせ技で
オムロンは、新たに開発したプリント基板実装に対応する300A定格の高容量リレー「G9KA-E」を発売する。(2023/3/2)

太陽光:
オムロンが家庭用蓄電池に2機種を追加、容量12.7/6.3kWhが選択可能に
オムロンソーシアルソリューションズ(OSS)は2023年2月、同社の家庭用蓄電システム「KPBP-Aシリーズ」に、新しく蓄電池ユニット2機種を追加すると発表した。12.7kWhタイプを同年6月、6.3kWhタイプを同年8月から販売する。(2023/3/2)

パワコンの高出力化が可能に:
300A定格のプリント基板用リレー、オムロンが開発
オムロンが300A定格の高容量リレー「G9KA-E」を発売した。太陽光発電システムのパワーコンディショナー(パワコン)の高出力化に貢献する製品だという。(2023/3/2)

エッジコンピューティング:
オムロンが産業用PCをクラウドネイティブへ、「Red Hat OpenShift」の採用で
レッドハットは、オムロンが産業用PC向けに開発を進めている「仮想化制御プラットフォーム」のPoC(概念実証)のコンセプトモデルに、Kubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift」が採用されたと発表した。(2023/2/28)

2025年には本格展開へ:
Red Hat OpenShiftをオムロンが採用、コンテナアプリケーションから産業用制御機器をリモートで操作
Red Hatはグローバルで、オムロンによるRed Hat OpenShiftの採用を発表した。OpenShift上のコンテナアプリケーションから産業用制御機器を操作する事例は、今回が世界初だという。日本法人のレッドハットはこの事例を活用し、国内のOTおよびエッジの世界への取り組みを強める。(2023/2/27)

ロボット:
AI搭載の“スーツケース”で視覚障がい者の歩行をサポート、清水建設らコンソーシアム活動期間を延長
アルプスアルパイン、オムロン、清水建設、日本アイ・ビー・エムの4社は、共生社会の実現を目指して正会員として活動する「次世代移動支援技術開発コンソーシアム」での活動期間を1年間延長すると決めた。また、実用度を高めた新しいモデルも開発。東京都中央区の日本橋で実証実験を実施した。(2023/2/23)

FAニュース:
サーボモーターの保全基準が“時間”から“状態”へ、オムロンの保全DXに新製品
オムロンは生産設備の異常の有無を見える化する「状態監視機器」の新シリーズとして、アドバンスドモーター状態監視機器「K7DD」を2023年3月1日より日本国内で販売すると発表した。4月から順次グローバルに向けて販売する。(2023/2/7)

製造マネジメントニュース:
オムロンは四半期で過去最高益を達成、受注残のある制御機器事業は好調を持続
オムロンは2023年3月期(2022年度)第3四半期(10〜12月)の業績を発表。制御機器事業がけん引し、四半期として過去最高益を達成した。また、第3四半期累積(4〜12月)としても過去最高業績を達成している。(2023/1/31)

スマートファクトリー:
PR:オムロンとFUJIが取り組む“面の自動化”、モバイルロボットと実装機が連携する意味
人手不足から自動化ニーズが高まりを見せる製造現場に対し、工程間を結ぶ新たな自動化に取り組んでいるのがオムロンとFUJIだ。共創の狙いとモノづくりの展望について両社が対談を行った。(2023/1/24)

「感動」「すごいぞ」 “音”でスマホと連携する体温計に驚きの声 オムロン ヘルスケアに聞く「音波通信」採用の理由
懐かしい音だという声も。(2023/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.