• 関連の記事

「PC市場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PC市場」に関する情報が集まったページです。

2024年以降のPC市場と「AI PC」【後編】
“AI PC”の登場で「PCがまた売れまくる日」がすぐそこに?
世界PC出荷台数の減少傾向が続いてきた中で、2024年以降のPC市場をけん引するのではないかと期待を集めているのが「AI PC」だ。PCベンダー各社の動きを踏まえて、PC市場に与える影響を探る。(2024/2/6)

2024年以降のPC市場と「AI PC」【前編】
売れなかったPCが「やっと売れ出す」と予見された“なるほどの理由”
世界的な景気低迷が続く中、世界のPC出荷台数は前年比減が続いてきた。ただし、調査会社は「PC業界の展望は悪くない」と評価する。その意味は。(2024/1/30)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Chromeに新たな生成AI機能を追加 文章作成支援など/2023年の国内PC出荷台数が過去最低に JEITA調べ
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月21日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/28)

Googleが2年間未使用の個人アカウントの削除を12月1日から開始/2023年度上期の国内PC出荷台数は減少 単価上昇は続く
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、11月26日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/12/3)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
米IntelがNUC事業の直接的投資を停止 事実上の撤退へ/全世界のPC出荷台数が6四半期連続で減少
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月9日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/7/16)

国内PC出荷台数シェア 3位「デル」、2位「日本HP」、1位は?
MM総研は、2022年度の国内パソコン出荷台数に関する調査結果を発表。出荷台数は1123.4万台(前年度比4.4%減)で2年連続で減少した。(2023/6/23)

PCはどれくらい「売れていない」のか【第3回】
部品不足よりも深刻な「PC部品メーカー」の“新たな苦しみ”とは?
PC市場の低迷は、PCベンダーだけではなく、PC部品メーカーにも大きな打撃を与える。PC出荷台数が伸び悩む中、PC部品メーカーはどのような状況に置かれているのか。(2023/6/13)

PCはどれくらい「売れていない」のか【第2回】
「本当に売れなくなったPC」はWindows機じゃない“あのマシン”
PC市場が振るわない中、PC出荷台数の上位ベンダーは苦戦を強いられている。中でも特に出荷台数を落としているのは、どのPCベンダーなのか。IDCの調査結果から探る。(2023/6/7)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
2022年度の国内PC出荷台数は2年連続の減少/米連邦取引委員会と司法省がAmazonを提訴
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月28日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/6/4)

PCはどれくらい「売れていない」のか【第1回】
PCが「全然売れなくなった」のはなぜ? 次に売れる日は
世界のPC出荷台数が減少している。下落幅はどの程度なのか。なぜ出荷台数が伸びないのか。再び売れるようになるのは、いつなのか。調査会社のデータから考える。(2023/5/31)

AppleのMac出荷台数、前年同期比40.5%減に──IDC調べ
IDCは1〜3月期の世界PC出荷調査結果を報告した。総出荷台数は前年同期比29%減。中でもAppleは40.5%減と減少率が最も大きかった。(2023/4/11)

苦戦するPC市場 その変化とは【後編】
PC不況でもLenovoのPCを買い続ける“あの国”とは?
2022年第4四半期、大きく落ち込んだ世界のPC出荷台数。PCベンダーごとのPC出荷台数の内訳を見ると、国や地域によって市場の動きに微妙な差異が生じていることが分かる。Gartnerの見解を基に、実態を探る。(2023/2/17)

苦戦するPC市場 その変化とは【前編】
PCはなぜ売れないのか 「PCが再び売れるようになる日」はいつか
Gartnerによると、2022年のPC出荷台数は世界的に落ち込み、2022年第4四半期については過去最大の減少を記録した。同社は、この動きをどう分析しているのか。(2023/2/11)

Dellも大規模レイオフ実施を発表 6650人が対象との報道
Dell Technologiesも大規模リストラを発表した。Bloombergによると、対象となるのは約6650人。IDCによると、同社の第4四半期のPC出荷台数は前年同期比37%減だった。(2023/2/7)

プレミアムコンテンツ:
PCが売れなくなった「不景気」よりも深刻な理由
PCの販売台数が世界的に落ち込んでいる。景気後退の影響はあるものの、原因は他にもあるという。それは何なのか。“PC不況”の中でも、堅調な販売を維持しているデバイスとは。(2023/1/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
“本当に売れなくなったPC”はこれだ
PC出荷台数が世界的に落ち込んでいる。なぜPCは“売れなくなった”のか。特に苦戦しているのは、どのようなPCなのか。(2022/12/27)

制裁下のロシアとIT市場【後編】
PCが売れないロシアで国民がやり始めた“同意できる行動”
ロシアのウクライナ侵攻が続く中、ロシア国内におけるPCの販売台数や主要ベンダーの売り上げは過去最悪レベルで低迷した。これを受け、ロシア国内の消費者にはある変化が見られたという。(2022/12/23)

制裁下のロシアとIT市場【前編】
“PCが売れないロシア”で本当に苦しむのはDellやHPではなかった
ロシアのウクライナ侵攻が続く中、ロシア国内におけるPC販売台数や主要ベンダーの売り上げが過去最悪レベルで低迷している。ロシア国内の消費者はどのような影響を受けるのか。(2022/12/9)

2022年度上半期のPC出荷台数は前年比6.6%減に MM総研調べ
MM総研は、2022年度上半期の国内PC出荷台数の調査結果を発表した。(2022/11/30)

縮小する世界のPC市場【後編】
“本当に売れなくなったPC”はこれだ 出荷台数の実態から明らかに
“PC不況”とはいえ、あらゆる地域で、あらゆるPCの出荷が伸びなくなったわけではない。特に成長が鈍化しているPCとは何なのか。世界PC出荷台数の上位ベンダーの実態から探る。(2022/11/23)

縮小する世界のPC市場【前編】
PCが世界中で売れなくなった“複雑過ぎる”理由
世界のPC出荷台数が落ち込んでいる。その背景には何があるのか。パンデミックの影響はもちろんあるが、原因はもっと複雑だ。(2022/11/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
PCが売れなくなった「不景気」よりも深刻な理由
PCの販売台数が世界的に落ち込んでいる。景気後退の影響はあるものの、原因は他にもあるという。それは何なのか。“PC不況”の中でも、堅調な販売を維持しているデバイスとは。(2022/10/20)

PC市場“コロナ特需”後の行方【前編】
PCが売れなくなった「コロナ」「不景気」以上に根深い理由
世界のPC出荷台数は減少に転じ、パンデミックが生み出したPC特需は終わりを迎えた。その背景には景気後退があることは確かだ。だが原因はそれだけではない。(2022/8/11)

PCベンダー“コロナバブル”後の生き残り策【後編】
DellとAppleのPC出荷は“コロナバブル”後になぜ伸びたのか?
成長に陰りが見えるPC市場において、堅調な出荷台数を維持するPCベンダーがある。それがDell TechnologiesとAppleだ。両社は何をしたのか。(2022/5/20)

PCベンダー“コロナバブル”後の生き残り策【前編】
PCはコロナバブル後も活況なのに「低スペックPC」が“売れない”?
調査会社IDCによると、2022年第1四半期の世界PC出荷台数は前年同期比5%減となった。販売自体は好調なものの、コロナ禍による急成長に終止符が打たれた形だ。PC市場はどうなっているのか。(2022/5/14)

JEITAが2021年度の国内PC出荷実績データを公表 出荷台数は前年比59.3%に下落
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が、2021年度の国内PC出荷実績の調査データを公開した。(2022/4/20)

MM総研が2021年通期のPC出荷台数調査を発表 コロナ特需の反動で前年比16.9%減の1322.1万台に
MM総研は、2021年における国内PCの出荷台数調査の結果発表を行った。(2022/3/2)

2022年IT優先度調査
PCのトレンドは「需要の増大と販売台数の減少」「コロナ禍用の新機能」
テレワークによってPC需要やIT資産管理の優先度が増している。にもかかわらず、PCの販売台数は減少傾向にある。また、PCの成長は意外にもデスクトップPCにあるという。なぜなのか。(2022/1/31)

2021年上半期の国内PC出荷台数は在宅特需の反動で大幅減に MM総研調べ
MM総研は、「2021年度上半期国内パソコン出荷台数」の調査結果を発表した。(2021/12/1)

MicrosoftがWindows 11の提供を開始 プリインストールPCの出荷も始まる
日本マイクロソフトは、Windows 11の提供を開始した。Windows 10が稼働するアップグレード対象PCは、無償でアップグレード可能。MicrosoftはWindows 11を、ユーザーが大切なものをより身近にし、ユーザーを中心にデザインしたとしている。(2021/10/6)

Canalys、Gartner発表の2021年第2四半期PC出荷台数から
PC爆売れなのに「タブレット」が売れない あの業界で“タブレット離れ”進行か
テレワークが定着する中、米国では引き続きPCの出荷が好調だ。ただしタブレットの出荷がマイナス成長に転じたり、世界ではPC出荷の成長率が落ちていたりといった見逃せない動きがある。PC市場で何が起きているのか。(2021/9/28)

2021年第1四半期の国内PC出荷、前年同期比で+26.8%に IDC調べ
IDC Japanは、2021年第1四半期のトラディショナルPC市場出荷実績値についての調査結果を発表した。(2021/5/26)

TechTarget発 世界のITニュース
PC出荷は2021〜2022年に“減速”の見通し 部品不足が深刻に
2021〜2022年はPCの出荷台数の成長率が鈍化する見込みだ。その背景には、PC業界と他業界との部品の奪い合いがある。(2021/4/19)

2020年のPC出荷台数は新型コロナ対策需要で過去最高の1591万台 MM総研調べ
MM総研は、2020年暦年における国内PC出荷台数の調査結果を発表した。(2021/3/11)

2021年1月のPC出荷台数は前年同月比209.8%の大幅伸張 JEITA調べ
一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)は、2021年1月におけるPC国内出荷実績の調査資料を公開した。(2021/2/25)

ノートPC出荷好調、前年比2.6倍 1月としては過去最高
JEITA(電子情報技術産業協会)は1月のパーソナルコンピュータ国内出荷実績を発表した。コロナ禍に伴うリモートワークなどを背景に、個人向け、法人向けともに好調。(2021/2/24)

世界PC市場、新型コロナのリモートワーク需要で11.2%増──IDC調べ
IDCが発表した第2四半期(4〜6月)の世界PC出荷調査によると、新型コロナ対策のリモートワークやオンライン授業の需要で、総出荷台数は前年同期比11.2%増だった。特にノートPCの需要が強かった。(2020/7/10)

2019年の国内PC出荷台数は1570万台 2020年は1157.5万台に減少か――MM総研
MM総研が、2019年の国内PC出荷台数の実績値を公表した。Windows 7の延長サポート終了に伴う買い替え需要により、特に法人系ルートで出荷台数が増えたという。一方、2020年はその「反動減」で若干の減少を見込んでいる。(2020/3/10)

PR:デュアルディスプレイを導入するならどのサイズ? さらなる生産性アップの処方箋
ノートPCの出荷増が続く中で、画面の広さを求めて外付けの液晶ディスプレイに注目が集まっている。しかし、1台よりも2台以上を使ったマルチディスプレイの活用が、より生産性を高めることにつながるのはご存じだろうか。複数の液晶ディスプレイを生かした、マルチディスプレイ環境のメリットや選択時のポイントをまとめた。(提供:株式会社マウスコンピューター)(2020/3/6)

2019年度上半期のPC出荷、前年度比50.2%の大幅増 MM総研調べ
MM総研は、2019年度上期の国内PC出荷状況の調査結果を発表した。(2019/11/15)

“駆け込み需要”でPC市場が好調 BCN調べ
BCNは、2019年のPC販売台数指数についての分析結果を発表した。(2019/9/24)

Windows 7サポート終了前に駆け込み
Windows 10移行でPC出荷が6年ぶり増加 買っているのは誰?
MicrosoftがWindows 7のサポートを終了する前にWindows 10へ移行するユーザーが増えたことに伴い、PCの出荷が伸びている。(2018/7/28)

世界PC出荷、6年ぶりに復調──Gartner調べ
米調査会社のGartnerとIDCがそれぞれ、4〜6月期の世界PC出荷に関する調査結果を発表した。いずれの調査でも前年同期比で数%増加しており、Gartnerによると増加は6年ぶり。(2018/7/15)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
世はスマホ全盛期 PCメーカーが製品ジャンルを増やすのはなぜ?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。PCの出荷台数が減っているにもかかわらず、商品のラインアップが増える理由は?(2017/12/22)

PR:PC市場の未来を作る若きリーダーたち AMD×Lenovo日本担当者トップ対談
国内PC市場のトップシェアを占めるレノボ・ジャパンの留目社長と、AMDでアジア地域を統括するデビッド氏の対談が実現。(2017/12/11)

4年で1億台以上も消滅! 凋落するPC市場に未来はあるのか?
PC市場の縮小が止まらない。米ガートナーなどの調べによると、この4年でPC出荷台数は1億台以上も減少、市場規模は約3分の2になってしまった。このままこの市場は縮小の一途を辿るのだろうか……?(2016/7/28)

世界PC出荷の減少続く(米国は数四半期ぶりの増加)──Gartner、IDC調べ
GartnerおよびIDCが発表した2016年第2四半期(4〜6月)の世界におけるPC出荷台数は、いずれも前年同期より1桁減少。米国はドル高と教育機関などの買い替え時期により数四半期ぶりの増加だった。Chromebookが好調で、新モデルがしばらく出ていないMacBookはシェアを落とした。(2016/7/13)

2015年度のスマホ+タブレットの出荷台数は過去最多の3794万台に
ICT総研は「2016年度 スマートデバイス市場動向調査」の結果を発表。2015年度のスマートデバイス出荷台数は年度ベースで過去最多の3794万台となり、タブレットの出荷台数予測は2016年度に951万台とPCの出荷台数に並ぶ見込み。(2016/7/6)

縮小の一途をたどる:
2015年の世界PC出荷台数、4年連続で減少
PC市場が縮小の一途をたどっている。IDCによると、2015年のPC世界市場は3億台を下回り、2億7620万台にとどまった。3億台を下回ったのは2008年以来初めてだという。(2016/1/15)

2015年の世界PC出荷、Appleのみが前年比増──Gartner、IDC調べ
IDCによると、2015年通年の世界におけるPC出荷台数は前年比10.4%減の2億7622万台と、2008年以来初めて3億台を切った。メーカー別のトップ5社中、前年より出荷を増やしたのは4位のAppleのみだった。(2016/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.