• 関連の記事

「職場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「職場」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

商船三井、社員食堂「ライン虎ノ門」をリニューアル 特徴は?
商船三井は、職場環境の改善などを目的に、商船三井ビル内の社員食堂「ライン虎ノ門」をリニューアルオープンした。(2024/6/10)

仕事でAI利用する8割が、個人のAIツール持ち込み「Bring Your Own AI」 Microsoftが警鐘
職場でAIを使っている日本のユーザーのうち78%が自前のAIツールを職場に持ち込んでいたという調査結果が出た。(2024/6/7)

職場のハラスメント被害、報告・相談しても8割は「その後の対応は特になかった」
HiClubは、20〜39歳の男女を対象に「職場のハラスメント問題」に関する調査を実施した。直近1年以内に職場でハラスメントを何回受けたか聞いたところ、全体の約3割が直近1年以内にハラスメントを受けていることが分かった。(2024/6/7)

働き方をデザインする:
「完全週休3日制」は職場をどう変えた? 伊予鉄流、働き方改革の進め方
伊予鉄グループが導入した「完全週休3日制」。うらやましく映る制度、実は社員には「レベルの高い要求をしている」という。一体、どういうことなのか。(2024/6/7)

3割の職場に潜む「マウンティング上司」 多くの人はどう対処しているのか
識学が調査結果を発表した。(2024/6/6)

「キムワイプ」に隠された真実に“目覚め”てしまう人が続出 目からウロコの発想に「脳が気持ちいい」「職場で言いふらそ」
もうそれにしか見えない。(2024/6/4)

Z世代の早期離職は上司力で激減できる!:
第3回若手が辞めにくい職場のつくり方
大手企業400社以上で「上司力(R)研修」を提供するFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏は、大企業で深刻化する若手の早期離職の予防に向けて「Z世代の早期離職は上司力で激減できる!」(2024年4月)を発行した。そこでZ世代の若手部下の育成マネジメントについて3回に分けてつづってもらう。(2024/6/4)

企業はAIツールを活用する非技術系人材に注目:
「AIスキルのない人材は採用しない」が6割 MicrosoftとLinkedInが共同レポートを公開
MicrosoftとLinkedInは、職場におけるAIの活用状況をまとめた共同レポート「2024 Work Trend Index Annual Report」を発表した。(2024/5/30)

働き方の「今」を知る:
熱心な指導とパワハラの境界線が「正直分からない」と悩む上司へ
「ハラスメントかどうかの判断が難しい」――厚生労働省の職場のハラスメントに関する実態調査で、ハラスメント予防の取り組みを進める際の課題として最も回答が多く6割以上が当てはまるとしたのがこの項目だ。「熱心な指導」と「パワハラ」の根本的な違いはどこにあるのか?(2024/6/4)

転職した人に聞いた「最も大きなきっかけ」 2位「職場の人間環境」、1位は?
NEXERが運営するキャリアバイブルが調査結果を発表した。(2024/5/21)

海自、練習艦「かしま」「しまかぜ」にStarlink導入 「職場環境を改善」
海上自衛隊が、練習艦「かしま」「しまかぜ」に米SpaceXの衛星ブロードバンドサービス「Starlink」の海上向けサービスを導入した。洋上のネット環境を向上し、遠洋航海訓練に参加する隊員の職場環境を改善するという。(2024/5/21)

産休・育休からの職場復帰「不安があった」が83.3% 企業に求められるサポートは?
「労務SEARCH」を運営するエフアンドエムネットは、20代以上の働く女性を対象に、産休・育休に関するアンケート調査を実施した。その結果、産休・育休を取得した女性の83.3%が、職場復帰に対して「不安があった」と答えていることが分かった。(2024/5/21)

Z世代の早期離職は上司力で激減できる!:
第2回Z世代が幻滅する職場の共通項とは
大手企業400社以上で「上司力(R)研修」を提供するFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏は、大企業で深刻化する若手の早期離職の予防に向けて「Z世代の早期離職は上司力で激減できる!」(2024年4月)を発行した。そこでZ世代の若手部下の育成マネジメントについて3回に分けてつづってもらう。(2024/5/21)

職場のチーム力強化へ USJは謎解き、ドラクエも テーマパークが企業研修市場に続々参入
新型コロナウイルス禍を境に職場の人間関係が希薄化していることに悩む企業は多く、ニーズに応えることで利用客の満足度と単価の両方を上げる狙いがある。(田村慶子、福田涼太郎)(2024/5/20)

開発現場にはびこる恐怖の文化
「エンジニアがやる気をなくす」“4つの理由”
エンジニアは職場でどのような悩みや不満を抱えているのか。調査で見えた4つの課題と対策を踏まえて、より生産性の高い職場をつくるためのヒントを探る。(2024/5/20)

十人十色な「キャリア安全性」:
自分のキャリアに「納得」するために必要なものは?
「この職場で働き続けることは、果たして自分にとって幸せなのか?」──と考えたことのある人も少なくないだろう。自分のキャリアに「納得感」を持つためには、何が必要なのか?(2024/5/17)

Innovative Tech:
職場の「一部ネット接続できない規制PC」から機密データを盗むサイバー攻撃 米研究者らが発表
米ボイシ州立大学などに所属する研究者らは、インターネット接続を遮断された規制の厳しいPCであっても、CPUの処理速度を意図的に操作することで、一部のアプリケーションでひそかにデータをやりとりできる攻撃を提案した研究報告を発表した。(2024/5/13)

その悩み、生成AIが解決:
部下に飲み会、どう誘えば嫌われない? ChatGPTの答えは
チームをまとめる中間管理職として、お互いを知るために飲み会を開きたいと考えているが、今の若者は職場の飲み会を避けたがるという話も耳にする。無理に誘って嫌われたくはないが、面と向かって本音を聞くのも難しい……。(2024/5/13)

自分の職場は「ゆるブラック」と思う会社員は4割 理由は「収入が増えない」が最多に
識学は、従業員数10名以上の企業に勤める20〜59歳の会社員を対象に「“ゆるブラック”に関する調査」を行った。自分の職場は「ゆるブラック」だと思う人は4割近くに上ることが分かった。(2024/5/2)

整形総額2000万円超のモデル、姿さらした“盗撮犯”の懲戒解雇に満足 職場まで伝わった拡散効果に「必ず天罰が下る」「人生捨てる覚悟でいて」
「泣き寝入りはしたくない」とSNSで拡散を呼びかけていました。(2024/4/30)

職場の飲み会で気を遣うこと 上司に対しては「礼儀や作法」、部下と飲む際は?
大鵬薬品工業が調査結果を発表した。(2024/4/26)

職場に初めて赤ちゃんを連れていったら? 同僚たちの最高の反応に「純粋な愛と喜び」「溶けちゃうよね」【海外】
いい職場であることが分かります。(2024/4/22)

マネジメント力を科学する:
第25回:メンバーが「自然に本音を話せる1on1」になるまでの3ステップ
ブームともいえる1on1面談で、聞くのは良いが、ただ聞きっぱなしで、受け止めて対応する形になっていない企業も多くあるようだ。「業務」「職場」「今後」の3つの選択肢を提示して話題の幅を与え、自分で選べるようにしてはどうだろうか。(2024/4/22)

日本人の7割が「静かな退職」状態:
「必要以上に頑張らない」は悪いこと? 熱意あった若者がやる気をなくすワケ
退職するわけではないけれど、仕事への熱意も職場への帰属意識も薄い――という状態が「静かな退職(Quiet Quitting)」が注目されている。日本においても、会社員の7割以上が静かな退職状態だという調査結果がある。やる気をもって入社した若者たちが静かな退職を選ぶことを防ぐにはどうしたら良いのか、考えてみよう。(2024/4/15)

IT企業デスクツアー:
働き方を支える人たちの仕事場、どんな感じ? 副業サイト手掛けるスタートアップで働くみんなのデスク環境
IT関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は2023年4月までに累計で約6億4000万円の資金を調達しているスタートアップ・Another works(東京都港区)に注目。(2024/4/10)

「自分語り」なぜ大事? 職場にもたらされる効果とは
心理的安全性を確保するために重要な、相手の「ひととなり」を知る方法とは――。(2024/4/10)

建設業界の新3Kを支援するソリューション:
中小建設業にも広がる人事・労務管理のデジタル化 効率化で時間を創出し、働きやすい職場づくり進める
建設業の労働力不足への対応として、人材の確保や育成、労働条件の改善などが急務となっている。この取り組みを進める上で欠かせないのが、デジタル技術活用による人事・ 労務管理の高度化だ。クラウド人事労務ソフトを展開するSmartHRに、労務領域のデジタル化の現状について聞いた。(2024/3/29)

新たな職場で感じる不安 3位「職場に馴染めるか」、2位「仕事についていけるか」、1位は?
社会人を対象に調査した。新たな職場での不安や、対応を聞いた。(2024/3/26)

職場になじめず、飲み会も誘われず……どう付き合えば?
職場で浮いている気がします。もともとコミュニケーションが得意な方ではないのですが、先日、自分だけ所属チームの飲み会に誘われていないことが分かり、少し落ち込んでしまいました。どうすれば職場でうまく人付き合いができるのでしょうか――。働き方のプロのアドバイスは?(2024/3/22)

「まさかの職場結婚!!」 「ブラッシュアップライフ」出演者が結婚を発表 市役所勤めの上司と部下役が
おめでとうございます!(2024/3/15)

キャリアニュース:
職場でのハラスメントに「敏感になっている」と81%が回答
「Job総研」が「2024年 ハラスメントの境界線調査」の結果を発表した。ハラスメントの境界線を「正しく認識している」と26.2%が回答し、職場でのハラスメントに「敏感になっている」と81.3%が回答した。(2024/3/15)

「職場の花見は昭和のイメージ」77%、今年は開催する?
ライボが職場の花見に関する調査結果を発表した。コロナ禍をまたいだ開催動向や、参加意向、花見へのイメージなどを聞いた。(2024/3/13)

働く人の4割が「職場でトラブル経験あり」 全体1位は「いじめ・差別」 男女で違いは?
日本労働組合総連合会が1月に実施した調査の結果を発表した。(2024/3/11)

職場で育てている“グリーンバシリスク”が産卵、パパもそばで見守り…… 超貴重な瞬間激写に「なんかジーンときた」「命懸け」
よく頑張ったね……!(2024/3/9)

Gartner Insights Pickup(341):
生成AIが促進する職場の民主化
生成AIの急速な普及を受けて、企業でナレッジとスキルの民主化が大きく進みそうだ。ITリーダーは、生成AIの民主化効果を活用し、成長機会を創出しなければならない。同時に、これに伴う重大なリスクを軽減する必要がある。(2024/3/8)

600人に聞いた:
増える「〇〇ハラ」、7割の会社員が肯定的 その理由は?
時代の変化とともにハラスメントの種類が増え、職場でのコミュニケーションも慎重さが求められている。そんな中、「○○ハラ」が増加する風潮に対して、7割が「賛成」と答えたことが、キャリア支援サービスを手掛けるライボ(東京都渋谷区 )の調査で分かった。(2024/3/6)

約7割が「職場で昼寝経験あり」 起きたときには「かえって眠くなる」
プラス株式会社ファニチャーが、職場での昼寝経験や1回当たりの時間、寝起きの課題などを調査した結果を発表した。(2024/3/6)

エンジニアの笑顔があふれる理由:
PR:学びと挑戦の日々で磨かれる職場とは
裁量権のある仕事をしたい。そのために必要なのは、本当の「責任感」だと彼女は実感した――。(2024/3/6)

企業風土は「会議」に表れる 本音を話せるミーティングをつくるためのルール
いま、ビジネスの世界において注目を集めている「心理的安全性」。本記事では心理的安全性を高めるための職場ミーティングの運営方法について紹介する。(2024/3/4)

「ゆるい職場」vs.「厳しい職場」 転職希望者が望むのは?
働く環境への見直しに注目が集まっている中、ビジネスパーソンは転職をする際どのような環境を選ぶのか。また、企業風土とキャリアの関係性についてどのような意識を持っているのか。ライボ(東京都渋谷区 )の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/29)

職場でも許せる見た目 「茶髪」は過半数が許容
識学は、20〜59歳の会社員を対象に「職場の服装に関する調査」を行った。オフィスワークで働く人の服装や見た目についてどこまで許容できるのか聞いたところ、「スーツではない服装」が66.0%、「オフィスカジュアルではない服装」が41.7%だった。(2024/2/28)

13カ月の育休が明け職場復帰した初日、帰宅しドアを開けると……? 思わず涙がこぼれる“お出迎え”に「まいった」「これは泣く」【英】
じっと玄関を見つめる赤ちゃん。(2024/2/26)

「部下への忖度」経験ある上司は9割 パワハラを恐れ、言えないこととは?
働き方の多様性、価値観の変化などを背景に、職場内でのコミュニケーションのあり方が変化している昨今、上司と部下の関係性はどのように変化しているのか。ライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/22)

キャリアニュース:
ワーキングケアラーの4割が、介護と仕事の両立を「相談したことがない」
「LIFULL 介護」が「ワーキングケアラーの実態調査」の結果を発表した。約3割が介護していることを職場の人に伝えておらず、約4割が仕事の両立について誰かに「相談したことはない」と回答した。(2024/2/22)

来場者5万人イベント開催の若林正恭、“どうしても感謝をお伝えしたい先生”と2ショット 裏話も吐露「時には僕の仕事場まで来て」
DJ IZOHさん「トラック、ワードチョイスは全て若林さんです」(2024/2/19)

減りゆく職場のバレンタイン 「欲しい」派は何割?
職場でのバレンタインについて、9割が「渡さない」としたことがライボ(東京都渋谷区)の調査機関「Job総研」による調査で明らかとなった。社会人のバレンタインに関する意識はどのように変化しているのか。(2024/2/8)

製造現場向けAI技術:
半導体製造工場の労災防止AIを共同開発、24時間リアルタイム監視で安全確保
HACARUSは、東京エレクトロンと共同開発中の半導体製造工場向け労災防止AIについて発表した。これまで人では難しかった24時間リアルタイム監視体制が構築可能になり、より安全な職場環境づくりに貢献する。(2024/2/2)

実際に使用した東海道新幹線の車内販売用ワゴンがあなたの元へ 限定50台で抽選販売へ
2023年10月末で終了した東海道新幹線の車内販売で実際に使用されていたワゴン。家や職場で車内販売を再現できるチャンス。(2024/1/24)

2400人に聞いた:
「人間関係リセット」4割が経験、なぜ? 転職繰り返す人も
職場やプライベートなど、さまざまなシーンにおいて人間関係をリセットした経験がある人は4割に上ることが、市場調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。人間関係をリセットしたきっかけとは――。(2024/1/19)

出社を促すオフィスデザイン【前編】
「明るい職場」で社員呼び戻し? 注目の「バイオフィリックデザイン」
自然素材や採光などの環境要素は、従業員の健康と生産性にどこまで寄与するのか。キーワードとなる「バイオフィリックデザイン」について説明する。(2024/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.