• 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

数学×Pythonプログラミング入門:
中学数学だけでフェルマーの小定理をプログラミングしてみよう
ウォーミングアップとして、中学数学で学ぶ「素数」に関連する「フェルマーの小定理」を題材に、Pythonプログラミングの初歩を振り返る。演算子/変数/関数の使用方法をまとめる。数式をプログラムとして表すための練習問題も用意している。(2021/7/26)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

KADOKAWA、開会式のプログラムを販売中止 発売2日前で
関係者へのインタビューなどが掲載される予定だった。(2021/7/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(149):
Windows Server 2012/2012 R2とSQL Server 2012向けのESU発表、最大3年間の利用延長が可能に
Microsoftは、2022年と2023年に延長サポート期限を迎えるWindows Server 2012/2012 R2とSQL Server 2012/2012 R2に対し、最大3年間の「拡張セキュリティ更新プログラム(Extended Security Updates、ESU)」を有料または無料で提供することを発表しました。(2021/7/21)

絵本作家のぶみ、東京オリンピック・パラリンピック関連プログラム出演を辞退 過去の“教師いじめ”エピソードなどで再炎上
「担任教師に腐った牛乳を飲ませた」などのエピソードが再び注目され、炎上していました。(2021/7/20)

ほとんどの科目がオンラインで受講可能:
無料で受講できる「社会人女性向けのIT講座」を開講 青山学院大学
青山学院大学は「女性のためのITリカレント教育プログラム」を開講する。受講対象は、IT系の知識を学んだことがない社会人女性で、求人が多いIT系職種に就くための知識を学べるという。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
報告者に報酬 脆弱性情報を集めるためにCISAが開始したプログラムとは?
米国で官民連携によって幅広く脆弱性情報を収集し、サイバー攻撃を未然に防ぐことを目指したプログラムが始動した。クラウドソーシングを使い、脆弱性の報告者に報酬を支払うこの仕組みはどのようなものか。(2021/7/17)

GitHubのバグ発見報奨金、2020年の支払額は約5700万円 報告件数は過去最多
米GitHubの日本法人は、脆弱性やバグを報告したユーザーに謝礼を支払う「セキュリティバグ報奨金プログラム」の支払額が、2020年は約5700万円だったと発表した。(2021/7/16)

協働ロボット:
ねじ締め作業を協働ロボットで自動化、日東精工がねじ締め機で「UR+」に参加へ
ねじやねじ締め機を展開する日東精工とデンマークのUniversal Robot(ユニバーサルロボット)は2021年7月15日、ユニバーサルロボットが展開する協働ロボット向けプログラム「UR+」に日東精工が参加し、ネジ締めユニット「PD400URシリーズ」を新たに発売すると発表した。(2021/7/16)

宇宙開発:
環境試験をクリア、ispaceの月面着陸ミッションはフライトモデルの組立段階へ
ispaceは2021年7月14日、実現すれば国内初となる民間企業による月面探査プログラム「HAKUTO-R」の進捗状況について報告した。月面着陸ミッションに向けたロケット打ち上げは2022年末を予定する。(2021/7/16)

Gartner Insights Pickup(216):
セキュリティ意識向上トレーニングプログラムへのサポートを取り付ける3つの方法
優れたセキュリティ意識向上トレーニングプログラムは、サイバーセキュリティリスクを軽減する経済的な方法だ。だが、このプログラムを成功させるには、経営陣のサポートが必要になる。(2021/7/16)

Windowsの月例アップデートが配信開始 適用プロダクトは?
Microsoftは2021年7月の累積更新プログラムの配信を開始した。月例累積更新プログラムは多くの脆弱性を修正するため、迅速にアップデートを適用してほしい。(2021/7/15)

山浦恒央の“くみこみ”な話(143):
テストでバグ発見!(1)まずは成人判定プログラムでチュートリアル
今回から、提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」が始まります。第1回は、チュートリアルとして成人判定プログラムからバグを発見してみましょう。(2021/7/15)

続・ビルシステムにおけるサイバーセキュリティ対策座談会【前編】:
【続・座談会】“ICSCoE”の育成プログラム修了メンバーが再結集!コロナ禍でセキュリティ意識はどう変わったか?
ここ数年、IoTの進化に伴い、ビルや施設に先端設備やデバイスを接続し、複数棟をネットワーク化することで、“スマートビル”実現に向けた遠隔制御や統合管理が大規模ビルを中心に普及しつつある。とくに、新型コロナウイルスの世界的な災禍で生まれた副産物として、あらゆる現場でリモート化/遠隔化が浸透したことが強力な追い風となっている。しかし、あらゆるデバイスが一元的につながるようになった反面、弊害としてサイバー攻撃の侵入口が増えるというリスクも高まった。脅威が迫る今、BUILTでは、ICSCoEの中核人材育成プログラムの修了生で、ビルシステムに関わる業界に属するメンバーを再び招集。前回の座談会から、コロナショックを経て2年が経過した現在、ビルの運用・維持管理を取り巻く環境がどのように変化したか、東京五輪後のニューノーマルを見据えたサイバーセキュリティ対策の方向性はどうあるべきかなどについて、再び意見を交わす場を設けた。(2021/7/15)

“株主体験”で企業のファンに STOCK POINTが挑むロイヤリティプログラム
また一つ、面白い仕組みが登場する。ポイント運用を営むSTOCK POINT(東京都港区)がスタートするロイヤリティプログラムだ。企業と組んでポイントを発行し、そのポイントが企業の株価に連動して増減する。いわば、擬似的な株主になってもらうことで、その企業のファンになってもらおうという仕組みだ。(2021/7/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(148):
「SQL Server on Windows」コンテナ、一般提供されることなくBetaプログラムを終了
Microsoftは「SQL Server on Windows container」のBetaプログラムを当面の間、停止することを発表しました。コンテナベースのSQL Serverは今後、既に一般提供中の「SQL Server on Linux container」のみとなります。(2021/7/13)

Tech TIPS:
Windows Update「更新して再起動」で失敗しないための基礎知識
どうもWindows 10の調子が悪い。こんな場合は再起動すれば解決できそうだが、[電源]メニューを見ると、更新プログラムの再起動待ちになっている。更新プログラムを適用して、再起動すればいいのだが、そんな時間はない。こんな場合の対処方法を紹介する。(2021/7/12)

Qualcomm、インサイダー限定オリジナルスマホ発表 製造はASUS
Qualcommが初のオリジナルスマートフォンを発表した。自社のモバイル技術をアピールする「Snapdragon Insiders」プログラムの一環。「Snapdragon 888 5G」搭載で、製造はASUSだ。(2021/7/9)

直ちにアップデートを:
Microsoft、脆弱性「PrintNightmare」に向けた累積更新プログラムを配信開始
Microsoftは、Windowsの印刷スプーラーに存在するリモートコード実行の脆弱性、通称「PrintNightmare」の修正プログラムを配信した。迅速なアップデートが望まれる。(2021/7/8)

TikTok、求人・求職サービス「Resumes」のテストを米国で開始
TikTokが求人企業と求職者を結ぶパイロットプログラム「TikTok Resumes」を米国で開始した。TargetやSpotifyなど34社の参加企業に向けて、履歴書代わりの“履歴動画”を投稿する。(2021/7/8)

プリウス4万台に改善対策 自動ブレーキ遅れのおそれ
トヨタ自動車は7月7日、プリウス約4万台の衝突回避システムのプログラムに問題があり、ブレーキアシスト作動が遅れる場合があるとして、国土交通省に対策を届け出た。制御プログラムを修正することで対応する。(2021/7/8)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(9):
ラズパイでAGVを制御する(その2)【サンプルコード付き】
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第9回では、前回紹介したラズパイで制御するAGVについて、その構造や制御プログラムについて説明する。サンプルコードもあるよ!(2021/7/8)

エレコムのルーター製品に脆弱性 選択肢は利用停止と買い替えのみ
エレコムのルーター製品に脆弱性が見つかった。コマンドインジェクションや任意コマンドの実行が可能だと指摘されている。脆弱性が存在するルーター製品はすでにサポートが終了しているため、修正プログラムは提供されない。該当する製品の使用を停止し、現行製品へ移行することが推奨されている。(2021/7/7)

製造マネジメントニュース:
TeamViewerがSAPパートナープログラムに参画、ARソリューションを統合
TeamViewerは、SAPと戦略的パートナーシップを締結した。パートナープログラムに参画することで、SAPソリューションに同社のARワークフローソリューション「TeamViewer Frontline」を統合する。(2021/7/5)

三菱電機の不正検査問題 プログラムで検査結果自動作成 組織的不正の疑い高まる
三菱電機が鉄道向け空調機器で、架空のデータを用いる不正な検査を行っていた問題で、架空データを用いて検査結果を自動作成する「専用プログラム」が使われていたことが分かった。自動作成プログラムまで用いて不正が行われていたことから、不正が組織的に行われていた疑いが強まった。(2021/7/2)

PR:毎月のスマホ代の一部が、環境保全や医療支援に役立てられる! モバイルサービス新ブランド「donedone」で社会貢献をもっと身近に
月50GBの大容量データ通信と、「ドネーション」という新しいプログラムに注目です。(2021/7/1)

楽天カード会員限定:
楽天モバイル、最大半額でiPhoneを利用できる「アップグレードプログラム」の提供を開始
楽天モバイルは6月29日から、「楽天モバイル iPhone アップグレードプログラム」の提供を開始した。48回の分割払いでiPhoneを購入した上で、24回目の支払い以降にiPhoneを返却すると、残りの分割支払金が免除される。本体の再購入は必須ではない。(2021/6/29)

Windows 11チェックプログラムが一時削除 「正確さや詳しさが欠けていた」
米Microsoftが、PCが「Windows 11」にアップデート可能か確認できる「PC正常性チェックアプリ」を一時的に削除すると発表。「期待された正確さでアップデートできない理由を説明できなかった」という。(2021/6/29)

Windows 11チェックプログラムに「アップデートできない理由」が分かる新機能
米Microsoftが、利用中のPCが「Windows 11」に対応するか確認できる「PC 正常性チェック アプリ」をアップデート。OSの表示言語を英語にした状態でチェックすると、PCが要件を満たさないとき、どんなスペックが不足しているか表示する。(2021/6/28)

Google、Androidアプリ手数料を15%にする「Play Media Experience Program」
Googleが、資格と要件を満たす開発者のアプリストア手数料を15%に下げる新たなプログラムを発表した。動画、オーディオ、書籍関連アプリ開発者は「Play Media Experience Program」に参加を申し込める。(2021/6/28)

インフィニオン 6EDL7141:
モーター制御用3相ゲートドライバIC
インフィニオン テクノロジーズは、モーター制御用3相ゲートドライバICの「EiceDRIVER 6EDL7141」を発表した。フルプログラム可能で、バッテリー駆動の工具、ドローン、電動バイク、ロボットなどに適する。(2021/6/28)

このPCはWindows 11にアップデートできる? Microsoftがチェックプログラム公開
米Microsoftが、使っているPCでWindows OSの新バージョン「Windows 11」が利用可能か確認できるプログラムを公開。(2021/6/25)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルス肺炎の画像診断を支援するソフトウェアを発売
富士フイルムは、AIを活用した新型コロナウイルス肺炎の診断支援ソフトウェア「COVID-19肺炎画像解析プログラム」を開発した。胸部CT画像を自動解析し、新型コロナウイルス肺炎に特徴的な画像所見が含まれる可能性を3段階で表示する。(2021/6/25)

au、「OPPO Find X3 Pro」を6月30日に発売 かえトク適用で6万7735円に
KDDIは、6月30日に5G対応スマホ「OPPO Find X3 Pro」を発売。同社が世界初をうたう撮影から保存、表示まで10億色のサポートを可能とし、高精細な写真や動画を楽しめるという。価格はかえトクプログラム適用で6万7735円(税込み)。(2021/6/24)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(145):
Nano Server「1809」コンテナイメージのサポート期間が5年間延長に
Microsoftは現在、LTSCの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版(180日評価版)を一般提供し、Windows Server Insiderプログラムに参加していないITプロフェッショナルでも手軽に評価できるようにしています。Windows Server 2022および現行バージョンの「Windows Server 2019」と同時にリリースされるSACバージョンの「Nano Server」のWindowsコンテナ用ベースOSイメージについて、サポート期間の延長についても発表しています。(2021/6/24)

Qlikが従業員のデータ活用に向けた5つの学習プログラム「Data Literacy 2.0」を発表
Qlikは、データ活用能力を促進するデータリテラシープログラム「Data Literacy 2.0」を発表した。Data Literacy 2.0は、5つのプログラムで構成され、データリテラシーに関する20種類以上の講義でデータ活用を学習できる。(2021/6/22)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(102):
累積更新プログラムのアンインストールなしでWindows 10の既知の問題を回避する「既知の問題ロールバック(Known Issue Rollback)」とは
Windows 10 バージョン2004では、Windows Updateの更新プログラムのインストールを原因とした既知の問題の発生を回避する「既知の問題ロールバック(Known Issue Rollback、KIR)」という機能がOSに完全に組み込まれました。Windows Updateから更新プログラムを直接受け取らない企業の更新管理環境では、この機能の利点を得るために追加の手順が必要になる場合があることに注意してください。(2021/6/21)

Amazonもアプリストアの30%手数料を条件付きで引き下げ
Apple、Google、Microsoftに続き、Amazonも自社のアプリストアで開発者に課す手数料を下げるプログラムを発表した。前年収入が100万ドル以下の場合、20%の引き下げ、収益の10%に相当するAWSクレジットを提供する。(2021/6/18)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】
プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る
企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。(2021/6/18)

ドミノピザ、“不適切動画”投稿の従業員を解雇、法的措置検討へ 全従業員に再教育プログラムも実施
事実確認が終了したため、あらためて発表しました。(2021/6/17)

BIM:
建築基準法情報を持つファミリと法適合判定プログラムで、清水建設が第1号案件のBIM建築確認
清水建設は、建築基準法関連情報を持つファミリで作成したBIMモデルと法適合を判定するプログラムを活用し、建築確認申請の事前協議を支援する新システムを構築。このほど、第1号の案件として、総合病院の建築確認申請に適用し、事前協議と本申請を経て確認済証が交付された。(2021/6/17)

宇宙開発:
2022年の民間月面探査プログラムで小型ロボットを月面輸送へ
ispaceとJAXAは、「超小型ロボットシステムの月面輸送・運用・データ取得」契約を締結した。2022年に実施予定の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のミッションで、同社のランダーによりJAXAの変形型月面ロボットを月に輸送する。(2021/6/16)

SAP Business Technology Platform(SAP BTP)とは? 「脱・PoC」の秘策になるか
 SAPは企業のDX推進を支援すべくRISE with SAPという新しいプログラムを推進中だ。DX推進にあたっての企業が抱える障壁を解消する施策の核を担う「SAP BTP」の現状と今後の見通しはどうなっているだろうか。(2021/6/16)

楽天証券「MARKETSPEED II」に「リアルタイムスプレッドシート」を導入、自動発注が可能に
楽天証券は6月25日夕方より、PC向け株式トレーディングツール「MARKETSPEED II」に「リアルタイムスプレッドシート」(以下RSS)を導入する。プログラムなしで自動売買も可能に。(2021/6/15)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

Gartner Insights Pickup(211):
サイバーフィジカルシステムのセキュリティ戦略の策定
重要な資産への脅威が高まる中、企業はセキュリティプログラムを拡大し、サイバーフィジカルシステムをカバーする必要がある。(2021/6/11)

Snowflakeがマーケットプレースの機能拡充と顧客支援プログラムを発表
Snowflakeは、「Snowflakeデータマーケットプレース」に2つの新機能を追加する。併せて、データクラウドの機能拡充やパートナーネットワークプログラム「Powered by Snowflake」を開始する。(2021/6/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(143):
次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能に
これまでWindows Server Insiderプログラムを通じて提供されてきた長期サービスチャネル(LTSC)版Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版が、評価版センターから入手可能になりました。(2021/6/10)

「PayPayステップ」が7月にリニューアル PayPayモールの特典を統合
PayPayとヤフーは、決済サービス「PayPay」やヤフーグループのサービスを使うほどPayPayボーナスの付与率がアップするプログラム「PayPayステップ」をリニューアル。特典を統合し、達成状況も分かりやすく確認できるようになる。(2021/6/8)

PayPayステップ、7月からリニューアル PayPayとPayPayモール特典を統合
PayPayは7月から特典プログラム「PayPayステップ」をリニューアルする。2種類の特典を統合する。(2021/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.