• 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

「AMDプロセッサ×Windows 11」のパフォーマンス低下が解消 アップデートの適用で
Windows 11を導入したAMDプロセッサのシステムにおいてパフォーマンスが低下する問題に対する修正プログラムが配信された。L3キャッシュのアクセス遅延はWindows Updateの適用で、UEFI CPPC2が適切に動作しない問題はチップセットのデバイスドライバーの更新で解消する。(2021/10/22)

ソフトバンクが高校向けAI教材 講師も派遣 プログラミング教育に対応
ソフトバンクが、高校生向けのAI活用人材教育プログラム「AIチャレンジ」を2022年4月から提供する。高校の新設科目「情報I」「情報II」向けの教材を販売する他、オプションで授業サポートや講師の派遣などにも対応する。(2021/10/20)

3Dプリンタニュース:
産学官民の共創で「プラスチック地捨地消」を実現、鎌倉を新たな循環型都市へ
慶應義塾大学は産学官の共創により提案した「デジタル駆動 超資源循環参加型社会 共創拠点」が、科学技術振興機構による「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」の地域共創分野の育成型プロジェクトとして採択されたことを発表した。(2021/10/20)

CAEニュース:
AnsysとAppleが協業し、MagSafeモジュール開発者向けソリューションを提供
AnsysはAppleと協業し、Made For iPhone(MFi)プログラムに基づきMagSafeモジュールを開発するサードパーティー向けに、クラウドベースのRF安全性試験シミュレーションソリューションを新たに開発した。(2021/10/20)

Windows 10の累積更新プログラムの適用で「ネットワーク印刷ができなくなる」と報告多数
「Windows 10」向けの累積更新プログラムの適用で、ネットワーク印刷ができなくなった報告が相次いでいる。Microsoftからの公式発表はなく現時点では一時的な回避策しかない状態だ。(2021/10/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(146):
テストでバグ発見!(4)懐かしい「解の公式」のプログラムからバグを探し出せ
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。第4回は、多くの読者が中学校の数学で学んであろう、2次方程式の解を求める「解の公式」のプログラムに潜むバグを見つけ出そう。(2021/10/19)

Coinhive裁判、有罪見直しか 12月に最高裁弁論
最高裁第1小法廷は、運営するWebサイトに、閲覧者のPCを暗号資産のマイニングに無断利用するプログラムを設置したとして罪に問われた男性の上告審弁論を12月9日に開くと決めた。罰金10万円とした二審東京高裁判決が見直される可能性がある。(2021/10/18)

代替燃料調達へ企業と費用分担 全日空が新プログラム
希少なSAFの安定調達につなげるとともに、参加企業にも取り組みをアピールできる材料を提供し、双方にメリットがある仕組みを提示することでSAFの国内利用を加速したい考えだ。(2021/10/15)

特選プレミアムコンテンツガイド
「COBOL」がいまだに動き続ける“切実な理由”
昔のCOBOLプログラムが古いインフラで今でも動いている――。こうした企業は決して珍しくない。その背景には何があるのか。さまざまな理由で古いCOBOLプログラムを使い続ける必要がある企業は、何をすればよいのか。(2021/10/15)

Google Chromeがセキュリティアップデートを公開 緊急度の高い4つの脆弱性に対応
Google Chromeのセキュリティアップデート版が公開された。最新版以外のプログラムにはバッファオーバーフローにつながる脆弱性が含まれるため、急いでアップデートしてほしい。(2021/10/14)

Microsoftが2021年10月の累積更新プログラムを配信 迅速にアップデートを
Microsoftは2021年10月の累積更新プログラムを配信した。「緊急」(Critical)に分類される脆弱性の修正が含まれるため、迅速なアップデート適用が望まれる。(2021/10/14)

キャリア3社が公取委からの要請に対応 端末購入プログラムや販売代理店の取引などで
公正取引委員会が6月に行った改善要請を受け、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が対応内容を発表した。主に端末購入プログラムが回線を契約していなくても利用できることの明示や、販売代理店への端末販売価格やプラン販売契約数についての対応が盛り込まれている。(2021/10/13)

産業用ロボット:
食品を自在につかむロボットをどう実現するか、CPSによるシステム思考での挑戦
立命館大学は2021年10月12日、プレスセミナーを開催し、立命館大学 理工学部 教授の川村貞夫氏が研究責任者を務め、SIP戦略的イノベーション創造プログラム「フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」にも選ばれている「CPS構築のためのセンサリッチ柔軟エンドエフェクタシステム開発と実用化」プロジェクトについて紹介した。(2021/10/13)

ソフトバンクの「トクするサポート+」、9月24日以降の加入者は「端末買い換え不要」に
ソフトバンクが、端末購入プログラム「トクするサポート+」を10月13日から改定する。改定後は、買い換えの条件を撤廃し、新機種を購入しなくても特典を受けられるようになる。改定の対象となるのは、9月24日以降に加入したユーザー。(2021/10/8)

製造ITニュース:
Python連携実装など機能強化したデータ基盤ソリューションの最新版
ウイングアーク1stは、Python連携などを実装したデータ基盤ソリューションの最新版「Dr.Sum Ver.5.6」の提供を開始した。Pythonプログラムを大量の業務データやセンサーデータとシームレスに連携できるようになる。(2021/10/5)

「Windows 11」正式リリース 「Windows 10」からのアップデートは段階的に
Microsoftは10月5日、「Window 11」を正式リリースした。同日から新OS搭載のPCを購入できる。アップデートが可能になった「Windows 10」端末では、設定の「更新プログラムのチェック」でアップデートオプションが表示される。(2021/10/5)

Google Chromeの最新バージョンが配信開始 すでに脆弱性を突いた攻撃プログラムも確認済み
Googleは「Google Chrome version 94.0.4606.71」の配信を開始した。影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性がある脆弱性も含まれるため迅速に対処してほしい。(2021/10/5)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(109):
WSUSでのWindowsクライアントの更新管理を簡素化する「SSU+LCU統合パッケージ」とは
MicrosoftはWindowsおよびWindows Server向けに、品質更新プログラムとして毎月の「累積更新プログラム(CU)」とは別に、「サービススタック更新プログラム(SSU)」を不定期にリリースしています。Microsoftは更新管理を簡素化するため、一部のバージョンを対象に「Windows Server Update Services(WSUS)」向けにこれらを1つのパッケージに統合して提供しています。(2021/10/5)

新宿東口の巨大ネコちゃん、新作映像で無重力状態に 15分おきのスペシャルプログラム「猫ちゃんねる」もスタート
浮いちゃってちょっと困ってる巨大ネコちゃんもかわいい!(2021/10/2)

auとUQ mobile、iPhone 12シリーズを値下げ
auとUQ mobileは、iPhone 12シリーズの販売価格を改定。auでは「スマホトクするプログラム」対象機種となり、iPhone 12(64GB)をauでMNP契約した場合は実質負担額が2万9405円(税込み)になる。(2021/10/1)

マスクド・アナライズの新弟子入門!:
受講したら「理解度が下がった」? 満足度88%、経産省が「AI Quest」で取り組むAI人材育成の今
政府の「AI戦略 2019」に基づいて進められている、経済産業省の人材育成プログラム「AI Quest」。コロナ禍でのオンライン以降はありつつも、満足度は高いといいます。マスクド・アナライズさんが、経済産業省などの担当者にインタビューしました。(2021/10/4)

人工知能ニュース:
AIを悪用したディープフェイク映像を見分ける、自動判定プログラムを開発
国立情報学研究所は、AIが生成したフェイク顔映像を自動判定するプログラム「SYNTHETIQ: Synthetic video detector」を開発した。判定映像のアップロードから判定結果の映像のダウンロードまで、全プロセスをWebAPIとして利用できる。(2021/9/30)

米Amazonに「日本製」アピールした商品特集ページ 出遅れる日本企業の海外販売を支援
アマゾンジャパンが、ECサイト「Amazon.com」上に日本製品の特集ページをオープンすると発表した。出品やマーケティング支援を行うプログラムを日本企業に提供する。(2021/9/29)

日本発売未定:
AmazonがAlexa搭載の家庭用ロボット「Astro」を発表 米国では2021年後半に1449.99ドルで数量限定販売
Amazonが、Alexaを搭載した家庭用ロボットを米国において数量限定で販売する。招待制の購入プログラムでは、より多くの機能を利用するためのサブスクリプションサービスの6カ月利用権付きながらもよりおトクな価格になる。(2021/9/29)

iOSのゼロデイ脆弱性4件のPoCが公開される、Appleの対応不備を指摘
外部の研究者やユーザーにバグの発見と報告を促す「バグ報奨金プログラム」は脆弱性の発見と修正に大きな効果を上げている。だが必ずしもその取り組みは正しく進んでいるわけではないのかもしれない。(2021/9/28)

実現できた2つの理由:
超難関大学の米ミネルバと提携 なぜ社員6人のスタートアップが選ばれたのか
福岡県糸島市を拠点とするスタートアップのこっから社が、ミネルバ・プロジェクトと提携を発表し反響を呼んだ。両社が実施する社会人向けリーダーシッププログラム「マネジング・コンプレキシティ」の内容と事業提携にいたった背景をこっから社に聞いた。(2021/9/26)

ソフトバンクの「トクするサポート+」、端末買い換えの条件を撤廃へ
ソフトバンクが、端末購入プログラム「トクするサポート+」のリニューアルを予告している。端末買い換えの条件を撤廃し、新機種を購入しなくても、特典を受けられるようになる。詳細は10月中旬以降に案内する予定。(2021/9/24)

「ディープフェイク」を見破るプログラム、NIIが開発 圧縮された映像でも一定の信頼性
国立情報学研究所が、ディープフェイクを見破るプログラムを開発した。WebAPIとして提供するため、同プログラムを組み込んだWebサービスを容易に構築できるという。(2021/9/22)

石野純也のMobile Eye:
リセールバリューの高いiPhoneがお得に “残価設定プログラム”で変わるスマホの買い方
9月24日に販売が始まるiPhone 13シリーズの予約開始に先立ち、大手キャリア各社が新たな販売方法を導入している。ドコモは約2年半前に導入した「スマホおかえしプログラム」を刷新して「いつでもカエドキプログラム」を導入。今まで以上に端末の“リセールバリュー”を意識した買い方が求められるようになってくる。(2021/9/18)

auとUQ mobileがオンラインショップでの「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格を一部値下げ auなら「スマホトクするプログラム」も適用可
au Online ShopとUQ mobileオンラインショップにおける「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格が一部値下げされた。au Online Shopであれば、残価設定型の分割払いにも対応する。(2021/9/17)

ドコモが「いつでもカエドキプログラム」提供 残価設定型で端末代がお得に
NTTドコモが、新たな端末購入プログラムとして「いつでもカエドキプログラム」を9月24日から提供する。残価設定型24回の分割払いで対象端末を購入した機種して返却すると、返却したタイミングに応じた特典を受けられる。23カ月目に対象機種を返却すると、24回目に設定された残価額の支払いが不要となる。(2021/9/17)

auが「Galaxy Z Flip3 5G」「Galaxy Z Fold3 5G」の直営店価格を公表 スマホトクするプログラムにも対応
KDDIが、「Galaxy Z Flip3 5G SCG12」と「Galaxy Z Fold3 5G SCG11」の直営店(au Style Shinjukuなど)における販売価格を公表した。NTTドコモ向けモデルのドコモオンラインショップにおける販売価格とほぼ同額の設定となっている。(2021/9/17)

山岳トンネル工事:
山岳トンネルの遠隔臨場支援システムを開発、地質評価の現場臨場頻度を約50%カット
安藤ハザマやエム・ソフト、日本システムウエアなどで構成される「山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアム」は、坑内の施工管理を効率化する「クラウドを活用した遠隔臨場支援システム」を開発した。山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアムは、内閣府の「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)」を活用した国土交通省の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に選定されている。クラウドを活用した遠隔臨場支援システムは、2021年3月に適用結果について国土交通省へ報告を行い、2021年5月に総合評価Bの評定を得た。(2021/9/17)

「Exchange Server」保護のベストプラクティス【中編】
Exchange Serverを危険にしない「更新プログラム適用」「ツール活用」の秘訣
「Exchange Server」の運用に際してIT管理者が実施すべきセキュリティ対策は何か。更新プログラムの適用とセキュリティツールの導入に焦点を当てて解説する。(2021/9/17)

au Online Shopにおける「iPhone 13シリーズ」の価格が判明 スマホトクするプログラムも利用可能
KDDIが、直営のオンラインショップにおけるiPhone 13シリーズの販売価格を公表した。最も手頃な「iPhone 13 mini」の128GBモデルは税込み10万1070円で、「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」の1TBモデルは20万円を超える価格設定となっている。(2021/9/16)

auが「かえトクプログラム」をリニューアル 機種変更条件を撤廃し「スマホトクするプログラム」に au PAY カード会員にはポイント還元特典も
auの残価設定型の分割払い「かえトクプログラム」が、提供条件を一部変更して「スマホトクするプログラム」として提供されることになった。au PAY カード(ゴールド含む)の会員には、分割支払金に応じたPontaポイントの還元を受けられる特典も用意される。(2021/9/16)

Microsoftが2021年9月の累積更新プログラムを公開 Windowsの37製品や機能に脆弱性
Microsoftは、2021年9月の累積更新プログラムを配信した。該当するプロダクトは37種にわたる。深刻度が重要(Important)に分類される脆弱性の修正も多数含まれるため、迅速なアップデートの適用が必要だ。(2021/9/16)

山浦恒央の“くみこみ”な話(145):
テストでバグ発見!(3)単位取得判定プログラムに潜むファイル入力のバグ
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。第3回は、大学の単位取得を判定するプログラムから、ファイル入力に潜むバグを見つけ出しましょう。(2021/9/16)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(108):
すぐ分かる、よく分かる「Windowsの品質更新プログラム入門」〜2021年版〜
2021年後半にリリース予定のWindows 11を含めて、Windowsの毎月の品質更新プログラムについてまとめます。(2021/9/14)

クラウド型の住基システムで一時障害 142市町村で住民票発行できず 現在は復旧
TKCの自治体向けクラウド型住基システム「TASKクラウド」で障害が一時発生し、全国142市町村で住民票の発行などができなくなったと発表した。現在は復旧済み。8日夜のシステム更新で適用したプログラムの破損が原因だという。(2021/9/9)

Windowsにリモートコード実行の脆弱性、既に標的型攻撃への利用が観測される
Microsoft Windowsにリモートコード実行の脆弱性が存在することが明らかになった。深刻度は「重要」と評価されているが、執筆時点では修正プログラムが提供されていないが、この脆弱性を突くOfficeドキュメントが出回り、標的型攻撃に使われているため、警戒が必要だ。(2021/9/8)

iPhone 12と12 Proの修理が大幅に遅延 「音の問題修理サービス」の影響で
Appleが8月30日に開始した「iPhone 12やiPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」の影響で、本体交換修理が大幅遅延している。(2021/9/7)

携帯市場とgoo Simseller、中古端末の下取り+購入で1万5000円引き
携帯市場は、goo Simsellerのキャンペーン「買い替え応援プログラム」と連携。中古端末の下取りで、指定の新規端末購入時に1万5000円オフとなるクーポンを取得できる。(2021/9/7)

世界有数のオーケストラが音楽教育に進出、日本でも ロンドン交響楽団がアプリ活用で
世界有数のオーケストラ、ロンドン交響楽団(LSO)が活動の使命の一つとして教育プログラムに積極的に取り組んでいる。その教材集を含むアプリケーションの日本語版がWeb上で初公開され、東京都内の中学校などでさっそく授業に活用された。音楽家も演奏だけでなく、教育を通じて地域に貢献する時代。オンラインでならコロナ禍で演奏会が難しい状況でも成果と貢献が期待される。(2021/9/6)

新卒採用の現在:
「やみくもインターンシップ」はもう終わり インターンを採用につなげる3つのステップ
インターンシップ設計の際、多くの企業は「どのようなプログラム・進め方が良いか?」を先に考えがちです。しかし、目的なく、やみくもにインターンシップを企画・設計しても、効果は低く、またプログラムの効果測定ができないため、検証・改善ができません。(2021/9/6)

車載ソフトウェア:
マツダが販売後のソフトウェア更新第2弾、エンジン出力アップでのびやかな加速
マツダは2021年9月2日、エンジンの出力とトルク性能を改善する制御プログラムに更新するサービスを全国のマツダ販売店で提供すると発表した。(2021/9/3)

石川温のスマホ業界新聞:
auじぶん銀行が通常の200倍となる金利優遇策を発表 ――「2年縛り」を総務省に塞がれる中、金融商品での囲い込みが本格化
auじぶん銀行が、au PAYとの口座連携をすると円建ての普通預金口座の金利を0.2%(税引き前)とする優遇プログラムを開始した。総務省の政策の影響もあり、今後は金融サービスを使った「囲い込み」が増えそうな状況だ。(2021/9/3)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(153):
Windows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?
Microsoftは2021年後半にリリース予定としていた次期LTSC版Windows Serverの「Windows Server 2022」の正式リリースを2021年9月1日(米国時間)に発表しました。製品の完成であるGA(Generally Available)リリースは8月18日(米国時間)であり、製品版のISOイメージや評価版、コンテナイメージもこの日から利用可能になっています。Microsoftは2021年6月からPreview評価版を提供を開始し、現在は完成版の評価版に差し替えられましたが、OSビルドはPreview評価版の「20234」から変更はないため、8月までの品質更新プログラムをインストールすることでGA環境になります(新しい評価版のISOイメージのOSビルドは20234.169)。(2021/9/2)

山市良のうぃんどうず日記(214):
Windows Admin Centerから拝借する「再起動スケジューリング」のマル秘テク
少し前に別の連載記事で、Windows Admin Centerのバグを指摘しつつ、そのバグのある機能を期待通りに動くようにした、再利用可能なPowerShellスクリプトを提案しました。今回はバグではありませんが、Windows Admin Centerの「更新プログラム」ツールにある再起動のスケジューリング機能を拝借します。(2021/9/1)

米バイデン政権、若いIT技術要員育成の「US Digital Corps」立ち上げ
米バイデン政権はIT人材プログラム「US Diigtal Corps」を発表した。新型コロナ対策やサイバーセキュリティで必要な技術者を育成・採用する2年間のフェローシップ。今秋まずは30人で開始する。(2021/8/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.