• 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(9):
トポロジー最適化のチェッカーフラグ対策
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第9回では、チェッカーフラグ状の濃淡とグレーの濃淡をなくす方法を紹介する。(2022/5/17)

VESA、DisplayPort UHBRをサポートする最初のビデオソースとディスプレイデバイスの認定を完了
Video Electronics Standards Association(VESA)は5月9日(現地時間)、DisplayPort UHBR(Ultra-high Bit Rate)をサポートする最初のビデオソースおよびディスプレイデバイスが、DisplayPort UHBR認定プログラムによる認定を完了したと発表した。(2022/5/16)

「d払いファミリー紹介プログラム」開始 紹介した/された両方に500ポイント還元
NTTドコモは、5月13日に「d払いファミリー紹介プログラム」を開始。ファミリー割引を契約かつd払いを利用しているユーザーが、家族にサービスを紹介すると双方に500ポイントがもらえる。(2022/5/13)

Microsoftが2022年5月の累積更新プログラムを配信 複数製品が対象に
Microsoftは2022年5月の累積更新プログラムを配信した。複数製品でセキュリティアップデートが提供されている。内容を確認するとともに、迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/5/13)

5月30日〜6月5日:
USJ、全ての人に感謝の気持ちを伝えるプログラム「Thanks Love Week」を開催
USJは全ての人に感謝の気持ちを伝えるプログラム「Thanks Love Week」を開催する。特性ステッカーの配布やスペシャル・グリーティングを実施する予定。同社初の取り組みで、期間中の来場者増を目指す。(2022/5/6)

メカ設計ニュース:
NCプログラム自動作成ソフトウェアを更新、ポケット形状や溝形状にも対応
中村留精密工業は、NCプログラムを自動で作成するソフトウェア「3D Smart Pro AI」をアップデートした。アップデートにより、底面にフィレットがあるポケット形状や溝形状などにも対応可能になった。(2022/5/6)

Appleの「セルフサービス修理プログラム」、日本での提供が難しい理由
2022年4月27日(現地時間)、Appleの「セルフサービス修理」プログラムの提供が、米国で始まりました。純正部品を購入すれば壊れたiPhoneの修理をユーザー自身で行えるという内容です。日本での展開も期待したいところですが、残念ながら日本ではやや事情が異なります。(2022/5/5)

Apple、ユーザーがiPhoneを修理できるプログラムを米国で開始
米Appleは、ユーザー自身でApple製品を修理できるセルフサービス修理プログラムの提供を始めた。Appleの認定修理業者が扱うものと同じ200以上の部品を使い、Appleが公開した修理マニュアルに従って、ディスプレイ、バッテリー、カメラなどを修理できる。1週間49ドル(約6300円)の修理ツールレンタルキットも利用できる。(2022/4/28)

Apple、iPhoneをユーザーが自分で修理可能に パーツ、マニュアルも提供 まずは米国で開始
Appleは、自分でiPhoneを修理出来るセルフサービス修理プログラムの提供を開始した。(2022/4/27)

Microsoftが2022年4月のプレビュー更新プログラムを提供開始
米Microsoftが、Windows 10/11向けに2022年4月分のプレビュー更新プログラムの提供を始めた。(2022/4/27)

Apple Watch 6の画面真っ黒問題、Appleが修理サービス提供開始
Appleは「Apple Watch Series 6の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラム」を提供開始した。(2022/4/25)

クレディセゾン、“使うほど特典が増える”「SAISON GOLD Premium」今夏予定
クレディセゾンは4月25日、新たなゴールドカード「SAISON GOLD Premium」を今夏にリリースすると発表した。“使えば使うほど特典が増える”利用プログラムを備えるのが特徴。カードの詳細、入会は7月下旬以降を予定している。(2022/4/25)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(8):
トポロジー最適化の実践 〜いろいろな“形の創造”事例〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第8回では、トポロジー最適化の適用による、いろいろな“形の創造”事例を紹介する。(2022/4/25)

Javaに認証なしで不正操作できる脆弱性 影響範囲広く「早急に修正プログラム適用を」
情報処理推進機構が、Javaの基本的な実行環境「Java SE」に重大な脆弱性があるとして注意喚起した。活用範囲が広く攻撃された場合の影響が大きいため、早急に修正プログラムを適用するよう呼び掛けている。(2022/4/21)

標的型攻撃メールを疑似体験し、ランサムウェア攻撃への対応力を強化――ラックが新研修サービスを開始
ラックは、従業員のセキュリティリテラシーを高める教育プログラム「標的型攻撃メール訓練 T3 with セキュリティ教育」の提供を開始した。ランサムウェア攻撃を疑似体験するメール訓練とフォローアップする研修をパッケージで提供する。(2022/4/22)

製造マネジメントニュース:
オムロンと日本IBMが関係強化、データドリブンな企業運営へと進化目指す
オムロンは2022年4月14日、データドリブンな企業運営に向けた経営システムの基盤構築を行う「コーポレートシステムプロジェクト」の推進を目的に、日本IBMとパートナーシッププログラムに関する契約締結を行ったと発表した。(2022/4/26)

製造ITニュース:
NVIDIA、AIやデータサイエンス技術を試用するプログラムを国内で本格展開
NVIDIAは、Equinixのデータセンタープラットフォーム「Platform Equinix」上で、AIやデータサイエンスなどエンドツーエンドのソリューションを試用できるプログラム「NVIDIA LaunchPad」の日本国内での提供を本格開始した。(2022/4/20)

AIが生成するソフトウェアの将来性と危険性:
Microsoft、AIモデルが生成したコードの正確性を向上させる「Jigsaw」を紹介
Microsoftは、AIモデルによるプログラムコードの生成性能を向上させる新しいツール「Jigsaw」を紹介した。(2022/4/19)

CAD:
建物の音響性能をリアルタイムに予測・評価する新シミュレーションツール、清水建設
清水建設は、高レベルの音響品質が求められるホールや劇場を対象に、初期設計段階の3次元CADデータから建物の音響性能をリアルタイムに予測・評価する音響シミュレーションツールを開発した。今回のツールは、独自の音響解析プログラムを3次元CADツールと連携させたデジタルデザインツール。音響の専門知識がなくても簡単に使え、設計者は、専門家の知見に頼らず、プロジェクトの初期段階で、計画案の音環境に対し良否を迅速に調べられる。(2022/4/19)

2022年4月の累積更新プログラムが配信 複数のMicrosoftプロダクトが対象
Microsoftは2022年4月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートには深刻度「緊急」に分類される脆弱性の修正が含まれている他、既に悪用が確認されているゼロデイ脆弱性も含まれている。(2022/4/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(152):
テストでバグ発見!(10)機能追加した扇風機シミュレーターのバグを検出せよ【出題編】
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、これまで題材にしてきた扇風機シミュレーターに対して保守開発を本格的に適用した問題の出題編となる。(2022/4/14)

修正プログラムの管理を容易に 「Windows Autopatch」が7月に提供開始
米Microsoftは、Windowsの修正プログラムの管理を容易にする「Windows Autopatch」の提供を7月に開始することを明らかにした。(2022/4/13)

毎月のアップデート作業から脱却 MicrosoftがWindowsアップデート自動化機能「Windows Autopatch」を配信
Microsoftは、WindowsやOfficeを最新の状態に保つための新機能「Windows Autopatch」を発表した。月に1回の累積更新プログラム配信よりも短い周期で最新のプログラムを配信できる機能とされている。(2022/4/13)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(7):
実践! 密度法によるトポロジー最適化に挑戦してみよう
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第7回では、いよいよLISAとExcelマクロを使って、片持ちはりのトポロジー最適化を行う!(2022/4/13)

AIの問題解決能力の飛躍的向上を実証:
DeepMindのAIシステム、競技プログラミングで人間と互角の成績
DeepMindがAIベースのコンピュータプログラム作成システム「AlphaCode」を開発し、競技プログラミングコンテストへの参加をシミュレートしたところ、同システムはコンテスト参加者の54%以内の順位に相当する成績を収めた。(2022/4/11)

Appleの開発者向けイベント「WWDC22」は6月6日から10日まで開催 iOS/iPadOSやmacOSなどの新バージョンを披露へ
Appleが、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」の2022年における開催日程を公表した。3年連続のオンライン形式となり、全てのプログラムに無料で参加可能だ。(2022/4/6)

要件未達のWindows 11 PCにおける「透かし(ウォーターマーク)」が消えた件
MicrosoftがWindows 11のInsider Previewにおける累積更新プログラムで試行していた要件を満たさないデバイスに対する警告。正式リリース版の累積更新プログラムでは警告の実装が見送られるようだ。そもそも、なぜこのような警告を試行しようとしているのだろうか。(2022/4/4)

Tech TIPS:
【Windows 11】あのころに帰りたい、を可能にする「システムの復元」機能の使い方
更新プログラムを適用した結果、Windows 11に不具合が発生することがある。このような場合、「システムの復元」機能を使って更新プログラムの適用前の状態に戻すことで、不具合を解消できる。「システムの復元」を有効にする方法とその使い方を紹介しよう。(2022/4/4)

5G:
自動配送ロボやドローン、音楽を用いた4つの5G事業を採択、サムライインキュベート
東京都が推進する「5G技術活用型開発等促進事業」で、2021年8月からスタートアップを支援するプロモーターとして採択されたサムライインキュベートは、最長3カ年度の長期サポートで、5Gイノベーションの街中実装と事業化を推進するアクセラレータプログラム「GO BEYOND DIMENSIONS TOKYO」を主催し、今回のプログラムで採択された4社のスタートアップを発表した。(2022/4/1)

動く実物大ガンダムのSTEAM教材、経産省サイトで公開 制作はサンライズ
サンライズは30日、動く実物大ガンダムをテーマにした探求学習プログラムが経済産業省の「STEAMライブラリー」で公開されたと発表した。小学校高学年向けと高校生向けがある。(2022/3/30)

auの「Xperia 1 III」「OPPO Find X3 Pro」「Galaxy S21+ 5G」が値下げ
KDDIは、3月30日に「Xperia 1 III」「OPPO Find X3 Pro」「Galaxy S21+ 5G」を値下げした。これによりスマホトクするプログラム適用時の実質負担金は4万9680円〜7万6820円(税込み)になる。(2022/3/30)

楽天証券、新規顧客向け米国株式2カ月手数料無料に NISA口座での取引も対象に
 楽天証券は、3月28日現地約定分より「米国株式取引手数料無料プログラム」の拡充を行い、キャッシュバックから無料に変更すると発表した。あわせて、プログラムの対象外となっていたNISA口座での取り引きが、今後は対象となる。(2022/3/30)

UiPathとISIDがDX人材育成プログラムを共同で提供 日本初の協業契約締結
UiPathはISIDは、「UiPathパートナープラクティス発展のための協業契約」を日本で初めて締結した。両社は、企業内で実施可能なDX人材育成プログラムを提供する。(2022/3/30)

休館から一転、法人利用が増加:
三菱地所の30代社長がつくった「瞑想プログラム」がコロナ禍で予約殺到なワケ
三菱地所の新事業提案制度から生まれた没入体験型メディテーションスタジオ「Medicha(メディーチャ)」がコロナ禍で活況だ。コロナ禍で一時は休業を迫られていた状況から一転、なぜ売り上げを伸ばせたのか。Medicha共同代表の長嶋彩加さんと山脇一恵さんに聞いた。(2022/3/27)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】
Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ
米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。(2022/3/25)

ビックカメラとCAMPFIREがコラボ 資金調達から販路確保まで支援する「ビックFIRE」
ビックカメラとCAMPFIREが、クラウドファンディングでの資金調達から商品展開までを支援するプログラム「ビックFIRE」を開始した。(2022/3/24)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(6):
密度法によるトポロジー最適化の準備を行う
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第6回では「最適性規準法」を用いて、剛性を最大化=平均コンプライアンスを最小化する設計パラメータを求める。(2022/3/24)

Google Forms APIが正式リリース  Googleフォームの作成や編集、集計をプログラミングで制御可能に
「Googleフォーム」をAPI経由で作成、編集できる「Google Forms API」が正式版に。プログラムから自動的にフォーム画面を作成・編集し、公開できるようになった。(2022/3/22)

「響く」セキュリティ研修の作り方【中編】
セキュリティ研修で従業員の心をつかむために欠かせない4つのポイント
せっかくセキュリティ研修を実施しても、内容が退屈であれば、参加者は熱心に耳を傾けない。学びたくなる研修プログラムを作るための、4つのポイントを紹介する。(2022/3/22)

山浦恒央の“くみこみ”な話(151):
テストでバグ発見!(9)状態遷移図への機能追加の勘所は「混ぜるな、危険!」
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、前回までの題材だった扇風機シミュレーターを使って、状態遷移図への機能追加を行う。その勘所は「混ぜるな、危険!」だ。(2022/3/17)

Microsoftが月の月例更新プログラムを提供開始 初期化してもファイルが残る不具合を解消
MicrosoftがWindows 10/11向けの月例更新プログラムの提供を始めた。OSを初期化しても一部のファイルが残ることがある不具合を解消した他、Windows 11では機能追加も行われる。(2022/3/11)

金融DX:
「プログラム可能な民間デジタル通貨」とは何か 産業界のデジタル変革にどう貢献する?
中国でデジタル人民元の実証実験が進むなど、各国で「デジタル通貨」実用化に向けた試みが続いている。デジタル通貨はこれまでの通貨と何が違うのか。ITジャーナリストがデジタル通貨の本質に迫る。(2022/3/11)

食品工場に新型ロボ活躍 「唐揚げ詰めて」など声で指示
三菱電機が音声によって作業を指示するだけでロボットの動作プログラムを自動で設定できるシステムを開発した。安川電機は食材に直接触れることができるロボットを開発。塗料飛散リスクの問題で加工や盛り付け作業にロボットの導入は進んでいなかった。(2022/3/10)

Microsoft、2022年3月の累積更新プログラムを配信 Exchange Serverの深刻度「緊急」への対応が含まれる
Microsoftは2022年3月の累積更新プログラムの配信を開始した。幾つかの脆弱性は深刻度が「緊急」(Critical)に分類されているため、迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/3/9)

事業継続管理者に必要な12個のスキル【第4回】
事業継続管理者はタフじゃないと務まらない? 必要スキルに見る担当者の適正
事業継続管理者は、リスク評価能力を持つことが大前提だ。これに加えて、経営陣とBC/DR推進プログラムに関する合意形成をする力や、プログラムを進める粘り強さが必要になる。なぜこうしたスキルが必要なのか。(2022/3/10)

医療機器ニュース:
未病段階の認知症リスクを評価する脳健康測定プログラムを開発
エムは、3万例を超えるMRIの脳画像ビッグデータをAI技術で解析し、未病段階の認知症リスクを評価する脳健康測定プログラム「MVision brain」を開発した。(2022/3/9)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(5):
トポロジー最適化 〜密度法の定式化〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第5回では、トポロジー最適化における密度法の定式化に取り組む。(2022/3/8)

Mobile Weekly Top10:
終息したはずの「G'zOne」はなぜ復活した?/ドコモがポイントプログラムを改訂
カシオ計算機の人気ケータイブランド「G'zOne」をau、カシオ計算機、京セラが協力して復活させました。なぜauはG'zOneを復活させなければいけなかったのでしょうか。そして、なぜカシオ計算機は携帯電話事業を終息したにも関わらずG'zOneの復活をアシストしたのでしょうか。(2022/3/5)

僕たちのKaggle挑戦記:
環境編:VS CodeからPythonでKaggle APIを呼び出してみよう
Pythonのプログラム中で、kaggleパッケージをインポートして、コマンドラインではなくコードからKaggle APIにアクセスしてみます。役に立つかな?(2022/3/4)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【後編】
データセンター人材不足が「致命的」な水準に 解決策は?
英国のデータセンター業界は、必要なスキルを持つ人材が不足する「スキル危機」に直面している。対策はあるのか。データセンター業界に特化した学習プログラムを教育機関と共に設計した企業に聞いた。(2022/3/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.