• 関連の記事

「賠償」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「賠償」に関する情報が集まったページです。

再発リスク:
“史上最悪”KDDI通信障害、賠償額は? 48時間以上続く事態に「危うさ」浮き彫り
KDDI(au)で発生した大規模通信障害は2日未明の発生から48時間以上続く異例の事態となった。社会インフラにも支障が出て、auユーザーならずとも影響を受けた。スマートフォンなど通信に依存する危うさを見せつけられた。(2022/7/4)

「セブン側への忖度判決」 敗訴の元FC店オーナー、怒りあらわ
コンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」本部が、24時間営業を打ち切った大阪府東大阪市の加盟店元オーナーとのフランチャイズ(FC)契約を解除したことの有効性を争った訴訟は23日、本部側との取引再開を望んだ元オーナー側の訴えを全面的に退け、元オーナー側に店の引き渡しと賠償を命じた。額は1億円を超えるとみられる。(2022/6/24)

「食べログ」運営会社に3840万円の賠償命令 アルゴリズム変更→点数ダウンで客足減 東京地裁
カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」で実施したアルゴリズム変更により損害を被ったとして飲食チェーンが提訴した件について、東京地方裁判所は、カカクコムに対し3840万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2022/6/16)

「食べログ」に損害賠償命令 「点数不当に下げられた」と飲食チェーンが訴訟
訴訟を起こしたチェーンは「独占禁止法上の差別的扱い」「独占禁止法上の優越的地位の濫用」と主張していました。(2022/6/16)

最大12分の遅延:
札幌市の路面電車、線路内の路上駐車で遅延被害 運営元「賠償請求の予定ない」もTwitterで物議
札幌市内で運行する路面電車「札幌市電」で、線路内に一般車両が路上駐車していたとして、最大12分の遅延が発生した。運営元の札幌市交通事業振興公社は「路上駐車していた車両の運転手への賠償請求の予定はない」としているが、路面電車停止中の様子を撮影した画像がTwitterで拡散され、物議を醸している。(2022/6/13)

「ファスト映画」投稿者に5億円賠償求め提訴 東宝など13社
映画の内容を短縮した「ファスト映画」を動画投稿サイト「ユーチューブ」上に無断で投稿され著作権を侵害されたとして、東宝などの映像会社13社が19日、投稿した男女3人=いずれも著作権法違反罪で有罪判決が確定=を相手取り、計5億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。(2022/5/19)

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

「ファスト映画」投稿者3人に5億円の巨額損害賠償請求 東宝、日活など大手13社が提訴
YouTubeでの動画再生数は1027万回に及び、被害額は20億円とも言われています。(2022/5/19)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
賠償金や訴訟費用に備え、加入する企業が増加中 「ハラスメント保険」とは?
パワハラ防止法におけるハラスメント防止措置が中小企業にも適用されるなど、企業のハラスメントに対する厳格な対処がより一層求められています。こうした流れを背景に、「ハラスメント保険」に加入する企業が増えています。(2022/5/18)

13日からは従業員のマスク着用取りやめ:
グローバルダイニングへの時短命令は違法 損害賠償は認めず
新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく東京都の営業時間短縮命令は「営業の自由を侵害し違憲で、違法だ」として、グローバルダイニングが都に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は5月16日、時短命令は違法と判断したものの、損害賠償請求は棄却した。同社は判決を不服として即日控訴した。(2022/5/16)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

東京地方裁判所がマカフィーに約2350万円の支払いを命令 サードウェーブの訴訟を受けて
4月25日、東京地方裁判所がサードウェーブを原告、マカフィーを被告とする訴訟に判決を言い渡し、マカフィーに損害賠償を命じた。(2022/4/25)

アレックス・ジョーンズ氏の極右サイトInfoWarsが破産保護申請
様々なフェイクニュースで知られるアレックス・ジョーンズ氏が畝井する極右サイトInfoWarsが米連邦破産法第11条の適用を申請した。同氏はサンディフック小学校の銃撃事件の犠牲者に提訴されており、近く巨額の賠償金を請求される可能性がある。(2022/4/19)

ゲーム開発会社が企画者を提訴 クラファンで1000万円以上集めるも開発費支払われず
オンラインゲームやスマートフォン向けアプリの開発を手掛けるピクセルは、作曲家・古川元亮氏に対して損害賠償を求める訴訟を仙台地方裁判所に提起した。同氏からゲーム制作を依頼されたが、その開発費が全く支払われていないという。(2022/3/7)

実際の判決は:
業務委託の2次請けで情報漏えい 契約に規定がなくても損害賠償は可能?
業務委託の2次請けで、個人情報が漏えいしてしまったケース。契約に規定がなくても損害賠償は可能なのか? 弁護士が解説する。(2022/2/4)

出版4社、漫画海賊版問題で米クラウドフレアを提訴 4億6000万円の損害賠償など求める
海賊版サイトの「運営者隠し」にも使われてきた代表的CDN事業者の1つ。(2022/2/1)

東京ミネルヴァ破産、依頼者が広告代理店などを損賠提訴
過払い金返還請求などを手掛けた弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(破産手続き中)が約51億円の負債を抱えて破産した問題で、同事務所から過払い金の返還金などを不正に流出させたとして、元依頼者17人が19日、東京都内の広告代理店などグループ3社と代表ら13人を相手取り、計約6千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。(2022/1/20)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
パワハラ被害者からの「労災請求」に協力しない会社側は不利になる? 会社が取るべき対応を解説
ハラスメントなど、会社の業務によってメンタルヘルスに不調をきたした場合、従業員が労災保険給付の手続きをすることや、会社に対して安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。(2022/1/19)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

学校支給のPC・タブレットを壊したとき用保険、損保ジャパンが提供開始 自宅でのトラブルに
損保ジャパンが「GIGAスクール構想」で配布された端末の破損や盗難などに対応する保険商品「親子のあんしん賠償プラン」の提供を始めた。(2021/11/11)

木下優樹菜、YouTubeチャンネル開設し活動再開を報告 涙にじませ「この仕事しかできない」「娘たちのためにも働きたい」
開設の前日にはタピオカ店経営者が木下さんからSNSで脅されたとして1000万円の損害賠償を求めた訴訟について40万円の支払いを命じる判決が言い渡されていました。(2021/10/28)

知財ニュース:
日本製鉄が宝山鋼鉄とトヨタに損害賠償請求、モーターのコアになる電磁鋼板で
日本製鉄は2021年10月14日、中国の鉄鋼メーカー宝山鋼鉄(宝鋼)とトヨタ自動車に対し、無方向性電磁鋼板の特許侵害に関する損害賠償請求訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表した。トヨタ自動車には、宝山鋼鉄が特許を侵害した電磁鋼板を使用するモーターを搭載した車両の製造と販売の禁止を求めた差し止め仮処分の申し立ても行った。(2021/10/15)

音楽機器のズーム社、商標権侵害でWeb会議「Zoom」提供のNECグループ会社を提訴 「和解金での解決を排除」
音楽用電子機器を販売するズームが、Web会議システム「Zoom」が商標権を侵害しているとして、日本でZoomを提供するNECネッツエスアイを提訴した。損害賠償は請求せず「和解金などでの解決を排除する姿勢」を見せている。(2021/9/17)

太陽光:
太陽光発電の廃棄や賠償リスクを補償、東京海上が新保険
東京海上日動が太陽光発電事業者向けの新たな保険商品を発表。太陽光発電設備の廃棄費用や賠償リスクを補償する商品で、同年12月から販売する。(2021/9/8)

賠償責任保険と車両保険を切り離して提供 リース車向けの「リペア保険」
三井住友オートサービス(SMAS)のグループ会社SMAサポートとスマートドライブは8月2日、リース車両向けに修理費を補償する「リース車両修理専用保険(リペア保険)」の提供を開始した。(2021/8/5)

7nm以降の先端ノードをめぐり:
IBMがプロセス開発の“契約不履行”でGFに賠償請求か
IBMがGLOBALFOUNDRIES(GF)を契約不履行で訴え、25億米ドルの損害賠償を求めている。IBMはこの訴えをGLOBALFOUNDRIESに通告したが、米国EE Timesに対しては、まだ裁判所には提訴しておらず、従って世間に公表する準備もできていないと伝えてきた。GLOBALFOUNDRIESは既に米国ニューヨーク州最高裁判所に対し、この係属中の訴訟を価値がないものとして却下するよう申し立てを行った。(2021/6/10)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
建築事故で損害賠償請求が工事発注者にも及ぶ場合も、リスクを最小限にするには?
建築プロジェクトで昨今、建築偽装問題や事業トラブルなどが頻発していおり、その際にば発注者にも責任とリスクが生じる。リスクを最小にして長期的に損失を減らすには、“プロジェクトマネジメント”が必須となる。ファシリティマネジメント フォーラム 2021の「発注者のための建築プロジェクトマネジメント超入門」と題する講演では、2人の登壇者が弁護士とプロジェクトマネジメント(PM)実務者のそれぞれの立場から、裁判例からみる発注者の責任及びリスクと建築プロジェクトマネジメントの果たす役割を解説した。(2021/5/19)

グリーがSupercellに勝訴 約100億円の損害賠償命じる評決
米国連邦裁判所の訴訟で陪審員による評決があり、Supercellに対し特許侵害と損害賠償金9210万ドル(約100億円)の支払いを命じた。(2021/5/10)

楽天モバイル、ソフトバンクによる提訴に争う姿勢
楽天モバイルは、ソフトバンクによる損害賠償請求訴訟を受け、争う方針を示した。(2021/5/6)

ソフトバンク、楽天モバイルと元社員に1000億円規模の訴訟 まず10億円の支払いなどを請求
ソフトバンクが、楽天モバイルと元社員に対して10億円の損害賠償などを求める民事訴訟を東京地方裁判所に提起したと発表。元社員が転職先の楽天モバイルに5G通信などに関する営業機密を持ち出した件を巡り、営業上の利益が侵害されたと主張している。(2021/5/6)

ソフトバンクが楽天モバイルと同社元社員を提訴 営業秘密の利用停止や廃棄などを求める
ソフトバンクから楽天モバイルに転職した人物が営業秘密を持ち出した事案に関連して、ソフトバンクが楽天モバイルと当該人物に対する訴訟を提起した。営業秘密の利用停止や破棄と、損害賠償の一部の支払いを求めている。【追記】(2021/5/6)

ソフトバンク、楽天モバイルと元社員に訴訟提起 1000億円規模の損害賠償請求権を主張
ソフトバンクは5月6日、民事訴訟を東京地方裁判所へ提起したと発表した。(2021/5/6)

任天堂、コロプラ訴訟で請求額を49億→96億円に引き上げ 「白猫プロジェクト」の特許権侵害巡り
スマートフォンアプリ「白猫プロジェクト」が特許権を侵害しているとしてコロプラが任天堂からアプリの配信差し止めと損害賠償を請求されている訴訟について、同社は4月21日、請求額が49億5000万円から96億9900万円に引き上げられたと発表した。(2021/4/21)

任天堂、コロプラへの損害賠償請求額を49億5000万円から96億9900万円へと増額 特許侵害訴訟で
「白猫プロジェクト」をめぐる特許侵害訴訟で。(2021/4/21)

「違憲・違法」と主張:
「狙い打ち時短命令は違憲・違法」 グローバルダイニングが“104円”の損害賠償求めて東京都を提訴した理由
グローバルダイニングは3月22日、東京都の営業時間短縮命令は違法として、都を相手取り損害賠償を求めて提訴した。訴訟の目的は「お金の問題ではない」との理由から、損害賠償請求額は104円としている。(2021/3/22)

上告棄却:
「マリカー訴訟」任天堂の勝訴確定 公道カート会社に賠償命令
公道カート会社に対し、任天堂が「マリカー」の略称などの使用差し止めを求めた訴訟で、最高裁が被告側の上告を棄却。使用差し止めと5000万円の賠償を命じた控訴審判決が確定した。(2020/12/28)

「マリカー」訴訟、任天堂の勝訴確定 損害賠償額は5000万円
企業「マリカー」(現商号:MARIモビリティ開発)とその代表取締役に対し、任天堂が提起していた訴訟について、任天堂の勝訴が確定した。最高裁判所が被告らからの上告を不受理としたため。(2020/12/28)

“マリカー”訴訟で任天堂の勝訴確定 最高裁が上告認めず
MARIモビリティ開発(旧マリカー)に損害賠償金5000万円の支払いと不正競争行為の差し止めを命じた控訴審判決が確定となりました。(2020/12/28)

スマホゲームの“チート方法”を拡散した人物に賠償金1000万円 ゲーム「人狼ジャッジメント」を巡り
「今後も毅然とした対応を行う」とゲーム運営。(2020/12/8)

東証システム障害、新社長は「責任の一端はわれわれに」 富士通には「システム開発に全力を挙げて」
JPXの清田瞭CEO(最高経営責任者)が記者会見を開き、富士通に「損害賠償する予定はない」と明言した。(2020/11/30)

「モバゲー」の利用規約は不当との二審判決 「多重課金に返金されない」「身に覚えのない利用停止措置」など苦情
「当社は、一切損害を賠償しません」など、DeNAが責任を負わない旨の規定となっており、消費者契約法に抵触するとの判決。(2020/11/6)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

タイ最高裁、「ウルトラマン」訴訟に関するタイ人実業家と制作会社の上訴を棄却 円谷プロの著作権を侵害したとして損害賠償が確定
円谷プロダクションを取材しました。※追記・修正あり(2020/9/27)

スマホゲームで「不正行為の方法」を拡散していた人物を運営が特定、賠償請求へ 弁護士「謝罪すれば終了という問題ではない」
本人は反省し、運営に対し謝罪文を提出したとのこと。(2020/6/26)

「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた
利用規約には「万一配送途中に事故があった場合でも、損害賠償は行いません」とありますが……。(2020/5/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
膨らむ経済損失と不満 世界で始まった「コロナ訴訟」
緊急事態宣言が5月末まで延長され、経済活動の停滞が続くことになった。米国などでは、中国政府に損害賠償請求の訴えを起こすケースが増えている。また、企業や大学までも訴えられた。不満がさらに高まれば、日本でもそのような動きが増えてくるかもしれない。(2020/5/7)

被害者からの賠償請求受け:
「セクハラ問題」の写真誌DAYS JAPAN運営会社、破産手続き開始申し立て
元編集長のセクハラ問題があった写真誌「DAYSJAPAN」。運営会社が破産手続き開始を発表した。被害者からの賠償請求受け判断。(2020/3/23)

シャープ、中国OPPOとオッポジャパンを提訴 LTE関連特許を侵害したとして
シャープは、中国OPPOとオッポジャパンがシャープのLTE関連特許を侵害しているとして、ドイツと日本で損害賠償を求める訴訟を起こした。対象機種の販売差し止めは求めない。(2020/3/9)

シャープ、OPPOをLTE関連の特許侵害で提訴
シャープが、中国OPPOとオッポジャパンに対して、LTE関連で複数の特許権を侵害しているとして提訴した。LTEおよびLTE-Advancedの無線アクセス技術に関するもの。ドイツと東京で損害賠償請求訴訟の提起を行った。(2020/3/9)

前橋市がNTT東日本提訴へ 教育委員会の不正アクセス事件を受け
群馬県前橋市は、同市教育委員会で2018年に発生した不正アクセス事件を受け、教育委員会のネットワーク機器やサーバの保守などを請け負ったNTT東日本を提訴する方針を明らかにした。約1億7700万円の損害賠償を求める。(2020/2/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.