「データセンター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

製造マネジメントニュース:
ソフトバンクがシャープ堺工場跡地に大規模AIデータセンター構築
ソフトバンクは、シャープ堺工場の土地と建物を活用した大規模なAIデータセンターを構築する。2024年秋に着工する計画で、2025年中の本格稼働を目指す。(2024/6/13)

家庭用からデータセンター向けまで、NASなどストレージ製品を多数展示していたQNAPブース
QNAPはCOMPUTEX TAIPEI 2024でデーターセンター向けのNASや家庭用向けのNASを展示していた。(2024/6/11)

「世界初」2nmプロセス採用プロセッサも紹介:
「AIを軸に新しい価値創出を目指す」 富士通のAI研究戦略
富士通は2024年6月4日、AI分野における研究戦略発表会を開催し、データセンターの省電力化に貢献するコンピューティング技術や次世代グリーンデータセンター向けプロセッサ「FUJITSU-MONAKA」を紹介した。(2024/6/10)

実装面積や設計期間を大幅削減:
タイミングデバイスの「限界突破」、MEMS振動子内蔵のクロックジェネレーター
SiTimeは2024年5月、シリコンMEMS振動子を内蔵したクロックジェネレーターIC「Chorus(コーラス)」を発表した。発振回路やクロックを統合したことで、タイミングソリューションの実装面積を削減できる他、設計期間も短縮できる。AI(人工知能)データセンターを主要ターゲットとし、産業機器や自動車での活用も見込む。(2024/6/4)

製造マネジメントニュース:
KDDIらがシャープ堺工場跡地にアジア最大規模のAIデータセンター構築
KDDIは、Super Micro Computer、シャープ、データセクションと、アジア最大規模のAIデータセンター構築に向け協議を開始する。(2024/6/4)

シャープ、KDDIなどと生成AI向けデータセンターを運営へ 堺の液晶工場跡地を活用
シャープが9月までに停止する液晶パネル工場「堺ディスプレイプロダクト」の跡地を使い、生成AIの開発・運用拠点として外部に提供する方針。(2024/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
AMDがデータセンター向けCPU「第5世代EPYC」の登場を予告 Zen 5アーキテクチャ採用で最大128コア 2024年後半に発売予定
AMDが、Zen 5アーキテクチャを採用する「第5世代EPYC」を2024年後半に投入することを明らかにした。最大で192コア384スレッド構成で、128コア構成モデルは、Intelの現行Xeonで最高スペックの「Xeon Platinum 8592+」比で高いパフォーマンスを発揮できるという。(2024/6/3)

組み込み開発ニュース:
GaN FETのデッドタイムをほぼ0に、アナログ・デバイセズが高効率化製品群
アナログ・デバイセズがGaN(窒化ガリウム)ソリューションについて説明。2023年から100V対応の降圧コントローラーICとドライバICを投入しており、モーターをはじめとする産業機器、大型の医療診断機器、データセンター、宇宙機器などに向けた提案を強化する方針だ。(2024/6/3)

回線もセキュリティも運用効率も上げたい
データセンターの悩みは「縦」から「横」に East-West問題の解決策を探る
データセンターに求められる要件は厳しくなる一方だ。トラフィック量の増大、激化するサイバー攻撃への対策、人手不足によって増加した運用負荷の軽減など、それぞれ至急の対策が必要だ。山積する課題に有効な解決策はあるのか。(2024/5/28)

研究機関が模索するGPU活用
「GPUを使うとデータセンターの“あれ”が変わる」 研究機関がAI活用を語る
GPUのリソースを有効に活用してAI技術の処理を実行するには、従来のインフラ設計とは異なる観点が求められる。GPUの効果的な活用を模索している研究機関CERNによる取り組みと、GPU活用の要点とは。(2024/5/26)

NVIDIA、AI需要で過去最高の売上高 「次の産業革命が始まった」とファンCEO
NVIDIAの2月〜4月の決算は、売上高は前年同期比約3.6倍の260億4400万ドル、純利益は約7.3倍だった。AI需要でデータセンター向けGPUが快調で、ファンCEOは「次の産業革命が始まった」と語った。(2024/5/23)

CIO Dive:
「“爆食”AIが電気を食い尽くす」説に異論も AWSらによるデータセンター建設ラッシュ続く
AWS、Microsoft、Google Cloudら大手テック企業によるデータセンター建設ラッシュが続いている。電力不足が懸念されている。企業のクラウド利用が拡大する中、AIブームは電力消費を増大させるのか、それとも……。(2024/5/24)

“20年後のトレンド”が重要:
2045年の需要量は2023年の約4倍に IDCが国内ハイパースケールデータセンターの需要を予測
IDC Japanは、国内ハイパースケールデータセンターの需要量に関する分析結果を発表した。ハイパースケールデータセンターの2045年の需要量は、2023年の実績値の約4倍に達する可能性があるとしている。(2024/5/17)

XMLとYAMLの基礎【後編】
「XML」「YAML」ファイルを正しく作成、管理するための“必須ツール”とは?
ファイルやデータセンターの管理には、「XML」「YAML」といった「データシリアライズ言語」が欠かせない。XML/YAMLファイルの作成、管理に役立つツールとセキュリティ対策を解説する。(2024/5/17)

省電力のチップ開発/製造を目指す:
Rapidusが新たな協業へ データセンター用AIチップでEsperantoとMOCを締結
Rapidusは2024年5月15日、低消費電力のデータセンター向けAI半導体の開発/製造の推進に向け、RISC-Vベースのコンピューティングソリューションを開発する米Esperanto Technologiesと協力覚書(MOC)を締結したと発表した。(2024/5/16)

Google I/O 2024:
Google I/O 2024基調講演まとめ AI一色、GPT-4oのような機能も
Googleの年次開発者会議「Google I/O」の基調講演で発表されたことをまとめた。ハードウェアについてはAIデータセンター向けのTPUのみで、Gemini中心の基調講演だった。(2024/5/15)

データセンターの“標準”が変わる
AI需要で一変、「従来型データセンターではデータも電力も収容し切れない」
AI技術の利用が広がることを受けて、データセンターの設計や立地に変化が生じている。データセンターのインフラや設備は、AI技術の利用拡大からどのような影響を受けているのか。(2024/5/15)

シャープが9月までに大型液晶事業から撤退、堺の工場はAIデータセンター関連に事業転換
シャープは5月14日、テレビ向けの液晶パネル工場「堺ディスプレイプロダクト」(SDP、堺市)の生産を9月までに停止すると発表した。中小型パネルも生産規模の縮小や人員削減によって固定費の削減を図る。(2024/5/14)

組み込み開発ニュース:
タイミングデバイスはシリコンMEMSが性能優位、SiTimeが生成AI需要の取り込みへ
SiTime Japanは、シリコンMEMSベースの高精度タイミングデバイスの優位性を説明するとともに、AIデータセンターなどで用いられるアクセラレータカードやネットワークカードなどに最適なクロックジェネレータ製品ファミリー「Chorus」を発表した。(2024/5/14)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
生成AIにけん引される半導体業界、現在の勝者と今後の展望
生成AIブームにけん引され、データセンター向けGPUおよびAI ASIC市場は2029年に2330億米ドル規模にまで成長することが予測されています。(2024/5/13)

故障までの稼働期間、生涯故障率も報告:
28万台のHDD調査で分かったモデル別故障率 メーカー別推移が明らかに
Backblazeは、2024年第1四半期の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。(2024/5/10)

Microsoft、米ウィスコンシン州のFoxconn工場跡地に33億ドルでデータセンター構築へ
Microsoftは、米ウィスコンシン州に33億ドルを投じてクラウドとAIインフラのためのデータセンターを構築すると発表した。バイデン政権の対米投資計画の一環。前トランプ政権が2017年に計画し、頓挫したFoxconn工場跡地に建設する。(2024/5/9)

Synergy Research Group調査:
「ハイパースケールオペレーター」19社のデータセンター数が1000の大台を超える、総容量は4年ごとに倍増
Synergy Research Groupが発表したデータによると、ハイパースケールデータセンターの数は2024年初頭には1000の大台を超えた。また、ハイパースケールデータセンターの総容量は4年で倍増した。本記事ではSynergy Research Groupが紹介した、その背景を取り上げる。(2024/5/8)

「FF14」にDDoS攻撃 日本データセンターにも影響
オンラインRPG「ファイナルファンタジーXIV」で、5月6日午後10時ごろからネットワーク障害が発生している。スクウェア・エニックスによれば原因はDDoS攻撃という。(2024/5/7)

製造ITニュース:
NTTが英国で約100km離れたデータセンター間を接続する実証実験に成功
NTTとNTTデータグループは、英国と米国の両国内で、遠距離のデータセンター間を接続する実証実験に成功した。英国では約100km離れたデータセンター間を光通信ネットワークで接続し、1ミリ秒以下の低遅延で通信した。(2024/5/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
データセンター冷却入門 「機会式冷却」の原理と運用法
データセンターの効率的な運用を維持するには、冷却システムを適切に運用することが欠かせない。主要な冷却手段である「機械式冷却」の仕組みを解説する。(2024/5/6)

データベースのHA化で障害時にもサービスの継続性を確保:
データセンターの大規模停電、Cloudflareはどう対処したか?
Cloudflareは、以前の事故を教訓にデータセンターで発生した大規模停電の影響を最小限に抑えた。本稿では同社が公式ブログで紹介した内容を取り上げる。(2024/5/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ホワイトボックススイッチ」はなぜ大規模データセンターで使われるのか
データセンターにおいて「ホワイトボックス」のネットワーク機器の採用が広がっている。その利点と導入時に考慮したいポイントを紹介する。(2024/5/1)

エンタープライズ向けAIデータセンター市場への展開を拡大:
Intel、生成AI活用を支援する「Gaudi 3」や「Xeon 6プロセッサー」を発表
Intelは年次イベント「Intel Vision 2024」において、同社のAIアクセラレーター「Gaudi 3」や、データセンター向け「Xeon 6プロセッサー」など生成AIに関連する新製品を発表した。(2024/5/1)

ハイパースケーラーから自動車業界まで:
「カスタムシリコン」の黄金時代が近づく
データセンターや自動車などの分野では、コストが高くなるにもかかわらず、SoC(System on Chip)を独自に設計する企業が増えている。それはなぜか。本稿でその背景と理由を解説する。(2024/4/30)

駆逐するSSD、生き残るHDD【第8回】
「HDDがデータセンターから消える」という途方もない話の末路
データセンターではSSDだけではなく、大量のデータを効率的に保存するためのストレージとしてHDDが広く使われている。そのHDDを、データセンターで一切使わないという先進的なアイデアがある。(2024/4/28)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
外資大手「日本に巨額投資ラッシュ」 マイクロソフトの4400億円、オラクルの1.2兆円は日本をどう変えるか
外資系IT大手が相次いで、国内にデータセンター向けの投資を実行すると発表している。この背景と、今後予想される流れについて解説する。(2024/4/26)

“究極のAI”実現に向けて
Meta、ザッカーバーグ氏が語る「GPU」に投資する理由と“AIの失敗”
Metaが2023年期の決算を発表し、同社のAI技術とそれを支えるデータセンターへの注力ぶりが明らかになった。同社CEOマーク・ザッカーバーグ氏は、AI技術開発の鍵をどこに見いだしているのか。(2024/4/24)

「AWS Snowmobile」がサービス終了に 大型トラックでデータセンターのデータを吸い上げる移送手段
米AWSが2016年に発表した、100ペタバイトのストレージを備えたトラックで顧客のデータセンターからデータを吸い上げる「AWS Snowmobile」のサービスが終了したことが明らかになりました。(2024/4/23)

駆逐するSSD、生き残るHDD【第7回】
「HDDが要らなくなる説」が真剣に語られ始めた理由
PCの内蔵ストレージはほとんどがHDDではなくSSDになっているが、データセンターにおいても同様の変化が起きるのか。「HDDが終わりを迎える」という見方の背景にある変化とは。(2024/4/21)

データセンター需要と民生機器買い替えで:
2024年はDRAM/NAND市場が回復へ 需給バランスも正常化
市場調査会社のYole Groupは、DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ(以下、NAND)の市場分析を発表した。2023年のDRAM/NANDの売上高は供給過剰で価格が下落し2016年以来の低水準となったが、2024年にはデータセンター/民生機器などの需要増と各社の戦略的減産によって需給バランスが正常化し、市場が回復に向かう見込みだという。(2024/4/12)

情報漏えいへの懸念やデータ主権に対応:
Google Cloud、ローカルで生成AIモデルを簡単に動かせるサービスを発表
Google Cloudはエッジや企業・ローカルクラウドのデータセンターで、インターネットやGoogle Cloudへの接続なしに大規模言語モデルを動かせるソリューションを発表した。情報漏えいへの懸念やデータ主権に対応できるという。(2024/4/10)

人工知能ニュース:
インテルがNVIDIA対抗のAIアクセラレータ「Gaudi 3」を発表、「Xeon 6」も投入
インテルは、顧客とパートナー向けのイベント「Intel Vision 2024」において、クラウド/データセンター向けAIアクセラレータ「Gaudi」の最新モデル「Gaudi 3」と、ワークステーション/サーバ向けプロセッサ「Xeon」の最新モデルとなる「Xeon 6」を発表した。(2024/4/10)

「小さくても大電力が欲しい」に応える:
PR:絶縁バイアス電源を9割小型化! 高い電力密度を実現する最新パワーマネジメント製品
太陽光発電システムやデータセンター、EV(電気自動車)など、さまざまなアプリケーションの電源ユニットにおいてより高い電力密度の要求が高まっている。Texas Instruments(TI)が発表した100V GaN統合型パワーステージとトランス内蔵の1.5W絶縁型DC/DCモジュールは、このニーズに応える製品だ。100V GaN統合型パワーステージはシリコンを採用する場合に対してボードサイズを40%削減できる。トランス内蔵の1.5W絶縁型DC/DCモジュールでは外付けの大型トランスが不要なのでソリューションサイズを最大で約80%削減可能だ。(2024/4/8)

Cloudflare、CDNエッジで生成AIを実行できる「Workers AI」正式リリース 世界150都市のデータセンターでGPU基盤を提供
米Cloudflareは、同社のグローバルに展開するCDNのエッジで生成AIの推論処理を実行できる「Worker AI」の正式サービス化を発表しました。(2024/4/4)

MicrosoftとOpenAI、1000億ドル規模のデータセンター計画か
米Microsoftと米OpenAIは、事業規模が最大で1000億ドルとなるデータセンターの建設を計画している。AI用スーパーコンピュータ「スターゲート」が含まれ、2028年の運用開始を目指す。ハイテク系ニュースサイト「The Infomation」が報じた。(2024/4/1)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
データセンター廃熱を温水プールに? 「無駄にしない」技術と発想に感じ入る
半導体/エレクトロニクス業界には幅広い技術や製品がありますが、「無駄をなくす」という取り組みは共通していると思います。最近、ユニークな取り組みや研究を耳にしました。(2024/4/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「サーバは3年で更新」が最適解? 新製品のメリットを旧製品と比較・検証
あるレポートによると、データセンターのサーバは3年で更新するのがベストであると指摘されている。実際、新しいサーバへの更新でどれ程のメリットが得られるのか、レガシーサーバとの比較を通じて検証した。(2024/4/3)

データセンターに再び脚光?
生成AIで加速し始めた「新世代オンプレミス」“3つの変化”はこれだ
企業において生成AI導入が進む中、データセンターではハイブリッドクラウドに焦点が移りつつある。オンプレミスインフラで予測される変化を3つの視点で解説する。(2024/3/22)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「外部サーバルーム/データセンターサービス」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/3/18)

セキュリティソリューション:
GMOインターネットグループがCloudflare WAFを導入 その決め手は?
GMOインターネットグループはCloudflare Web Application Firewall(WAF)を導入した。事業拡大の中で、WebサイトやAPI、エンドポイント、データセンターを保護するための効率的かつコスト効率の高い方法を探していたという。(2024/3/13)

電力、ひっ迫に備えは データセンター拡大、様変わりの13年 東日本大震災13年
東日本大震災から13年が経過した。東京電力福島第1原発事故の影響で、原発の稼働が滞る中、太陽光発電など再生可能エネルギーへの依存度は増している。(2024/3/12)

量子コンピュータと企業のデータセンター【後編】
「量子コンピュータ」の実用化に向けて企業はどう準備すべきか
量子コンピュータは発展途上の技術だが、実用化すれば従来のコンピュータでは難しかった計算が高速でできるようになる。量子コンピュータ実用化に向けて、データセンター管理者はどのように備えておくべきか。(2024/3/5)

CIO Dive:
AWSが設備投資を加速、クラウド関連売上は900億ドルを突破 その背景は?
Amazonはデータセンターへの設備投資を増やし、2023年のクラウド部門における売上高は900億ドル以上に達した。その背景には何があるのか。(2024/3/1)

バッテリー式UPSのリスク【後編】
データセンターの「UPS」でまさかの大惨事に? バッテリーで何が起きるのか
データセンターでバッテリー電源搭載のUPSを使用する場合は、火災リスクに留意する必要がある。大量のリチウムイオンバッテリーを使用する場合、どのようなリスクがあるのか。事前に検討すべきことは何か。(2024/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.