「ロボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ロボット開発ニュース:
ゴム人工筋肉に身をゆだね、ゆだねられる!? 無目的空間「Morph inn」が開業
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズが、東京・表参道のイベントスペース「seeen」において、同社のゴム人工筋肉を用いた柔らかいロボット「Morph」を用いた都市の無目的室「Morph inn」を開業している。(2024/5/17)

「いつものやつ持ってきて」──PFNの荷物運びロボット、あいまいな指示にも対応可能に LLMの活用で
Preferred Roboticsは16日、自動搬送ロボット「カチャカ」に大規模言語モデル(LLM)を活用した新機能を追加すると発表した。人に話し掛けるような自然な会話で指示を出せるという。(2024/5/16)

医療機器ニュース:
リモコン操作でストレッチャーを搬送できる搬送アシストロボットを実用化
日本精工と湘南鎌倉総合病院は、医療従事者の負担軽減を目的とした搬送アシストロボットを実用化した。現在使用しているストレッチャーに取り付けて、リモコン操作で自由自在にストレッチャーを電動搬送できる。(2024/5/14)

ロボット掃除機を再定義:
SwitchBotが多機能掃除ロボット「S10」を発売 水道からの直接給水と下水への直接排水に対応
SwitchBotが、自動給排水機能とリアルタイムモップ洗浄機能を備えた多機能掃除ロボット「SwitchBot お掃除ロボットS10」の販売を開始する。国内ではSB C&Sを通して公式販売サイトを含むECサイト、主要な家電量販店で取り扱われる。【更新】(2024/5/14)

スマートファクトリー:
組立部品の自動保管と搬送で生産性向上、生産エリアの上部空間を効率活用
大成建設はトーヨーカネツと共同で、加工や組み立てを行う工場向けに、ロボットを用いて各生産工程への部品の供給や仕掛品の保管を効率化する「T-ロボットストレージ生産システム」を商品化した。(2024/5/13)

人工知能ニュース:
ロボット制御AIのオフライン強化学習で東芝が世界初と世界最高精度を達成
東芝は、あらかじめ作成したデータでロボット制御に用いられるAIの機械学習を行う「オフライン強化学習」において、少量の画像データで複雑なロボット操作を高精度に制御する技術を開発した。(2024/5/10)

産業用ロボット:
ユーシン精機が2パレット仕様の低全高パレタイジングロボットを発表
ユーシン精機は、低全高パレタイジングロボット「PA-50LC」を発表した。低全高化と搬送能力の向上、2パレット仕様により多様な顧客ニーズへの対応と生産性の向上に貢献する。(2024/5/10)

「聖戦士ダンバイン」を最新技術で再現 公式の実験動画に「すごい時代」「リメイク期待」と話題
「サンライズロボット研究所」開設。(2024/5/8)

協働ロボット:
コンプレッサー不要で消費電力削減、真空ポンプ内蔵の協働ロボ向け電動吸着ハンド
日東工器は、協働ロボットの先端に取り付けた真空ポンプで物品を移動できる、電動吸着ハンド「EVE-500」を発売する。コンプレッサーによるエア供給が不要で、消費電力を8割削減できる。(2024/5/8)

組み込み採用事例:
安川電機のAI機能搭載産業用ロボットがウインドリバーの組み込みLinuxを採用
ウインドリバーの組み込みLinuxプラットフォーム「Wind River Linux」が、安川電機の産業用ロボット「MOTOMAN NEXT」に採用された。自律制御ユニットに実装し、「NVIDIA Jetson Orin」上で動くLinuxを商用化する。(2024/5/7)

モノづくり総合版 メルマガ 編集後記:
諦めるにはまだ早い、ロボットやIoTで検討したい補助金活用
使えるものは使っていけばいいんです。(2024/5/2)

製造マネジメントニュース:
日立がロボットSI事業強化に向けドイツ企業を買収、JRオートメーションと連携
日立製作所は、欧州を中心にロボットSI事業を展開するドイツのMA micro automationを買収すると発表した。買収金額は7150万ユーロ(約119億円)で、2024年後半の買収完了を予定している。(2024/5/1)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
製造現場で使える生成AI、遠隔サポートやロボットコード生成など
どんどん使える形で進化しています。(2024/4/30)

材料技術:
専用船の船倉内で、木材チップをかき出すロボットの遠隔操作を試行
日本製紙など4社は共同で、木材チップ専用船の船倉内で木材チップをかき出すロボットの遠隔操作を試行した。荷役現場から離れた場所でリモコンにより遠隔操作し、3mの高さまで壁に付着したチップを剥がし取る。(2024/4/30)

IoTソリューション展:
イノテックがAIロボットハンドのデモを披露、MathWorksとの協業で
イノテックは、「第13回 IoTソリューション展【春】」において、モデルベース開発に基づくAI(人工知能)アルゴリズムを用いた良品不良品を自動仕分けするロボットハンドのデモンストレーションを行った。(2024/4/26)

小〜中電力帯動作の産業機器向け:
アナログとデジタルの長所を融合した電源、ロームが提供開始
ロームは、アナログとデジタルの長所を融合した電源ソリューション「LogiCoA(ロジコア)」の提供を始めた。小〜中電力帯で動作する産業用ロボット機器や半導体製造装置などの用途に向ける。(2024/4/25)

FAニュース:
高出力仕様の溶接電源でより幅広い施工に対応、パナの次世代コントローラー
パナソニックコネクトは溶接電源融合型ロボット「TAWERS(The Arc Welding Robot System)」のG4コントローラーシリーズとして、高出力仕様の溶接電源を搭載した「WGH4コントローラー」を日本で発売する。(2024/4/24)

協働ロボット:
PLCレスで協働ロボットの外部軸を制御、自動化システム構築の工数削減
ユニバーサルロボットはオリエンタルモーターの中空ロータリーアクチュエーター「DG IIシリーズ」を、ユニバーサルロボット製協働ロボットの周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証したと発表した。(2024/4/22)

そうやって立ち上がるの!? ボストン・ダイナミクスの新ロボットが「そうやならんやろ」な起立方法で注目集まる
これは予想外。(2024/4/19)

リアルな猫型ロボット「KIMIT」、不具合で販売中止、回収へ 「電源をオフに」呼びかけ
セガ フェイブは18日、猫型ペットロボット「KIMIT ラグドール」の販売停止と回収を発表した。(2024/4/19)

「焦げ臭い匂いがする」 セガ「リアル猫型ロボット」で発熱→生地焼ける…… 販売停止に「深くお詫び」
購入客からの報告で発覚。(2024/4/18)

Uber Eatsのロボット配達、ガスト日本橋店でもスタート 日本橋エリアで3店舗目
日本において、デリバリーロボットを使ったUber Eatsの配達に対応しているのは日本橋エリアのみ。ガスト日本橋店が「とんかつ 檍 日本橋店」「レストラン紅花別館」に続く3店舗目となる。(2024/4/18)

建機自動化:
新丸山ダムの盛土工事で計画〜建機施工〜品質管理の自動化に成功、大林組
大林組は施工計画から品質管理までを自動化する「統合施工管理システム」を開発した。新丸山ダム工事に適用し、複数建機の自律運転による盛土施工と計測ロボットを使った品質管理を行う実証施工に成功した。(2024/4/18)

Boston Dynamicsの二足歩行ロボット「Atlas」、完全電動になって再デビュー
Hyndai傘下のBoston Dynamicsは、2013年から開発している二足歩行ロボット「Atlas」の完全電動版を発表し、動画を公開した。前日には油圧式Atlasの引退を発表していた。(2024/4/18)

PR:【読者限定クーポンあり】Amazon スマイルSALEで「ECOVACS(エコバックス)」のロボット掃除機がお得! 対象製品が最大約45%オフ
ECサイト「Amazon.co.jp」において、4月19日9時からスマイルSALEが始まる。ロボット掃除機を手掛ける「エコバックス(ECOVACS)」も、幾つかの商品をセールに出品している。この記事では、特にお勧めしたいセール商品を紹介する。(2024/4/18)

売り方にも改革を実施:
アイロボットが4万円切りの「水拭き対応ロボット掃除機」を投入 “一家に1台”を目指す
アイロボットジャパンが、実売価格で4万円を切る水拭き対応ロボット掃除機を発売する。累計出荷台数が日本の全世帯数の1割を超えた今が、ロボット掃除機の普及を進めるチャンスと見た上での“攻め”だ。(2024/4/17)

アイロボット、4万円を切る“水ぶき対応ルンバ”
アイロボットジャパンは16日、水ぶきにも対応したロボット掃除機「Roomba Combo Essential robot」を発表した。(2024/4/17)

FAニュース:
ロボットを活用したプラント保守を支援する運用ソフトウェア、Spotなど対応
横河電機は、ロボット運用ソリューション「OpreX Robot Management Core」の販売を開始した。ロボットを活用したプラント保守を推進し、石油やガス、化学業界などの現場作業の安全性向上、効率化に貢献する。(2024/4/16)

ロボット:
空調設備の風量測定で6割省人化、ロボットが自動で測定 鹿島建設
鹿島建設は、設備工事に必要な換気/空調設備の風量測定業務を全自動で行うロボット「Air-vo(エアボ)」を開発した。施工中の現場5カ所で実証を行った結果、1回の風力測定業務に必要な技能者を従来の3人から1.25人に削減できることを確認した。(2024/4/11)

マイクロソフト、アマゾンも熱視線 人型ロボット市場、生成AIで加速
生成AIの進化を受けて、製造業界に人型ロボットの波が来ている。マイクロソフトやアマゾン、OpenAIなども熱視線を送る。現状を見てみよう。(2024/4/11)

“強化外骨格”で戦うアトラクション「ロボットファイト」まもなく登場 必殺技もある
「東京タワーフットタウン」にあるアミューズメント施設「RED゜TOKYO TOWER」に、新アトラクション「RFIGHT ロボットファイト」が4月24日に登場する。(2024/4/10)

無人搬送車:
搬送作業や在庫管理を自動化する、AI活用の産業用協働型自律走行搬送ロボット
ロボットバンクは、産業用協働型自律走行搬送ロボット「StarLift150」「StarMax200」の販売を開始した。高度なAI技術と経路設計アルゴリズムが組み込まれており、搬送作業や在庫管理を自動化できる。(2024/4/8)

飲食店で機械化してほしいこと 3位「下げ膳」、2位「会計」、1位は?
寿司ロボットメーカーの鈴茂器工は、飲食店の人手不足に関する調査を実施した。飲食店で機械化してほしいことの1位は「注文」(45.3%)で、2位は「会計」(40.1%)、3位は「下げ膳」(38.5%)だった。(2024/4/8)

機能は走行とジャンプだけ:
低機能ロボット群をAIで高度知能化 月面での拠点構築を目指す
中央大学は「国際宇宙産業展」に出展し、低機能の小型ロボット群をAI(人工知能)によって高度知能化する技術を展示した。月面での探査や拠点構築に生かすことを目指すものだ。(2024/4/9)

FOOMA JAPAN 2024:
FOOMA JAPAN 2024はロボットやIoTなどで出展増、約1000社が多彩な製品を展示へ
日本食品機械工業会は2024年6月4〜7日に東京ビッグサイトで開催する食品製造総合展「FOOMA JAPAN 2024」の概要を発表した。(2024/4/4)

ロボット開発ニュース:
合体!変身!そして変形!? 新開発モビリティ「Raptor」が乗り物の概念を変える
千葉工業大学 未来ロボット技術研究センターとRDS、両者の連携を通じて設立されたROIDZ TECHは、新開発のプラットフォーム型モビリティ「Raptor(ラプター)」を発表した。(2024/4/4)

MIXIの会話ロボット「Romi」と話せるAIチャットアプリ公開
MIXIは、会話AIロボット「Romi」と同様にAIとテキストチャットが行える無料Webサービスを公開。アカウント登録後に会話をするとRomi購入後に会話内容が引き継がれる。Romi本体が当たるSNS投稿キャンペーンも開催する。(2024/4/3)

物流のスマート化:
Amazon、新物流拠点にロボット3000台導入 1日最大65万個を出荷
Amazonは、神奈川県相模原市にフルフィルメントセンターを新設する。国内最大規模のAmazon Roboticsを導入し、商品の棚入れや棚出しを効率化するとともに、格納スペースも節約する。1日最大65万個以上の商品出荷が可能だ。(2024/4/3)

産業動向:
千代田化工建設とセンシンロボティクスが業務提携 plantOSとロボット、AIを融合
千代田化工建設は、センシンロボティクスと、プラントなどインフラ保存でAIやロボット、ドローン活用を目的に資本業務提携を締結した。(2024/4/1)

IoTセキュリティ:
ロボットやドローン導入による事業リスクをAI解析で低減する実証実験を開始
GMOグローバルサイン・ホールディングスは、ロボティクスとドローン分野において、AIを活用した動作ログ解析の実証実験を開始する。故障やセキュリティリスクを管理し、運用効率向上と事業リスクの低減を目指す。(2024/4/1)

FAニュース:
巻きずしをつかみ、ごま和えを添える… 総菜盛り付け自動化で人手不足に対応
経済産業省および日本ロボット工業会は「令和5年度 ロボフレ事業報告会」を東京都内で開催し、総菜製造工程の自動化事例を紹介した。(2024/3/28)

ロボット開発クローズアップ:
スケートボードから万能人型ロボットの開発へ「ロボットスケートパーク」を公開
ATR(国際電気通信基礎技術研究所)は、人の脳波や筋電、モーションキャプチャーなどのデータ収集と、ヒューマノイドロボットによる学習実験を並行/連携して実施できる「ロボットスケートパーク」をメディア向けに公開した。(2024/3/28)

Dreame、ベースステーションの自動洗浄にも対応した多機能設計のロボット掃除機「DreameBot X30 Ultra」 Makuakeで先行予約開始
Dreameは、多機能設計の全自動ロボット掃除機「DreameBot X30 Ultra」の先行予約を開始した。(2024/3/27)

PR:忙しくても時間の余裕が生まれる!  ロボット掃除機「DreameBot X30 Ultra」がかなえるペットとの“濃密時間”
コロナ禍でペットを飼い始めたものの、コロナ禍以前の生活に戻ってしまったため、ペットとの時間を確保できないと思い悩む飼い主は多い。生活の中で“自動化”できるところは自動化して、ペットと触れ合う時間を捻出したい――そう考えている人にお勧めなのが、Dreameのロボット掃除機「DreameBot X30 Ultra」だ。ペットと暮らす上で欠かせない掃除と、それに関係するあれこれをハンズフリー化できる。(2024/3/27)

階段を上るロボット掃除機、米国のスタートアップが開発
階段の上り/下りしながらフロアを跨いで掃除するロボット掃除機「MIGO Ascender」が、米国のクラウドファインディングサイト「Kickstarter」に登場した。(2024/3/26)

auオンラインショップ、最新スマホやAIロボットなどのレンタルサービス開始 2週間から利用OK
KDDIは、auオンラインショップの商品が対象のレンタルできるサービスを開始。Xperia 5 Vなどの最新スマホやAIロボットを、2週間からの「ワンタイムプラン」と「月額制プラン」で利用できる。(2024/3/25)

ロボット:
3台のロボットを群管理、エレベーターとも連携 戸田建設など5社が実証実験
戸田建設、ZMP、三菱電機ビルソリューションズなど5社は、都内の宿泊研修施設で役割が異なる3台のロボットの群管理と、人のエレベーター同乗連携に関する複合実証実験を行った。(2024/3/25)

AI技術が上司になった方が幸せなのか
「“AI上司”の方がマシ」とまで思わせる上司のNGアクション
ある調査で「人間の上司よりもAIロボットの上司が優れている」と考えるオフィスワーカーの存在が浮き彫りになった。その理由をひも解くと、従業員が上司に不満を募らせる理由が明らかになる。従業員の本音とは。(2024/3/22)

PR:【読者限定クーポンあり】Roborockの最新ロボット掃除機が最大6万5010円引き 「Amazon新生活ラストセール」対象の注目製品をチェック!
Amazon.co.jpで3月29日から4月1日まで開催される「Amazon新生活ラストセール」では、Roborock(ロボロック)の最新ロボット掃除機/スティック型水拭き掃除機が最大6万5010円引きで販売される。この記事では、対象商品の中でも特にお勧めしたい商品を紹介する。(2024/3/25)

SAITAMAロボティクスセンター、今夏にも着工 ロボット産業への参入を支援
埼玉県は、中小企業のロボット産業への参入を支援する新施設「SAITAMAロボティクスセンター(仮称)」を今年夏にも着工すると決めた。(2024/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.