• 関連の記事

「触覚」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「触覚」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
ドローン4機と車両ロボ1機を従えてパトロール 人間とロボットの混合チームで探査できるシステム
フランスのINRIAとイタリアのUniversity of Salernoによる研究チームは、人間とロボットの異種混合チームのための分散型における接続維持および探索フレームワークを開発。任意の数のドローンと地上を移動する車両ロボット、人間を含む共同チームを同時進行で管理する。(2022/1/25)

団子×ダンゴムシで「団子むし」 ダジャレから生まれたフィギュアがカプセルトイで登場
兜むしに続くダジャレシリーズ。(2022/1/24)

docomo Open House'22:
6G時代は「テレパシーがSFの世界でなくなる」 ドコモが掲げる“人間拡張基盤”とは
ドコモの最新技術を紹介する「docomo Open House'22」が開幕。同社は、6Gに向けて空、宇宙にエリアを広げる取り組みを続けている。人間の感覚をリアルタイムで伝え、保存できる「人間拡張基盤」も掲げる。(2022/1/19)

Pixel 6/6 Proの12月と1月のまとめアップデート配信開始
Googleが「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」の2021年12月分と2022年1月分をまとめた月例アップデートの配信を開始した。12月のアップデートは通信が切れる問題があったため、停止されていた。このアップデートで指紋認証も改善される見込みだ。(2022/1/15)

RazerがPCを組み込んだゲーミングデスクの新コンセプトを公開 触覚フィードバック対応のゲーミングチェアも
シンガポールRazerは1月5日、ゲーミングデスクのコンセプト「Project Sophia」をCES 2022で発表した。(2022/1/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
メタバースに没入するには結局のところ強いハートが求められる!?
いろいろな関連デバイスが出てきそうですね。(2022/1/6)

「PlayStation VR2」発表、PS5向け 触覚フィードバック機能搭載
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 5向け次世代VRシステム「PlayStation VR2」を発表した。有機ELディスプレイを搭載し、片目当たりの解像度は2000×2040ピクセル、フレームレートは90/120Hz。価格や発売日は未定。(2022/1/5)

Innovative Tech:
VRキャラクターに耳を「フー」してもらえるヘッドフォン、東大が開発 風源なしで温冷風を再現
 東京大学 Human & Environment Informatics Labの研究チームは、物理的なファンによる風がないにもかかわらず、風の感覚を耳で得られるヘッドフォン型ウェアラブルデバイスを開発した。(2022/1/5)

【育児あるある】娘「ハーネス楽で好きだった」 手をつなぐより良かったと子ども自身から驚きの証言が出てきた
これは意外。(2021/12/28)

Innovative Tech:
音楽に感動したときの鳥肌を他人と共有するデバイス、慶應大の研究チームが開発
慶應義塾大学の研究チームは、音楽の演奏を聞いている人の鳥肌を検出し、他の人に共有するシステムを開発した。(2021/12/24)

Innovative Tech:
VRのキャラクターに「腕グイ」されるデバイス 政大や京大などが開発
国立政治大学や京都大学、米ポモナ・カレッジ、米カリフォルニア大学デービス校の研究チームは、VR中でユーザーの腕を引っ張る触覚ウェアラブルデバイスを開発した。(2021/12/17)

PFUの熱いユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」で語られたこと
発売から25周年を迎えた2021年、PFUがユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」を開催した。熱烈なファンが集う会で何が話されたのか、レポートをお届けする。(2021/12/13)

Innovative Tech:
「崖から落ちたけど、壁にナイフを刺して何とか助かったぜ…」を体験できるVR、東京電機大が開発
東京電機大学松浦研究室の研究チームは、人が崖から滑落する際に、助かろうとナイフを斜面に突き立てて停止する動作を再現したVR触覚システムだ。落下から崖をナイフで刺し、しばらく引きずられて停止するまでの疑似体験を提供する。(2021/12/13)

障がいのある人もより快適なPCライフを――日本マイクロソフトがSurface用「アダプティブキット」を12月14日発売 税込み1870円
Surfaceシリーズ用に開発された「アダプティブキット」が、全世界で発売されることになった。日本でも12月14日に1870円で販売を開始する。主に視覚や手に障がいのある人のアクセシビリティを改善することが期待される。(2021/12/8)

Pixelの月例機能更新はセキュリティ以外でも82件 Pixel 6の指紋認証も改善
Googleが月例セキュリティ更新と共に、Pixelシリーズの機能の修正や改善のアップデートも実施する。「Pixel 6」シリーズの指紋認証の改善も含む。Pixel Standの位置合わせ改善など細かいものが全部で82件だ。(2021/12/7)

Innovative Tech:
「ベイマックス」のように空気で膨らむ義手 装着者のイメージ通りの動きを実現
中国の上海交通大学と米マサチューセッツ工科大学の研究チームは、ディズニー映画に出る「ベイマックス」のような空気で膨らむソフトな義肢を開発。空気圧で指が動き、軽くて柔らかい、かつ低コストであるという。(2021/12/3)

Innovative Tech:
指を電気で強制的に操るデバイス、米シカゴ大が開発 楽器の演奏指導などに活用
米シカゴ大学の研究チームは、指を電気で刺激し、それぞれ操作できるハプティクスデバイスだ。電気的筋肉刺激と、指の関節に配置される機械的なブレーキが備わった外骨格デバイスで、装着者の指4本(親指を除く)を器用に制御する。(2021/12/3)

Innovative Tech:
自動運転機能を持つ白杖、米スタンフォード大が開発 センサーで障害物を検知し、車輪で誘導
米スタンフォード大学の研究チームは、自動運転機能を持つカスタム白杖を開発。4種類のセンサーや左右に回転する車輪を搭載。周囲の障害物を検知し、車輪を回転させることでユーザーをナビゲーションする。(2021/12/2)

人が横にいる気配を再現するソファ型デバイス KDDI総研が開発 遠くにいる相手の背中をなでることも
KDDI総合研究所は、ソファ型コミュニケーションデバイス「Sync Sofa」を開発した。「身振り手振り」や「あいづち」「肩や背中をなでる」といった全身を使った身体的コミュニケーションが可能という。(2021/11/25)

Innovative Tech:
嗅覚は認証に使えるか? 香りとパスワードを一緒に記憶する実験
英Brunel University Londonらの研究チームは、香りとパスワードをひも付け、人間がどれだけ匂いで記憶できるかを検証し、嗅覚が認証システムとして効果的かを調べた。(2021/11/24)

ダイソン、製品を“試せる”バーチャル店舗 ドライヤーの温風は色で表現
ダイソンは19日、VRヘッドセットを使って消費者が自宅にいながら製品を試せる仮想店舗「Dyson Demo VR」を発表した。(2021/11/19)

Meta(旧Facebook)、7年かけて開発中の「触覚グローブ」の進捗を報告
Meta(旧Facebook)のReality Labsが開発中の「触覚グローブ」の進捗状況を紹介した。アクチュエータやセンサー、高速マイクロ流体プロセッサなどのハードと、触覚レンダリングソフトの開発を進めている。メタバースの没入型体験実現のために触覚と視聴覚のシンクロを目指す。(2021/11/17)

Innovative Tech:
食べずに「のどごし」を体感できる装置、電通大が開発 バーチャル環境で飲食を再現
電気通信大学の研究チームは、喉の皮膚を引っ張る方法で、食べ物を飲み込んだ感覚を再現する嚥下感提示装置を開発した。何も食べてないにもかかわらず、「のどごし」を提示できるという。(2021/11/17)

京セラ「HAPTIVITY i」:
触覚伝達技術が進化、薄型/軽量化と工数削減を実現
京セラは2021年11月8日、電子部品を搭載した基板を3D射出形成でカプセル化するフィンランドのスタートアップTactoTekの技術「IMSE(Injection Molded Structural Electronics)」に同社独自の触覚伝達技術を融合させた複合技術「HAPTIVITY i」を開発した、と発表した。産業機器、車載、医療、通信など幅広い用途で触覚伝達機能を有するモジュールの薄型/軽量化、部品数、工数の削減、自由な設計によるシームレスデザインを実現するとしている。(2021/11/10)

組み込み開発ニュース:
触覚伝達デバイスの浸透へ2つの技術を融合、京セラの「HAPTIVITY i」
京セラが薄型かつコンパクトでシームレスな筐体に触覚伝達機能を組み込める新技術「HAPTIVITY i」を開発。主に指先に対してリアルで多彩な触感を再現する京セラの触覚伝達技術「HAPTIVITY」と、電子部品を搭載した基板を3D射出成形でカプセル化するフィンランドのタクトテックの「IMSE」を融合させた複合技術となる。(2021/11/9)

Meta(旧Facebook)、メタバースの触覚をリアルにする人工皮膚「ReSkin」を開発中
Meta(旧Facebook)はカーネギーメロン大学と共同開発した触覚ソフトセンサー「ReSkin」を発表した。設計や基本モデルをオープンソースで公開する。ザッカーバーグCEOは「メタバースの仮想オブジェクトとの物理的相互作用に一歩近づく」と語った。(2021/11/2)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度上半期)
「無線LAN」と「Wi-Fi」実は違う? 5Gによる「触覚インターネット」とは?
「ネットワーク」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度上半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/10/29)

M1 Max搭載14インチMacBook Pro究極モデルを細かくチェック 消えたもの、復活したもの、変わったもの
MacBook Pro (14-inch, 2021) のUltimateモデル「MacBook Pro (14-inch, 2021)/M1 Max 10Core CPU/32Core GPU/64GB/2TB」を仔細にチェックして分かったこと。(2021/10/26)

産業用ロボット:
食品を自在につかむロボットをどう実現するか、CPSによるシステム思考での挑戦
立命館大学は2021年10月12日、プレスセミナーを開催し、立命館大学 理工学部 教授の川村貞夫氏が研究責任者を務め、SIP戦略的イノベーション創造プログラム「フィジカル空間デジタルデータ処理基盤」にも選ばれている「CPS構築のためのセンサリッチ柔軟エンドエフェクタシステム開発と実用化」プロジェクトについて紹介した。(2021/10/13)

Innovative Tech:
人の気配を遠隔に伝える装置 静電気で体毛が“もわっ”と
人が近くにいる感覚を静電気発生装置で再現する技術。(2021/10/8)

研究開発の最前線:
ホンダが「空飛ぶクルマ」、ガスタービンのシリーズハイブリッドで航続距離4倍に
本田技術研究所は2021年9月30日、新領域の技術開発の取り組みを発表した。公開したのは「eVTOL(電動垂直離着陸機)」「多指ロボットハンド」「循環型再生エネルギーシステム」の3つだ。“ホンダのコア技術”と位置付ける燃焼、電動化、制御、ロボティクスの技術を活用する。(2021/10/1)

Amazon初の画面付きフィットネスバンド「Halo View」は80ドル
Amazonは、初の画面付きフィットネスバンド「Halo View」を発表した。米国でホリデーシーズンに発売する。価格は79.99ドル(約9000円)。(2021/9/29)

19型の投影タッチスクリーンと8型ディスプレイで子供との時間を豊かにする新デバイス「Amazon Glow」が登場
米AmazonのDevices & Services事業部門が発表会を開き、さまざまなデバイスを投入する。ここでは、「Amazon Glow」(アマゾン グロウ)を取り上げる。現時点で日本での展開は未定だ。(2021/9/29)

厚さ約19mmで液晶ディスプレイを手前に引けばタブレットの2in1 PC「Surface Laptop Studio」が登場
MicrosoftがSurfaceシリーズの発表会を開き、2in1 PCの新機軸として「Surface Laptop Studio」が登場した。「史上最もパワフルなSurface」と銘打たれているのが特徴だ。(2021/9/23)

Microsoftが2021年Surfaceイベントで発表したことまとめ
Microsoftが恒例秋のSurface新製品発表イベントを開催。「Windows 11」搭載の4端末と、折りたたみAndroid端末「Duo 2」などを発表した。Windows端末は10月5日発売の予定だ。(2021/9/23)

Microsoftが「Surface Pro 8」「Surface Go 3」発表 Windows 11をプリインストール
Windows 11のリリースに合わせて、Surface ProとSurface Goの新世代製品が登場する。特にSurface Proは設計を刷新し、Thunderbolt 4ポートを備えたことが特徴だ。【更新】(2021/9/23)

Innovative Tech:
生きた線虫をロボットに改造 レーザー光で行動を制御
線虫を生きたままで麻痺させ、筋肉をレーザー照射で動かす。(2021/9/17)

Innovative Tech:
腕をなでられる感覚を再現 コンパクトなスリーブ型触覚デバイスを東大などが開発
この種の装置は大掛かりになりがちだったが、錯覚を利用してコンパクトにまとめた。(2021/9/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
5Gが実現する「触覚インターネット」とは?
「5G」はさまざまな業界に大きな変化をもたらす可能性がある。小売りや製造、医療業界がその例だ。それぞれの業界で、5Gは何をどう変えるのだろうか。(2021/9/17)

人と機械が協調する未来へ:
PR:アンビエントコンピューティングが作る世界で「もっと楽しい」へ
コンピュータと人をつなぐウェアラブルやxR、コンピュータが人を理解するためのAIやロボット、人とコンピュータの自然な対話を支えるHCIやAugmented Human――コンピュータと人の良いところが融合すれば、世界はもっと楽しくなる。(2021/9/15)

本当はすごい新紙幣 偽造防止の技術力、識別しやすい数字のフォント
 渋沢栄一の肖像が使われている新1万円札の印刷が1日から始まった。5000円札、1000円札とともに2024年度上期をめどに市中に出回る予定だ。04年以来となる新デザインに注目が集まっているが、SNSでは「ダサい」との声もある。しかし、今回のデザインには深い訳があるようだ。(2021/9/14)

識別しやすい:
SNSでデザイン酷評も、本当はすごい新紙幣 偽造防止の高度な技術力
渋沢栄一の肖像が使われている新1万円札の印刷が1日から始まった。5000円札、1000円札とともに2024年度上期をめどに市中に出回る予定だ。04年以来となる新デザインに注目が集まっているが、SNSでは「ダサい」との声もある。しかし、今回のデザインには深い訳があるようだ。(2021/9/13)

2度目のバーチャル開催:
「SIGGRAPH 2021」、装着者の目を表示すぐHMDなど
「SIGGRAPH 2021」が2021年8月9〜13日に、多くのカンファレンスと同じく、2年連続でバーチャル開催された。今回は、全てのコンテンツを1つのプラットフォームに統合することで、発見したり視聴しやすい優れたプラットフォームを構築し、2020年と比べてかなりスムーズな運営を実現することができていた。(2021/9/21)

Innovative Tech:
全身の動きを予測するカーペット MITが開発
9000個以上の圧力センサーによって、その上で活動する人のモーションキャプチャーを取る。(2021/9/2)

Innovative Tech:
リズムゲームを手で感じて操作できる視覚障害者向け“タブレット”「ThroughHand」
視覚障害者のための“タブレット”は、マトリックス状に配置したピンの上下で手のひらに感じさせる。操作は手の甲に対して行う。(2021/8/30)

Innovative Tech:
脈打つストラップで呼吸を整え、ストレス軽減 MITが触覚デバイス開発
呼吸のリズムを整えるためのデバイス。斜めがけのストラップに装着すると、収縮して適切な呼吸間隔に戻してくれる。(2021/8/27)

もふもふした「カイコガのぬいぐるみ」が天使レベルにかわいい 手のひらに乗ってこっち見てムキュ
本物っぽさを保ちつつ、かわいくデフォルメされています。(2021/8/25)

Innovative Tech:
“ジェット噴射”で衝撃与えるVRコントローラー 台湾大学とお茶大「JetController」開発
かなり大掛かりになってしまうが、素早い動作と衝撃の大きさで期待がかかる。(2021/8/25)

「VR国勢調査」回答募集中 利用サービスからVR恋愛まで国際比較 スイスの“VTuber人類学者”主催
「VRChat」などソーシャルVRサービス利用者の実態を調査する初の大規模アンケート調査がスタート。よく使うサービスからVR内の恋愛事情まで、世界のユーザーから回答を集め、国や地域ごとの傾向の違いを分析する。(2021/8/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.