• 関連の記事

「スマート家電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマート家電」に関する情報が集まったページです。

+Style、Amazonブラックフライデーでスマート家電/IoT製品を最大3万円オフ
+Styleは「Amazonブラックフライデー」へスマート家電/IoT製品46アイテムを最大50%オフで出品。+Style家電/デバイスは全25商品を最大5000円オフ、これ以外の製品も21製品を最大3万円で提供する。(2021/11/24)

【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第1弾を公開 「Echo Show 5」が56%オフに
ほしい物リストなどを活用しよう。(2021/11/26)

バルミューダがスマホ市場に投じた「河原の小石」──「BALMUDA Phone」に勝機はあるのか
バルミューダが11月16日に発表した5Gスマホ「BALMUDA Phone」。バルミューダがこれまで得意としてきた扇風機やトースターのような生活家電と比べても、参入障壁が高い分野といえる。バルミューダにとっての勝機はどこにあるのか。(2021/11/18)

独自プロセッサ×音声認識が“文字起こし”に革命を? 「Pixel 6 Pro」全力レビュー(後編)
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 6 Pro」は、独自プロセッサ「Google Tensor」を搭載している。これが、機械学習ベースのAI処理に大きな改善をもたらしており、カメラの画像処理だけでなく音声認識処理で大活躍する。普段使いのスマホとしての利便性と合わせてチェックしていこう。(2021/11/1)

未来のインタフェース:
どこでもドアならぬ、どこでも窓「アトモフウィンドウ」が昨対比4倍で売れているワケ
コロナ禍で約4倍に販売数を伸ばしているという、世界とつながる窓「アトモフウィンドウ2」。独自に撮影した世界各国の映像動画を写すことができる窓は、どこでもドアならぬ、「どこでも窓」のよう。コロナ禍での需要増や事業戦略を聞いた。(2021/10/28)

2021年以降のAQUOSはeSIMを標準搭載、スマート家電に自動接続する機能も
シャープが9月28日、同社のスマート家電にスマートフォンAQUOSが自動接続する新機能「AQUOS Smart home HUB」を発表した。AQUOSがWi-Fiに接続し、COCORO MEMBERSにサインインするだけで、シャープのスマート家電と連携。「かんたんデータコピー」とeSIMも今後は標準対応する。(2021/9/28)

「ヘルシオ」の音声を変えるサービス、シャープが提供 第1弾は緒方恵美さんと「戦国BASARA」
シャープは24日、「ヘルシオ」など発話機能を搭載する家電の音声を声優やアニメ/ゲームキャラクターの声に変更するサービス「COCORO VOICE」を発表した。10月27日から声優の緒方恵美さんや「戦国BASARA」のキャラクターの声を販売する。(2021/9/24)

組み込み開発ニュース:
HMI機能を搭載した32ビットマイコンを販売開始
ルネサス エレクトロニクスは、HMI機能を搭載した32ビットマイクロコントローラーの新製品「RX671」の販売を開始した。非接触操作に対応すべく、静電容量式タッチセンサーユニットを搭載している。(2021/9/22)

ルネサス RX671:
非接触HMI機能を搭載した32ビットマイコン
ルネサス エレクトロニクスは、非接触HMI機能を搭載した32ビットマイクロコントローラー「RX671」を発表した。近接スイッチや音声認識機能を備えたHVACシステム、スマートメーター、スマート家電に適している。(2021/9/21)

+Styleが「スマートカーテン」を発売 スマホからカーテンの自動開閉が可能に
プラススタイルが、+Styleブランドのオリジナル製品として、カーテンを自動開閉できる「スマートカーテン」を10月7日に発売する。スマホアプリから時間を指定して開閉でき、画面上で開閉割合を指定することもできる。アプリの「スマートモード」を活用し、時間、天気、温度、湿度などの条件に応じてカーテンを自動開閉させることもできる。(2021/9/8)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第1回】
ウェザーニューズが気象サービス「WxTech」構築で直面したインフラ面の課題とは
気象データを提供する「WxTech」サービスを構築する上で、ウェザーニューズはインフラに関する“ある課題”に直面した。それは何だったのか。(2021/7/28)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HarmonyOSで独自エコシステム構築を図るHuawei 協業が大きなカギに
Huaweiが発表した「HarmonyOS 2」は、スマートフォンを中心にタブレットやスマートウォッチ、家電やIoT機器に搭載することで、エコシステムの強化を目指す。HarmonyOS 2は発表直後の1週間で1000万ダウンロードを記録したという。一方、スマートフォンの展開には他社に後れを取っており、「P50」シリーズだけで関心を集めるのは厳しそうだ。(2021/7/14)

ユーブロックス XPLR-AOA-1、XPLR-AOA-2:
屋内測位向けエクスプローラーキット
ユーブロックスは、AoAによるBluetooth方向検知を活用した屋内測位向けエクスプローラーキット「XPLR-AOA-1」「XPLR-AOA-2」を発表した。モバイルデバイスやタグの位置をサブメートル級の精度で計算できる。(2021/7/14)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した情報操作の未来
Appleが開催した開発者向けイベント「WWDC21」。そこから見えてくるものを五つの視点で林信行氏が振り返る。(2021/6/11)

製造業がサービス業となる日:
LIXILがスマートホームサービス「Life Assist」を刷新、月額使用料が不要に
LIXILは、住宅設備機器・建材や家電などとの連携によりスマートホームを実現するIoTホームLink「Life Assist 2」を発表。中核ハードウェアとなるホームデバイスを購入すれば月額使用料なしで利用できるなど導入のハードルを下げるとともに、スマートフォンアプリの使い勝手を大幅に向上している。(2021/6/10)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

米国による制裁後もファーウェイは死なず Androidを代替するHarmonyOSはどんな状況なのか
米国が口火を切った米国製品禁輸措置により、Huaweiは多大な被害を受けた。そして、現在はどうなのか。(2021/5/31)

Microsoft 365とのセットモデルも用意:
Amazon、10.1型タブレット「Fire HD 10」を刷新 メモリ4GBで無線充電対応の「Plus」モデルも
Amazonは、同社製10.1型タブレット「Fire HD 10」をフルモデルチェンジし、新たに上位モデルの「Fire HD 10 Plus」を追加した。キッズモデルも新モデルになる他、BluetoothキーボードやMicrosoft 365とのセットモデルなども用意される。出荷は5月26日の見込みだ。(2021/4/27)

コロナで成長横ばいも回復基調に:
Bluetooth市場、LE Audioや照明が成長をけん引
Bluetooth SIGは2021年4月14日、オンライン記者説明会を開催し、Bluetoothの市場動向などを説明した。Bluetooth SIGのマーケットデベロップメント シニア・ディレクターを務めるCuck Sabin氏によれば、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、Bluetooth市場の成長は1年遅れになったものの、2021年から出荷数の増加は回復する」という。(2021/4/23)

電気自動車:
トヨタは2025年までに15車種、ホンダは中国で10車種、EV展開が加速
自動車メーカー各社が「上海モーターショー2021(Auto Shanghai 2021)」(一般公開日:2021年4月21〜28日)で電動車を披露する。(2021/4/20)

この頃、セキュリティ界隈で:
医療機器や制御システムに影響する脆弱性「NAME:WRECK」 つながるモノがはらむ危険性に警鐘
DNDプロトコルが脆弱性につながっているという。(2021/4/19)

Googleさん:
歩きポケモンしてるとGoogleさんに叱られる
歩きスマホをしていると「前方注意」と警告し、夜ふかししていると「もう寝なさい」といさめるGoogleさん。なんでもお見通しでちょっと怖い?(2021/4/18)

新型コロナの影響でBluetooth市場は鈍化 その中でも成長した分野は?
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、Bluetoothデバイスの年間出荷台数は伸び悩んでいるが、堅調な成長を続けている。特にウェアラブルやスマートホーム分野は非常に好調だという。オーディオ分野ではBluetoothヘッドフォンが成長をけん引している。(2021/4/16)

テレワーク時代のスマート家電:
家中のどこにでも音楽を流して在宅ワークを快適にする方法
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回は在宅ワークで欠かすことができない、音楽を流しながら快適に業務をこなす方法を考える。(2021/4/12)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「折りたたみ、ハイエンドカメラ、カジュアル」 Xiaomiが狙う「スマホ世界シェア2位」
2021年3月26日〜27日にXiaomiが中国・北京で新製品発表会を開催し、スマートフォンのフラグシップモデルやスマート家電、そしてスマートEV(電気自動車)への参入を発表した。今回の発表会での一番の目玉となる製品は折りたたみディスプレイを搭載する「Mi Mix Fold」だ。「スマートフォン市場のリーダーはXiaomi」という印象を全世界にアピールした。(2021/4/9)

テレワーク時代のスマート家電:
猫のおかげでどうにも在宅ワークがはかどらない! ならば「Echo Show 5」の出番だ
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回は在宅ワークの良き相棒でもあり、障壁にもなり得る“あるソリューション”との対峙(たいじ)方法を探った。(2021/4/5)

Facebook、脳からの神経信号を読み取るリストバンドを披露 ARメガネの入力用
Facebookが開発中のARメガネの入力デバイスとして開発中のリストバンドのプロトタイプを披露した。2019年に買収したCTRL-labsの技術に基づくもので、脳からの神経信号を読み取り、指の動きで仮想キーボードでの入力やARのオブジェクト操作を可能にする。(2021/3/19)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
接続に四苦八苦、スマート家電に望むこと
「HDMI ARC」ってご存じでした?(2021/3/18)

テレワーク時代のスマート家電:
スマートディスプレイとスマートセンサーで防犯対策! 快適在宅ワーク
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回はスマートホーム化する中で避けては通れない、ボトルネックとなる製品にフォーカスした。(2021/2/25)

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」を試す 実用性向上も、Bluetooth接続は改善の余地あり
ソニーのバックル型スマートウォッチ「wena 3」。ソニーの社内スタートアップ発の製品として登場したwenaシリーズの新製品だ。アナログ時計と組み合わせて使えるコンセプトはそのままに。第三世代になって連携アプリを一新。ディスプレイを拡大してスマホの通知表示が快適になった。このwena 3を試してみたのでご紹介しよう。(2021/2/25)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Honorの5Gスマートフォン「V40」が登場 “脱・Huawei化”のメリットと課題
Honorの新しいスマートフォン「V40」は、HuaweiのサブブランドだったHonorが独立してから登場する最初の製品。プロセッサや外部メモリなど、Huaweiのサブブランド時代とは異なる仕様が多い。販路も独立し、どれだけ認知を拡大できるかが問われている。(2021/2/18)

人の動きを検知するLED電球、+Styleが発売 人感センサーを一体化してコンセント不要に
ECサイト「+Style」を運営するプラススタイルが人感センサーで人の動きを検知して点灯するLED電球を発売する。価格は3980円(税込)。(2021/2/10)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HuaweiとXiaomiの動きに注目 2021年に中国メーカーの勢力図はどう変わるのか?
2020年は、米国と中国の貿易戦争に通信業界が巻き込まれた1年だった。中国メーカーのパワーバランスもこの歴史的な大きな2つの出来事により大きく変わろうとしている。中国大手4社の2020年の動きを振り返りながら、2021年の展望を予想してみた。(2021/1/8)

Cerevo、家電ベンチャーUPQを吸収合併 UPQブランドは終了へ
CerevoがUPQを2021年1月1日付で吸収合併する。企業としてのUPQは消滅し、在庫の販売を終えた時点で家電ブランド「UPQ」も終了する。(2020/12/21)

STマイクロ リファレンス設計:
Alexa Voice Service対応のUIリファレンス設計
STマイクロエレクトロニクスは、Amazonから「AVS Integration for AWS IoT Core」の利用認定を受け、音声ベースのUI開発を簡略化できるリファレンス設計を発表した。スマート機器での利用を見込む。(2020/12/10)

Googleアシスタント、Samsungのスマートデバイスの操作が可能に(日本語でも)
GoogleとSamsungがスマートホーム製品で提携し、SamsungのアプリでGoogleのNestカメラやサーモスタットを制御できるようにする。また、SmartThingsアプリとGoogleアシスタントをリンクさせることで、Samsungのスマート家電をGoogleアシスタントで操作できるようにする。(2020/12/9)

IoT家電を取り扱う+Styleが“とがったSIMフリースマホ”を販売する狙い
世界各国のIoTガジェットや、自社ブランドのスマート家電など、ネットにつながる家電製品を取り扱う+Styleが、SIMロックフリースマートフォンのコーナーを新設した。ラインアップも大幅に拡充し、TCLの5Gスマートフォン「TCL 10 5G」を独占的に先行販売。同社の主力はIoTガジェットやスマート家電だが、なぜSIMロックフリースマホの販売を強化するのか。(2020/12/8)

Xiaomi、Huawei、OPPO――スマホメーカーがスマート家電に“進撃” 中国で何が起きているのか
中国産スマートフォンメーカーが、中国を中心に、スマート家電領域に力を入れている。その筆頭格がXiaomiだ。各社の戦略と今後の展望を、中国のIT事情に詳しいライターの山谷剛史氏が解説する。(2020/12/4)

アマゾン ウェブ サービス(AWS)に障害発生 スマート家電「照明やエアコン付かない」報告相次ぐ
完全復旧にはもう少しかかるようです。(2020/11/26)

AWSで障害、「Nature Remo」「SwitchBot」などに影響 「電気消せない」と嘆く声【追記あり】
AWSの米バージニア州北部のデータセンターで障害が発生。複数のサービスが正常に動作しない状況が続いている。日本では「Nature Remo」「SwitchBot」などのスマート家電向けデバイスで不具合が発生。「電気を消せない」などの声がTwitterに投稿されている。(2020/11/26)

テレワーク時代のスマート家電:
これ以上スマート家電を導入できないだと?――スマートリモコンとWi-Fiルーターで切り抜けた
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回はスマートホーム化する中で避けては通れない、ボトルネックとなる製品にフォーカスした。(2020/11/5)

Googleのスマートディスプレイ、ダークテーマを含む大幅アップデート
Googleアシスタント搭載スマートディスプレイ「Nest Hub」シリーズのUIがまもなくアップデートし、ダークテーマやめざましディスプレイに対応する。新たにタブに機能が分けられ、目的にアクセスしやすくなる。(2020/10/20)

小型スマートスピーカー「HomePod mini」が税別1万800円で登場 発売は11月16日の予定
Appleは10月13日(現地時間)、スペシャルイベントにおいてスマートスピーカーの「HomePod mini」を発表した。注文は11月6日から行え、11月16日に発売される予定だ。価格は税別1万800円で、ホワイトとスペースグレイのカラーが用意される。(2020/10/14)

プラススタイル、Amazonプライムデーにスマート家電18商品を出品 最大44%OFF
プラススタイルは、10月13日、14日に開催されている「Amazonプライムデー」に、+Style家電などスマート家電18商品を出品した。+Style家電は、専用アプリ1つでさまざまなジャンルの製品を管理・操作するスマートホーム家電。プライムデーには14製品を出品している。(2020/10/13)

+Style、Amazonプライムデーにスマート家電18商品を最大44%オフで販売
プラススタイルは、10月13日〜14日に開催される「Amazonプライムデー」でスマート家電18商品を最大44%オフで販売。「スマートマルチリモコン」や「スマート全自動コーヒーメーカー」などをそろえる。(2020/10/9)

ラトック、USBポートに直挿しで使えるスマート家電リモコン 法人限定でサンプル出荷
ラトックシステムは、ケーブルレスで利用可能なUSB電源直結型のスマート家電リモコン「RS-WFIREX5」を発表した。(2020/9/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
小型だけど表示エリアが広い 縦長ディスプレイ搭載の「Qin 2」を試す
Xiaomi系列の多親科技が中国で販売している「Qin 2」は、Rakuten Miniとあまり変わらぬ横幅サイズながら、縦長のディスプレイを採用。Qin 2のサイズは55.4(幅)×132.6(高さ)×8.6(奥行き)mm。子どもでも持てそうなサイズながらも表示エリアが広いのです。(2020/9/28)

PR:東芝の音声AIが実現する“コミュニケーション革命” 〜何気ない会話を分析、業務効率化のヒントを抽出〜
(2020/9/25)

割引価格で販売中:
AmazonやGoogle Storeでスマート家電・スマートディスプレイがお得に
Amazonが恒例の「タイムセール祭り」を9月21日23時59分まで開催中だ。また、Google Storeでもスマートディスプレイやスマートスピーカーのセールを展開している。(2020/9/19)

テレワーク時代のスマート家電:
Amazon純正 スマートプラグで電源ボタンのない“あいつ”を操作する
Amazon純正のスマートプラグを利用すれば、音声で電源のオン/オフが行える。扇風機や電球などを使う際に重宝するが、電源ボタンのない“あいつ”も操作できるようになる。(2020/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.