• 関連の記事

「スマートハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートハウス」に関する情報が集まったページです。

PCやウェアラブルを強化するファーウェイ 日本市場でどう戦う? 責任者に聞く
スマホで知名度を上げたファーウェイ(華為技術日本)だが、最近はPC、ディスプレイやウェアラブルデバイスといった「非スマートフォン」に力を入れている。その狙いはどこにあるのか、デバイス部門の日本・韓国リージョンプレジデントを務める楊涛(ヤン・タオ)氏に話を聞いた。(2021/9/22)

Amazon.com、9月28日に新製品・サービス発表イベント開催
Amazonは9月28日に新製品やサービスを発表するイベントを開催する。昨年のイベントではEchoシリーズの新モデルやAlexaの新機能、ドローン型見守りカメラ(未発売)などが発表された。(2021/9/21)

パナソニックが家事サポートサービス 元グーグル女性幹部が指揮
スマートフォンアプリのチャットを通じ、家事をサポートする会員制サービス「Yohana Membership(ヨハナ メンバーシップ)」を米国で開始したと発表した。(2021/9/12)

Amazon、初のオリジナルスマートテレビ「Fire TV Omni」発売 410ドル(43インチ)から
Amazonがオリジナルブランドのスマートテレビ「Fire TV Omni」と「Fire TV 4」を発売した。Fire TVスティック同様にAlexaで操作できる。サイズは43インチ〜75インチで、価格は369.99ドル〜1099.99ドル。(2021/9/10)

IoTポートフォリオに音声制御を追加:
Synaptics、5億3800万米ドルでDSP Groupを買収
Synapticsは、5億3800億米ドルの現金でDSP Groupを買収することを発表した。それにより、自社のモノのインターネット(IoT)関連のポートフォリオに音声制御/音声インタフェースを追加する。(2021/9/3)

iPhone、Apple Watch、そのライバル製品はどうなる? 2021年秋以降のITガジェットを予測する
製品ラッシュとなるはずの9月はすぐそこ。AppleやGoogleの新製品を西田宗千佳さんが予想する。(2021/8/31)

組み込み開発ニュース:
スマートホームや工場向けの組み込み専用小型プロジェクションモジュール
カシオ計算機は、スマートホームやビルディング、工場などに適したプロジェクションモジュール「LH-200」を発表した。これにより、小型プロジェクションによる組み込み領域での事業を開始する。(2021/8/27)

3歳息子「にゅうにゅうください!」→スピーカー「wikipediaのからの情報です」 子どもとスマートスピーカーがいる日常を描いた漫画が笑顔を運んでくる
ちょっとおかしくてかわいい。(2021/8/21)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
2026年には315億ドル規模へ、成長続けるCIS市場でシェア落としたソニーの行方は
CIS市場は今後5年間、年平均成長率(CAGR)7.2%で成長を続け、2026年までには315億米ドルに達する見込み。(2021/8/20)

「2030年、ロボットに仕事を奪われる現役世代は19%」 理系の大学教授ら112人が予測
「2030年、ロボットに業務を奪われ、失業する人は現役世代の19%」──理系研究者たちのそんな予測を日経BPコンサルティングが発表。(2021/8/12)

車載以外の幅広い分野での採用も期待:
車載エッジAI新興企業のBlaize、7100万米ドルの資金調達
米国のスタートアップ企業であるBlaize(旧ThinCI)は、7100万米ドルのシリーズD資金調達ラウンドを終了した。同ラウンドは、今回新に参加した投資家のFranklin Templeton氏と以前から同社に投資していたシンガポールの政府系投資会社Temasekが主導し、デンソーなどの既存および新規投資家や企業が参加した。(2021/8/13)

PR:「Wi-Fi 6」対応でより快適に! TP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco X90」の魅力をチェック!
特殊な間取りの家や広い家では、Wi-Fi(無線LAN)の電波を家中に行き渡らせるのが難しいケースも多い。そんな時に便利なのが「メッシュWi-Fiルーター」だ。この記事では、TP-LinkのハイエンドメッシュWi-Fiルーター「Deco X90」の特徴を紹介する。(2021/7/20)

太陽光:
埼玉県に非FIT型ソーラーシェアリング登場、電力は地域新電力に全量売電
埼玉県所沢市に陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)が完成。発電した電力はFIT制度を利用せず地域新電力に売電し、電力の地産地消を目指すという。(2021/7/14)

組み込み開発 インタビュー:
IARシステムズの新社長は40歳、国内組み込み業界に新たな風を吹き込む
組み込み開発ツールのベンダーとして存在感を増しているIAR Systemsの日本法人の新社長に原部和久氏が就任した。国内組み込み関連企業のトップとしては40歳と若い原部氏に、今後の事業戦略や日本の組み込み業界への期待などについて聞いた。(2021/6/25)

Amazonプライムデー2日目! Fire TV Stick 4KやEcho Dotなど注目商品を総おさらい
ストックできる日用品もセール価格になっています。(2021/6/22)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
メモリ倍増の新型タブレット「Fire HD 10 Plus」を画面付きスマートスピーカーとして使ってみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする連載。新型の「Fire HD 10」をShowモードで使ってみた。(2021/6/22)

研究開発の最前線:
住空間データのImageNetとなるか、パナソニックがAIデータセットを公開する狙い
パナソニックは「CVPR2021」において2件のAI技術が採択されたと発表。このうち1件と関わる住空間向けデータセット「Home Action Genome」は、同社が独自に構築したもので、住空間向けでは従来にない大規模なデータセットであるにもかかわらず無償で公開されている。その狙いについて、パナソニック テクノロジー本部の担当者に聞いた。(2021/6/18)

Googleの初リアル店舗、ニューヨークのチェルシーでオープン
Google初のリアル店舗「Google Store in Chelsea」が6月17日にオープンする。Pixel、Nest、Fitbitなどのハードウェア販売だけでなく、リビングに見立てたコーナーでのスマートホーム体験なども提供する。(2021/6/17)

製造業がサービス業となる日:
LIXILがスマートホームサービス「Life Assist」を刷新、月額使用料が不要に
LIXILは、住宅設備機器・建材や家電などとの連携によりスマートホームを実現するIoTホームLink「Life Assist 2」を発表。中核ハードウェアとなるホームデバイスを購入すれば月額使用料なしで利用できるなど導入のハードルを下げるとともに、スマートフォンアプリの使い勝手を大幅に向上している。(2021/6/10)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

Apple、最新iOS「iOS 15」を発表 FaceTimeがAndroid、Windowsにも対応
これまでApple製品しか使えなかったビデオ通話サービス「FaceTime」が、Chromeなどのブラウザで利用可能になった。(2021/6/8)

AppleがHomeKitの機能強化を発表
Appleが「HomeKit」の新機能を発表した。いずれも2021年秋にリリースされる予定だ。(2021/6/8)

「Galaxy SmartTag+」に搭載:
探し物をcm単位で検知可能、NXPのUWBチップ
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2021年6月3日、同社のUWB(Ultra Wide Band) ICプラットフォームである「Trimension」の製品「Trimension SR040」が、Samsung Electronics(以下、Samsung)の紛失防止タグ「Galaxy SmartTag+」に採用されたと発表した。(2021/6/7)

米国による制裁後もファーウェイは死なず Androidを代替するHarmonyOSはどんな状況なのか
米国が口火を切った米国製品禁輸措置により、Huaweiは多大な被害を受けた。そして、現在はどうなのか。(2021/5/31)

Google、初の実店舗を今夏ニューヨークで開店へ FitbitやPixel製品を試して買える
Googleが、初の実店舗を今夏ニューヨークのチェルシーで開店する。FitbitやPixel、Nestシリーズなどを購入できる。Apple Storeのようにワークショップやエキスパートへの相談も可能だ。(2021/5/21)

Googleさん:
Google I/O 2021に期待すること Android 12詳細の他、Fitbitの買収効果は?
2年ぶりのGoogle I/Oが日本時間の19日午前2時から開催されます。基調講演では何が発表されるのか? 「Android 12」は確実として、Fitbitの今後やWear OSについては?(2021/5/15)

革新的な技術は魅力的だが……
LGがスマホ事業撤退を選んだ「中国の台頭」「コロナ禍」以上に残念な理由
スマートフォン事業からの撤退を決めたLG Electronics。実験的な製品を市場投入していた同社の撤退は、ライバルの台頭やコロナ禍が引き金になったことは確かだ。だが原因は本当に環境要因だけなのか。(2021/5/15)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
「Echo Show 10」をしばらく使って分かったメリットとデメリット
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程をお届けする本連載。今回は画面付きスマートスピーカーの最上位に位置する第3世代「Echo Show 10」を細かく試してみた。(2021/5/13)

スマートホームの接続性のための新規格「Matter」 旧ZigBee Allianceが発表
無線通信規格標準化団体ZigBee Allianceが団体名を「Connectivity Standards Alliance」(CSA)に改称。スマートホームの新通信規格「Matter」を発表した。Matter対応製品は参加企業のすべてのアシスタントで利用できる。(2021/5/12)

PR:自宅のネットを速くしたいならこれ! 1.4万円台で買えるTP-Linkの良コスパWi-Fi 6ルーター「Archer AX73」の魅力に迫る
自宅での「オンライン授業」や「Web会議」の増加で、普段使っているインターネットが遅いと感じる人が増えているという。速度は「インターネット回線」「Wi-Fiルーター」両面での見直しで改善するが、Wi-Fiルーターを買うならTP-Linkの「Archer AX73」をお勧めしたい。(2021/4/30)

日立造船、IoTデータの分析基盤をデータブリックスで刷新 ナレッジ共有も可能に
日立造船は、新たなデータ分析基盤として、データブリックスの「レイクハウスプラットフォーム」を導入。課題だった大規模データの分析、分析ナレッジの共有、機械学習モデルの効率的な運用管理などを実現した。(2021/4/28)

コロナで成長横ばいも回復基調に:
Bluetooth市場、LE Audioや照明が成長をけん引
Bluetooth SIGは2021年4月14日、オンライン記者説明会を開催し、Bluetoothの市場動向などを説明した。Bluetooth SIGのマーケットデベロップメント シニア・ディレクターを務めるCuck Sabin氏によれば、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、Bluetooth市場の成長は1年遅れになったものの、2021年から出荷数の増加は回復する」という。(2021/4/23)

新型コロナの影響でBluetooth市場は鈍化 その中でも成長した分野は?
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、Bluetoothデバイスの年間出荷台数は伸び悩んでいるが、堅調な成長を続けている。特にウェアラブルやスマートホーム分野は非常に好調だという。オーディオ分野ではBluetoothヘッドフォンが成長をけん引している。(2021/4/16)

ベゾスCEO最後の株主年次書簡で「プライム会員2億人超」「従業員をロボット扱いなどしていない」
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが1997年から続けている株主向け年次書簡を公開した。これが最後になる書簡で、会長就任後のビジョンを語った。労働問題で注目されているが「地球最高の雇用主を目指す」としている。(2021/4/16)

組み込み開発ニュース:
コロナ禍でBluetooth搭載機器出荷台数が横ばいに、2021年からは再び成長軌道へ
Bluetooth SIGが2025年までのBluetooth搭載機器の年間出荷台数予測をまとめた「Bluetooth市場動向2021」について解説。右肩上がりで成長を続けてきたBluetooth搭載機器の出荷台数が、2020年はコロナ禍の影響により2019年から横ばいの40億台にとどまった。しかし、2021年からは年率10%の成長を見込んでおり、2025年には64億台に達する見込みだ。(2021/4/16)

Kubernetesやコンテナの利用は拡大傾向、だが導入における課題も――IDC
IDCは、国内の企業を対象にKubernetesの導入状況に関する調査結果を発表した。幅広い業種でKubernetesの導入が進む中、同社はコンテナの利用が本格的な普及期に入ったと見ているが、同時にコンテナ導入における課題も明らかになった。(2021/4/16)

Apple、タッチスクリーン搭載スマートスピーカーなどを開発中? ユーザー自動追尾も検討か
Amazon Echo Show 10のようなユーザー追尾機能も検討しているという。(2021/4/13)

ウィンボンド リファレンスデザイン:
安全なOTA更新が可能な新リファレンスデザイン
ウィンボンド・エレクトロニクスは、ヌヴォトン、Qinglianyunと共同で、IoTデバイスのセキュアなOTA更新を可能にする、新しいリファレンスデザインを発表した。クラウドからストレージメモリに至る経路をセキュア化する。(2021/4/13)

DX推進に向けたローコード/ノーコードプラットフォームの利用状況は――IDC予測
IDCは、国内企業を対象に実施したローコード/ノーコードプラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。調査によると現時点では、アプリケーション開発に同プラットフォームを使用している企業は8.5%だった。(2021/4/13)

2025年の国内IoT市場は10.2兆円規模へ スマートホームがけん引――IDC予測
IDC Japanによると、国内IoT市場のユーザー支出額は年間平均成長率10.1%で成長し、2025年に10兆1902億円に達する見通し。産業分野別では、製造業に次いで、個人消費者の支出額も堅調な伸びが見込まれ、スマートホームといったユースケースが市場をけん引する予測だ。(2021/4/9)

LG、携帯電話事業から撤退
競争の激しい携帯電話セクターから撤退することで成長分野にリソースを集中できるとしています。(2021/4/5)

LG、スマホ事業から撤退 AIなど他分野にリソースを集中
韓国LG Electronicsが、全世界でスマートフォン事業から撤退すると発表。同社は「携帯電話市場から撤退することで、ロボティクスやAIなど、他の領域にリソースを注げる」としている。(2021/4/5)

LG Electronicsが携帯電話事業から撤退 電気自動車/IoT/B2Bソリューションに注力
韓国LG Electronicsが、7月31日までに携帯電話事業から撤退することを発表した。競争の激しい携帯電話端末(スマートフォン)市場に注いでいたリソースを、電気自動車/IoT/B2Bソリューションといった成長分野に振り向けるという。(2021/4/5)

早くも市場の断片化も:
音声インタフェースは主流になるのか?
音声制御と音声インタフェースは、消費者向けエッジデバイスのほぼ全てのカテゴリーに容赦なく浸透し始めている。音声認識アルゴリズムとAIアクセラレーターハードウェアの両方の進化は、音声制御技術がスマートホーム向けデバイスなど電力とコストに制約されるアプリケーションでも(一部の単純なものさえ含め)利用できるようになっていることを意味する。(2021/4/2)

家電メーカー進化論:
日本進出7年で売上200億突破のアンカー・ジャパン、“成功の裏側”と多ブランド戦略の意図
Ankerグループは2011年創業。13年設立の日本法人は初年度売り上げ約9億円、18年には200億円超と急成長を遂げ、今やモバイルバッテリーの代名詞ブランドとなった。また家電、オーディオデバイス、モバイルプロジェクターなど、次々と新ブランドを展開。急成長の秘密と多ブランド展開の戦略と展望を、猿渡歩COOに聞いた。(2021/3/31)

Facebook、脳からの神経信号を読み取るリストバンドを披露 ARメガネの入力用
Facebookが開発中のARメガネの入力デバイスとして開発中のリストバンドのプロトタイプを披露した。2019年に買収したCTRL-labsの技術に基づくもので、脳からの神経信号を読み取り、指の動きで仮想キーボードでの入力やARのオブジェクト操作を可能にする。(2021/3/19)

モノづくり総合版 メールマガジン 編集後記:
接続に四苦八苦、スマート家電に望むこと
「HDMI ARC」ってご存じでした?(2021/3/18)

24GHz帯で他規格との干渉なし:
ミリ波で周辺の機器を無線充電、米新興企業が開発
ワイヤレス電力伝送は、半導体業界の中で常に注目を集めているトピックの1つだ。今回、米国カリフォルニア工科大学(CALTECH)からスピンオフして設立された新興企業GuRu Wirelessが、ワイヤレス電力伝送向けのシステムを開発したと発表した。(2021/3/11)

第5回 住宅・ビル・施設Week:
抗菌の素材から開発、ヤマダ電機グループの住宅メーカーがwithコロナの住まいを提案
ヤマダホームズは、ヤマダホールディングスの一員として、災害に強い設備を備え、健康に留意したスマートハウスの実現を目指している。コロナ禍にあっても、抗菌・抗ウイルスの素材や部材の開発、24時間の換気システム、ウイルスを居住スペースに持ち込まない導線設計など、各種の対策を用意している。(2021/3/11)

Google、アプリ開発SDK「Flutter 2」公開 Webとデスクトップ、Surface Duoもサポート
Googleが2018年にリリースしたアプリ開発SDKのバージョン2「Flutter 2」を公開した。iOSとAndroidに加え、Windows、macOS、Linux、Webブラウザ向けのアプリを開発できる。Microsoftは2画面端末「Surface Duo」でFlutterを採用している。(2021/3/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.