• 関連の記事

「システム開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
システム開発 − TechTargetジャパン

embedded world 2024:
エッジAIが至るところに 「embedded world 2024」がドイツで開幕
組み込み技術の展示会「embedded world 2024」(ドイツ・ニュルンベルク)が2023年4月9日に開幕した。企業/団体が計7ホールを埋め、組み込みシステム開発の分野における最新トレンドを紹介している。(2024/4/10)

1000人に聞いた:
テレワーク時のマナー 「チャットに反応する」「マイクをオフにする」を超えた1位は?
コロナ禍を経て広まったテレワーク。働き方の変化に伴い、ビジネスマナーも変化している。新しい働き方であるテレワークにおいては、どのようなマナーが一般的になっているのか。システム開発のLASSIC(鳥取市)が運営する「テレワーク・リモートワーク総合研究所」が調査した。(2024/3/30)

2大開発手法を比較【後編】
「ウオーターフォール」が好きな企業、「アジャイル」に失敗する企業の特徴
従来は「ウオーターフォール」型開発が主流だったシステム開発で、「アジャイル」型開発に移行する企業の動きが目立つ。しかし、移行は一筋縄ではいかない。(2024/3/20)

遠隔監視:
遠隔地からCFT柱のコンクリート充填作業を管理、鹿島が工事映像配信システム開発
鹿島建設はCFT柱の施工作業を遠隔管理する工事映像配信システム「moni-as」を開発し、複数の現場に導入した。技術者や施工担当者の業務負担を軽減できることを確認した。(2024/3/18)

調査で判明した人材不足の現実:
クラウド時代に生き残るための、従来型システム運用脱却法
クラウドへシフトが進み新たなシステム開発が加速する中、運用チームは疲弊し人材不足に悩む実態が今回の調査で見えてきた。クラウド時代に適した新たな運用モデルとは何か、どうしたら改革できるのか。小さな成功体験の積み重ねの先に答えはある。(2024/3/19)

2大開発手法を比較【前編】
いまさら聞けない「ウオーターフォール」と「アジャイル」の基本的な違い
代表的なシステム開発手法として、ウオーターフォール型開発とアジャイル型開発がある。それぞれどのようなルーツや特徴を持つのか、基本をおさらいしよう。(2024/3/7)

現場管理:
鹿島建設とシャープ、山岳トンネル向け遠隔コミュニケーションシステム開発
鹿島建設とシャープは共同で、動画と静止画をハイブリッドに組み合わせて送信する山岳トンネル工事向けの遠隔コミュニケーションシステムを開発した。実際のトンネル工事で現場実証を行ったところ、通信環境が良好でないトンネル坑内の切羽の状態を目視判定した。(2024/2/28)

現場管理:
吊り荷直下への侵入をAIとGNSSでリアルタイム監視 熊谷組が安全システム開発
熊谷組は、AIとGNSSを活用し吊り荷直下への侵入者をリアルタイムで監視できる安全システムを開発した。危険エリアへの侵入時には警報装置で注意喚起する。また、吊り荷真下をLED投光器で照らして可視化し、事故を未然に防ぐ機能も搭載した。(2024/2/27)

現場管理:
東急建設、環境データを一元管理できるシステム開発 工種工法ごとのCO2排出量推定も可能
東急建設はアイシーソフトが開発した環境データ一元管理システムに独自機能を追加し、運用している。工種工法ごとのCO2排出量推定から、竣工までのCO2排出量の試算にも対応し、環境関連データの把握/開示に関する業務を効率化する。(2024/2/27)

エイブリックなどが共同開発:
10万円の漏水検知システム開発キット 「DIY感覚」で手軽に構築
エイブリック、アットマークテクノ、ソラコムの3社は2024年2月7日、エイブリックの「バッテリレス漏水センサ」を活用した漏水検知IoT(モノのインターネット)開発キットを共同で開発したと発表した。10万円以下で、手軽に漏水検知システムを導入できることが特長だ。(2024/2/14)

組み込み開発ニュース:
ソフトウェア定義開発に向けて組み込み開発者のスキルを向上する学習環境を提供
BlackBerryは、高度なスキルを持つ組み込みシステム開発者に対する需要の高まりを背景に、「QNX Everywhere」を2024年初頭に開始する。QNXソフトウェアに関する知識を学生や学術研究機関、専門家が容易に習得できるよう環境を提供する。(2024/1/29)

開発と運用で重みを増す「自動化」【中編】
顧客体験を高めるなら「バックエンドの改善」を重視すべき理由
システム開発と運用管理のプロセスに自動化技術を組み込むことの価値は何なのか。通信大手の経営幹部が「顧客中心主義にはITサービス管理(ITSM)が不可欠」と説く理由とは。(2024/1/23)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
「sudo」は須藤とは読まない JavaでもCでもない「初心者が学ぶべき言語」は?
「システム開発」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

クラウドでのシステム構築を成功させるには【中編】
システム開発はなぜ失敗する? “見て見ぬふり”では駄目なその原因
サービスの迅速な市場投入は企業にとって死活問題だが、ただスピーディーに開発を進めるだけでは意味がない。企業がシステム開発の失敗を繰り返さないために忘れてはいけない点とは。(2023/12/26)

積水ハウスで個人情報3万件漏えいか 委託先・BIPROGYによるセキュリティ設定に不備
積水ハウスが、システム開発用のクラウドサーバから個人情報など3万件超が漏えいした可能性があると発表した。一部の情報は漏えいを確認した。システム開発を委託していたBIPROGYによるセキュリティ設定に不備があったという。(2023/11/29)

「Dockerは枯れた技術になりつつある」:
クラウドネイティブをけん引してきた「Docker」10周年 前佛氏が「コンテナの価値を実感するのにちょうど良いタイミング」と断言する理由
多くの企業でITインフラやシステム開発の在り方を見直す機運が高まりつつある。急速に変化するビジネス環境に対応するためには「クラウドネイティブ」の取り組みも欠かせない。さくらインターネットの前佛雅人氏は、2023年に10周年を迎えたDockerの歩みを振り返りながら、コンテナ技術が重要な理由や、開発や運用においてDockerコンテナを利用する際のポイントを解説した。(2023/11/28)

Weekly Memo:
マルチクラウドによる基幹システム開発は可能か? 金融機関の挑戦に見る
北國銀行がマルチクラウドによる勘定系システムの開発を開始した。Google Cloudが開催したイベントの基調講演で同行のトップが明らかにした狙いとは。筆者が注目するポイントとともに紹介する。(2023/11/20)

TOPPAN、生成AI活用でシステム開発期間を最大70%短縮
OPPANホールディングスは、社内システムのプログラム開発業務に特化したLLMを開発し、プログラムの要約やコード作成などに導入したところ、業務時間が最大約70%短縮したと発表した。(2023/11/9)

デジタル変革のメソッド どこから挑む? どこから変える?:
DXと従来のシステム開発は何が違う? 開発工程で知っておくべきことをまとめてみた
DXプロジェクトで開発するシステムは、業務の効率化を目指す従来のシステムとは役割や位置付けが異なるため、その開発も異なるアプローチが必要だ。どのようなことに気を付けるべきか。(2023/11/2)

ロボット:
戸田建設とALSOKのロボット実証が経産省に採択、セキュリティ扉と連携でエリア自律移動
戸田建設とALSOKが計画しているロボットとセキュリティ扉の連携に関する実証実験が、経産省の公募事業に採択された。実証では、自動ドアとロボットがスムーズに連携するシステム開発を目指す。(2023/10/20)

「月末が憂鬱だった」 定型業務を“8割削減”、メドレー経理の変革とは
月末が近づくと憂鬱になる──期限内に終わらせなければというプレッシャーを抱えていたメドレー財務経理部門では、社外のツールや自分たちでシステム開発をするというDXによって8割の業務削減に成功した。その手法を探る。(2023/10/20)

車載システムの開発を支援:
Microchip、「デトロイト車載技術センター」を拡張
Microchip Technologyは、車載機器メーカーのシステム開発を支援する施設「デトロイト車載技術センター」(米国ミシガン州ノバイ)を拡張したと発表した。(2023/10/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(110):
この契約は、請負でも準委任でもありません
発注者は請負だと思い、受注者は準委任だと思って進めていたシステム開発プロジェクト。だがトラブルが起きて契約書を見直してみると、請負、準委任、どちらの文字も書面になかった。トラブルの責任はどちらが負うべきなのだろうか。(2023/10/10)

シャープがローカル5Gシステム開発 設計から保守まで対応、12月以降に受注販売開始
シャープは、システム設計から保守までワンストップのローカル5Gシステムを開発。据え置き型の「IDU(In Door Unit)」タイプとコンパクトなドングルタイプの2機種を提供し、12月以降に受注販売を開始する。(2023/10/6)

子会社設立の主な目的はコスト抑制:
IT子会社の課題は「受け身体質」「スピード感」、ではどう改善する? ガートナーが提言
ガートナージャパンは、国内のIT子会社の実情に関する調査結果を発表した。IT子会社を設立している主な理由は、人件費の抑制やシステム開発コストの抑制、システム運用コストの抑制などだった。(2023/10/6)

建設DX加速へ:
「クラウド上に仮想建築」で建設現場どう変わる? 大成建設と日立がシステム開発へ
ゼネコン大手の大成建設と日立グループは、仮想空間「メタバース」で建築物の意匠や構造を確認しながら、発注者と施工者が承認作業を進められるシステムの開発を始めた。建設業界では従来、紙の図面を用いた作業が続いてきた。システムの導入で「生産プロセスのDX」を図り、業務の効率化や働き方改革につなげたい考えだ。(2023/10/5)

システム開発と生成AI【後編】
生成AIでもローコードでもない「システム開発の本命」とは何か?
生成AIやローコード開発ツールが使われるシステム開発には、今後何が求められるのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/28)

システム開発と生成AI【中編】
システム開発の“あの問題”が「生成AI」で悪化するかどうかを分ける条件
システム開発における生成AIの活用が広がる一方で、課題が浮上している。どう対処すればいいのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/21)

システム開発と生成AI【前編】
「生成AI」と「ローコード」がむしろ“開発者不足”を招く現実 その理由は?
生成AIの登場は、システム開発にどのような変化をもたらしたのか。ローコード開発ツールベンダーOutSystemsの創業者兼CEOが解説する。(2023/9/15)

FAニュース:
川崎重工が油圧装置の故障予兆などが可能な状態監視システム開発、2024年から展開
川崎重工業は、一般産業機械向け油圧装置用状態監視システムを開発した。油圧装置の稼働状態を可視化することで保守点検作業の負担を軽減し、油圧ポンプの故障予兆診断により、設備のダウンタイムを短縮する。(2023/9/8)

FAニュース:
横河電機がアクショナブル意思決定支援システム開発、熟練者の勘とこつを形式知化
横河電機は、モノづくり変革ソリューション「OpreX Digital Plant Operation Intelligence」の機能強化として「アクショナブル意思決定支援システム」を開発した。作業者の経験値に依存しないプラント運転が可能になる。(2023/9/7)

みずほフィナンシャルグループの生成AI変革【後編】
「システム障害のみずほ」の“残念なイメージ”は生成AIで払拭されるのか
みずほフィナンシャルグループは富士通と共同で、システム開発分野で「生成AI」を活用する試みを進めている。過去にシステム障害を経験した同グループは、先端技術である生成AIの活用で汚名を返上できるのか。(2023/8/10)

みずほフィナンシャルグループの生成AI変革【前編】
みずほがシステム開発で富士通の「生成AI」に期待すること
みずほフィナンシャルグループは富士通と共同で、システム開発分野で「生成AI」(ジェネレーティブAI)を活用する実証実験に着手した。具体的な狙いは何なのか。(2023/8/2)

厚生労働省で行政文書データ1100万件誤削除 システム仕様策定時の確認不足で保存期間にミス
厚生労働省は、システム開発時に策定した仕様が不適切だったことが原因で、保存期間の経過していない行政文書データ約1100万件が削除されたと発表した。(2023/8/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Theint Kaythi San(前):
数学が苦手だった、だからITの道に進んだ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はSGシステムでシステム開発を担当する、Theint Kaythi San(ティン・ケイティー・サン)さんにお話を伺う。どちらかといえば内向的だったティンさんが「自分から行動しなきゃ楽しめない」と考え方を変えた、留学先での出来事とは。(2023/7/25)

IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた[2023年版] パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業
IT系企業で平均年収が高いのは、勢いのあるネットベンチャー系企業なのか、それとも伝統的なSIerなのか。有価証券報告書を基に、パッケージソフトウェア系、SI/システム開発系、クラウド/キャリア系企業の従業員数や平均年齢、平均年収などをまとめた。(2023/7/24)

物流のスマート化:
日産自動車とTOPPANエッジ、完成車両の位置をリアルタイムで把握する物流管理システム開発
日産自動車とTOPPANエッジは、GPSとRFIDを用いて、完成車両の位置をリアルタイムで把握できる物流管理システムを共同開発した。完成車両を移動させる作業者が、専用デバイスのボタンを押すことで、車両情報と位置情報を登録できる。(2023/7/18)

銀行のイノベーションとシステム開発事例【後編】
銀行のシステム開発を「まるで別物」に変えたアジャイルな手法とは?
東南アジアの銀行大手DBS Bankは、社内で開発したポータルサイトを用いて開発の生産性向上につなげる。同行が開発プロセスを改善するために実践する方法とは。(2023/7/13)

銀行のイノベーションとシステム開発事例【中編】
システム開発で「あの工程を大幅削減」した銀行の先進事例は何がすごい?
東南アジアの銀行大手DBS Bankは、社内で開発したポータルサイトを用いて開発業務の生産性向上に取り組む。このポータルサイトは、どのような点が高く評価されているのか。(2023/7/6)

ニンテンドーシステムズ、IT技術者の中途採用開始 データエンジニアなど19職種 「良い意味で面倒くさがりな人」求む
任天堂のシステム開発などを担うニンテンドーシステムズは、IT技術者の中途採用を始めると発表した。データエンジニアやフロントエンドエンジニア、ゲームサーバエンジニアなど全19職種を募集している。(2023/7/5)

製造現場向けAI技術:
外観検査や異物混入検査のAI画像検査ソフトウェアを無償公開、検査装置の開発促進
AIロボティクスは、オープンソースソフトウェアとして、工場での外観検査や異物混入検査を自動化するAI画像検査ソフトウェアの提供を開始した。製造業やシステム開発会社に対し、ソースコードを無償で提供する。(2023/6/27)

みずほ、システム開発・保守を生成AIで改善 富士通と実証実験
富士通が、みずほのシステム開発・保守作業を改善する実証実験を始めた。生成AIを活用し、システム設計書の記載漏れや書き間違いを自動検出するという。(2023/6/19)

AIがGoogle Cloudでのシステム開発について何でも教えてくれる 「Duet AI for Google Cloud」発表
Googleが、Google Cloudでのシステム開発をAIが支援してくれる「Duet AI for Google Cloud」を発表。コードの補完やエラーの指摘、実装計画についてのアドバイスをしてくれるという。(2023/5/15)

AI開発停止要求署名は無意味、透明性と説明責任の改善を──Hugging Faceのルッチョーニ博士
イーロン・マスク氏などが署名した「GPT-4より強力なシステム開発を停止せよ」という公開書簡について、AI研究者が「非現実的で不必要」と評した。それよりもガイドラインを作成し、透明性と説明責任を改善すべきだと主張する。(2023/4/5)

ChatGPTで文字起こしから要約まで LINEに送付可能な「AIボイス要約くん」登場
AIに関するシステム開発を行う上原技研は4月4日、ChatGPTとLINEを活用したサービス「AIボイス要約くん」を始めた。会話、会議などを録音データを文字データに変換、要約してLINEに送付できるサービス。対応言語は日本語、英語、フランス語、イタリア語の4カ国語。(2023/4/4)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(107):
たった1日連絡しなかっただけで契約解除ってどういうことですか!?
システム開発プロジェクトの途中で認識の齟齬が発生したベンダーとユーザー企業。至急の打ち合わせを求めるユーザー企業にダンマリを決め込んだベンダーは、その後、大変なことになる。(2023/4/3)

作り切ることに責任を持つ:
PR:上流フェーズからプロジェクトにかかわり、UI/UX駆動で価値を提供する「Alceo」
UI/UXデザインとシステム開発をシームレスに融合し、真のサービス価値を生み出すプロ集団の挑戦。(2023/3/31)

”コロナ明け”で本格的な再開:
「embedded world 2023」がドイツで開幕
組み込み技術の展示会「embedded world 2023」(ドイツ・ニュルンベルク)が2023年3月14日に開幕した。企業/団体が計6ホールを埋め、組み込みシステム開発の分野における最新トレンドを紹介している。(2023/3/15)

産業用ロボット:
アマダが新たなファイバーレーザー溶接ロボットシステム開発、AI活用など3機種
アマダは、ファイバーレーザー溶接ロボットシステム「FLW-6000ENSISe」「FLW-3000Le」「FLW-1500MT+CR」を開発した。安全性や操作性が向上し、省エネ、省スペース化している。(2023/2/20)

Google、ChatGPT競合チャットbot開発中の新興企業Anthropicを支援
GoogleはOpenAIの「ChatGPT」と競合するチャットbot「Claude」を開発する新興企業Anthropicを支援すると発表した。AnthropicはGoogle Cloudを優先クラウドプロバイダーとし、GoogleはAnthropicのAIシステム開発のためにTPUおよびGPUクラスタを構築する。(2023/2/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.