• 関連の記事

「システム障害」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「システム障害」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

金融庁、みずほ銀行に業務改善命令 8カ月間で7回のシステム障害
金融庁は、みずほ銀行とみずほフィナンシャルグループに対し、業務改善命令を発出した。10月29日までに適切な管理態勢を確保するための計画案などを提出するように求める。みずほ銀行では、2021年2月から9月の間に合計7回のシステム障害が発生していた。(2021/9/22)

楽天モバイルで4時間半の通信障害 「システム障害」原因
楽天モバイルの一部のユーザーで11日午後1時ごろから5時30分ごろまで、データ通信が利用しづらい状態になった。(2021/9/13)

楽天モバイル、11日の障害中の電話料無料に
楽天モバイルは、9月11日に4時間余りにわたって発生したシステム障害期間中の電話料金を請求対象外とすると発表した。該当期間は9月11日午後1時から午後5時30分までの4時間半。一部のユーザーに、データ通信ができない障害が発生した。(2021/9/13)

楽天モバイルで通信障害 現在は復旧
9月11日、楽天モバイルで通信障害が発生していた。一部ユーザーがデータ通信や楽天モバイルへの申し込みがしにくい状況となっていた。原因はシステム障害のため。(2021/9/11)

みずほ、システム担当者3年間で6割削減 ブラックボックス化進む
みずほ銀行でシステム障害が相次いでいる問題で、みずほフィナンシャルグループ(FG)が基幹システムの開発などを担当する人員を全面稼働後に約6割削減していたことが31日、分かった。障害の多発や、原因究明の遅れの背景として、システムの保守管理に関わるノウハウが十分に引き継がれなかった可能性も指摘されており、信頼回復に向けた取り組みは時間を要しそうだ。(2021/9/1)

3〜4年前を思い出す:
本当に「前例はない」のか ニップンが“決算延期”に陥った大規模攻撃の教訓
ニップンがサイバー攻撃を受け、システム障害に陥った。早期復旧は難しく「これほど広範囲に影響を及ぼす事案は例がない」とされる。しかし、実際には前例はあったともいえるのではないか。過去の事例から学べることは……?(2021/8/24)

みずほ銀のシステム障害、基幹システムと店舗端末をつなぐシステムが故障 バックアップも機能せず 「原因は調査中」
システム障害により、みずほ銀行とみずほ信託銀行の店頭窓口で入出金や振り込みが一時できなくなっていた問題で、みずほフィナンシャルグループが会見を開き、勘定系システムと店舗の事務処理端末をつなぐシステムが故障していたと明らかにした。原因については「調査中」としている。(2021/8/20)

みずほ銀のシステム障害が復旧 きょう午後にも会見へ
システム障害により、みずほ銀行の店頭窓口で入出金や振り込みができなくなっていたが、システムが復旧し全ての取引が可能になったという。同行はきょう午後にも会見を開き、障害の詳しい原因などについて説明する。(2021/8/20)

みずほ銀で大規模システム障害 全店舗で窓口取引できず、ATMは通常通り
みずほ銀行はシステム障害で全店舗窓口での入出金や振り込みなどの取引ができなくなっていると発表した。ATMやインターネットバンキングなど店頭以外では通常通り取引できるという。復旧のめどは立っていない。(2021/8/20)

みずほ銀行、システム障害により店頭で取引できない状態に
ATMやネットバンキングは利用可能。(2021/8/20)

ニップンで「前例のない規模」のシステム障害が発生 サイバー攻撃によるサーバーへの不正アクセスだったと公表
ニップンは、7月7日に起きたシステム障害でサイバー攻撃によるサーバーへの不正アクセスがあったことを発表した。保管する企業情報及び個人情報の一部が流出した可能性がある。財務システムも被害を受け、21年4〜6月期の決算は約3カ月延期すると発表した。(2021/8/19)

クラウドやサードパーティー利用もリスクに:
一般企業も耳が痛い? 金融機関のシステム障害1500件を引き起こした“4大原因”
金融庁が「金融機関のシステム障害に関する分析レポート」を公開した。金融機関の相次ぐシステム障害を受け、リスク管理の参考になる障害傾向や事例をまとめた。その内容からは、一般企業にも通じる最近の障害の傾向が浮かび上がってきた。(2021/7/2)

半径300メートルのIT:
もはやセキュリティ対策の必需品? システム障害を乗り切るSNSの使い方
2021年2月28日に発生したみずほ銀行の大規模なシステム障害のレポートが公開されました。この中で、筆者が注目したのは障害に関する情報がSNSで急速に波及したという事実です。企業は障害発生時にSNSをどう活用していくべきなのでしょうか。(2021/6/22)

「システム障害、ネットニュースで把握」みずほ頭取
みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長とみずほ銀行の藤原弘治頭取らは15日午後、東京都内で記者会見を開いた。藤原頭取は2月28日午前に発生したシステム障害について同日午後1時半ごろインターネットのニュースで知ったことを明らかにし、「組織的な反省点」だと認めた。記者会見での主なやり取りは次の通り。(2021/6/16)

「問題の根底には企業風土」──みずほFG、銀行システム障害の調査報告書を公開
みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月15日、2月以降、みずほ銀行のATMで立て続けに発生したシステム障害について、外部調査の報告書を発表。(2021/6/15)

特選プレミアムコンテンツガイド
「サーバが落ちました」をいら立たせずに伝える方法
システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。IT部門のヘルプデスクはユーザーの苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。(2021/5/27)

コープデリ、システム障害で「ほとんどの商品」配送できない状態 事前の連絡が間に合わず困惑する家庭も
物流システムのトラブルにより、5月10日〜5月14日分の配達でほとんどの商品が届かない状態。(2021/5/12)

国内初の量り売りデリも:
IKEA新宿オープン 予約サイトのシステム障害も発生
イケア・ジャパンは5月1日、3店舗目の都心型店舗「IKEA新宿」をオープンした。(2021/5/1)

ATMシステム障害でみずほFGが中間報告 再発防止へ開発体制や情報共有を強化
みずほ銀行のATMでシステム障害が多発していた問題で、みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が記者会見を行い、検証の中間報告と再発防止策を公表した。システムの開発人員の増員や、危機管理上の情報共有の体制強化などを再発防止策に盛り込んだ。(2021/4/6)

クラウド時代のDR
システム障害を経験した企業が新システムに込めた教訓 復旧に向けた2つの時間
障害や災害によるシステムの停止は回避できるに越したことはないが、経験しなければ得られない学びもある。ある企業がシステム障害を引き起こした事例から、同社が得た教訓と対策を紹介する。(2021/3/19)

AWS FIS登場、東京でもカオスエンジニアリング支援ツールが利用可能に
AWSがカオスエンジニアリングを実践するための新サービス「AWS Fault Injection Simulator(FIS)」を発表した。システムの障害回避能力の実装や障害発生後の回復時間短縮化などに取り組みやすくなる。(2021/3/17)

みずほ銀、またもシステム障害 カードローンのプログラム更新で定期預金の取引できず
みずほ銀行は同行のATMとインターネットバンキング「みずほダイレクト」で一時、定期預金の取引ができなくなる障害が発生したと発表。障害はすでに復旧している。カードローンに関するプログラムの更新作業が原因だったという。(2021/3/8)

みずほ銀、デジタル通帳「e-口座」への自動切り替え延期 システム障害を受けて
みずほ銀行は、1年以上通帳記帳がない口座をデジタル通帳の「みずほ e-口座」へ自動切り替えについて、当面の間、延期すると発表した。当初は2月下旬から3月上旬に行うとしていた。(2021/3/5)

みずほ銀、3月上旬のオンライン口座移行を断念か システム障害で計画見直し
みずほ銀行は2月28日に発生した大規模システム障害を受け、既存の口座をオンライン口座「みずほ e-口座」に移行させる計画を延期する方向で調整していることを明らかにした。(2021/3/5)

システム過負荷でなぜATMにトラブルが? みずほ銀システム障害、運用面の課題あらわに
2月28日に発生したみずほ銀行のシステム障害では、想定以上のデータを処理したことでシステムに大きな負荷が掛かり、取引やATMの機能が制限され障害としてあらわれていた。(2021/3/2)

みずほ銀、システム障害で謝罪 原因はデータ移行作業や月末処理による過負荷
2月28日に発生したみずほ銀行のシステム障害の影響で、一部のATMで取り引きなどができなくなった件について、同行は3月1日に記者会見を開き、謝罪した。定期預金のデータ移行作業や月末の処理件数が重なり、システムに負担がかかったのが障害の原因という。(2021/3/1)

みずほ銀行のシステム障害、ほぼ復旧 定期預金のデータ更新作業が原因 1日午後にも説明へ
一部のATMで2月28日から起きていた障害について、みずほ銀行がほぼ復旧したと発表。定期預金のデータ更新作業が原因だという。1日午後にも一連の経緯を説明する場を設ける方向で調整中。(2021/3/1)

HP直販サイトでシステム障害 納期正しく反映されず
日本HPの直販サイト「HP Directplus」でシステム障害が発生し、購入した後に納期のめどが正しく反映されない問題が起きていると発表した。(2021/2/17)

リテルヒューズ CPC1561B:
二重保護機能付きのNO型ソリッドステートリレー
リテルヒューズは、電流制限回路とサーマルシャットダウン回路を組み込んだNO型ソリッドステートリレー「CPC1561B」を発表した。自動復帰機能も備え、ダウンタイムや修理コストの削減、システム障害の回避に貢献する。(2021/2/9)

「システム障害」の切り抜け方【後編】
システム障害にいら立つユーザーがほっとする“魔法の言葉”
システム障害に直面したユーザーは、そのいら立ちをヘルプデスクにぶつけてしまうことがある。IT部門のヘルプデスクは、苦情をどう受け止め、どのように対処すればよいのか。(2021/1/16)

「システム障害」の切り抜け方【前編】
「サーバがダウンしました」をうまく伝える方法
システム障害を解決するスピードよりも、IT部門がそれをどう説明するかの方が、ユーザーにとって大きな意味を持つことがある。障害発生時にユーザーをいら立たせない「優れた謝罪」のこつは。(2021/1/10)

もはや「世界の単一障害点(SPOF)」か?:
Googleのシステム障害、認証サービスダウンがはらむリスクがあらわに
2020年12月14日午後8時55分ごろから約50分にわたってGoogleの主なサービスが利用できなくなった。原因について公式の情報は出ていないが、今回の件は、認証サービスが単一障害点になるリスクを明らかにするものとなった。(2020/12/15)

ネット証券3社でシステム障害、最大1時間取引できず 原因は米国の取次先システム
SBI証券などネット証券3社で12月7日の深夜から8日未明にかけて、米国株式の取引が一時できない状態になっていたことが分かった。米国の取次先のシステム障害が原因。3社は利用者の状況や障害の原因などについて調査を進めている。(2020/12/9)

富士通、社長ら5人を減俸処分 東証システム障害で 社長報酬50%カット
10月1日に東京証券取引所でシステム障害が発生し、全銘柄の取引が終日停止となった問題を受け、富士通は12月3日、時田隆仁社長を始め役員5人の減俸処分を発表した。(2020/12/4)

東証システム障害、新社長は「責任の一端はわれわれに」 富士通には「システム開発に全力を挙げて」
JPXの清田瞭CEO(最高経営責任者)が記者会見を開き、富士通に「損害賠償する予定はない」と明言した。(2020/11/30)

東証の宮原社長、システム障害で引責辞任 新社長はJPXの清田瞭CEOが兼務へ
日本証券取引所(JPX)グループは11月30日、10月に東京証券取引所で発生したシステム障害の責任を取り、東証の宮原幸一郎社長が辞任すると発表した。新社長はJPXの清田瞭CEO(最高経営責任者)が兼務する。(2020/11/30)

金融庁、JPXと東証に業務改善命令 再発防止や責任の所在の明確化など要求 10月のシステム障害で
東京証券取引所(東証)で発生したシステム障害を巡り、金融庁は11月30日、対策が不十分だったとして日本取引所(JPX)と東証に業務改善命令を出した。(2020/11/30)

持続化給付金、申請不備でも給付 受託先のシステム障害で
「持続化給付金」事業で、委託先企業のシステムに不具合があり、要件を満たしていないにも関わらず給付した事例が536件あった。(2020/11/30)

LINEでシステム障害 原因はネットワーク調整作業
LINE社のメッセージアプリ「LINE」(iOS/Android)で、11月9日午後2時32分ごろから52分ごろにかけて障害が発生した。原因はネットワークの調整作業によるものとしている。(2020/11/9)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
インスタントリカバリーを数分で、仮想化環境に特化した包括的データ保護術とは
システム障害の影響は認識するものの、有効なデータ保護戦略を導入していない企業はいまだ多く、早急な改善が必要となる。そこで注目したいのが、オールフラッシュとバックアップソフトの組み合わせで実現する、包括的なデータ保護戦略だ。(2021/8/2)

“東証レベル”の対応ができる企業は少数派、という現実:
「想定外のシステム障害」は必ず起こる――東証の対応から、企業が今のうちに学べること
2020年10月1日に発生した東証のシステム障害をきっかけに「もしも同じような状況に置かれたら、果たして自分たちはどこまで対応できるのか」と自問自答したIT担当者やCIOは多いだろう。想定外の障害が発生しても冷静に対応するために、今回の事件から何を学べるのか。(2020/10/27)

東証システム障害、金融庁が立ち入り検査 改善命令なら8年ぶり
東京証券取引所(東証)で10月1日に発生したシステム障害を巡り、金融庁は東証への立ち入り検査を始めた。システム障害の発生原因について現地で詳しく検証する。検査結果を踏まえ、業務改善命令などの行政処分を検討する。(2020/10/23)

東証システム障害はマニュアルの不備 富士通「確認が不十分だった」 関係役員の処分を検討
東証で発生したシステム障害について、富士通が製品マニュアルに不備があったと説明。製品仕様とマニュアル内容を再確認し、再発防止に努めるという。役員の処分は取締役会で検討する。(2020/10/20)

自動バックアップ、5年間オフのまま 東証システム障害、富士通のマニュアルに不備
東京証券取引所(東証)はシステム障害によって発生した株式の終日売買停止について、原因の詳細を発表。マニュアルの不備で、バックアップ機への自動切り替えが5年間オフになっていたことが分かった。10月中に証券会社らと協議会を立ち上げ、再発防止に努める。(2020/10/20)

金融庁、システム障害の東証に立入検査 マニュアルの不備が原因
 金融庁は、10月1日にシステム障害を起こし売買停止となった東京証券取引所に立入検査を実施する方針を固めた。日経新聞が19日に報じた。(2020/10/20)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「理系以外いらない」と言われた気がした、東証システム障害の会見への反応
コンプレックスなので、受け止め方がジメジメしがち。(2020/10/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
全てのビジネスパーソンが、東証の“完璧すぎる記者会見”を見るべき理由
10月1日に、東京証券取引所でシステム障害が発生した。しかし、システム障害当日の夜に実施された記者会見は、「完璧」といっても過言ではない内容であり、ビジネスパーソンにとって見習いたい点が数多くみられた。あの会見には、東証のどんな優れたポイントが隠れていたのだろうか。(2020/10/9)

富士通、東証のシステム障害で謝罪 「原因究明、再発防止に取り組む」
10月1日に東京証券取引所(東証)で発生したシステム障害の影響で国内の主要株式市場が終日取引停止となった件で、システム開発元の富士通が謝罪。同社の時田隆仁社長は「原因究明、再発防止に取り組んでいく」と述べた。(2020/10/6)

MVNOにも影響:
ドコモの顧客システムに障害 店頭、Webや電話での手続きが不能に【回復済み】
NTTドコモの顧客システム(通称「ALADIN」)にシステム障害が発生し、各種手続きが行えない状況が発生したが14時30分頃に回復した。(2020/10/4)

東証、売買取引を再開 システム障害での終日停止から復活
10月2日午前9時、東証が売買取引を再開した。(2020/10/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.