• 関連の記事

「東京地方裁判所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京地方裁判所」に関する情報が集まったページです。

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(114):
開発が遅延した上に、メンバーの体調不良までわが社のせいにするのか!
「お前らはセンスを持ち合わせていないのか」「自分がこの部屋から出て行ったら終わりだぞ」。担当プロジェクトが遅延し、ユーザー企業担当者から責められ体調を崩したベンダーのエンジニア。その原因は、ユーザー企業、ベンダー、どちらにあるのか――。(2024/6/25)

NEWS Weekly Top10:
Facebookから“著名人詐欺広告”激減? 「対策できるのにやらなかった」疑惑
最近Facebook広告が変わった気がする。少し前まで大問題になっていた、著名人をかたって投資を勧誘するなりすまし広告が急に見られなくなったのだ。(2024/6/10)

「漫画村」元運営者、17億円超の賠償金捻出する策を実行へ 開示請求書類の山示し「誹謗中傷してきた奴全員訴える」
誹謗中傷投稿者からの和解金を充てる考え。(2024/6/7)

エヴァなど手がけたアニメ制作会社「ガイナックス」破産 「幹部の会社を私物化したかのような運営で経営悪化」と内情つづる
(2024/6/7)

「虎に翼」、新キャラの過去が明らかに “チョコレート”きっかけに涙の声「この場面、泣くしかないっしょ」
ホーナーの過去が明らかになりました。(2024/6/6)

FCNTがLenovoグループ傘下になった意義 自律神経測定スマホ「arrows We2 Plus」はどこがスゴい?
再スタートを切ったFCNTが5月16日に新型スマートフォン「arrows We2」「arrows We2 Plus」を発表し、今後の事業戦略を明らかにした。arrows We2はミッドレンジモデルで、arrows We2 Plusはミッドハイモデルとなる。どちらも「arrows We」の後継モデルで、堅牢(けんろう)性や独自機能がアピールされる。(2024/5/17)

「漫画村」運営者に17億3600万円超の損害賠償支払い命令 運営者は「著作権侵害に当たらない」「時効完成」と主張も退けられる
弁護士「日本の著作権に関する損害訴訟においてはおそらく過去最高額」。(2024/4/18)

経済の「雑学」:
「目黒駅」と「中目黒駅」の違いは何か 周辺交通を分析してみた
目黒区の外にある「目黒駅」と、区内にある「中目黒駅」。区内の鉄道、バスの実態はどうなっているのか。周辺交通に乗車し、調べてきた。(2024/4/11)

「信長の野望」の画像、戦国ゲームアプリの広告に無断利用 コーエーテクモ、シンガポール企業を提訴
「信長の野望」などの画像や商標が許諾なくアプリのWeb広告に使われ、著作権を侵害されたとし、コーエーテクモゲームスが、シンガポールのアプリ開発企業を東京地裁に提訴。(2024/4/9)

新しいarrowsやらくらくスマートフォンは出る? Lenovoグループに入って何が変わった? キーマンに聞く「新生FCNT」
富士通の携帯電話端末事業に源流を持つメーカー「FCNT」が、Lenovo出資のもと再出発した。「arrows」や「らくらくスマートフォン」は一体どうなるのか。Motorola(モトローラ)とどうすみ分けるのか。そしてハイエンド端末は出るのか――新生FCNTのキーマンに話を聞いた。(2024/4/8)

壇蜜や吉木りさ所属の芸能事務所フィットが破産 “ウルトラマン”俳優は「突然のことで驚きました」
所属していた芸能人たちがコメントを発表。(2024/3/28)

日本レコード協会、音楽違法アップローダー11人と賠償金の支払いなどで合意 金額は平均40万円
日本レコード協会は25日、ファイル共有ソフト「BitTorrent」を使ってネット上に大量の音楽ファイルを継続してアップロードしていたユーザーについて、東京地方裁判所などがISPに対して発信者情報を開示するよう判決を下したと発表した。(2024/3/25)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(113):
仕様書通りにシステムを作りました。使えなくても知りません
ユーザー企業が作った仕様書に抜け漏れがあり、その通りに作ったシステムが使いものにならなかった。悪いのは、ベンダー、ユーザー企業、どちらなのか?(2024/2/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
復活できなかったオーサムストア フライング タイガーとどこで差がついたのか
オーサムストアを運営する企業が、破たんした。これまで、オーサムストアを立ち上げたオーサムも2023年に自己破産をしており、今や都心の一等地に出店を重ねてきた勢いは見る影もない。ライバルのフライング タイガーと、どこで差がついたのか。(2024/2/27)

NEWS Weekly Top10:
今あえて「mixi」をやってみて気づいた、あのころの良さ
最近筆者は、往年のSNS「mixi」を本格的に再開している。mixiのスタートは2004年。“Web2.0”としては先進的なサービスだった。当時最先端だったサービスを20年後にやってみたら、意外な感情がわき起こってきた。(2024/2/19)

NEWS Weekly Top10:
NHK時計のアプリは「ひどすぎる」? これぞ“ジェネレーションギャップ”か……
若者世代によるXへのこんな投稿が話題になった。「NHKの時計アプリ見つけたんだけど酷すぎて泣いてる今」。「NHK時計」は2009年にNHKが初めて出したiOSアプリだ。その存在を懐かしがる昭和世代との反応にジェネレーションギャップが生じている。(2024/2/13)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

WeWork Japanが民事再生の申立て 事業はソフトバンクが継承
これまで通りサービスを提供するとのこと。(2024/2/1)

WeWork Japanが民事再生へ ソフトバンクが事業承継 「サービスレベルや契約条件は変更しない」
WeWork Japanは2月1日、東京地方裁判所へ民事再生の申立てを行ったと発表した。今後同社の全事業は、ソフトバンクが新設する完全子会社のWWJに移管するという。(2024/2/1)

磯部孝のアパレル最前線:
“パクリ疑惑”続出のSHEINを、なぜ日本の若者は支持するの? ユニクロが訴訟を起こした根本的理由
ユニクロは1月16日、模倣商品の販売停止などを求めて、SHEINブランドを展開する3社を提訴したと発表した。パクリ騒動が後を絶たないSHEINはなぜ、若者に支持され続けているのか。(2024/1/31)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(112):
何でスキル不足のエンジニアをアサインしたからって訴えられるんですか
顧客企業のプロジェクトのために下請け企業が用意したのは、プログラミングのいろはも知らないエンジニア。結局、契約期間途中で退場することになったが、責任は誰が取るべきなのか――。(2024/1/29)

V-Lowマルチメディア放送「i-dio」のジャパンマルチメディア放送が特別清算へ 負債47億円
V-Lowマルチメディア放送「i-dio(アイディオ)」を展開していたジャパンマルチメディア放送が、1月12日に東京地裁から特別清算開始命令を受けた。(2024/1/23)

「食べログ」の点数アルゴリズムめぐって飲食店が起こした訴訟、運営のカカクコムが逆転勝訴
カカクコムに3840万円の損害賠償支払いを命じた第一審が覆されました。(2024/1/19)

「ガキだよね」取り調べ録画、異例の再生 国賠訴訟で東京地裁 動画あり 
犯人隠避教唆罪で起訴され、有罪が確定した元弁護士の江口大和氏(37)が、取り調べで黙秘権を侵害されたなどとして国に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が、東京地裁(貝阿弥亮裁判長)であり、検事が「ガキだよね、あなたって」などと発言した取り調べの録音・録画映像が法廷で再生された。(2024/1/19)

ユニクロ、中国発ブランド「SHEIN」を提訴 “模倣商品”の販売巡り 「顧客からの高い信頼を損ねている」
ユニクロは1月16日、中国発のファッションブランド「SHEIN」を展開する3社を提訴したと発表した。ユニクロが販売する「ラウンドミニショルダーバッグ」の模倣商品を販売し、不正競争防止法に違反していると主張している。(2024/1/16)

「空飛ぶバイク」のA.L.I. Technologiesが破産手続き開始 仮面ライダーや新庄監督も乗っていた
A.L.I. Technologiesが、2023年12月27日に東京地方裁判所へ破産申請し、1月10日に破産手続き開始の決定を受けた。帝国データバンクが15日付で報じた。(2024/1/15)

YOSHIKIへの名誉毀損で小学館提訴 1億1000万円の損害賠償求める 「米国法人も法的措置の検討を開始」
米国法人も法的措置の検討を開始。YOSHIKIさん本人も訴訟を検討しているとのこと。(2023/12/28)

品質不正問題:
無理解な経営陣の「短期開発」が生んだ、ダイハツ64車種の不正
ダイハツ工業は同社が開発し、国内外で生産中の全ての車種の出荷を自主的に停止すると発表した。生産を終了したものを含め、64車種とエンジン3機種で型式認証の試験での不正行為が確認されたためだ。(2023/12/21)

脱毛サロン「銀座カラー」運営会社が破産 利用者「お金返して」「まだ回数が残っているのに」
「銀座カラー」は全店舗を閉店しています。(2023/12/18)

ゲーム「あんスタ」運営、キャラ画像に「不適切加工」し拡散した人物に損害賠償請求訴訟
当該の人物に対する発信者情報の開示請求が裁判所に認められたことから、訴訟を提起したとしています。(2023/12/1)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(111):
ベンダー社員過労死の遠因はユーザー企業にもあるのか
仕様確定が遅れ、プログラム数が大幅に増え、スケジュールが2カ月以上遅れ、しかも納期順守を求められたプロジェクト。そこに従事するエンジニアがある日、遺体で見つかった――。(2023/11/14)

「アレクサで特許権侵害」とアマゾンを提訴、岐阜県の開発企業 過去にはLINEに勝訴
AI技術などの研究開発を行うフューチャーアイは6日、AIアシスタント「Alexa」が自社の特許を侵害しているとして、米Amazon.comやアマゾンジャパンなど4社を8月24日付で提訴していたと発表した。(2023/11/6)

パチンコチェーン運営のガイアが民事再生申請 グループで約1600億円の負債
パチンコホールの営業は継続の意向。(2023/10/31)

「私の請求は棄却されました」──リュカの名前めぐる裁判で「小説ドラクエV」作者の久美沙織さんが敗訴
小説ドラゴンクエストV」作者の久美沙織さんが、主人公の名前「リュカ」や公的な呼び掛けを映画で無断改変・使用されたとしてスクウェア・エニックスらを訴えていた裁判で東京地裁は原告の請求を棄却した。(2023/10/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(110):
この契約は、請負でも準委任でもありません
発注者は請負だと思い、受注者は準委任だと思って進めていたシステム開発プロジェクト。だがトラブルが起きて契約書を見直してみると、請負、準委任、どちらの文字も書面になかった。トラブルの責任はどちらが負うべきなのだろうか。(2023/10/10)

中国LenovoがFCNTの資産を継承 新会社を通して「arrows」「らくらくスマートフォン」を継続へ
中国Lenovoが、新会社を通してFCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)からプロダクト事業とサービス事業を継承した。旧社が開発/製造した端末についても、順次サポートを再開する予定だという。(2023/9/29)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
急に退職代行を使われた──引き継ぎは依頼できる? 対応はどうしたらいい?
急に、社員から退職代行サービスを使った退職連絡があった場合はどうしたらいいのか。引き継ぎとそのための出社の依頼は可能なのか。また、退職の手続きで気を付けるべきことは何か。社労士が解説します。(2023/9/29)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(109):
ファイアウォールの設定を、すり抜け放題にしました☆
移管と再構築を行ったデータセンターから大量の個人情報漏えいの可能性が発生した。損害賠償を求める発注者、セキュリティ機器の設定は契約外と主張するベンダー。契約書に書かれていない要件の不備は、どちらの責任になるのか――。(2023/9/25)

「arrows」のFCNT、スマホ事業をLenovoに譲渡か TSR報じる
5月に民事再生手続きを開始した、スマートフォン「arrows」「らくらくスマホ」を手掛けるFCNTが、プロダクト&サービス事業をLenovo Group Limitedに譲渡する予定だと、東京商工リサーチが報じた。なお、現時点でFCNT、Lenovoからのアナウンスはない。(2023/9/1)

FCNTの「arrows」「らくスマ」はLenovoが継承? 東京商工リサーチ報道
民事再生法を申請し、プロダクト(端末関連)事業とソリューション事業におけるスポンサーを探しているFCNT。そんな同社のプロダクト(端末関連)事業におけるスポンサーとしてLenovoが名乗りを挙げたとの情報が入った。現在、本件に関する事実確認を進めている。【追記】(2023/9/1)

要求は「商品の全廃棄」“AFURI”商標巡り酒造メーカーがトラブル告発 ラーメン店社長は反論「私、間違ってるでしょうか?」
両者の主張は。(2023/8/25)

「人格を矯正します」 映像作家、“すべての表立った活動”を中止へ
多摩美術大学が金子さんの年度末での准教授退任を発表しました。(2023/8/9)

裁判に発展したケースも:
勝手に深夜残業する部下、成果は出ているが……注意すべきか? 残業代はどうなる?
「夜の方が集中できる」という理由で深夜残業をしている社員がいます。実際に成果は出ていますが、残業代や労働時間の観点から注意すべきでしょうか?(2023/7/25)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(108):
準委任契約だけど、責任は取ってください
準委任契約で要件定義を行い、請負契約で設計以降を行ったシステムが使用に耐えないものだった。悪いのはベンダー、ユーザー、どっち――?(2023/7/3)

「arrows」愛用者、TwitterでFCNTを激励 中の人「申し訳ない気持ちでいっぱい」
「arrows」のFCNTが民事再生。Twitterには同社を激励するリプライが多数届いており、“中の人”は「突然のことに申し訳ない気持ちでいっぱいです」などと返信している。(2023/5/31)

「地球の歩き方」は健在なのに……ダイヤモンド・ビッグ倒産で誤解広がる
 「『地球の歩き方』は現在も、国内外のガイドブックを出し続けています」と出版元が誤解を訂正。創刊元の倒産で誤解が広がっている。(2023/5/31)

「特選街」のマキノ出版、破産へ
「特選街」「壮快」などを発行していたマキノ出版が5月29日、民事再生手続き廃止決定を受けた。今後、破産に移行する見込み。(2023/5/31)

製造マネジメントニュース:
元富士通の携帯電話部門が民事再生へ、arrowsの開発や販売を停止
富士通の携帯電話端末部門が前身のFCNTは、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申し立てを行ったことを発表した。(2023/5/31)

端末事業のスポンサーは現時点で見つからず:
「arrows」「らくらくスマートフォン」のFCNTが民事再生を申請 販売やサポートに影響が出る可能性
「arrows」「らくらくスマートフォン」で知られるFCNT(旧富士通コネクテッドテクノロジーズ)が、親会社のREINOWAホールディングスと、兄弟会社のジャパン・イーエム・ソリューションズと共に東京地方裁判所に民事再生手続きを申し立てた。コア事業の1つである端末事業については現時点で支援企業が見つかっていない。(2023/5/30)

「arrows」スマホ製造のFCNTが民事再生へ 販売数減、半導体不足など重なり
スマートフォン「arrows」シリーズや「らくらくスマートフォン」を製造するFCNTとグループ会社のジャパン・イーエム・ソリューションズ、持株会社のREINOWAホールディングスが民事再生手続きを申請した。(2023/5/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.