• 関連の記事

「東京オリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オリンピック」に関する情報が集まったページです。

川井梨紗子が第1子出産 両親ともにレスリング関係者で「お母さん同様パワフルに育つことを願ってます」の声
川井選手は2021年8月、元レスリング選手の金城希龍さんと結婚。(2022/5/12)

価格下落の条件:
「不動産大暴落予測」は当たるのか リーマンショック以上のマイナス要因
5年ほど前に「2025年東京不動産大暴落」という拙著をイースト・プレスという出版社から出した。その原稿を書いた時には「2025年なんてまだまだ先の話さ」と思っていた。しかし、あと3年というところまで迫ってきた。(2022/5/10)

金沢「ちょい弁当(焼肉丼)」(864円):
天国と地獄? 北陸新幹線金沢開業からコロナ禍の7年間、老舗駅弁店の8代目はどう見たのか? 金沢駅弁・大友楼
北陸新幹線開業→東京五輪開催の流れで金沢は世界の観光客でも潤う“はず”でした。しかしコロナ禍で……。まるで天国と地獄、金沢の老舗駅弁店は何を感じているのかを聞きました。(2022/5/8)

進化するカプセル玩具:
なぜ駅ナカに? 「ガチャガチャ」専門店が相次ぎオープン 市場規模は400億円超
「ガチャガチャ」や「ガチャポン」の愛称で親しまれるカプセル玩具の専門店が近年、“駅ナカ”に相次いでオープンしている。ガチャガチャといえば、かつてはスーパーマーケットの店先やゲームセンターに設置され、子どもが親に「買って」とねだる、そんな印象が強かったが、近年は売場も客層も大きく変化しているようだ。(2022/5/5)

バスや個室:
第3次サウナブーム過熱、なぜ?
新型コロナウイルス禍を背景に、サウナへの注目が集まっている。サウナを題材にした漫画やドラマが人気を博し、中高年から若者まで全国のサウナーがユニークなサウナに熱を上げている。(2022/5/3)

「きもい」「仕事減ったな」水谷隼、誹謗中傷DMへ怒り 「後で泣き喚いても一切同情しないから」
現役時代にも中傷DMを大量に送られていた水谷さん。(2022/4/26)

「ニューヨーク・タイムズ」も注目:
クラファン3分で2800万円集めた”マスク型翻訳機” 「今は売上につながらなくてもいい」と社長が話すワケ
従業員3人のスタートアップが開発したマスク型翻訳機「C-FACE」がコロナ禍で大きな注目を集めた。36カ国約150社から問い合わせがあり、『ニューヨーク・タイムズ』でも紹介された。しかし、ハードウェア認証や日本という国柄の問題でそこまで大きな売り上げにつながっていないのが現状だという。社長は「今はそれでもいい」と話す。その理由とは?(2022/4/19)

電子ブックレット(メカ設計):
東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)表彰台プロジェクトを取り上げた「東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜」をお送りします。(2022/4/18)

再掲示に:
JR恵比寿駅、ロシア語案内が復活 SNSで「言語に罪はない」
JR東日本が恵比寿駅のロシア語の乗り換え案内を非表示にしていた問題で、同社は15日、案内を復活させた。SNSで「言語に罪はない」などと同社の対応を批判する声が広がったことを受け、再掲示に踏み切ったという。(2022/4/15)

【追記あり】駅に掲出されていた「ロシア語の案内」が「調整中」に…… ウクライナ侵攻との関連は? JR東に聞いた
【追記あり】ロシア語での案内を再開するとのこと。(2022/4/14)

産業動向:
建設業の「労働環境」「年間給与額」は全産業を上回る、労働時間は3年連続減
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2022年3月分のマンスリーレポートを公表した。今月は、建設業における最新の給与動向と労働時間を調査し、独自の視点から分析している。(2022/4/11)

外食意向「当分は様子を見て控える」が32.5% 歓迎会の実施率は8.2%
外食の現状や消費者心理調査。コロナ禍前と比べて、現在までの外食頻度の変化を聞いたところ、「当分は様子を見て外食を控える」と答えた人は32.5%だった。(2022/4/8)

胃がんステージ4のバレー日本五輪代表・藤井直伸、リーグ戦4位の自軍祝福 病を克服し「必ず元気にコートに帰ります!」
2月末にがんを告白した際にも復帰を宣言。(2022/4/4)

数奇な運命:
京丹後の廃虚タワー 再生案「スケボーパーク」に早くも暗雲
京都府京丹後市が管理する「丹後王国タワー」。平成10年の建設直後は観光の目玉として期待されたが、16年の台風23号で被災した後は放置状態となり、今や“廃墟”と化した。昨年の東京五輪を機に高まったスケートボード人気を受け、市は撤去後の跡地をスケートボードパークとして整備する予算案を先月の市議会定例会に提案した。(2022/4/4)

「値上げ?」「1950円って高くない?」 2022年4月1日開始「首都高」の料金改定 つまりどういうこと?
どういうこと? 何が変わる? お得なこともある? を解説します。(2022/4/2)

コロナ後を見据え跳躍:
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」5周年 ブシロード木谷会長が明かす「ゲームとライブビジネスの両輪経営」
音楽活動に青春を燃やす女子学生たちを描いた『BanG Dream!(バンドリ!)』。東証マザーズに上場するエンタメ企業・ブシロードグループが展開するメディアコンテンツで、2015年から16年にかけて展開された同名の漫画や小説を原案に、アニメやゲーム、そして音楽ライブなど多岐にわたるエンタメビジネスを展開している。(2022/4/2)

小寺信良のIT大作戦:
TTSの発展は「誰でもオーディオブック」の世界を開くか 無料で商用利用もできる「VOICEVOX」の実用度
TTS(Text to Speech)の進化が著しい。これがオーディオコンテンツ作成にどう影響するのかを小寺信良さんが考察する。(2022/3/28)

川口春奈、“Going!カラー”衣装でキャスターを卒業 視聴者目線の取材が高評価「土曜の夜がさみしくなるなぁ」
川口さん「闘う全てのアスリートの方、本当に本当に頭があがりません」(2022/3/27)

白バイに「乗れる」ぞぉぉ! 東京モーターサイクルショーに出展、魅惑の「新世代のはたらくバイクたち」もすごいんです
「街中で見かける」はたらくバイクもかっこいい〜。気になるバイクもたくさんありますよ。(2022/3/25)

オリラジ藤森、95歳迎える祖母の命は「頑張って1週間ほど」 コロナ禍で面会不可「涙が止まらなくなっちゃいました」
せめて電話で話せるといいな……。【訂正】(2022/3/25)

東京五輪スケボー金 四十住さくら、“振り袖×スケボー”のコラボを披露 20歳の抱負は「大好きなスケートボード楽しく頑張ります」   
おめでとうございます。(2022/3/18)

“日の丸アーチェリー”復活:
従業員10人の町工場が手掛けた「下町アーチェリー」 東京・江戸川区からパリ五輪へ
かつて世界に誇るアーチェリー専門ブランドがあった日本。バブル崩壊後の不景気や少子化などで事業撤退を余儀なくされ、“日の丸アーチェリー”は2000年代初頭までに事実上、消滅したが、約20年の時を経て、昭和感が残る下町の小さな町工場がそのDNAを引き継いだ。いかにして、国産アーチェリーは復活を遂げたのか。その舞台裏を取材した。(2022/3/19)

建設業の人材動向レポート(41):
コロナ禍でも「建設技術者」と「建設技能工」の人材需給は高まる
本連載では、ヒューマンリソシアが運営する「建設HR」が独自に調査した建設業における人材や市場動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、建設業における2021年の人材需給動向を分析している。(2022/3/17)

ニッセイ基礎研究所の分析:
日本のホテル市場の回復は世界に遅れるのか 回復速度の違いが拡大
世界ではホテル市場において徐々に明るい展望が見えてきているようだ。一方で、国内ブランドの業績は芳しくない。原因は何なのか?(2022/3/19)

あの会社の「SDGs」:
ナチュラルローソンの「量り売り」 コロナ禍で模索されていた「エコ」以外の役割
「ナチュラルローソン」が、洗剤やドライフルーツの「量り売り」を一部店舗で実施している。第1の目的はプラスチック削減だが、コロナ禍では新たな収益源として活用することも想定されていた。(2022/3/9)

読売広告社発表:
住民が「愛着」や「誇り」を感じる街、2位の兵庫県西宮市を抑えた都市は?
読売広告社の都市生活研究所が、都市への誇りや愛着、評価を明らかにする「シビックプライド調査 2021」を実施した。(2022/3/7)

ゲッティイメージズが発表:
北京五輪で「日本で最も検索されたアスリート」 3位「平野歩夢」、2位「高木美帆」、1位は?
ゲッティイメージズが、北京五輪期間中、日本で最も検索されたアスリートランキングTOP10を発表した。その結果、1位は「羽生結弦」(日本・フィギュアスケート)だった。2位は「高木美帆」(日本・スピードスケート)、3位は「平野歩夢」(日本・スノーボード)だった。トップ10のうち、6選手がフィギュアスケートからの選出となった。(2022/3/2)

ゲッティイメージズが発表:
北京五輪で「世界で最も検索されたアスリート」 3位「ネイサン・チェン」、2位「谷愛凌」、1位は?
ゲッティイメージズが、北京五輪期間中、世界で最も検索されたアスリートランキングTOP10を発表した。その結果、1位は「カミラ・ワリエワ」(ROC・フィギュアスケート)だった。2位は「谷愛凌」(中国・フリースタイルスキー)、3位は「ネイサン・チェン」(米国・フィギュアスケート)だった。日本人選手では「羽生結弦」(日本・フィギュアスケート)が8位となり、唯一ランクインした。(2022/3/2)

何を検証すべきか:
東京オリパラに関する総括はどうした
昨夏のコロナ過の最中に行われ、議論を呼んだ東京オリンピック・パラリンピック。その招致時に企図された狙いの大半はコロナ過もあり脆くも崩れ去ったため、費用対効果の面では見るも無残な結果となった。それも含め、ごまかさずにきちんと総括すべきだ。(2022/3/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
やっぱり「セブン」は強かった!? 「そごう・西武」売却騒動で分かったコンビニ事業の底力
セブン&アイ・ホールディングスはそごう・西武の売却を進めている。米国の投資ファンドは、コンビニの潜在的成長率の高さに注目している。日本のコンビニはやっぱり強かったといえそうだ。(2022/3/2)

卓球の水谷隼、7歳長女とテレビ初共演 放送後にも2ショット公開「ハラハラドキドキしたけど良かった」
仲の良い親子。(2022/3/1)

バレー日本代表・藤井直伸、胃がん公表から一夜明け「元気、勇気をいただきました!!」 同期選手は“丸刈り”でエール
みんな応援しています。(2022/2/28)

バレー日本五輪代表・藤井直伸、ステージ4の胃がん公表 盟友らがエール「絶対乗り越えられる!」「ずっと待ってるよ」
2021年末から目の不調を感じていたとのこと。(2022/2/28)

OMO3東京赤坂 by 星野リゾート:
「社長が住む街1位」の東京・赤坂で星野リゾートが仕掛ける “旅のテンションを上げるホテル”とは
東京・赤坂に新たなホテルがオープンした。星野リゾートが運営する「OMO3東京赤坂 by 星野リゾート」。その特徴とは?(2022/2/26)

今日のリサーチ:
電通「2021年 日本の広告費」 インターネット広告費が初の4マス超え
2021年の日本の総広告費は6兆7998億円で前年比110.4%。市場全体がマイナス成長となった前年から大きく回復。もちろんインターネット広告は引き続き順調に伸びています。(2022/2/25)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

ウクライナ人柔道家ダリア・ビロディド「ロシアが戦争を始めました」 現地の状況明かし「私たちは生きたい」と訴え
東京オリンピックで銅メダル。(2022/2/24)

元女子バドミントン“タカマツペア”高橋礼華、第1子を出産 初親子ショット公開で「旦那も私もすでに親バカでメロメロ」
おめでとうございます!(2022/2/23)

スーパー猫の日:
「ネコノミクス」が日本を救う? 経済効果は約2兆円
2022年2月22日は「スーパー猫の日」といわれる。猫カフェや猫グッズなど関連需要で生まれる経済波及効果「ネコノミクス」は過去最高水準の2兆円近くになるとの試算も出ている。(2022/2/22)

サウナと五輪の意外な関係も:
スキージャンプ金・小林陵侑選手の原動力はサウナ 世界の市場規模は?
北京五輪のスキージャンプノーマルヒルで金メダルを獲得した小林陵侑選手が、無類のサウナ好きを告白し、Twitterで話題になっている。(2022/2/22)

飲食店向けSaaSなのにコロナ禍でユーザー数1.5倍 パーソルグループが「けがの功名」からつかんだ成長の秘訣
コロナ禍で苦戦する飲食・小売業界をターゲットにしているにもかかわらず、ユーザー数を伸ばすシフト管理SaaS「Sync Up」。同サービスが成長する裏側には、コロナ禍に伴う飲食・小売業界のある変化と、同社の戦略が隠れていた。(2022/2/22)

体操女王シモーネ・バイルズが婚約「夢見た全てそれ以上の人」 東京五輪での土壇場棄権を支えたNFL選手と
おめでとうございます!(2022/2/16)

「あゆほんとにおめでとう」 平野海祝、金メダルの兄・平野歩夢にメッセージ ファンは兄弟愛に「最強です」
平野兄弟愛がまぶしい。(2022/2/12)

「日本の誇り!」「最高で最強の2人」 平野歩夢&堀米雄斗、“金メダルコンビ”の幼少期ショットが胸アツ
堀米選手「歩夢おめでとう」(2022/2/11)

平野歩夢、東京五輪から半年で金メダル 四十住さくら、2ショット公開で「二刀流で有言実行本当に凄い」
金メダリスト2人。(2022/2/11)

テレビ朝日の亀山慶二社長が辞任 会食・ゴルフなどに経費を私的利用
テレビ朝日は、亀山慶二社長が辞任したと発表した。社内調査で経費の私的流用が発覚したため。亀山社長は親会社テレビ朝日ホールディングスの取締役も同日付で辞任した。当面の間、早河洋会長が社長を兼務する。(2022/2/10)

見られ方が多様化:
“ネット受信料”導入への布石か NHK「テレビ持たない人」配信実験
「テレビ離れ」が指摘されて久しい。近年は若年層を中心に、テレビ受信機そのものを持たない人が増えている。NHKは4月以降、そうした人らに対して番組や情報をインターネットで配信し、どう受け止められるかを調査する。(2022/2/9)

北京オリンピック開会式でサモア選手が上半身裸の民族衣装で入場 不参加のトンガ選手「砦を守ってくれた」
五輪開会式の風物詩になりつつあります。(2022/2/5)

産能大が1万人に調査:
北京五輪の「日本人金メダリスト」予想 3位「平野歩夢」、2位「高木美帆」、1位は?
産業能率大学が男女1万人に北京五輪の「金メダリスト予想」に関するアンケート調査を実施した。その結果、金メダル予想で最も支持を集めた選手は羽生結弦選手(フィギュアスケート、60.0%)だった。2位は高木美帆選手(スピードスケート、32.9%)、3位は平野歩夢選手(スノーボード、31.9%)だった。(2022/2/4)

グレースノートが予測:
北京五輪の国別メダル獲得数予測 3位「ROC」、2位「ドイツ」、1位は?
グレースノートが、北京五輪での各国の獲得メダル数を予測している。メダル獲得数最多は「ノルウェー」で44個だった。2位「ドイツ」は30個、3位「ROC」(ロシアオリンピック委員会)は30個とそれぞれ予測している。日本は10位で19個という予測結果になった。(2022/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.