• 関連の記事

「裁判」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「裁判」に関する情報が集まったページです。

逮捕歴ツイート「削除可能」 最高裁が初判断 長期間の閲覧想定せず
Twitterに過去の犯罪歴を投稿された男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁は、「逮捕から時間も経過し、ツイートは長期間閲覧されることを想定していない」などとして、削除を命じる判決を言い渡した。(2022/6/27)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説 連載100回記念スペシャル:
江里口美咲&細川義洋対談「ここがダメだよ、IT業界!」
はーい、読者のみんな。アタシ、江里口美咲。他の連載の登場人物だけど、IT訴訟解説が連載100回を迎えたって聞いて、お祝いに駆け付けたわよ。(2022/6/27)

「セブン側への忖度判決」 敗訴の元FC店オーナー、怒りあらわ
コンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」本部が、24時間営業を打ち切った大阪府東大阪市の加盟店元オーナーとのフランチャイズ(FC)契約を解除したことの有効性を争った訴訟は23日、本部側との取引再開を望んだ元オーナー側の訴えを全面的に退け、元オーナー側に店の引き渡しと賠償を命じた。額は1億円を超えるとみられる。(2022/6/24)

ジョニー・デップ、バンドがツアー告知で活動再開! 裁判判決後の元妻アンバーと明暗分かれる
裁判はこれで終わりではなさそう。(2022/6/23)

食べログ提訴の飲食チェーン、飲食店に集団訴訟を提案
レストラン検索・予約サイト「食べログ」のアルゴリズム変更により損害を被ったとしてカカクコムを提訴した飲食チェーン「韓流村」が、同様の被害を受けた飲食店を募り、集団訴訟を提案した。(2022/6/22)

「食べログと戦う」 韓流村、集団訴訟を呼びかけ
焼き肉チェーン店「KollaBo」を運営する韓流村は6月22日、グルメサイト「食べログ」を運営するカカクコムに対する集団訴訟を呼びかけると発表した。(2022/6/22)

「食べログ」独禁法違反、地裁判決は「不当」 カカクコムが即日控訴
カカクコムは、「食べログ」のアルゴリズム運用に独禁法違反があったと認めた東京地裁判決は「不当」だとし、東京高裁に即日控訴した。(2022/6/17)

食べログ訴訟、提訴前に公取が違法の恐れ指摘 古谷委員長、提訴「評価」
「食べログ」などの飲食店情報サイトを巡っては、公正取引委員会が提訴前の2020年3月に取引実態調査の報告書を公表、掲載する店舗の採点や表示順位に関し、店に不当な不利益を与えた場合、独禁法違反となる恐れがあると指摘していた。(2022/6/17)

「食べログ」運営会社に3840万円の賠償命令 アルゴリズム変更→点数ダウンで客足減 東京地裁
カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」で実施したアルゴリズム変更により損害を被ったとして飲食チェーンが提訴した件について、東京地方裁判所は、カカクコムに対し3840万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2022/6/16)

「食べログ」に損害賠償命令 「点数不当に下げられた」と飲食チェーンが訴訟
訴訟を起こしたチェーンは「独占禁止法上の差別的扱い」「独占禁止法上の優越的地位の濫用」と主張していました。(2022/6/16)

ダイソンがパナソニックを提訴 「ドライヤーの広告表示が誤解を招く」
ダイソンは6月9日、パナソニックのヘアードライヤーナノケア「EH-NA0G」の広告が不正競争防止法に違反するとして、東京地方裁判所に提訴を行った。(2022/6/9)

ダイソン、パナソニックを提訴 ドライヤー広告の差し止め求める
ダイソンは9日、パナソニックのヘアドライヤー「ナノケア」の広告において「ナノイー」に関する記述が不正確で消費者に誤解を与えるとして、東京地方裁判所に広告の差し止めを求める訴訟を起こした。(2022/6/9)

ジョニー・デップ、泥沼裁判勝訴後SNS初投稿 TikTok開設でファンへメッセージ「私たちは一緒に正しいことをしました」
1日でフォロワー690万人超え。(2022/6/8)

サードウェーブとマカフィーの裁判の判決が確定 マカフィーが約2348万円を支払いへ
サードウェーブがマカフィーを相手取って提起した民事訴訟の判決が、このほど確定したことが判明した。マカフィーは、サードウェーブに対して約2348万円(と遅延損害金)を支払うことになる。(2022/6/3)

ジョニー・デップDV巡る裁判勝訴に喜び「人生を取り戻してくれた」 元妻アンバーは「時代への後退」と非難
長い泥沼裁判、ついに評決。(2022/6/2)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「雑用ばかりさせるのはパワハラ」 裁判所の“意外”な判断、その理由とは
日常的に部下を指導する立場にある者にとって、「適切な指導」と「違法なハラスメント」の境界は気になるところでしょう。特に、パワーハラスメントは区別がつきにくいので問題です。今回は、「パワハラらしくない」と受け止められがちな、“意外なパワハラ”の2つのパターンについて解説します。(2022/5/31)

ピクシブがハラスメントについての謝罪を発表 「弊社はハラスメント行為を許されないものと認識しております」
同社におけるハラスメント行為に対する提訴が報道されていました。(2022/5/30)

ピクシブ、「ハラスメントは事実」と声明 「万人に対して許されない行為」
ピクシブは、同社にハラスメントに関する提訴が行われるという報道について、同社従業員によるハラスメント行為があったことと、当該従業員を懲戒処分したことは事実であると発表した。(2022/5/30)

逮捕歴ツイート削除訴訟、最高裁で結審 判決は6月
SNSのTwitterに過去の逮捕歴が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟の上告審弁論が5月27日、最高裁で開かれた。削除を認めなかった二審東京高裁の判断が見直される可能性がある。(2022/5/30)

ジョニー・デップ裁判で“元カノ”ケイト・モスが証言 元妻アンバーが暴力の根拠とした主張を真っ向から否定
ジョニー・デップの最も有名な元カノ。(2022/5/26)

Twitter、FTCおよびDoJによるプライバシー関連申し立てで和解 1.5億ドル支払い
Twitterは2019年にプライバシー慣行で米連邦取引委員会と米司法省に提訴されていた件で和解した。和解条件として罰金1億5000万ドルの支払いと、新たなコンプライアンスの導入を命じられた。(2022/5/26)

「ファスト映画」投稿者に5億円賠償求め提訴 東宝など13社
映画の内容を短縮した「ファスト映画」を動画投稿サイト「ユーチューブ」上に無断で投稿され著作権を侵害されたとして、東宝などの映像会社13社が19日、投稿した男女3人=いずれも著作権法違反罪で有罪判決が確定=を相手取り、計5億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。(2022/5/19)

「早く対処しなければ『漫画村』のような問題に」──東映、KADOKAWAなど13社が「ファスト映画」制作者に損害賠償請求 損害額は20億円と算定
東映、KADOKAWAなど13社が、「ファスト映画」の制作者3人に損害賠償請求を求めて提訴した。損害額は20億円と算定。最低限の損害回復として、このうち5億円の支払いを求めている。(2022/5/19)

園子温監督、性加害疑惑を報道した週刊誌を提訴 「事実と異なる点が多々ございます」
芸能界では現場での問題やトラブルが相次いで告発されています。(2022/5/19)

「ファスト映画」投稿者3人に5億円の巨額損害賠償請求 東宝、日活など大手13社が提訴
YouTubeでの動画再生数は1027万回に及び、被害額は20億円とも言われています。(2022/5/19)

民事裁判の全面IT化へ 改正民事訴訟法が成立 利便性向上もデジタル弱者対応に課題
民事裁判の手続きを全面IT化する改正民事訴訟法が成立した。これまでの裁判風景を一変させることになり利便性向上に向けた期待は大きいが、いわゆる「デジタル弱者」への対応といった課題もある。(2022/5/19)

「こわいって!」神崎紗衣、連日の脅迫DMに悲鳴 “徹底的に潰したる”に法的措置の進言多数「冗談でしたは通用しない時代」
ひたすら脅迫と暴言が続くDM。(2022/5/18)

24時間アクセス可能 「ネットカジノ」の依存リスク
山口県阿武町が臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込み、世帯主の男性に返還を求めて提訴した問題で、男性が全額を「ネットカジノ」で使った可能性が浮上した。オンラインカジノは規制が弱く、依存症リスクも懸念されている。(2022/5/18)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
賠償金や訴訟費用に備え、加入する企業が増加中 「ハラスメント保険」とは?
パワハラ防止法におけるハラスメント防止措置が中小企業にも適用されるなど、企業のハラスメントに対する厳格な対処がより一層求められています。こうした流れを背景に、「ハラスメント保険」に加入する企業が増えています。(2022/5/18)

香川県「ゲーム対策条例」の違憲裁判、8月末に判決へ
2020年に香川県で制定された「ネット・ゲーム規制条例」を巡る違憲裁判が結審した。判決は8月30日に言い渡される。(2022/5/17)

ジョニー・デップ「グロテスク」vs元妻アンバー「大人がすることじゃない」 泥沼裁判中“ベッドで大便”事件巡って対立
こんなちっちゃいわんちゃんが……。(2022/5/17)

自分のスマホから:
24時間アクセス可能 「ネットカジノ」の依存リスク
山口県阿武町が463世帯分に相当する新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込み、世帯主の男性(24)に返還を求めて提訴した問題で、男性が全額を「ネットカジノ」で使った可能性が浮上した。(2022/5/17)

13日からは従業員のマスク着用取りやめ:
グローバルダイニングへの時短命令は違法 損害賠償は認めず
新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく東京都の営業時間短縮命令は「営業の自由を侵害し違憲で、違法だ」として、グローバルダイニングが都に損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は5月16日、時短命令は違法と判断したものの、損害賠償請求は棄却した。同社は判決を不服として即日控訴した。(2022/5/16)

Clearview AI、顔認識技術の米国での販売停止へ ACLUなどとの訴訟和解で
米人権団体のACLUは、顔認識技術を手掛ける米Clearview AIを提訴した2020年の訴訟で和解したと発表した。Clearviewは米国の民間企業や個人への顔認識データベースの販売を永久に停止する。(2022/5/10)

SNS誹謗中傷の被害者向けサイト、女性クリエーターが目指す「被害者のよりどころ」
ネット上の誹謗中傷について裁判例や体験などを共有するサイト「TOMARIGI」を関口舞さんらが立ち上げてから約3カ月、徐々にユーザーに浸透しはじめ、被害に悩む人たちへの支援の広がりに期待がかかる。(2022/5/9)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

にじさんじ運営、公式グッズのコピー商品に注意喚起 「違法な海賊版の製造、販売は法的措置をとる」
バーチャルYouTuber(VTuber)グループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORは、英語圏を中心に活動するVTuberプロジェクト「NIJISANJI EN」で販売している商品を利用し、非公式・違法グッズが販売されていると注意喚起した。(2022/4/28)

東京地方裁判所がマカフィーに約2350万円の支払いを命令 サードウェーブの訴訟を受けて
4月25日、東京地方裁判所がサードウェーブを原告、マカフィーを被告とする訴訟に判決を言い渡し、マカフィーに損害賠償を命じた。(2022/4/25)

ジョニー・デップ、元妻アンバー・ハードとの泥沼裁判で証言 “DV被害”強調し「女性に手を上げたことない」と譲らず
2016年に離婚。(2022/4/21)

前田健太投手、ネットでの誹謗中傷に法的措置 「子供達が大きくなったときを考えて」
米ミネソタ・ツインズの前田健太投手が、インターネット上で寄せられた誹謗(ひぼう)中傷に対し、法的措置をとったと発表した。「子供達が大きくなったときに目にすることを考えた」としている。(2022/4/20)

前田健太、家族への誹謗中傷に法的措置 加害者の直筆謝罪文を公開、今後も「しっかりと対応していきたい」
子どもたちが誹謗中傷を目にした際に、しっかり説明するために法的措置をとったとのこと。(2022/4/20)

アレックス・ジョーンズ氏の極右サイトInfoWarsが破産保護申請
様々なフェイクニュースで知られるアレックス・ジョーンズ氏が畝井する極右サイトInfoWarsが米連邦破産法第11条の適用を申請した。同氏はサンディフック小学校の銃撃事件の犠牲者に提訴されており、近く巨額の賠償金を請求される可能性がある。(2022/4/19)

黒木啓司の妻・宮崎麗果、誹謗中傷に法的措置へ EXILEファンの謝罪に「全然嫌いじゃないです」と感謝もネットいじめは「立派な犯罪」
宮崎さん「(ファンの)99%の方は好きとかの領域を超えて、尊いです」(2022/4/14)

民事書類のWeb提出可能に 裁判所「デジタル化」へ加速
最高裁は2022年に入り、現在ファクスなどでやりとりしている民事裁判の書類を、インターネット上で提出できるシステムを開発。4月下旬から本格運用を始める。全面IT化はまだ先だが、関係者は「現行法下でもできることから変えていきたい」と意気込む。(2022/4/13)

裁判から「解雇」の誤解を紐解く:
裁判結果が話題 「会社に貢献できない人はクビ」と主張する外資企業のウソ・ホント
「会社に貢献できない場合に退職を求められるのは、外資系金融機関では常識」「日本の判例で男性の解雇が無効とされれば、国際企業は日本から撤退する」」と主張する会社と退職を迫られた元幹部が争った裁判結果が話題になっている。(2022/4/8)

逮捕歴ツイート削除認めず 最高裁が二審判断見直しか
Twitter上に過去の逮捕歴の投稿が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、東北地方の男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟で、最高裁が弁論を5月27日に開くと決めた。男性側の逆転敗訴となった二審東京高裁判決が見直される可能性がある。(2022/4/7)

性加害疑惑報道の園子温監督、直筆文で騒動を謝罪 一方で「事実と異なる点」が多いとし法的措置も
芸能界では俳優や監督による性加害疑惑報道が相次いでいます。(2022/4/6)

知財ニュース:
知財係争訴訟への対応力強化、トヨタが10年以上の電子データ保全に乗り出す
日本マイクロソフトは2022年3月31日、Azureを基盤とする知財DXプラットフォーム「Proof Chain of Evidence」をトヨタ自動車とスタートアップ企業のScalarが構築したと発表した。技術情報に対する証拠力を高め、知財係争訴訟への対応力を強化する。(2022/4/1)

「夢を壊すための裁判ではなく、守るための裁判」「今でもディズニーを愛している」 東京ディズニーランド出演者訴訟、判決受け原告が会見
「安全配慮義務違反」と「パワーハラスメント」を訴えた裁判、争点は――。(2022/3/29)

「ババアはいらねぇ」「どのツラ下げて来てんのか」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”訴訟に判決 オリエンタルランド社に88万の支払い命令
2018年7月の提訴から約3年半でついに判決。(2022/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.