• 関連の記事

「ベンチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ITmedia News:ベンチャー人
質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

i-Construction 2.0:
あらゆる建機をStarlinkで遠隔操縦 NTT Comが東大発ベンチャーと建設現場の「無人化施工」へ
NTTコミュニケーションズは、東大発ベンチャーのARAVと共同で、日本全国の建設現場で稼働するあらゆる建機を対象に、遠隔操縦を可能にする「遠隔操縦/自動化ソリューション」の提供を開始した。大手通信キャリアの強みとなる通信は、5Gや固定回線だけでなく、衛星通信の「Starlink」とメッシュWi-Fiも提供し、映像遅延が0.3秒以下に収まる遠隔操作に適したネットワーク環境を構築できる。(2024/6/10)

「GPT-4 Turbo」など無料で使えるプラットフォーム提供 韓国スタートアップが28億円調達
「GPT-4 Turbo」などの生成AIを無料で使えるプラットフォームを提供する韓国Wrtn Technologiesは6月7日、日本、米国、韓国のベンチャーキャピタルなどから28億4000万円を調達したと発表した。調達資金は製品・サービスの開発と高度化に充てる。(2024/6/7)

1分ビジネス雑談:
キャラメルコーン「袋の底」に潜む、昭和ベンチャーのブレークスルー
キャラメルコーンを食べていると袋の底の方で出てくる、少し塩味の聞いたローストピーナッツ。このピーナッツはなぜ入っているのでしょうか?(2024/6/7)

元弁護士ドットコム取締役創業のHRスタートアップ、16億円調達 LayerX福島CEOもエンジェル投資
元弁護士ドットコム取締役の橘大地さんが創業したHRスタートアップのPeopleXが、ベンチャーキャピタルなどから16億1000万円の資金を調達したと発表した。(2024/6/4)

MIXI、「AIチャットくん」開発ベンチャーを子会社化
MIXIは、ChatGPTを使った対話型AIサービス「AIチャットくん」を運営するベンチャー企業のpiconを子会社化したと発表した。(2024/6/3)

KDDI、「月面で5G通信」2030年実現へ 宇宙ベンチャーと大企業を結ぶ共創プログラム開始
KDDIは宇宙関連事業に取り組むスタートアップと大企業による共創プログラム「MUGENLABO UNIVERSE」を開始すると発表した。宇宙空間を再現した実証環境やスタートアップと大企業のマッチング機会などを提供する。(2024/5/30)

ゴム人工筋肉で自然の動きを再現:
大人だって甘えたい! 柔らかいロボット「Morph」に抱きしめられてきた
ブリヂストン ソフトロボティクス ベンチャーズとKonelは、ゴム人工筋肉を用いた柔らかいロボット「Morph(モーフ)」を開発した。2024年5月17〜25日に都内で開かれた体験イベント「Morph inn」に筆者も参加してきた。(2024/5/30)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(10):
目標の部品コストを目指して設計していますか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第10回は、目標となる合計の部品コストを上回らないように設計を進める方法を伝授する。(2024/5/21)

ロボット開発ニュース:
ゴム人工筋肉に身をゆだね、ゆだねられる!? 無目的空間「Morph inn」が開業
ブリヂストンの社内ベンチャーであるソフトロボティクス ベンチャーズが、東京・表参道のイベントスペース「seeen」において、同社のゴム人工筋肉を用いた柔らかいロボット「Morph」を用いた都市の無目的室「Morph inn」を開業している。(2024/5/17)

製品動向:
建設業に特化したマーケットプレースを開設へ 福井コンピュータスマート
福井コンピュータスマートは、建設業に特化したマーケットプレースの立ち上げを計画している。顧客ニーズとパートナー企業をつなぐことで、建設業に参入するスタートアップやベンチャー企業に新たなビジネス機会を提供するとともに、顧客の利便性向上を図る。(2024/5/17)

約20万アカウントの情報漏えいか 平文パスワードも ペットベンチャーに不正アクセス
ペットフード事業を手掛けるバイオフィリア(東京都新宿区)は5月13日、自社のクラウドサーバに不正アクセスを受け、最大で約20万アカウント分の情報が漏えいした可能性があると発表した。(2024/5/16)

新興のベンチャー企業にエントリー2万人超 就活生が注目する「実践型」インターンシップ
2025年4月入社の新卒採用に向けた企業の活動が本格化する中、就職活動を行う大学生が重視するのが、企業で就業を体験する「インターンシップ」(インターン)だ。企業の事業内容などを知ることに加え、社会人としての予備知識を学ぶことができることから、大学生にはより重視される傾向にある。(2024/5/10)

25年後半にも量産開始予定:
東工大発のベンチャー、台湾に3次元集積向け製造ラインを構築へ
東京工業大学発ベンチャー企業であるテック・エクステンション(TEX)と台湾梯意愛克思(TEX-T)は、バンプレスTSV配線を用いた3次元化技術「BBCube」に基づく次世代3次元集積向け製造ラインを、群創光電(INNOLUX)のクリーンルーム内に構築する。2025年後半より量産を始める予定。(2024/5/8)

マンガのAI翻訳スタートアップが29億円調達 小学館や政府系VCなど出資
AIを活用した漫画の翻訳・ローカライズツールを手掛けるオレンジが、小学館やベンチャーキャピタルから29億2000万円を調達したと発表した。資金は自社ツールを用いた漫画翻訳事業の拡大などに充てるという。(2024/5/7)

【新連載】教えて、スタートアップ失敗談:
パートナーが産後うつに──上場金融ベンチャーCEOが語る、スタートアップ経営と家庭の両立
スタートアップ経営者が、自らの過去の失敗を語る本企画。2021年12月に東証マザーズ上場を果たしたFinatextホールディングス(HD)の林良太CEOが話した失敗とは。(2024/5/8)

月面ー地球間のデータ通信サービス提供へ ispace、26年にリレー衛星を2基打ち上げ
宇宙ベンチャーispace(東京都中央区)が、2基のリレー衛星を活用した新たなデータサービスを開始する。同社の米国法人であるispace technologies U.S.が提供するもので、2026年に予定している月面探査ミッション3において実施予定という。(2024/4/30)

石川温のスマホ業界新聞:
Nothingが新木場でイベントを開催して日本展開を強化――ChatGPTをいち早く取り入れ、他社と差別化
イギリス発祥のベンチャー企業「Nothing Technology」が、日本市場における販売体制を強化すべく「Xperiaの父」でもある黒住吉郎氏をマネージングディレクターとして起用した。キャリアへの端末納入も視野に入れていると思われる。(2024/4/28)

自動運転ベンチャーTuringが30億円調達 計算基盤の整備に活用
自動運転ベンチャーのTuringが、ベンチャーキャピタルのANRIなどから約30億円を調達したと発表した。資金は2023年11月に発表した大規模計算基盤や、人間の介入なしに都内を30分走行できる自動運転システムの構築、一連の取り組みに必要な機械学習エンジニアの採用に充てるという。(2024/4/23)

製品動向:
段ボールから建物用セルロース系断熱材を製造、東急建設が米ベンチャーに出資
東急建設は、リサイクル段ボールを原料に建物用のセルロース系断熱材を製造/販売する米国のベンチャー企業CleanFiberに出資した。(2024/4/22)

材料技術:
核融合炉発電の研究を加速、ヘリカル型核融合炉初号機の完成は2034年を目標に
ヘリカル型核融合炉の開発を進める国内ベンチャー企業のHelical Fusionは、オンラインで記者会見を開き、核融合エネルギーの社会実装に向け核融合科学研究所(NIFS)内に「HF共同研究グループ」を同月に設置することでNIFSと合意したと発表した【訂正あり】。(2024/4/19)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(9):
知らないと取り返しがつかなくなる金型の費用と作製期間の話
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第9回は、金型費用と金型作製期間について取り上げる。(2024/4/19)

VCに聞く「投資したい・したくないテックスタートアップ」:
Chatworkに聞く「どんなスタートアップに投資したい?」 重要なのは中小企業への“フィット”
本連載ではVCなどスタートアップ投資に携わる人たちに、出資に当たっての考え方などをインタビュー。事業領域、指標、経営者の人柄……どんな部分に注目しているか聞く。今回はChatworkのコーポレートベンチャーキャピタル「Chatwork スーパーアプリファンド」に取材した。(2024/4/19)

中小企業と大学/研究機関の橋渡しに――デル・テクノロジーズが「DXイノベーションコネクト」を始めるワケ
デル・テクノロジーズが、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)と同大学発のベンチャー企業と共同で中小企業を大学/研究機関を結び付けるサービスを開始した。その狙いはどこにあるのだろうか。(2024/4/12)

太陽光:
タンデム型のペロブスカイト太陽電池で効率26.5%、ベンチャー企業のPXPが達成
次世代太陽電池の開発を手掛けるベンチャー企業のPXP(神奈川県相模原市)は2024年4月1日、ペロブスカイトとカルコパイライトを重ねたタンデム型の太陽電池で、変換効率26.5%を達成したと発表した。(2024/4/12)

太陽光パネルを垂直設置できる「ソーラーフェンス」、Yanekaraが販売開始
東京大学発ベンチャーのYanekara(千葉県柏市)が、パネルの垂直設置が可能な太陽光発電システム「ソーラーフェンス」の販売を開始した。(2024/4/9)

デジタル変革の旗手たち:
AI活用で世界の内視鏡医療の向上に貢献したい――AIメディカルサービス 多田智裕CEO
内視鏡の画像診断を支援するAIが世界を変えようとしている。日本でこそ内視鏡で早期発見が可能な消化管がんだが、世界では多くの患者が命を落としているのが実情だ。内視鏡AI検査でがんの見逃しゼロを目指す医療ベンチャー、AIメディカルサービスの取り組みについて、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/4/9)

駿台、教育AIベンチャーatama plusと資本業務提携 株式35.5%取得
駿台が、AIを活用した学習塾向け教材サービスを提供するatama plus(東京都港区)と資本業務提携を結んだと発表した。駿台はatama plusの株式の35.5%を取得。2社は今後、オンライン塾サービスを共同で展開する。駿台による出資額は非公開。(2024/4/8)

製造マネジメントニュース:
レンゴーがSAF製造技術を有すバイオベンチャーを子会社に
レンゴーはBiomaterial in Tokyo(bits)の発行済株式の60%を取得し子会社としたと発表した。(2024/4/4)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(13):
従業員130人全員がデザイナー 社員6人の町工場が急拡大し続けているワケ
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は、創業70年以上の歴史を持ちながら、スピード感のある事業展開でベンチャーのような雰囲気もあわせ持つ、大阪府八尾市の友安製作所 本社オフィス兼工場を取材しました。(2024/3/29)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

食品ゴミが「お菓子の家」に転生 明治や大阪万博が注目する新技術
幼少期の頃に思い描いていた「お菓子の家」が現実のものになるかもしれない。東京大学発ベンチャーが「コンクリートよりも曲げ強度のある、食料ゴミを使った新素材」を開発したのだ。どのような新素材かというと……(2024/3/25)

KDDI、東大発AIベンチャー・ELYZAを連結子会社化 春以降、生成AI関連サービスを提供へ
KDDIは、東大発のAIスタートアップ企業であるELYZAを連結子会社にすると発表した。資本業務提携を結び、4月1日をめどにKDDIグループがELYZAの株式の過半数を保有する。これにより、同社らは「生成AIの社会実装を加速させる」としている。(2024/3/18)

大手新卒17年。自分のスキルは通用するのか?――ベンチャー企業に3カ月「留学」して得たもの
「今の仕事ができるのも、自社の看板があるからでは? これまでやってきたことはよそで通じるのか?」――そんな思いを抱えていた大日本印刷に勤める渡邉厚太さんは「複業留学」のプログラムに参加し、ベンチャー企業での勤務を体験した。2006年に新卒でDNPに入社し、17年目にして初めて他社で働く経験をした渡邉さん。3カ月間の複業留学を経て、何を得たのか?(2024/3/15)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(8):
部品の製造性とは? 金型を理解する
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第8回は「部品の製造性」に着目し、金型を用いたモノづくりで注意すべき点を取り上げる。(2024/3/15)

エンジニア不足のITスタートアップ向け、プロダクトの壁打ちサービス登場 開発支援プランも
ゆめみがスタートアップ・ベンチャー企業向けの開発支援サービスを始めた。事業成長に応じたエンジニア人材の採用が間に合っていない企業などの利用を見込むという。(2024/3/14)

AI:
オフィスデザインを自動生成するAI、イトーキとAIベンチャーの燈が共同開発へ
イトーキとAIベンチャーの燈は、オフィスデザインを瞬時にシミュレーションする生成AIと関連するアプリケーションの開発を開始した。イトーキのオフィスデータ収集/統合/活用プラットフォームに蓄積されたオフィスレイアウトなどのデータを基に、多様なパターンのオフィスを自動でデザインするAIの構築を目指す。(2024/3/14)

「災害水ストレス」1週間で限界に 被災地に温かいシャワーを提供したベンチャー企業、“長期断水”への備えを訴える
WOTAは11日、大規模な地震などで被災者が感じる「災害水ストレス」に関するリポートを公表した。被災地にシャワーや手洗い場を提供した経験を元に、長期の断水へ備える必要性を訴えている。(2024/3/11)

iPS心筋球移植 1年で心不全に顕著な効果 来年にも実用化 慶大発ベンチャー
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を球状に加工した「心筋球」を、重い心不全患者の心臓に移植する世界初の治験で、移植後1年間の経過観察により長期間の顕著な症状改善効果が確認されたことが3月8日、分かった。実施した慶応大発の医療ベンチャー、ハートシード(東京都新宿区)は「来年にも実用化したい」としている。(2024/3/8)

小型ロケット「カイロス」、国内ベンチャー初の人工衛星打ち上げへ 目指す手軽な「宇宙宅配便」
和歌山県串本町に整備された日本初の民間ロケット発射場「スペースポート紀伊」から9日、小型固体燃料ロケット「カイロス」初号機が打ち上げられる。宇宙事業会社「スペースワン」(東京都港区)が運営し、国内ベンチャーによる人工衛星打ち上げは初の挑戦。将来的には年間20回の打ち上げを実現して宇宙輸送の一翼を担うことが期待され、地元も熱い視線を送っている。(2024/3/7)

モーションリブがデモ:
繊細な力加減を持つロボットで「職人技」も再現――リアルハプティクス
慶応義塾大学発のベンチャー企業であるモーションリブは、微細なチカラ加減を制御する技術「リアルハプティクス」の研究開発/提供を手掛ける。同社は「ロボットがヒトのように動き、人手不足が解消された世界を実現」を目指しているという。【修正あり】(2024/3/5)

スタートアップの突破口:
エプソン、三井化学が投資 「100億円」調達した東大発ベンチャーに聞く“タッグの作法”
2014年に東大発スタートアップとして創業し、セイコーエプソンや三井化学など大企業からの資金調達を機にさまざまな協業を行い、事業シナジーを生んでいるのがエレファンテック。事業会社とスタートアップが抱えるそれぞれの課題などを語り合った。(2024/3/5)

「官主導から民主導へ」ベンチャー初の衛星打ち上げ、約51分で軌道投入へ スペースワン
国内ベンチャーで初めて人工衛星の打ち上げに挑戦するスペースワン(東京都港区)は3月1日、オンラインで記者会見を開き、和歌山県串本町で今月9日に予定している小型固体燃料ロケット「カイロス」初号機の打ち上げ計画の詳細を明らかにした。(2024/3/4)

大和ハウス、最大300億円規模のベンチャーキャピタル組成 LLMなど6領域に投資 運用は2055年まで
大和ハウス工業と子会社の大和ハウスベンチャーズ(東京都千代田区)が、ベンチャーキャピタル「大和ハウスグループ“将来の夢”ファンド」の運用を開始したと発表した。大規模言語モデルや3Dプリントなど6領域を手掛けるスタートアップに投資するという。(2024/3/1)

3Dプリンタを駆使した「グミ状のサプリ」 健康志向の日本市場を狙う
グミ状で、1粒で必要な成分が取れる英国発のサプリ「NOURISH3D」(ナリッシュ3D)。顧客1人ひとりのニーズに合わせてカスタマイズできる優れた利点を持つ。創業者兼CEOに、ベンチャー精神やアイデアの源泉を聞いた。(2024/3/1)

ラピダス、米新興とエッジAI向け半導体で協業 千歳市の新工場で量産化を目指す
次世代半導体の国産化を目指すラピダスは2月27日、米国の新興企業TenstorrentとエッジAI(人工知能)向け半導体の開発・製造で協業すると発表した。エッジAI向け半導体の開発に定評があるテンストレントと組み、現在、建設中の北海道千歳市の新工場での量産化を目指す。(2024/2/27)

Microsoft、OpenAI競合の仏Mistralと複数年契約 AIモデルをAzure顧客に提供
Microsoftは、仏パリに拠点を置く新興企業Mistral AIとの複数年提携を発表した。これにより、Mistral AIはLLM開発でAzureを利用できるようになり、MicrosoftはMistralのモデルをAzure顧客に提供できるようになる。(2024/2/27)

企業が備えるBCP:
SNSが捉えた能登半島地震 進化する「企業防災」の形とは
災害時、自社の被害を最小限に抑えて初動対応を取るには、正確な情報収集が欠かせない。多発する自然災害に、今後、企業はどう備えるべきなのか――。報道テックベンチャーのJX通信社代表取締役、米重克洋氏に寄稿してもらった。(2024/2/28)

万博で世界へ羽ばたく「金の卵」探しが活発化 スタートアップ後押しも見え隠れする閉幕後の課題
2025年大阪・関西万博に向けて、万博のテーマと合致した健康・医療分野を中心に、スタートアップ(新興企業)や中小企業の参画を促す動きが活発化している。(2024/2/26)

鳥取から宇宙へ:
月面を「時速60キロ」で突っ走れ! 高速ローバーの開発を目指す新興企業
鳥取県は「2024国際宇宙産業展ISIEX」に出展し、県内の企業が製作に携わっている月面探査ローバーや、宇宙産業に進出している県内企業の取り組みを紹介した。(2024/2/26)

神奈川県、“ベンチャーと新事業を創出したい企業”募集 DXや脱炭素の場合は補助も
神奈川県が、ベンチャー企業と協力し、新事業を創出したい企業の募集を始めた。社外の人材などと柔軟に協力しながらイノベーションを生み出す「オープンイノベーション」を支援する取り組みの一環。DXや脱炭素につながる場合は、金銭的な補助も検討する。(2024/2/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.