• 関連の記事

「独占禁止法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

独禁法 独占禁止法違反 反トラスト 公正取引委員会 公取委 反競争的 反競争 独占禁止法

アプリストア独占など、巨大IT企業を規制する「スマホソフトウェア競争促進法」が成立 Appleの反応は
公正取引委員会が所管する「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアにかかわる競争の促進に関する法律案」が、6月12日の参議院本会議で可決・成立した。この法案可決に関して、Appleの広報に質問した。(2024/6/13)

米司法省(DoJ)と米連邦取引委員会(FTC)は、Microsoft、OpenAI、NVIDIAに対する独占禁止法調査を開始
米司法省(DoJ)と米連邦取引委員会(FTC)は、Microsoft、OpenAI、NVIDIAに対する独占禁止法調査を開始するとNew York Timesが報じた。これらの企業がAI業界に与える影響の調査になる。(2024/6/7)

GAFAを狙い打ち? 巨大IT企業を規制する「スマホソフトウェア競争促進法(案)」が閣議で決定 国会で審議へ
公正取引委員会が主管する「スマホソフトウェア競争促進法(案)」が閣議決定された。スマートフォンを巡る巨大プラットフォーマーを事前に規制する法律案で、今後国会で審議が行われる。(2024/4/27)

公正取引委員会、Googleに行政処分 広告配信でLINEヤフーへの技術提供を7年にわたって制限
公正取引委員会はGoogleに対して独占禁止法に基づく行政処分を行ったと発表した。同社はLINEヤフーに対し広告配信にかかわる技術の提供を制限したことで独占禁止法違反の疑いがあったが、改善計画を提出し同委員会はこれを認定した。(2024/4/23)

Microsoft、企業向け365製品から「Teams」を分離 欧州圏と統一
Microsoftは、昨年10月に独禁法対策で実施した企業向け365製品からの「Teams」分離を世界に拡大すると発表した。既存顧客はバンドル版の使用を継続できる。(2024/4/2)

Apple、Google……巨大ITが直面する独禁法問題、業界初の解体命令はあり得るのか
巨大IT企業が、過去数十年間で最大の逆風にさらされている。米国と欧州の独占禁止当局が、これらの企業の反競争的とされる慣行の取り締まりに乗り出し、米Apple(アップル)やAlphabet(アルファベット)子会社Googleが、業界として初めての分割解体命令を下される恐れまで出てきたからだ。(2024/3/27)

プレミアムコンテンツ:
「Microsoft 365でTeamsが使える」がなぜ大問題?
Microsoftが「Teams」を「Microsoft 365」にバンドルして提供することが、独占禁止法に違反する可能性があるという理由からEUで問題になった。争点になったポイントは何だったのか。(2024/3/26)

米司法省、Appleを独禁法違法で提訴 「iPhoneは競争を阻害している」
(2024/3/22)

Appleを米司法省がiPhoneでの市場独占で提訴 Appleは「積極的に抗弁する」
米司法省は16州とコロンビア特別区とともに、Appleを独禁法違反で提訴した。顧客をiPhoneに依存させ、競合する端末に乗り換える可能性を低くすることを目的とした行為が違法だとしている。(2024/3/22)

製造マネジメントニュース:
「価格転嫁に応じない」企業として、ダイハツ工業、京セラなど10社の社名公開
公正取引委員会は、「独占禁止法上の『優越的地位の濫用』に係るコスト上昇分の価格転嫁円滑化の取組に関する特別調査」の結果公開の一環として、多くの取引先に対し協議なしに取引価格を据え置きする行為などが確認された事業者名を公開した。ダイハツ工業や京セラ、三菱ふそうトラック・バスなど10社が挙がっている。(2024/3/19)

待ち受けるのは波乱か?
アプリストア“高過ぎる手数料”訴訟 なぜAppleは勝ち、Googleは負けたのか?
オンラインゲーム「フォートナイト」の開発元Epic Gamesは、GoogleとAppleが独禁法に違反しているとして両社を提訴した。明暗が分かれたその判決がもたらすIT業界の末路とは。(2024/3/14)

米Appleに制裁金「18億ドル」 Spotifyが独禁法違反を申し立てたワケ
(2024/3/7)

「ビッグテックの一部が解体される」という予測も:
AI、Mojo、ブロックチェーン TechTargetが予測する「2024年に起こる5つの変化」とは
TechTargetは、「2024年のテクノロジー予測」に関する記事を公開した。「2024年はブロックチェーン、AI、反競争的活動、新しいプログラミング言語Mojoが見出しを飾ることになる」としている。(2024/2/29)

EpicとAppleの独禁法訴訟に決着 Epicは「iOSの開放」に事実上失敗 Appleは米国で「App Store以外の決済」に対応へ
Epic GamesとAppleとの間で行われていた裁判が終結を迎えた。Epicは訴えた10項目のうち9項目で敗訴となった一方で、Appleは判決に含まれた「反ステアリング規則の撤廃」に関する対応を迫られる。(2024/1/18)

Apple対Epicの独禁法訴訟、米最高裁が両社の控訴を却下 ほぼEpicの敗北
Epicが2020年にAppleを独禁法違反で提訴したことで始まった訴訟で、米最高裁が両社の控訴を却下した。これにより、Appleは反ステアリング規則を見直すことになる。(2024/1/17)

Microsoftの企業買収と市場の独占【後編】
Microsoftの独禁法違反懸念に対して、EUの調査が進まなかった理由
「Microsoft Teams」の販売方法が欧州連合(EU)の独占禁止法違反の可能性があるとして、Microsoftを取り巻く動向が注目を集めている。専門家が指摘する「訴訟が進みづらい理由」とは。(2023/12/27)

Beeper、“Appleとのいたちごっこ”からの降板宣言 FTCは「精査する予定」
Androidから青いフキダシで「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」の開発元が、“Appleとのいたちごっこ”から抜けると宣言した。米連邦取引委員会はこの発表直後、「プライバシーやセキュリティを反競争的行為の口実にすることは拒否する」と語った。(2023/12/24)

Google対米全州の独禁法訴訟、7億ドル支払いとストア改善で和解へ
米司法省とほぼすべての米州が2020年にGoogleを独禁法違反の疑いで提訴した訴訟で、両者の和解条件が公表された。Googleは7億ドルを支払い、Google Playストアに修正を加える。(2023/12/20)

Microsoftの企業買収と市場の独占【前編】
「Teamsのバンドル提供」を提訴したSlackの真意、Microsoftへの影響は
Slack Technologiesが2020年にMicrosoftを独占禁止法違反で提訴したことに端を発し、欧州委員会は2023年7月に調査を開始した。Slack Technologiesの訴えの真意について、専門家はどう見るか。(2023/12/19)

最大30%の手数料:
Google、独禁法違反で敗訴――『フォート・ナイト』開発元との裁判で
人気ゲーム『フォートナイト』を開発した米Epic Gamesのティム・スウィーニー最高経営責任者(CEO)は11日、「Google Play」を反トラスト法違反で提訴した裁判で勝訴したと表明した。(2023/12/13)

対Google訴訟でEpic Gamesが勝訴 Googleは控訴の構え
2020年8月にEpic GamesがGoogleを提訴した裁判で、連邦地裁はGoogleが独禁法に違反しているとの判決を下した。Googleは控訴するとしている。(2023/12/12)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「Microsoft 365でTeamsが使える」がなぜ大問題?
Microsoftが「Teams」を「Microsoft 365」にバンドルして提供することが、独占禁止法に違反する可能性があるという理由からEUで問題になった。争点になったポイントは何だったのか。(2023/11/16)

GoogleにAndroid端末で独禁法違反の疑い 公取委が審査開始
第三者からの情報・意見を募集しています。(2023/10/24)

GoogleがAndroid端末で独占禁止法違反の疑い 公取委が意見募集
公正取引委員会は10月27日、Googleに独占禁止法違反の被疑行為があるとして、第三者からの意見募集を開始した。Googleには、Android端末で競合サービスの検索アプリを搭載しない契約を締結させているという。意見は郵送かメールで受け付ける。(2023/10/23)

AmazonをFTCと州政府が独禁法違反で提訴 「失われた自由で公正な競争を回復する」とリナ・カーン委員長
米連邦取引委員会と17の米州政府は、Amazonをネット通販事業での独禁法違反の疑いで提訴した。「われわれの訴状は、Amazonが独占を不法に維持するために一連の懲罰的かつ強制的な戦術をどのように使用したかを明らかにしている」とカーン委員長。(2023/9/27)

ヤフー、ニュース配信元との契約見直しも 「優越的地位の可能性」指摘受け
「Yahoo!ニュース」をめぐり、「ヤフーが記事配信元メディアに対して優越的地位にある可能性がある」と公取委が指摘。ヤフーが対応を発表した。(2023/9/26)

公取委「ヤフーは優越的地位の可能性」 Yahoo!ニュースなど、ニュースポータルの実態調査
公正取引委員会が、ニュースメディア事業者の記事をまとめて表示する配信プラットフォームに関する実態調査報告書を公開した。ニュースメディアと配信プラットフォーム事業者間の取引について調査したもので、ニュースポータル「Yahoo!ニュース」を提供するヤフーに対し「優越的地位にある可能性がある」などと指摘している。(2023/9/21)

独占禁止法で揺れる「Microsoft 365」【後編】
「Teams」を「Microsoft 365」で使えることが“当然”ではなくなる可能性
欧州委員会は、Microsoftが「Microsoft 365」に「Microsoft Teams」をバンドルしていることが、欧州連合(EU)の独占禁止法に違反した可能性を評価する調査を開始した。欧州委員会が懸念するポイントは。(2023/9/7)

Microsoft、EUの独禁法違反懸念対処でEU圏の「Teams」を「Microsoft 365」と分離
Microsoftは、欧州経済領域とスイス地域で、「Teams」の「Microsoft 365」バンドルを解除すると発表した。欧州連合による独禁法違反調査開始を受けたもの。10月1日に発効する。(2023/9/1)

独占禁止法で揺れる「Microsoft 365」【前編】
Microsoft 365で「Teams」を使うことがなぜ“大問題”になったのか
欧州委員会は、Microsoftが「Microsoft Teams」を「Microsoft 365」にバンドルしていることが、欧州連合(EU)の独占禁止法に違反したかどうかを評価するための調査を開始した。争点になっているのはどこか。(2023/8/31)

GoogleをDoJや州判事らが2020年に提訴した独禁法訴訟、一部棄却
米司法省と複数の州政府が2020年にGoogleを提訴した独禁法裁判で、連邦地裁が7件の申し立て中4件を棄却した。残りの申し立てについては9月に審理が開始される。(2023/8/6)

欧州委員会、TeamsのMicrosoft 365バンドルの独禁法違反可能性について正式調査開始
EUの欧州委員会は、Microsoftが「Teams」を「Microsoft 365」にバンドルするのは独禁法に違反している可能性があるとして正式な調査を開始した。この件については2020年にSlackがEUに提訴している。(2023/7/28)

欧州委員会、AmazonによるiRobot買収の調査を開始
EUの欧州委員会は、Amazonが昨年8月に発表したiRobotの買収について、独禁法関連の調査を開始したと発表した。委員会は、この取引でAmaozonがロボット掃除機市場での競争を制限する可能性があるとしている。(2023/7/7)

公取委がノジマに勧告、下請への支払いから7300万円を不当に減額
公正取引委員会は29日、家電量販店を展開するノジマに対し、下請法の規定に違反する行為があったとして勧告を行った。(2023/6/29)

房野麻子「モバイル新時代」:
「白ロム割引」規制で「1円スマホ」消滅か? 公取委「独占禁止法上問題となるおそれ」も
総務省の電気通信市場検証会議下にある競争ルール検証WGが開催中で、回線契約に依存しない「白ロム割引」が過剰な割引額になっているため、規制が求められている。(2023/4/21)

公取委、AdobeのFigma買収について意見募集 どんな影響があるか情報求める
公正取引委員会が、米Adobeと米Figmaの統合について意見募集を始めた。映像制作ツールの開発販売を手掛けるAdobeとデザインツールを提供するFigmaの統合が日本における競争にどのような影響を与えるか、情報や意見を求める。(2023/4/10)

公正取引委員会の「1円スマホ」廉価販売の指摘に違和感 実効性はあるのか
公正取引委員会が指摘している携帯電話の廉価販売。委員会が公表している緊急調査の報告ではいくつか整合の取れない点が見られる。値引き率などの明確な基準もなく、あくまで「留意すべき」という見解を示しただけとなっている。(2023/3/27)

公取委が勧告:
カルディコーヒー運営元、下請法違反 配送不要なのに「物流センター使用料」名目で減額
公正取引委員会は3月17日、「カルディコーヒーファーム」を運営するキャメル珈琲(東京都世田谷区)に対し、下請法違反で再発防止を求める勧告を出した。(2023/3/17)

石川温のスマホ業界新聞:
公取委が「1円販売」を不当廉売の恐れがあると結論――キャリアは自分たちで自分の首を絞めているのではないか
公正取引委員会が、携帯電話代理店が行っている「一括1円」について、実態調査を行った。独占禁止法で禁止されている「不当廉売」の恐れがあるという。総務省もそうだが、通信業界の競争を阻害するような行為は控えるべきなのではないだろうか。(2023/3/5)

公正取引委員会が「1円スマホ問題」の調査結果を発表 約15%で極端な廉価販売、販売店のMNP偏重ノルマも背景に
公正取引委員会が2月24日、スマートフォンの廉価販売について実施した調査結果を発表した。MNOと販売代理店の取引において、調査対象だった40機種のうち、収支が赤字だった機種はiPhoneが10〜13機種、Androidが8〜15機種あった。MNOから販売店に課されたMNPのノルマが、通常の営業活動では達成できない水準だったことも背景にあった。(2023/2/24)

スマホ販売の約15%で“極端な廉売”横行 背景にキャリアの「代理店評価制度」 公取委調査
公正取引委員会が、スマートフォンの「1円販売」のような極端な廉売が調査した取引の約15%で行われていたとの調査結果を発表した。NOから販売代理店に課された目標設定が問題の背景にあるとしている。(2023/2/24)

iOSとAndroidに「十分な競争圧力が働いていない」と公取委が指摘する理由 法整備もある?
公正取引委員会は2月9日、日本におけるスマートフォンOS(モバイルOS)関する調査報告書を公開しました。報告書では「GoogleとAppleが提供するモバイルOS・アプリストアに対し、十分な競争圧力が働いていない」としています。その理由の1つが寡占による問題です。(2023/2/16)

米司法省、Googleのネット広告技術独占は違法だと提訴
米司法省(DoJ)は8州の司法長官とともにGoogleを独禁法違反で提訴した。「Google Ads」などのネット広告ツールを独占することで、健全な競争を妨害したと主張。裁判所にこれらのツールの売却と反競争的慣行への関与停止命令を求めた。(2023/1/25)

「技術を盗まれた」「報酬を減らされた」──公取委、スタートアップ巡る取引問題の調査結果を発表
公正取引委員会が、スタートアップ企業を巡る取引の問題に関する調査結果を発表した。スタートアップからは「営業秘密を盗まれ競合製品を売り出された」「報酬の減額や支払遅延があった」などの報告が寄せられた。(2022/12/26)

どうなる「1円スマホ」 動き出す公取委と“セット販売復活”を模索するキャリア
政府の規制によって一時は姿を消した、「一括1円」など極端に安い値段で販売されるスマートフォン。だが2021年の半ば頃から、再びスマートフォンの大幅値引きが多く見られるようになった。(2022/11/11)

広島県教育委員会のPC購入で談合 NTT西、大塚商会、Dynabookなど11社が関与
広島県教育委員会と広島市における教育用PCの発注で、入札に参加した事業者による談合があったことが分かった。公正取引委員会が排除措置命令、課徴金納付命令を出した。(2022/10/7)

EU第一審裁判所、Google対EUのAndroidをめぐる裁判で41.25億ユーロの制裁金 控訴の可能性も
EUの第一審裁判所は、EUがGoogleに対して2018年に課した高額な制裁金をわずかに減額して認めた。GoogleがAndroidで独禁法に違反したというもの。Googleはこの決定を不服としている。(2022/9/15)

携帯端末「1円販売」は極端な廉価販売 公正取引委員会が実態調査
公正取引委員会は8月9日、携帯電話端末のいわゆる「1円販売」といった極端な廉価販売について、緊急実態調査を行うと発表した。通信料金と端末販売代金の分離下においては、“不当廉売”につながる恐れがあるという。販売代理店における足元の状況・広がりを把握する。(2022/8/9)

公取委、“1円スマホ”の緊急実態調査 「不当廉売につながるおそれ」
公正取引委員会は、携帯電話端末のいわゆる「1円販売」など極端に安い価格で販売する方法の緊急実態調査を行う。同委は「通信料金と端末販売代金の分離下においては、不当廉売につながるおそれのある販売方法」と指摘している。(2022/8/9)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【後編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題は解消しない?
ECの独占禁止法に関する調査を受けたMicrosoftは、問題となったライセンス規約を変更すると発表した。だが専門家は同社の取り組みに懐疑的な見方を示す。それはなぜなのか。(2022/7/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.