• 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

Ankerのスピーカーやロボット掃除機などが最大50%オフ! Anker Power Week開催中
アンカー・ジャパンは6月20日に「Anker Power Week」を開始した。対象StoreはAnker Japan公式オンラインストア/アプリ、Anker Storeなど。最大で50%もの割引販売を行なう。期間は6月26日11時59分までだ。(2024/6/21)

UQ mobileで「Google Pixel 8」発売 5万2000円から
UQ mobileは、6月21日に5Gスマホ「Google Pixel 8」を発売。独自プロセッサ「Tensor G3」を搭載し、トリプル構成カメラでは「ベストテイク」「編集マジック」などの機能を利用できる。価格は5万2000円(税込み)から。(2024/6/21)

AUKEY、容量1万mAhモバイルバッテリーとAC充電器が一体となった「PowerDuo 10K」発売
AUKEYは、容量1万mAhのバッテリーとAC充電器を搭載した「PowerDuo 10K」を発売。最大60W出力のUSB Type-Cポートと、QCに対応した最大18W出力のUSB Type-Aポートで2台同時充電も可能だ。価格は1万1200円(税込み)。(2024/6/21)

スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと
モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を手掛けるINFORICH。6月20日にメディア向けの勉強会を開催し、市場の概況などを説明した。そこで見えた課題とは……(2024/6/21)

モップを洗いながら拭き掃除をするAnkerのロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」登場 初回150台限定セール開催
アンカー・ジャパンは掃除中でもきれいなモップを保てるロボット掃除機「Eufy Robot Vacuum Omni S1 Pro」と、人気の3-in-1モバイルバッテリー「Anker Power Bank」の新製品を発売した。どちらも発売を記念したセールを開催中だ。(2024/6/21)

アンカー、USB Type-Cケーブル一体型の急速充電器+モバイルバッテリーに容量1万mAhモデルを追加
アンカー・ジャパンは、USB急速充電器、モバイルバッテリー、USB Type-Cケーブルが一体となった「Anker Power Bank(10000mAh, Fusion, Built-In USB-C ケーブル)」を発売。バッテリー容量は1万mAhで、最大30W出力に対応する。(2024/6/21)

Turtle Beach、オープンエアー型ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Atlas Air」
SB C&Sは、Turtle Beachブランド製ワイヤレスゲーミングヘッドセット「Atlas Air」の取り扱いを発表した。(2024/6/20)

楽天モバイル、約4.4万円で「OPPO Reno11 A」発売 1万2000ポイント還元も
楽天モバイルは、6月27日に5Gスマホ「OPPO Reno11 A」を発売。価格は4万3890円(税込み)で、MNPかつ初めて「Rakuten最強プラン」の申し込みで1万2000ポイントの楽天ポイントを還元する。(2024/6/20)

パナソニック コネクト、堅牢ノート「TOUGHBOOK」にCore Ultra搭載の新モデル
パナソニック コネクトは、堅牢ノートPC「TOUGHBOOK」シリーズの新モデルを発表した。(2024/6/20)

Y!mobileの「OPPO Reno11 A」は新規・MNPで2万1600円 最大9000ポイント還元も
ソフトバンクは、6月27日からY!mobileで「OPPO Reno11 A」を発売。容量5000mAhのバッテリーを搭載し、67Wの急速充電器を使用すれば約20分で1%から50%以上に充電できる。オンラインストアの価格は2万1600円(税込み)。(2024/6/20)

モバイルバッテリーに“異色”のカラー MOTTERUが新製品発表 “日本品質”もウリに
モバイルアクセサリーを手掛けるMOTTERUが6月19日、モバイルバッテリーやAC充電器、ケーブルバンドなどの新製品を発表した。モバイルバッテリーは白や黒が基調のものが多いが、女性が好むカラーを取り入れている。日本で設計や検証、サポートを行うことも特徴としている。(2024/6/20)

ドコモのエントリースマホ「AQUOS wish4」は2.2万円で7月4日発売
NTTドコモは、7月4日にシャープ製スマホ「AQUOS wish4 SH-52E」を発売。従来モデルより拡大した約6.6型ディスプレイや容量5000mAhのバッテリー、コンクリートに落下しても割れにくい耐衝撃性能などを備える。(2024/6/20)

ドコモ、「AQUOS R8 Pro」を17万6000円に値下げ 6月21日から
NTTドコモは、6月21日以降にドコモオンラインショップで「AQUOS R8 Pro SH-51D」を値下げ。20万9000円のところ17万6000円(税込み)になる。ライカ監修のズミクロンレンズや、1型センサーを採用したカメラを搭載する。(2024/6/20)

「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい
OPPOの日本向け新型スマートフォン「OPPO Reno11 A」が、6月27日に発売される。Reno11 Aは、OPPOの手頃な価格かつ高機能で日本向けにおサイフケータイなどの機能を搭載したReno Aシリーズの最新モデル。カメラ大きく進化し、急速充電にも対応した。(2024/6/20)

モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場
モトローラのミドルレンジモデル「moto gシリーズ」に最新モデルが登場する。日本向けにおサイフケータイを搭載した上で、直販価格で3万4800円を実現している。MVNOではIIJmioが独占的に扱う他、MNOではソフトバンクが「Y!mobile」ブランド向けにスペックを一部変更したモデルを販売する。【訂正】(2024/6/20)

ソフトウェア開発、新時代の幕開け:
WWDC24で見えたAppleのもくろむ未来 “5+1”の視点で読み解く
WWDC24で発表された数々の新機能やAppleの取り組みについて、林信行氏が解説する。(2024/6/20)

私の本棚:
勉強していること、積んでいく安心感……本棚から見えるあれこれ
あるアイデアから「本棚を見せてください」と呼びかけ、本棚の写真をメールで募集しました。写真を送ってくださった方々、ありがとうございました!(2024/6/20)

電子ブックレット(オートモーティブ):
脱炭素時代のエンジンの行方
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、脱炭素の要請が高まる中でのエンジンの在り方に関する記事をピックアップした「脱炭素時代のエンジンの行方」をお送りします。(2024/6/20)

空間ビデオが撮れて3.3万円から ARグラスとつなげて使う、スマホのような端末「XREAL Beam Pro」
ARグラスなどを手掛ける中国XREALは6月19日、スマートフォンのようなARコンピューティングデバイス「XREAL Beam Pro」を発表した。SIMカードスロットを備えていないデバイスで、2眼カメラによる3D空間撮影も可能。6月19日から予約販売を開始し、8月6日に随時発送予定。(2024/6/19)

スマホのようなAndroid端末「XREAL Beam Pro」発売、ARグラス向け3D写真/動画を撮影 3万2980円から
XREALは、6月19日にARコンピューティングデバイス「XREAL Beam Pro」の予約販売を開始。スマホのような端末で、同社が扱うARグラスに最適化された3D写真/動画を撮影できる。価格は3万2980円(税込み)から。(2024/6/19)

楽天モバイル、「AQUOS R8」を7万9890円で発売 MNPで1.2万ポイント還元も
楽天モバイルは、6月26日に「AQUOS R8」を楽天モバイル公式サイトと楽天モバイル公式 楽天市場店で発売。MNPかつ初めて「Rakuten最強プラン」の申し込みで1万2000ポイントの楽天ポイントを還元する。価格は7万9890円(税込み)。(2024/6/19)

ロジクール、重量222gの薄型軽量筐体を採用したワイヤレスキーボード
ロジクールは、薄型軽量設計の小型ワイヤレスキーボード「Keys-to-Go 2」を発売する。(2024/6/19)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
名義が私であることの価値
「バッテリーだけ、あなたの名義ではありません」と言われたときにどう感じるでしょうか。(2024/6/19)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開
Xiaomiのスマートフォンブランド「POCO」から初のタブレット「POCO Pad」が発売されました。海外ではキーボードカバーやスタイラスも販売されており、ノートPCのように使うこともできます。POCO PadのスタイラスはUSB Type-C端子を備えており、ケーブルを直接挿して充電します。(2024/6/19)

「XREAL Beam Pro」実機レビュー 格安3Dカメラになるスマホ型デバイスが日本でも登場 CEOにも狙いを聞いた
XREALのARグラスと組み合わせて使えるスマートフォン型デバイス「XREAL Beam Pro」が発表されました。果たしてどんな用途に使えるのか。実機を試してみました。(2024/6/19)

「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く
シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R9」が、7月中旬以降に発売される。RシリーズはスマートフォンAQUOSの最上位モデルであり、最先端の技術やスペックを盛り込んでいる。しかし2024年は“異変”が起きている。Proモデルがないこと、デザインを刷新した意図をシャープに聞いた。(2024/6/19)

製造業IoT:
通信距離を最大1kmまで延伸するWi-Fi機器、IEEE 802.11ahに対応
サイレックス・テクノロジーは、Wi-Fi機器の通信距離を最大1km先まで延伸するワイヤレスブリッジ「EX-150AH」を発表した。既存のWi-Fi機器の通信範囲を10倍まで延長できる。(2024/6/19)

“NEXT GIGA”のスペック更新で各社が学習用端末をアップデート──「NEW EDUCATION EXPO 2024」レポート
6月6日〜8日にかけてTFTビル(東京・有明)で開催された「NEW EDUCATION EXPO 2024」。GIGAスクール構想第2フェーズに向けて更新された要件を満たす学習用端末のほか、校務用端末などさまざまなものが展示されていた。ここではハードウェアに焦点を絞って紹介する。(2024/6/19)

京セラの法人向け防水タブレット「DIGNO Tab2 5G」、KDDIから秋以降に発売
京セラは、秋以降に法人向けタブレット「DIGNO Tab2 5G」をKDDIから発売。外付けリーダー不要の前面NFC読み取りやさまざまな環境で長く使える耐久性、現場作業に役立つ機能とセキュリティ性能を備えている。(2024/6/18)

電動化:
マルチパスウェイ、EVのCO2削減、車電分離……クルマの脱炭素の形は
トヨタ自動車の中嶋裕樹氏がマルチパスウェイの意義、EVが製造時に排出するCO2の削減に向けたさまざまなアプローチのアイデア、バッテリーのリユースやリサイクルに向けた“車電分離”の提案など、自動車のカーボンニュートラルについて幅広く語った。(2024/6/18)

残量表示パネル付きの1万mAhモバイルバッテリー発売 エレコムから
エレコムは、容量1万mAhのモバイルバッテリーを発売。30W出力対応で合計3ポート搭載し、LEDパネルでバッテリー残量を1%単位で確認しながら使用できる。エレコムダイレクトショップの価格は6980円(税込み)。(2024/6/18)

ASUSが放つ世界初の「Copilot+ PC」となる「Vivobook S 15」(S5507QA)を試す
ASUS JAPANの「Vivobook S 15」(S5507QA)は、QualcommのSnapdrogon X Elite搭載の「Copilot+ PC」だ。いち早く実機を手に入れたので、早速試してみた。(2024/6/18)

Logitech(ロジクール)、Meta Quest向けスタイラス「MX Ink」を123ドルで発売へ
Logitech(日本ではロジクール)は、米MetaのMRヘッドセット「Quest 2」および「Quest 3」向けの初のMRスタイラス「MX Ink」を発表した。米国では年内発売の予定で、価格は129.99ドルだ。(2024/6/18)

「Copilot+ PC」って何だ!? 「AI PC」は早くも第2世代へ
6月18日、ついに「Copilot+ PC」が一般販売される。ここでは、移ろいゆく「AI PC」の歩みをまとめた。(2024/6/18)

無人搬送車:
ネコ型配膳ロボで実績、産業用途向け搬送ロボットを日本市場へ投入へ
Pudu Roboticsは、産業用搬送ロボット「PUDU T300」を日本市場へ投入する。設備を再構築することなく容易に導入でき、生産や物流現場の省力化、省人化を推進して、深刻化する人手不足の解消に貢献する。(2024/6/17)

サンワ、マルチタッチ対応のBluetoothワイヤレスタッチパッド
サンワサプライは、Bluetoothワイヤレス接続に対応したタッチパッド「MA-PB521GM」を発表した。(2024/6/17)

Anker製品がカプセルトイに ポータブル電源やワイヤレスヘッドフォンなど
アンカー・ジャパンは17日、ポータブル電源など6製品をミニチュアで再現したカプセルトイ「Anker ミニチュアコレクション」が発売されると発表した。1回500円。(2024/6/17)

SiCパワー半導体の長期供給契約も:
STと吉利汽車、「共同研究ラボ」設立などで合意
STマイクロエレクトロニクスと中国の吉利汽車は、「SiC(炭化ケイ素)パワー半導体の長期供給契約」と、「共同研究ラボの設立」で合意したと発表した。革新的な技術を共同で開発することにより、新エネルギー車(NEV)への移行を加速させる。(2024/6/17)

スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの
4K解像度のディスプレイや21:9の画面アスペクト比が廃止された「Xperia 1 VI」。Xperiaらしさが失われたとみる向きもあるが、実際に触ってみると、納得する部分が大きい。3つのカメラアプリは1つに統合されたが、使い勝手が向上したと感じた。(2024/6/16)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「動画より静止画を撮りたいんだー」という人に富士フイルム「X-T50」は超オススメかも 
「最近の小型軽量カメラは動画ユーザーを意識しすぎ。私は動画よりも静止画を撮りたいんだー」という人に超おススメのカメラが登場した。富士フイルムの「X-T50」である。(2024/6/15)

電動化:
ホンダN-VAN e:は補助金で200万円以下、車電分離で低価格なリースも
ホンダは軽商用バンタイプのEV「N-VAN e:」を2024年10月10日に発売すると発表した。(2024/6/14)

本田技研工業と三菱商事、新会社設立 EV普及に向けたサービス提供
本田技研工業と三菱商事は6月13日、新会社「ALTNA(オルタナ)株式会社」を7月に設立すると発表した。EVユーザーのコストを低減する新しいモビリティサービスと、EVバッテリーを長期に活用する新たな電力事業を展開していく。(2024/6/14)

Samsung、エントリーレベルのスマートウォッチ「Galaxy Watch FE」発表
Samsungは、新たなエントリーレベルのスマートウォッチ「Galaxy Watch FE」を発表した。ディスプレイサイズは1.2型と小さく、健康関連機能に特化する。まずは米国で発売する。(2024/6/14)

PR:「OPPO Reno11 A」はどれだけ満足できる? 「Reno9 A」との比較で分かった“大幅な進化”
OPPOから最新スマートフォン「OPPO Reno11 A」が登場した。 OPPO Reno11 Aは前モデル「OPPO Reno9 A」と比べ、画面の見やすさやカメラ画質の向上はもちろん、お手頃なミドルクラスながらも生成AIによる写真編集機能を用意。大幅な進化を果たしつつも、価格は税込み4万円台に抑えている。(2024/6/20)

テレワークに最適なモバイルホットスポット【後編】
無線LAN接続に「モバイルルーター」を使うなら“6つの視点”で選ぶべし
無線LAN接続用の手段としてモバイルホットスポット専用デバイス(モバイルルーター)を使う場合は、考慮すべきポイントが複数ある。6つにまとめて解説しよう。(2024/6/14)

ゲオ、背負ったまま充電できる「USBポート付きデイパック」発売 3278円
ゲオストアは、ゲオ限定「USBポート付きデイパック」2種を発売。側面のUSB ポートにモバイルバッテリーなどの充電器を接続すれば、背負ったままスマートフォンなどを充電することができる。価格は各3278円(税込み)。(2024/6/13)

LGエレ、コンパクトデザインを採用した防水Bluetoothワイヤレススピーカー
LGエレクトロニクス・ジャパンは、コンパクト設計のBluetoothワイヤレススピーカー「XBOOM360 XO2TBK」を発表した。(2024/6/13)

Apple「空間ビデオ」向けにハイエンド機材ぞくぞく キヤノンとブラックマジックデザインから登場
Apple Vision Proで立体視聴できる、Appleの「空間ビデオ」向けにハイエンド機材がキヤノンと豪Blackmagic Designから登場した。これは、米Appleが6月10日(現地時間)に開催した「WWDC24」でお披露目されたもので、キヤノンはレンズ、Blackmagic Designは2つのレンズを搭載した専用カメラを発表した。(2024/6/13)

「安全運転」にもメリット:
車載ディスプレイにも浸透し始めたOLED
新車を購入する人々にとって、ディスプレイサイズは購入判断の指標の一つだ。OLEDディスプレイは「真の黒」の実現をはじめとする性能向上が認識されたことで、ハイエンド車への搭載がますます増加している。(2024/6/17)

生クリームに特化:
生クリーム好きの社員が考えた! 貝印の「生クリッチ」完売、どんな商品なの?
刃物メーカーの貝印が発売した自動生クリームホイッパー「生クリッチ」が売れている。「Makuake」に出品したところ、初回生産分は完売し、現在は入荷待ちの状態に。人気の秘密は……。(2024/6/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.