• 関連の記事

「業務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務」に関する情報が集まったページです。

ものづくり ワールド[東京]2024:
自動倉庫や配膳型ロボットで工場内搬送を自動化、ソフトバンクロボティクスが提案
ソフトバンクロボティクスは「第7回 工場設備・備品展」に出展し、高密度自動倉庫システムである「AutoStore」や、配膳ロボットなどにより工場内の倉庫/搬送業務の自動化を実現する各種ソリューションをアピールした。(2024/6/24)

これから始める「Microsoft Copilot」 使って分かった有効活用法と注意点
OpenAIの大規模言語モデルが「GPT-4o」へと進化し、Microsoftの「Copilot」、Googleの「Gemini」などを業務で活用しようとする動きが活発化している。今後は生成AIをどうビジネスや業務に活用するかが問われる時代になるだろう。(2024/6/24)

クラウドERPを導入したのに“決算業務が遅延”の謎
英国市議会がOracleの「クラウドERP」導入でまさかの手作業発生 何が原因?
SAPのERPからOracleのクラウドERPに移行した英国バーミンガム市議会が窮地に立たされている。市は決算業務に遅延が発生しただけではなく、財政破綻した。何が起こったのか。(2024/6/24)

JAXA情報流出 「安全」接続目的のVPNが不正アクセスの標的に 脆弱性突かれる
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の機密情報がサイバー攻撃で流出したとみられる問題では、外部から内部の業務ネットワークに接続するために使うVPN(仮想専用線)の脆弱性を突かれ、不正アクセスによる内部侵入を許したとされる。(2024/6/21)

東京メトロ、業務に生成AI導入へ 問い合わせの利便性向上や業務効率化目指す
東京地下鉄(東京メトロ)は6月18日、利用客向けチャットボットとお客さまセンターの業務に生成AIを導入すると発表した。東京メトロの「お客さまセンター」には年間約25万件の問い合わせがあり、生成AIを活用することで、問い合わせした際のお客の利便性向上や業務効率化を目指す。(2024/6/21)

ものづくり ワールド[東京]2024:
設計者のハイブリッドな働き方を支える最新モバイルワークステーションに注目
デル・テクノロジーズは「第36回 設計・製造ソリューション展」に出展し、設計開発業務などに最適な最新ワークステーションや周辺機器などを訴求していた。(2024/6/21)

欧米/中国企業が続々:
マレーシアに「半導体の時代」が到来か
マレーシアは1960年代後半からアセンブリ/テストといった半導体後工程を担い、より高付加価値な前工程の設計業務への移行を長年模索してきた。とうとう今その時が来ていると言えそうだ。欧米や中国の半導体企業の製造拠点が続けてマレーシアに進出している。(2024/6/21)

Retail Dive:
AI導入で自動化 それでも小売業には「人手」が必要なこれだけの理由
小売企業は、価格設定、在庫管理、チェックアウトなど、これまで以上に多くの業務を自動化できる。しかし、盗難防止、顧客サービス、ブランド・エンゲージメントには人間が必要だ。(2024/6/21)

通常の対策が困難な環境も確実に保護:
PR:スタンドアロン環境やレガシーOS環境のセキュリティ対策に「ホワイトリスト型」が有効な理由
今や企業システムでは“基本中の基本”となったセキュリティ対策。だが、製造業や医療のような特定の業務システムでは、スタンドアロン環境やレガシーOS環境のため、対策が困難な場合がある。こうした環境でも確実にセキュリティ対策を実施するにはどうしたらよいのか。(2024/6/21)

スマートファクトリー:
日立産業制御ソリューションズが工場完全自動化ソリューションの新ブランド発表
日立産業制御ソリューションズは、工場完全自動化ソリューションの新ブランド「AsterSync」を立ち上げた。現場や工場管理、経営層の情報をシームレスにつなげ、工場の原材料の入荷から製造、検査、出荷までの一連業務の自動化を支援する。(2024/6/20)

産業動向:
施工管理業務の標準化とデジタル化を図るポータルサイトを清水建設が構築
清水建設は、施工管理業務の標準化とデジタル化を推進する建築現場の総合ポータルサイト「Cコンシェルジュ」を構築した。ユーザーのサイトの利用内容(施工管理データ)が自動的にサイト内に蓄積される仕組みも構築し、知識と経験の共有により人材育成にも貢献する。(2024/6/20)

リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【後編】
TeamViewerは遠隔で取得する「ユーザー組織のデータ」をどう扱っているのか
リモートデスクトップツールを手掛けるTeamViewerは、ユーザー組織の多様なデバイスから取得したデータを業務プロセス改善に生かす支援を実施している。取得したデータをどのように取り扱っているのか。(2024/6/20)

製造DXの未来とデータ活用の可能性(前編):
生成AIが企業のデータ民主化を推し進める 課題解決の発想力が問われる時代に
いま生成AIをビジネスに活用しようとする動きが盛んです。あらゆる業務が生成AIに置き換え可能となる中、ビジネスパーソンはどのような能力を発揮していくべきでしょうか。ここには従来のDXに関わる取り組みから継続している課題があります。(2024/6/20)

KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと
KDDIが6月19日、都内で第40期 定時株主総会を開催した。株主から、ローソンと資本業務提携した背景や狙いの質問が出た。KDDIが日本の抱える社会課題の解決に貢献する企業であるためには、これまで以上に顧客接点の強化が重要だとする。(2024/6/19)

製造ITニュース:
AIで製造現場の業務プロセスを改善、NECが業務変革サービスを発売
NECは、AIにより現場の作業状況をデータとして可視化し、業務プロセスの課題を分析して、現場の業務改善につなげる「NEC デジタルツインソリューション 現場作業の業務変革サービス」を発売する。(2024/6/19)

レイオフではなく「破壊的変化」をもたらす?
「未経験エンジニア」はもう要らない 生成AIによって壊れゆく採用市場
企業は生成AIを業務に活用し始めている。この動きは、単純な業務を国外に委託するオフショアアウトソーシングと共通する部分がある。採用市場、ひいては教育現場にどのような影響をもたらし得るのか。(2024/6/19)

望まない相手からのフォーム送信を拒否:
Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロック機能」を搭載。問い合わせフォームの健全化を実現し、カスタマーサポート業務を効率化する。(2024/6/18)

プレミアムコンテンツ:
「タイパが悪い」のは“あのITツール”のせい?
業務効率を高めるはずのITツールが、実はタイムパフォーマンス(タイパ)を悪化させている可能性がある。ITツールの利用に関する残念な実態を解説する。(2024/6/18)

産業動向:
諸岡の建機を北米で拡販、東京センチュリー、伊藤忠と業務提携
東京センチュリーと建機メーカーの諸岡、伊藤忠商事は、北米で諸岡製の建機などを拡販する業務提携契約を締結した。北米では建設業界の持続的な成長や樹木整備機器の市場拡大などが見込まれており、3社は連携して、北米市場での諸岡製品の拡販を推進する。(2024/6/18)

メカ設計ニュース:
製造業向けクラウド図面管理システムで業務効率化を支援
New Innovationsは、埼玉県産業振興公社と業務提携契約を締結したと発表した。AIを活用した製造業向けクラウド図面管理システム「図面バンク」を提供し、製造業の業務効率化を支援する。(2024/6/18)

支援事業者のサポートで安心
マンガで解説:業務改革のチャンス 「IT導入補助金」は何に使える?
昨今の社会情勢を受け、中小企業は業務の見直しや体制の整備を迫られている。課題解決のためにITツールを導入するならば、自社が申請できるかどうかをチェックしておきたいのが「IT導入補助金」だ。2024年度の変更点を含めて解説する。(2024/6/18)

自動運転技術:
スズキがティアフォーと資本業務提携、新たな自動運転サービスを創出
ティアフォーとスズキは地域のモビリティを支える自動運転技術の研究開発や社会実装で資本業務提携に合意した。(2024/6/17)

「いきもの電球」京セラが発売 水族館で使われる生体に優しいLED照明を家庭向けに
京セラは、これまで水族館など業務用に販売していたCERAPHICブランドのLED照明を個人向け商品「いきもの電球」として販売すると発表した。(2024/6/17)

導入事例:
ノーコードのアプリ作成ツールで安全パトロールアプリ構築、年間1800時間の業務削減
フィールド・パートナーズは、アステリアのノーコードモバイルアプリ作成ツール「Platio Connect」を導入した。労働安全衛生法に基づく確認業務のアプリ化で、年間で1800時間超の業務を削減したという。(2024/6/17)

セキュリティニュースアラート:
GSユアサがセキュリティ対策を強化 早期発見・対応を重視して選んだサービスとは?
二次電池メーカー大手のGSユアサがセキュリティリスクの早期発見と対策のために新しくサービスを導入した。診断サービスと併せて導入することで「業務負担軽減にもつながっている」と同社が評価するサービスとは。(2024/6/17)

生成AIのデータ基盤:
PR:製造業の現場での生成AI活用は実用段階に 求められるデータ統合基盤の在り方は
生成AIは単なるブームの段階を過ぎ、業務への実装の段階に進みつつある。日本の製造業はいかにしてモノづくりの現場に生成AIを生かせばいいのだろうか。最初に取り組むべきは、蓄積されたデータの統合という課題だ。(2024/6/21)

委託先が私物HDD使用、データ削除せず廃棄 「プレミアムバンダイ」顧客情報漏えいの可能性
通販サイト「プレミアムバンダイ」を運営するBANDAI SPIRITSは、業務委託先が保存していた会員の個人情報が漏えいした可能性があると発表した。(2024/6/14)

書類にまつわる悲哀を川柳に 「私のイチオー業務川柳」でグランプリを獲得したものは? 6月15日「PDFの日」にちなみ
6月15日はPDFが生まれたことにちなみ、2023年に「PDFの日」として制定されている。それを前に、アドビはSNSで募集していた「私のイチオー業務川柳」最優秀作品や入選作品の発表し、書類に関する現状の課題とPDFの今後について告知する「Adobe AcrobatとPDFの未来」イベントをメディア向けに開催した。(2024/6/14)

.conf24現地レポート:
SOCチームの業務に変革を Splunkのセキュリティ製品最新アップデート総まとめ
Splunkはラスベガスで開催中の大規模カンファレンス「.conf24」で、SOCチームの業務を変革する複数の新製品および製品アップデートを公開した。本稿は現地から最新情報をお届けする。(2024/6/14)

DXで設計開発はどう変わる?:
PR:設計開発業務の課題は“クラウド×AI”で解決 国内製造業でも取り組みが加速
設計開発を取り巻く課題の解決とQCDのさらなる向上を図るには、DXによる業務改革が不可欠だ。日本の製造業がグローバル競争に打ち勝つための鍵を握る“クラウド×AI”を活用した変革のシナリオを紹介する。(2024/6/19)

拡散を生むクリエイティブを実現:
TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求テーマが着実に伝わる縦型動画クリエイティブの実現を目指す。(2024/6/13)

業務スーパーで販売の「高コスパ人気冷凍総菜」に“ビニール片”混入…… 商品回収を実施
「コスパの高さ」で人気でした。(2024/6/13)

自動運転技術:
いすゞが資本業務提携の自動運転トラックのGatikに伊藤忠も出資
伊藤忠商事は商用車の自動運転技術に取り組む米国のGatikに出資した。(2024/6/13)

現場管理:
工程表の見直しで工種を関連付ける「依存関係」の機能をKANNAに追加 修正時間やミスを解消
施工管理サービス「KANNA」の計画票作成や進捗管理が可能な工程表アプリに、工程同士を関連付ける「依存関係」の機能が加わった。工程の組み直しで、工種ごとにスケジュールを修正することで発生していた作業時間やミスが減り、工程管理業務の効率化が可能になる。(2024/6/13)

約7割が「5年前に比べて競争が厳しくなっている」と回答:
日本は世界に比べて「顧客向けデジタルビジネスの取り組み」が4年遅れている ガートナー
ガートナージャパンは、ビジネスの成長に関する提言を発表した。ビジネス成長のためには、顧客への価値提供につながる業務改善を推進する必要があり、「デジタル技術を活用して経営的、戦略的な観点から抜本的改革に取り組まなければならない」としている。(2024/6/13)

電子ブックレット(メカ設計):
教えてオートデスク! プラットフォーム戦略とAI活用の方向性
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、プラットフォーム戦略やAI活用による設計業務の変革を推進するオートデスクの日本のキーマンに話を聞いた「教えてオートデスク! プラットフォーム戦略とAI活用の方向性」をお送りします。(2024/6/13)

後編:
画像生成AI「Adobe Firefly」は何がすごい? 業務をラクにする3つの活用法
「商用利用」できる画像生成AI「Adobe Firefly」。クリエイターからの注目は高いが、結局何がすごいのか。本記事では3つの活用方法を紹介する。(2024/6/13)

前編:
生成AIでクリエイター業務が激変 博報堂DYグループが使う5つのサービスとは?
生成AIでクリエイター業務が激変している――。博報堂では、5つのプロダクトを現場で活用しているという。AI活用の広がりによって、クリエイターの役割はどう変わっていくのだろう。(2024/6/13)

セキュリティニュースアラート:
Splunkが製品ポートフォリオ全体にAIを搭載 業務の効率化と簡素化に寄与
Splunkは同社の製品ポートフォリオ全体にAIソリューションを導入する。生成AIツール「Splunk AI Assistant」が製品に組み込まれることで自然言語での情報検索やクエリの生成などが可能になる。(2024/6/13)

FAニュース:
“首をなが〜くして”業務DXロボが設備点検、半導体工場で年内にも実運用へ
ugo、日立プラントサービス、日立システムズは業務DXロボットを使った工場点検作業の自動化サービスの開発をスタートする。(2024/6/12)

販売/調達業務効率化ソリューション:
PR:自動車サプライヤーが苦しむ煩雑な販売・調達を簡略化 内示や変更を一元管理
100年に1度という変化の中、自動車サプライヤーは既存業務の抜本的な効率化が求められている。煩雑さの解消を特に要求されているのは販売、調達業務だ。どのような取り組みが必要なのだろうか。(2024/6/12)

法令準拠も確認:
「業務でちゃんと使える」特化型生成AIを自動で作る 富士通が開発
富士通は2024年6月4日、AI分野における研究戦略発表会を開催し、企業ニーズに適した生成AIモデルを生成し、規則や法令の準拠も確認できる「エンタープライズ生成AIフレームワーク」を発表した。クエリに合わせて最適な特化型生成AIの自動生成も行う。(2024/6/11)

Weekly Memo:
生成AIは「対話型」だけじゃない 富士通が取り組む「特化型生成AI」のポテンシャルを探る
生成AIというと「ChatGPT」に代表される汎用の「対話型モデル」の利用が広がっているが、今後は企業のさまざまな業務を支援する「特化型モデル」も注目されそうだ。果たして、どれほどのポテンシャルがあるのか。富士通の取り組みから探る。(2024/6/10)

これはおいしいはず! 業務スーパーを愛するYouTuberが選ぶ“定番惣菜ベスト5”は? その結果に「私も同意見です!」
おなかがすいてきたぞ……。(2024/6/10)

組み込み開発ニュース:
印刷配線とRFIDの技術を活用した液漏れ検知システムの販売を開始
東北電力とTOPPANエッジは、印刷配線とRFIDの技術を活用した液漏れ検知システムを開発した。目視点検では確認が難しい箇所でも、RFIDリーダーで読み取るだけで即時に点検できるため、巡視や点検業務を省力化する。(2024/6/10)

株式会社Timers提供ホワイトペーパー:
PR:初月4万円〜で専任アシスタントが業務支援、人材不足を解消するアプローチとは
人材不足が叫ばれる近年、事務作業の負担軽減や育休・産休の代替要員確保などの課題解決策として、外注を検討する企業が増えている。こうした需要を受けて登場したのが、初月4万円でマルチスキルのアシスタントを利用できるサービスだ。(2024/6/24)

特選プレミアムコンテンツガイド
行政機関で広がるクラウド活用 自治体が「Azure」を使う理由とは
行政機関の業務のデジタル化が進む中で、ある行政期間は課題解決のために「Azure」を導入した。その理由と活用事例を紹介する。(2024/6/10)

事業統合・再編を支えてきた業界リーダーに聞く:
PR:変化し続ける組織を支えるために話し、学び、理解する――MS&ADシステムズ 執行役員 西川佳織氏
業務を支えるITシステムは企業文化と密接に結び付いている。組織体制が変化すれば、ITシステムもそれに呼応した変化を求められる。保険業界における巨大グループ企業の再編を幾度も乗り越えてきた女性リーダーにその体験を聞いた。(2024/6/10)

オンデーズ、「AI社員」を店舗に導入 担当する業務は?
メガネの製造販売を手掛けるOWNDAYS(那覇市)はこのほど、店舗運営を支援するための“AI社員”を新たに導入した。店舗運営の支援や業務効率化、顧客満足度の向上に役立てる狙いだ。(2024/6/9)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
テレワークを“サボりの手段”ではなく、むしろ「成長の機会」にする方法とは?
テレワークは、同僚から刺激をもらうことが難しかったり、業務時間外でも仕事のことを考えたりといったことにより、やる気をそがれやすい。テレワークでも開発者がやる気を保つためのヒントを5つ紹介する。(2024/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.