• 関連の記事

「C言語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「C言語」に関する情報が集まったページです。

「初心者におすすめのプログラミング言語」ランキング 1位は「Java」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」の会員を対象に、「プログラミング言語に関するアンケート調査」実施した。その結果、初心者におすすめのプログラミング言語の第1位は「Java」であり、求人数の多さなどがおすすめの理由として挙がっていることが分かった。(2022/5/6)

550人に調査:
「学んでみたいプログラミング言語」ランキング 1位は「C/C++」 他言語の順位は?
NEXERは、運営するアンケートサイト「ボイスノート」において「プログラミング言語についての調査」を実施した。その結果、「学んでみたいプログラミング言語」の第1位は、「C/C++」(106票)であることが分かった。(2022/5/6)

山浦恒央の“くみこみ”な話(152):
テストでバグ発見!(10)機能追加した扇風機シミュレーターのバグを検出せよ【出題編】
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、これまで題材にしてきた扇風機シミュレーターに対して保守開発を本格的に適用した問題の出題編となる。(2022/4/14)

DartがRustに並ぶ:
プログラミング言語の人気ランキング、順位変動は縮小傾向にある――RedMonkが調査
RedMonkが発表した2022年第1四半期のプログラミング言語ランキングによると、JavaScript、Python、Javaがトップ3を占めた。KotlinやRustの勢いにDartが追随していることも分かった。(2022/4/13)

IoTセキュリティ:
ポスト量子暗号に対応、組み込みシステム向けセキュリティライブラリを発表
wolfSSL Japanは、組み込みシステム向けセキュリティライブラリ「wolfSSL 5.2.0」が、ポスト量子暗号に対応したと発表した。ポスト量子暗号によるプロトコルを、簡単に自社製品のネットワーク接続機能へ組み込める。(2022/4/8)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(後編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、Q&A形式で見解を示す。(2022/3/30)

モビリティ社会に求められるソフトウェア技術者像に迫る:
PR:大手自動車部品メーカーのデンソーがいまソフトウェア改革を推進する理由、それを支える技術者支援とは
長年にわたりクルマの信頼性を高め、社会に安心を届けるために車載分野のものづくりにこだわり続けてきたデンソー。自動車業界だけでなく、社会全体のエコシステムが大きく変わろうとする中、「環境」「安心」「共感」につながる新たなモビリティ社会の実現に向け、同社が推進しているソフトウェア改革、ソフトウェア技術者のキャリア開発支援とはどのようなものか。(2022/3/30)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(中編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、自身の経験を基に紹介する。(2022/3/29)

組み込み開発ニュース:
DSPとMEMSセンサーを1チップに搭載した「ISPU」を発表
STMicroelectronicsは、DSPとMEMSセンサーを1チップに搭載した「インテリジェント・センサー・プロセッシング・ユニット(ISPU)」を発表した。エッジAIに対応可能で、従来のSiPと比較して小型かつ低消費電力となっている。(2022/3/17)

STマイクロ ISPU:
エッジAI向けセンサープロセッシングユニット
STマイクロエレクトロニクスは、AI技術を搭載したDSPとMEMSセンサーを1チップに集積した「ISPU」を発表した。小型かつ低消費電力のエッジAIを可能にする。(2022/3/16)

組み込み開発ニュース:
CI/CDプラットフォームとの統合を強化したC/C++言語対応テストツールを発売
テクマトリックスは、C言語およびC++言語対応テストツール「C++test 2021.2」の販売を開始した。GitHub、GitLab、Azure DevOpsのツール上で、SARIFやSAST形式でレポートを生成する機能を追加している。(2022/3/7)

ロシア系ベンダーJetBrainsがウクライナ侵攻を非難 「IntelliJ」「PyCharm」など人気IDE開発
ロシア出身のエンジニアらが設立し、開発ツール「IntelliJ IDEA」や「PyCharm」などを開発するJetBrains(チェコ)が、Twitterで「当社はロシアのウクライナ侵攻を非難します」との立場を示した。(2022/2/25)

山浦恒央の“くみこみ”な話(150):
テストでバグ発見!(8)状態遷移モデルで扇風機シミュレーターのバグを摘出せよ【解答編】
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、扇風機シミュレーターをテーマとする問題の解答編。状態遷移モデルをベースにしたデバッグに取り組もう。(2022/2/17)

人工知能ニュース:
Cortex-M0+マイコンで動作する軽量エッジAI、オンプレミスの開発環境を提供
エイシングは、同社の軽量エッジAIアルゴリズム「MST」などを用いたAIモデルをオンプレミスで構築できる開発環境「AiiR On-premises β版」を発表した。同日から募集しているモニター企業5社を対象に順次提供を開始する。(2022/2/16)

9つのベストプラクティスを紹介:
コードのコメント、何をどう書けばよいのか
プログラマーがより良いコードを書くために役立つリソースは数多い。だが、より良いコメントを書くためのリソースはほとんどない。プログラム内のコメント量を測定することは簡単だが、コメントの品質を測定することは難しい。ではどうすればよいのか。(2022/2/2)

IIFES 2022:
三菱電機のシーケンサーにAIを組み込み、ラダープログラムから呼び出せる
たけびしは、「IIFES 2022」において、三菱電機のシーケンサー「MELSEC iQ-R」向けの組み込みAI(人工知能)ソフトウェアを披露した。同ソフトウェアを組み込んだC言語インテリユニットを追加するだけで、ラダープログラムから組み込みAIをファンクションブロックとして呼び出せる。(2022/1/28)

元・Java専門記者がLog4j 2脆弱性に見た「複雑性と魔神のかけら」 Javaの歴史とバザールの矛盾
Log4j 2で問題となった脆弱性は、プログラミングやコンピュータの知識が少しあれば「なぜこんな危険な実装がされていたのか」と疑問に思う内容だ。歴史の歯車が別の方向に噛み合っていれば、こうはならなかったかもしれない。Javaを専門に取材してきた筆者が、この悲劇の背景をひも解いていく。(2022/1/31)

WebエンジニアからみたRust(終):
なぜ「Rustは難しい言語」とされるのか――習得の難しさとその対策をWebエンジニアが考察
Web開発者としての興味、関心に基づきRustを端的に紹介し、その強みや弱みについて理解を深める本連載。第3回は、Rustの開発生産性を支える言語機能と難しさについて。(2022/2/1)

山浦恒央の“くみこみ”な話(149):
テストでバグ発見!(7)状態遷移モデルで扇風機シミュレーターのバグを摘出せよ【出題編】
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、扇風機シミュレーターをテーマとする問題の出題編。状態遷移モデルをベースにしたデバッグに取り組もう。(2022/1/18)

【その視点はなかった】“やさしい化学”があるなら“容赦ない化学”や“無慈悲な化学”“いともたやすく行われるえげつない化学”もあるの?
理解できないと重いペナルティが待っていそう……。(2022/1/14)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(17)STEM教育(5):
課題満載のSTEM教育でも、コロナ下で起きていた教育現場のパラダイムシフト
本シリーズでは、STEM教育の中でも特にプログラミング教育を取り上げてきましたが、やはり課題(ツッコミどころ)は満載です。それでも、いろいろと調べていくうちに、いくつかの光明も見えてきました。(2021/12/27)

AUTOSARを使いこなす(21):
AUTOSARの最新リリース「R21-11」(その1):新規コンセプトの他に変更や廃止も
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第21回からは、2021年11月25日に発行された最新規格文書の「AUTOSAR R21-11」について紹介する。(2021/12/20)

ET&IoT 2021:
mruby/cが工業用ミシンの不良率を8割削減、ローコード開発環境への展開も
しまねソフト研究開発センターは、「ET&IoT 2021」の「フクオカしまねmruby×IoTパビリオン」において、軽量の組み込み機器向けプログラミング言語「mruby/c」の採用事例や、プログラミングに詳しくない初学者や製造業の技術者向けのローコード開発環境などを紹介した。(2021/11/24)

Q&Aで学ぶマイコン講座(66):
CCR(Condition Code Register:条件コードレジスタ)の役割
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、超初級者の方からよく質問される「CCR(Condition Code Register: 条件コードレジスタ)の役割」についてです。(2021/10/29)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(15)STEM教育(3):
STEMを取り入れた「夏休みの自由研究」型パッケージ教育のすすめ
今回は、STEMを取り入れた新しい教育を提案します。併せて、プログラミング教育×STEM教育の方程式から導き出せる、「理系日本人補完計画」という壮大な妄想(?)を語ってみます。(2021/9/29)

頭脳放談:
第256回 AppleもRISC-Vのプログラマーを募集 ところでRISC-Vってどんなプロセッサ?
AppleがRISC-Vのプログラマーを募集しているという。MacのプロセッサをIntel製から自社製のArmに移行し始めたばかりのAppleが、早くも「RISC-Vに移行?」というわけではないようだ。それでも最近、RISC-Vに注目が集まっているのは間違いないようだ。で、このRISC-Vってどんなプロセッサなの?(2021/9/17)

受け身でいては幸せになれない:
SI系企業で働くエンジニアが年収を上げるためにすべきこと
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回のテーマも年収です。構造的に、人をリスクと捉え、育てる環境がないIT業界。では、その中でエンジニアはどうやってキャリアを切り開いていけばいいのでしょうか。(2021/7/29)

Facebook、開発言語に「Rust」採用 次期ビルドシステムの開発で
Facebookが次期ビルドシステムの開発に「Rust」を採用する方針を明らかにした。これまでは「Buck」を採用していた。(2021/7/28)

基本からしっかり学ぶRust入門(1):
プログラミング言語「Rust」とは? "Hello, World!"で基本を押さえる
Rustはどのようなプログラミング言語なのでしょうか? 本連載のスタートとなる今回は、Rust言語の概略と、手元にRustの動作環境構築までを紹介します。導入で利用可能になるコマンドと、最初のHello, World!プログラムも取り上げます。(2021/7/28)

人工知能ニュース:
深層学習モデルの量子化により、データ処理速度が最大5倍に向上
TRUST SMITHは、深層学習モデルを量子化することで、データ処理速度を最大5倍高速化した。膨大な処理が困難だったエッジAI(人工知能)で、深層学習モデルの実装が可能になるという。(2021/7/14)

組み込み開発ニュース:
C言語コードの高速化を支援するソフトウェアのβ版を公開
オスカーテクノロジーは、C言語コードの高速化を支援するソフトウェア「OSCAR Multicore Suite」のβ版を公開した。β版公開中は、無料で使用できる。(2021/7/8)

組み込み開発ニュース:
「Raspberry Pi Pico」のマイコンを単品発売、その名も「Raspberry Silicon」
英国Raspberry Pi財団は2021年1月に発表したスタンドアロンのマイコンボード「Raspberry Pi Pico」に採用した独自設計のマイコン「RP2040」の単品販売を開始する。愛称として「Raspberry Silicon」と名付けており、パートナーを通じて1個当たり1米ドルで販売する。(2021/6/2)

リアルタイムOS列伝(11):
かつて米軍に重用されたRTOS「RTEMS」、今や航空宇宙分野で揺るぎない地位に
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第11回は、かつて米国の軍需向けで重用されてきたRTOS「RTEMS」を紹介する。現在は軍需ではなく、航空宇宙分野向けフリーRTOSの座を射止めている。(2021/6/3)

WindowsにLinuxカーネルの拡張機能「eBPF」実装へ
マイクロソフトは、Linuxカーネルが備えている拡張機能である「eBPF」の互換機能を、Windows 10とWindows Server 2016以降で実現するオープンソース「eBPF for Windows」を発表した。(2021/5/13)

ITエンジニアが一番得意だと思う開発言語はJava 開発言語別の平均年収は?
ITエンジニアが一番得意だと思う開発言語はJava――。開発言語に関する調査で判明した。(2021/4/27)

組み込み開発ニュース:
ザイリンクスがAIカメラ向けSOM製品「Kria」を発表、スターターキットは199ドル
ザイリンクスはAI(人工知能)カメラ向けに同社のプログラマブルSoC「Zynq UltraScale+ MPSoC」やメモリ、周辺部品などを小型ボードに集積したSOM製品「Kria(クリア)」を発売する。第1弾の「Kria K26」などをセットにしたスターターキット「Kria KV260」の価格は199米ドル(約2万1500円)と安価だ。(2021/4/21)

3月27日は「モンスターハンターポータブル 2nd G」の発売日! ナルガクルガの名前の由来、知ってる?
「迅竜」の別名に違わぬ速さの手ごわいやつ。(2021/3/27)

3月22日は「SEKIRO」の発売日! 2020年10月のアップデートで増えた強敵、もう戦った?
本編で苦労した相手が、強くなって再登場。会いたかったような会いたくなかったような。(2021/3/22)

3月22日は「バイオハザード」25周年! 「かゆい うま」は有名だけど、その直前の言葉は覚えてる?
物語の重要な要素を婉曲的かつ鮮烈に表す名文。(2021/3/22)

3月21日はゲームボーイアドバンス20周年! いろんな特殊カートリッジがあったの覚えてる?
今でも液晶を交換して遊ぶ熱心なファンが。(2021/3/21)

3月20日は「星のカービィ スーパーデラックス」25周年! 「刹那の見切り」で2番目に現れるアイツ……誰だっけ?
「ドン! 0% 0% 0%」のショック……でもまた1から遊んじゃう。(2021/3/21)

3月20日は「あつまれ どうぶつの森」発売1周年! 「今日が誕生日の住民」は誰か分かる?
「そいつならウチの島にいるよ」という人は、ぜひお誕生会へ。(2021/3/20)

HyperCardの思い出 ゲームスタック作家だったあの頃
あの人気HyperCardスタックが小寺信良さんの作品だったとは知らなかった人も多いのでは。(2021/3/19)

3月16日は「ファイナルファンタジーXII」の発売日! 他のナンバリング作品で関連性があるのは次のうちどれ?
シリーズの中で異彩を放つ「イヴァリース」の世界。(2021/3/16)

3月13日は「ファイナルファンタジーX-2」の発売日! 主題歌になった倖田來未の歌は次のうちどれ?
ユ・リ・パの3人組が華麗に変身。(2021/3/13)

3月10日は「マリオの日」! そもそもなんで3月10日なの?
大工からスポーツ選手、医者までこなすスーパースターをお祝い。(2021/3/10)

3月9日は「スーパーマリオRPG」の発売日! 曲が採用されているスクウェア作品は次のうちどれ?
あーるぴーじ〜やったことないひっとっも〜……とパックンフラワーが歌うCMも楽しかった。(2021/3/9)

3月4日はワンダースワンの発売日! 実在する専用周辺機器は次のうちどれ?
「GUNPEY」のやりすぎでジグザグの夢を見た思い出。(2021/3/4)

リアルタイムOS列伝(8):
日本で話題にならない中国発のRTOS「RT-Thread」がじわじわと勢力拡大中
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第8回は、日本以外でじわじわと人気が出始めているRTOS「RT-Thread」を取り上げる。(2021/3/4)

モーリシャスと南アフリカ共和国、モロッコ、チュニジアが有望:
次の新天地はアフリカか、ソフトウェア開発者の現状をTungaが調査
アフリカ諸国におけるソフトウェア産業とソフトウェア開発者の現状に関する調査結果をTungaが発表した。開発者の人口が多い17カ国について人数やプログラミング言語の順位を挙げた他、ソフトウェアを含むテクノロジー産業がどのような状況にあるのかを調べた。(2021/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.