「キヤノン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キヤノンITS、柔軟なクラウド連携も実現可能な次世代EDIサービス「EDI-Master Cloud」を提供開始
キヤノンITソリューションズは、クラウドネイティブな環境での運用を実現したEDIサービス「EDI-Master Cloud」を発表した。(2022/7/4)

FAニュース:
業界最高水準毎時300枚のスループット、半導体露光装置KrFスキャナーに新オプション
キヤノンは、半導体露光装置KrFスキャナー「FPA-6300ES6a」のオプション「Grade10」を2022年8月上旬に発売する。露光と基板搬送時間の短縮により、300mm基板において毎時300枚という業界最高水準のスループットを達成する。(2022/6/28)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
コンパクトでも本格派 キヤノン「EOS R7」試作機を速攻レビュー
とうとう登場したAPS-Cサイズセンサーの「EOS R」。その第1弾である「EOS R7」はどんなコンセプトを持って登場したのか、試作機をいじることができたので探っていく。(2022/6/21)

キヤノンMJ、クラウド型映像監視サービス「VisualStage Pro powered by Arcules」を提供開始
キヤノンマーケティングジャパンは、クラウド映像監視サービス「VisualStage Pro powered by Arcules」の提供を発表した。(2022/6/20)

クルマやバイクの整備道具を再現 キヤノン、工具ペーパークラフトの新作ミニチュアセットを無料公開
小さくても本格的なペーパークラフト。(2022/6/16)

キヤノンITS、正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」新バージョンを提供開始 流通経路情報の登録に対応
キヤノンITソリューションズは、同社が提供する正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」のバージョンアップを発表した。(2022/6/9)

メカ設計ニュース:
SOLIDWORKS向けアドインの最新版、任意の文字情報をQRコードで図面配置可能に
キヤノンITソリューションズは「SOLIDWORKS」向け設計業務支援ツールの最新バージョン「SOLiShie Ver.11」を2022年5月24日から提供開始した。顧客要望の多かった、任意の文字情報をQRコード化して図面上に配置できる「図面用QRコード作成」機能を追加した他、既存の6つの機能の改善も図られている。(2022/5/27)

キヤノンITS、Webカメラ認証で“のぞき見”を防止するセキュリティソリューション
キヤノンITソリューションズは、PC画面の“のぞき見”による情報漏えいを防止するショルダーハッキング防止ソリューション「のぞき見プロテクター」を発表した。(2022/5/26)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
APS-Cサイズの「EOS R」が誕生した
なんと、キヤノンのEOS RシリーズにAPS-Cサイズセンサーのモデル「EOS R10/R7」が登場した。24日の新製品発表会で実機を触ってきたのでさっそく紹介したい。(2022/5/25)

医療機器ニュース:
クラウド上での医療情報ガイドラインに準拠したシステム運用を支援
キヤノンITソリューションズは、国の定めるガイドラインに準拠した、クラウド上での医療情報システム運用を支援する「医療ITクラウドコンプライアンスサービス」の提供を開始した。(2022/5/25)

キヤノン、APS-Cミラーレス「EOS R10」投入 RFマウントのエントリー機 約12.8万円
キヤノンは、「EOS R」シリーズで初めてのAPS-Cミラーレスカメラ「EOS R10」を発表した。同社はR10と同時にハイエンドAPS-Cミラーレス「EOS R7」をお披露目している。(2022/5/24)

「EOS R」初のAPS-Cミラーレス「EOS R7」 約3250万画素 4K60p対応でLog撮影も
キヤノンは、「EOS Rシステム」初のAPS-Cモデル「EOS R7」を発表した。2022年6月下旬に発売予定。(2022/5/24)

キヤノンITS、月額制で容易な導入が可能な企業向けのサーバ暗号化サービス
キヤノンITソリューションズは、企業導入向けのサーバ暗号化サービス「Cipher Security Service」の提供を開始した。(2022/5/16)

キヤノンMJ、大企業向けの法人向けセキュリティソリューション「ESET PROTECT MDR」を提供開始
キヤノンマーケティングジャパンは、法人向けセキュリティソリューション「ESET PROTECTソリューション」の最上位となる大企業向け「ESET PROTECT MDR」を発表した。(2022/5/11)

キヤノン、音質にこだわったライト付きBluetoothスピーカーを開発 クラウドファンディング実施
キヤノンは11日、新ジャンル商品としてBluetoothスピーカーに可動式のライトを組み込んだ「albos」(アルボス)のクラウドファンディングを始めた。応援購入は3万6000円(税込)から。(2022/5/11)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
キヤノンの「小さい・軽い・安い」の三拍子そろったレンズは侮れない
キヤノンの「EOS R」シリーズ用RFレンズが面白い。しれっと普通じゃないレンズを紛れ込ませてるのだ。(2022/4/30)

キヤノン、MR用HMD「MREAL X1」発表 視野は前モデルの2.5倍広く 本体価格は約200万円
キヤノンは、MRヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」を発表した。予想価格はMREAL X1本体が200万円前後。X1を利用する際に必要なソフトウェアを含めた場合350万円前後。6月上旬に発売する。(2022/4/21)

キヤノン、広視野角表示を実現した業務向けの小型軽量MR HMD「MREAL X1」 ユニット単体で200万円強〜
キヤノンは、MR(Mixed Reality)用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」の発表を行った。(2022/4/21)

VR/AR/MRニュース:
キヤノンのMRシステム用HMDに広画角化と軽量化を両立する「MREAL X1」登場
キヤノンは、MRシステム「MREAL」用のヘッドマウントディスプレイの新製品「MREAL X1」を2022年6月上旬に販売開始する。広画角化と軽量化ニーズに応える製品で、従来機種と同じくビデオシースルー方式を採用し、現実世界とCG映像を違和感なく融合させた臨場感のあるMR体験を提供する。(2022/4/21)

医療機器ニュース:
AIを活用して、X線画像のノイズを50%低減する画像処理技術
キヤノンは、医療用X線デジタル撮影装置「CXDI」シリーズ専用のコントロールソフトウェアに使用できる、新たな画像処理技術「Intelligent NR」を開発した。AI技術を活用し、従来処理比で最大50%のノイズを低減する。(2022/4/7)

キヤノン、レンズ交換式デジタルカメラの世界シェア1位 19年連続
キヤノンは3月28日、レンズ交換式デジタルカメラの世界市場において、19年連続で台数シェア1位を獲得したとしたと発表した。(2022/3/28)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
大胆なマウント変更で躍進 キヤノン、一眼レフの歴史
「EOS SYSTEM」が35周年を迎えたのである。今まで何かきっかけがあると、そのメーカーの歴史的なカメラを振り返ったりしてたので、今回はキヤノンである。(2022/3/21)

キヤノンMJ、中小オフィス向け支援サービス「HOMEセレクト」に“クラウド録画サービス”を追加
キヤノンマーケティングジャパンは、防犯カメラなどの導入を簡便に行える中小オフィス向けの「クラウド録画サービス」を発表した。(2022/3/8)

カメラのレンズをモチーフにした「九谷焼レンズ盃」登場 キヤノンがデザインを監修
石川県の伝統的工芸品である「九谷焼」の技術を使用しています。(2022/3/5)

キヤノンMJとテックタッチ、カスタマー向けWebページの利便性を高める「システム活用支援サービス」を提供開始
キヤノンMJとテックタッチは、Webページにおける入力フォームの利便性を高める「システム活用支援サービス」の提供を発表した。(2022/2/28)

キヤノン、高画質写真プリントも可能な家庭用インクジェットプリンタ「XK500」など2製品
キヤノンは、家庭用インクジェットプリンタ「PIXUS」の新モデルとなる高画質写真プリント対応のハイスペックモデル「XK500」など2製品を発表した。(2022/2/24)

CADニュース:
日本電産が「SOLIDWORKS」導入で3D設計体制を強化
キヤノンITソリューションズは、日本電産が幅広い工程での設計効率化とリードタイム短縮を目的に、ミッドレンジ3D CAD「SOLIDWORKS」と構造解析ツール「SOLIDWORKS Simulation」を導入し、大きな成果に結び付けることができたと発表した。(2022/2/24)

電子ブックレット(組み込み開発):
新たな半導体国プロが始動/キヤノンの320万画素SPADセンサー
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年10〜12月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2021年10〜12月)」をお送りする。(2022/1/31)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「Z 9」にニコンの本気を見た 容赦なく詰め込まれた最新技術で撮影が快適に
ソニー、キヤノンの後塵を拝したと見られていたニコンが猛ダッシュで最前線に躍り出た感のある「Z 9」。快適なシャッターとAF。これぞフラッグシップ機という感じ。(2022/1/29)

キヤノンMJ、プレゼン時のページ送り/戻しを指先で操作できるページクリッカー
キヤノンマーケティングジャパンは、プレゼンテーション資料のページ送り/戻し操作を行えるリング型筐体を採用した小型ページクリッカー「PR5000-C」を発表した。(2022/1/21)

キヤノン、映像に軸足置いたミラーレスカメラ「EOS R5 C」3月発売 約65万円
キヤノンは19日、スイッチレバー1つで静止画撮影と動画撮影を切り替えられるミラーレスカメラ「EOS R5 C」を発表した。外部電源供給があれば8K/60p・RAW動画まで対応できる。(2022/1/20)

FAニュース:
分解能を8.8倍に、レーザー加工を高精度化するガルバノスキャナー向けモーター
キヤノンは2022年1月13日、レーザー加工装置におけるレーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナー向けモーターとして「GM-2000シリーズ」3機種を発売したと発表した。(2022/1/18)

VRニュース:
キヤノンが映像技術でメタバース環境を支援、VR基盤ソフトなどを開発
キヤノンは2022年1月4日(現地時間)、米国ラスベガスでハイブリッド型展示会として開催される「CES 2022」(2022年1月5〜7日)に先立ち、プレスカンファレンスを開催。デジタルカメラや監視カメラなどで培った映像技術を活用し、Web会議などの映像コミュニケーションの価値を高めるさまざまな技術を紹介した。(2022/1/6)

人工知能ニュース:
キヤノンがNIST顔認証ベンチマークテストで国内トップに、4つのカテゴリーで
キヤノンは、NIST(米国国立標準技術研究所)が主催する顔認証ベンチマークテスト「FRVT」で、日本1位、世界トップクラスの精度を達成したと発表した。(2022/1/5)

協働ロボット:
オムロンとキヤノンが協働ロボットの“目”と“手”で連携
オムロンとキヤノンは2021年12月21日、オムロンの協働ロボットとキヤノンのネットワークカメラを組み合わせて使用しやすくするように連携を強化することを発表した。オムロンの協働ロボット向け周辺機器群「Plug & Play」にキヤノンのネットワークカメラ向け画像処理ソフトウェア「Vision Edition-T」を2022年1月上旬から加え、標準で連携できるようにする。(2021/12/22)

組み込み開発ニュース:
キヤノンの320万画素SPADセンサーが9年ぶりの快挙、独自画素構造に2つの工夫
キヤノンが、暗所でも高感度に撮像が可能なSPADセンサーで、フルHD(約207万画素)を超えて「世界最高」(同社)となる320万画素を達成したと発表。従来発表の100万画素SPADセンサーから3倍以上の高画素化を実現するとともに、カラーフィルターを用いたカラー撮影も可能であり、センサーサイズも13.2×9.9mmと小型に抑えた。(2021/12/16)

キヤノン、小規模オフィス向けA3カラーレーザー複合機「Satera LBP961Ci」など7機種を発売
キヤノンは、小規模オフィス向けとなるレーザープリンタ/複合機計7機種の販売を開始する。(2021/11/26)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
これでプロ用じゃない、だと? キヤノン「EOS R3」の高性能と安定感
キヤノンの「EOS R3」。実にサクサクと気持ちよく撮れる良いカメラなのである。高性能なだけじゃなく、グリップしたときの安定感や剛性感、反応の良さなど上位機種ならではの良さが詰まっていた。(2021/11/21)

キヤノン「EOS R3」は27日発売、ただし「お届けまでに大変時間がかかる」
キヤノンはフルサイズミラーレスカメラ「EOS R3」の発売日を11月27日に決定した。しかし予想を上回る注文と世界的な部品の供給不足の影響により、供給のペースは鈍い見通しだ。(2021/11/17)

被写体を追尾して自動撮影する「PowerShot PICK」、キヤノンが市販 「Makuake」で1億7000万円売った新コンセプトカメラ
キヤノンは9日、被写体を追尾しながら静止画や動画を自動撮影する新コンセプトカメラ「PowerShot PICK」を市販すると発表した。公式ECサイトでの販売価格は4万5980円(税込)。(2021/11/9)

家族の利用を想定:
独自アルゴリズムで被写体を追尾/調整 キヤノンが自動撮影カメラ「PowerShot PICK」11月末に一般発売 当初は直販のみ
キヤノンがクラウドファンディングで先行販売した自動撮影カメラ「PowerShot PICK」の一般販売を決定した。独自のアルゴリズムによって、被写体の認識や追尾、構図の調整を自動で行いながら静止画や動画を撮影できることが特徴だ。(2021/11/9)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ニコン「Z 9」は未来のカメラだった ソニー「α1」、キヤノン「EOS R3」と比較してみよう
開発表明から半年強、やっと正式発表となりましたニコンの「Z 9」。これでソニーの「α1」、キヤノンの「EOS R3」、ニコンのZ 9とそろったので各社フラグシップカメラの特徴や違いを見てみたい。(2021/10/30)

Weekly Memo:
日本型の“DXの弱点”克服へ、戦う相手は――えっ顧客? 老舗SIerが挑む新しい支援の形
DXを進めていく上でSIerはどんなソリューションを提供してくれるのか。ユーザー企業にとっては大いに気になるところだ。そんな疑問に対して老舗のキヤノンITソリューションズが答えた。その内容とは――。(2021/10/25)

製造マネジメントニュース:
キヤノンITSが目指す“共想共創カンパニー”、コンサルとの差別化狙う
キヤノンITソリューションズは2021年10月13日、2025年までの同社の事業目標などをまとめた「VISION 2025」について発表した。同社が今後展開する事業分野や、注力予定の市場領域などを解説した。(2021/10/15)

キヤノン、“VR専用レンズ”のサンプル映像を公開
キヤノンが12月に発売するVR専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」で撮影したVR映像のサンプルが公開された。(2021/10/7)

VRニュース:
キヤノンがVR映像撮影システムを発表、専用RFレンズや変換ソフトを年内発売
キヤノンはVR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」を立ち上げ、180度VR映像を撮影できる専用のRFレンズ1機種と、映像制作を支援するPCソフトウェア2本を2021年12月下旬に発売すると発表した。(2021/10/7)

キヤノン初のVR撮影システム「EOS VR SYSTEM」 R5+魚眼レンズで実現
キヤノン初のVR映像撮影システム「EOS VR SYSTEM」が年末にリリース。「EOS R5」と組み合わせて使う専用の魚眼レンズと、PC向け映像編集ソフトで構成。(2021/10/6)

請求書や注文書、問診票――紙帳票から自動でデータ抽出 キヤノンマーケティングが11月にサービス開始
キヤノンマーケティングジャパンは、「AI OCR×データ入力サービス」を提供する。紙帳票をスキャンしたPDFや、スマートフォンなどで撮影した画像から情報を抽出し、編集可能な電子データとして提供する。(2021/10/5)

キヤノンの「PIXUS」複合機に新モデル登場 “おうちプリント”を強化
キヤノンは10月5日、「おうちプリンター!」をコンセプトに家庭向けインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの複合機新製品計4モデルを発表、10月14日より順次発売する。(2021/10/5)

キヤノンMJ、各種紙帳簿のデータ化に対応したAI OCR採用のBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」
キヤノンマーケティングジャパンは、クラウド型AI OCRソリューションを活用したBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」を発表した。(2021/10/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.