「Cisco Systems(シスコシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cisco Systems(シスコシステムズ)」に関する情報が集まったページです。

Cisco Meraki MR20を活用:
Wi-Fiプローブデータを活用した屋内DOOHのインプレッション計測モデル、シスコとLIVE BOARDが共同開発
カメラを設置することなく、より安価でシームレスな計測が可能に。(2022/5/17)

Cisco、Spring Frameworkの脆弱性の影響を受ける製品を公開 迅速に対処を
Cisco製品に深刻度「緊急」および「重要」に分類される複数の脆弱性が見つかった。既にセキュリティアドバイザリが公開されているため、同製品を使用している場合は迅速に対処してほしい。(2022/4/23)

製造業IoT:
Wi-Fi 6Eは2022年末には国内利用可能に、シスコがハイブリッドワーク向けで展開
シスコシステムズは、オフィス出勤とテレワークを組み合わせた働き方である「ハイブリッドワーク」や企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支える同社の最新のネットワーク技術について説明した。(2022/3/30)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【前編】
NFTや仮想通貨を盗む「ソーシャルエンジニアリング」はWeb 3.0でも“最恐”か
Cisco Systemsのセキュリティ研究機関によると、次世代Web「Web 3.0」の構成技術を狙った攻撃の手口は驚くほど古い。だからこそ油断は禁物だ。Web 3.0を狙った攻撃に企業はどう備えるべきか。(2022/3/23)

就職人気から占う今後のIT業界:
日本で「働きがいのある会社」、大企業部門の2位にシスコ 1位のIT企業は?
日本でもっとも働きがいのある企業はどこか。GPTWジャパンによると、大規模部門はセールスフォース・ジャパン、中規模部門はコンカー、小規模部門はあつまると、3つの部門全てでIT企業がトップにランクインした。(2022/3/2)

スマートファクトリー:
PR:ヤマザキマザックとシスコが挑むスマート工場化、生産革新とカーボンニュートラル実現へ
工作機械大手のヤマザキマザックでは、自社工場のスマートファクトリー化を推進するとともに、これらの実績を生かしたスマートファクトリーソリューションの外部展開を進めている。「生産性向上」と「環境配慮」の2つの観点で取り組む、ヤマザキマザックのスマートファクトリーへの挑戦を紹介する。(2022/3/31)

「仕事から離れる権利」を尊重するには【後編】
「社員の健康を守るためのPC監視」はありなのか? 問われるプライバシー問題
心身の健康を守る目的で、MicrosoftやCisco Systemsは従業員のPC利用状況や生産性の監視ツールを提供している。こうした監視ツールは雇用主からの需要がある一方で、その存在意義を疑問視する専門家もいる。(2022/2/15)

2022年版「働きがいのある会社ランキング」発表 従業員1000人以上の会社2位は「シスコシステムズ」、1位は?
GPTWジャパンは2月10日、「2022年版 日本における『働きがいのある会社』ランキング ベスト100」を発表した。(2022/2/14)

フォード、米デトロイト「フランシスコ教皇センター」とコラボした特別モデル「ブロンコ66」をオークションに 売上金は恵まれない人々への支援に
販売価格は50万ドル、売上は恵まれない人への募金として使われるそうです。(2022/2/3)

Ciscoの複数プロダクトに「緊急」の脆弱性、直ちに確認と対応を
2022年1月に入ってからCiscoは複数のセキュリティアドバイザリを発行している。すでに深刻度が「緊急」(Critical)に分類されるセキュリティアドバイザリが3つ公開されており注意が必要だ。(2022/1/21)

脆弱性による侵害可能性を29分の1に下げるには:
脆弱性の修正ではまず何をすべきなのか
Cisco Systems子会社のKenna Securityが公開した調査レポートでは、さまざまな脆弱性管理手法の効果と、組織全体のエクスプロイタビリティ(ソフトウェアの脆弱性を悪用して侵害される可能性)を定量化している。脆弱性を素早く修正するよりも有効な手法があるという。(2022/1/21)

Ciscoが2022年1月に合計13のセキュリティアドバイザリを発行 「緊急」の脆弱性2つに対処
Ciscoは複数のセキュリティアドバイザリを発行した。2022年1月以降に発行されたものだけでも深刻度が「緊急」(Critical)に分類される脆弱性がすでに2つ修正されている。(2022/1/15)

日本企業のサイバーセキュリティは6割が“時代遅れ” クラウドファースト時代に求められるセキュリティ対策とは
シスコの調査によると、日本企業のIT/セキュリティ担当者は、現行のサイバーセキュリティテクノロジーの59%が「時代遅れ」と考えていることが明らかになった。これからの日本企業に求められるサイバーセキュリティ対策とは。(2021/12/23)

製造ITニュース:
シスコの5Gオープンラボがミリ波とsub6の商用免許取得、5Gの価値創出を加速
シスコシステムズは2021年12月15日、同社が2020年11月に開設した、E2Eの5G通信ネットワークアーキテクチャを利用できるオープンラボ「5Gショーケース」について、最新状況などを解説する説明会を開催した。これと併せて、シスコが現在実施中のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みなども紹介した。(2021/12/23)

シスコが最新の5G戦略を紹介 「5Gショーケース」ではパナソニックやNECとの連携も
シスコシステムズが5Gの開発戦略や、5Gを活用した実証実験ができる「5Gショーケース」の最新状況などについて説明した。5Gショーケースで用意しているデモを拡充し、現在は監視系やセキュリティなど15のソリューションを用意している。既に50社以上の企業が5Gショーケースを利用し、100回以上のデモも実施しているそうだ。(2021/12/16)

「メタバース」はビジネスに役立つか【後編】
「メタバース」はWeb会議を超えるか? MetaやMicrosoft、Ciscoが熱視線
Metaだけでなく、MicrosoftやCisco Systemsなどのユニファイドコミュニケーションベンダー各社が「メタバース」の市場に参入している。メタバースでのビジネスコミュニケーションは今後の主流になるのか。(2022/1/17)

CiscoがApache HTTP Serverの脆弱性の影響受ける製品を順次発表中、確認を
Apache HTTP Serverの5つの脆弱性はCisco製品にも影響を及ぼすようだ。Ciscoは影響を受ける製品の確認を進めており、該当製品のリストが順次更新されている状況だ。Cisco製品を使用している場合には定期的に確認しておきたい。(2021/12/11)

4Kカメラ「Webex Desk Camera」で新世界を体験 PC内蔵Webカメラに不満を抱える人の救世主となるか
最近では、ビジネス用途のビデオ会議でも高解像度のカメラニーズが増えている。シスコシステムズの4K Webカメラ「Webex Desk Camera」を例に、一般的なノートPC内蔵のWebカメラと比較してみた。(2021/12/3)

コンテナネットワークの基礎知識【第11回】
コンテナと仮想マシン間の通信はなぜ必要? 「OpenShift」「ACI」「NSX」のCNIとは
Kubernetesクラスタ内ではCNIプラグインを使ってコンテナ間の通信が実現します。「Cisco ACI」「NSX-T」「OpenShift」といったSDN製品による、オンプレミスインフラ向けのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/22)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、F5、VMwareの製品に相次いで見つかった脆弱性の正体とは?
2021年8月、大手IT企業数社の製品に脆弱性が見つかった。各社は被害の報告は受けていないというが、セキュリティアップデートの実行を推奨している。脆弱性はどのようなものだったのか。(2021/11/30)

変わるHCIとベンダーの考え【後編】
「HCI」に迫る2つの流れ Dell、Nutanix、HPE、Ciscoもたどる同じ道
ITベンダーが注力しているのが製品をサービス化することだ。その点は特にHCIの分野で分かりやすい。その他にも昨今の動きとして注目すべき点がある。HCIを軸にしてポイントをまとめる。(2021/11/22)

製造マネジメントニュース:
製造や物流など業界特化のユースケース創出加速、シスコの3カ年成長戦略
シスコシステムズは2021年11月4日、2022年度における同社の事業戦略説明会を開催し、2021年度の事業成果と、2022年度から2024年度までの3カ年成長戦略を発表した。(2021/11/18)

「半数が発言しないWeb会議」は是か非か【前編】
Web会議で言いたいことが言えない“沈黙マン”が5割 発言しない「残念な理由」
Cisco Systemsの調査で、Web会議の実施時にリモート出席者の約半数が発言していないことが明らかになった。テレワーク時のコミュニケーションを阻害している要因は。(2021/11/8)

Ciscoがセキュリティアドバイザリを公開 深刻度が「緊急」の脆弱性も
Ciscoは複数製品のセキュリティアップデートを公開した。脆弱性の中には深刻度が緊急(Critical)に分類されているものも2つ含まれている。該当の製品を利用しているかどうかを確認してほしい。(2021/11/6)

Cisco Talosが2021年第3四半期の脅威動向を発表 ビジネスメール詐欺に要注意
Cisco Talos Intelligence Groupは2021年第3四半期のサイバーセキュリティインシデントの傾向を発表した。企業が注意すべきサイバーセキュリティ脅威が簡潔にまとめられているため参考にしてほしい。(2021/10/30)

AR対応Web会議「Webex Hologram」登場 HololensやMagic Leapに対応
米Cisco Systemsが、AR表示に対応したWeb会議ツール「Webex Hologram」を発表した。「Hololens」や「Magic Leap」などのARヘッドセットを装着することで、対話相手や3DオブジェクトなどをAR表示できる。(2021/10/27)

「コロナ禍前には戻れない」 変化に適応するか
Zoom、Microsoft、Ciscoが語る「“次のWeb会議ツール”はこうなる」
パンデミックが落ち着く中でオフィスワークへの回帰が見られる一方、会議の在り方は「コロナ禍前には戻らない」とWeb会議ベンダーは語る。ハイブリッドワークへの移行が進む中、Web会議ベンダー各社はどう動くのか。(2021/10/27)

Ciscoが複数製品のアップデートを発表 合計20の脆弱性を修正
Ciscoから複数製品のセキュリティアドバイザリが発行された。特に「IOS XE SD-WAN Software」に関する脆弱性は深刻度が重要(High)に分類されており注意が必要だ。(2021/10/23)

JR東、入院時にiPadを貸し出す実証実験 離れた家族と「Webex」でオンライン面会
JR東日本とシスコシステムズは、入院時に、タブレット端末の貸し出すサービス「Be With」の実証実験を始めると発表。患者とその家族が好きな時間にオンライン面会をするためのサービスだ。(2021/10/19)

スマートファクトリー:
PR:「生産技術のインテリジェント化」を目指しIoTネットワークを構築した日産自動車
最先端の技術で「クルマの未来」を提案し続ける日産自動車。同社は、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の新開発パワートレイン生産ラインにおいて、IoTを活用した生産技術の革新に取り組んでいる。このIoTを制御するネットワークに採用されているのがシスコシステムズの製品だ。IT(情報技術)とOT(運用技術)を融合させた新たなネットワークは、次世代のクルマづくりのコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を実現する上で欠かせないインフラとなっている。(2021/10/11)

Ciscoが合計31個のセキュリティアドバイザリを発行 該当製品がないか確認を
Ciscoから同社の製品に関する複数のセキュリティアドバイザリを発行した。該当製品を利用しているかどうかを確認するとともに、アドバイザリに従って対処してほしい。(2021/9/25)

Cisco IOS XR Softwareのセキュリティアドバイザリがリリース 迅速にアップデートを
ネットワーキングソフトウェアCisco IOS XR Softwareに関するセキュリティアドバイザリが公開された。今回の発表は、9つのセキュリティアドバイザリで構成され、合計12個の脆弱性が修正されている。(2021/9/14)

Google、ハイブリッドワーク支援の「Workspace」新機能とハードウェアを発表
Googleはコロナ禍下のハイブリッドワークを支援する「Workspace」関連の複数の新機能とハードウェアを発表した。Gmailの「チャットルーム」から電話をかけられるようになる。CiscoのWebexとの相互運用も可能になる。(2021/9/9)

「OTシステム」を狙った攻撃の脅威【後編】
MicrosoftやCiscoも参入する「OTセキュリティ」市場 盛り上がりの理由は?
OTシステムへの攻撃が盛んになっていることを受け、ITシステムを対象としたセキュリティベンダーがOTセキュリティ分野にも参入している。GartnerはOTセキュリティ市場をどう分析するのか。(2021/9/9)

Cisco製品に複数の脆弱性 セキュリティアドバイザリの確認を
Ciscoは、複数の製品に関するセキュリティドバイザリを発行した。今回発表された脆弱性の中には深刻度が緊急(Critical)に分類されるものもあるため注意が必要だ。必要に応じてアップデートを適用してほしい。(2021/8/28)

アカウント管理、デバイス保護などを実現 次世代のテレワーク基盤とは何か?
ドコモ・システムズらは、日立のゼロトラストネットワーク技術やMicrosoft製品、シスコ製品を組み合わせた「次世代テレワーク基盤」を構築した。同社の管理部門やシステム開発部門など約700人が同基盤の利用を開始した。(2021/8/27)

Ciscoのルーター製品に「緊急」の脆弱性 直ちにアップデートを
Ciscoのルーターに深刻度が「緊急」の脆弱性が見つかった。該当の製品を利用している場合には直ちに情報を確認するとともに、アップデートを適用することが望まれる。(2021/8/6)

導入企業に聞く「Zoom Phone」の活用法【後編】
LogitechがCiscoのUC製品から「Zoom Phone」に移行 その導入効果は?
Logitechは電話インフラをCisco SystemsのUC製品から、音声クラウドサービス「Zoom Phone」へと移行させた。その理由と効果は。(2021/8/3)

コミュニケーションを活性化せよ:
PR:「会議室が足りない」「会議のムダが多すぎる」をどう解消? ハイブリッドワーク実現のポイント
オフィス出社が増えるにつれ、「会議室が足りない」という問題に直面する企業も多い。そんな問題を手軽に解決できるのが、シスコシステムズが提供する、オンラインコミュニケーション専用端末「Webex Devices」だ。同ソリューションを活用することで、働き方や会議室の在り方はどう変化していくのだろうか。(2021/8/2)

Cisco製品に複数の脆弱性 迅速なアップデートを
Ciscoは、2021年7月に複数のセキュリティアドバイザリを発行した。このうち幾つかのセキュリティ脆弱性は深刻度が重要(High)とされており注意が必要だ。スピーディーな確認とアップデートが求められる。(2021/7/9)

無線LANの脅威「FragAttacks」を解剖する【後編】
Wi-Fiデバイスの脆弱性「FragAttacks」にMicrosoftやCiscoはどう対処したのか
無線LANデバイスに存在し得る脆弱性群「FragAttacks」による実害を防ぐべく、さまざまなベンダーが対処を進めた。各社はその危険性をどう判断し、どう動いたのか。主要ベンダーの取り組みを整理する。(2021/7/8)

テレワークのメリットを引き出す従業員管理法【前編】
テレワーク社員のメンタルを守るMicrosoft、Cisco製品の機能とは?
テレワーク導入が拡大する中で、課題となるのは従業員にかかるストレスだ。ベンダー各社はそれぞれが提供する製品に、従業員の心理状況を把握する機能を追加している。(2021/6/9)

ご存じ、セキュリティリサーチャーたちが本音で語る:
PR:「UTMはもう古い」と断言できるこれだけの理由。中小企業にとって「今」必要なセキュリティ対策とは
一時期、主に中小企業の間で、セキュリティ対策の「切り札」ともてはやされた「UTM(統合脅威管理)」。セキュリティ対策にコストをかけられない中小企業にとっては、1台のアプライアンスを導入するだけで多層防御を実現できるという“うたい文句”が響き、急速に導入が進んだ。しかし、その本来の役割を十分に果たしているのだろうか? 現在の中小企業を取り巻くビジネス環境に適した、効果的なセキュリティ対策とはどのようなものなのか? ご存じ、セキュリティリサーチャーのpiyokango氏、SBテクノロジーの辻伸弘氏、シスコシステムズの吉田勝彦氏が語り合った。(2021/5/27)

Ciscoの複数の製品に脆弱性の報告 アップデート適用を
2021年5月20日(現地時間)に米コンピュータ緊急事態対策チームがCisco製品のセキュリティ脆弱性に関して注意喚起を行った。この前後にも複数のセキュリティアドバイザリが発行されているため、見落としがないか確認してほしい。(2021/5/24)

サポート切れCisco Small Businessルーターに緊急の脆弱性、アップデートの提供予定はなし
古いCisco Small Businessルーターシリーズにリモートコード実行の脆弱性が存在するというセキュリティアドバイザリが発行された。この脆弱性に関してはEoLを理由にセキュリティアップデートは提供されない見込みだ。サポート対応のある製品への切り替えが推奨されている。(2021/4/12)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco SystemsがCPaaS事業のIMImobileを買収 その狙いは?
Cisco Systemsは、CPaaS(Communications Platform as a Service)を提供するIMImobileの買収を完了した。IMImobileを買収したことで、Cisco Systemsのサービスはどう変わるのか。(2021/4/12)

コンテナネットワークの基礎知識【第7回】
Red Hat、VMware、Ciscoの「商用Kubernetes」とは? それぞれの違いは
オンプレミスインフラ向け製品を手掛けてきた主要ベンダー各社は、さまざまなアプローチで「Kubernetes」を自社製品に取り込んでいます。Red Hat、VMware、Cisco Systemsの取り組みを紹介します。(2021/4/21)

クラウド時代のネットワーク最適化【第4回】
Cisco、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品を比較 クラウド高速化技術の違いは?
クラウドサービスとの接続の最適化に有効なSD-WAN製品。さまざまな製品が登場しており、それぞれ異なる特性を持ちます。ここではCisco Systems、VMware、Silver PeakのSD-WAN製品の特徴を見てみましょう。(2021/4/2)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第2回】
「HCI」を「Kubernetes」でクラウドネイティブ化 VMwareとCiscoの動きは?
コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」をHCI(ハイパーコンバージドインフラ)に組み合わせる動きが広がっている。まずはVMwareとCisco Systemsの取り組みを紹介する。(2021/4/1)

「左利きへの配慮に泣ける」 シスコーンの「子どもがこぼさず注げるデザイン」に称賛の声、日清シスコに話を聞いた
導入の経緯を聞きました。(2021/3/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.