「クラスタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クラスタ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「Buoyant Enterprise for Linkerd」を通じて公開へ:
CNCF傘下のサービスメッシュ「Linkerd」、安定版の有償化を発表
従業員50人以上の企業が本番環境で「Linkerd」の安定版を利用する場合、2024年5月から、Kuberetesクラスタ1つ当たり月額2000ドルを支払わなければならなくなる。この変更を巡り、オープンソースユーザーやアナリストでさまざまな意見が出ている。(2024/3/28)

「Kubernetes Cost Benchmark Report」を発表:
「Kubernetesコスト最適化」はできている? 4000のKubernetesクラスタを分析 CAST AI
CAST AIは、4000のKubernetesクラスタを分析した「Kubernetes Cost Benchmark Report」を発表した。50以上のCPUを割り当てているKubernetesクラスタにおいて、企業が実際に利用しているのは割り当てられたCPUの平均で13%、メモリでは20%のみだった。(2024/3/26)

“MNO A”だけ通信品質が悪化? 楽天の決算資料のグラフがひっそり話題 Xでは「一体どこ?」の声
楽天グループが発表した決算の説明資料において、とあるグラフがXの一部クラスタで注目を集めている。楽天モバイル事業の通信品質の改善結果について、他3社と比較したグラフを記載。そのうちの1社のみ、通信品質が悪化する傾向を確認できたためだ。(2024/2/14)

“止められない”システムを守る:
ランサムウェア時代のバックアップとHAクラスタリング活用法
ミッションクリティカルなシステムの保護には、実績のあるバックアップ製品とHAクラスタ製品を組み合わせ、障害時の迅速な復旧を目指したい。HAクラスタ製品選定時に確認すべきポイントとは。(2024/2/6)

サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストを支援:
Google Cloud、パフォーマンスとリソースの最適化に役立つ3つのOSSツールを公開
Google Cloudは、Google Cloud上のKubernetesクラスタの最適化に役立つ、サイジング、パフォーマンスベンチマーク、負荷テストといったタスクを支援するオープンソースツールを公開した。(2023/12/20)

「Advanced Vulnerability insights」も提供開始:
Google Cloud、マルチクラスタ管理機能を備えた「GKE Enterprise」の一般提供を開始
Google Cloudは、マネージドKubernetesサービスの「Google Kubernetes Engine」の新エディションにあたる「GKE Enterprise」の一般提供を開始すると発表した。(2023/11/27)

NVIDIA H100を96基搭載 大規模計算基盤を自動運転ベンチャーが構築へ
自動運転車の開発・販売に取り組むTuringは、大規模言語モデル(LLM)などの専用計算基盤として、GPUクラスタシリーズ「Gaggle Cluster」の構築を始めると発表した。(2023/11/22)

Edge Tech+ 2023:
デジタルコックピットを1個のSoCとLinuxだけで統合制御、AGLがデモを披露
Automotive Grade Linux(AGL)は、「EdgeTech+ 2023」において、コンテナ技術を用いてカーナビゲーションとメータークラスタのアプリケーションを1個のSoCとLinuxカーネル上で動作させるデジタルコックピットのデモンストレーションを披露した。(2023/11/21)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第6回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のセキュリティを比較 独自要件を満たすには?
「Kubernetes」クラスタの運用管理では、セキュリティ対策が不可欠だ。Kubernetesクラスタ管理ツールの「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」には、それぞれどのようなセキュリティ機能があるのか。(2023/11/2)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第5回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のスケーリング機能の違い 何を自動化する?
Kubernetesクラスタの運用においては、負荷状況に応じて適切なリソースを割り当てる必要がある。リソースのスケーリングにおいて、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が提供する機能の違いとは。(2023/10/31)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第4回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のログ機能を比較 具体的な違いは?
自社の要件に合うKubernetesクラスタ管理ツールを選ぶ際には、監視・ロギング機能を比べるのも手だ。「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」がそれぞれ提供する監視・ロギング機能を比較する。(2023/10/27)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第3回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」をデプロイ機能で比較 何が違う?
Kubernetesクラスタの運用管理ツールは、操作の自動化や一元管理などによる省力化が可能だ。アプリケーションのデプロイや管理において「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」はどう違うのか。(2023/10/25)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第2回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」を比較 Kubernetesクラスタ管理の違いは?
「Kubernetes」クラスタの運用管理ツールにはさまざまな選択肢がある。自社の要件に合うツールを選ぶために、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が備える管理機能を学ぼう。(2023/10/23)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第1回】
「Kubernetesクラスタ」運用の基礎解説 まずやるべき“大原則”とは?
企業によって「Kubernetes」クラスタの運用管理に求める要件は異なるものの、運用管理において実施すべき操作、考慮すべき原則は共通している。具体的に何をすべきなのか。(2023/10/19)

AWS移行で悩ましい運用監視の取り扱い
クラウド監視の冗長化に立ちはだかる複数のハードル、他社はどう乗り越えた?
ミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が増える中、その運用監視環境の冗長化が課題となるケースも多いようだ。クラウドサービスによってはクラスタ化の制約もある。信頼性の高い監視環境を実現する、効果的な手段はないものか。(2023/7/25)

今日のリサーチ:
クラスタ分析で浮き彫りになったシニアの6分類――朝日広告社調査
「シニアクラスタ分析」により、シニアのライフスタイルを6つに分類しています。(2023/6/26)

ウィニング・コンビネーション:
動作検証済みソリューション10種を公開、ルネサス
ルネサス エレクトロニクスは、車載用製品と非車載用製品を組み合わせたソリューション「ウィニング・コンビネーション」10種を公開した。EV充電器や車両のクラスタ制御向けなどのソリューションで、エンジニアがあらかじめ設計検証をしている。(2023/3/20)

Google、ChatGPT競合チャットbot開発中の新興企業Anthropicを支援
GoogleはOpenAIの「ChatGPT」と競合するチャットbot「Claude」を開発する新興企業Anthropicを支援すると発表した。AnthropicはGoogle Cloudを優先クラウドプロバイダーとし、GoogleはAnthropicのAIシステム開発のためにTPUおよびGPUクラスタを構築する。(2023/2/6)

単一GPUの分割利用も可能:
GPUを動的に割り当てて機械学習における利用の無駄を減らす、Run:aiが日本で本格事業展開
機械学習におけるGPUの利用効率を高める仕組みを提供する企業、Run:aiが日本で事業展開を本格化している。GPUクラスタを動的に割り当てることで、無駄を減らせるという。小数点以下の単位での割り当ても可能だ。(2022/12/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(129):
メモリ最適化テーブルの非クラスタ化インデックスの統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルの非クラスタ化インデックスの統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(124):
フェイルオーバークラスタインスタンスで有効なクラスタディスクの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、フェイルオーバークラスタインスタンスで有効なクラスタディスクの情報の出力について解説します。(2022/7/4)

創作クラスタ集合! フィルムアート社「夏のKindle本半額セール」スタート
創作の役に立つ本がたくさん。(2022/6/21)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(121):
フェイルオーバークラスタインスタンスで使用しているドライブ文字に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、フェイルオーバークラスタインスタンスで使用しているドライブ文字に関する情報の出力について解説します。(2022/6/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(173):
Azureのハイブリッド環境を低コストで入手可能に――シングルサーバ構成のAzure Stack HCIクラスタが正式サポート
これまでAzure Stack HCIは、Azure Stack HCI認定ハードウェアを使用した、最小2ノード構成からサポートされていましたが、シングルノード構成が正式にサポートされました。(2022/6/7)

500人超の女性に聞いた:
利用率の高い「高額扇風機」 2位はシャープ「プラズマクラスタ―扇風機」、1位は?
子育て情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行するこどもりびんぐが運営する「シルミル研究所」は、「高額扇風機」の調査を行った。女性が選ぶ「高額扇風機」利用率ランキング第1位は「ダイソン/Dyson Pure Cool」だった。(2022/6/4)

デプロイされているクラスタ数が急激:
Kubernetes導入の目的は「アプリの柔軟性向上」がトップ VMwareがKubernetesに関する調査結果を発表
VMwareは、Kubernetesの現状に関する調査結果を明らかにした。デプロイされているクラスタ数が急増しており、VMwareは「Kubernetesが主流になりつつある」と分析している。(2022/5/12)

Googleが専用ハードウェアを提供、メンテナンスするマネージドサービス:
Google、Kubernetesクラスタをエッジで実行できる「Google Distributed Cloud Edge」を提供開始
Googleは、「Google Cloud」のインフラとサービスを、顧客のデータが生成、消費される場所の近くに配置する、フルマネージドのハードウェア/ソフトウェア製品「Google Distributed Cloud Edge」の一般提供を開始した。(2022/4/20)

特集:クラウドネイティブのセキュリティ対策とDevSecOpsの勘所(3):
Kubernetesのセキュリティ対策を整理する「脅威モデリング」のすすめ
クラウドへの移行が進み、Kubernetesなどコンテナ技術を活用するシーンが増えた昨今、管理者を悩ませるのはそのセキュリティ対策だ。GMOペパボのセキュリティエンジニアによる「Cloud Native Days Tokyo 2021」の講演から、脅威モデリングの基本やKubernetesクラスタを題材にした具体的なモデリング方法などを解説する。(2022/2/3)

水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
「オニカマス」でなく「ヤシャカマス」でした。(2022/1/28)

3Dポーズ素材サイト「ポーズマニアックス」が復活目指しクラファン開始 絵描きクラスタの期待受け初日で目標達成
モデルをぐりぐり動かして自由な視点から見られます。(2021/12/6)

コンテナネットワークの基礎知識【第11回】
コンテナと仮想マシン間の通信はなぜ必要? 「OpenShift」「ACI」「NSX」のCNIとは
Kubernetesクラスタ内ではCNIプラグインを使ってコンテナ間の通信が実現します。「Cisco ACI」「NSX-T」「OpenShift」といったSDN製品による、オンプレミスインフラ向けのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/22)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(3):
AWSでNomadクラスタを構築――クラスタやジョブ管理の仕組みと内部構造を知る
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第3回はNomadを用いたクラスタ構築の手順やNomadの内部構造、ジョブ管理を中心に解説します。(2021/10/19)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(4):
ヤフーのIaaSを支えるKubernetes/Helm――新卒1、2年目エンジニアは2017年から塩漬けの400ノードをどうアップデートするか
Kubernetesのクラスタ数は10以上あり、その配下にある400以上のノードが支えるヤフーのIaaS基盤。その規模故にコンポーネントの管理に使うKubernetesとHelmのバージョンアップは2017年から行っていなかった。そして今、止まった時を動かすべく、新卒1、2年目のエンジニアが大規模環境のアップデートに挑む――運用管理者に光を当てるオンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」の同社による講演から、大規模Kubernetes環境運用のヒントを学ぼう。(2021/9/14)

コンテナネットワークの基礎知識【第8回】
Kubernetesクラスタの“Pod間通信”の基本 「3つのService」はなぜ必要か?
Kubernetesクラスタの動作にはPod間で通信するための仕組みが必要です。「ClusterIP」「NodePort」「LoadBalancer」の3つの「Service」の仕組みをそれぞれ紹介します。(2021/10/1)

自社の「HPC」構築に必要な視点【前編】
「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)の理解に欠かせない分散処理の基本
複雑な計算処理や膨大なデータの活用手段に「ハイパフォーマンスコンピューティング」(HPC)がある。HPCが必要かどうかを判断するに当たって、まずはクラスタなどHPCの基本を知ることが欠かせない。(2021/8/26)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(2):
コンテナ実行基盤「Kubernetes」の構成要素とエコシステムを解説――ネットワーク、シークレット管理の仕組み
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第2回はKubernetesを用いたクラスタ構築の手順やKubernetesの構成要素についてネットワーク、シークレット管理を中心に解説します。(2021/8/20)

創作クラスタに刺さる一冊……! 西洋建築のビジュアルガイド『世界の名建築解剖図鑑 新装版』発売
重版出来日は7月下旬頃の予定。(2021/7/20)

数学クラスタによる「ケーキを7等分する選手権」の入賞作品が美しい これ全部理解できますか?
ケーキカットの新たな可能性を感じる。(2021/7/3)

コンテナ実行基盤「Nomad」をKubernetesと比較検証(1):
コンテナ実行基盤「Kubernetes」「Nomad」の基本 クラスタの構成方式やデプロイの仕組み
コンテナオーケストレーションツールとして知られる「Kubernetes」とHashiCorpが提供する「Nomad」を比較検証する本連載。第1回はKubernetesとNomadの基本をおさらいします。(2021/7/5)

質問に穴埋めしていくだけで物語が出来上がる 『〈穴埋め式〉アウトラインから書く小説執筆ワークブック』発売
前作『アウトラインから書く小説再入門』を読んだだけで終わってしまった創作クラスタへ。(2021/6/28)

データのエクスポートや学習プロセスを自動実行できる:
Amazon Redshift MLが一般公開、SQLでAIモデルの学習や予測が可能に
AWSはデータウェアハウスサービス「Amazon Redshift」のクラスタから、機械学習モデルの作成や学習、デプロイができる「Amazon Redshift ML」を一般公開した。学習済みモデルをSQL関数として使用できる。(2021/6/7)

創作クラスタよ、2021年も「祭り」が来たぞ 物語創作にお役立ちなフィルムアート社のkindle本58冊が半額に
祭りだ!(2021/6/2)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(13):
Always On 可用性グループのクラスタID情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるクラスタID情報の出力について解説します。(2021/6/1)

失敗しないコンテナ化戦略【後編】
Kubernetesの自動スケーリング機能の落とし穴
Kubernetesの自動スケーリング機能(オートスケーラー)を利用することで、クラスタのサイズを自動的に調整できる。だが、ここに落とし穴がある。(2021/5/27)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(9):
Always On 可用性グループのクラスタメンバーごとにネットワーク情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるクラスタメンバーごとのネットワーク情報の出力について解説します。(2021/5/18)

全じゃがりこファン待望「じゃがりこのフタ専用バインダー」プレゼントキャンペーン開始 じゃがりこのフタ最大100枚を収納
じゃがりこのフタクラスタ「うおおおおお」(2021/5/17)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(8):
Always On 可用性グループのクラスタを構成するメンバーとその状態を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのクラスタを構成するメンバー一覧と状態の出力について解説します。(2021/5/17)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(7):
Always On 可用性グループのクラスタ名とクォーラム情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのクラスタ名とクォーラム情報を出力する「sys.dm_hadr_cluster」を解説します。(2021/5/11)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
領域節約情報の可視化も可能、「コスト削減」に貢献するオールフラッシュとは
オンプレミスにデータを保存する上でTCOの増大を防止するには、データ削減テクノロジーの活用が欠かせない。アプライアンス/クラスタレベルでの領域節約情報を可視化するなど、データ効率に優れたオールフラッシュの実力に迫る。(2021/4/8)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かる機械学習(ML)
機械学習をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、機械学習の概要、統計学との違い、機械学習の作業フローと学習方法、回帰/分類/クラスタリング/次元削減に使える手法、次の一歩を踏み出すための参考情報を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介する。(2022/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.