• 関連の記事

「デバッグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デバッグ」に関する情報が集まったページです。

MLモデルを使ってプログラミング言語を自動検出:
「Visual Studio Code」の「August 2021」リリース(バージョン1.60)が公開
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「August 2021」リリース(バージョン1.60)を公開した。自動言語検出やブラケットペアの色分けなど、ワークベンチやエディタ、ターミナル、デバッグ、ノートブック、言語などの機能が強化されている。(2021/9/10)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
Jupyter対話環境を使ってVS Codeでノートブックのデバッグ
Jupyter拡張機能が提供する対話環境の基本的な使い方と、それを利用したノートブックのデバッグの方法を紹介します。(2021/8/20)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS CodeでPythonコードのデバッグ構成をしてみよう
VS Codeではlaunch.jsonファイルを使って、デバッグをどのような形で行うかの構成を行えます。その基本的な構成方法や構成可能な項目を紹介。(2021/7/30)

Visual Studio Codeで快適Pythonライフ:
VS Codeを使ってPythonコードをデバッグするための基礎知識
[実行とデバッグ]ビュー、デバッグ用ツールバー、ステップ実行など、VS CodeでPythonコードをデバッグする上での基本知識を紹介。(2021/7/16)

ターミナルをエディタ領域に作成可能:
「Visual Studio Code」の「June 2021」リリース(バージョン1.58)が公開
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「June 2021」リリース(バージョン1.58)を公開した。ターミナルやワークベンチ、エディタ、言語、デバッグ、ノートブック、ドキュメントなどの機能が強化されている。例えば、ターミナルをエディタ領域に作成できるようになった。(2021/7/15)

テクトロニクス TekExpressテストソリューション:
USB Type-C規格向けのテストソリューション
テクトロニクスは、「TekExpress テストソリューション」を発表した。「USB4」「Thunderbolt 4」「DisplayPort 2.0」に向けた3種類のソフトウェアを提供し、自動コンプライアンスとデバッグを可能にする。(2021/6/30)

マイクロサービスを簡単に表示、実行、デバッグできる:
Microsoft、マイクロサービス向けの「Visual Studio Code」拡張機能をリリース
Microsoftは「Visual Studio Code」(VS Code)向けの「Tye」拡張機能を発表した。マイクロサービスや分散アプリケーションに対応した開発ツール「Tye」ベースのアプリケーションをVS Code内で簡単に表示、実行、デバッグできるようにするものだ。(2021/6/3)

幅広い機能の使い勝手が向上:
「Visual Studio Code」の「April 2021」リリース(バージョン1.56)が公開
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「April 2021」リリース(バージョン1.56)を公開した。ワークベンチやターミナル、デバッグ、ノートブックなどの機能が強化されている。(2021/5/7)

Raspberry Pi対応もうたう:
「Visual Studio Code」の「March 2021」リリース(バージョン1.55)が公開
Microsoftはクロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「March 2021」リリース(バージョン1.55)を公開した。ワークベンチやデバッグ、統合ターミナル、ノートブックなどの機能が強化されている。(2021/4/2)

70以上の主要なMakefileプロジェクトをサポート:
「VS Code」の「Makefile Tools」拡張機能プレビュー版が公開
Microsoftは「Visual Studio Code」の新しい拡張機能「Makefile Tools」のプレビュー版を公開した。Makefileプロジェクトのビルドとデバッグを実行する際に役立つ。70以上の主要なMakefileプロジェクトをサポートしていることが特徴だ。(2021/2/25)

ワークベンチなどを強化:
「Visual Studio Code」の「January 2021」リリース(バージョン1.53)が公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2021」リリース(バージョン1.53)を公開した。ワークベンチやデバッグ、ノートブック、言語、拡張機能作成、ドキュメントなどの機能が強化されている。(2021/2/17)

Google、VSCodeの代替を狙う「Eclipse Theia」コードエディタをクラウド統合開発環境として採用 Google Cloud Shellに統合を発表
Googleが、「Cloud Shell」の新機能としてコードエディタ「Cloud Shell Editor」を統合。開発者はプログラムをすぐにデプロイし、実行し、デバッグできる。クラウド主要3社がWeb IDEを自社サービスに統合した。(2020/11/17)

設定エディタや固定されたタブを改善:
「Visual Studio Code」の「September 2020」リリース(バージョン1.50)が公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「September 2020」リリース(バージョン1.50)を公開した。設定エディタや固定されたタブ、デバッグ、拡張機能作成などの機能を強化した。(2020/10/30)

山浦恒央の“くみこみ”な話(134):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(13)デバッガとビルド構成のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第13回は、「デバッガの使用方法」と「ビルド構成に関するバグ」を取り上げます。(2020/10/19)

Microchip Icicle開発キット:
RISC-V SoC FPGA向け開発キット
Microchip Technologyは、RISC-Vを採用した同社のSoC FPGA「PolarFire」向けの「Icicle開発キット」を発表した。リアルタイムOSやデバッガ、セキュリティソリューションなどのRISC-Vエコシステム製品ネットワークを評価できる。(2020/10/2)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(10):
単なるデバッグ情報だけではない「BPF Type Format」(BTF)の使い道
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、最近のBPFの発展に欠かすことのできない重要機能「BPF Type Format(BTF)」について。(2020/8/6)

山浦恒央の“くみこみ”な話(131):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(10)デバッグの強力な手掛かり「ログ」のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第10回は、デバッグの強力な手掛かりとなる「ログ」にまつわるバグを取り上げます。(2020/7/9)

ワークベンチ、ソース管理、デバッグなどの機能が充実:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「May 2020」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「May 2020」リリース(バージョン1.46)を公開した。レイアウトの柔軟性やタブのピン留め、ソース管理、デバッグなどの機能が強化されている。(2020/6/15)

パッケージ名のリファクタリングが容易に:
Microsoft、「Visual Studio Code」向けJava拡張機能の「May 2020」アップデートをリリース
Microsoftは、「Visual Studio Code」でJavaアプリケーションの作成、テスト、デバッグを進めるための一連の拡張機能を含む「May 2020」アップデートをリリースした。(2020/6/3)

やはり軟体動物だった……!? 「見事にバグった」猫ちゃんのヘンなポーズ
デバッグせねば。(2020/4/8)

組み込み開発ニュース:
応答性能が大幅に向上したJTAGデバッグツールの新製品
DTSインサイトは、同社のJTAGデバッグツール「adviceLUNA II」の後継機種となる「adviceXross」を発売した。基本機能の強化に伴って、応答性能が大幅に向上している。(2020/3/23)

アナログ設計のきほん【ADCとノイズ】(最終回):
デルタ-シグマADC使用時における電源ノイズ影響の低減
具体的な設計例を用いて、引き続き電源ノイズについて考察します。また、電源ノイズを低く保つベストプラクティスと、システムの総ノイズ特性を改善するデバッグのヒントについても説明します。(2020/2/27)

ワークベンチ、エディタ、デバッグなどを改良:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「January 2020」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「January 2020」リリース(バージョン1.42)を公開した。ワークベンチ、エディタ、デバッグなどを改良した。(2020/2/12)

個々のジッタ成分をより深く解析:
ローデ、オシロ向けジッタ解析オプションを発売
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、オシロスコープ「R&S RTO/RTP」を用い、高速信号のデバッグを効率よく行うためのジッタ解析オプション「RTO‐K133/RTP‐K133」を発売した。(2020/1/31)

組み込み開発ニュース:
テスト自動化により作業効率を向上する、JTAGデバッグツールの最新機種
DTSインサイトは、JTAGデバッグツール「advice」シリーズの最新機種「adviceXross」を発表した。従来機種からの機能強化で応答性能が大幅に向上し、ストリーミング対応やテストの自動化などの新機能が追加されている。(2019/11/27)

エディタ機能などを改良:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「September 2019」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「September 2019」リリース(バージョン1.39)を公開した。ソース管理ビューやデバッグ時の画面などを改善した。(2019/10/15)

標準機能で実行可能:
ソースコードがなくても「.exeをデバッグ」、Visual Studioの利用法をMicrosoftが紹介
Microsoftは、「Visual Studio」で任意の実行可能ファイルをプロジェクトとして開き、デバッグやプロファイリングを実行する機能を公式ブログで紹介した。(2019/9/20)

自動運転を支える技術:
車載Ethernet実装の製品開発、2つの課題とその解決策
車載Ethernetが実装された製品開発を行う上で、ハードウェアエンジニアが直面する大きな課題は2つある。1つ目は、試作を繰り返すカット&トライの方法だけでは製品開発がうまくいかないこと、2つ目は、車両での通信不具合が発生した場合のデバッグが困難であることだ。本稿ではこれらの課題へのアプローチ方法を提案する。(2019/9/3)

テレダイン AUTO-ENET-TOOLKIT:
車載イーサネット用のデバッグツールキット
テレダイン・ジャパンは、車載イーサネットを実通信状態で信号品質評価デバッグできる、車載イーサネットデバッグツールキット「AUTO-ENET-TOOLKIT」を発表した。(2019/8/28)

ワークベンチや統合ターミナルなどを改良:
Microsoft、「Visual Studio Code」の「June 2019」リリースを公開
Microsoftは、クロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」の「June 2019」リリース(バージョン1.36)を公開した。順次タスク実行やコードを実行せずにデバッグ位置を更新するといった機能を追加した。(2019/7/5)

カスタムUIでストリームを高度に活用:
Microsoft、オープンソースのAIデバッグ/可視化ツール「TensorWatch」を発表
Microsoft Researchは、データサイエンスやディープラーニング、強化学習向けにオープンソースのデバッグ/可視化ツール「TensorWatch」を発表した。Jupyter NotebookをUIに利用しているため、カスタマイズが容易だという。(2019/7/1)

ESEC2019&IoT/M2M展:
ROSを活用した自動運転車のソフトウェア開発、GHSが積極サポート
Green Hills Software(GHS)は、「第22回 組込みシステム開発技術展(ESEC2019)」において、同社のリアルタイムOS(RTOS)「INTEGRITY」とハイパーバイザー「INTEGRITY Multivisor」を用いてROS(Robot Operating System)システムをデバッグするデモンストレーションを披露した。(2019/4/16)

「魔界戦記ディスガイアRPG」入場制限付きでサービス再開するもまたメンテへ 「再開にはかなりの時間を要する見込み」
デバッグと思われるアカウントをフレンドにすると一瞬ですべてクリアできてしまうなど深刻な不具合もあったようです。(2019/3/31)

組み込み開発ニュース:
デンソーの新領域プロセッサ「DFP」に対応するJTAGデバッガ
京都マイクロコンピュータは、同社のJTAGデバッガ「PARTNER-Jet2」が、エヌエスアイテクスの「DFP」を搭載したテストチップとテストボードの開発環境に対応したと発表した。(2019/1/31)

.NET開発者のためのPHPアプリお手軽開発入門:
VS CodeとPHPとSQL Server(LocalDB)で作ったアプリをIISへデプロイ
SQL Server(LocalDB)を利用したアプリをIISにデプロイするための手順と、PHPコードのデバッグを見てみよう。(2018/11/13)

サイプレス PSoC 4700S MCU:
非接触金属センシング用マイクロコントローラー
サイプレスセミコンダクタは、非接触金属センシング用のマイクロコントローラー「PSoC 4700S MCU」シリーズと設計、デバッグが可能な誘導センシング評価キット「CY8CKIT-148 PSoC 4700S」を発表した。(2018/10/3)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeとPythonとDockerでWeb APIをコンテナ化!
VS CodeとPythonとFlaskで作成したWeb APIをDockerコンテナ上で実行したり、リモートデバッグしたりしてみよう。(2018/9/6)

山浦恒央の“くみこみ”な話(109):
バグ検出ドリル(9)デバッグの基本的な心構えは「人を見たら泥棒と思え」
バグは至るところに、しかも堂々と潜んでおり、自信満々なプログラマーほど、目の前のバグに気付かないものです。「バグ検出ドリル」の第9回では、比較的大きなソースコードである迷路探索プログラムに潜むバグを見つけ出してください!(2018/8/21)

Visual Studio CodeでWebアプリ開発を始めよう:
VS CodeでJavaScriptアプリを作成する上で知っていると便利(?)なこと
Node.jsアプリを例に、VS CodeでのJavaScriptアプリ開発時に知っていると便利な機能やデバッグの基礎を取り上げる。(2018/7/10)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(6):
「順調すぎるデバッグ」は本当に順調?
組み込みソフトウェアの開発プロジェクトは工程表に沿って進行します。そこにはデバッグフェーズもありますが、あまりに「順調」である場合、そこには落とし穴が潜んでいるかもしれません。プロマネの立場で「落とし穴」を見つけてください。(2018/7/2)

Visual Studio Codeで始めるPythonプログラミング:
VS CodeでPythonコードのデバッグも楽々!!
ブレークポイント、ステップ実行など、本格的なIDEと遜色ない機能を使って、VS CodeでPythonコードをデバッグしよう。(2018/6/5)

TechFactory 人気記事TOP10【2018年4月版】:
仕様書のデバッグは「性悪説」で――将棋「名人位」挑戦規定のバグはどこ?
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、藤井聡太七段の快進撃のごとく、非常によく読まれた「将棋『名人位』挑戦規定のバグ」が第1位を獲得しました。続く第2位は、視聴覚による情報を基にする従来のVRシステムの欠点を補う触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」の開発者インタビューがランクイン。「チープカシオ」の生産自動化に取り組む山形カシオの取材記事も必見です。(2018/5/25)

山市良のうぃんどうず日記(125):
ITプロ(非開発者)向けWindowsカーネルデバッグ事始め
「Debugging Tools for Windows」(WinDbg、kdなど)といえば、アプリケーションやドライバ開発者が自分で書いたプログラムをデバッグするための、Windows向け開発者専用ツールというイメージがあります。しかし、開発者ではないITプロにとっても、Windowsの動作や仕様の理解、あるいはトラブル解決に役立つことがあります。(2018/4/27)

「ロマサガ2」TASが約20分の大幅更新で4分37秒クリア 流し斬りシーンすら出てこない超速データ改ざん攻略
ワープに次ぐワープ、デバッグルームからまたワープ。〜そして合体事故へ〜(2018/4/5)

ルネサス RXターゲットボード:
デバッガーツール搭載のMCU用ターゲットボード
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットマイクロコントローラー(MCU)「RX」ファミリー「RX65N」「RX130」「RX231」グループ用の「RXターゲットボード」を発売した。キットとして、オンチップデバッガツールを搭載している。(2018/3/13)

Design Ideas 計測とテスト:
数個の部品で実現可能な温度計測プローブ
電気電子回路のトラブルシューティングやデバッグは、温度計測プローブを重宝することが多い。今回は温度を計測して結果を外部の電圧計に出力する、数個の部品で実現できる単純なプローブ回路を紹介する。(2017/11/20)

「プロのデバッガーになれる」 水槽の壁抜けバグを発見しそうなペンギンさんが目撃される
入念なチェックが行われています。(2017/11/9)

シノプシス DesignWare ARC IoT Development Kit:
ARCベースSoCの開発とデバッグを短期化する新ツール
シノプシスは、ARCプロセッサベースのSoCデザイン向けソフトウェアの開発とデバッグツールを短期化する「DesignWare ARC IoT Development Kit」の提供を開始する。ARCベースの組み込みシステム向けのソフトウェア開発を効率できる。(2017/10/23)

組み込み開発ニュース:
ARCプロセッサベースのSoCデザイン向けソフトウェア開発/デバッグツール
シノプシスは、ARCプロセッサベースのSoCデザイン向けソフトウェアの開発とデバッグツールを短期化する「DesignWare ARC IoT Development Kit」の提供を開始する。ARCベースの組み込みシステム向けのソフトウェア開発を効率できる。(2017/10/16)

組み込み開発ニュース:
従来比最大2倍高速化したインサーキットプログラマ/デバッガ
Microchip Technologyは、同社のPICマイクロコントローラーおよびdsPICデジタルシグナルコントローラー向けのインサーキットプログラマ/デバッガの最新版「MPLAB ICD 4」を発売した。プロセッサ性能とRAM容量を強化した。(2017/9/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.