• 関連の記事

「脳波」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳波」に関する情報が集まったページです。

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

「ニューヨーク・タイムズ」も注目:
クラファン3分で2800万円集めた”マスク型翻訳機” 「今は売上につながらなくてもいい」と社長が話すワケ
従業員3人のスタートアップが開発したマスク型翻訳機「C-FACE」がコロナ禍で大きな注目を集めた。36カ国約150社から問い合わせがあり、『ニューヨーク・タイムズ』でも紹介された。しかし、ハードウェア認証や日本という国柄の問題でそこまで大きな売り上げにつながっていないのが現状だという。社長は「今はそれでもいい」と話す。その理由とは?(2022/4/19)

オペアンプの選択やノイズの影響など:
高分解能コンバーターの設計におけるAFEの考慮ポイント
高分解能コンバーターを設計する際に考慮すべき、アナログフロントエンド(AFE)のポイントについて解説する。(2022/4/20)

プラマイデジタル:
偏りのない「感情認識AI」が目指すウェルビーイングな社会とは?
SXSWのピッチイベントで優勝したHume AIの「共感型AI」はウェルビーイングへの貢献をうたう。(2022/4/5)

ガンダムの世界はどのくらい実現できる? 現役研究者が“ガチ考察”する書籍が登場
実現には何が必要かなど前向きに考えます。(2022/3/26)

車載情報機器:
医学的なアプローチによる感情モデルを構築、感情推定性能は80%
デンソーテンは2022年3月11日、脳波や心拍と感情の関わりから感情を推定する新技術を開発したと発表した。(2022/3/14)

医療技術ニュース:
ヒトの脳処理はサルよりも遅いことを発見
京都大学は、霊長類4種の脳波を計測し、音に対する脳の処理スピードを比較した結果、サルよりヒトの脳処理が遅いことを明らかにした。ヒトは処理スピードが遅くなる代わりに、高度な脳機能を獲得した可能性が示唆される。(2022/2/14)

医療機器ニュース:
仮眠に適した室温を確認、オフィスでのパフォーマンス向上へ
ダイキン工業は、眠気による生産性低下の改善に適した、日中の仮眠時の温熱制御を確認した。仮眠中に3段階に分けて温熱制御することで、仮眠に適した睡眠、起床後の脳の処理速度と記憶力の改善が得られた。(2022/2/10)

医療技術ニュース:
覚醒下開頭手術の覚醒度の指標として、握力が有用であることを確認
京都大学は、脳腫瘍患者の覚醒下開頭手術において、握力が覚醒下の神経モニタリングの指標となり得ることを明らかにした。握力を用いることで、術中の正確な神経モニタリングが可能になり、腫瘍摘出後の機能障害の回避に役立つことが期待される。(2022/1/31)

Innovative Tech:
脳に貼り付ける高性能センサー、解像度は従来の100倍 将来的には無線化で埋め込みも
米カリフォルニア大学サンディエゴ校、米Oregon Health and Science University、米マサチューセッツ総合病院による研究チームは、1024個または2048個の皮質脳波記録センサーを高密度に配列した、薄くて柔軟なグリッドを開発した。(2022/1/27)

VR:
日建設計らがリモートでの避難訓練に対応するVRを開発、PCやスマホで体験可能
日建設計とジオクリエイツは、リモート下での避難訓練に対応するVRを開発した。日建設計では、2020年と2021年に、東京都千代田区飯田橋の東京本社ビルで行った50〜100人規模の避難訓練で今回のVRを実運用している。(2022/1/27)

ヒトはサルよりも頭の回転が遅い? 霊長類4種の脳で音の処理速度を比較
新潟大学脳研究所の研究チームが、ヒトはチンパンジーなど3種類の霊長類と比べて脳の処理速度が遅いとする研究成果を発表した。今後は「動作が遅くとも、高度な機能を獲得したのがヒトの脳」という仮説の検証を進めたいとしている。(2022/1/26)

docomo Open House'22:
6G時代は「テレパシーがSFの世界でなくなる」 ドコモが掲げる“人間拡張基盤”とは
ドコモの最新技術を紹介する「docomo Open House'22」が開幕。同社は、6Gに向けて空、宇宙にエリアを広げる取り組みを続けている。人間の感覚をリアルタイムで伝え、保存できる「人間拡張基盤」も掲げる。(2022/1/19)

PR:これは、私が夢で見た「人間とAIの未来」の“ちょっと不思議”なお話
50年後、人間とAIの未来はどうなっているのでしょうか。シンギュラリティが起こる、脳を機械にアップロードする――これらは実現するのか、夢物語なのか。一緒に未来をのぞいてみましょう。(2022/1/5)

Innovative Tech:
ロボットの視線は人にどのような影響を与えるか? 車のチキンレースで検証
イタリア技術研究所(IIT)の研究チームは、ロボットのアイコンタクトが人の社会的認知にどう影響するかを検証。勝負をしている際に、相手のロボットから注視されると意思決定にどのような変化かが起きるのか、実験を行った。(2021/11/29)

Innovative Tech:
デスクワーク中の貧乏ゆすりでストレスを計測する靴型デバイス 足の向きや動き、圧力から判断
ニュージーランドのオークランド工科大学などの研究チームは、着席時の足の姿勢や動きなどからストレス状態を検出するためのシステムを開発した。座りっぱなしで仕事をする人のストレスを足の動きから判断する。(2021/11/26)

Innovative Tech:
動きを想像するだけでロボットを操作できる脳波計 軽量で柔らかく皮膚を傷つけない設計
米ジョージア工科大学などの研究チームは、動きを想像するだけでロボットを操作できる脳波計を開発した。軽量で柔らかく、携帯性を兼ね備えた非侵襲的(生体を傷つけない)な設計になっている。(2021/11/18)

医療技術ニュース:
チームが「ゾーン」に入った時の脳活動を解明
豊橋技術科学大学は、複数の人間が協調して「ゾーン」に入った状態を指す「チームフロー」に関係する脳波と脳領域を発見した。チームフローの状態では、特に左中側頭葉が特異的に活性化していた。(2021/10/21)

【うっかりおうちで死にかけた】アニメを見ていたら意識消失 約20年前、ポケモンショックで倒れた子どもの“いま”
テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てね。(2021/12/13)

凸版印刷がイヤフォン型の脳波計測デバイス 集中状態を可視化 オフィスや教育での活用見込む
凸版印刷が、イヤフォン型の脳波計測デバイス「b-tone」を8日から販売すると発表した。専用アプリを通して装着者の集中状態を可視化でき、仕事の生産性や学習効率の向上に役立てられるという。教育やスポーツの現場、オフィスなどでの活用を見込む。(2021/9/7)

Hoppin’ Sauna:
VIE STYLE、脳波と音楽を活用しサウナで「ととのう」プロセス可視化へ
耳から脳波が測れるイヤホンを開発するVIE STYLE(神奈川県鎌倉市)は8月24日、サウナで“ととのう”プロセスを可視化するシステムの開発を開始したと発表した。(2021/8/25)

人工知能ニュース:
時系列データにおける異常判定の要因を特定するAI技術を開発
富士通とInriaは、TDA技術をベースとし、時系列データにおいて異常状態を判定した要因を特定するAI技術を開発した。脳波の実データによるせん妄検出に使用したところ、時系列データの波形の特徴がせん妄状態に生じるSlowing現象と一致した。(2021/8/6)

中高年の男性が支援:
クラファン3900万円達成! 集中度を数値化するイヤフォン型脳波計「VIE ZONE」の可能性
日本のスタートアップが発表したイヤフォン型脳波計「VIE ZONE」が、クラファンで3900万円ほどの支援金を集め、注目されている。イヤフォン型脳波計とは、どのようなアイテムなのか。同製品を開発したVIE STYLEの社長に話を聞いたところ……。(2021/7/23)

人工知能学会 タスクフォースが使い方を直伝:
「AI使って解決したい」「これってAIでできないの?」の答えを「AIマップ」で見つけよう
人工知能学会では外部発信活動の一つとして「AIマップβ」を公開している。本記事では活動のいきさつや、AIマップの活用方法を紹介する。(2021/7/21)

医療技術ニュース:
子どもの歯ぎしりの発生には睡眠の周期的変化が重要
大阪大学は、子どもが睡眠中に歯ぎしりをするメカニズムを明らかにした。歯ぎしりは睡眠周期に合わせて繰り返し増減し、レム睡眠へ移行する浅いノンレム睡眠で頻繁に発生した。(2021/7/20)

脳波で動く”ネコ耳カチューシャ”、9年ぶりに新モデル 「ニャー」と鳴く新機能も
ニューロスカイが、脳波に反応して動くネコ耳型カチューシャ「necomimi」新モデルを販売するクラウドファンディングを開始。2012年に発売した初期モデル以降、9年ぶりの新モデルという。支援額は1万1880円から。(2021/7/15)

電気自動車:
日産がプロドライバーの脳機能を研究、脳を刺激してパフォーマンス向上を目指す
日産自動車は2021年7月14日、フォーミュラEのドライバー向けに、脳機能や脳構造の研究を基にしたトレーニングを開発すると発表した。日産e.damsのドライバーであるオリバー・ローランド氏とセバスチャン・ブエミ氏を対象とする。(2021/7/15)

あの“脳波で動くネコミミ”がクラウドファンディングに登場 2012年の初代「necomimi」から9年ぶり復活
懐かしい!(2021/7/14)

光上せあら、長女の脳外科検査結果に「ママびっくりよ」 激しい夜泣き止まらず“夜驚症”疑い
だんだん寝られるようになってくるそうです。(2021/7/13)

「不安は大きかった」 光上せあら、夜中に激しく泣き叫ぶ0歳長女を脳検査 薬で“お酒に酔った人みたい”になった娘を心配
結果は1週間後。(2021/7/2)

安全システム:
大型トラックのステアリングを指1本でも回せる、UDトラックスが新機能
UDトラックスは2021年7月1日、大型トラックの「クオン」に電動油圧パワーステアリングシステム「UDアクティブステアリング」を搭載すると発表した。電子制御化することにより、走行場面や速度域に応じてステアリングの重さを制御したり、旋回後にステアリングを自動で直進状態に戻したりする他、横風を受けたときの走行補正などを実現。ステアリング操作によって発生する負担を軽減する。車線逸脱抑制機能にも対応した。(2021/7/2)

「バーチャルセックス」体験したらすごかったし人類を滅ぼしかねないと思った話 【バーチャル美少女ねむの寄稿】
美少女の身体で「セックス」してみたい? バ美肉VTuberが公開生配信!(2021/5/31)

Microsoft Focus:
Microsoft 365とTeamsはテレワーク併用の“ハイブリッド”に注力へ 日本向けイベントで明かされた背景は
Microsoft TeamsやMicrosoft 365の最新情報を紹介するイベントで、同社は日本向けの最新情報や中小企業向けのテレワーク相談窓口を紹介しつつ、今後テレワークとオフィス、両方を前提とする働き方を支援する方向性を明らかにした。その背景と、具体的な施策とは。(2021/5/14)

手を使わずに“脳波”でゲームをプレイするサル SF映画の世界がもうすぐそこまで来ている……!?
思考だけで風呂そうじ完了する未来はよ。(2021/5/6)

「今日は会議しかやっていない……」:
休憩を入れない連続した会議は集中力低下とストレス増加の原因に Microsoftが調査結果を発表
Microsoftは、働き方に関する分析レポート「Research Proves Your Brain Needs Breaks」を公開した。休憩を入れずに連続して会議を行うとストレスが高まり、集中力が低下するという。(2021/4/27)

VRニュース:
没入型ディスプレイの活用、教育・学習では「室内投影型の方が効果的」
東京都市大学は、バーチャル空間を体験する没入型ディスプレイのタイプ別効果を検証し、認知活動の促進には、頭部装着型(HMD)よりも室内投影型(CAVE)の方が効果的であると発表した。(2021/2/26)

石野純也のMobile Eye:
「LINEMO」の戦略を読み解く ヤフーとLINEの経営統合がサービス強化のカギに
ソフトバンクオンライン専用ブランドが「LINEMO」に決定した。料金も改定し、5分間の音声通話定額をオプションにすることで、最低料金を月額2480円に下げた。MVNOとして展開しているLINEモバイルを発展的に継承する形で、LINEとのサービス連携が最大の特徴になる。(2021/2/20)

医療技術ニュース:
思い出した音を脳波から復元する技術を開発
東京工業大学は、頭皮で記録された脳波信号から、音声を直接再構築する手法を開発した。聞いた音声を想起した時に記録されたEEGを利用し、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)によって音源のパラメーターを推定した。(2021/2/2)

脳波信号から音声を再現:
「本人はどう聞こえているか」を客観視できる技術を東京工業大学の研究チームが開発
東京工業大学の研究チームは、脳波信号から音声を再構築する手法を開発した。CNNによって音声情報を表現しているパラメーターを推定し、耳で聞き分けられる母音を脳波信号から合成する。(2021/1/13)

今日のリサーチ:
脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。(2020/11/24)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

命令も強制も無いまま:
健康経営企業による悪意無き「健康監視社会」のディストピアとは
重要性が高まっている企業の健康経営。ウェアラブル端末で従業員の身体・精神状態を「管理」する企業も。善意に満ちた「健康監視社会」の行きつく先とは。(2020/11/4)

製造マネジメントニュース:
評価技術で商品企画も支援、パナソニックを支える「プロダクト解析センター」
パナソニックは2020年10月2日、同社製品などの解析や科学的評価を担当する部門「プロダクト解析センター」の説明会を開催した。製品解析評価を行うだけでなく、各種解析技術を基盤に製品開発を促進させるための新技術、新材料の提案なども行う点を特徴とする。(2020/10/20)

今日のリサーチ:
視聴環境が動画広告効果に及ぼす影響を脳波計測による感性評価技術で計測――電通サイエンスジャム調査
視聴環境の違いによるユーザーの動画広告への視聴態度の変化を脳波計測により検証。(2020/10/14)

第6回 SEMI Japan ウェビナー:
EUVスキャナー、出荷は堅調だが稼働率の課題も
SEMI Japanは2020年8月25日、「第6回 SEMI Japanウェビナー」を開催した。今回のウェビナーにはASMLジャパンが登壇し、EUV(極端紫外線)リソグラフィ装置の最新状況を含めた同社の近況を報告した。(2020/8/28)

Innovative Tech:
“内なる感情”をARで可視化する「Neo-Noumena」
相手の周りに感情を示す図形が浮かぶ。その助けによってコミュニケーションが改善されるとという。(2020/8/26)

「呪われた日」 間瀬翔太、“2年連続で死にかけた7月23日”を振り返る 2020年は脳波検査で入院
平穏な日々が送れますように……。(2020/7/23)

今日のリサーチ:
IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。(2020/5/21)

データサイエンスな日常:
在宅ワークの孤独に対抗してプロジェクションマッピングで“バーチャル職場”を作り出す
在宅ワークは寂しく孤独だ。プロジェクションマッピングと同僚の3Dモデルを使い、自宅にバーチャル職場を作ってみた。(2020/5/12)

自動コンテンツキュレーションの課題に対処
YouTubeやTwitterは有害コンテンツ排除に「AI」をどう活用しているのか
新型コロナウイルスが労働者を混乱の渦に巻き込んでいる。そんな中、機械学習を使用して有害なコンテンツを自動的に検出、削除する動きがソーシャルメディア企業の間で広がっている。実例を見ていこう。(2020/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.