• 関連の記事

「評価」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「評価」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

何が起きているのか:
ASEANでモテモテだった日本の企業 その将来に漂う暗雲
ビジネスシーンで、ASEANの有力財閥にモテモテだった日本企業。誠実な姿勢が評価されていたが、安心していられない事態になっていると筆者は主張する(2021/10/25)

新工法:
施工後の下地コンクリートの視認性を確保した「タフネスコート工法」を開発、清水建設
清水建設は、2021年6月に土木学会の技術評価を取得した「タフネスコート工法」の新バージョンとして、施工後に下地コンクリートの状態を確かめられる「タフネスコート工法クリア」を開発した。同社は今後、タフネスコートシリーズの現場適用に注力し、コンクリート構造物の維持管理を効率化していく。(2021/10/22)

ひろゆき流・なまけもの経営術:
ひろゆきが「起業して失敗した人」を採用面接で評価した納得理由
生きづらい社会のなかで、「遅刻はするけど、きちんと成果を出す」のがひろゆきこと西村博之氏だ。彼が考える仕事において「本当に頑張るべきこと」とは何なのか。 『なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23』(学研プラス)の中から、ひろゆき流の「なまけもの経営術」をお届けする。(2021/10/23)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「5G」は本当にビジネスで役に立つのか 前評判を信じるべきでない理由も
いよいよ実用化の段階に入った「5G」。ビジネスで利用を検討するなら、前評判だけではなくその実力を正当に評価しておきたいところだ。5Gの実用性がどれだけあるのか、検討してみよう。(2021/10/22)

今日のリサーチ:
Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と全く同じ順位。成長率ではTeslaがトップに立ちました。(2021/10/21)

FAニュース:
人の皮膚を再現した「指ダミー」でけがのリスク評価、パナとトヨタが共同開発
パナソニックは2021年10月15日、トヨタ自動車と共同で指の安全性評価用ツール「指ダミー」を開発したと発表した。生産現場でのロボットや治具などとの挟まれ事故におけるリスクの度合いを客観的に評価できるようになる。(2021/10/21)

デザインの力:
2021年度グッドデザイン賞は過去最多、分身ロボ「OriHime」や3D都市「PLATEAU」などが大賞候補に
日本デザイン振興会は「2021年度グッドデザイン賞」受賞記者発表会をオンラインで開催した。今回は、過去最多となる1608件がグッドデザイン賞を受賞。併せて、高い評価を受けた100件のプロダクトやサービスなどに贈られる「グッドデザイン・ベスト100」が決定した他、さらにその中から「グッドデザイン金賞」「グッドフォーカス賞」が選ばれた。(2021/10/21)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]分散説明率(Explained variance score)とは?
用語「分散説明率」について説明。線形回帰モデルなどの評価関数の一つで、回帰式のモデルが「観測データの分散」のうちどれくらいの割合を説明するかを表す。決定係数R2の代わりに用いられることがある。(2021/10/21)

PS5が「グッドデザイン金賞」に デザインやメンテナンス性を評価
ソニーは20日、PS5が「グッドデザイン金賞」(経済産業大臣賞)を受賞したと発表した。(2021/10/20)

エーザイの「統合報告書」はなぜ読みごたえがあるのか 88の評価指標が導き出す企業理念の正しさの証明
企業理念の正しさを証明するために「財務諸表に表れない見えない価値」をどう伝えるか。人や研究開発への投資は事業の成長を願う当事者からすると不可欠なものだが、収益を可視化しにくいために投資家の理解を得にくい。データ分析を駆使してこの問題への答えを示したのがえエーザイCFOの柳 良平氏だ。(2021/10/20)

山市良のうぃんどうず日記(217):
人知れず消えた古い「仮想マシン構成バージョン」のサポート
最新サーバOS「Windows Server 2022」のリリースに続いて、最新デスクトップOS「Windows 11」の一般提供が始まりました。これらのOSをプレビュー段階から評価している中、1年以上気が付かなかった、「Hyper-V」の重要な仕様変更を見つけました。筆者が気が付かなかっただけのことですが、そもそも公式ドキュメントが追い付いていないんです。(2021/10/20)

Q&A 総務・人事の相談所:
「苦労して賞与が低い……」 コロナ禍で業績にバラつき、評価制度を変更すべき?
成果主義で、実績を賞与に反映している企業。コロナ禍で、取り扱う商材によって業績の明暗がハッキリ分かれてしまい、「より苦労しているのに賞与が低いのは理不尽だ」と不満の声が──。このような場合、人事は評価制度を変更すべきなのだろうか?(2021/10/18)

累計資金調達金額も調査:
国内スタートアップ評価額ランキング 1位は、3500億円超のPreferred Networks
フォースタートアップスは2021年10月時点での「国内スタートアップ評価額ランキング」を発表した。1位は評価額3500億円超のPreferred Networks。1〜4位は9月と変動なかったものの、atama plusが新たにランクインした。(2021/10/14)

導入事例:
独・鉄道の盛土補強に技研の「インプラント工法」と「GRBシステム」が採用、省スペース施工と仮設レス施工で狭隘地で施工
技研製作所の「インプラント工法」と「GRBシステム」が、狭隘地でも工事可能な省スペース施工と仮設レス施工の優位性が評価され、独・鉄道の盛土補強工事で採用された。今回受注した案件を追い風に、ドイツ市場をはじめ、欧州での採用拡大に拍車が掛かることが期待されている。(2021/10/13)

大学が企業向けIT製品を教える訳【後編】
大学の「RPA」「BI」講義に学生からは高評価 その納得の理由
大学やベンダーが業務自動化ツールやデータ分析ツールなどの使い方を教える講義を開講し始めている。実際に講義を受けた学生の評価は。(2021/10/13)

純増効果を可視化:
オプトが統計学による新広告評価ツール「Geo Analysis」を開発
オンラインかオフラインかを問わず、プロモーション活動における広告配信の純増効果を可視化できる。(2021/10/12)

3%増額で30%リターン増も “情強”企業のIT投資に学ぶ「どこを狙うと見返りが大きいか」
デジタル化に強みを見せる企業のIT投資額は他の企業よりも大きい。全体のコストで評価をするとそのリターンは非常に大きいという結果が出た。彼らはどこにどんな投資をしているのだろうか。(2021/10/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
光らず静かに仕事をこなす「黒いファン」が評価を集める
目立つビジュアルが注目されるPCパーツが増える中で、光らず静かで高いパフォーマンスを発揮する新製品も人気を集めている。MSIの12cnファン「MEG SILENT GALE P12」が話題だ。(2021/10/11)

従来はアンケートと専門家の評価が必要だった:
IPAとNICTが「DXの活動状況を自動分析するシステム」を開発
IPAとNICTは、「WISDOM-DX」を開発した。企業が取り組んでいるDX活動について、その活動状況をAI技術によって自動的に分析し、評価する。NICTのユニバーサルコミュニケーション研究所が開発した質問応答システムを活用した。(2021/10/11)

企業が行き詰まる:
「45歳定年制」は実現するか? サントリー社長発言で波紋
「45歳定年制」が波紋を広げている。定年延長や年金支給年齢引き上げの流れに逆行するかのような発言には反発の声が強い一方、能力本位の評価が求められる時代の理念として肯定的にみる向きもあるという。(2021/10/10)

J.D.パワーの共通ポイント満足度調査、1位は「楽天ポイント」
J.D.パワーは、10月8日に「2021年共通ポイントサービス満足度調査」の結果を発表。1位は「楽天ポイント」で「ポイントのためやすさ」をはじめとした全4ファクターで最高評価となった。(2021/10/8)

エーザイCFOの「柳モデル」が証明したESG経営"見えない価値"の可視化手法とデータ分析の力
エーザイ CFOの柳良平氏は「日本企業は米英企業と比べ、財務諸表に表れない"見えない価値"への評価をほとんど得ていない。これを可視化することで企業価値は倍増する」。この企業価値を内外に示す枠組みとして提唱するの「柳モデル」はどういったものか。(2021/10/7)

Niインクの組成や焼成条件を検討:
インクジェット方式のNi電極・配線形成工程開発へ
エレファンテックは、SSテクノや大阪産業技術研究所(大阪技術研)と共同で、インクジェット用のNiナノインクとNi電極・配線形成インクジェットプロセスの開発に向けた評価を始める。(2021/10/7)

新連載:
9割の会社が人事評価制度で失敗する「5つの理由」
テレワーク全盛の昨今、人事評価制度の運用はさらに難しくなっています。人事評価制度で失敗する企業には共通する特徴がある、というのが筆者の見解です。本連載では、失敗理由を大きく5つに分けて各回で紹介します。(2021/10/7)

真鍋氏、温暖化予測のパイオニア「大切なのは多様性」
「研究で一番大切なのは多様性です」。地球温暖化の予測に関する先駆的な研究を続けた業績が高く評価され、外国籍を含め日本で28人目のノーベル賞受賞者となった真鍋淑郎氏。(2021/10/6)

ドバイ万博で日本館が好調 「デジタル」「参加型」に高評価
アラブ首長国連邦で開催中のドバイ万博で、日本館が好評を博している。貸与されるスマートフォンを通じ、あたかも展示に“参加”できるような仕組みを取り入れたり、幻想的な霧に包まれたりなど、独特の感覚を得られることが好感の理由のようだ。(2021/10/6)

無線評価を低コストで実現:
アンリツ、IoT機器向け5G評価ソリューション
アンリツは、5G(第5世代移動通信)評価ソリューションとして、ラジオコミュニケーションテストステーション「MT8000A Entry Model」を開発した。IoT機器の5G接続性やサービス品質の評価を、比較的低コストで行うことが可能になる。(2021/10/4)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第4回】
「Windows」ユーザーが「Mac」に乗り換えようと思わない5つの理由
企業の標準クライアントデバイスとして「Windows」搭載PCが普及しているのは、それなりの根拠がある。Windows搭載PCユーザーが特に評価するポイントを整理しよう。(2021/10/3)

“事業危機”からの組織改革:
360度評価は「真剣勝負」 導入11年のGMO人事に聞く、“透明性が高い人事評価”の秘訣
「人間関係で評価が変わってしまうのではないか」「評価者が多いと、あやふやになってしまうのでは」などの疑念を持たれがちな360度評価だが、長く運用しているGMOインターネットではどのように設計しているのか。(2021/10/1)

レジリエントでセキュア
負の遺産ではない! 今こそメインフレームを再評価すべし
メインフレームには古い、高いというネガティブなイメージが付けられてきたが、最新のメインフレームには当てはまらない。再評価してみる価値はある。(2021/10/1)

AmazonのMMORPG「New World」正式リリース 初日に同時接続数50万越えも、Steamでの評価は「賛否両論」
米Amazon.com傘下のゲームスタジオが、PC向けMMORPG「New World」を正式リリース。同時接続数は開始初日に50万を超えたが、配信プラットフォームでの評価は好評と不評が混在する「賛否両論」となっている。(2021/9/29)

未成年者との接触狙うユーザー検知 東大教授がネット犯罪防止システム開発、いじめにも対応
未成年者が巻き込まれるネット被害のリスクを事前検知するシステムを、東大教授が開発した。SNSユーザー同士の接触機会などからリスク評価する。導入には事業者との二人三脚が必要という。(2021/9/28)

76項目で評価:
ITシステムのDX対応状況を評価、IPAがツールの提供を開始
IPAは、企業が自社ITシステムのDX対応状況を詳細に評価できるツールを提供開始した。「プラットフォームデジタル化指標」の評価項目に対して回答を記入すると点数化してグラフ表示する。ITシステムの問題点の可視化を支援する。(2021/9/28)

産業動向:
大規模修繕会社の顧客満足度を調査、建装工業が総合1位を獲得
oricon MEは、20〜84歳の男女1944人を対象に、100社のマンション大規模修繕会社に関する意識調査を行い、結果をランキング形式で発表した。リサーチの結果によれば、総合的に満足度が最も高かったのは建装工業だった。評価項目別でも、施工会社の対応、現場管理者の対応、仕上がり、保証・アフターサービスの4項目で満足度が1位になった他、地域別の関東と近畿や規模別の小規模と大規模でも満足度1位を獲得した。(2021/9/28)

信玄の父、武田信虎を映画化 暴君否定し再評価へ
戦国武将、武田信玄の父、武田信虎を描く映画「信虎」が完成し、今秋公開される。(2021/9/27)

Q&A 総務・人事の相談所:
定性評価で「人あたりが良い人、社歴の長い人が優遇されている」と不満爆発──人事はどうしたらいい?
定性評価で「人あたりの良い人や、社歴が長く社内に顔が広い人が優遇され、昨今入社した社員の評価が低い」と社内で不満が高まっている企業。改善のために、人事は何をするべきか──?(2021/9/27)

ソフトウェアが自動車の中心に
開発責任者に聞くボルボの「ソフトウェア定義自動車」の取り組み
将来の自動車はソフトウェアで評価されると考えるVolvoは今、ソフトウェアの内製化を推し進めている。これによって同社の次世代モデルは大きく変わるという。(2021/9/27)

総合1位の企業は?:
就活中の学生が選んだ「採用力」の高い企業ランキング 評価されるポイントは?
2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に「新卒採用力ランキング調査」を実施。就職活動中の学生が選んだ“採用力”の高い企業は?(2021/9/24)

評価者が迷わない「人事評価マニュアル」づくり:
5W1Hを意識せよ 人事評価マニュアルをシンプルに、分かりやすくする視点
前回は、人事評価に関する無駄な労力をどのような視点で確認していけばいいのか、その着眼点について紹介しました。今回は、人事評価マニュアルづくりにおける工夫について、5W1Hの視点でご紹介します。(2021/10/6)

識学調べ:
人事評価のモヤモヤに関する調査 不満の1位は?
識学は、全国のビジネスパーソンを対象に「人事評価のモヤモヤに関する調査」を行った。自社の人事評価のどこに不満を感じるか聞いたところ、1位は「評価の基準が不明確」で48.3%だった。理由を聞いた。(2021/9/22)

「下り」のコースも用意する:
評価、キャリア、ベテラン社員の扱い…… リスキリングを実施する際、人事が検討すべき施策とは
リスキリングを実施する際、評価には組み込むべきなのか。社員のキャリア設計はどう考えるべきか、ベテラン社員の扱い方は──リスキリングを実施する際、人事には悩みが尽きません。リスキリングの実施にあたり、準備しておくべき制度・施策6つを解説していきます。(2021/9/22)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」「13 Pro」を試して分かったこだわりの違い コンピュテーショナルフォトグラフィーはここまで進化した
これまでiPhoneのファーストインプレッションでは、SoCとその使い方といった視点でコラムを書くことも多かったが、今回の「iPhone 13」世代ばかりはカメラにかなりフォーカスした記事にせざるを得ない。評価用端末を使い始めてすぐにそう感じた。(2021/9/22)

企業価値の向上を株式評価モデルで考える:
上場会社にとってESGのGとは何か、目的は達成できているか
上場会社にとってのESGのGについては、東証の「コーポレートガバナンス・コード」にその基本が集約されている。このコードを見ると、目的は「企業の持続的な成長」と「中長期的な企業価値の向上」だ。そこで「企業価値の向上」について、株式評価モデルを使って確認したところ……?(2021/9/21)

パーソナルWeb会議デバイス、どう選ぶか
“不快なZoom”“嫌なTeams”をなくす「パーソナルWeb会議デバイス」の選び方
Web会議デバイスを会議室にだけ導入するのは、テレワーカーのニーズを無視している。検討すべきは、個別の従業員が扱う「パーソナルWeb会議デバイス」の導入だ。どのような点を評価して選ぶべきなのか。(2021/9/21)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第2回】
「Mac」ユーザーが「Windows」に変える必要性を感じない5つの理由
「Mac」が業務用クライアントデバイスとして広く使われるようになってきた背景には、どのような理由があるのか。Macユーザーが特に評価するポイントを紹介する。(2021/9/19)

太陽光:
注目集まる太陽光発電所のM&A、東京海上がリスク評価と補償を行う新保険
東京海上日動が太陽光発電事業の売買(M&A)のリスクを保証する保険商品を発表。買収対象発電所の事前の各種リスク評価から、M&A実行後の「表明保証違反リスク」への補償をワンストップで提供する。(2021/9/17)

山岳トンネル工事:
山岳トンネルの遠隔臨場支援システムを開発、地質評価の現場臨場頻度を約50%カット
安藤ハザマやエム・ソフト、日本システムウエアなどで構成される「山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアム」は、坑内の施工管理を効率化する「クラウドを活用した遠隔臨場支援システム」を開発した。山岳トンネル遠隔臨場支援システム開発コンソーシアムは、内閣府の「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)」を活用した国土交通省の「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に選定されている。クラウドを活用した遠隔臨場支援システムは、2021年3月に適用結果について国土交通省へ報告を行い、2021年5月に総合評価Bの評定を得た。(2021/9/17)

検査現場での感染症対策にも有効:
PR:鉄筋出来形検測を抜本効率化!国交省から最高評価を得たソリューションとは?
若年労働者の現場離れや熟練作業員の高齢化を背景に、建築現場の生産性向上が急務となっている。そこで課題となっているのが、いまだに人手で行われることの多い各種の検査作業であり、その1つが鉄筋出来形検測だ。こうした中、国土交通省では建設現場の技術革新プロジェクトの一環で、デジタルデータを活用した鉄筋出来形検測の効率化を目指す試行プロジェクトを現在、推進しており、検証を終えたソリューションの中には、総合評価で最高の「A」を受けるものもある。今回は、A評価の認定を受けたソリューションについて、その仕組みと有効性に迫る。(2021/9/17)

eスポーツ選手の癖をあぶり出すAI、KADOKAWA子会社が開発へ プレー映像から分析
KADOKAWA子会社が、eスポーツチームのゲームプレイ映像から選手の癖や特徴を評価する機械学習モデルを開発する。指導や戦術の立案に生かし、チームのパフォーマンス向上を目指す。AWSの専門チームが技術支援をする。(2021/9/15)

産業動向:
無線・電池駆動の構造物モニタリングシステムの長期安定動作を検証、OKI
OKIは、愛知県内の有料道路で、無線・電池駆動の「省電力構造物モニタリングシステム」を用いて、橋梁支承部の健全性評価に関する実証実験を行った。その結果、従来の健全性評価で必要だった電源や配線の工事を行うことなく、遠隔地から長期にわたり橋梁の正常性確認ができることを確認した。なお、実験は、総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業の一部として開発されたモニタリングシステム技術の検証・評価を目的に、愛知県有料道路運営事業で新技術実証の場を提供する「愛知アクセラレートフィールド」に応募して実施した。(2021/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.