• 関連の記事

「評価」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「評価」に関する情報が集まったページです。

残業時間に変化は?:
テレワーク環境で悪いと思う点 労働時間や評価方法を抑え1位になったのは?
webメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」を運営するLASSICは、テレワークに関するアンケート調査を実施した。(2021/7/21)

デライトデザイン入門(5):
2つのデライトとその評価方法、適用事例としてのフライパンのデザイン
「デライトデザイン」について解説する連載。連載第5回では、デライトのステージとして「見て触って分かるデライト」と「使って初めて分かるデライト」の2つを紹介するとともに、フライパンのデザインを例にこれらを評価するための方法を提案し、2つのデライトを満足させる解を導出する。(2021/7/21)

「薬飲まされた」とLINEでSOS 密室の覚醒剤死事件 証拠どう評価
豪邸に暮らす男は、40歳以上年下の女性に覚醒剤入りの酒を飲ませ、死に至らしめたのか。こんな点が争われた裁判員裁判の判決が7月20日、東京地裁で言い渡される。被害女性は友人にLINEでメッセージを送っていたが、被告の男は「女性が自分で覚醒剤を摂取した」と無罪を主張している。目撃者はおらず、間接証拠をどう評価するかがポイントになる。(2021/7/20)

電気自動車:
多種多様な駆動用バッテリーの残存価値を評価、日本総研が中国で実証へ
日本総合研究所は2021年7月15日、中国広東省において電気自動車(EV)の駆動用バッテリーの残存価値を診断する技術の試験を実施したと発表した。(2021/7/20)

Q&A 総務・人事の相談所:
「1年目は給与一律」若手が不満……新卒社員にも評価を適用すべきでしょうか?
新卒社員には1年間、賞与や等級に差をつけないため、評価制度を適用していない。しかし、優秀な若手から不満の声が──そんなとき、どうしたらいいのだろうか?  人事コンサルタントが解説する。(2021/7/19)

不透明:
「給与決定が不適切」54.4%、その理由は
人事評価のクラウドサービスを提供するあしたのチームは、人事評価と給与に関する調査を実施した。その結果を見ると……。(2021/7/14)

ドラッカーが教える「上司から評価される仕事術」:
会社は上司の評価が9割
マネジメントというと、上司という立場に立った物言いがほとんどだが、今回の連載では、「部下は上司をどうマネジメントすればいいのか」、という視点で話をしたい。(2021/7/14)

プロジェクト:
住宅性能評価3項目で最高ランクを取得した木造中層賃貸マンションが稲城市で上棟
三井ホームが、東京都稲城市で開発を進める木造中層賃貸マンション「(仮称)稲城プロジェクト」が2021年5月に上棟した。稲城プロジェクトは、劣化対策等級で「3」を、断熱等性能等級で「4」を、一次エネルギー消費量等級で「5」を設計段階で取得している。(2021/7/14)

i.MXプロセッサ評価キット向け:
ユーブロックス、ワイヤレスM.2カードを発売
ユーブロックスジャパンは、NXP Semiconductors製i.MXプロセッサ評価ボードに向けた「ワイヤレスM.2カード」2種類を発売した。「Wi-Fi 6」や「Bluetooth 5.1」の機能を容易に評価することができる。(2021/7/13)

「四千頭身」後藤拓実、松田翔太のものまね披露→まさかのご本人登場に「驚きです」「勝手にすみません」
有吉さんが高評価したなりきり。(2021/7/12)

4種類のツールを使う:
企業のセキュリティ維持にはなぜペネトレーションテストが重要なのか
WhiteSourceはペネトレーションテストに関する解説記事を公開した。テストの目的と重要性の他、ペネトレーションテストと脆弱性評価との違い、テストを進める7つのステップ、主要なテストアプローチ、テストに使うツールについて紹介した。(2021/7/12)

マネフォ、ツクルバと業務提携し不動産領域参入 自宅評価額自動算出
マネーフォワードは7月9日、中古およびリノベーション住宅の流通プラットフォームを営むツクルバ(東京都目黒区)と提携し、不動産領域に参入すると発表した。居住用不動産を評価し、住み替えを提案、支援するサービスを2022年内に共同開発する。(2021/7/9)

タブレット見るだけで認知機能測定 大阪ガスと大阪大共同開発
画面を見るだけの手軽な認知機能評価と、ゲームを取り入れた運動を通じて認知機能の改善を目指す。(2021/7/9)

日本の国立研究所が電子契約に「Adobe Sign」を初導入 多言語対応などを評価
量子科学技術研究開発機構(量研)は国立研究所として初めて、米Adobeの電子サインサービス「Adobe Sign」を採用したと発表。国内外の研究機関との契約業務を電子化し、職員の業務効率化を図るという。(2021/7/6)

今どきそんな評価では社員はどんどん辞めていく! 間違いだらけの人事改革
リモートワークの浸透による働き方の変化に伴い、「社員の適切な評価が困難、納得感が得られない」「生産性を上げるために、ジョブ型評価制度に移行する必要性があった」など、人事評価制度の課題は山積み。新しい評価制度を稼働させた結果、想定外のトラブルにつながったという会社の“失敗談”から、経営層が持つべき「人事評価制度の正解」を探る。(2021/7/7)

IBM Cloud、“政府認定クラウド”入りは2022年に 次世代基盤に移行中で申請見合わせ
日本アイ・ビー・エムはクラウド基盤「IBM Cloud」について、政府のセキュリティ評価制度「ISMAP」の認定を2022年内に取得すると発表した。当初は21年内を目標としていたが、IBM Cloudが次世代基盤に移行中であることから、年内の申請を見合わせた。(2021/7/2)

耐震:
大規模3次元FEMを用いた長周期地震動の新たな計算技術、最大5〜6時間で算出
大成建設は、大規模3次元FEMを用いて、巨大地震による長周期地震動の計算時間を短縮することが可能な技術を開発した。新技術は、建物の設計やリニューアルにおける耐震検討に適用することで、早期に長周期地震動の影響を提示することができ、建物の耐震安全性評価に関する円滑な合意形成を実現する。今後、同社は、建物の長周期地震動の評価に新技術を適用し、建物の耐震安全性評価と地震災害に強い建物づくりを進める。(2021/6/30)

さまざまな電池材料にも適用可能:
東北大ら、酸化物蓄電材料の酸素脱離現象を解明
東北大学と高輝度光科学研究センターの共同研究グループは、リチウムイオン電池に用いる酸化物正極材料から、酸素が抜ける現象を詳細に評価し、そのメカニズムを解明した。高い安全性が求められる次世代蓄電池への応用が期待される。(2021/6/29)

ニューノーマル時代のパフォーマンス・マネジメント:
評価の在り方を再検討する――相対評価か、絶対評価か、ノーレイティングか
期末時の評価について、人事制度設計の観点から解説します。(2021/6/29)

SDGsと幸せの関係:
47都道府県の住民によるSDGs評価 3位「千葉県」、2位「石川県」、1位は?
日本だけでなく、世界でその重要性が叫ばれているSDGs。脱炭素やジェンダー問題などさまざまな取り組みが広がっている。そんななか、47都道府県のSDGs評価調査が発表された。最もSDGsに力を入れている都道府県は?また、SDGsと幸福度の関連性についても公開。(2021/6/28)

はんだ付け不要で容易に着脱可能:
開発プラットフォーム向けコネクター技術を評価
東芝デバイス&ストレージは、IoT機器を簡単に試作できる開発プラットフォーム「トリリオンノード・エンジン」向けのコネクター技術を評価した。この技術を用いると、はんだ付けなどの作業をしなくても、容易に接続部の実装が可能となる。(2021/6/28)

集中管理とアクセス監視で高セキュリティを確保:
企業向けファイル共有サービスにはどのようなものがあるのか
Comparitech.comは6つの主要な集中管理型の企業向けファイル共有サービスについて、レビュー結果を公開した。「Serv-U Managed File Transfer Server」が最高の評価を得た。重要なのは自社の目的に合うこと、不要な機能に費用を費やさないことだという。(2021/6/25)

FLOSFIAが“自社工場”で生産へ:
量産間近の酸化ガリウムSBD、評価ボードも入手可能
京都大学発のベンチャーで、酸化ガリウムパワーデバイスの開発を手掛けるFLOSFIAは、「TECHNO-FRONTIER 2021」(2021年6月23〜25日/東京ビッグサイト 青海展示棟)に出展し、酸化ガリウムを使用したSBD(ショットバリアキーダイオード)「GaO-SBD」を搭載した評価ボードなどを展示した。(2021/6/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(145):
Nano Server「1809」コンテナイメージのサポート期間が5年間延長に
Microsoftは現在、LTSCの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版(180日評価版)を一般提供し、Windows Server Insiderプログラムに参加していないITプロフェッショナルでも手軽に評価できるようにしています。Windows Server 2022および現行バージョンの「Windows Server 2019」と同時にリリースされるSACバージョンの「Nano Server」のWindowsコンテナ用ベースOSイメージについて、サポート期間の延長についても発表しています。(2021/6/24)

Microsoftの「Azure」などが“政府認定クラウド”の仲間入り セキュリティ評価制度「ISMAP」に登録
日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」など約230のサービスと、43のリージョンを含むデータセンターが、「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)の登録を受けた。登録を受けた同社の製品は政府調達の対象品目となる。(2021/6/23)

評価制度の明確化を求める声も:
3割超が「テレワークでウソの報告経験あり」 ウソの内容は?
「始業します」とだけ報告して二度寝した経験があるビジネスパーソンもいるかもしれない。アジャイルウェアの調査によると「テレワークでウソの報告経験がある」と回答した人が3割を超えた。ウソの内容は? ウソをつく理由とは? また、テレワークと評価制度の関連性についても見ていこう。(2021/6/23)

BCP:
地震発生後10分で“建物の被災可能性”をシミュレート、清水建設が開発した不動産クラウドの新オプション
清水建設とプロパティデータバンクは、地震が発生した直後に、気象庁が公表する各地の震度と、建物個別の構造や階数、設計年(新耐震基準適用の有無)を掛け合わせ、建築物の被災可能性をシミュレーションして評価するシステムを開発した。(2021/6/23)

日本電産永守会長「これ以上の人物いない」 株主総会で新CEOの関氏を評価
日本電産は22日、京都市内で株主総会を開き、総会後の取締役会で創業者の永守重信会長から関潤社長に最高経営責任者(CEO)を引き継ぐことを決めた。(2021/6/23)

製造マネジメントニュース:
日本発の「ソフトウェアにも注目した消費電力評価指標」が国際標準規格化
電子情報技術産業協会(JEITA)は2021年6月21日、ISO/IECの合同専門委員会において、ソフトウェアの働きを考慮したエネルギー効率指標「Application Platform Energy Effectiveness(APEE)」が可決され、国際標準規格として同年6月に発行されたと発表した。同指標は2018年に日本が提案したものである。(2021/6/23)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]平均二乗パーセント誤差の平方根(RMSPE:Root Mean Squared Percentage Error)とは?
用語「平均二乗パーセント誤差の平方根」について説明。評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値との差を、正解値で割った値(=パーセント誤差)」の二乗値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)に対する平方根の値を表す。(2021/6/23)

株主総会で:
日本電産永守会長「これ以上の人物いない」 新CEOの関氏を評価
日本電産は22日、京都市内で株主総会を開き、総会後の取締役会で創業者の永守重信会長から関潤社長に最高経営責任者(CEO)を引き継ぐことを決めた。(2021/6/22)

太陽電池やLED応用に期待:
ペロブスカイト半導体中の「電子の重さ」を測定
千葉大学と北海道大学、京都大学の研究チームは、次世代太陽電池や発光デバイスの材料となる、ハロゲン化鉛ペロブスカイト中の「電子の重さ」を測定し、電子が周囲の格子に及ぼす影響を評価することに成功した。(2021/6/21)

導入事例:
安藤ハザマがLCA手法を活用した環境影響評価で脱炭素社会を目指す
安藤ハザマは、脱炭素社会の実現のため、神奈川県川崎市で設計・施工にて建設中の同社独身寮でライフサイクルアセスメントを実施し、カーボンフットプリント認定を取得した。ライフサイクルを通じてのカーボン・ニュートラル建築の実現を目指す。(2021/6/18)

Yahoo!ニュースの記事をユーザーが評価する新機能 PV以外の新たな評価軸に、配信料への反映も
ヤフーは同社が運営するニュースサイト「Yahoo!ニュース」で配信する記事をユーザーが評価できる新機能「記事リアクションボタン」を追加した。記事へのユーザー評価を各媒体に支払う配信料に反映するのが狙い。(2021/6/17)

「Chromebookは学校用」という常識を覆す
「Chromebook」がテレワーク用デバイスに向いている、これだけの理由
セキュリティや管理性、起動速度、価格といった観点で評価すると「Chromebook」はテレワーク用デバイスとして十分な可能性を秘めていることが分かる。Chromebookがなぜビジネス用途に適しているのかを考察する。(2021/6/16)

研究者がスパコンに求めた3つの要件を満たす:
PR:東大物性研の第6世代スパコンシステム「Ohtaka」にDell EMC PowerEdgeサーバが選ばれた理由とは
東京大学附置の全国共同利用研究所として設立された東京大学物性研究所は、1995年以降スーパーコンピュータシステムの全国共同利用事業を運営している。5年ごとにシステムを更新していく中、2020年、第6世代スーパーコンピュータシステム「Ohtaka」に、デル・テクノロジーズの「Dell EMC PowerEdgeサーバ」を採用した。その概要や選定理由などについて、同研究所 物質設計評価施設・設計部 尾崎研究室の福田将大氏にお話を伺った。(2021/6/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ランクル14年振りの刷新 「ランクルじゃなきゃダメなんだ」世界で評価される理由
ランクルというクルマは、それを使う地域と使わない地域でとんでもなく評価が違うクルマだ。「池田なぁ、村もオアシスもない巨大な沙漠をクルマで命懸けの横断をするとして、レンジローバーとランドクルーザーがあったらどっちを選ぶ?」。そう聞かれてハタと思ったのだ。(2021/6/14)

医療機器ニュース:
伸縮するセンサーを応用した、呼吸数を客観的に計測する医療機器を発売
バンドー化学の伸縮性ひずみセンサー「C-STRETCH」を応用した医療機器「ResMo」を、同社連結子会社のAimedic MMTが開発した。ResMoはこれまで主観で評価していた呼吸数を数値化し、動脈血酸素飽和度や脈拍数も同時に測定できる。(2021/6/14)

合計55プランでも「複雑ではない」 イオンモバイル井原氏が語る「さいてきプラン」
4月から料金プランを「さいてきプラン」に改定し、1GBから10GBまでは1GB刻みの細かな設計をしているイオンモバイル。音声プラン、シェア音声プラン、データプランを合わせると合計で55プランにも及ぶ。分かりにくそうだが、ユーザーからは「シンプルだと評価された」という。(2021/6/11)

半導体や電子部品の流通在庫品向け:
OEG、真贋判定・信頼性試験サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は2021年6月、半導体や電子部品の流通在庫品について信頼性評価を行う「真贋判定・信頼性試験サービス」を始めた。(2021/6/14)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(143):
次期Windows Server「Windows Server 2022」のプレビューISOイメージが、評価版センターから入手可能に
これまでWindows Server Insiderプログラムを通じて提供されてきた長期サービスチャネル(LTSC)版Windows Serverの次期バージョン「Windows Server 2022」のプレビュー版が、評価版センターから入手可能になりました。(2021/6/10)

AI・機械学習の用語辞典:
[評価関数]平均絶対パーセント誤差(MAPE:Mean Absolute Percentage Error)とは?
用語「平均絶対パーセント誤差」について説明。評価関数の一つで、各データに対して「予測値と正解値との差を、正解値で割った値(=パーセント誤差)」の絶対値を計算し、その総和をデータ数で割った値(=平均値)を表す。(2021/6/9)

SmartHRがARR初公開 45億円で成長率は106% 人事労務SaaSの次の一手
HRテックスタートアップのSmartHRは6月8日、事業戦略説明会を実施し、SaaS企業の実質的な売上高評価にあたるARRが45億円であることを明かした。前年同期から106.2%の伸びとなっている。(2021/6/8)

「iOS 15」の「ヘルスケア」アプリに転倒リスク評価などの新機能
今秋配信予定の「iOS 15」アップデートで追加される「ヘルスケア」アプリの新機能を紹介する。歩行データから“転びやすさ”を判定して警告する「歩行安定性」や健康データの家族との共有機能などがある。(2021/6/8)

シングルコアはIntel、16コアはAWS Graviton2とAMDが好成績:
「AWS」「Azure」「GCP」のCPUベンチマーク、どの程度の差があるのか
Cockroach Labsは公式ブログで、「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」におけるCPU性能の評価結果を解説した。3つのクラウドサービスを通して、シングルコアと16コアで結果が大きく異なる。(2021/6/8)

製造マネジメントニュース:
「DX銘柄2021」グランプリに日立、Lumada事業が高評価
経済産業省は2021年6月7日、東京証券取引所と共同で「DX銘柄」を選定し、「DX銘柄2021」の選定企業28社と「DX注目企業2021」20社を発表した。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響に対する優れたデジタル対応の取り組みを実施した企業として「デジタル×コロナ対策企業」を11社選定した。(2021/6/8)

AI:
覆工コンクリートの表層品質をAIが自動評価する新技術、西松建設
西松建設は、山岳トンネル工事のさまざまな課題をAIで解決する「山岳トンネル AI ソリューション」の構築を2019年度に開始している。このほど、山岳トンネル AI ソリューションの要素技術として、覆工コンクリートの表層品質評価を行うためのAI活用技術「A.E.s.SLiC」を開発した。(2021/6/8)

熊田曜子、銀座での初接客がプロホステス顔負け トーク力は“100点以上”と絶賛評価「引き出しも上手」
接客がめちゃくちゃ上手な曜子ママ。(2021/6/6)

導入事例:
排水湿潤連続養生技術「Wキュアリング」をトンネル工事に適用
大成建設は、2017年のトンネル工事において「Wキュアリング」を適用し、材齢3年目となる2020年9月に覆工コンクリート品質調査における性状評価で、塩害・凍害に対して従来のセントルを用いた工法よりも耐久性が大幅に向上することを確認した。(2021/6/4)

Webサイトの危険度を評価してセキュアなアクセスを実現 アシストがWeb分離ソリューションを提供
アシストは、Web分離ソリューション「Ericom Shield Cloud」の販売を開始した。クラウドで稼働するブラウザコンテナ経由でWebサイトにアクセスすることで、端末や企業のネットワークにWeb経由の脅威が侵入するのを防ぐ。(2021/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.