• 関連の記事

「アメリカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アメリカ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「世界への扉」を開いた:
伝説のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS」を支えた事務所社長 米国進出の舞台裏を聞く
デビューから41周年を迎えた日本のヘヴィメタルバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」。所属事務所の社長に、ラウドネスをいかにしてマネジメントしてきたか、米国進出の経緯などについて聞く。(2022/5/21)

米超党派上院議員、Googleの広告事業分割を狙う新法案を提出
米国の超党派上院議員は新たな法案「Competition and Transparency in Digital Advertising Act」を提出した。企業によるオンライン広告事業参入を1つの領域に絞ることを義務付けるもの。法制化されればGoogleやMetaは広告事業をスピンオフしなければならなくなる可能性がある。(2022/5/20)

IoTセキュリティ:
米国大統領令の影響か? 商用ソフトウェアのOSS由来脆弱性が減少傾向に
日本シノプシスは、商用ソフトウェアにおけるOSS(オープンソースソフトウェア)の利用状況を調査した「2022年オープンソース・セキュリティ&リスク分析(Open Source Security and Risk Analysis:OSSRA)レポート」の結果について説明した。(2022/5/20)

米国のデータ流通のトレンドに変化か 物流混乱で政府主導のデータ共有ポータル創設の動き
米国でサプライチェーンを支える複数の事業者を横断したデータ共有に向けた動きが進みつつある。民間企業の自主性に任せる立場を重視する「自由の国」米国も、世界的なサプライチェーンの大混乱を前に、方針変更を余儀なくされているようだ。(2022/5/20)

安定したサプライチェーンを構築:
フジクラ、5Gミリ波モジュールでGFと提携
フジクラは、5G(第5世代移動通信)基地局向け28GHz帯ミリ波フェーズドアレイ・アンテナモジュール(PAAM)「FutureAccess」の商用化に向けて、米国GlobalFoundries(GF)と提携する。(2022/5/20)

PwCが日米両国で調査:
AIを導入する企業は53% 日本が米国に追いつく
 日本企業のAI(人工知能)活用度合いが米国に追いついた――。そんな結果が、コンサルティング業を手掛ける「PwC Japanグループ」の調査で分かった。業務にAI を導入する日本企業の割合は、2021年の43%から22年は53%と1年間で10ポイント増加。米企業のAI導入が足踏みする中、日米で差が埋まりつつある結果となった。(2022/5/19)

ソニーの “常時装着”イヤフォン「LinkBuds S」は2万6000円前後(米国は199.9ドル)
常時装着を前提としたイヤフォン「LinkBuds」シリーズの新作「LinkBuds S」は2万6000円前後。米国価格は199.9ドル。(2022/5/19)

防衛システムの統合を目指す:
Lockheed MartinがIntelやNVIDIAと協業へ
米国の航空宇宙大手Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)が、防衛システムへの安全な接続を実現する計画「21世紀コンセプト」の一環として、IntelとNVIDIAの他、大手技術メーカー8社との協業を発表した。(2022/5/19)

ソニー、「LinkBuds S」を海外発表 ノイキャンに低遅延「LE Audio」サポート 199.99ドル
ソニーは、アクティブノイズキャンセリング(ANC)対応の新型ワイヤレスイヤホン「LinkBuds S」を海外発表した。国内価格は不明だが、米国法人は199ドルでアナウンスしている。(2022/5/19)

安全システム:
米国向け「BRZ」がIIHSの安全性テストで最高評価獲得、アイサイト標準装備が貢献
SUBARU(スバル)は2022年5月18日、米国向けの「BRZ」「フォレスター」が米国IIHS(Insurance Institute for Highway Safety、道路安全保険協会)の安全性評価で最高評価となる「トップセーフティピックプラス(TSP+)」を獲得したと発表した。(2022/5/19)

楽天証券、米国株式のリアルタイム株価情報 無料提供
 楽天証券は5月30日より、楽天証券の証券総合口座保有者を対象に、米国株式および米国株価指数のリアルタイム株価情報を無料で提供すると発表した。合わせて、45種類の米国株価指数情報や最大500件の「歩み値」情報も無料で提供する。(2022/5/18)

Restaurant Dive:
米国最大手スーパーの新事業は小規模レストランのボトルネックを解消するか?
米国最大手のスーパーマーケットチェーンのKrogerは、小規模な独立系レストラン経営者向けにセット価格と柔軟な配送オプションを備えた配達サービスを提供する。(2022/5/18)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
歌手・リアーナの下着ブランドが大成功 下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とは
米国で、下着をオンラインで購入する人が増えている。その中でも、歌手のリアーナが立ち上げたブランドが注目を集めている。成功の背景にある、下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とAI活用の方法とは――。(2022/5/18)

5大銀の最終利益3割増、2兆6467億円
5大銀行グループの令和4年3月期の決算が16日、出そろった。5社合計の連結最終利益は前期より3割多い2兆6467億円と4期ぶりの高水準となった。三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が45.5%増の1兆1308億円と過去最高を更新するなど4社が増益を確保した。ただ、ロシアのウクライナ侵攻や米国の金利上昇(債券価格の下落)などのリスクが顕在化しており、各社は金融環境の急変に身構える。(2022/5/17)

アメリカで「子どもと同じくらい頼りない」のは…… 米人気バラエティ番組の「はじめてのおつかい」パロディコント“長いつきあいの彼氏編”がじわじわくる
こんなに話題になっていたのか。(2022/5/16)

コロナ禍でも売上規模5倍に アナログとデジタル融合のiBuyer、すむたすの強さ
米国で流行のモデルなら、日本で取り組むスタートアップがたくさん出てきてもおかしくない。ところが、現在国内でほぼ唯一iBuyerモデルで事業を展開しているのが、すむたすだ。(2022/5/16)

週末に「へえ」な話:
日本では「苦戦」しているのに、なぜ米国のラウンドワンは「コロナ前」以上なのか
ラウンドワンが苦戦している。2022年3月期も赤字を計上したわけだが、仕方がない側面もある。新型コロナの感染である。逆風が吹き荒れている中で、米国の事業は好調だという。現地の人に受けているのは、何かというと……。(2022/5/14)

OLTP性能は通常のPostgreSQLの4倍:
Google CloudがPostgreSQL互換DBのAlloyDBを発表、OracleやDb2、SQL Serverからの移行を狙う
Google Cloudは2022年5月11日(米国時間)、フルマネージドなPostgreSQLデータベースサービス、「AlloyDB for PostgreSQL」を発表した。自社のクラウドインフラを生かして高いパフォーマンスと可用性を実現。PostgreSQLと完全互換で既存データベースからの移行を促進する。(2022/5/13)

1億1700万ドルのパートナーシップ:
GF、半導体の米国製造に向け国防総省と協業へ
GlobalFoundries(GF)は2022年5月2日(米国時間)、米国国防総省(DoD)と1億1700万米ドル規模のパートナーシップを結んだことを発表した。GFは、国家安全保障システムにとって極めて重要となる米国製の半導体の再供給において国防総省を支援するという。(2022/5/13)

「13日の金曜日」は不吉な日か:
厚切りジェイソン、ツイート全消し 米国株下落で非難殺到か?
タレントの厚切りジェイソンさんが、運営するツイッターの投稿をすべて消したことが話題になっている。22万人あまりのフォロワーを持つ人気アカウントであり、影響力は大きかった。削除の理由は明かされていないが、同氏が推奨してきた米国株投資に逆風が吹いているためではないかと見られる。(2022/5/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“レバナス投資”で被害続出? 背後に投資系インフルエンサーの影も
米国株ブームで増加した投資系インフルエンサーの推奨により、「レバナス」と呼ばれる投資信託がここ半年で半値近くまで大暴落している。(2022/5/13)

日産の新型EV「アリア」が米国で好調、新規注文停止に グプタCOO「EVで“2番目の革命”起こす」
5月12日に発表した2021年度通期決算で、3期ぶりの黒字回復を果たした日産自動車。そうした中で、業績をけん引したのが米国市場だ。特に21年11月に予約注文を始めたSUVタイプのBEV(バッテリー型電気自動車)「アリア」の販売が好調だといい、グプタCOOは会見で、同車種の新規注文を停止していることを明らかにした。(2022/5/12)

日産自の通期決算、3期ぶり黒字 純利益2155億円、売上高8.4兆円
日産自動車が2021年度通期決算を発表し、純利益が2155億円(前年は4487億円の赤字)となり、3期ぶりに黒字回復を果たした。米国市場での好調な業績などが、グローバル全体の業績をけん引した。売上高は8兆4246億円(前年比5620億円増)、販売台数は387万6000台(同17万6000台減)だった。(2022/5/12)

医療機器ニュース:
神経再生誘導チューブを米国市場へ積極展開
東洋紡は、同社が開発した「神経再生誘導チューブ」を、人工神経の世界市場の約7割を占める米国市場へ積極展開する。Synovis Micro Companies Allianceと連携し、米国で開催する学会を通じて販促活動を推進する。(2022/5/12)

クローズドイノベーションとオープンイノベーションの事例に学ぶ:
「PDF」のアイデアは当初、ダメ出しを食らった? イノベーションの在り方を“失敗”から考える
いまや誰もが知る「PDF」のアイデアが生まれたとき、それを却下した米国企業がある。このクローズドイノベーションの“悪い事例”を切り口に、オープンイノベーションの意義を考えていく。(2022/5/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(170):
バグ修正が主なマイナーアップデート「Windows Admin Center 2110.2」がリリース、前バージョンのサポート切れに要注意
Microsoftは2022年4月27日(米国時間)、「Windows Admin Center(WAC)」の最新GAバージョン「WAC 2110.2」をリリースしました。今回のGAリリースはバグ修正が中心であり、新機能はごくわずかですが、WAC 2110のサポートは30日後に終了するため、利用中の場合は早めに更新してください。(2022/5/12)

中計売上高目標は1年前倒し達成へ:
売上高、営業益で過去最高を更新、TDK22年3月期決算
TDKは2022年5月11日、2022年3月期通期業績(米国会計基準)を発表した。売上高は前年比28.6%増の1兆9021億2400万円、営業利益は同49.4%増の1666億6500万円と、前年に続いて売上高、営業利益ともに過去最高を更新した。(2022/5/11)

製造マネジメントニュース:
ソニーGが営業利益1兆円突破、イメージセンサーでは新たに2000億円の設備投資
ソニーグループは2022年5月10日、2022年3月期(2021年度)の連結業績を発表。会計基準を、2021年度から米国会計基準から国際財務報告基準(IFRS)に変更したため厳密な比較はできないが、売上高、営業利益ともに過去最高を記録する好業績となった。(2022/5/11)

Clearview AI、顔認識技術の米国での販売停止へ ACLUなどとの訴訟和解で
米人権団体のACLUは、顔認識技術を手掛ける米Clearview AIを提訴した2020年の訴訟で和解したと発表した。Clearviewは米国の民間企業や個人への顔認識データベースの販売を永久に停止する。(2022/5/10)

テーマは「星を見る人」:
Kubernetes 1.24がリリース、コード署名でsigstoreを採用、Dockersimは削除
Kubernetesプロジェクトは2022年5月3日(米国時間)に、Kubernetes 1.24をリリースした。今回は46の機能拡張および変更がある。ストレージ容量トラッキングや自動ボリューム拡張、Dockersimの削除などのトピックがある。(2022/5/10)

Innovative Tech:
海水を飲料水に変える、手持ちカバン型装置 フィルター不要の新法 米MITやアメリカ陸軍などが開発
米MITや米Northeastern University、米U.S. Army Combat Capabilities Development Command(DEVCOM)─Soldier Centerの研究チームは、粒子や塩を除去して飲料水に変換する、重量が10kg未満の携帯型淡水化装置を開発した。(2022/5/10)

AndroidユーザーはiPhoneユーザーよりも安全運転? 米国の保険会社が発表
「iPhoneファンには悪いが、Androidユーザーはより安全な運転ができる」──そんな題名の調査結果を米国の保険会社であるJerryが発表した。2万人のドライバーの走行データを分析したところ、Androidユーザーの方が安全運転をする傾向が明らかになったという。(2022/5/9)

体温と太陽光で発電 充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」登場
充電不要の活動量計「MOTHER Bracelet」が登場した。外気と体表面に1度でも温度差が生じれば発電できる。ストレッチやリラクセーションを通した健康管理支援サービスを「Re.Ra.Ku」を運営するメディロムが、米国シリコンバレーのスタートアップ企業MATRIX INDUSTRIESと共同開発した。(2022/5/9)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

米国人「日本のマックに行ったら牛丼しか置いていなかった」 その理由を収めた写真に「これは間違える」「仙台だ……」
ちょっとしたトラップ。(2022/5/9)

MLPerfの推論スコア:
新興企業Syntiant、tinyMLベンチマークで圧勝
エンジニアリングコンソーシアムのMLCommonsが最近、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の推論(Inference)ラウンドのスコア結果を発表した。MLPerf Tinyでは、米国の新興企業Syntiantが、キーワードスポッティングのレイテンシとエネルギー消費量のベンチマークでトップの座を獲得している。一方NVIDIAとQualcommは、エッジ/データセンターのカテゴリーにおいて再び激しい争いを繰り広げた。(2022/5/6)

Mayo Clinicが挑戦 ゲーミフィケーションによる従業員教育【後編】
医療機関がゲーミフィケーションで育成目指す“今のリーダーに足りない力”とは
米国医療機関Mayo Clinicは、人材多様性の拡大と受容を重視したマネジメント能力育成を目指して、研修にゲーミフィケーション手法を取り入れた研修システムを採用する。この研修システムが目指している到達点は。(2022/5/6)

Appleの「セルフサービス修理プログラム」、日本での提供が難しい理由
2022年4月27日(現地時間)、Appleの「セルフサービス修理」プログラムの提供が、米国で始まりました。純正部品を購入すれば壊れたiPhoneの修理をユーザー自身で行えるという内容です。日本での展開も期待したいところですが、残念ながら日本ではやや事情が異なります。(2022/5/5)

スクエニ、「トゥームレイダー」など手放す 北米の開発スタジオとゲームIP売却 約390億円で
スクウェア・エニックス・ホールディングスは2日、カナダや米国にある3つの開発スタジオと「TOMB RAIDER」シリーズなどのゲームIP(知的財産)をスウェーデン企業に売却すると発表した。(2022/5/2)

Innovative Tech:
30m以上ジャンプする小型ロボット Disney含む米国チームが開発
米University of California, Santa Barbara、米Disney Research、米California Institute of Technologyの研究チームは、素材を曲げて蓄積した力を使い、ロケットのように上方向へ30m以上ジャンプする小型ロボットを開発した。(2022/5/2)

Snap、手乗りドローンカメラ「Pixy」を米仏で発売 101g、230ドル(約3万円)
“カメラカンパニー”を標榜するSnapchatを手掛けるSnapが、手乗りサイズのドローンカメラ「Pixy」を米国とフランスで発売した。価格は229.99ドル(約3万円)。ホバリングしたりユーザーをフォローしたりして撮影し、手のひらを差し出すとその上に着地する。(2022/4/29)

全世界で悪用される脆弱性トップ15は? 各国当局が共同アラートを公開
米国やオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国のセキュリティ当局らが共同で日常的に悪用されている脆弱性トップ15を発表した。該当の脆弱性が存在しているかどうかを直ちに確認し、更新することが望まれる。(2022/4/29)

街中でかわいい服を着てる人を見かけたらどうする? 日本とアメリカの表現方法の違いにいろいろな発見がある
できることなら伝えたい!(2022/4/29)

Apple、ユーザーがiPhoneを修理できるプログラムを米国で開始
米Appleは、ユーザー自身でApple製品を修理できるセルフサービス修理プログラムの提供を始めた。Appleの認定修理業者が扱うものと同じ200以上の部品を使い、Appleが公開した修理マニュアルに従って、ディスプレイ、バッテリー、カメラなどを修理できる。1週間49ドル(約6300円)の修理ツールレンタルキットも利用できる。(2022/4/28)

米国で値上げでも、「Amazonプライム」のお得感が際立つ理由
米Amazonがプライム会員の年会費を値上げしました。値上げ幅は20ドルで、月額会費は12.99ドルから14.99ドル(約1900円)、年会費では119ドルから139ドル(約1万8000円)。Amazonでよく買い物をするという人であれば、無料配送、翌日配送といったサービスだけでも元が取れると考えるかもしれません。(2022/4/28)

Slack越えの最速成長、グローバル人材市場を変革するSaaS企業ディールとは
海外進出を目指す企業や、国外の高度人材を必要とする企業にとって、海外での人材雇用はこれまで大きな障壁となっていた。こうした手間のかかる一連の労務管理を、1つのプラットフォーム上で完結させるスタートアップが現れた。グローバル人材の労務管理SaaSを提供する米国発のディール(Deel)だ。(2022/4/28)

CIO Dive:
5GやIoTへの投資、誰が決める? 米企業で経営陣が関与する「3つの理由」
Gartnerのレポートによれば、米国企業の半数以上が5GやIoT、AIといった先端技術への投資に関する重要な意思決定者として「取締役会」を挙げている。経営陣自らが関わる理由とは何か。(2022/4/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(169):
ライセンスコスト削減に貢献するか? Azure Stack HCIゲスト用のWindows Serverサブスクリプションアドオンの一般提供開始
Microsoftは2022年4月21日(米国時間)、4月1日からAzure Stack HCI向けの「Windows Serverサブスクリプション」が購入可能になったことを発表しました。Windows Serverサブスクリプションを利用すると、場合によっては、物理サーバにWindows Server 2022 Datacenter Editionのコアライセンスを購入して割り当てるよりも、コストを削減できる可能性があります。(2022/4/28)

Apple、iPhoneをユーザーが自分で修理可能に パーツ、マニュアルも提供 まずは米国で開始
Appleは、自分でiPhoneを修理出来るセルフサービス修理プログラムの提供を開始した。(2022/4/27)

「小さな体型変化も見逃さない」 ZOZOスーツを使ったフィットネス支援サービス、ZOZOが米国で提供
ZOZOは27日、3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT 2」を活用して日々のワークアウトを支援する新サービス「ZOZOFIT」を発表した。米国で夏からサービスを提供する。(2022/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.