• 関連の記事

「電子化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

国内外で使用可:
コロナワクチンの接種証明、マイナンバーカードとスマホで電子化 12月から開始
デジタル庁などは、新型コロナワクチンの接種証明をマイナンバーカード(マイナカード)とスマートフォンを使って電子化するサービスを12月から始めると発表した。専用アプリ(iOS/Android、無料)をインストールし、マイナカードを読み取ると電子化できる。(2021/11/18)

やっぱり紙で保存も可能に? 電子帳簿保存法、国税庁が懸念解消
2022年1月から施行される電子帳簿保存法。国税関係の書類の電子化を進めるための法律だが、その中の電子データで受け取った領収書については、紙で保存ではなく電子データのまま保存しなくてはいけないという項目が波紋を呼んでいる。単にデータとして保存するだけではなく、国税庁が求める検索要件などに対応しなくてはいけないからだ。(2021/11/18)

家電などの説明書の追加も対応:
積水ハウス、賃貸物件などの“トリセツ”を電子化 業務効率と利便性を向上
積水ハウスは、グループが管理する賃貸住宅の入居者などに提供する取扱説明書を順次電子化していくと発表した。(2021/11/15)

導入事例:
電子契約システムによる契約書類の署名・押印をスタート、野村不動産
野村不動産は、デジタルガレージと共同で、不動産売買契約時の重要事項説明書および売買契約書の署名・押印といった手続きを電子化するシステム「Musubell for 仲介」を開発した。(2021/11/11)

兼松 決裁電子化&電子会議システムを構築 テレワークのため社内規定そのものを見直し、業務を効率化
総合商社の兼松は2021年4月から、テレワークの導入をきっかけに紙の申請書や押印による決裁をデジタル化し、役員会議もタブレット上で行えるようにした。電子化により年間約14万枚の紙を削減できたなど、コスト削減にも寄与した。(2021/10/29)

電子契約:
三井不動産が分譲マンション・戸建て購入の全書類と手続きを電子化、約1000枚を電子化
三井不動産と三井不動産レジデンシャルは、分譲マンションと戸建ての購入で求められる全書類と手続きの電子化を目指し、実現に向け活動を本格化している。両社は、各書類と各手続きの電子化後、既に導入しているオンライン商談に加え、契約から入居までの手続きについて、2022年夏までに顧客が対面と非対面の形式から選べるようにする。(2021/10/27)

「年末調整の電子化」を進める手順は? 改正ポイントも紹介【令和3年版】
ことしの税制改正では、昨年に引き続き年末調整の電子化に関する要件緩和が進められました。そこで、年末調整の電子化の手順を確認するとともに、ことしの改正ポイントを解説します。(2021/10/27)

紙で保存ができなくなる 改正電子帳簿保存法がもたらす、意外な落とし穴
2022年1月に、改正電子帳簿保存法が施行される。これは、これまで紙で保存されることが義務付けられていた税金関係の書類を、電子化して保存するための条件を緩和するものだ。DX花盛りの昨今、ペーパーレスを法律面からも後押しすることを狙っている。ところが、確かにペーパーレスが可能になる一方で、電子データの保存ルールには意外な落とし穴がある。(2021/10/27)

オーストラリアで一般化した処方箋の完全電子化【前編】
「電子処方箋」が直面、“完全電子化”を阻害した要因とは?
オーストラリアでは、ある電子処方箋交換サービスがほとんどの薬局で利用されている。ただし導入当初は、完全な電子化を実現するまで至らなかった。それはなぜなのか。完全電子化を目指した道のりは。(2021/10/21)

自社だけでなく:
取引先の請求書を電子化させる交渉テクニック
自社でいくらペーパーレス化を進めても、取引先が対応していなければ、それに合わせて紙での対応を余儀なくされます。取引先の請求書を電子化させる交渉方法について考えます。(2021/10/20)

ワクチン接種証明書の電子化、デジタル庁が仕様案を一部変更 APIは当面見送りに 意見募集の結果受け
デジタル庁は、新型コロナウイルスワクチンの接種状況を確認できる電子証明書の仕様について、意見募集の結果を受け、証明書に記載する二次元コードや専用スマートフォンアプリの仕様を一部見直すと発表した。(2021/10/19)

まいばすけっと、全店舗で紙のマニュアル廃止へ SaaS導入で電子化
イオングループのまいばすけっとが、スーパー「まいばすけっと」全978店舗で、2022年2月末までに紙のマニュアルを廃止する。電子マニュアルをスマホなどで作成・閲覧できるSaaSを導入。緊急時対応の手順を記したものを除く全マニュアルを段階的に電子化する。(2021/10/19)

「デジタル化」「電子化」はもはや企業の“必修科目”か ガートナーが国内を対象にした調査結果を発表
ガートナーは、日本のITリーダーを対象にしたデジタルビジネスへの取り組みに関する調査結果を発表した。コロナ禍以前と比較して多くの日本企業が「ハンコレス」や「ペーパーレス」といったデジタル施策に取り組んでいることが判明した。(2021/10/14)

製品動向:
三菱地所らが駐車場管理クラウドシステムを構築、清算の電子化と非接触化を実現
三菱地所パークスは、三菱地所や三菱地所リアルエステートサービスと共同で開発した駐車場管理クラウドシステム「CREPE」のモニタリング調査を神奈川県横須賀市で管理・運営する駐車場「サイカヤパーキング」で2021年8月18日にスタートした。今後は、システムやユーザビリティにおける課題などを検証し、2022年4月にCREPEの本格運用を目指す。(2021/10/14)

NTT東西とDNP、新会社「NTT EDX」設立 電子教科書などの配信プラットフォーム構築へ
NTT東日本、NTT西日本、大日本印刷の3社が、電子教科書の配信事業などを手掛ける新会社「NTT EDX」を設立すると発表した。コンテンツを配信するプラットフォームを構築や、出版社や書店が行う業務の電子化・効率化を支援する。(2021/10/6)

「電子教科書が使いにくい」「導入に時間がかかる」 NTT東西らが教育DXの新会社、解決したい3つの課題
NTT東日本、NTT西日本、大日本印刷が、教育のDXを手掛ける新会社「NTT EDX」を設立。大学や出版社を対象に、電子教科書の配信プラットフォームを提供する他、既存の教科書を電子化し流通させる支援事業を展開する。(2021/10/5)

ワクチン接種をスマホで証明 年内決定へ首相指示
政府がデジタル社会推進会議を開き、今後進めるデジタル改革の新たな重点計画の主な項目案を示した。新型コロナウイルスワクチンを接種したことを公的に証明する「ワクチンパスポート」の電子化などが盛り込まれている。議長を務める菅義偉(すがよしひで)首相は年内の閣議決定を目指して重点計画を策定するよう関係閣僚に指示した。(2021/9/8)

ワクチン接種をスマホで証明 年内決定へ首相指示
政府は6日、デジタル社会推進会議を開き、今後進めるデジタル改革の新たな重点計画の主な項目案を示した。新型コロナウイルスワクチンを接種したことを公的に証明する「ワクチンパスポート」の電子化などが盛り込まれている。議長を務める菅義偉(すがよしひで)首相は年内の閣議決定を目指して重点計画を策定するよう関係閣僚に指示した。(2021/9/7)

東武トップツアーズ、LINEを活用した「モバイル定期券」運用開始 日本初
 東武トップツアーズ(東京都墨田区)と栃木県小山市は8月31日、小山市コミュニティバス「おーバス」の全線共通定期券(noroca)を電子化し、「モバイル定期券」の運用を開始すると発表した。(2021/9/1)

飛行機や映画……裾野広がるデジタル証券、小口化容易で金融各社が知恵比べ
債権、不動産の所有権や配当などを受ける権利を電子化したデジタル証券を発行する動きが広がりをみせている。不動産、社債などが対象となっているが、金融機関各社は飛行機や映画を対象にしたユニークな証券の発行も想定しており、多様化が進めば投資の拡大につながりそうだ。(2021/8/19)

飛行機や映画…裾野広がるデジタル証券、小口化容易で金融各社が知恵比べ
 債権、不動産の所有権や配当などを受ける権利を電子化したデジタル証券を発行する動きが広がりをみせている。暗号資産(仮想通貨)に使われる記録技術「ブロックチェーン」の活用で参加者同士が互いに取引を承認しあうことから、発行や管理のコスト、決済にかかる時間を低減できるため、小口化が容易になり、少額投資を募りやすいのが特徴。不動産、社債などが対象となっているが、金融機関各社は飛行機や映画を対象にしたユニークな証券の発行も想定しており、多様化が進めば投資の拡大につながりそうだ。(2021/8/18)

電子契約:
加速が進む不動産・住宅業界へのインフォマートの電子契約サービス、“インボイス制度”にも対応
インフォマートは2018年7月より、電子契約のサービス「BtoBプラットフォーム契約書」をリリース、これまで約3年間で2万6200社(2021年7月12日時点)が利用するまでに達した。これはコロナ禍を機に急速に拡大した在宅勤務の推進を背景に、「脱ハンコ」「脱FAX」が後押ししたためと考えられる。今後は2021年5月に可決されたデジタル関連法案により、特に慣習的に押印の多い不動産業業界でも、電子契約書へのシフト加速がさらに進むと予想される。また、経理分野でも、2023年10月導入予定の国税庁「インボイス制度」への対応として、企業間取引の電子化は避けられないものとなっている。(2021/8/2)

融資手続きの電子化加速 紙の契約書や収入印紙が不要に 銀行導入
金融機関で融資手続きの契約をインターネット上で行える電子契約サービスの導入が加速している。署名・押印した契約書の対面での受け渡しや郵送の手間だけでなく、紙の契約書で顧客側が支払う必要があった収入印紙代も不要になる。新型コロナウイルスの感染拡大で脱ハンコなどデジタル化を進める政府も、電子契約の導入を後押しする。(2021/7/8)

日本の国立研究所が電子契約に「Adobe Sign」を初導入 多言語対応などを評価
量子科学技術研究開発機構(量研)は国立研究所として初めて、米Adobeの電子サインサービス「Adobe Sign」を採用したと発表。国内外の研究機関との契約業務を電子化し、職員の業務効率化を図るという。(2021/7/6)

不正利用を疑われかねない「悪意なきミス」をどう防ぐか
「記憶頼りの申請」をたった2カ月で解消、アイデアとノウハウの自動化アプリ
経費精算業務の電子化が進みつつあるが、一方で「領収書やカードの決済データに十分な情報が記載されていない」「決済データが利用順にシステム連携されない」などの理由で、自動化できない業務も残っている。どうすればよいか。(2021/7/15)

コストも7割減:
ヤフー、民間との契約100%電子化 手続きが「数日」→「数分で完了」に
ヤフーが、民間取引先との契約手続きを100%電子化。押印のための出社が不要になり、契約1件当たりのコストを約7割削減。契約手続きも迅速化できたという。(2021/6/24)

ヤフー、取引先との署名を完全電子化 1件当たり3000円のコスト削減に
ヤフーは全取引先企業との署名を完全電子化したと発表。当初の目標を約3カ月遅れで達成した。電子化で、契約1件当たり3000円のコスト削減につながったという。(2021/6/24)

東大図書館など1300施設が使う蔵書検索システムが36年ぶりに刷新 電子資料に対応
国立情報学研究所(NII)は6月17日、東京大学総合図書館など全国1336施設が利用する蔵書検索システムを刷新すると発表した。1985年の運用開始以来、初めてシステムを更新し、電子化された資料にも対応するという。(2021/6/17)

マネーフォワードクラウド請求書、1年間無料キャンペーン実施 紙の請求書の電子化を推進
マネーフォワードは6月9日、クラウド型請求書ソフト「マネーフォワードクラウド請求書」を1年間無料で利用できる特別プランの提供を開始した。(2021/6/11)

倉庫に預けた書類をすぐに電子化 寺田倉庫「リモートスキャン」提供開始
倉庫に預けた書類を指定すれば、最短3時間で電子化(PDF化)する寺田倉庫の新サービス。「オフィスや自宅など、どこからでも必要なタイミングで書類が確認できる」(2021/5/11)

バンダイ、一部商品の取扱説明書を完全電子化 “紙”同梱せず SNSで賛否
バンダイは一部商品の取扱説明書を完全電子化する。4月以降に発売する通称“DX商品”には紙の説明書を同梱しない。(2021/4/22)

電子化に終始するDXは大きなリスク:
ペーパーレスの展開に1年以上かける企業は時代遅れ、ガートナーが日本のデジタルイノベーションに関する展望を発表
ガートナー ジャパンは、日本のデジタルイノベーションに関する展望を発表した。デジタルトランスフォーメーションが本来のデジタルイノベーションではなく、単に電子化やクラウド活用に終始するようでは大きなビジネスリスクを生み出すとしている。(2021/3/12)

明確なDX戦略がない企業にガートナーが警鐘 「80%以上がシェアを奪われる」
ガートナーによると、日本企業のDXに対する機運は高まっているものの、ペーパーレスやハンコレスといった喫緊のニーズを満たす電子化の取り組みに偏るケースが増えているという。自社のDX戦略を明確化し、その推進を妨げる旧態依然の組織体制を見直すためのポイントとは?(2021/3/11)

紙はなくなるのか、電子とどう共存するのか:
PR:“電子コミックの父”BookLive淡野社長が語る、「紙書籍と電子書籍」のこれまでとこれから
2021年に創業10周年を迎えたBookLive。社長の淡野正氏は、同社を立ち上げる以前から電子書籍に携わり、中でもマンガの電子化に尽力してきた「電子コミックの父」とも呼べる存在だ。本記事では淡野社長に、電子書籍業界のこれまでとこれからや、BookLiveの歴史について話を聞く。(2021/2/15)

製造IT導入事例:
鋼管専門卸が情報資産活用のため、データ基盤や帳票電子化ソリューション導入
ウイングアーク1stは、同社のデータ基盤ソリューション「Dr.Sum」、帳票基盤ソリューション「SVF」およびドキュメント管理ソリューション「SPA」を鋼管専門問屋のニッコーが導入したと発表した。(2021/2/5)

株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー:
自宅や外出先からも申請・承認、テレワーク時代に必要な文書管理“電子化”術
紙ベースの申請・承認業務における、承認印をもらう作業や決裁処理の状況確認などにかかる手間はこれまでも課題だったが、テレワークが普及した今、早急に解決すべき問題となった。これを解決する“電子化”の最適解とは?(2021/1/15)

金融庁が抱える課題とは:
金融庁、DX人材を公募 「人間の力だけでは不正を見抜けない、金融庁も高度化する」
「金融DX」の推進を掲げている金融庁だが、金融庁がつかさどる行政手続きのうち、オンラインで対応可能な手続き種類は8.8%にとどまっている。金融機関との行政手続きの完全電子化を推進するため、DXに取り組む専門人材の公募を実施する。金融庁が抱える課題と、どのようにDXを進めていこうとしているのかについて、金融庁総合政策局の稲田拓司氏に伺った。(2021/1/14)

CES 2021:
電子ペーパーで手書きメモを電子化、『ずっと表示』で使い勝手は紙のメモと同じ
Shiftallは、オンラインで開催中の「CES 2021」に出展する新製品「Croqy(クロッキー)」を発表。電子ペーパーと抵抗膜式タッチパネルの組み合わせにより、日常のメモ書きを電子化するネット接続型の電子メモで、メモ表示をスマートフォンアプリや複数のCroqy間で同期できるとともに、電子メモの内容をクラウドに保存できる。(2021/1/13)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
設備修繕の働き方改革を支援する日立のクラウドサービス
設備機器の修繕計画は、設備自体の維持や故障リスクを最小化するために必須となる。しかし、現状では熟練者が紙上で計画を立案しており、無駄や限界となる部分が多い。いわゆる属人化の状態にあり、引き継ぎや監査などの面でも課題となってしまっている。日立ソリューションズが提供する「設備修繕計画最適化サービス」は、設備機器の関連情報を電子化し、管理を標準化することで誰にでも均一化して使えるようにするものだ。(2021/1/12)

リモートワークを止めないSaaS:
労務管理のペーパーレス化 電子証明書を簡単に取得する方法
最新の労務管理SaaSは、年末調整をペーパーレス化するだけでなく、社会保険の申請を電子化する機能がついているものも多い。しかし電子申請に必要な電子証明書の取得に大きな手間がかかる、という悩みもあるのでは? 解決策は?(2021/1/12)

「黒執事」全巻無料配信 96時間(黒時間)限定 15周年で電子化
人気漫画「黒執事」が国内で初めて電子化。8日から1月11日までの96時間(黒時間)限定無料配信を始めた。(2021/1/8)

『黒執事』15周年&電子化記念に1〜30巻を96時間限定で無料公開 Kindleストアなど35店舗で配信中
『黒執事』の最新巻まで一気に読める!(2021/1/8)

メカ設計メルマガ 編集後記:
もう紙なんかいらない! 2021年は個人的ペーパーレス元年に
断捨離から始める新年。そして電子化へ。(2021/1/5)

製品動向:
大京アステージらがPCなどで管理委託契約書の手続きが可能なサービスを開発
大京アステージらは、PCやスマートフォンといったインターネットに接続する端末で、管理委託契約書などの手続きができ、場所や時間にとらわれず契約書類の締結が可能な「マンション管理契約電子化サービス」を開発した。(2020/12/16)

融資取引をペーパーレス化、印鑑レス、非対面で 日立が電子契約ソリューションを開始
日立は、金融機関の契約業務を電子化し、従来の対面による紙中心の事務手続きをWeb上で完結できる「金融機関向け電子契ソリューション」の販売を開始した。契約事務のペーパーレス化、印鑑レス化とともに、契約手続きに要する負荷軽減や業務効率化を支援する。(2020/12/15)

本田雅一の時事想々:
ようやく日本でも「電子化」が進む? アドビの好調な数字が示す、コロナの前と後
アドビによると、コロナ禍でPDF文書を読むためのアプリの月間アクティブユーザー数が急増。電子文書に触れる機会が増えたようだが、元に戻れない心地よさを提供できなければ、紙へと逆戻りすると筆者は指摘する。(2020/12/8)

PR:経理もテレワークをあきらめない! 膨大な「紙」の電子化から始める業務改革
テレワークを導入する企業が増えているが、経理部門での運用には「紙の書類」というハードルがある。会計システム「OPEN21 SIAS」を提供するICSパートナーズは、手軽にペーパーレス化ができる機能によって経理部門のテレワークをサポート。会計業務に特化したシステムへの思いを峯瀧健司社長に聞く。(2020/11/16)

エン・ジャパン:
会社の請求手続き、「効率最悪」な業務とは――担当者に調査
電子化が叫ばれる会社の発注業務。事務担当者の約4割が「効率悪い」と回答。最も非効率とされたのは押印業務。(2020/11/4)

オンワード樫山、ワークフローの電子化で申請/承認フローを9割効率化
アパレル製造小売などを手掛けるオンワード樫山は、SBテクノロジーのクラウド型のワークフローサービス「Flow」を導入し、申請/承認業務の効率化を図った。従来日数を要していた申請処理が最短10分で完了するようになり、申請/決裁処理の業務負荷が8〜9割軽減された。(2020/10/26)

請求書の電子化を基本料無料で NTT Comが45カ国法令対応のSaaSを発表
NTTコミュニケーションズは、紙の書類を電子化する基本料無料のクラウド型請求書電子化サービス「BConnectionデジタルトレード」の提供を開始する。ワークフロー機能やデータ連携機能も備える。(2020/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.