• 関連の記事

「罰金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「罰金」に関する情報が集まったページです。

中国初の改正独禁法 ネット大手規制強化
中国が改正独占禁止法を施行する。改正は2008年の同法施行以来初めてで、中国で拡大したネット業界を念頭に置いた規定を新設し、違法行為の罰金を引き上げた。(2022/8/1)

ロシア、Googleに罰金約500億円 ウクライナ関連の偽情報削除命令違反で
ロシアの裁判所が、Googleに約500億円の罰金を科す判決を出した。傘下のYouTubeのウクライナ関連を含む「偽情報」削除要請に従わなかったのが法律違反だとしている。Googleの子会社はロシアで6月、破産申請している。(2022/7/19)

「漫画BANK」運営者が中国で摘発、日本円で約60万円の罰金 被害金額は2000億円超え
CODAは、海賊版漫画サイト「漫画BANK」など複数の海賊版サイトを運営していた男性1人が中国で摘発されたと発表した。日本円で約33万円(1万6409.52元)の犯罪収益没収と約60万円(3万元)の罰金が科せられた。(2022/7/14)

侮辱罪厳罰化の改正刑法成立 ネット上の誹謗中傷対策
インターネット上の誹謗中傷対策で「侮辱罪」を厳罰化する改正刑法が参院本会議で可決、成立した。公然と人をおとしめる行為が対象で、現行の拘留、科料に加え、「1年以下の懲役・禁錮または30万円以下の罰金」が加わる。(2022/6/14)

ネット上の誹謗中傷対策 侮辱罪厳罰化の改正刑法成立 
インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策で「侮辱罪」を厳罰化し、現行の懲役や罰金刑の対象とする改正刑法が13日、参院本会議で可決、成立した。令和2年に女子プロレスラーの木村花さん=当時(22)=が交流サイト(SNS)で中傷を受けた後に死去したのを機に、見直し議論が拡大。国会では、憲法が保障する表現の自由との兼ね合いが論点となってきた。(2022/6/13)

批判の声:
電気使い過ぎ企業に「罰金」検討 識者「政治責任を企業に押し付けている」
岸田文雄政権のエネルギー政策に疑問が浮上している。電力需給の逼迫が見込まれる今冬に大規模停電の恐れが高まった場合、大企業などを対象に「電気使用制限」の発令を検討しているのだ。(2022/5/31)

政府、11年ぶり電力使用制限検討 今冬に逼迫見通し
経済産業省は、電力需給の逼迫が見込まれる今冬に大規模停電の恐れが高まった場合、大企業などを対象に「電力使用制限」の発令を検討すると明らかにした。違反すれば罰金が科される強制的な措置で、幅広い経済活動に影響が及ぶ可能性がある。(2022/5/30)

ネット上の公開情報の無断収集で英データ保護法に違反:
英情報保護監督機関、顔認識DB企業Clearview AIに755万ポンドの罰金と英国居住者データの削除を命令
英国情報コミッショナー局は、米国Clearview AIに755万2800ポンド(約12億円)の罰金を科した。同社がインターネットから勝手に収集した英国内外の人々の画像を使用して、顔認証に使用可能なグローバルオンラインデータベースを作成したためだ。(2022/5/30)

Twitter、FTCおよびDoJによるプライバシー関連申し立てで和解 1.5億ドル支払い
Twitterは2019年にプライバシー慣行で米連邦取引委員会と米司法省に提訴されていた件で和解した。和解条件として罰金1億5000万ドルの支払いと、新たなコンプライアンスの導入を命じられた。(2022/5/26)

英当局、顔認識のClearview AIに英国民のデータ削除命令 750万ポンドの罰金も
英情報保護当局ICOは顔認識のClearview AIに750万ポンド(約12億円)の罰金を科した。また、英国民のデータw−システムから削除するよう命じた。同社は既に英国ではサービスを提供していない。(2022/5/24)

“課徴金制度”は?:
個人情報保護違反の「ペナルティー強化」 法改正で“1億円以下の罰金”の制定も
2022年4月から施行された改正個人情報保護法に伴い、違反行為に対するペナルティーはどのように強化されたのでしょうか?(2022/5/23)

Google、欧州でCookie同意バナーの全拒否ボタン提供開始へ
Googleは、まずはフランスでCookie同意バナーに「すべて拒否」ボタンを追加すると発表した。同社は1月仏当局からバナーの表現が紛らわしいとして1億5000万ユーロの罰金を科された。全拒否ボタンは今後、欧州で提供を拡大していく。(2022/4/22)

義務違反企業には罰金 IT規制法案全容判明
総務省は今通常国会に電気通信事業法改正案を提出する。利用者数1000万人以上の国内外のIT大手に「利用者情報統括管理者」の選任を義務付け、違反した場合は200万円以下の罰金を科すことが柱となる。(2022/2/24)

Cookieを拒否しにくいのはアウト
FacebookとGoogle、Cookieの違反行為で罰金合計270億円
フランス当局がFacebookとGoogleに巨額の制裁金を科した。Cookieの受け入れと拒否の方法に偏りがあったからだ。Cookieの利用は企業にとって大きなリスク要因になりつつある。(2022/2/16)

タイガー「転倒してもこぼれないケトル」CMが景表法違反に こぼれる場合があるため
消費者庁と公正取引委員会が、タイガー魔法瓶のテレビCMとWebサイトで景品表示法に反する表示があったとして課徴金納付命令を出した。転倒しても中身がこぼれないとしていたが、こぼれる場合があったという。(2022/2/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
NHKクロ現にも出た「ライブコマースの女王」、脱税で240億円罰金の衝撃。ファン・ビンビン上回る荒稼ぎ
中国で誰もが知る「ライブコマースの女王」のウェイヤ―氏が12月20日、約115億円の所得隠しを摘発され、追徴課税や罰金など約240億円の支払いを命じられた。今年4月にはNHKの「クローズアップ現代+」にも出演。中国のインフルエンサーの荒稼ぎぶりと、格差拡大に徹底的にメスを入れる当局の姿勢が浮き彫りになった。(2021/12/23)

JPMorganに罰金2億ドル WhatsAppなどの業務利用で
JPMorgan Chaseの従業員がWhatsAppなどを顧客とのやり取りに使っていたとして、SECとCFTCが合わせて2億ドルの罰金を科した。米連邦法では、銀行企業は公式ビジネスの詳細な記録を保持する必要がある。(2021/12/19)

社労士・井口克己の労務Q&A:
有給「未消化」が50人! 罰金30万円×50人分を払う必要が……ある? ない?
当社には50人ほど、「年5日以上の有給」を取得できていない社員がいます。取得できないと1人につき罰金30万と聞きました。このままだと50人分の1500万円の罰金を支払うことになるのでしょうか?(2021/11/30)

欧州委員会、政治広告の透明性とターゲティングに関する法案 2023年施行を目指す
EUの欧州委員会は、政治広告の透明性とターゲティングに関する法案を発表した。2023年施行を目指す。違反した組織には罰金を科す。(2021/11/26)

サーバ内の機密データを守るには:
PR:個人情報保護法改正対応をきっかけに見直しが必要、あなたの組織が「攻撃されるところ」
2022年4月1日に施行予定の「令和2年改正個人情報保護法」では、最大1億円の罰金に注目が集まるものの、ひかり総合法律事務所 弁護士の板倉陽一郎氏によれば、企業が注目すべき点は罰金の額ではない。現状の把握自体が難しく、対策が不十分だと何が起きるのか企業が理解していない点に、課題があるという。(2021/11/17)

「ファスト映画」投稿者らに全国初の有罪判決 公判では被告らのタワーマンション移住検討も明らかに
主犯格には懲役2年(執行猶予3年)と200万円の罰金が言い渡されました。(2021/11/16)

ソニー、中国当局から約1778万円の罰金命令 7月7日の製品発表予告が「中国の威厳損なった」
中国当局がソニーの中国法人に対し100万元(約1778万円)の罰金を科したと、共同通信が報じた。同社は7月7日に新製品を発表すると中国のSNS「微博」で予告していたが、日中戦争の発端となった盧溝橋事件と同じ日であるとして批判が集まっていた。(2021/10/18)

LyftとUber、テキサス州の中絶禁止法からドライバーを守ると声明
米配車サービス大手のLyftとUberは、米テキサス州が施行した新中絶法から自社のドライバーを守ると発表した。この新法では、中絶目的の女性を病院に送るだけでも訴えられ、最高1万ドルの罰金を科される可能性がある。(2021/9/5)

Facebook傘下のWhatsAppにGDPR違反でアイルランドが約293億円の制裁金
Facebook傘下のWhatsAppがEUの一般データ保護規則(GDPR)に違反したとして、アイルランドが2億2500万ユーロ(約293億円)の制裁金を科すと発表した。GDPRの制裁金としては7月のAmazonに次ぐ高額さだ。(2021/9/3)

スバル「インプレッサ WRX」を運転していた80歳のおじいちゃん逮捕 時速180キロで爆走、罰金14.5万円
元気にもほどがある。(2021/8/30)

小林礼奈、元夫「流れ星☆」TAKIUEからの要望で“お迎え遅刻”を再び謝罪 今後遅刻したら「罰金10万円も検討」
TAKIUEさんからは「謝罪したら娘の養育費の支払いを開始する」とも。(2021/8/14)

美容ローラーの痩せる効果に根拠なし ヤーマンに課徴金
消費者庁は11日、短期間で痩身効果があるとうたって美容ローラーを販売していたヤーマンに対し、根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして課徴金の納付を命じた。(2021/8/11)

AmazonにGDPR侵害で7億4600万ユーロ(約971億円)の罰金 過去最高
Amazonに対し、ルクセンブルク当局がGDPRに違反したとして7億4600万ユーロ(約971億円)の罰金を科した。GDPR違反の罰金としては過去最高。Amazonは「積極的に自社を弁護する」としている。(2021/8/2)

米歌手ピンク、ビキニ拒否のノルウェーハンドボール代表に罰金肩代わりを申し入れ 「性差別で協会に罰金を科すべき」
過度な露出はスポーツに必要?(2021/7/26)

仏政府、Googleに5億ユーロ(約650億円)の制裁金 記事スニペット表示関連で
仏政府の競争監視局が、Googleに5億ユーロ(約650億円)の制裁金を科すと発表した。検索結果やGoogle Newsでのメディア記事スニペット表示に関し、Googleがメディア企業との交渉を怠ったため。命令に従わない場合、さらに1日当たり90万ユーロの追徴金を科す。(2021/7/14)

株取引アプリのRobinhood、Nasdaq上場へ
「金融の民主化を目指す」株取引アプリのRobinhoodがSECにIPO目論見書を提出した。上場先はNasdaqでティッカーシンボルは「HOOD」。前日には規制当局から約7000万ドルの制裁金支払いを命じられた。(2021/7/2)

空気清浄カードの効果に裏付けなし 消費者庁、「イオニアカードPLUS」販売元に課徴金1559万円
消費者庁は25日、「イオニアカードPLUS」を販売するSalute.Lab(サルーテラボ)に対し、景品表示法に基づき1559万円の課徴金を課したと発表した。(2021/6/25)

ロックダウン違反の罰金は最大300万円!? コロナ禍のドイツで何が起きていたか、現地から描いたエッセイ漫画
ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州に住む漫画家が現地の様子をつづっています。(2021/6/25)

EUでビジネスする企業は要注意
EUのAI規制法案、制裁金はEU最高レベル
EUが進めているAI規制案は、プライバシーや人間の行動を制約するAIの開発や利用を制限あるいは禁止する。違反には「全世界の売上高の6%」という制裁金が科される可能性もある。日本企業も注視する必要がある。(2021/6/17)

“ブラック企業で死にかけた話”が壮絶 「労基法は経営者が損するから無効」「辞めるなら罰金」
本当にあと一歩で危なかった……。(2021/6/4)

「漫画村」元運営者に執行猶予なしの実刑判決 懲役3年、罰金1000万円、追徴金約6257万円
講談社は「当然の結果と考えます」とのコメントを発表。(2021/6/2)

スマホゲーム版「KOF98」に課徴金609万円 措置命令から3年後、「ガチャ不当表示」への対応なぜ消極的?
ガチャ不当表示について都議会で質問した、栗下善行議員にも話を聞きました。(2021/5/19)

EU、包括的なAI規制案 無断監視を禁止し、罰金も
欧州連合は、AIに関する包括的な規制案を発表した。AIの危険度を4段階に分け、ハイリスクなAIについては事前審査を義務付ける。違反すれば罰金を科す。(2021/4/22)

ボットを使ってチケットを大量購入し転売 業者に米当局が罰金
3業者に約32億円の罰金。(2021/1/24)

プライバシーを保護しつつリスクに対応:
PR:本当に「社内は身内」ですか? 内部不正対策に求められる3つのポイントは
内部不正による情報漏えいは、IPAがまとめる「情報セキュリティ10大脅威」に毎年ランクインするほど深刻な問題だ。一方で、内部不正対策をおろそかにする企業も少なくない。「社内は身内」という考えに頼っていては、今後情報漏えいの厳罰化により巨額の罰金を支払うリスクもある。対策はあるか。(2021/1/12)

基準を満たさない「値引き」表示 ジャパネットたかたに消費者庁が課徴金命令
課徴金額は5180万円。(2020/12/24)

ジャパネットたかたに5180万円の課徴金 割引前の価格を不当に高く表示
消費者庁は、ジャパネットたかたがWebサイトなどで、エアコンの値引き前の価格を不当に高く表示することで、販売価格が割安であるかのように消費者に誤認させたとして、同社に5180万円の課徴金を課した。(2020/12/23)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「6年前のM&A」でアリババに罰金、企業分割もちらつかせる中国当局の真意
アリババなど中国大手IT企業3社が12月14日、独占禁止法違反で50万元(約800元)の罰金を課せられた。いずれも過去のM&Aを当局へ申請しなかった点が問題視されている。世界ではGAFAへの規制が強まっているが、中国をデジタル大国に押し上げた立役者であるメガIT企業に対しても、同様に当局の姿勢が締め付けへと変化している。(2020/12/17)

“契約合意書”は本当だった! 赤西仁、錦戸亮に“合コン報道”を問い詰め 内容否定も罰金10万円支払いを約束
そういえば、そんな契約ありましたね。(2020/11/26)

犯罪者の資金源を遮断
ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金&制裁対象に
米国政府は、金融機関や保険会社などがランサムウェアの身代金支払いを支援した場合、罰金を科したり刑事告発したりする可能性があると警告した。(2020/11/23)

Computer Weekly日本語版
ランサムウェアの身代金支払いを支援すると罰金
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/11/18)

ジョン・マカフィー氏逮捕、脱税とICO違法宣伝でDoJとSECがそれぞれ起訴
セキュリティ企業McAfeeの創業者、ジョン・マカフィー氏が、脱税などの疑いで米司法省に逮捕、起訴された。有罪判決を受けた場合、最大5年の懲役と罰金の支払いが科せられる見込みだ。(2020/10/6)

「11月からザリガニ飼育で罰金100万円」Twitterで話題に→実はアメリカザリガニは大丈夫
慌ててザリガニを逃がしたりしないように。(2020/9/4)

イタリアで前代未聞のスピード違反!? 公道を時速703キロで走行したとして女性に罰金850ユーロ、さすがにおかしいと話題に
わけがわからないよ。(2020/7/14)

Twitter、Facebook、Google、Telegram、香港当局への情報開示を一時停止
香港で6月30日に国家安全維持法が施行されたことを受け、Google、Twitter、Telegram、Facebookがそれぞれ、香港当局へのユーザーデータ開示を一時的に停止したと発表した。同法第43条は、裁判命令に従わない企業には約140万円の罰金、6カ月の懲役を科すとしている。(2020/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.