• 関連の記事

「インドネシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インドネシア」に関する情報が集まったページです。

「5つのムダ」から取り組むDX時代の真のカイゼン(1):
「真のカイゼン」が攻めのDXに必要な筋肉を育てる
本連載では製造業が取り組むべき、DX時代の「真のカイゼン」について解説する。第1回ではDXで何を実現すべきなのか、また「攻め」と「守り」のDXの違いは何かについて紹介したい。(2021/10/20)

「エンジニアは未来を作るヒーロー」:
5年間でベトナム3位の人気企業に 1500人の多国籍IT集団はどのようにして生まれたのか
約1500人のIT人材を抱え、ほとんどをベトナムなどの海外エンジニアが占めるSun Asterisk。同社がベトナムに目をつけたのはなぜか。そして、ベトナムで3番目の人気企業になるまで、どのようなプロセスで規模を拡大してきたのか。(2021/10/19)

海外プロジェクト:
中国・杭州で総事業費230億円の大規模オフィス「ALPHA PARK」開業、三菱地所
三菱地所は、シンガポールの大手デベロッパーCapitaLandが開発を進めている総敷地面積約43万平方メートルの大規模オフィス開発計画で、総事業費230億円の第3期計画に参画しており、このほど対象街区の名称を「ALPHA PARK」に決め、4棟から成る総延べ床面積約23万平方メートルのオフィスビルが開業した。(2021/10/18)

ユニクロ事業が回復:
ファストリの8月期決算は過去最高益 来期は「値引依存からの脱却」図る
ファーストリテイリングは10月14日、2021年8月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。(2021/10/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツがシリーズハイブリッド、コンパクトカーの電動化で選択肢広がる
電動化の話題に事欠かない自動車業界ですが、電動車の情報を扱うelectrekによるとここ最近、英国でEV(電気自動車)の中古車を調べる人が増加しているようです。原因はガソリン不足にあります。(2021/10/2)

中国、広範囲で電力不足 AppleやTeslaの工場にも影響
中国各地で電力不足が深刻化して停電が相次いでいる。習近平国家主席が掲げた地球温暖化対策目標の達成に向け、火力発電所の稼働抑制の動きが広がったことが響いたと指摘される。影響は中国本土の約3分の2に相当する地域に広がり、中国経済の先行きへの不透明感が増している。(2021/9/30)

JAL機とそっくり!? 2008年に消えた航空会社「日本アジア航空」はなぜ生まれたの?
かつて「日本航空は台湾への乗り入れ禁止」となった時代がありました。(2021/9/27)

折尾駅「新・驛物語」(1080円):
かしわめしの老舗駅弁店が「立ち売り」を守り続ける理由 折尾駅弁・東筑軒(6)
コロナ禍で厳しいとされる駅弁業界。駅弁老舗店はこの状況をどのように乗り越えようとしているのか。名物の「立ち売り」、今後の展望は? 東筑軒トップに聞きました。(2021/9/26)

自動車メーカー生産動向:
2021年7月の新車生産は前年割れ、半導体不足と東南アジアからの部品供給難で
半導体など世界的な部品供給の混乱による自動車生産への影響が月を追うごとに広がっている。日系乗用車メーカー8社が発表した2021年7月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で生産活動が停滞した2020年7月に比べても減少傾向を示すなど、深刻な状況を物語っている。(2021/9/24)

Appleのフィットネスサブスク、日本にはまだ来ない 「Apple Fitness+」、字幕対応でサービス国を拡大
字幕付きなら日本での提供を始めてもいいはずだが、対象国には入っていない。(2021/9/16)

モビリティサービス:
バイクを買った理由、コロナ禍での利用頻度は? アジア7カ国で2400人に調査
矢野経済研究所は2021年9月13日、アジア7カ国(日本、インド、中国、インドネシア、ベトナム、タイ、フィリピン)の二輪車ユーザーの動向調査を発表した。二輪車を保有する2383人(18〜69歳)を対象にアンケートを実施し、購入動機やコロナ禍での移動手段の変化などを尋ねた。(2021/9/16)

スマートファクトリー:
デジタル化で日報の信頼性向上、インドネシア工場をIoT化した天馬
プラスチック製品の製造販売を手掛ける天馬は2021年6月、ビジネスエンジニアリングのIoTソリューション「mcframe SIGNAL CHAIN」を、海外拠点であるインドネシアのチカラン工場に導入した。工場のIoT化を進める理由について現地法人の担当者に話を聞いた。(2021/9/13)

auのオンライン専用ブランドpovoに新プラン「povo2.0」が登場 月額基本料0円から開始
ベースプランを契約し、通話やデータ利用に関するトッピングを自由に利用できる。(2021/9/14)

クラウドセキュリティ製品でVPNの課題を解消:
PR:静岡ガスがセキュリティと利便性、柔軟性を重視した新IT基盤を構築、要求を満たす製品とは?
在宅勤務の割合が増え、VPN回線の不足に悩んでいた静岡ガスは、「利便性」「セキュリティ」「柔軟性と拡張性」を目的とした情報通信基盤を計画。仕組みの選定後、わずか6カ月で本格稼働を実現した。課題をどのように解決したのだろうか。(2021/9/7)

つるの剛士、24年前の「ウルトラマンダイナ」オフショットが懐かしすぎた 「アスカ隊員!」「わぉ!! みんな若〜い」
当時の衣装や台本も紹介。(2021/9/7)

企業のハイブリッドワーク拡大へ ただし気になるセキュリティ――エントラスト調査
エントラストの調査によると、日本では約9割の従業員が「ハイブリッドワークプレース」の利用に積極的な一方、4割強が「セキュリティや生産性の面で課題がある」と回答した。(2021/9/7)

JCB、インドネシア大手銀行CIMB Niagaとタッチ決済対応カード発行開始
 ジェーシービー(東京都港区)は、インドネシアの大手商業銀行PT Bank CIMB Niaga Tbkと9月3日よりJCBのタッチ決済対応カードの発行を開始すると発表した。インドネシアにおけるJCBタッチ決済対応カードの発行は初となる。(2021/9/6)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
“世界同時ヒット”は実現するのか 「MANGA Plus」が海外でウケている理由
2019年1月にスタートした、集英社の「MANGA Plus」が躍進している。雑誌に掲載されている漫画を、海外でも読めるようにしたわけだが、どのような特徴があるのか。「少年ジャンプ+」の副編集長に話を聞いた。(2021/9/6)

採算が取れる戦略:
ロンドンで「うどん」が大盛況! なぜ丸亀製麺はコロナ禍に欧州を攻めるのか
国内外に1000店舗以上を展開する丸亀製麺。21年7月には、英国でロンドン1号店をオープン、同時に欧州展開を本格化すると発表し、話題を呼んだ。世界的に不安定な情勢の中、なぜ丸亀製麺は欧州に焦点を当てるのか。同店を運営する担当者に話を聞いたところ……。(2021/9/4)

住宅から交通……「丸ごと日本」街づくり 海外で人気
街づくりでも人気の「ジャパンクオリティー」。インフラ輸出の一環として、日本企業が海外で住宅や商業施設から公共交通まで、都市開発をパッケージで進める事業が好調だ。(2021/9/3)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
「MANGA Plus」は日本の切り札になるのか?   「少年ジャンプ+」編集部の挑戦
日本の漫画ビジネスを巡る状況が、大きく変わろうとしている。一つは作品をデジタルで届ける流通・販売の変化、もう一つは世界で日本漫画が読まれるグローバル化だ。詳しく見てみると……。(2021/9/2)

レノボ、アジア地域における遠隔授業の効果を調査
レノボ・ジャパンは、日本を含むアジア地域における遠隔授業の効果についての調査結果を発表した。(2021/8/30)

自動車メーカー生産動向:
2021年上期の新車生産は2019年比13%減、変異株や半導体不足で回復半ば
2021年1〜6月(上期)の自動車産業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による世界的な市場低迷から着実に回復している様子が伺える結果となった。日系乗用車メーカー8社の2021年上期のグローバル生産は、全社が前年実績を上回り、8社合計では前年同期比30.0%増と2桁パーセント増となった。(2021/8/30)

ロッテ、「キシリトールガム BTS Smileボトル」を10月に発売 狙いは?
ロッテは世界的な人気を誇る音楽グループBTSとコラボした「キシリトールガム BTS Smileボトル」を、10月5日に数量限定で発売する。想定小売価格は820円。全国の量販店などで販売する。(2021/8/24)

Mirai botネットによるDDoS攻撃が増加傾向 IoTデバイスの放置は厳禁
2016年に発見され、IoTデバイスに多大な影響を与えた「Mirai」はいまだに健在だ。セキュリティ専門メディアが、Miraiによって構成されたbotネットによって大規模なDDoS攻撃が実行されたと報じた。(2021/8/25)

【漫画】友達と「おすすめの食べ物を交換しあうイベント」をやったら楽しすぎて定期イベントになった話
うまくて、楽しい。(2021/8/24)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(1):
IoT技術を活用し貧困解決を目指すFintechベンチャーが知財を重視する理由
貧困の社会課題解決を目指すFinTechサービスを支える技術(IoTデバイスとプラットフォーム)を保有し、経営の根幹に知財を据え知財ポートフォリオ形成による参入障壁の構築を進めているGlobal Mobility Service。同社の知財戦略から中小企業・ベンチャー企業のビジネスを保護するために必要な知財権取得のヒントを紹介する。(2021/8/24)

ユーザーにできる対策は:
Zoomで複数国規模の障害発生 短時間で復旧も広範囲に影響
2021年8月23日午後5時ごろ、ZoomのWeb会議機能であるZoom Meetingsに障害が発生した。日本を含む世界の各国で「Zoomの会議につながらない」と訴えるユーザーのSNS投稿が相次いだ。障害は公式に報告されてから30分余りで解決したが、広範囲に影響を与える形となった。(2021/8/23)

YouTube、アプリの検索結果でも章飛ばしが可能に 自動翻訳されていれば検索できる機能も
YouTubeに3つの検索関連新機能が追加される。検索結果でもチャプターに直接飛べるようになり、モバイルアプリでも検索結果で一部再生ができるようになり、検索に使った言語以外の言語の動画が結果に表示されるようになる。(2021/8/18)

日本とシンガポールを結ぶ新海底ケーブル、GoogleやFacebookが敷設
GoogleとFacebookが、日本とシンガポールを結ぶ海底ケーブル「Apricot」敷設計画を発表した。2024年にサービス開始の見込み。3月発表の北米とシンガポールを結ぶ「Echo」を補完する。(2021/8/16)

自動車メーカー生産動向:
新車グローバル生産、8社全てで前年増を継続するも半導体不足の影響は深刻
日系乗用車メーカー8社による2021年5月のグローバル生産実績は、COVID-19の感染拡大の影響で生産が停滞した前年同月と比べて8社全てが大幅な増加を示した。その一方で、世界的な半導体不足の影響は深刻で、コロナ禍前の2019年5月との比較では8社合計のグローバル生産は32%減にとどまっている。(2021/7/28)

ブルートレインも「運んだ」技術 アチハ常務取締役・辻野卓さん
ドライブをしていると山の上でゆっくりと回っている風力発電の風車を見ることがある。あんな所に巨大な物をどうやって運んで建てたのか。(2021/7/27)

コマツ小川啓之社長の野望【後編】:
コマツ小川啓之社長に聞く海外戦略 スマートコンストラクションを武器にさらなる市場を開拓
コマツの売り上げの約9割は海外。建設機械車両の世界の生産拠点は81カ所、販売拠点数は58カ所にわたる日本を代表するグローバル企業だ。小川啓之社長インタビューの後編では、同社の海外戦略について聞く。(2021/7/16)

【決算】マネフォ、ARR97億円、40%増 次の成長に向けた2つの取り組み
マネーフォワードは7月15日、2021年11月期の上期に当たる20年12月-21年5月期決算を発表した。SaaSビジネスの定常的な収益であるARRは、97億円に到達し前年同期比で40%の伸びを見せた。伸びを牽引したのは、同社が集中投資領域と位置づける法人向けバックオフィスSaaSサービスだ。50%の伸びを見せ、63億4200万円となった。(2021/7/15)

コマツ小川啓之社長の野望【前編】:
コマツ小川啓之社長に聞くDX戦略 世界の現場を自動化し、遠隔操作
ICT(情報通信技術)を駆使して安全で生産性の高い施工を実現した、コマツの「スマートコンストラクション」。コマツはこれをさらに進化させた「デジタルトランスフォーメーション・スマートコンストラクション」を世界の建設、鉱山現場に導入しようとしている。小川啓之社長に経営の基本線である「DX戦略」の行方を聞いた。(2021/7/15)

スマートファクトリー:
PR:積層信号灯で現場情報を「簡単見える化」、グローバル展開目指すパトライトの挑戦
スマート工場化の最初の一歩とされる「見える化」だが、どういうデータをどのようなフォーマットで集めるのかというのは製造現場が頭を悩ます問題だ。こうした状況を「今現場で見えている情報を使う」という“逆転の発想”で解決するソリューションを提供しているのがパトライトである。パトライトの「WDシリーズ」への取り組みと今後の展望について紹介する。(2021/7/8)

いまこそ積極財政をせよ:
田原総一朗に森永康平が問う どうすれば日本経済はコロナ禍を乗り越えられるのか?
コロナ禍において国家は、生活困窮者を中心に国民全員を支援するべきであるものの、これ以上の財政出動をすれば日本は財政破綻してしまうかもしれない――。それでは、日本政府はいかにして現状を打破すればいいのか。京都大学大学院の藤井聡教授とともに『こうすれば絶対よくなる! 日本経済』(アスコム)を上梓した田原総一朗氏に聞いた。(2021/7/8)

製造IT導入事例:
製造業向けIoTパッケージをプラスチックサプライヤーの現地法人が導入
ビジネスエンジニアリングの製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を、天馬のインドネシア現地法人が導入した。稼働モニタリングと設備メンテナンスの2つの機能により、全設備の稼働状況を効率的に把握可能になった。(2021/6/29)

「緊縮財政」路線からの転換点:
「格差の是正」へ舵 経産省の“画期的”提言が「コロナ禍で生まれた希望」といえるワケ
長引くコロナ禍によって多くの人が疲弊するなか、一筋の希望の光ともいえるような変化があったことを共有したい。経済産業省が「経済産業政策の新機軸」という資料を発表した。これまでは経産省といえば、グローバル化や構造改革を推進してきた印象を持つが、今回の提唱内容は今までの戦略とは一線を画す内容となっている。(2021/6/25)

KDDI、富士山頂を5G/4G LTEエリア化 7月上旬〜8月下旬
KDDIは、7月上旬〜8月下旬に富士山頂の5G/4G LTEのエリア化を実施。ワイヤ・アンド・ワイヤレス は、7月〜9月上旬に無料のWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を富士山の山小屋を含む47カ所で提供する。(2021/6/24)

自動車メーカー生産動向:
4月の新車生産は2020年実績から大幅増、コロナ禍前には届かず
日系乗用車メーカー8社が発表した2021年4月のグローバル生産実績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大で生産がストップした2020年4月に対する反動で、8社全ての国内および海外生産が前年実績を大幅に上回った。(2021/6/23)

本田雅一の時事想々:
データ管理で“ズタボロ”のLINEと経営統合した、ヤフーに圧し掛かる責任
LINEが個人情報を中国のサーバに保管していたというニュースが話題になったのは、今年3月のこと。当時、真摯な対応を感じた筆者だったが、その第1次報告として6月11日に出されたレポートは、信頼をさらに揺るがすものだった。(2021/6/16)

日本でも解禁? 急拡大する“空箱”上場のSPACのメリット、デメリット
特別買収目的会社「SPAC」(スパック)を巡る議論が活発になってきた。SPAC上場とは、事業を営んでいない“空箱”の企業が上場し、その後、ベンチャー企業などを買収することで、実質的にスピーディな上場を実現する仕組みを指す。(2021/6/14)

美術館が楽しすぎる喜びをポーズで表現するお父さんがかわいいと人気呼ぶ 「見るだけで楽しい気持ちになります」
ステキなお父様のお茶目な一面。(2021/6/13)

「初めて知った…」「言われてみれば確かに」 動物の牙“ファングとタスク”の違いを説明したイラストが勉強になる
知らなかった……!(2021/6/13)

ブランドを一新:
なぜ「HAMAZUSHi」を「HAMA-SUSHI」に変えるのか はま寿司の狙い
はま寿司が6月10日からブランドを一新する。店舗、従業員のユニフォーム、ロゴデザインを変更する。英語表記を「HAMAZUSHi」から「HAMA-SUSHI」にした理由は?(2021/6/10)

Tencentのクラウドがデータセンター増強 東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にアベイラビリティーゾーン追加
中国Tencent傘下のTencent Cloudが、東京、香港、バンコク、フランクフルトの4都市にデータセンターを新設したと発表した。(2021/6/3)

「勝機はスモールスタートにあり」:
リーガルテック導入、部門をまたぐ調整は? グローバル企業の法務に聞く事例
2019年10月の持株会社体制への移行や、昨今の新型コロナウイルスの流行は、スケールの大きなグローバル企業・日揮グループのビジネスにどのような影響をもたらしたのでしょうか。法務・コンプライアンス部門に所属する5人の担当者に、法務部門の働き方やテクノロジーの活用状況を聞きました。(2021/6/3)

そのタイヤはいらんやろ タイヤonタイヤの謎すぎる8輪仕様カスタムカーが海外で話題に
インドネシアで2019年に発表されたクルマです。(2021/5/28)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編、全世界での興行収入が約517億円に 海外でヒットした要因は?
アニプレックスは5月24日、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の全世界累計来場者が約4135万人、総興行収入が約517億円を記録したと発表した。日本国内の興行収入は約400億円にのぼる。(2021/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.