• 関連の記事

「インダストリー4.0」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インダストリー4.0」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
インダストリー5.0テーマの製造業向けイベントを愛知県で開催、国内外239社が参加
2024年3月13〜15日、愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)においてスマート製造業総合イベント「SMART MANUFACTURING SUMMIT BY GLOBAL INDUSTRIE(スマートマニュファクチュアリングサミットバイグローバルインダストリー)」が開催される。参加企業/団体数は239、来場者は約1万5000人を見込む。(2024/2/6)

モノづくり現場の未来予想図(2):
迫りくる「2025年の崖」、真のデータ活用を実現するスマート工場への道筋とは
本連載では、Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏が、製造業で起きているグローバルな変化を紹介しながら製造現場の将来像を考察する。第2回は、「2025年の崖」が待ち構える中、今進めるべきスマート工場に向けた取り組みを紹介する。(2024/1/30)

MONOist 2024年展望:
脱炭素や品質などデータ共有の仕組みで主導権争い、取引条件が変化する2024年
製造業DXが進む中で、企業の枠を超えた形で自由なデータ流通を安心して行える「データ流通基盤」の重要性が高まっている。既に欧州などで動きは出ているが、2024年はその仕組み作りや主導権争いが進み、ある程度の形が定まってくる1年になる見込みだ。(2024/1/23)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
製造現場のDXでぴったり合うITシステムを探す誤解
サイバーとフィジカルの間の“面倒くさい部分”を誰が埋めるのか。(2024/1/22)

「崖」だけでは済まない 2024年にERP刷新の責任者が知るべき10の技術トレンド
企業経営の核をになうERPの導入、刷新担当者が抱えるプレッシャーは過去最大級といえるだろう。責任者として押さえておくべきトレンドをまとめておこう。(2024/1/19)

米国国防総省も懸念:
「製造データが狙われている」、セキュリティ専門家が警鐘
セキュリティの専門家が、多くの米国メーカーの電子機器の設計に関するデータが、適切に管理されずに世界中に拡散されている可能性が高いと警告している。(2023/12/1)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(4):
メタバースが急速普及する物流と建設業界、「2024年問題」などの問題解決に
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/12/19)

電子ブックレット(製造マネジメント):
日欧がしのぎを削る「データ共有圏」に関するインタビュー記事集
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、全世界で大きな動きを見せるデータ共有圏に関するインタビュー記事をまとめた「日欧がしのぎを削る『データ共有圏』に関するインタビュー記事集」をお送りします。(2023/11/20)

2026年〜2027年内にメタバースの収益は500億米ドルに:
メタバースのユーザー数、2030年までに10億人到達 ABI Researchが予測
ABI Researchは、メタバースのユーザー数が2030年までに10億人に上り、メタバースの収益が500億米ドルに近づくとの予測を発表した。(2023/11/8)

仮想空間がもたらす変革とは【後編】
「産業用メタバース」はなぜ普及しそうにないのか?
メタバースは製造業をはじめとする産業界での活用が期待されるが、普及が順調に進んでいるとは言い難い。背景にある要因や、メタバースの普及に必要な条件とは何かを解説する。(2023/11/7)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(3):
製造業に広がるメタバース活用、設計/生産/品質管理の事例を見る(後編)
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/11/2)

FAニュース:
インダストリー5.0に向けた日本と欧州の産業トレンド、人間中心のデジタル化
「インダストリー5.0」に向けた日本および欧州の政策動向や産業トレンドに関するラウンドテーブルが東京都内で開かれ、製造業を巡る課題や今後求められる取り組みなどを識者が語った。(2023/11/2)

モノづくり現場の未来予想図(1):
ハノーバーメッセと「ライトハウス」、グローバルトレンドに見る製造業の未来
本連載では、Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏が、製造業で起きている大きな変化をグローバルな視点で紹介しながら、製造現場の将来像を考察する。第1回は欧州のスマート工場への取り組みと、近年注目される「ライトハウス」について取り上げる。(2023/11/13)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(7):
一時凌ぎで終わらない不正対策を、“攻め”の製造データ活用アプローチ
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべきコンプライアンスの外延を展望します。(2023/10/18)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(2):
製造業に広がるメタバース活用、設計/生産/品質管理の事例を見る(前編)
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/10/20)

IT部門と現場のサイロ化を解消:
PR:製造業のIT・現場の両部門によるデータ活用に活路 “堅牢性”と“俊敏性”が両立するデータ基盤を構築せよ
製造現場のデータ活用を推進するにはサイロ化したシステムを解消し、IT部門と現場のデータを統合する必要がある。これを実現する理想のデータ基盤の在り方を有識者の対談から探る。(2023/9/20)

製造業「+4D経営」のすすめ――製造業DXの重点領域と要諦
デジタル、ダイバーシティ、脱炭素これら3つのキーワードは今後も製造業の戦略骨子であるだろうが、そろそろ新たなパラダイムを打ち立てて、製造業の未来を考えるべき時期に来ているのではないだろうか。(2023/9/12)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
作業者が機械の指示をひたすらこなす工場で人は何を思うのか
効率化とやりがいの問題は一部でトレードオフになっています。(2023/9/11)

3D設計の未来(1):
3D CADの普及から製造業DXが語られるようになるまでの約20年間を振り返る
機械設計に携わるようになってから30年超、3D CADとの付き合いも20年以上になる筆者が、毎回さまざまな切り口で「3D設計の未来」に関する話題をコラム形式で発信する。第1回のテーマは「設計/製造ITのトレンドの変遷」についてだ。(2023/9/11)

加速するデータ共有圏と日本へのインパクト(2):
製造業でデータ共有圏が広がる背景と、データ共有のインパクト
本連載では「加速するデータ共有圏(Data space):Catena-XやManufacturing-Xなどの最新動向と日本への産業へのインパクト」をテーマとして、データ共有圏の動向やインパクトを解説していく。今回はデータを共有することのインパクトを紹介する。(2023/9/4)

電子ブックレット(製造マネジメント):
激動の「インダストリー5.0」時代、日本はどう戦うべきか
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と、取り得る戦略論をまとめた「激動の『インダストリー5.0』時代、日本はどう戦うべきか」をお送りします。(2023/8/28)

FAインタビュー:
5Gの産業利用の現在地、活用を進めるために必要な考え方とは
産業用途で5Gの活用はどのように進んでいるのだろうか。産業用ネットワーク機器をグローバルで展開する台湾Moxaの無線ビジネス/R&D部門統括で、産業用5Gの普及を推進する5G-ACIAのボードメンバーであるDavid Chen(デビッド・チェン)氏に現状と今後の展望について聞いた。(2023/8/4)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(67):
欧州におけるプライベート5G実用化動向、5G導入に「鍵」はあるか?
インダストリー4.0で先行するドイツをはじめ、欧州では5Gの実用化が進んでいる印象があるが、実際はどうなのだろうか。進んでいるとすればその要因、「鍵」はあるのだろうか?(2023/7/31)

製造ITニュース:
国内製造業のデータ利活用推進へ、AVEVAがインダストリアルデータ基盤を展開
AVEVAは、国内製造業のDX推進に必要なデータの利活用に貢献する同社の製品戦略について説明した。(2023/7/26)

ITインフラ管理を効率化して経費削減 Kyndryl Bridgeの導入実績を発表
「Kyndryl Bridge」は現在500社以上に導入され、2024年3月までにはさらに1000社以上のユーザーが加わる見込みだ。初期採用者はすでに年間で10億ドル以上の経費を節約したとされている。(2023/7/26)

電子ブックレット(FA):
世界のスマート工場のお手本「ライトハウス」の事例集
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、世界のスマート工場の”お手本”として世界経済フォーラム(WEF)が示している「Global Lighthouse Network」に登録された企業の内、MONOistで掲載された記事をまとめた「世界のスマート工場のお手本『ライトハウス』の事例集」をお送りします。(2023/7/20)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(1):
融合するメタバースとデジタルツイン、その先にある産業と都市の3つの変化
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/7/21)

加速するデータ共有圏と日本へのインパクト(1):
製造業の「データ共有圏」、2023年の最新動向と5つのポイント
本連載では、「加速するデータ共有圏(Data space):Catena-XやManufacturing-Xなどの最新動向と日本への産業へのインパクト」をテーマとして、データ共有圏の動向やインパクト、IDSA、GAIA-X、Catena-X、Manufacturing-Xなどの鍵となる取り組みを解説していく。(2023/7/11)

FAインタビュー:
“製造業のため”のデータスペースを作る意義、「Manufacturing-X」が目指すもの
欧州で進む“製造業のため”のデータスペースとして注目を集める「Manufacturing-X」。この「Manufacturing-X」を推進する企業の1社で主要メンバーとして参加するベッコフオートメーション COOのゲルト・ホッペ氏に話を聞いた。(2023/7/7)

河合拓の「アパレル×テック」ジャーナル:
日本のアパレルが30年間払わなかった「デジタル戦略コスト」の代償
「DX」という言葉に踊らされていないだろうか? テクノロジーの急速な進化はアパレル業界全体に不可逆な変化をもたらしている一方で、本質を欠いた戦略で失敗する企業は後を絶たない。アパレル業界における「PLM」もその一例だ。本連載では国内外の最新テック事例を“アパレル再生請負人”河合拓の目線で解き明かし、読者の「次の一手」のヒントを提供する。(2023/6/28)

製造業メタバース:
産業用メタバース未導入の94%が「今後2年以内に始める予定」と回答
NokiaとErnst & Youngは「現場でのメタバース活用」をテーマに、企業用および産業用メタバースの現状に関するグローバル調査を実施し、その結果を発表した。(2023/6/14)

セミナー:
PR:製造・物流現場の全体最適化で注目が集まる3Dシミュレーションとは?
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/6/13)

電子ブックレット(製造マネジメント):
モノからコトへ、製造業のサービス化のポイントとその事例集
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業がモノ売りからコト売りへとシフトし、サービスビジネスに取り組むポイントと、その事例をまとめた「モノからコトへ、製造業のサービス化のポイントとその事例集」をお送りします。(2023/6/1)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 特別編 工場DXウェビナーレポート:
PR:工場でDXを進めなければならない理由と、その第一歩としてやるべきこと
デル・テクノロジーズは「いまさら聞けない『工場でDXを進めなければならない理由』とは〜工場DXの描く先と現実解〜」と題したオンラインセミナーを開催。本稿では、YouTuberのものづくり太郎氏による基調講演とコラボレーションによる工場DXを推進するシュナイダーエレクトリックの林哲士氏およびデル・テクノロジーズの水口浩之氏の講演をレポート形式でお送りする。(2023/6/1)

電子ブックレット(製造マネジメント):
新入社員に読んでほしい「製造業に希望が持てるインタビュー記事」6選
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、悲観的な観測も示される「日本の製造業の未来」について、胸が熱くなるインタビュー記事6本をまとめた「新入社員に読んでほしい『日本の製造業に希望が持てるインタビュー記事』6選」をお送りします。(2023/5/25)

経済産業省「工場セキュリティガイドライン」を読み解く(1):
工場を取り巻くセキュリティ環境動向とガイドラインの全体像
本連載では経済産業省の「工場システムにおけるサイバー・フィジカル・セキュリティ対策ガイドラインVer 1.0」が示す、今必要な工場セキュリティ対策を解説する。1回目は、最近の工場を取り巻く環境動向と、ガイドラインの全体像を紹介する。(2023/5/22)

インダストリー5.0と製造業プラットフォーム戦略(5):
インダストリー5.0時代に生きる道、日本型プラットフォームビジネスの論点
インダストリー4.0に象徴されるデジタル技術を基盤としたデータによる変革は、製造業に大きな変化をもたらしつつある。本連載では、これらを土台とした「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と取りうる戦略について解説してきた。最終回となる第5回では、今まで触れてきた製造業がプラットフォーム戦略を取る際の論点について整理する。(2023/5/9)

製造現場向けAI技術:
製造業ならではのAI展開を目指す武蔵精密工業、その2つの挑戦(前編)
自動車部品メーカーの武蔵精密工業は、イスラエルのSIX AIとの協業により、「モノづくり×AI」による新たな価値創出に取り組んでいる。外観検査装置を展開するMusashi AIと、自律搬送ロボットソリューションを展開する634 AIの取り組みを紹介する。(2023/4/26)

OTセキュリティが「仕事」として認識されていない?:
PR:製造DXを妨げるOTセキュリティ 経産省ガイドラインを足掛かりに対策すべし
多くの工場ではセキュリティがDXの阻害要因になっている。だが専任担当者が不在、古いシステムで対策ができない、リスク評価が難しいなど困難な課題を抱えている。この問題を解決に導く“道しるべ”が経済産業省のガイドラインにある。(2023/4/20)

PR:「エンタープライズ・メタバース」で変わるビジネス 産業DXの鍵になるワケ IBMのレポートを読み解く
(2023/4/18)

ハノーバーメッセ2023:
ハノーバーメッセが開幕、脱炭素/水素やAIなどテーマに
2023年4月17日(ドイツ時間)、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」が開幕する。会期は同月21日までの5日間。世界各国から4000以上が出展し、最新技術を展示する。(2023/4/17)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
「AI」が切り開くインダストリー4.0で“未来の工場”はどう変わる?
AI技術やIoTなどの最新技術で工場をスマート化する「インダストリー4.0」は、現代の製造業者に欠かせない取り組みだ。その中で重要な役割を果たすAI技術は、製造業にどのようなメリットをもたらすのか。(2023/4/19)

2025年に完成予定:
ZEISS、DUV露光装置用光学部品の新工場を建設開始
ZEISS SMTは2023年3月29日、ドイツ・ヘッセン州ヴェツラー拠点において、DUVリソグラフィ装置用光学部品の新工場の建設を開始した。2025年の完成を予定しているという。(2023/4/4)

インダストリー5.0と製造業プラットフォーム戦略(4):
水平分業での日本の製造業の戦い方と製造業プラットフォーム戦略の考え方
インダストリー4.0に象徴されるデジタル技術を基盤としたデータによる変革は、製造業に大きな変化をもたらしつつある。本連載では、これらを土台とした「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と取りうる戦略について解説する。第4回は、デジタル化による水平分業で日本の製造業が生かせる強みと、新たな競争力を担保する「製造業プラットフォーム戦略」について紹介する。(2023/4/3)

リスキリングは「勤務の一部」:
大人の学びで重要なのは「必然性」と「即時性」 押さえておくべき4つのステップ
最近「リスキリング」という言葉をよく聞く。日々仕事に追われている大人が学習するのは、難しいのではないか?リクルートに取材。(2023/3/29)

KyndrylとNokia、提携を3年間延長 ITとOT領域にまたがりインダストリー4.0の実現を支援
KyndrylとNokiaがグローバルネットワークおよびエッジコンピューティングに関する提携を3年間延長すると発表した。インダストリー4.0の実現に向けたサービスやソリューションの提供を目指す。(2023/2/24)

経営者の覚悟が必要:
小売業で「リスキリング」はどう進める? DXを成功に導く8つのポイント
「リスキリング」が注目されているが、小売業のDXはどう進めればいいのか? 筆者は8つのポイントがあると指摘する(2023/2/20)

工作機械:
欧州工作機械展「EMO」がベンチャーのデジタル出展に対応、「umati」のデモも実施
International Linkageとドイツメッセ日本代表は2023年2月16日、ドイツのハノーバーで開催される国際金属加工見本市「EMO Hannover 2023」(2023年9月18〜23日)の概要を発表し、日本からの出展や来場者の拡大を呼びかけた。(2023/2/17)

インダストリー5.0と製造業プラットフォーム戦略(3):
インダストリー5.0のデータ共有ネットワーク、GAIA-XやCatena-Xがもたらす革新
インダストリー4.0に象徴されるデジタル技術を基盤としたデータによる変革は、製造業に大きな変化をもたらしつつある。本連載では、これらを土台とした「インダストリー5.0」の世界でもたらされる製造業の構造変化と取りうる戦略について解説する。第3回はインダストリー5.0においてキーコンセプトとなってきているGAIA-Xや、Catena-Xなどのデータ共有ネットワークの動向について紹介する。(2023/2/14)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
これがAIの考える「2023年の製造業最注目トレンド」だ!
ChatGPTに触れてみました。(2023/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.