「インターネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

“昭和のインターネット”で「猫ミーム」が流行したら……? 架空のニュース映像が再現度完璧すぎて記憶がバグる
人物のたたずまいから、掲示物の書体から何から、徹底して昭和。(2024/2/21)

さくらのクラウドを経産省が支援 「海外サービスに依存しない状況確保する」
さくらインターネットの「さくらのクラウド」が、経済産業省による「特定重要物資クラウドプログラムの供給確保計画」の認定を受けた。経産省は今後、同サービスの技術開発に関する人件費などを助成する。(2024/2/20)

「さくらのレンタルサーバ」値上げ 「昨今の各種原価の高騰により」
さくらインターネットが、レンタルサーバサービス「さくらのレンタルサーバ」を全プラン値上げすると発表した。(2024/2/19)

エイブリックなどが共同開発:
10万円の漏水検知システム開発キット 「DIY感覚」で手軽に構築
エイブリック、アットマークテクノ、ソラコムの3社は2024年2月7日、エイブリックの「バッテリレス漏水センサ」を活用した漏水検知IoT(モノのインターネット)開発キットを共同で開発したと発表した。10万円以下で、手軽に漏水検知システムを導入できることが特長だ。(2024/2/14)

製造業IoT:
IIJの法人モバイル契約数が200万回線突破、フルMVNO化が成長の原動力に
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、IoT向け回線を中心とする法人モバイルの契約数が200万回線を突破したと発表した。2023年末時点の契約回線数は224万9000で、2022年末時点と比べて約33%の伸長となっている。(2024/2/14)

GMOインターネット、GPUサーバ調達に100億円 経産省の支援を前提に
GMOインターネットグループが、GPUサーバやその周辺設備の調達に100億円を投資する方針を発表した。2023年12月にパートナー契約を結んだ米NVIDIAから調達する。経済産業省による今後の支援を見据えた動きという。(2024/2/13)

STマイクロ STM32WL5MOC:
2種のRF出力パワーを選択可能な、長距離IoT通信向けSiPモジュール
STマイクロエレクトロニクスは、長距離IoT(モノのインターネット)通信向けのSiP(System in Package)モジュール「STM32WL5MOC」を発表した。LoRaWANやSigfoxネットワーク接続の認証を取得していて、LoRa変調やGMSK、GFSK、BPSKなどの変調方式に対応する。(2024/2/13)

なぜGmailだけ届かなかった? 高校出願システム問題、神奈川県に詳しく聞いた
高校入試のインターネット出願システムで「@gmail.com」にメールが届かなかった問題の経緯を県に取材した。「業者の設定に不備があった」と認めたが、設定のどこに問題があったかなど、詳細は分かっていないという。(2024/2/9)

PR:国内詐欺サイト、検知率95%超え! スマホに「詐欺ウォール」を導入してネットの危険から身を守ろう
スマートフォンやPCでインターネットサービスを利用する際に注意したいのが「ネット詐欺」だ。BBソフトサービスが提供している「詐欺ウォール」は、国内のネット詐欺に特化しており、95%を超える検知率を特徴としている。ネット詐欺に遭いやすいのは「情報をうのみにしてしまう人」だという。(2024/2/5)

リアルタイムOS列伝(43):
Fiberもどきの「Protothreads」は既存RTOSとの組み合わせで力を発揮する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第43回は、実装がFiberの一種のようになっている「Protothreads」を取り上げる。(2024/2/6)

Innovative Tech:
中国のネット監視・検閲「グレートファイアウォール」を個人で再現 オープンソース「OpenGFW」公開中
米国の研究機関であるAperture Internet Laboratoryは、Linuxで動作する中国のインターネット検閲システム「グレートファイアウォール」をオープンソースで実装したシステム「OpenGFW」を発表した。(2024/2/6)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

NEWS Weekly Top10:
radikoでラジオは聴けるけど、あえて携帯ラジオを買いたい理由
筆者は在宅勤務なこともあって、ラジオをよく聴いている。インターネットラジオ「radiko」のおかげで東京にいながら、関西から北海道まで、いろいろな番組を聴いている。一方で、昔ながらの携帯ラジオも買った方がいいのではないか、と最近よく思う。(2024/2/5)

スマホ充電でたまる「TONE Coin」、トーンモバイル月額費に充当可能に “リアル価値交換”を具現化
スマホ充電などでたまる「TONE Coin」がトーンモバイルの利用料金に充当可能になった。フリービットグループでトーンモバイルを運営しているドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が2月1に発表した。“リアル価値交換”を生かした、ユーザーメリットの高い取り組みや料金体系に重きを置く。(2024/2/2)

auショップなどで衛星インターネット「Starlink」のスタンダードキットを販売 2024年春以降を予定
KDDIが、米SpaceXと新たな契約を締結し、衛星インターネットサービス「Starlink」の個人向けスタンダードキットを販売することになった。「au +1 collection」の製品として、2024年春以降にauショップやau Online Shopなどで購入できるようになる見通しだ。(2024/2/2)

携帯キャリアの詐欺サイトが増加、Amazonのフィッシングサイトも1.8倍に 「詐欺ウォール」が分析
BBソフトサービスは、1月31日に「インターネット詐欺リポート(2023年12月度)」を公開。携帯キャリアのフィッシング詐欺サイトが急増し、フィッシングサイトブランドランキングではAmazonが1.8倍に増加している。(2024/1/31)

再発した「高校出願システムからGmailに届かない」問題 出願期間スタート後にまた
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かない問題が、1月24日に再発した。(2024/1/25)

セキュリティニュースアラート:
GMOインターネットグループ 世田谷区用賀にSOCを開設、防御の新拠点に活用
GMOインターネットグループはサイバー攻撃防御や分析を実施する「GMOイエラエSOC 用賀」の開設を発表した。エンジニア常駐の「第一SOC」と緊急対応の「第二SOC」で構成され、セキュリティの研究開発や情報発信も担う。(2024/1/25)

生成AI向けクラウド「高火力」 さくらが1月31日から提供 「NVIDIA H100」を搭載
さくらインターネットは、生成AI向けクラウドサービス「高火力」を1月31日から提供すると発表した。(2024/1/24)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「Rakuten最強プラン」を固定回線代わりに使うには? 運用のコツを伝授!
義実家の固定インターネット回線がサービスを終了することになりました。その代わりのインターネット回線を検討した結果、「Rakuten最強プラン」にたどり着きました。なぜそうなったのか、どのように運用しているのか、事例を紹介します。(2024/1/24)

既に12種類のCPUで正しく動作:
IoT機器に感染するウイルスの振る舞いを解析
神奈川工科大学らの研究チームは、CPUの種類に関係なくウイルスが利用する機能(ライブラリ関数)を追跡することで、IoT(モノのインターネット)ウイルスの振る舞いを解析できるツール「xltrace(エックスエルトレース)」を開発した。(2024/1/24)

「高校出願システムからGmailに届かない」問題10日で解消も、「キャリアの迷惑メールフィルターにかかる」問題発覚
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かない問題が10日経ってようやく解消した、が……。(2024/1/19)

高校出願システム「Gmailに届かない」問題 一部で届くよう対応も、障害まだ解消せず 神奈川県
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かない問題で、条件を満たす一部の受験生について、@gmail.comアドレスでもメールが届くようになった。(2024/1/17)

IIJ、訪日外国人向けの「Japan Travel SIM(eSIM)」発表 3〜55GBの全7プランを用意 全国のローソンが2月6日から販売
インターネットイニシアティブ(IIJ)は1月17日、訪日外国人や一時帰国者向けのプリペイド型eSIM「Japan Travel SIM(eSIM)」を発表した。全国のローソンが2月6日から販売する。国内のコンビニエンスストアがプリペイド型eSIMサービスを販売するのは今回が初めて。(2024/1/17)

高校入試の出願システム、Gmailにメール届かず……神奈川県、受験生に「@gmail.com以外のアドレス使って」
神奈川県の公立高校入試のインターネット出願システムで、「@gmail.com」ドメインのアドレスにシステムからのメールが届かず、受験生が出願用アカウントを作成できない問題が起きている。(2024/1/16)

AI基礎解説:
エッジAIがIoTデバイスのリアルタイムの意思決定を可能にする
インターネットに接続されるデバイスの数は2030年までに290億台に達すると予想されている。これらのエッジデバイス上でAI処理を行う「エッジAI」について、進化をけん引する4つの要素や、導入するメリットを解説する。(2024/1/16)

さくらインターネット、GPUクラウドのハイレゾと連携 互いの顧客にサービスを紹介
さくらインターネットが、GPUクラウド事業を手掛けるハイレゾ(東京都新宿区)との連携を発表した。各社の顧客に互いのサービスを紹介し合う体制を構築するという。(2024/1/15)

小寺信良のIT大作戦:
大災害と“インターネット”の切っても切れない関係 3.11の教訓は生かされたか
2024年元日に発生した能登半島大地震は、まさに日本全体がお正月のホンワカムードに浸る中の出来事で、一体何が起こったのか理解できた人は少なかったのではないだろうか。もちろん筆者もその1人である。(2024/1/11)

Nordic Semiconductor CEO Svenn-Tore Larsen氏:
PR:主要なワイヤレスIoT技術を一社で 「ワンストップショップ」化で市場に攻勢をかける
低消費電力の無線ソリューションに特化し、特にBluetooth Low Energy向けワイヤレスSoC(System on Chip)では世界トップレベルのシェアを誇るノルウェーのNordic Semiconductor。同社はセルラーIoT(モノのインターネット)やWi-Fi、Matter、Threadなど、主要な標準規格ベースの低消費電力ワイヤレスIoTコネクティビティーソリューションをワンストップで提供する企業に進化しているという。今回、同社CEO(最高経営責任者)のSvenn-Tore Larsen氏に、同社の強みや戦略を聞いた。(2024/1/11)

車載向けをターゲットに:
BoschやInfineon、NXPなど半導体大手5社によるRISC-V新会社が始動
Robert BoschやInfineon Technologies、NXP Semiconductors、Nordic Semiconductor、Qualcomm Technologiesら半導体大手の計5社が共同出資するRISC-Vベースのプロセッサ開発の新会社Quintaurisが2023年12月22日(ドイツ時間)、正式に設立された。まずは車載向けをターゲットとし、最終的にはモバイルやIoT(モノのインターネット)向けにも拡大していく方針だ。(2024/1/10)

セキュリティニュースアラート:
SSHプロトコルを標的にした「Terrapin攻撃」 インターネットのSSHサーバの半数以上が脆弱だと判明
The Shadowserver FoundationはSSHプロトコルを標的とする新しいサイバー攻撃手法「Terrapin攻撃」に対し、インターネット上のSSHサーバの約52%が脆弱だと発表した。(2024/1/10)

リアルタイムOS列伝(42):
マイクロソフトにWindows以外のOSは無理?「Azure RTOS」は「Eclipse ThreadX」へ
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第42回は、第4回で紹介した「Azure RTOS」がMicrosoftの手を離れて「Eclipse ThreadX」としてオープンソース化される話題を取り上げる。(2024/1/9)

「第三の創業」へのチャレンジ:
PR:プロットからCYLLENGEへ 「社会をサイバー犯罪から守る」挑戦は続く
創業57年目のプロットはCYLLENGEに社名を変更した。長年守ってきた社名をなぜ変えるのか。現在を「第三の創業」と位置付ける同社が描く展望とは。印刷事業を経てインターネット事業にかじを切った過去の挑戦を振り返りつつ、新社名に込めた思いを同社社長に聞いた。(2024/1/5)

ソフトバンク、スマホ・固定回線・電気料金の減免と支払い期限延長措置
ソフトバンクは、1月1日に石川県能登半島で発生した地震災害に伴う支援措置として、スマートフォン・携帯電話、インターネット・固定電話、ソフトバンクでんきそれぞれのサービスで料金の減免や支払い期限の延長を行う旨を公式Webサイトに掲載している。(2024/1/2)

BCP:
スペースXの通信設備とホンダのバッテリーを搭載した「カート」を鹿島が開発
鹿島建設は、災害時や平常時にも、電力供給や通信環境を提供するカートを開発した。排気ガスが生じないポータブル電源を内蔵し、衛星インターネット通信の受送信設備も備えている。(2023/12/26)

「定年まで逃げ切れなかった」デイリーポータルZ独立 林さんに聞く不安と希望「もう一度、インターネットらしく」
あの「デイリーポータルZ」がついに独立。東急グループ傘下から、編集長の林雄司さんの1人会社に譲渡される。今後も赤字の見通しだが、いろいろ大丈夫なのか、赤裸々に聞いてきた。(2023/12/22)

ゲーミングPCの購入は「BTOカスタマイズ」が多数派に GfK Japan調べ
GfK Japanは、ゲーミングPCを所有するユーザーを対象とした購入/使用実態に関するインターネット調査を実施した。(2023/12/22)

仕事机で食事しようとしたら…… “インターネットの素材”になりそうな失敗をとらえた1枚が絶望的
素材誕生の瞬間を見たような気がする。(2023/12/22)

120を超える国/地域の310以上の都市で生成されたデータを推計に使用:
Cloudflare、「IPv6」普及率の推計を発表 3通りで推計した結果は?
Cloudflareは、インターネットにおける「IPv6」の普及状況の推計結果を発表した。(2023/12/21)

PayPay、スマホ回線が不安定でも支払える機能強化 1回上限5000円→5万円に引き上げ
PayPayは、インターネットに接続できない状況化でも決済が可能な「オフライン支払いモード」の上限を拡大した。これまで、1回あたり上限5000円の決済が可能だったが、上限5万円までに引き上げる。(2023/12/19)

千葉の国立木更津高専にサイバー人材育成拠点、出前授業や企業アドバイザーにも
サイバー攻撃の脅威に対抗し、独立行政法人国立高等専門学校機構はインターネット関連の最先端の技術を磨き、攻撃を防げる人材の育成に乗り出した。(2023/12/18)

Mobile Weekly Top10:
スマホの「テザリング」は面倒臭い? 僕は5G対応PCです(良しあしあり)
ノートPCを外出先で使う際、インターネットにどうやってつないでいますか? スマートフォンのテザリング(インターネット共有)を使っている人が多いと思うのですが、それが面倒で別な方法を使っている人もいます。(2023/12/16)

人気のサービスや技術、接続と速度、セキュリティなどを網羅:
インターネットトレンドを分析した年次報告書、Cloudflareが発表 「生成AI」カテゴリーではOpenAIが首位に
Cloudflareは、1年を通じて観測されたインターネットのトレンドやパターンをさまざまな指標で分析した年次報告書を発表した。(2023/12/15)

サイバー攻撃の増加に備える:
IoT機器の脆弱性を3ステップで可視化、キーサイトの検査ツール
キーサイト・テクノロジーは「EdgeTech+ 2023」で、IoT(モノのインターネット)機器におけるセキュリティの脆弱性を容易に可視化できるテストツール「IoT Security Assessment」を展示した。既知と未知、両方の脆弱性を確認できるという。(2023/12/13)

建機自動化:
約400km離れた場所から除雪車をリモート操作、NTT Com
NTTコミュニケーションズとARAVは、宮城県のコックピットから千葉県に設置した除雪車をリモート操作する実証実験を実施した。モバイル回線に最適化した映像伝送技術や、インターネットを経由しない通信処理技術を用いている。(2023/12/13)

JPIXのIPv6接続サービスに障害 西日本エリアにおけるネット接続がしづらい状況に(回復済み)
JPIXがISPを通して提供しているIPv6インターネット接続サービスについて、西日本エリアで障害が発生していたことが判明した。既に復旧済みだが、現在も通信できない場合はONUやルーターの再起動を試行したい。(2023/12/11)

さくら田中社長メールインタビュー 国産初ガバクラ入りの所感や、海外勢との戦い方は
“ガバクラ入り”を果たしたさくらインターネットは今後、どんな戦略で市場を攻略していく方針なのか。(2023/12/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“元ボロ株”さくらインターネット、株価50倍の衝撃 「ここにきて急成長」のワケ
日本におけるデータの主権をリードする民間企業として知名度を急拡大させている「さくらインターネット」だが、実は元“ボロ株”。15年ほど前は40円程度で取引されており、いまいち「パッとしない」銘柄扱いだった。当時と比べ現在の株価は実に50倍以上。一流の米国株並みの成長を誇る。なぜ「今さら」、さくらインターネットに注目が集まっているのだろうか。(2023/12/8)

ビックカメラ.com、「2024年新春福箱」の抽選販売を開始 2万9800円のiPad福箱など
ビックカメラは、12月5日8時からインターネット通販サイト「ビックカメラ.com」で「2024年新春福箱」の抽選販売を開始。2万9800円の「iPad福箱」や「GoProHERO10セット福箱」などを提供する。(2023/12/5)

ドコモの「arrows N F-51C」Android 13へアップデート Dolby Atmosやクイック設定パネルも改善
NTTドコモは、12月4日に「arrows N F-51C」のOSアップデートを実施。Android 13に対応し、Dolby Atmosで「カスタム」の削除と「ボイス」の追加を行い、クイックパネルの「Wi-Fi」アイコンが「インターネット」に変更となる。(2023/12/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.