「インターネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

組み込み採用事例:
フルMVNOを活用したGPSトラッキングシステムをスポーツ大会に採用
インターネットイニシアティブのフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」のSIMカードが、セイコーエプソンのGPSトラッキングシステムに採用された。トライアスロン大会の安全な大会運営に活用する。(2022/7/6)

embedded world 2022:
複数機能の統合を実現する車載リアルタイムプロセッサ
NXP semiconductors(以下、NXP)は、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日において、車載用リアルタイムプロセッサや産業/IoT(モノのインターネット)エッジ機器向けMCUの新製品に関するデモを展示した。(2022/7/5)

リアルタイムOS列伝(24):
ルネサスの「RX110」でも動くPOSIX互換の「UNISON RTOS」はウェアラブル向け
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第24回は、POSIX互換のリアルタイムカーネル「Nanoexec」を用いたウェアラブル端末向けRTOS「UNISON RTOS」を紹介する。(2022/7/5)

プライシングのプロが解説:
楽天モバイルの新料金プランがスタート 0円廃止で今後はどこに向かうのか
楽天モバイルが新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を5月13日に発表しました。この状況に対しインターネット上では批判の声も続出していますが、プライシングの専門家である筆者には、批判を覚悟したうえでの楽天の強い意思と思惑が感じ取れます。(2022/7/5)

ネット利用に対応した「PayPayクーポン」配布 「夏のPayPay祭」期間中は20%還元も
PayPayは、7月1日にインターネット利用や注文に使える「PayPayクーポン(決済総額型)」を提供開始。「夏のPayPay祭」期間中もPayPayポイント付与率が最大20%になるクーポンなどを配布する。(2022/7/4)

あの「どこでもドア」が現実に メタバースの可能性
インターネット上の仮想空間「メタバース」をビジネスに活用するケースが増えている。(2022/7/4)

Tech TIPS:
【Windows 11トラブル】Wi-FiのSSIDが一覧表示されない
Windows 11では、ユーザーインタフェースが変更されたことで、さまざまな設定などで戸惑うことも多い。その1つが無線LAN(Wi-Fi)の設定だ。Windows 10では通知領域にある[インターネット]アイコンをクリックすると、SSIDの一覧が表示されて簡単に接続できたが、Windows 11では一覧が表示されなくなってしまった。どうやって無線LANに接続すればいいのだろうか。(2022/7/4)

インテリジェント化も追い風に:
PR:「8ビットMCUの成長は止まらない」圧倒的な技術革新で、拡大する需要を取り込むMicrochip
IoT(モノのインターネット)デバイスをはじめとするさまざまなアプリケーションのインテリジェント化などを追い風に成長を続ける8ビットMCU市場。この市場において圧倒的なシェアを誇るMicrochip Technologyは 今四半期に8ビットMCU「PIC」および「AVR」 の新製品を一挙5ファミリー発表するなど、攻勢を強めている。今回、同社の8ビットMCU Business Unit Associate Director、Steve Kennelly氏が新製品ファミリーの技術的優位性や市場の展望について語った。(2022/6/29)

中傷対策、IT大手開示の法制化を 総務省会議
インターネット上の誹謗中傷などの違法有害情報対策を議論してきた総務省の有識者会議は、大手IT事業者がSNSなどで投稿を削除する際の透明性を確保するため、削除基準などについての法的枠組みの導入を求めることを柱とした報告書を取りまとめた。(2022/7/1)

「auひかり」の契約解除料を引き下げ 高速サービス解除料も撤廃
KDDIは、7月1日からインターネットサービス「auひかり」で契約解除料の引き下げや光ファイバー引き込み設備撤去の任意化など各種料金/提供条件を順次改定する。(2022/6/30)

embedded world 2022:
ハードもソフトも全てオープンソースのRISC-V開発キット
カナダに拠点を置くOpenHW Group(以下、OpenHW)は2022年6月21日、IoT(モノのインターネット)向けのRISC-Vベース「CORE-V MCU」の開発キットを発表、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日)でその概要を紹介していた。同キットはハードウェア、ソフトウェアおよび開発ツールなど、全てオープンソースなのが特長だ。(2022/6/30)

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
十何年か前に似たような話題を見た。(2022/6/26)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:情報セキュリティ10大脅威
今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、IPA(情報処理推進機構)が発表した「情報セキュリティ10 大脅威」について解説する。(2022/6/24)

世界と繋ぐ越境EC 国内累計2700サイト以上をサポート BEENOS・直井聖太社長
越境ECが世界的に拡大している。国内のECサイトが日本の商品を海外へ販売する際、言語や決済、流通を支援する事業で好調なのがBEENOSだ。直井聖太社長は、社名の由来でもあるミツバチのように、インターネットの世界を飛び回るという。(2022/6/23)

HWベースのセキュリティを実現:
インフィニオン、OPTIGA Trust M Expressを発表
インフィニオン テクノロジーズは、セキュリティIC「OPTIGA Trust M Express」の出荷を始めた。同社が提供するクラウドサービス「CIRRENT Cloud ID」と組み合わせて用いれば、IoT(モノのインターネット)機器とクラウドサーバなどとの接続を、安全かつ簡単に行うことができるという。(2022/6/23)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

Yahoo!トラベル、オンラインカード決済で最大10%ポイント還元
インターネット旅行予約サービス「Yahoo!トラベル」は、6月20日〜8月31日に「夏旅キャンペーン」を開催。宿泊プランをオンラインカード決済で予約すると最大10%のPayPayポイントを付与する。(2022/6/20)

明日から使えるITトリビア:
「ぬるぽ」→「ガッ」の誕生から、きょうで20周年 その意味と由来とは
「ぬるぽ」と書き込まれたら「ガッ」と返す──こんなインターネット上のやりとりが生まれて、2022年6月20日で20周年となる。一体どのような意味を持つのかご存じだろうか。(2022/6/20)

“スーツ姿の客”がネットカフェに急増 カギは「PCなし席」と「レシートの工夫」
コロナ禍で夜間の利用者が激減し、インターネットカフェ業界は大きな打撃を受けた。そんな中、トップシェアを誇る「快活CLUB」では、昼にテレワーク利用客を取り込むことに成功、売り上げを復調させた。そのカギは「PCなし席」と「レシートの工夫」にあるという。どういうことかというと……。(2022/6/20)

AOKIグループ傘下:
ネットカフェの天下統一! 快活CLUBが、倒産相次ぐ業界で“独り勝ち”したワケ
インターネットカフェ業界が、ピンチに陥っている。かつて2000億円を超えていた市場規模は約1000億円にまで減少、倒産する企業も少なくない。そんな中、“独り勝ち”しているのが快活フロンティアが展開する「快活CLUB」だ。沈みゆく業界の中で、成長を続けられる秘訣はどこにあるのか。常務取締役、中川和幸さんに話を聞いた。(2022/6/18)

「さくらのクラウド」かたるフィッシングに注意 料金支払いに問題があるとかたり不正サイトに誘導
さくらインターネットをかたるフィッシングメールを確認したとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けた。クラウドサービス「さくらのクラウド」の料金支払いに異常があるなどとかたり、偽サイトに誘導するという。(2022/6/17)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
今はさらばと言わせないでくれ インターネット・エクスプローラー、IEの戦士たち
インターネット老人会向け話題とあって、ヤマーとマツ、ひさびさの登場で、Webブラウザの歴史をゆるく語ります。(2022/6/17)

さようなら、全てのインターネット・エクスプローラー
6月16日、Windows用のウェブブラウザーである「Internet Explorer」(IE)が、ついに最後の日を迎えた。幾度も延期されてきた「サポート終了」の日がやってきたのだ。(2022/6/17)

セキュリティや拡張性を強化:
NXP、産業/IoTエッジ機器向けMCXマイコン発表
NXPジャパンは、産業/IoT(モノのインターネット)エッジ機器に向けた新しいMCXマイクロコントローラ(MCU)を発表した。Arm Cortex-MコアをベースとしたMCXは、用途に応じて4つのシリーズを用意した。【訂正あり】(2022/6/17)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:スマートフォンの進化を支える技術とインフラ
今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、普段使っているスマートフォンは、どのような仕組みで通信しているのかについて取り上げる。(2022/6/17)

「Internet Explorer」サポート終了で米マイクロソフト公式ブログが話題 「長年のご愛顧ありがとうございました」
米マイクロソフト(MS)が1995年から提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(インターネットエクスプローラー、IE)のサポートを終了した。これを受け、公式ブログでもユーザーに「長年のご愛顧ありがとうございました」としている。(2022/6/16)

27年の歴史に幕:
【準備OK?】米マイクロソフトの「Internet Explorer」、6月16日起動不可に 必要な対策とシェア率は?
米マイクロソフト(MS)が1995年から提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(インターネットエクスプローラー、IE)が6月16日(現地時間6月15日)でサポートを終了する。対策などをまとめた。(2022/6/15)

産業動向:
2024年4月に適用される残業上限規制を知る人は33%、ワークスモバイルジャパンが調査
ワークスモバイルジャパンは、建設現場で働く施工管理者や作業員など2088人を対象に、インターネットを用いて実態調査を行った。その結果、建設業に2024年4月から適用される残業の上限規制について理解している人が全体の33%と半数以下であることが判明した。(2022/6/15)

侮辱罪厳罰化の改正刑法成立 ネット上の誹謗中傷対策
インターネット上の誹謗中傷対策で「侮辱罪」を厳罰化する改正刑法が参院本会議で可決、成立した。公然と人をおとしめる行為が対象で、現行の拘留、科料に加え、「1年以下の懲役・禁錮または30万円以下の罰金」が加わる。(2022/6/14)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が13日、国会で成立した。SNS(交流サイト)の活用が広がる中、悪意や勘違い、安易な正義感による「言葉の刃」は、インターネット上で瞬く間に届く。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(松崎翼)(2022/6/13)

6月13日から:
エディオン、3万円のチューナーレステレビ発売 ネット動画やゲームに特化
エディオンは、同社オリジナルの43V型チューナーレステレビを6月13日に発売する。テレビ視聴に必要なチューナーを搭載せず、インターネット配信動画やゲームなどに特化した。クラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)」で先行予約を受け付け、発売前に購入者の意見を集め、今後の商品開発に反映するとしている。(2022/6/13)

ネット上の誹謗中傷対策 侮辱罪厳罰化の改正刑法成立 
インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策で「侮辱罪」を厳罰化し、現行の懲役や罰金刑の対象とする改正刑法が13日、参院本会議で可決、成立した。令和2年に女子プロレスラーの木村花さん=当時(22)=が交流サイト(SNS)で中傷を受けた後に死去したのを機に、見直し議論が拡大。国会では、憲法が保障する表現の自由との兼ね合いが論点となってきた。(2022/6/13)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が「キャリアショップの評価方法」にイチャモン――流動性を上げ、新規契約を促したのは総務省ではないか
携帯電話や固定インターネット回線の競争ルールを検討する総務省の会合において、携帯電話のいわゆる「キャリアショップ」の評価方法に関する方向性が示された。今まで新規契約や乗り換えを促す政策を進めてきたのに、それに偏重した評価をしないように促すという。なぜ、総務省は主張が一環しないのだろうか……?(2022/6/12)

ネット上の公開情報から機密あぶり出す「オシント」報道 英報道機関「べリングキャット」が注目集める
ロシアによるウクライナ侵攻に関する調査報道で注目を集めている英調査報道機関「べリングキャット」は、Twitterに投稿された画像などインターネット上の公開情報から機密情報を探り出す取材手法で知られている。(2022/6/10)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:インターネットのトラフィック渋滞 〜「輻輳」はなぜ起こるのか?
「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、インターネットで生じるトラフィックの渋滞、いわゆる「輻輳(ふくそう)」は、いつ・どこで・どのような要因から起こるのか? 輻輳のメカニズムを詳解する。(2022/6/10)

「GMO Web3株式会社」設立へ Web3ベンチャー支援専門CVC
GMOインターネットは、Web3ベンチャー支援に特化したハンズオン型コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)として、新会社「GMO Web3株式会社」を6月下旬に設立する。(2022/6/9)

政府デジタル重点計画、Web3.0推進へ改定
政府は、デジタル社会を実現するための政策を示した「重点計画」の改定版を閣議決定した。ブロックチェーン技術を基にした新しいインターネットサービス「Web3.0」の推進などを新たに盛り込んだ。今後は年内にもWeb3.0の課題をとりまとめる方針だ。(2022/6/8)

三井住友カードとGMOインターネットグループが後払い決済で提携 2023年春頃に事業開始
三井住友カード、GMOペイメントゲートウェイ、GMOペイメントサービスがBNPL(Buy Now Pay Later=後払い決済)での業務提携に合意。2023年春頃までに新サービスの事業開始を予定している。(2022/6/8)

宅配サービスも一時休止:
5000円超も 「ヤクルト1000」高額ネット転売に注意よびかけ
ヤクルト(東京都港区)は、乳酸菌飲料「Yakult1000」がインターネット販売サイトで高額転売されている事例が散見されるとして、注意を呼びかけている。(2022/6/7)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【前編】
ネット時代の“なんちゃって専門家”にどう対処? 自動車大手GMが直面する課題
インターネットの普及は、デジタルチャネルを活性化させるだけでなく、さまざまなチャネルにおいて消費者の購買行動を変え始めている。自動車大手General Motorsが直面している変化とは。(2022/6/6)

報道発表資料に“拾い画”掲載 権利者の許可得ておらず JR東が謝罪
JR東日本は、5月に公開した報道発表資料内で、インターネット上に掲載されていた画像を権利者の許可なく使っていたとして謝罪した。撮影者本人からの指摘で判明したという。(2022/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「Web3」で勝てるのか 残念ながら「前途多難」
自民党が「岸田トークン」の配布で「Web3」に乗り出そうとしている。これまでインターネットなどで遅れてきた日本に、「Web3」で勝算はあるのだろうか。現時点で見えている課題は……。(2022/6/2)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:インターネットはどのように世界とつながっているのか
新型コロナウイルスに翻弄される中、また新しい年度が始まった。心機一転、新年度を新たな環境でむかえた方も多いだろう。そこで今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を4回に分けて紹介する。今回は、インターネットはどのように世界とつながっているのかについて解説していく。(2022/6/3)

ネット上で著作権侵害を受けたらどうすればいい? 対策まとめたWebサイト、文化庁が公開
文化庁が、インターネット上で著作権侵害を受けたときの対策をまとめたポータルサイトを公開した。著作権の基礎知識や、海賊版の削除を要請するときの手順といった情報を掲載している。(2022/6/2)

高リスク国の多くは南半球に:
世界のインターネットユーザー、「4分の1」が攻撃を受けやすいインフラに依存
カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームの調査によれば、世界のインターネットユーザーの約4分の1は、インターネットインフラへの標的型攻撃を受ける危険性が高い国々に住んでいることが分かった。(2022/6/1)

リアルタイムOS列伝(23):
省フットプリントで安定かつ高速な「scmRTOS」からRTOSの基礎を学ぶ
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第23回は、20年近い歴史を持ち、省フットプリントと高速を特徴とする古典的RTOS「scmRTOS」を紹介する。(2022/6/1)

ネット上の公開情報の無断収集で英データ保護法に違反:
英情報保護監督機関、顔認識DB企業Clearview AIに755万ポンドの罰金と英国居住者データの削除を命令
英国情報コミッショナー局は、米国Clearview AIに755万2800ポンド(約12億円)の罰金を科した。同社がインターネットから勝手に収集した英国内外の人々の画像を使用して、顔認証に使用可能なグローバルオンラインデータベースを作成したためだ。(2022/5/30)

Starlink、フィリピン、ナイジェリア、モザンビークで当局が承認
SpaceXのイーロン・マスクCEOは、衛星インターネットサービス「Starlink」をフィリピン、ナイジェリア、モザンビーク当局が承認したとツイートした。ネットの提供は「人々を貧困から救う大きな可能性だ」ともツイート。(2022/5/28)

「匠紀の国屋」として始動へ:
廃業決めた老舗和菓子店を救済 社長が語った「マクドナルドを見習え」の真意
看板商品「相国最中(しょうこくもなか)」などで知られ、5月16日に廃業を発表した和菓子店「紀の国屋」。26日、スイーツのインターネット販売を手がけるアイ・スイーツ(東京都文京区)は、紀の国屋の元従業員20人を雇用し、「匠紀の国屋」として新たに事業を始めると発表した。廃業の発表からわずか10日で新ブランドでの再始動が決定――という急転直下の事態に驚きの声が上がる。この間に一体、何があったのか。アイ・スイーツの社長に話を聞いた。(2022/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.