• 関連の記事

「次世代iPhone」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「次世代iPhone」に関する情報が集まったページです。

今、ハイエンドスマホの価格が高騰している理由 約20万円は許容できる?
円安の影響もあり、スマートフォンの価格が高騰している。約19万円のXperia 1 IVは、2017年に発売されたフラグシップモデル「Xperia XZ Premium」と比較すると、2倍近い価格差となっている。背景には部品数の増加や高品質化、昨今の半導体不足が挙げられる。(2022/6/29)

房野麻子の「モバイルチェック」:
なぜ増加した「転売ヤー」? 日本のiPhoneが狙われる
最近、携帯電話業界では、通常の価格よりも大幅に安く販売されているスマートフォンを入手し、それを自分で使わずに転売することで利益を得る、いわゆる「転売ヤー」が問題視されている。総務省の有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」でも対応が検討されているほどだ。(2022/6/21)

小寺信良のIT大作戦:
日本のメディアはWWDCをどう報じたか Apple報道のエコシステム、その実態を探る
WWDC22ではM2搭載MacBook Airをはじめとする多数の製品発表が行われ、それらを報じた記事の数も膨大なものとなった。その内訳から、報道の実態がどのようになっているのかを探ってみた。(2022/6/11)

「円安こわい」Macの価格が軒並み値上げ Appleファンに動揺広がる
米Appleが6月6日(現地時間)に開催した開発者会議「WWDC 2022」にて、新型MacBook Airと新型MacBook Proを発表したが、販売価格に大きな変化があった。昨今の円安を反映してか、Apple Storeの価格が新旧含め全体的に値上げされている。(2022/6/7)

房野麻子の「モバイルチェック」:
新型iPhone 14の機能を予想する 最新Androidの動向から分かるトレンド
2022年も秋には次世代iPhoneが発表されると予想されており、すでにさまざまな機能の搭載が噂されている。そこで、今期の高機能Androidスマートフォンのトレンドを見ながら、それらの噂が真実になるかどうかを予想してみたい。(2022/6/2)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
タイのキャリアが販売 SA方式対応の激安5Gスマホ「R1 5G SA」
タイでは国内大手のAISが2020年3月から5Gサービスを始めていて、スマホ人気は1番がサムスン電子、そこにXiaomiが迫る。その中でAISは格安5Gスマホを自社販売してユーザー拡大に努めている。(2022/5/22)

湯之上隆のナノフォーカス(50):
続報・3MのPFAS生産停止、今は「嵐の前の静けさ」なのか
3Mのベルギー工場がPFASの生産を停止した。今回は、その影響についての続報として、代替品の調達状況や、PFAS生産停止に至った背景、今後想定される事態を論じる。(2022/5/18)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
歌手・リアーナの下着ブランドが大成功 下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とは
米国で、下着をオンラインで購入する人が増えている。その中でも、歌手のリアーナが立ち上げたブランドが注目を集めている。成功の背景にある、下着のサイズに隠れた“ビジネスチャンス”とAI活用の方法とは――。(2022/5/18)

14 Proはノッチがない? 3Dプリントモックで次期iPhone 14シリーズを試したら分かったこと
背面カメラのセンサーサイズがさらに大型化?(2022/4/29)

iPhone 14シリーズ、うわさの図面通りならどうなるか 段ボールモックでチェックしてみた
iPhone 14の図面とされる情報がWeiboで流出。その図面に従ってMACお宝鑑定団はモックを作成し、検証してみた。(2022/4/4)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「Apple発表会はリーク通り」で考える、ネタバレとリークの関係 ガッカリの声に違和感を持つ人も
30年前くらいからそんな状況は続いているのですが。(2022/3/16)

第3世代iPhone SE、実機を使って分かった先代との違い、カメラの進化
いち早く第3世代iPhone SEの実機を手にし、第2世代iPhone SEと比較しながら検証してみた。(2022/3/15)

最新iPhone SE (3rd generation) の性能、先代とどのくらい違う?
Geekbench 5ベンチで第2世代のiPhone SEなどと比較してみた。(2022/3/14)

「iPhone SE(第3世代)」と「iPhone 12 mini/13 mini」を比較 今買うならどれ?
Appleは3月18日、新型スマートフォン「iPhone SE(第3世代)」を発売する。前世代モデルのフォルムを踏襲しつつ、初めて5Gに対応した。一方で、iPhoneの現行ラインアップには、5G対応でサイズ感の近い小型モデル「iPhone 12 mini」「iPhone 13 mini」もあるので、3機種を比較した。(2022/3/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Appleの「最高峰を解禁」ってどんな製品が出るの? 3月9日の発表会予想をまとめてみた
日本時間3月9日午前3時から開催予定のApple「Peek performance.」イベント。長年Appleユーザーの記者2人が発表内容についていろいろ語りました。(2022/3/4)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
思ったよりも売れてない……!? 「iPhone 13シリーズ」の在庫不足と販売店の“たくましい”売り方
iPhone 13シリーズが発売されてから、間もなく半年が経過します。しかし、一部モデルの特定の構成はいまだに慢性的な在庫不足が続いています。そのことは携帯電話ショップの販売現場にどのような影響を与えているのでしょうか。スタッフに話を聞いてみました。(2022/3/3)

次期iPhone SE、5G対応だがMagSafe非搭載か
MACお宝鑑定団が中国の情報筋から得た独自記事。(2022/2/5)

次期iPhone 14 Pro用4800万画素センサー、ソニーとTSMCが製造か 日本のJASMでも生産?
ソニーとTSMC、次期iPhone 14 Pro用有効4800万画素積層型CMOSイメージセンサーを製造か、と工商時報が報じている。(2022/1/25)

2022年春にiPad Air新モデル発表? 次期iPhone SEと同時か
筐体は変わらずA15 Bionicチップ搭載という、信頼できる情報。(2022/1/17)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(9月編):例年通り発表された「新型iPhone」/povoが約6カ月でバージョンアップ
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年9月は、iPhone 13シリーズを含むiPhoneに関連する記事がとてもよく読まれました。(2021/12/30)

AppleのM2チップはTSMCの4nmプロセスで製造? Apple Siliconのサイクルは1年半周期か
(2021/12/21)

Apple Siliconチップ、第2世代と第3世代開発がスタート Mac Proは2ダイ以上の第1世代か
「Ibiza」「Lobos」「Palma」「Jade」「Staten「Rhodes」といったコードネームが囁かされている。(2021/11/9)

「iPhone 13」のカメラは“12 Pro並み”に進化していた 13 Proとの画質差は?
新型iPhoneのカメラというと、どうしても高性能なカメラを搭載する「Pro」や「Pro Max」に目が行きがち。実際のところ、カメラ性能を同じくする「iPhone 13」と「13 mini」はちゃんと進化しているのか? シリーズまとめて撮り比べてみた。(2021/10/15)

「iPhone 13 Pro」のカメラは総合的にピカイチ 気になる「マクロ機能」や「フォトグラフスタイル」もチェック
新型iPhoneが出たらやること、それはカメラレビューだ。「iPhone 13 Pro」のカメラはデザインこそ「iPhone 12 Pro」を引き継いでいて変わり栄えしないように思えるが、センサーが変わっていたり、気になる機能が追加されていたりと、いろいろ遊べるのである。(2021/10/7)

PR:そのiPhone、持っていくだけでお金になる! 1日で完結「ゲオの店頭買取」は新型iPhone登場の今がチャンス
ゲオの「iPhone買取金額20%UP」店頭買取キャンペーンは10月24日まで。(2021/9/27)

ProMotion可変リフレッシュでヌルヌル動くハイエンドiPhone 「iPhone 13 Pro」を細かくチェック
「iPhone 13 Pro Max」と並び、スペック的にはシリーズ最高峰の「iPhone 13 Pro」。前世代の同クラスモデルである「iPhone 12 Pro」と詳細な比較をしてみた。(2021/9/22)

新世代スタンダードモデル「iPhone 13」実機を細かくチェック
サイズ、カメラスペック、アプリの変更点など、お宝恒例の詳細チェック。(2021/9/22)

iPhone 13 mini、iPhone 13のGPU性能はRadeon Pro 555Xに匹敵 ベンチマーク結果で明らかに
iPhone 13 miniとiPhone 13の公開されたベンチマーク結果をiPhone 12などと比較した。(2021/9/18)

「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」の大きな違いは? 4機種のスペックを比較する
「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4機種は何が違うのか。13と13 Proはディスプレイやカメラに差がある。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、サイズ以外の違いがほぼなくなった。(2021/9/16)

間もなく「Appleスペシャルイベント」 何が発表される?
9月15日午前2時(日本時間)から、Appleの「スペシャルイベント」が開催される。現時点において発表されるであろう内容を予想を交えつつ解説していく。(2021/9/14)

Mobile Weekly Top10:
9月のスマホ決済のキャンペーンはどんな感じ?/折りたたみ×防水+おサイフケータイで魅力が増したGalaxy Zシリーズ
スマートフォンを使った決済サービスは、毎月さまざまなキャンペーンを実施することでアクティブ率を高めようとしています。そんな中、トップシェアを誇るPayPayが店舗における手数料を10月から完全に有償とします。これにより、利用できる店舗が減少するのか、それとも……?(2021/9/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
初代「iPhone」から「iPhone 12」まで歴代iPhoneを撮り比べ 14年間でどれだけ進化した?
2007年に海外で初代「iPhone」が発売されて、2021年9月15日にはついに新型iPhoneがお披露目されるかもしれない。というところで、初代から購入を続けてきたiPhoneシリーズのカメラ性能を一挙におさらいする。(2021/9/13)

携帯市場、9月初週の中古iPhoneの売り上げが前年比2.7倍と発表 「SE 2」「XR」が上位に浮上
スマートフォンの中古販売を手掛ける携帯市場は、2021年9月1日から7日までの中古スマホの売り上げが前年同期比の約2.7倍、販売台数は約1.6倍になったと発表。(2021/9/10)

携帯市場の中古iPhone、販売台数が前年から約1.6倍に 新旧iPhone SEが人気
携帯市場は、2021年9月1日〜7日の中古iPhone販売数ランキングを発表した。1位は「iPhone 8(64GB)」で、発売から1年半ほどのため状態のいい端末が多い「iPhone SE(第2世代)」も人気を集めている。(2021/9/10)

次期iPhoneはどうなる?:
iPhone 13(仮)はノッチが小さくなり、Lightningは継続? 機能面のウワサまとめ
今秋に発売が見込まれるiPhone 13(仮称)シリーズでは、どんなアップデートが考えられるのか。ノッチが小さくなってディスプレイが120Hz駆動になるという観測も。外部接続端子はLightningが継続されそうだ。(2021/9/10)

中古スマホでいまだ「iPhone 8」「iPhone 7」が売れている理由
中古業界では、いまだに「iPhone 8」や「iPhone 7」が売れ筋となっている。売れている要因は「コストパフォーマンスの高さ」と「Touch IDの存在」だ。1万〜2万円台ながら必要十分な機能を備えており、Touch IDの搭載により、マスクを着けたままでもロックを解除できる。(2021/9/7)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia 1 III」の“いいところ”と“不満点”/スマホはやっぱりカメラで選ぶ?
ソニー製の5Gスマートフォン「Xperia 1 III」は、いろいろな機構を備えるハイエンドモデルです。その“いいところ”と”不満点”をまとめた記事がとても良く読まれました。(2021/9/6)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 13(仮)」でTouch IDは復活するのか?
2021年秋に発表が見込まれるiPhone 13(仮称)には、Touch IDが搭載される可能性はあるのだろうか。Touch IDとは、iPhoneやiPadなどのホームボタンに備わった指紋センサーのこと。新iPhoneにTouch IDの再搭載を期待する声はより多く聞かれるようになっている。(2021/9/6)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ちょっと期待薄? まもなく発表の新型iPhone
間もなく、新型iPhoneの発表/発売ですが、イマイチ盛り上がりに欠けますね。(2021/9/6)

次期iPhoneはどうなる?:
2021年の新型iPhone、ラインアップと発表時期はどうなる?
例年9月〜10月にAppleがスペシャルイベントを開催し、iPhoneを始めとする同社新製品を発表する。2021年も2020年同じくオンラインでの発表となることが見込まれる。新型iPhoneの発表時期とラインアップはどうなるのか?(2021/9/1)

湯之上隆のナノフォーカス(41):
「ムーアの法則」は終わらない 〜そこに“人間の欲望”がある限り
「半導体の微細化はもう限界ではないか?」と言われ始めて久しい。だが、相変わらず微細化は続いており、専門家たちの予測を超えて、加速している気配すらある。筆者は「ムーアの法則」も微細化も終わらないと考えている。なぜか――。それは、“人間の欲望”が、ムーアの法則を推し進める原動力となっているからだ。【修正あり】(2021/8/27)

iPhone 13(仮)に期待することは「バッテリー性能の向上」 
ショーケースの運営するスマホの最新情報メディア「bitWave」は、8月23日に「iPhone 13(仮)に関する意識調査 2021年8月」の結果を発表。期待すること1位は「バッテリー性能の向上」で、半数以上の人が購入に前向きなことが分かった。(2021/8/23)

フライング販売されているiPhone 13用ケースで予測する、次期iPhoneファミリーの全貌
Alibabaで販売されている次期iPhone 13シリーズ用ケースをチェックしてみた。(2021/7/15)

ノッチ縮小が期待のiPhone 13、製造台数は最大2割増し? ワクチン接種開始で需要増見込む
2021年の新型iPhoneは、ワクチン搭乗後初の機種とあって、製造台数を拡大するという。(2021/7/15)

EE Exclusive:
スマホ搭載デバイス分析 〜完全分離されたAppleとHuaweiのエコシステム
米中間の貿易戦争が悪化の一途をたどる中、この2大経済大国の関係が破綻する可能性を示す、「デカップリング(Decoupling、分断)」というバズワードが登場している。しかし目の前の問題として、「本当に分断は進んでいるのだろうか」「マクロ経済レベルではなく、世界エレクトロニクス市場のサプライチェーンレベルの方が深刻な状況なのではないだろうか」という疑問が湧く。(2021/6/30)

石野純也のMobile Eye:
「コロナ禍への対応」「機械学習の活用」「デバイス連携の深化」――3つのキーワードで見るAppleの新OS
AppleがWWDC21でiOS、iPadOS、watchOS、macOSの最新バージョンを披露した。最大公約数のキーワードになりそうなのが、「コロナ禍」「機械学習」「デバイス連携」。ホーム画面を刷新してウィジェットに対応したiOS 14ほどの大規模なアップデートではなかったが、どのOSも着実に進化している。(2021/6/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
M1搭載「iPad Pro」の本領発揮はまだ先か 新旧モデルを使い比べて分かった現状の実力と秘めた可能性
Apple M1搭載の「iPad Pro」を試用した。イラストレーターとともに12.9型モデルの実機を使ってみたところ、現時点でも従来機に比べて体感できる差があったが、その性能を生かしきるにはもう少し時間がかかりそうだ。AppleはiPad Proの未来をどの方向にかじ取りしていくのだろうか。(2021/6/7)

「iPhone 13」の生産体制は「コロナ前」のスケジュールに戻った?
iPhone 12ファミリーは例年よりも遅い市場投入となったが、部品メーカーの動きを見ると、今年のiPhone 13はそうはならないかも。(2021/5/27)

iPhone 13はフロントカメラが左側配置に変更? 独自入手の3Dモックで判明
MACお宝恒例、3Dモックによる次期iPhone検証。今回はカメラユニットの大幅変更がある模様。(2021/4/5)

次期iPhone 13はノッチが小さくなる? フロントガラス部品画像か
ノッチなしとはならないが、小さくはなるそうだ。(2021/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.