• 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

「学習院」「上智」「東京理科」合格者数ランキング 1位は?
難関私立大の実合格者数ランクの最終回は、「学習院・上智・東京理科の実合格者数ランク」を見ていこう。(2024/7/19)

小寺信良のIT大作戦:
AIは“学ぶ友”になれるのか? 学校でのAI活用、先生を育てる教育学部の先生に聞いてみた
AIを活用した子供向けの教育としては、すでに学習塾や通信教育を中心に展開が始まっている。同じ事を何度聞いても腹を立てない、学習の進捗を個別具体的に把握してくれるなど、人間の先生ではカバーできない部分を担うものとして、注目が集まっている。(2024/7/19)

初めてのJavaプログラムを作ってみよう【前編】
「Javaの学習」を始める“お薦めの方法”はこれだ
オンライン開発環境を使って、「Java」プログラミングの第一歩を踏み出してみよう。定番の「Hello World」プログラムを、「OneCompiler」で実行する方法を紹介する。(2024/7/17)

「日本文化を理解し過ぎた日本語学習者」の“あいさつ”和訳回答がある意味難解 「万能すぎる」「これはこれで全部正解な気が」
汎用性が高すぎる。(2024/7/14)

「ありがたい」 突然裁判で訴えられたら…… 弁護士が解説する“まずやるべきこと”が盲点「勉強になる」
初めて知ることばかり。(2024/7/14)

ロボット開発ニュース:
小型移動ロボット学習キットの新シリーズを発売、マイクロマウスの規格にも準拠
アールティは、小型移動ロボット学習キット「Pi:Co」シリーズの新製品「Pi:Co V2」を発売した。Pi:Co V2は2輪の小型移動ロボットで、ロボット初心者から研究者、開発者まで活用できる。(2024/7/10)

エンジニア向けのクラウド認定資格【前編】
クラウドエンジニアが「資格取得」でスキルアップできる“賢い学習方法”とは
認定資格を取得したり講座を受講したりすることは、エンジニアが知識習得やキャリア形成を図るための一助となる。エンジニアが資格取得をする際の学習方法の選び方を紹介する。(2024/7/10)

Go AbekawaのGo Global!〜フィトリさんFromマレーシア(後):
人生は勉強だから、いろいろなことを学ばないと
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もシステムエンジニアのHamel Fitri(ハマル・フィトリ)さんにお話を伺う。車のエンジニアから一転してソフトウェアエンジニアを目指したフィトリさん。立ちはだかった「面接の壁」をフィトリさんはどう乗り越えたのか。(2024/7/10)

日本人なら笑ってしまう「クセすご替え歌」が340万再生突破! 息もつかせぬ畳みかけに「日本語勉強中の彼氏がパニック起こしています」
“とって”も面白い。(2024/7/12)

東京ディズニーリゾートで“トラブル”が発生したら…… “知らないと超焦る”対処法に「勉強になりました」「奥深い」と称賛
遊びに行くなら知っておきたい。【訂正あり】(2024/7/9)

Go AbekawaのGo Global!〜フィトリさんFromマレーシア(前):
父を思い医者を目指し、好きを求め車業界へ しかし国の経済発展を願いIT業界に飛び込んだ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はWebサイト保守などに携わるシステムエンジニアのHamel Fitri(ハマル・フィトリ)さんにお話を伺う。勉強よりも外で遊ぶのが大好き。自然とともに過ごした少年は、やがて「自分の国に貢献したい」と考えるようになっていった。(2024/7/9)

「生成AIは使う人によって効果が激変」「利点と欠点の考慮が必要」 ビジネス活用の今と未来 第一人者が語る
生成AIは使う人によって効果が激変するため、利点と欠点の考慮が必要――と語るのは、強化学習や生成AIが専門の今井翔太氏(元・東京大学松尾研究室)だ。一体どういうことなのか。(2024/7/8)

Ampereが懸念を示す:
AIの消費電力、学習よりも推論がはるかに大きな課題
Ampere Computingは、昨今急速に普及している生成AIでは、学習よりも推論の消費電力が大きな課題になると指摘した。「推論のスケールアウトの問題は、確実に破壊的な影響をもたらすだろう」と同氏は懸念を示している。(2024/7/8)

勉強を邪魔してくる猫、あるイタズラを仕掛けてみるも……? 全く動じない姿に「心頭滅却全集中」「むしろ乗せられ待ちだった説」
うれしそうでかわいい……!(2024/7/8)

Intelの「Gaudi 3」って何? AIアクセラレーターとGPUは何が違う? NVIDIAやAMDに勝てる? 徹底解説!
COMPUTEX TAIPEI 2024に合わせて、Intelが直近の技術動向を解説するイベントを開催した。そこではAIの学習と推論に特化したプロセッサ「Gaudi」の第3世代モデルも紹介された。競合のNVIDIAやAMDが汎用(はんよう)型のGPUベースの製品を出す中、一点突破”なGaudiシリーズに勝機はあるのだろうか?(2024/7/5)

産業制御システムのセキュリティ:
信頼性強化か大惨事か 基幹インフラでの機械学習活用がOT環境に与えるリスク
機械学習アルゴリズムを基幹インフラシステムに統合することで、リアルタイムのモニタリングや予知保全といったメリットがもたらされます。一方で、サイバーセキュリティ上のリスクが生じることも確かです。本稿ではこのセキュリティリスクについて解説を行います。(2024/7/19)

AI:
クレーン先端の映像からAIで人物検知 GRIFFYの「SCAI Watcher」がNETIS登録
GRIFFYのAIクレーンカメラ人物検知システムが、NETISに登録された。クレーン先端のカメラで撮影した画像を機械学習で解析し、クレーン吊り荷下の映像内にいる人物を判定して、警告音などで注意喚起する。(2024/7/4)

PR:標的型攻撃メール訓練が「やって終わり」になっていない? 実効性を上げるコツとは
電子メール経由で企業への侵入を狙う標的型攻撃は、「人」あるいは「運用」の脆弱(ぜいじゃく)性を突いてくる。従業員のITリテラシーやセキュリティ意識を高く維持する以外に防ぐ方法がないのが実情だ。そのために行う標的型攻撃メール訓練を「やって終わり」にせず、実効性のある取り組みにするポイントを紹介する。(2024/7/5)

パナHD、大規模言語モデル構築 社内専用、秋に利用開始 設計や製造現場で活用
パナソニックホールディングスは2日、社内専用の大規模言語モデルを人工知能開発のストックマークと協業し、構築すると発表した。ストックマークが開発したLLMに社内データを追加学習させることで、グループ内の業務に特化したLLMを構築。(2024/7/3)

人工知能ニュース:
モノづくりの知識を身に付けた生成AI、パナソニックHDが技術承継などで活用へ
パナソニック ホールディングス(パナソニックHD)とストックマークは、パナソニックグループ専用の大規模言語モデルの開発で協業する。パナソニックグループの社内データを追加事前学習させた「Panasonic-LLM-100b」を開発し、設計や製造などのモノづくり業務において、自然言語でのやりとりで業務支援を行えるような仕組み構築に取り組む。(2024/7/3)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
「マイクロサービス」の構成や特徴を、図とテキストで学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第21回は「マイクロサービス」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2024/7/3)

人工知能ニュース:
ハイスピードカメラとAIを用いた高精細な音の見える化技術を開発
日本電信電話は、ハイスピードカメラやレーザー光、AI処理を用いた音の見える化技術を開発した。音の物理特性を考慮した独自の深層学習モデルにより、高精細な音の見える化を可能にした。(2024/7/2)

ピクスタ、生成AI素材の知的財産権保護を推進 海外6社と共同
写真素材などの販売事業を展開するピクスタは7月1日、AI学習に使用されるデータを提供する海外6社と共同で業界団体を立ち上げたと発表した。知的財産権保有者の利益保護に取り組むとしている。(2024/7/1)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
ITmedia エグゼクティブ勉強会スケジュール
ITmedia エグゼクティブに入会いただくと、ビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた勉強会に参加できます。(2024/7/1)

医療技術ニュース:
脳は、決断の迷いも含めて運動を学習する
情報通信研究機構と本田技術研究所は、決断を迷った運動と迷わなかった運動は、脳が異なる運動として学習することを発見した。決断の内容だけでなく、決断に至る過程が運動として記憶されることを証明するものだ。(2024/7/1)

統合直後からシナジー全開!:
PR:アナデジ融合にチップレット活用――「ローム×ラピス」だからこそ生まれたユニークなマイコン
2024年4月に子会社のラピステクノロジーを吸収合併したロームは、両社の強みを併せ持つ製品の開発と展開を加速させている。ロームが「シナジーが最も大きいカテゴリーの一つ」として挙げるのがマイコンだ。アナログ制御とデジタル制御の“いいとこ取り”をした「アナログ・デジタル融合制御」電源用のマイコン、チップレットを活用したマイコン、IC上で機械学習と推論を実行できるマイコンなど、市場投入を控えたユニークな新製品がそろう。(2024/7/1)

Google翻訳、新たに110言語をサポート LLM「PaLM 2」の貢献で倍増
Googleは、自動翻訳サービス「Google翻訳」の対応言語に新たに110言語追加したと発表した。LLM「PaLM 2」が類似言語の効率的な学習に貢献した。これで対応言語は243になった。(2024/6/28)

CIO Dive:
それ、最新LLMを使う必要ありますか? 見直される従来型AIの価値とは
ChatGPTの登場以降、テックリーダーはLLMを自社に導入しようと夢中になっている。しかし、従来型のAIや機械学習(ML)で事足りるケースもあるため、トレンドに流されず必要な技術を的確に見極める目を養うことが大切だ。(2024/6/28)

パリ五輪のハイライトを伝説のキャスターのAIが毎日配信 米Peacockで
NBCUniversalは今夏、伝説的人気スポーツキャスター、アル・マイケルズ氏の声でパリ五輪のハイライトを毎日配信するサービスを「Peacock」で提供する。同氏がこれまでにNBCで出演した番組データで学習した生成AIが、同氏の専門知識と音声を再現する。(2024/6/27)

こ、これは! 数学や歴史をAIで“悪魔”にしたら……? 驚愕の姿に「見た目が怖い」「もう勉強しない」と戦々恐々【海外】
勉強むずかしい……。(2024/6/25)

ICT建機:
建設業向け「ICT施工トレーニングパッケージ」をアクティオが提供
アクティオとペーパレススタジオジャパンは、全国の建設会社向けにBIM/CIM実益化ワンストップサービス「ICT施工トレーニングパッケージ」の提供を開始した。福井コンピュータのICT施工ソフトウェアを教育用ライセンスで使い、NTTPCコミュニケーションズのNTTPCコミュニケーションズの仮想デスクトップを介して遠隔学習する。(2024/6/24)

PR:AIで競争力を高めたい企業が「インテル Gaudi 3 AI アクセラレーター」の導入を検討すべき理由とは?
インテルが投入するAI(人工知能)の学習/推論処理に特化した「インテル Gaudi AI アクセラレーター」が、第3世代に生まれ変わる。その特徴をチェックしていこう。(2024/6/21)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(9):
企業が黒字になった分だけ家計の黒字が減る? 「資金過不足」の推移で確かめる
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2024/6/24)

プロも認める“酷暑に負けない強い宿根草”に「参考になる」の声続々! 夏の心配を吹き飛ばすアドバイスが必見の価値
勉強になる!(2024/6/22)

リアルすぎる! 京都市消防局が再現実施した水災害対応訓練の様子に「臨場感すごい」
大変な訓練だ……。(2024/6/22)

豊洲の地図を“年代別”に比較したら…… 築地市場移転などで注目を集める場所の“意外な歴史”が勉強になる
1936年から現在まで見比べてみました。(2024/6/29)

「超かっこいい」 “闇堕ち”風に塗装した「HGマイティーストライクフリーダムガンダム」に称賛 「勉強になります」
「闇に落ちろ、キラ・ヤマト!」のイメージで。(2024/6/23)

スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと
モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」を手掛けるINFORICH。6月20日にメディア向けの勉強会を開催し、市場の概況などを説明した。そこで見えた課題とは……(2024/6/21)

現社長の“AIクローン”が事業承継へ 堺の建設会社が挑戦中 「死んだ後も知見を残せるようにしたい」
堺市の建設会社、進和建設工業は生成AIを使ったデジタルクローンで日本初の事業承継に挑むと発表した。6月21日、現社長が退いて会長に就任し、副社長が新社長に昇格するが、あわせて現社長のデータを学習させたAIクローンを試験導入する。(2024/6/20)

私の本棚:
勉強していること、積んでいく安心感……本棚から見えるあれこれ
あるアイデアから「本棚を見せてください」と呼びかけ、本棚の写真をメールで募集しました。写真を送ってくださった方々、ありがとうございました!(2024/6/20)

セキュリティニュースアラート:
東芝グループの「経営層を巻き込んだセキュリティ施策」とは?
東芝は2023年度のサイバーセキュリティ報告書を発行した。この報告書はアタックサーフェスの管理や脆弱性対応の強化、経営層向けのメール訓練など、サイバーレジリエンスを強化する取り組みについて記載している。(2024/6/20)

吹田市消防隊員のロープブリッジ救出訓練が驚愕の1980万再生 「ソニックスパイダーマンを目撃した」「これは凄すぎて……」と世界中から反響
日々の努力が見て取れる。(2024/6/19)

Google、高精度天気予報「ナウキャスト」日本で提供 ウェザーニューズのデータで学習したAI採用
Googleは、最新AIモデル「MetNet-3」採用の高精度気象予報システム「Googleナウキャスト」を日本で7月から提供すると発表した。ウェザーニューズの数年分の観測データをAIの学習に使い、5分刻みの降雨予測も示す。(2024/6/19)

“NEXT GIGA”のスペック更新で各社が学習用端末をアップデート──「NEW EDUCATION EXPO 2024」レポート
6月6日〜8日にかけてTFTビル(東京・有明)で開催された「NEW EDUCATION EXPO 2024」。GIGAスクール構想第2フェーズに向けて更新された要件を満たす学習用端末のほか、校務用端末などさまざまなものが展示されていた。ここではハードウェアに焦点を絞って紹介する。(2024/6/19)

材料技術:
誤差やばらつきをAIが補正する高精度インクジェット製造技術を開発
エレファンテックは、個別の誤差やばらつきをAIが学習して補正する高精度インクジェット製造技術「NeuralJet」を開発した。2025年4月から、同技術を用いたプリント基板の量産を開始する。(2024/6/14)

AWSと共に生まれたストレージ「S3」【前編】
「Amazon S3」は“2006年の誕生”からどう進化した? AI時代の新たな動向
AWSの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は2006年にサービスを提供開始して以来、進化を続けている。昨今は機械学習などAI関連のアップデートが目立つ。どのような点が進化したのか。(2024/6/14)

英語学習、3人に1人が「うまくいかなかった」 効果的な学習に必要なものは?
ベンドが調査結果を発表した。(2024/6/13)

現場改善を定量化する分析手法とは(8):
見落としがちな物流分析で生産性を高めコストを低減する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第8回は、物流改善に着目し、「物流分析」「積載効率の分析」「物流コストの分析」について説明します。(2024/6/13)

@IT/Deep Insiderの歩き方:
初心者向け、データ分析・AI・機械学習の勉強方法 Deep Insiderで学ぼう
データ分析、AI/機械学習の実装、生成AIの活用(まとめてデータサイエンス)は、もはや多くの人に必要な知識となっています。これらの基礎はどうやって学べばよいのでしょうか? オススメの勉強方法を紹介します。(2024/6/13)

『ちいかわ』最新話、ちいかわとハチワレがくりまんじゅうを発見→勉強しているのかと思ったら…… “やっぱりな展開”に「久しぶりだね」
もろきゅうはいいぞ。(2024/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.