• 関連の記事

「学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「学習」に関する情報が集まったページです。

初期投資を抑え、自由に使いたい
AI/機械学習へのGPU活用、費用の問題をどうすればよいのか
ディープラーニングや機械学習にはGPUの利用が適している。だが高性能なGPU搭載サーバをオンプレミスで導入すると初期投資額がネックになる。パブリッククラウドのサービスは料金体系に不安が残る。どうすればよいのだろうか。(2022/8/5)

「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
一見安全そうな川でも油断はできません。(2022/8/13)

200人に聞いた:
子どもの家庭学習を見ている人、1位は「母親」 「父親は無関心」の声も
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもの家庭学習を見ている人に関する調査を実施した。(2022/8/13)

8月12日は育児の日:
保護者が思う“部活動のメリット” 2位は「協調性・チームワークが身に付く」、1位は?
進学塾・栄光ゼミナールを運営する栄光(東京都千代田区)は、「中学校の部活動と勉強に関する実態調査」を実施した。その結果、保護者が思う部活動に所属するメリットの1位は、「子どもの人間関係が広がる」(47.5%)だった。(2022/8/12)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第4回】
Web3が学べる「Zero To Mastery」5時間コースと「LearnWeb3」“4年制”コースとは?
次世代インターネット「Web3」について学習したいなら、学習サイトが大いに役立つ。複数ある学習サイトの中から、「Zero To Mastery」「LearnWeb3」を取り上げる。(2022/8/12)

Innovative Tech:
LEGOの説明書を読んで組み立てるAI、米スタンフォード大などが開発 家具やMinecraftでも応用可能
米スタンフォード大学と米MIT(Massachusetts Institute of Technology)、米Autodesk AI Labの研究チームは、LEGOの組み立て説明書をロボットでも理解できる機械語に変換する学習ベースのモデルを開発した。(2022/8/10)

生まれたばかりの妹、耳が聞こえないと知った姉の行動は 姉妹の漫画に「涙か溢れてきました」「素敵すぎる」
「手話の勉強したくなってます」という人も。(2022/8/10)

解法を解説し、同じような問題を作り出すことも可能:
大学レベルの数学を数秒で解く機械学習モデル「OpenAI Codex」、性能改善の裏側に迫る
ニューラルネットワークは高度な数学の問題を解くことはできないと広く信じられてきた。MITはこの神話を打ち破るため、ニューラルネットワーク「OpenAI Codex」を用いてテキストで事前学習し、コードで微調整することで、大学レベルの数学問題を正答率81%で解くことに成功した。これまでの正答率は8.8%だったという。さらに問題について解説したり、新たに問題を生成したりすることも可能だ。(2022/8/9)

テレワークで学びの機会は増加:
テレワーク普及で“学習できない理由”が消えたーーリクルートが会社員の学びに関する実態調査
リクルートマネジメントソリューションズは、「リモート下の会社員の学びに関する実態調査」の結果を発表した。テレワーク下での学びの機会は増加傾向にあることが分かった。同社は、テレワークに、意欲の高い会社員の学びを促進する効果があるとしている。(2022/8/8)

「子どもに勉強をしてほしいなら、親が率先して勉強を」 言い聞かせるよりもやってみせよ、という体験談に賛同の声多数
親が勉強している姿を見せるのが重要なのだそうです。(2022/8/7)

人工知能ニュース:
AI学習機能を組み込んだ6軸MEMSモーションセンサーを発表
STMicroelectronicsは、ISPUを搭載したMEMSモーションセンサー「ISM330ISN」を発表した。エッジ側のセンサー内部におけるAI学習を可能にする。バッテリー駆動の資産追跡機器、ロボットなどへの利用を見込む。(2022/8/5)

Innovative Tech:
アニメキャラのダンス動画を自動作成するAI 4枚の立ち絵から生成可能
中国のMegvii Incと武漢大学の研究チームは、キャラクターの異なる角度からの立ち絵を4枚を入力して所望のポーズをレンダリングすることで、ダンス動画が自動作成できる学習モデルを開発した。(2022/8/5)

離婚発表の小倉優子、10歳長男に感謝「一番近くで応援してくれる」 早大受験へ向け子育てと勉強を両立
7月27日に離婚を発表したばかり。(2022/8/4)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第3回】
Web3の中核技術が学べる「Udemy」「Bloom Institute of Technology」のコースとは?
「Web3」の仕組みを学ぶには学習サイトを活用するのが手っ取り早い。主な学習サイトのうち、「Udemy」「Bloom Institute of Technology」を取り上げる。(2022/8/4)

誤り多数で回収の書籍「Web3の教本」、著者が謝罪「一から勉強し直す」
誤りが多数指摘され、出版停止・回収された書籍「いちばんやさしいWeb3の教本」の著者が謝罪。「改めて一から勉強し直します」と述べた。(2022/8/3)

オリジナル曲をAIで無限生成できる楽曲サービス登場 ヒットソングの“ツボ”を学習
音楽プロデューサーの玉井健二氏が代表を務めるTMIKが楽曲生成サービス「FIMMIGRM」(フィミグラム)の提供を始めた。オリジナル曲をAIで無限に生成できるとうたう。(2022/8/2)

量子コンピュータ:
約1000万倍の高速化に成功、独自アルゴリズム搭載の量子AIシミュレーター
SCSKは、独自の量子AIアルゴリズムを搭載した、量子回路シミュレーターを開発した。機械学習データ400件に対する演算を5.8ミリ秒で処理し、従来に比べて約1000万倍の高速化を可能にした。(2022/8/2)

「すげー」「勉強になった」 しなびたナスを復活させる方法を農家が紹介 20万いいね集まる
おいしいナスの選び方ついても紹介しています。(2022/8/2)

Innovative Tech:
文章から高解像度な画像を生成するAI、Microsoftなどが開発 「DALL・E2」や「Imagen」よりも横長で出力
Microsoft Research Asia、北京大学、Microsoft Azure AIによる研究チームは、 テキストから画像や動画、画像から動画、画像から拡張画像などを生成する学習モデル「NUWA-Infinity」を開発した。(2022/8/1)

コンテナベースの機械学習基盤を大解剖(2):
AWSをフル活用、リクルートのクラウドネイティブな機械学習プラットフォームの裏側
リクルートのエンジニアが内製している機械学習基盤について詳しく解説していく本連載。第2回はクラウドネイティブな機械学習に活用しているAWSのサービスや設計について。(2022/8/1)

無償のデジタル人材育成支援プログラムが募集中 締め切りは8月8日
デジタルスキル向上を目指すに当たり、学習に掛かるコストは格段に低くなってきたようです。有償のものもありますが、デジタルスキル獲得支援の補助や助成が従来以上に厚くなっています。(2022/8/1)

“未来の教室”ってどんなの? 「GIGAスクール」が定着した教育現場の姿 体験して分かった価値と課題
GIGAスクール構想の取り組みが進み、対象の小中学校の約96%が学習用端末を使い始めた。EdTech(エドテック=教育×テクノロジー)が定着した教育現場の姿はどうなるのか。教育の最新動向を紹介する「NEW EDUCATION EXPO」をレポートする。(2022/7/29)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(5):
投資初心者が見つけた“黄金の組み合わせ”
2022年初頭から、“投資初心者”として、投資の勉強をひたすら続けてきました。その初心者の私に最も適した投資の方法としてたどり着いたのが、インデックス投資です。ランダムウォーク分析×現代ポートフォリオ理論という“黄金の組み合わせ”から成るものです。(2022/7/28)

リクルート事例で分かる数理最適化入門(3):
3000万以上のユーザーに未経験サービスを促すギフト券配信の割当問題、数理最適化と機械学習でどう解決したか
リクルートにおける数理最適化の応用事例を通じて、数理最適化とは何か、どのようにビジネスに応用できるのかを紹介する連載。今回は、3000万以上のユーザーに未経験サービスを促すギフト券配信の割当問題、CMの出稿割当問題をどう解決したかを解説する。(2022/7/29)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第2回】
Web3が無料で学べる「Web3 University」とは? 10週間集中の「ChainShot」とは?
「Web3」関連のスキルを習得するのに活用できる学習サイトにはさまざまな選択肢がある。そのうち「Web3 University」「ChainShot」で学習できる内容を解説する。(2022/7/29)

EDRは新たなフェーズへ 深層学習はエンドポイントセキュリティをどう向上させるか
脅威の高度化や複雑化が進む今、企業には新たなセキュリティ対策が求められている。その中でも今後注目を集めると予想されるのが、深層学習によるAIを活用したセキュリティ対策だ。これにはどのような可能性があるのかを明らかにしていこう。(2022/7/28)

数学×Pythonプログラミング入門:
Pythonで線形代数!〜行列編(基礎・後編)
AI/機械学習で使われるデータを表現するためにはベクトルや行列などの線形代数を理解することが必要不可欠。今回は行列の内積の計算方法とその応用について、プログラミングの方法を初歩から見ていく。(2022/8/1)

数学×Pythonプログラミング入門:
Pythonで線形代数!〜行列編(基礎・前編)
AI・機械学習で使われるデータを表現するためにはベクトルや行列などの線形代数を理解することが必要不可欠。今回は行列の各種計算や行、列の抽出、形状の変更方法などについて、プログラミングの方法を初歩から見ていく。(2022/7/27)

FAニュース:
5軸加工機の工程設計学習用動画コンテンツの販売開始、生産性向上を支援
DMG森精機は、5軸加工機の工程設計学習用動画コンテンツ「工程設計アドバイザー(割出し5軸編)」の販売を開始した。さまざまなワークに対するクランプ方法から加工工程までを、1ワーク5分程度で解説している。(2022/7/26)

embedded world 2022:
SiFiveの最新AI/ML向けRISC-Vプロセッサ
SiFiveは、ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2022」(2022年6月21〜23日)において、AI(人工知能)/機械学習(ML)アプリケーション向けRISC-VプロセッサコアIP「Intelligence」ファミリーである「X280」の最新バージョンを紹介した。(2022/7/26)

英語勉強中の中2息子に「river」の意味を聞くと「ノリ」と即答して…… 謎めいた“覚え間違い”の理由に笑いが止まらない
ちょっとノリで書きすぎちゃったかな。(2022/7/24)

夏休みの勉強にもよさそう コクヨから「ひっ算ノート」「読書ノート」など“工場発アイデア文具”登場
「ひっ算ノート」「読書ノート」「三枚複写の新聞パッド」がラインアップ。(2022/7/23)

「多くの工数がかかりそう」「技術的に難しそう」な訓練、なぜできた?:
ランサムウェアがCEOを脅迫――経営層も巻き込んだリアルな「訓練」をfreeeが実施できた理由
「標的型攻撃で情報を盗まれ、本番環境のデータベースとシステムを破壊されて、CEOが脅迫される」という、リアルな「インシデント対応訓練」を行って話題となったfreee。「ITmedia Cloud Native Week 2022 夏」では、この訓練を指揮した、同社PSIRTマネージャーの、ただただし氏が、こうした訓練の実施を可能にしたクラウドネイティブな同社の業務環境や組織風土について講演した。(2022/7/22)

人工知能ニュース:
フレーム問題解決の糸口に? 不確実な環境下で最適な判断下すAI開発
グリッドは2022年7月28日、AIの学習手法であるアンサンブル学習と深層強化学習を組み合わせることで、不確実性の高い環境下で、従来手法より最適な判断が下せるAIの開発に成功したと発表した。同研究成果は、米国物理学協会の学術誌「Jornal of Renewable and Suitainable Energy」にも掲載された。(2022/7/29)

自動車業界向けAI活用入門(後編):
自動車業界が取り組む要因分析、AutoMLによる自動化でさらなる加速へ
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/7/21)

ミラ・ジョヴォヴィッチの娘、流ちょうな日本語で弾き語り ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」をカバー
現在、日本語を勉強中。(2022/7/18)

3分インタビュー:
タカと一緒に飛ぶことができる! 知られざる「パラホーキング」の世界
「パラホーキング」というサービスをご存じだろうか。パラグライダーに乗って、タカと一緒に飛ぶこと。タカといえば狂暴な鳥のイメージがあるが、どのようにして訓練しているのだろうか。担当者に話を聞いたところ……。(2022/7/17)

FAニュース:
生産現場でAIを活用する機能を集約、コンパクトな2Uラックマウントサーバ
HPCシステムズは、生産現場でAIを活用する機能をコンパクトな筐体に集約した2Uラックマウントサーバ「HPCS EAS-U1」を発表した。最大24コア48スレッドの高性能CPUとNVIDIAのAIアクセラレーション用GPUにより、AI学習から推論まで運用可能だ。(2022/7/19)

「Kaggle Grandmaster」も登場
バルセロナの決勝大会を目指せ Kaggle Days東京大会レポート
日本でも注目を集めている機械学習コンペティションプラットフォーム「Kaggle」。本稿では、2022年4月に東京で開催されて日本人エンジニアも活躍した大規模コンペティションの様子をお届けする。(2022/7/15)

保護者に聞いた:
子どもに夏休みやらせたい習い事 2位は「プログラミング」、1位は?
子どもの夏休みの習い事ならびに夏休みの学習に関する調査を実施した。子どもに夏休みやらせたい習い事を聞いた。習い事を決める際に重視するのは「子どもの意思」。(2022/7/13)

約20万人のウクライナ語話者が利用
ウクライナ避難民が困る「言語の壁」をEdTechで打破する無料学習コースとは?
ロシアによる侵攻の影響を受けるウクライナ語話者向けに、EdTechベンダーBabbelが言語学習コースの無償提供を始めた。どのようなものなのか。(2022/7/13)

Tachyumの「Prodigy」:
CPU、GPUの機能を単一チップに統合した“ユニバーサルプロセッサ”
近いうちに、HPC(High Performance Computing)やデータ分析、5G(第5世代移動通信)ネットワーク処理、AI(人工知能)や機械学習のオペレーションにおいてさえも、多くの技術者が適切なプロセッサを選ぶ決断をより容易に下せるようになるかもしれない。(2022/7/12)

AIの学習効率化、専門家いなくても高度化可能に 「経済産業大臣賞」受賞
情報通信研究機構の田仲正弘氏、鳥澤健太郎氏、東京大学の田浦健次朗氏、塙敏博氏らが共同で開発した「大規模深層学習のための自動並列処理ソフトウエアRaNNC」が、「独創性を拓く 先端技術大賞」で、社会人部門の大賞に輝いた。(2022/7/12)

「見損なったぞテレ東」「また言い訳ですか」 生稲晃子さん陣営、テレ東に「事実と異なる」と抗議で波紋
SNS上では「なんで生稲晃子の勉強代を国民が払うんだよ」などの声がありました。(2022/7/11)

6.6億回再生の人気音楽配信“lofi hip hop radio”が「虚偽の権利侵害申請」により配信停止に ファンから「YouTubeくん許さねぇ」と復活求める声
ずっと勉強していた“あの娘”は今頃、息抜きでもしているのかな。(2022/7/11)

小倉ゆうか、シンガポール渡航を告白 全荷物抱えての生活で「大切なものを見極めて人生全betします」
中国語の勉強のための移住だそうです。(2022/7/11)

他社も含めスコアが著しく向上:
MLPerfベンチマーク、Googleが4つで最高スコアを記録
Googleは、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の最終ラウンドにおいて、全8個のベンチマークのうち4個で最高スコアを達成した。(2022/7/11)

Cerebrasのウエハースケールエンジン:
シングルプロセッサで200億パラメーターを持つAIモデルを学習
Cerebras Systems(以下、Cerebras)は、第2世代のウエハースケールエンジンの能力を披露し、単一デバイスでトレーニングしたAI(人工知能)モデルとして最大記録を樹立したと発表した。(2022/7/8)

スマートNICによるプロセッサの負荷分散【第2回】
普通のプロセッサじゃない「FPGA」や「スマートNIC」にあってCPUにはない利点
半導体ベンダーは5Gや機械学習の活用、セキュリティ強化など新たな取り組みが進む中、「スマートNIC」を強化する。プログラム可能な集積回路「FPGA」の活用がその一例だ。FPGAで何ができるのか。(2022/7/8)

Innovative Tech:
「差別するAI」を自律型ロボットに搭載するとどうなる? データセットの“偏り”の影響を検証
米ジョージア工科大学、米ワシントン大学、米ジョンズ・ホプキンズ大学、ドイツのミュンヘン工科大学による研究チームは、人種や性別のバイアスがある機械学習モデルを自律型ロボットに搭載することでバイアスがどのように現れるかを検証した論文を発表した。(2022/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.