• 関連の記事

「マクニカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マクニカ」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
製薬企業向けの文章照合AIシステムをマクニカが開発へ
マクニカは、製薬企業向けの文章照合AIシステムの開発を進めている。同システムでは、AIが製品標準書や指図書などの文章から製造販売承認書の一節を自動で抽出して照合する。(2024/5/13)

自動運転技術:
加賀市にて自動運転シャトルバスの公道走行試験、駅と温泉を結ぶ
マクニカは、石川県加賀市において自動運転レベル4対応車両「EVO(エヴォ)」による公道走行試験を実施。北陸新幹線加賀温泉駅から山代温泉までの約10kmを往復した。(2024/5/8)

省エネ機器:
塗布するだけで空調設備を省エネに、マクニカが遮熱断熱塗料の販売を開始
クニカが冷暖房や冷蔵、冷凍などに使用する室外機向けの遮熱断熱塗料「マクニカット」の販売を開始したと発表した。(2024/4/24)

製造マネジメントニュース:
マクニカが「次世代植物工場」開発に向けたイノベーション拠点を開設
マクニカは、次世代植物工場の開発と実装に向けて、フード/アグリテック分野のオープンイノベーション拠点「Food Agri Tech Incubation Base」を開設した。パートナー企業とともに、高付加価値作物の栽培など多様な開発テーマに取り組む。(2024/4/9)

まずは可視化から:
PR:工場内の機器が外部から見えてしまう 工場向けのセキュリティ強化策とは
ITシステムと産業制御システムとの連携が進んでいる。OT環境がインターネットに開かれた結果、これまで問題になっていなかった脆弱性がサイバー攻撃の対象になってしまった。どのように対応すればよいのだろうか。(2024/4/5)

半径300メートルのIT:
大流行する「スミッシング」 加害者にならないための“究極の対策”とは?
悪意のあるSMS経由で認証情報の窃取を狙う「スミッシング」が流行中です。一歩間違えば自らが“加害者”にもなりかねないこの攻撃。“加害者”にならないための究極の対策を紹介します。(2024/4/2)

マクニカと近藤電子工業が共同開発:
Alteraの「Agilex 5」デバイスを搭載した評価ボード
マクニカは、近藤電子工業と共同で、AlteraのAgilex 5デバイス搭載評価ボード「Mpression Sulfur」を開発した。Agilex 5 FPGA & SoC Eシリーズを搭載していて、SOMと豊富なインタフェースを搭載したキャリアボードをセットにした。(2024/3/29)

組み込み開発ニュース:
ペロブスカイト太陽電池と半固体電池を搭載した新型空気質センサー
マクニカは、ペロブスカイト太陽電池を搭載した、新型の空気質センサーを開発した。半固体電池の内蔵により長寿命と安全性を確立し、ペロブスカイト太陽電池の軽さと柔軟性を表現したデザインを採用している。(2024/3/25)

テクニカルショウヨコハマ2024:
ペロブスカイト太陽電池と鉛蓄電池で電力の「地産地消」を促す
マクニカは「テクニカルショウヨコハマ2024-第45回工業技術見本市-」(2024年2月7〜9日/パシフィコ横浜)に出展し、ペロブスカイト太陽電池や鉛蓄電池システム「soldam」を展示した。(2024/3/13)

医療機器ニュース:
ウェアラブル心電計の開発、販売における資本業務提携を締結
マクニカとココロミルは、次世代機器のサービスソリューションの共同開発と現行製品の販売を目的とした資本業務提携を締結した。マクニカは、ココロミルのウェアラブル心電計および解析サービスの販売を開始する。(2024/3/7)

ユーザーの利便性を落とさず、内部不正や情報漏えいを防ぐには?:
PR:セキュリティの新基準、Webブラウザから始めるセキュリティ強化のカギ
従業員のほとんどが最も使っているにもかかわらず、企業が望む形でセキュリティが保たれていないアプリケーションがある。それはWebブラウザだ。市場では企業向けに再構築されたWebブラウザを“エンタープライズブラウザ”と呼び注目され始めている。本記事では、エンタープライズブラウザが提供する、従来のセキュリティソリューションでは対応しきれなかった課題や解決策について紹介していく。(2024/2/5)

製造ITニュース:
生成AI利用時のプライバシー保護を強化 マイナンバーや住所にも対応
マクニカは、Private AIと販売代理店契約を締結し、生成AIや大規模言語モデルを利用する際のプライバシー保護を強化するサービス「Private AI」の取り扱いを開始した。(2024/1/10)

通期は10社が減収、12社が減益予想:
2024年3月期上期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:21社)の2024年3月期上期(2023年4月〜9月)業績は、集計対象の21社のうち10社が増収増益だった。(2023/12/11)

Edge Tech+ 2023:
エッジでも生成AIは可能、マクニカが「Jetson AGX Orin」に日本語LLMを実装
マクニカは、「EdgeTech+ 2023」において、NVIDIAの組み込みAIボード「Jetson AGX Orin」を用いてエッジデバイス上で生成AIモデルを動作させるデモを披露した。(2023/11/21)

Edge Tech+ 2023:
エッジデバイスをクラウドネイティブにするレッドハット、着々と事例も積み重ね
レッドハットは、「EdgeTech+ 2023」の出展に合わせて横浜市内で会見を開き、同年10月末に一般提供(GA)リリースを開始したエッジデバイス上でのコンテナ運用を可能にする「Red Hat Device Edge」のユーザーやパートナーの取り組みを紹介した。(2023/11/16)

工作機械:
双腕ロボに超大型射出成形機も、芝浦機械が社名変更後初のプライベート展示会
芝浦機械は2023年10月31日〜11月2日の3日間、同社 沼津工場(静岡県沼津市)と御殿場工場(静岡県御殿場市)において「第18回 芝浦機械グループソリューションフェア2023」を開催する。(2023/10/20)

「侵襲型」と「非侵襲型」でデバイス開発が進展:
念じてコーディングも可能に? 脳波×AI活用「ブレインテック」の今
4年ぶりのリアル開催となった「東京ゲームショウ2023」で展示されていたのは、脳波を活用して感情分析する「NEO×AI.R」だ。ビジネスシーンで脳波を活用する価値とは何か、プロダクト開発に、脳波がどう役立つのか。「BrainTech」の現状と併せて話を聞いた。(2023/9/22)

平均年収3000万円超:
全業界の平均年収ランキング  2位「キーエンス」(2182万円)、1位は?
SalesNowは自社のデータベースを使って「全業界平均年収ランキングTOP10」を発表した。1位だったのは……。(2023/8/9)

高まるサプライチェーンリスク、ICS/OTシステムをどう守るか?
サプライチェーンリスクが高まる今、企業はOT領域のセキュリティ対策も求められている。インターネットにつながるICS/OTシステムを保護するにはどうすればいいか。(2023/8/2)

セキュリティ体制構築に悩んだときは:
PR:リソース不足の企業が脅威に立ち向かう現実解 新しいSOCの姿とは
社内でセキュリティ担当者を確保できない場合はSOCの利用を検討すべきだ。だがSOCに丸投げするのは良くない。定期的な報告だけでは情報が不足し、攻撃を受けたときに判断が遅れてしまう。どうすればよいのだろうか。(2023/7/21)

NEWS
URLフィルタリングを回避する脅威「HEAT」とは 求められる対策は?
脅威検知の手法をすり抜けてユーザーに攻撃を仕掛ける手法が広がっている。ブラウザアイソレーションツールを提供するMenlo Securityとマクニカは、検知と防御機能を高めた新しいツールを提供開始した。(2023/7/7)

太陽光:
ペロブスカイト太陽電池で「空気の質」をモニタリング、マクニカらが実証実験
マクニカと東京都は2023年6月19日、ペロブスカイト太陽電池を用いた空気質モニタリングソリューションの実証事業を開始したと発表した。(2023/6/21)

マクニカと共同で展開:
振動計測と機械学習で状態基準保全を容易に、ADI
アナログ・デバイセズは「FOOMA JAPAN 2023」で、マクニカと共同で展開している状態基準保全ソリューションを展示した。MEMS加速度センサーで計測した振動データを機械学習が可能なソフトウェアで解析する。(2023/6/15)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
国内半導体商社も新時代に突入、売上高1兆円企業が誕生
国内の半導体商社でも、ついに「売上高1兆円」を突破した企業が誕生しました。これにより、半導体商社の再編は本格化するのでしょうか。(2023/6/12)

19社が増収増益:
2023年3月期通期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:21社)の2023年3月期(2022年度)通期業績は、集計対象の21社19社が増収増益だった。(2023/6/7)

製造業DX:
PR:組み込み開発はどうすればクラウドネイティブを取り込めるのか
組み込み開発エンジニアにとって、Webアプリケーション開発で活用されているクラウドネイティブは畑違いとも言えるものだった。しかし、デジタル技術の進化とハードウェアの性能向上によって状況は変わりつつある。レッドハットとマクニカの担当者に、組み込み開発はどうすればクラウドネイティブを取り込めるのかについて語ってもらった。(2023/5/22)

ChatGPTを狙った悪用の手口、フィッシングメール作成やプロンプト漏えいも どう対策する?
マクニカが4月21日、ChatGPTを悪用したサイバーリスクについての説明会を開催した。攻撃者によるChatGPTの悪用の他、ChatGPTを組み込んだシステムに対する攻撃もあり、これらは数カ月もすると対策されるというが、情報漏えいの危険性をはらんでいる。(2023/5/21)

人工知能ニュース:
NVIDIAの最新AI開発環境を無償で試せる、マクニカの「AI TRY NOW PROGRAM」
マクニカ クラビス カンパニーは、最新のNVIDIAソフトウェアプラットフォームを自社への導入前に無償で検証できる「AI TRY NOW PROGRAM」を構築し、サービス提供を開始したと発表した。(2023/5/11)

人工知能ニュース:
「LOVOT」がAI顔認証エンジンを搭載、人物特定の精度が向上
サイバーリンクとマクニカは、GROOVE Xの家族型ロボット「LOVOT」に、CyberLinkのAI顔認証エンジン「FaceMe」を搭載した。カメラに映る画像の顔がゆがんでいても、同一人物として特定しやすくなる。(2023/5/8)

「人も、経営層の理解も、予算も足りない」 ないない尽くしの中小企業のDX、どうすべき?
DXを進めようにも人も足りなければ経営層の理解も得られず、当然予算も出ない。当然セキュリティ対策はしなくてはいけないが、やはり予算が不十分。「ないない尽くし」の中小企業では、会社が管理できていない「シャドーIT」や退職後に削除されずに放置されているクラウドサービスのアカウントがセキュリティリスクとなっている。(2023/4/25)

人工知能ニュース:
「Jetson Orin Nano」の開発者キットはエッジでトランスフォーマーモデルが動く
NVIDIAは、「GTC(GPU Technology Conference) 2023」において、組み込み機器向けAIモジュールの新製品「Jetson Orin Nano」の開発者キットを発表した。同年4月の出荷予定で、米国での価格は499米ドル。(2023/3/27)

海外拠点や子会社が危ない:
PR:外部公開サーバを把握できていない企業はなぜ危険なのか ランサムウェア攻撃増加との関係は
ランサムウェア攻撃は企業にとって危険なサイバー攻撃の一つだ。守りを固めるには自社環境の攻撃されやすい部分を見つけ出す必要がある。ところがこの基本ができていない日本企業が多いのだという。サイバー攻撃者が狙うのは「管理者も把握していない資産」だ。見えない資産を可視化して防御するにはどうすればよいのだろうか。(2023/3/24)

Emotet vs. セキュリティ製品 各製品の検知可否を検証してみた
マクニカはEmotetの活動再開を受け、同社が取り扱っている製品でこれを検知できたかどうかを検証して結果を報告した。検証結果によると、一部の製品では、Emotetが用いる新たな攻撃手口に対応できず検知不可になることが分かった。(2023/3/16)

新「Emotet」は500MB超の巨大ファイルで検知すり抜ける マクニカ、セキュリティ製品の検知状況を公表
マクニカは、自社が扱うセキュリティ製品での「Emotet」検知状況を公表した。(2023/3/15)

19社が増収増益:
2023年3月期第3四半期累計 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:21社)の2023年3月期(2022年度)第3四半期累計(2022年4〜12月)業績は、集計対象の21社19社が増収増益となった。(2023/3/13)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「Box運用におけるセキュリティ対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/2/27)

「次はSaaSカオスが来る」 SaaS管理のジョーシス、野村総研とマクニカと業務提携
ITデバイスとSaaSの管理SaaS「ジョーシス」を提供するジョーシス社は2月21日、野村総研、マクニカと業務提携を結んだことを発表した。両社の販売チャネルを活用し、中小中堅企業への販売を強化する。(2023/2/21)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「情報セキュリティ対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/2/6)

マクニカがSAP S/4HANAへの移行を完了 基盤はAzureに
マクニカが基幹業務システムの「SAP S/4HANA」へのマイグレーション(移行)を完了させた。2年がかりの大プロジェクトがスムーズに完了した要因は。(2023/2/3)

組み込み開発 インタビュー:
ロボカップ7年ぶり優勝の要因は、コロナ禍も乗り越えたCIT Brainsの挑戦
3年ぶりのリアル会場での開催となったロボカップの世界大会「Robocup 2022」。このRobocup 2022において、ヒューマノイドロボットで行われるキッドサイズリーグで優勝したのが千葉工業大学の有志メンバーを中心とするチーム「CIT Brains」だ。2014〜2015年連覇から7年ぶりの優勝はどのようにして実現したのだろうか。(2022/10/26)

半径300メートルのIT:
Fortinet製品の脆弱性から考える セキュリティ対策は「Nデイ」に目を向けよ
Fortinetの複数製品における管理画面の脆弱性(CVE-2022-40684)が話題を集めています。既にサイバー攻撃についてのPoCも公開されているため、喫緊の対策が求められています。企業が今すぐできることとは何でしょうか。(2022/10/18)

LED:
マクニカがスピナへ“除菌機能付きLED照明”「VioClean」の導入支援、天井照明で感染症対策
マクニカは、不動産/建設業のスピナに対し、新型コロナウイルス感染症の新たな対策として、紫外線ではない除菌機能を搭載したLED天井照明の導入支援を行った。(2022/9/3)

製造業IoT:
「Jetson」のOTAやOOB管理が強み、AllxonがIoTデバイス運用基盤の日本展開を強化
台湾のAllxon(アルクソン)が、IoTデバイスの運用と管理を行う「Allxon DMS」の日本国内における事業展開を強化する。Allxon DMSは、エッジAIボード「Jetson」のOTAが可能であるとともに、遠隔からIoTデバイスの強制再起動が行えることを特徴としている。(2022/8/23)

DisplayLink、DSP Group、BroadcomのIoT無線事業を相次いで買収:
PR:積極M&AでIoTの総合ソリューションプロバイダーへ飛躍するSynapticsの狙いとは
ヒューマンマシンインタフェース(HMI)関連半導体メーカーとして成長してきたSynaptics(シナプティクス)は近年、大きな変貌を遂げつつある。積極的なM&Aを展開するなど製品ラインアップを大きく広げ、IoTに付加価値を提供するソリューションプロバイダーを目指すという。同社日本法人 事業本部長 高橋庸輔氏にSynapticsの事業戦略などについてインタビューした。(2022/8/22)

東京商工リサーチ調べ:
上場企業の「平均年間給与」ランキング 2位は2182万7000円のキーエンス、1位は?
多くの企業で業績回復が進んでいること、賃上げ傾向があることがわかった。(2022/8/12)

小型版は2022年後半:
NVIDIAが組み込み向けAIモジュール「NVIDIA Jetson AGX Orin」の32GB版の販売を開始 64GB版は11月に
NVIDIAが最新の組み込み向けAIモジュールの販売を「NVIDIA Jetson AGX Orin」の32GB版の販売を開始した。パートナー企業を通して購入可能で、スペックアップした64GB版や、小型の兄弟モジュール「Jetson Orin NX」も後日販売を開始する。【訂正】(2022/8/4)

AI開発環境:
PR:製造業のAI活用に欠かせないコンテナ、導入の鍵は“情シス”か
製造業のAI活用に期待が高まる一方で、実際にはAI導入が依然として進んでいない状況がある。これにはどういった理由があるのだろうか。数多くの製造業にNVIDIAの製品やサービスを中心にAI関連のソリューションを提案してきたマクニカ クラビス カンパニー所属の北島佑樹氏と山田智教氏に話を聞いた。(2022/7/19)

エッジAI:
PR:サーバクラスの処理性能がエッジAIに、「Jetson AGX Orin」の力を引き出すには
リアルタイム性などが求められる製造業のAI活用で注目を集める「エッジAI」。このエッジAIの“本命”として期待されているのがNVIDIAの「Jetsonシリーズ」の最新モデル「Jetson AGX Orin」と「Jetson Orin NX」だ。製造業にJetsonシリーズを提案してきたマクニカも、サーバクラスのAI処理性能を実現するJetson AGX OrinとJetson Orin NXの活用を促進すべく、さらに活動を加速させている。(2022/7/11)

FAニュース:
熟練技能をAIが継承、経験と勘の数値化へ協力
芝浦機械とマクニカは、加工オペレーターの熟練技能を継承するため、AIを活用することを発表した。工作機械の加工状況の管理や工具の摩耗管理を自動化し、産業機械の高度化を図る。(2022/7/1)

製造ITニュース:
ローコード開発で16年の実績を持つMendixが語る、DXがうまくいかない3つの理由
ローコードアプリケーション開発プラットフォームを展開するオランダのMendixは2022年6月9日、記者説明会を開催し、ローコード開発の現状と日本でのビジネス展開をについて紹介した。(2022/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.