• 関連の記事

「メイドインジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メイドインジャパン」に関する情報が集まったページです。

MarTechまとめ2021:
【ECプラットフォーム】黒船「Shopify」が人気、国産勢もスモールスタート可能なツールが充実
D2Cブームやコロナ禍で加速する小売業のDXを背景に、ECプラットフォーム市場が引き続き成長中。国内外の主要ツールについてまとめました。(2021/9/30)

米Amazonに「日本製」アピールした商品特集ページ 出遅れる日本企業の海外販売を支援
アマゾンジャパンが、ECサイト「Amazon.com」上に日本製品の特集ページをオープンすると発表した。出品やマーケティング支援を行うプログラムを日本企業に提供する。(2021/9/29)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリンには、なぜハイオクとレギュラーがある?
どうしてガソリンにはハイオクとレギュラーが用意されているのか、ご存知だろうか? 当初は輸入車のためだったハイオクガソリンが、クルマ好きに支持されて国産車にも使われるようになり、やがて無鉛ハイオクガソリンが全国に普及したことから、今度は自動車メーカーがその環境を利用したのである。(2021/9/27)

治験情報サイトでの調査:
国産の新型コロナワクチン、約2万人が「治験に参加したい」 なぜ?
治験情報サイト「生活向上WEB」上で約2万人が、国産の新型コロナワクチンの治験に参加希望を出していることが分かった。なぜなのか? また、治験に参加したくない側の意見も聞いた。(2021/9/16)

3Dプリンタニュース:
造形物表面の積層痕をなくす光造形方式3Dプリンタ向け表面加工技術を確立
B´fullは、光造形(SLA)方式3Dプリンタで造形したフィギュア表面の積層痕をなくす表面加工技術「積層レスコート」を開発し、同社の純国産フィギュアブランド「B´full FOTS JAPAN」で販売する商品に採用した。(2021/9/15)

CADニュース:
3D設計の最適化を支援する国産3D CAD/CAMシステムの新バージョン
日本ユニシス・エクセリューションズは、3D CAD/CAMシステムの新バージョン「CADmeister 2021」の提供開始を発表。使い勝手の向上に加えて、IoTや解析技術との連携による設計の標準化や自動化、3D設計の最適化を支援する機能強化が図られている。(2021/9/14)

BURROW:
将棋盤の会社が「樽型サウナ」発売 国産ヒノキで地産地消に貢献
碁盤や将棋盤を生産する茨城木工は9月10日、小屋とサウナを手掛けるブランド「BURROW(バロウ)」を立ち上げたと発表した。(2021/9/10)

’80s国産名車・NSR250R [MC18]完調メンテ【識者インタビュー:現代の視点でも戦闘力は十分】
今も絶大な人気を誇る‘80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は’80〜’90年代の2スト全盛時代を象徴する名車・ホンダNSR250R[MC18]を紹介。本記事ではモトールエンジニア・藤田浩一氏のインタビューとおすすめモデルをお届けする。(2021/9/3)

光通信の速度100倍へ 官民で次世代半導体の開発強化
光通信の高速化と省電力化に向け、総務省とNTTなど各社が官民で次世代半導体の研究開発に乗り出すことが分かった。2025年度末までに現行の100倍となる毎秒1テラビットの速度と10分の1の省電力化の両立を目指す。「安全保障上も中国の技術は使えない」(政府幹部)ため、政府は予算を倍増させて国産技術の育成を支援するという。(2021/8/30)

京セラ、法人向け防水タブレット「KC-T304/T304C」発表
京セラは、国産の法人向けWi-Fiタブレットを発表。「KC-T304」は受注生産品として10月から受付開始し、「KC-T304C」は2022年春に販売を開始する。(2021/8/23)

【Amazonタイムセール祭り】日本製不織布マスクが特価 洗剤・プロテインなどまとめ買いがお得なアイテムまとめ
バブもお買い得。(2021/8/17)

JAXA、国産「空飛ぶクルマ」研究開発に協力 国内最大の「風洞実験装置」提供
SkyDriveが、「空飛ぶクルマ」のローターが生む推力などの解析に向け、JAXAと共同研究を始めたと発表。JAXAが保有する日本で最も大きい風洞実験装置でローターの設計などに必要なデータを集め、活用する。(2021/8/10)

日本文化に海外も注目:
海外人気が高い日本のエンタメコンテンツを発表! 外国人が大人買いしたコミックは?
越境EC(電子商取引)などを手掛けるBEENOS(ビーノス、東京都品川区)は、2021年上半期に海外で人気となった日本のコンテンツを分析した「2021年上半期 越境エンタメ トレンドレポート」を発表した。海外ではどのよう日本製コンテンツの注目度が高いのだろうか。(2021/8/6)

週刊「Honda NSX」17日創刊 来年生産終了する“国産スーパーカー”を8分の1サイズで
デアゴスティーニ・ジャパンはホンダの高級スポーツカー「NSX」の8分の1サイズ・ダイキャストモデルを作るマガジン「Honda NSX」を8月17日に創刊する。(2021/8/3)

「燃える氷」回収技術が一歩前進 新潟・上越沖で調査
国産の次世代資源として注目されているメタンハイドレート。新潟大学などと回収技術開発を進めているシンクタンク、独立総合研究所が7月上旬、多くのメタンハイドレートが存在するとされる新潟県上越市沖の海底などを調査したところ、新たな知見が得られたという。(2021/8/3)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高速道路の最高速度が120キロなのに、それ以上にクルマのスピードが出る理由
国産車は取り決めで時速180キロでスピードリミッターが働くようになっている。しかし最近引き上げられたとはいえ、それでも日本の高速道路の最高速度は時速120キロが上限だ。どうしてスピードリミッターの作動は180キロなのだろうか? そう思うドライバーは少なくないようだ。(2021/8/2)

新構法:
戸建て一般流通材で非住宅の大スパンを実現、単価を4割削減する竹中工務店の新木架構システム
竹中工務店は、戸建て住宅用の一般流通材を用いて、非住宅の大スパンを可能にする木加構システム「ダブルティンバー」を開発した。ダブルティンバーは、特殊技術を必要としないため、戸建て住宅の協力会社でも施工することが可能で、小中断面集成材のみで構成することにより、構造部材を国産地域材100%とすることが実現する。(2021/7/30)

岡山「国産あなごと牛しぐれ煮弁当」:
岡山駅の味をいつでもどこでも我が家で! 岡山の冷凍駅弁
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは岡山の駅弁「国産あなごと牛しぐれ煮弁当」です。(2021/7/30)

【Amazonタイムセール祭り】日本製不織布マスクがお買い得 日焼け止め・制汗剤など夏の必需品まとめ
かなり暑くなってきた……。(2021/7/16)

ホンダ完全監修で実現 ディアゴスティーニ、国産スーパーカー「Honda NSX」1/8スケールで立体化
細かなパーツも忠実に再現。(2021/7/13)

Japan Drone:
ソニーのドローン「Airpeak S1」が構成パーツを披露、ステレオカメラ5台搭載
ソニーグループは、「Japan Drone 2021」において、2021年9月発売予定の業務用ドローン「Airpeak S1」を披露した。国産ドローンとしてハードウェアを独自開発しており、高い運動性能や耐風性能、高度な制御システムに加え、小さな機体サイズにフルサイズミラーレス一眼カメラ「α」が搭載可能であり、プロ映像制作向けに展開する方針だ。(2021/7/13)

GRANDIT、「商社・卸売業」と「サービス業」向けに国産クラウドERPを提供 2021年10月にサービス開始
GRANDITは、各種基幹業務に対応する中小企業向けクラウドERP「GRANDIT miraimil」の提供を開始する。10種類の基幹業務機能から必要なものを組み合わせて利用できる。サービス開始時は「商社・卸売業」と「サービス業」に特化したプランを提供する。(2021/7/7)

高級ブランドも採用した山梨県の紙ストロー 一気に攻勢
森林の管理・保全の国際認証である「FSC」認証を得た唯一の国産紙ストローで、水に浸しても1時間以上耐えられるなど優位性を訴える。(2021/7/5)

安定的に供給したい:
塩野義の国産ワクチン 年明け6000万人分供給可能
塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルスワクチンを生産・供給できる人数が、来年1月から年間最大6千万人分へ倍増することが26日、分かった。これまで「3千万人」としていた。手代木功社長が産経新聞のインタビューで明らかにし、「国産ワクチンを安定的に供給したい」と述べた。(2021/6/26)

3Dプリンタニュース:
フィギュア向け「肌表現」技術、3Dプリンタで皮膚と内部の2重構造を再現
B´fullは、純国産フィギュアブランド「B´full FOTS JAPAN」で、フィギュアの肌を美しく見せる「肌表現」を開発した。皮膚部分と内側部分の2層構造にし、塗装では難しかった、光に感応する美肌を表現できる。(2021/6/21)

エコ燃料の国産化「オールジャパンで」 ANAHDの宮田執行役員
政府主導で二酸化炭素の排出削減に向けた動きが活発化する中、SAFの安定供給を早期に実現するため、国産品の開発で企業や組織の枠組みを超えた協力に前向きな姿勢を示した。(2021/6/18)

中国が飛行士3人打ち上げ 独自宇宙ステーション建設加速へ
中国は17日午前9時22分(現地時間)、北西部にある酒泉衛星発射センターで、国産運搬ロケット「長征2号F遥12」を使用して有人宇宙船「神舟12号」を打ち上げた。搭乗した宇宙飛行士3人は、中国が建設を進めている独自の宇宙ステーションに3カ月間滞在する。(2021/6/18)

農水省が仕掛ける「SNS」 「ところてんの日」には「ぬ」の乱立でバズる!
農林水産省がTwitterの公式アカウントで、ところてんをPRしたところ、過去最大級にバズっている。官庁アカウントにはお堅いイメージが付きまとうが、国産の農林水産物を紹介しつつ、親しみのある投稿で話題を集めている。その秘密を「中の人」(担当者)に聞いた。(2021/6/17)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「巣ごもり」「国産」「Z世代」、中国ネットセールに見る消費の新潮流
も耳にしたことがあるだろう。では「618セール」はどうか。そもそも知られていない「618セール」だが、「中国の消費の成熟を示す新しいトレンドが出てきて面白い」と聞いたため、自身の情報収集も兼ね、今年のトレンドを紹介する。(2021/6/17)

日本郵便、23年にドローン配送実用化 開発会社に30億円出資
日本郵便はドローンによる配送サービスの実用化に向け、国産ドローンの開発を手掛ける自立制御システム研究所(ACSL、東京都江戸川区)と日本郵政キャピタル(東京都千代田区)と業務提携を結んだと発表した。(2021/6/16)

IoTセキュリティ:
協業強化の第1弾で、IoT機器向け国産ファジングテストツール提供開始
富士ソフトは、FFRIセキュリティとのサイバーセキュリティ分野における協業を強化した。第1弾として、IoT機器向けの国産ファジングテストツール「FFRI Raven」と同ツールのテスト実施サービスを提供する。(2021/6/11)

国産ゲノム編集ツールでヒト細胞のゲノム編集に成功 海外特許に依存しない創薬・医療応用に期待
徳島大学大学院などの研究グループは、国産ゲノム編集ツール「TiDシステム」を使ってヒト細胞でのゲノム編集に成功した。今回の成果により、海外特許に触れることなく、創薬や医療分野へのゲノム編集技術の応用が期待できるとしている。(2021/6/7)

「ウィザードリィ外伝 五つの試練」がSteamで6月18日発売決定 日本製「Wiz」スピンオフの傑作がまた遊べる!
「ウィザードリィ」好きにはたまらないやつ!【追記:発売延期になりました】(2021/6/5)

Afternoon Tea LIVINGから「SNOOPY IN TOKYO」がテーマのコラボ雑貨 観光スタイルのスヌーピーがキュートです
こだわりのメイドインジャパンのアイテム。(2021/5/31)

【Amazonタイムセール祭り】日本製不織布マスクがお買い得 ビオレの泡ハンドソープやウェットシートなど衛生用品まとめ
マスクがつらい季節になってきた……。(2021/5/23)

「Vine Linux」リリース終了 1998年誕生、国産Linuxディストリビューションの先駆け
「Vine Linux」のリリースが終了。国産Linuxディストリビューションの先駆けだった。(2021/5/7)

医療機器ニュース:
ARを活用した国産の人工膝関節置換術支援システムが薬事承認
東京大学とシェルハメディカルは、低コストかつ簡便な人工膝関節置換術用AR手術ナビゲーションシステム「Ortho Raptorナビゲーションシステム」を開発し、医療機器薬事承認を取得した。(2021/4/27)

ドローン:
“安全安心”な国産ドローンが1年弱で完成、産業用小型市場を開拓へ
NEDOが2020年度から進めてきた事業「安全安心なドローン基盤技術開発」の成果について説明。同事業は、災害調査やインフラ点検における政府や公共部門のニーズに対応する、安全性や信頼性を確保した標準ドローンを設計・開発する内容で、コロナ禍の中1年弱で新たなドローンの開発にこぎつけた。(2021/4/14)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年4月)
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好調です。主に国産ブランドが上位を争っています。(2021/4/13)

実際に使ってみた:
PR:シリコンバレーと日本企業の“いいとこどり” 徹底した使いやすさとコスパの電子契約サービス「SignTime」とは?
活況の電子契約市場に、新たなサービスが登場した。シリコンバレー出身のメンバーが開発し、メイドインジャパンならではの心配りで使いやすさとコストパフォーマンスを両立した「サインタイム」だ。本記事では、サインタイム社代表取締役、ならびに執行役員へのインタビューと製品レビューを通し、同サービスを徹底解説する。(2021/4/19)

U-NEXTから学ぶ、グローバル企業への道:
英語だけじゃない! 海外の優秀な人材を獲得するために必要なこと
国際的な動画配信サービス業界の競争の中で、国産の国内向けサービスを運営するU-NEXTは、どのようにグローバル化を進めていったのか。現在は17カ国の社員がいるU-NEXTが、今に至るまでの苦労や努力を聞いた。(2021/4/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年4月)
「Salesforce Pardot」「Hubspot」「Marketo Engage」など海外MAツールが上位を独占。国産ツールでは新興勢力の「BowNow」が健闘しています。(2021/4/6)

お菓子メーカー・ブルボンが「日本製マスク」をオンラインショップで販売開始 自社工場で製造した不織布マスク
売り上げの一部が日本赤十字社に寄付されます。(2021/3/31)

スマートアグリ:
東南アジアでも日本品質のトマトやいちごを高収量で生産できる「植物工場」とは
アジアモンスーンPFSコンソーシアムが「アジアモンスーンモデル植物工場システム」を発表。野菜や果物の効率的な栽培で知られるオランダ式ハウス栽培施設が1ha当たり6億〜8億円かかるところを、今回開発した技術であれば1ha当たり2億円未満に抑えられる。トマトやいちご、パプリカなどの生産性や品質についても十分な成果が得られた。(2021/3/29)

上野宣氏、辻伸弘氏、徳丸浩氏も参画:
PR:国産のセキュリティ資格「SecuriST」が登場 DX時代を担うセキュリティ人材の育成を支援
いま、企業では高度化するサイバー脅威への対応とIT人材不足が大きな課題となっている。特に経済産業省が指摘したように、セキュリティ分野の人材不足は深刻だ。こうした状況に打開策はあるのだろうか。サイバーセキュリティ教育サービスを提供しているグローバルセキュリティエキスパート(GSX)に、セキュリティ人材不足の現状と打開策を聞いた。(2021/3/16)

鳥貴族、チキンバーガー専門店「TORIKI BURGER」を発表 今夏オープン
鳥貴族のDNA(チキン、均一価格、国産)を有する、新たな業態の創出・育成を目指す。(2021/3/5)

国産SaaSの「SAML-IdP未対応」問題は、SSOの壁になるのか? ID管理ベンダー、Oktaが語った現状
テレワークが普及し、安全かつ効率的に業務アプリの利用を進めるニーズで注目を集めるのがシングルサインオンだ。ID管理サービスベンダーのOktaは、日本市場向けに、国産SaaSとの連携を高める施策を発表したばかりだ。その現状と国産SaaS市場とグローバル市場の技術的な違いについて聞いた。(2021/2/9)

ユニ・チャームが日本製「N95マスク」を生産 2021年春に発売
医療従事者向けに数量限定。(2021/1/28)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

ドローン:
NTT東日本など3社が国産ドローンの新会社を設立、まずは農業分野にフォーカス
NTT東日本、オプティム、WorldLink & Companyがドローン分野における新会社「株式会社NTT e-Drone Technology(NTTイードローン)」を設立する。スカパーJSATグループのエンルートの一部事業を譲り受けて自社でドローンを開発する機能を持つとともに、ドローンサービスやドローン運用支援などの事業を展開する。(2021/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.