• 関連の記事

「メイドインジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メイドインジャパン」に関する情報が集まったページです。

現在は米国製が主流:
NDKとJAXA、国産の宇宙用QCMセンサー開発に向け共創を開始
日本電波工業(NDK)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は国産の宇宙用QCM(Quartz Crystal Microbalance)センサー開発を目指す共創活動を開始したと発表した。2024年度の開発完了と2025年度の軌道上実証を目指す。(2024/2/20)

ビジネスチャット「Chatwork」一時不安定に 現在は「復旧」
国産ビジネスチャット「Chatwork」を運営するChatwork社は19日、Chatworkへのアクセスが一時不安定になったと明らかにした。既に復旧している。(2024/2/19)

バッドボーイズ佐田、ヴィンテージものの“国産車”を死の淵から蘇生 男たちの激闘に感動の嵐「涙が出てきました」「最高の瞬間」
最高の復活劇!(2024/2/18)

「お金が必要になった」 ゆきぽよ、“20代で一括購入”の国産愛車を売却へ 相棒との別れに「寂しかったけど気合い入った」 
仕事を頑張って買った思い出の車。(2024/2/18)

“フェラーリ女子”YouTuber、追突の加害者へ“中古国産車を贈って”賛否「相手はバカでかい十字架を背負う」「人を見定めた結果」
加害者には以前「怒りは一切ありません」(2024/2/18)

前澤友作、納車した“最高級の国産車”がレベチすぎ 数千万円かけた快適空間に「なんじゃこりゃぁ!」「車内というよりリビング!」
4億以上した1台から続けてゲット。(2024/2/13)

医療機器ニュース:
2023年の国内DTx市場の調査結果を発表、76製品が開発中と推計
矢野経済研究所は、国内のDTx市場に関する調査結果を発表した。2023年11月時点で研究、開発が開始されている国産DTx製品数は推計76で、2020年代後半には数十まで拡大すると予測する。(2024/2/13)

ソフトバンクの生成AIは「1兆パラメーター目指す」と宮川社長 “蒸留”して「研ぎ澄まされたLLMに」
ソフトバンク子会社のSB Intuitionsが開発している国産大規模言語モデル(LLM)は、1兆パラメーター超えを目指す──ソフトバンクの宮川潤一社長が見通しを語った。(2024/2/7)

マンガ『神血の救世主〜0.00000001%を引き当て最強へ〜』の単月販売金額が1.2億円突破 国産WEBTOON作品では初の大台超え
作品タイトルの確率より珍しいことでは。(2024/2/7)

羽賀研二、「最上級グレードの国産車」を無料ゲット “お世話になった大物”からプレゼントで笑い止まらず「もらったことはさすがにない」
4年しか乗っていないアルファード。(2024/2/6)

角田信朗、5年乗った相棒から「国産高級車」へ乗り換え “似合ってる”と周囲が黄色い声も「セレモニーは恥ずかしかった」
“大袈裟”と受け取ったもようです。(2024/2/4)

リサイクルニュース:
レコテックが自動車部品向け梱包資材に国産100%のPCR材を供給開始
レコテックは、廃プラスチックを再生させたPCR(Post-Consumer Recycled resin)材「pool resin」を、自動車部品向け梱包資材の原料として豊田通商に供給を開始する。ハンガーカバーや保護袋などを原料とした国産100%のPCR材だ。(2024/2/1)

テリー伊藤、50年ぶり再会の“激レア国産旧車”に感嘆 「これ乗ってたら勝者だね」
リアスタイルがすてき。(2024/1/31)

「テンダラー」浜本、50年モノ“国産旧車での走り初め”が快調そのもの 現役バリバリな姿に「名車中の名車」「ニヤニヤしてしまうの分かる」
かっこいいなぁ。(2024/1/31)

製造ITニュース:
日本産食品の価値を守る、新たな原産地証明サービスを開始
日本流通管理支援機構は、微量元素/同位体分析を活用して、農産物などの原産地を証明するサービス「産地の証印」の提供を開始した。同サービスにより産地偽装品の流通を防止することで、日本ブランドの食品の価値を守る。(2024/1/30)

バッドボーイズ佐田、蘇生後の“50年モノ国産車”で感動ドライブ 自ら1年半のエンジン修理で「快調ぶりヤバい!」「令和に走ってるのがステキ」
シャンテおめでとう!(2024/1/25)

“人間中心”のAI共生社会を目指して:
PR:日本語に強く、軽量でマルチモーダルな国産LLM「tsuzumi」の挑戦と将来ビジョン
ChatGPTの登場以降、世界各国で生成AI/LLM(大規模言語モデル)の開発競争が激化しているが、実はここ日本でも「国産LLM」の機運が高まっている。そんなムーヴメントをけん引する代表的な一社がNTTだ。NTT版LLM「tsuzumi」の開発をリードした、NTT人間情報研究所の西田京介氏に話を伺った。(2024/1/25)

23年度は苦戦も:
日本製半導体/FPD製造装置の販売高、24年度以降は2桁成長へ
日本半導体装置協会は2024年1月18日、2023〜2025年度における日本製半導体製造装置およびFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の販売高予測を発表した。2023年度は、ともに厳しい予測だが、2024年度以降は2桁成長を見込んでいる。(2024/1/22)

「温泉からサメが出ます」 国産サメ映画「温泉シャーク」公式のネタバレに反響 「意外」ととぼける人も
サメ映画にちゃんとサメが出るなんて……!(2024/1/19)

千鳥ノブ、芸人仲間の国産高級車購入に「めっちゃいいやん」 “丁寧な前フリ”も「本当に旧車は好きだった」
スズキ「ジムニー」との2択で迷った、とのこと。(2024/1/19)

AIドリームチーム「Sakana.ai」が人材募集 AWS・GCPや日本産HPCインフラの利用経験があるエンジニアなど 設立者は元Googleトップ研究者ら
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏らが東京で立ち上げたAI企業Sakana.ai(東京都港区)が、ITエンジニアやビジネスアナリストといった人材の募集を始めた(2024/1/18)

ロボット:
日本製の墨出しロボが海外市場に本格進出 未来機械と竹中などが開発
未来機械は、竹中工務店やレンタルのニッケンとともに開発した墨出しロボットを東南アジアなどのグローバル市場で販売に乗り出した。未来機械にとっては、中東向けソーラーパネル清掃ロボットに続く、海外進出となる。(2024/1/15)

ロンブー亮、“絶滅危惧種”な国産旧車と対面で大興奮 35年モノの希少性を熱弁「フェラーリ乗るより難しい」
興奮ぶりがスゴい。(2024/1/14)

バッドボーイズ佐田、“50年モノ国産”愛車の蘇生で感動の渦 1年半ぶりの鼓動に「エンジン音聞いたら泣けてきました」
とうとう復活!(2024/1/14)

「日本の自動車メーカー頭いい」 テリー伊藤、“フランス車みたい”な国産小型車に感嘆の声 新車は終了→視聴者「再販してほしいなぁ」
顔違いの「スペイド」もありましたね。(2024/1/11)

リサイクルニュース:
くら寿司の廃食用油を国産SAF原料に活用
くら寿司、日揮ホールディングスらは、くら寿司の国内全店舗から出る廃食用油を持続可能な航空燃料であるSAF原料に活用することを目的に、廃食用油の継続的な供給、利用に関する基本合意書を締結した。(2024/1/9)

田村亮、独立後初の動画で「34年前の国産愛車」と偶然鉢合わせ “乗車当時の状態再現”した1台に驚がく「真似してくれてんの」
どういうこと!?(2024/1/8)

MONOist 2024年展望:
2024年は品質不正撲滅に“待ったなし”、「不正ができない」体制をどう作るか
2023年は品質不正の問題が製造業を大きく揺るがした。ここ数年続いている品質不正についての問題はいまだに収まる兆しは見えず「日本品質」の陰りにつながっている。「透明性」に問題を抱える日本のモノづくり現場において同様の問題が今後も続くのは明らかで、早期に抜本的な取り組みが必要だ。(2024/1/5)

スノボ・スキーで人気の国産車 3位「アルファード」、2位「ハイエース」、1位は?
スノボやスキーに行く際、乗りたいクルマは何か。日本トレンドリサーチ・グーネット中古車が共同で調査した結果を発表した。(2023/12/29)

川崎麻世、“住居事情”で国産新車を買い替え 自分へのプレゼントは黒光りする1台「以前と同じ色を選びました」
これまでと引き続き黒ボディのマツダ車に。(2023/12/28)

1枚500円以上!? 超希少な「東京産カカオ豆」を使った高級キットカットを食べてみた
東京・小笠原諸島で育った国産カカオ豆を一部使用して作られました。(2023/12/28)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
日本製鐵のUSスチール買収、円安なのになぜ? 「数千億円の損失」リスクも
日本製鐵のUSスチール買収のニュースは、日本のみならず米国の一般市民やバイデン大統領さえ懸念を隠さないほどの衝撃をもたらした。しかし、今の為替レートは数十年ぶりの歴史的な円安だ。同社はなぜ今、買収に踏み切ったのか。(2023/12/22)

お金持ち若手芸人、愛する国産高級車の“ボディカラー”に先輩「珍しくない!?」 注目浴びて副産物も「いやらしい話テレビ出さしてもらって」
やり手だ。(2023/12/21)

国産量子コンピュータ3号機稼働 部品は「できるだけ国産」 クラウドサービスも始動
大阪大学量子情報・量子生命研究センターの北川勝浩センター長などからなる研究チームが、国産第3号機となる量子コンピュータの稼働を始めたと発表した。12月22日には、同コンピュータの性能をクラウド経由で使えるサービスも始める。(2023/12/20)

大谷翔平が会見で着用? 米ファッション誌が報じた「国産時計」の“まさかの価格”に驚き「さすが翔平くん」
価格は60万5000円。(2023/12/17)

「コシヒカリ」の特徴は“甘み”以外に何がある? 主な産地は?
「コシヒカリ」は国産米を代表する品種です。(2023/12/17)

国産量子コンピュータ初号機「叡」ロゴ公表 希釈冷凍機や集積回路をイメージ
理化学研究所は12月14日、3月に稼働を始めた国産超伝導量子コンピュータ初号機「叡」(えい、英語表記は“A”)のロゴマークを公表した。(2023/12/14)

さくら田中社長メールインタビュー 国産初ガバクラ入りの所感や、海外勢との戦い方は
“ガバクラ入り”を果たしたさくらインターネットは今後、どんな戦略で市場を攻略していく方針なのか。(2023/12/11)

サンマルクカフェ、2024年「福袋」を発表 ジーンズメーカーとコラボ
サンマルクカフェ(岡山市)は12月26日から、国産ジーンズメーカーであるジョンブル(岡山県倉敷市)とコラボした福袋を発売する。両社のコラボ福袋は2年目となる。(2023/12/8)

オール巨人、30年モノな“伝説の1台”に自負「ここまでキレイな車はない」 国産愛車の雄姿に称賛の声「気品がある」「凄くエレガント」
34年前の車とはとても思えない。(2023/12/5)

富士通と理研が共同開発:
超伝導量子コンピュータ国産2号機、企業と連携で用途開拓へ
富士通と理化学研究所は、新しい64量子ビット超伝導量子コンピュータを発表し、実機を公開した。同機はアプリケーション開拓に向けた利用を想定している。(2023/12/5)

国内初、“黒トリュフ”の人工発生に成功 岐阜県森林研究所が発表
岐阜県森林研究所は、国内で初めて人工的に国産黒トリュフを発生させることに成功したと発表した。(2023/12/4)

「心底惚れて」「毎日うっとり」 宮里藍、新たな愛車を公開→国産車のチョイスに反響「庶民的」「きれいな色」
深みのあるレッドがかっこいい!(2023/12/1)

2023国際ロボット展:
三菱電機が国産リニア搬送システムを2024年投入へ、電気電子部品など主要市場に
三菱電機は「2023国際ロボット展」において、開発中のリニア搬送システムを参考出展した。2024年秋の発売を予定している。(2023/12/1)

「GLAY」HISASHI、溺愛の“激シブ国産旧車”が街中で注目の的 「文句なしのカッコ良さ」「後世に残してほしい車」
RX-7を2台持ちのHISASHIさん。(2023/11/30)

24年度のAI予算は1640億円要求:
国産の生成AI/基盤モデルの開発へ、経産省が講演
経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア・情報サービス戦略室 企画官の小川宏高氏は、「EdgeTech+ 2023」のセミナーに登壇し、生成AIを中心に、日本の半導体・デジタル産業戦略について語った。(2023/11/30)

住民も期待:
誰でも「ベテラン職員並み」に? NECと相模原市「国産生成AI」の共同検証へ
NECと神奈川県相模原市は10月、自治体業務における生成AI活用に向けた協定を締結した。NECが提案する、生成AIの活用アイデアとは。(2023/11/29)

日本政府の共通クラウド基盤に初の国産サービス さくらインターネットが仲間入り
デジタル庁が、日本政府の共通クラウド基盤「ガバメントクラウド」(政府クラウド)として、さくらインターネットのクラウドサービスを新たに選定したと発表した。(2023/11/28)

GaN/SiCに対応した最新バージョンが登場:
PR:電源の損失解析が大幅進化! 「純国産」の高速回路シミュレーター
電源/パワーエレクトロニクス分野では、GaN/SiCパワーデバイスの採用が進んでいる。そこで課題になっているのが、回路設計時のシミュレーションだ。スマートエナジー研究所が手掛ける高速回路シミュレーターは損失解析の機能などを拡充し、GaN/SiCパワーデバイスを用いた高効率電源の回路設計を支援する。(2023/11/28)

サントリー、国産ウイスキー値上げ 「響30年」「山崎25年」「白州25年」は36万円に
サントリー(大阪市)は、国産プレミアムウイスキーの一部商品を値上げすると発表した。「サントリーウイスキー 響 30年」「サントリーシングルモルトウイスキー 山崎 25年」「サントリーシングルモルトウイスキー 白州 25年」は希望小売価格を16万円から36万円に引き上げる。(2023/11/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.