• 関連の記事

「保守」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「保守」に関する情報が集まったページです。

CAEニュース:
構造解析や流体解析ソフトウェアなどのCAEソフトウェアの取り扱いを開始
SB C&Sは、ANSYSとValue Added Distributer契約を締結し、構造解析や流体解析ソフトウェアなどのCAEソフトウェアの取り扱いを開始する。ライセンス提供をはじめ、保守サービスの提供も予定している。(2021/9/13)

FAニュース:
働き方の多様化に合わせる、レノボが見据えるPCサポートサービスの在り方
レノボ・ジャパンは2021年8月31日、同社製品の保守サポートなどを担うNECパーソナルコンピュータの群馬事業場に関する説明会を開催した。同事業所では働き方の多様化に合わせて、今後カスタマーフルフィルメントサービスの強化を進める方針だ。(2021/9/9)

データ活用で生まれ変わるイプスウィッチ港
輸出港がAI×IoTで「スマート港」へ“船出” クレーン停止時に狙い撃ち保守
英国最大級の穀物輸出港、イプスウィッチ港はBT GroupのIoT技術を駆使し、データ分析に基づいた港湾運営に乗り出す。大手ITベンダーと手を組んでどう生まれ変わるのか。「進化」に精を出す同港の取り組みを追った。(2021/9/8)

組み込み採用事例:
無人通信施設の漏水監視に採用された、バッテリー不要の漏水センサー
エイブリックの「バッテリーレス漏水センサー」が、東日本電信電話の無人通信施設に採用された。漏水した設備や場所を遠隔地から監視、制御でき、敷設工事やメンテナンスが不要なため、保守作業員の負担低減に貢献する。(2021/9/6)

みずほ、システム担当者3年間で6割削減 ブラックボックス化進む
みずほ銀行でシステム障害が相次いでいる問題で、みずほフィナンシャルグループ(FG)が基幹システムの開発などを担当する人員を全面稼働後に約6割削減していたことが31日、分かった。障害の多発や、原因究明の遅れの背景として、システムの保守管理に関わるノウハウが十分に引き継がれなかった可能性も指摘されており、信頼回復に向けた取り組みは時間を要しそうだ。(2021/9/1)

スペクトラムアナライザーの基礎知識(1):
スペクトラムアナライザーの概要と種類
今回は、無線通信機などの高周波を取り扱う機器の開発、生産、保守の現場では必須の測定器、スペクトラムアナライザーについて解説を行う。(2021/8/17)

物流向け統合管理システム提供へ GROUNDと日本ユニシスがパートナーシップ
GROUNDと日本ユニシスは、物流施設向け統合管理、最適化システム「GWES」の提供に当たってパートナーシップ締結に合意した。両社のネットワークを通じて販売し、導入支援や保守サポート体制を強化する。(2021/7/30)

富士ソフト、PC本体のレンタルから運用保守まで一括対応する「デスクトップフルサービス」
富士ソフトは、PCのレンタルに加えOS更新やセキュリティ対策/運用保守などをワンストップで対応する「デスクトップフルサービス」を発表した。(2021/7/26)

Microsoft Focus:
全バンキングシステムをAzureへ 北國銀行「9割は保守運用」だったIT投資を転換 支えたMSの金融クラウド戦略
厳格なセキュリティや法規制の壁を越えて、金融サービス業界のクラウド化が進みつつある。大手をかけるベンダーとして、Microsoftは日本の金融市場でクラウドの共創をどう進めるのか。国内外の戦略と、象徴的な事例でもある北國銀行の頭取が語ったメッセージから読み解こう。(2021/7/16)

維持管理:
日立が「インフラテック実証プロジェクト」参画、地下埋設物を可視化
日立製作所は、「インフラテック実証プロジェクト」において、レーダーやAI解析により社会インフラ保守の高度化に向けた実証に参画し、独自のサービスで下水道工事で課題となる地下埋設物を可視化する。(2021/6/30)

ロボット:
22.86mmの狭小空間に応じる電力設備用の点検ロボ、東工大発ベンチャーHibotがGEと提携
HiBotは、発電機検査ロボットでGEとライセンス契約を結び、ロボットおよび周辺サービスを一体的に提供する「RaaS事業」で電力業界の保守点検領域に本格参入した。(2021/6/25)

公取委、行政システム受注の「囲い込み」を調査
公正取引委員会は、政府や地方自治体が調達する情報システムの契約状況について実態調査を始めた。企業が情報システムに独自の仕様を用い、特定のIT企業が今後の保守などを受けやすくするといった、独禁法に問題があるケースが起きていないかなどを確認する。(2021/6/10)

自然エネルギー:
落差120mで360世帯分を発電、運用保守を自動化した小水力発電所
不動産事業を手掛けるヒューリックは2021年5月、群馬県利根郡で建設を進めていた「川場谷小水力発電所」が完成し、発電を開始したと発表した。日常の運用保守(O&M)を自動化しているのが特徴の発電所だという。(2021/6/8)

アンリツ MU100090B:
5G通信の開通保守向け、高精度GNSS同期発振器
アンリツは、ポータブル測定器「ネットワークマスタ プロ MT1000A」に、高精度GNSS同期発振器「MU100090B」を追加した。通信ネットワークの開通や保守現場で高精度測定を可能にし、5Gネットワークの普及に貢献する。(2021/5/31)

製造ITニュース:
AIの品質維持作業を効率化するモニタリングツールのβ版を発表
Citadel AIはAIシステムの自動モニタリングなどにより、品質維持や保守作業を効率化するツール「Citadel Radar」のβ版の利用募集を開始した。自動モニタリングやファイアウォール機能、可視化機能などを備える。(2021/5/26)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
レッドハットが車載ソフトウェア、車載Linuxの機能安全対応や保守管理を支援
Red Hat(レッドハット)が車載ソフトウェアに参入する。車載情報機器で採用拡大が見込まれる車載Linux向けに、開発ツールやコンポーネントを展開する。車載情報機器向けのOSはGoogle(グーグル)の「Android」と車載Linuxの2つが主流となっており、グーグルへの依存を懸念する自動車メーカーやサプライヤーが車載Linuxに注目している状況だ。(2021/5/25)

国内シェア20%目標:
アパグループの元谷外志雄代表インタビュー 「誇りある祖国の再興に尽力」
国内最大のホテルネットワークを持つアパグループは10日、創業50周年を迎えた。同グループ代表で、保守系言論人としても活躍する元谷外志雄氏が語った。(2021/5/12)

厚労省、COCOA不具合の検証結果を公表 業者任せ、多重下請けなどの課題が浮き彫りに
接触確認アプリ「COCOA」で新型コロナの陽性者との接触がユーザーに通知されない不具合が見つかった問題で、厚生労働省が検証結果を公表した。アプリの保守管理を巡り「適切にテストが行われなかった」「業者任せにしていた」などの課題が浮き彫りになった。(2021/4/16)

製造ITニュース:
設備監視データを活用した設備保全効率化サービスの運用開始
日立産機システムは、「FitLiveカスタマーサクセスセンタ」の運用を開始した。遠隔設備監視クラウドで収集する空気圧縮機の稼働実績データを分析し、不具合発生前の予兆診断や保守サポートのタイミングを最適化する。(2021/4/14)

アイ・オー、10GbE対応の法人向けNAS「HDL2-HA」に初期設定サービスなどを付属したセットパッケージを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製の法人向けNAS「HDL2-HA」シリーズに保守サービスなどを付属したセットパッケージを追加した。(2021/4/1)

再生可能エネルギー:
太陽光パネルと蓄電池を個人宅にタダで設置、沖縄電力の再エネ目玉事業「かりーるーふ」
沖縄電力グループは、個人宅の屋根に無料で太陽光パネルを設置し、家主に電力を格安で販売するPPA事業「かりーるーふ」を展開している。かりーるーふは、個人宅の屋根を借りて太陽光パネルを設置し、電力を販売するPPA事業。設備面のサポートはパナソニックが行う。太陽光パネルの初期費用や保守費用は無料で、屋根を貸した住宅には、パネルとともに設置される蓄電池によって災害時にも電力が供給される。これまでに50枠の募集枠に対し、2倍以上の申し込みがあり、人気を裏付けている。(2021/3/30)

AI:
写真から撮影場所や被写体の大きさを自動認識/管理するAIを開発
東芝は、GPSが届かない発電プラント施設内などの点検作業において、一般のカメラで撮影した1枚の写真から、撮影場所とひび割れなどの劣化箇所の被写体の大きさを認識する「点検情報管理AI」を開発した。巡視・保守点検作業を効率化する。(2021/3/30)

障害予兆検知でIT管理者の工数削減
Windows 10時代の次世代保守サポート、一人情シスの新しい選択肢になるか
Windows 10の移行やテレワークの普及によって、従業員のクライアントPC保守やサポートに関するIT管理者の負荷が高まっている。IT管理の負荷軽減、作業効率化のために何ができるのだろうか。(2021/3/31)

古いシステムで困り続けるか、さっさと片づけてDXに笑うか:
PR:もう先送りできない、経営課題として「SAP2027年問題」と向き合う方法
SAPによるERPソフトウェアの保守サポート終了、いわゆる「SAP2027年問題」が目前に迫っている。さまざまな課題の中で先送りにされがちだが、経営とITのレベルを引き上げるために対応は不可避だ。どうすればその一歩が踏み出せるか、具体策を探る。(2021/3/29)

ロイヤルダッチシェル、保守切れ直前アプライアンスのゼロデイ脆弱性を突かれる
石油大手Royal Dutch Shellがサイバー攻撃を受けた。保守切れ直前の古いアプライアンスが抱えた脆弱性を突かれた。影響範囲は調査中だとしている。(2021/3/24)

松井証券のシステム開発委託先SE、顧客口座から2億円着服か パスワードなど不正使用して出金
松井証券のシステム開発・保守、運用を担当していたSCSKの元社員が、松井証券のユーザー15人のIDやパスワードなどを不正に取得し、顧客になりすまして、口座に預けられていた現金など総額2億円を着服か。(2021/3/24)

LINE、中国での開発を終了 保管データは日本へ完全移行
LINEが、コミュニケーション関連機能の開発や保守、運用について中国での業務を終了すると発表。これまで韓国のデータセンターに保存していた画像や動画などのデータを、日本に移転することも明かした。(2021/3/23)

レノボ、21年はサービスを強化 テレワーク導入支援、PCの保守運用で利益拡大目指す
レノボ・ジャパンが、2021年は企業のIT環境構築などサービス分野の事業を強化する方針を明らかにした。4月には専門部署を設置する。(2021/3/10)

工具置き忘れによる事故、AIで防止 画像認識による工具管理ソフトを日立ソリューションズが開発
日立ソリューションズが作業現場向けの画像認識AIを開発したと発表。点検・保守時に作業員が使用したハンマーなどの工具の管理を自動化するソフトウェアとして販売し、工具の置き忘れによる重大事故を防ぐ。(2021/3/9)

接点がなかった客にも積極的にアプローチ
システム開発会社が“地理的に接点のない客”にもリーチできるようになった理由
「設計、開発、保守をワンストップで提供」を強みに、中小企業との直接取引増を目指したインフォニック。そのためには、これまでとは違った営業が必要だった。新たな営業手法で、従来とは違う見込み客へのリーチに成功した事例を紹介する。(2021/3/5)

ビットコイン用マイニングマシンの運用サービス、仮想通貨交換業者がスタート
ディーカレットが、ビットコイン用のマイニングマシンを、先着40台限定で発売する。価格は90万7500円。機器の設置、運用、保守はディーカレットが行う。(2021/2/25)

ディーカレット、仮想通貨マイニングマシンの販売運用サービス開始
仮想通貨取引所を営むディーカレット(東京都千代田区)は、仮想通貨マイニングマシンの販売および運用サービスを開始する。3月15日から受け付けを始め、マイニングマシンの販売、設置、運用、保守までを行う。(2021/2/25)

IEにゼロデイの脆弱性、第三者保守ベンダーが報じる
Internet Explorerにゼロデイのセキュリティ脆弱性が発見された。今後のサポート終了が見込まれることから世界的にはシェアが2%を切るだが、日本のデスクトップ向けWebブラウザにおいてはシェア4位を維持する。(2021/2/20)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
物販・工事原価・保守修理の業務を一元管理する設備工事業向け新システム
内田洋行ITソリューションズは、物販や工事原価、保守修理の業務を一元管理する設備工事業向け基幹業務システム「スーパーカクテルCore 設備工事・保守」を開発し、2020年11月にリリースした。(2021/2/17)

製造ITニュース:
中堅製造業向け保守部品管理ソリューションの提供を開始
シンクロン・ジャパンは、部品管理ソリューション「Syncron Mid-Market Solution Template」の提供を開始した。必要最小限の機能をパッケージ化しており、中堅製造業などでも、保守部品の管理ソリューションを安価かつ短期間で導入できる。(2021/2/16)

FAニュース:
工作機械の遠隔保守を支援する、数値制御装置向けサービスを北米地域に拡大
三菱電機は、IoT技術により工作機械の遠隔保守を支援する「iQ Care Remote4U」の数値制御装置向けサービス地域を北米地域へ拡大し、サービスを開始した。工作機械のダウンタイムを短縮し、生産性を向上する。(2021/2/15)

FAニュース:
金属表面の微小変形から内部の亀裂を10%以内の誤差で推定するAIを開発
三菱電機と東京工業大学は、金属表面の微小な変形から内部の亀裂を10%以内の誤差で推定するAIを開発した。超音波探傷検査の約6分の1の時間で非破壊検査が可能で、発電機などの電力機器の保守点検に活用できる。(2021/2/10)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
日立のDXでもっと楽に確実に!ニューノーマルに順応するビル管理業務とは?
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ビル管理業務にも3密回避や非接触のサービス、柔軟な働き方など、“ニューノーマル(新常態)時代”に即した変革が迫られている。エレベーターやエスカレーターの販売・保守を主力事業とする日立ビルシステムでは、こうしたビル管理の変化に、独自のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」を中心に据えたDX戦略で、ビル利用者やビルオーナー、ビル管理者向けに、withコロナ、自然災害、働き方の3つの課題を解消するサービスを展開している。(2021/2/3)

製造現場向けAI技術:
写真1枚で撮影場所や被写体の大きさを自動認識するAI、東芝がプラント業務で活用
東芝は2021年2月1日、1枚の写真から撮影場所や被写体の大きさを自動認識し、そのデータを管理できるAI(人工知能)を開発したと発表した。発電プラント施設などの巡視や保守点検作業の自動化などに貢献する。(2021/2/1)

PR:「インフラ設備の保守・点検業務でのIoT活用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/1/29)

ビデオ会議機器をサブスクで シスコがテレワーク需要に応えるサービスを開始
シスコは、ビデオ会議機器をサブスクリプションサービスとして利用できるプログラム「Hardware as a Service for Webex Devices」の提供を開始した。同サービスは、機器の保守サービスやWebexのライセンスをサービスに含めることも可能だ。(2021/1/21)

Parler停止のAWSとトランプ氏アカウント凍結のFacebook、報復に警戒するよう従業員に通達
保守派の集うSNS「Parler」を停止に追い込んだAWSと、トランプ米大統領のアカウントを永久凍結したFacebookがそれぞれ、報復に警戒するよう従業員に通達した。(2021/1/13)

AWSにサーバ停止されたSNS「Parler」、AWSを提訴「政治的敵意によるもので、独禁法違反だ」
保守派の利用者が多いSNS「Parler」が、利用規約違反だとしてサーバを停止したAWSを提訴した。サーバ停止はAWSが得意客のTwitterの利益になるよう画策したもので、独禁法違反だと主張している。(2021/1/12)

AWS、トランプ支持者のSNS「Parler」へのサービスを1月10日に停止
Twitterでアカウントを停止された保守派が流入するSNS「Parler」が1月10日深夜に一時停止する見込みだ。同社が利用するAWSがサービス停止を通告してきたと、マッツェCEOがParlerで発表した。他のサービスに移行するのに最悪1週間かかるとしている。(2021/1/10)

3Dプリンタニュース:
自動車検査治具用の3Dプリンタ材料を出力素材認定、保守サポートサービスを開始
XYZプリンティングジャパンは、群栄化学工業の3Dプリンタ材料「CB50」を出力素材に認定した。高剛性の自動車検査治具用材料について、レーザー焼結式3Dプリンタ「MfgPro230 xS」の純正パウダーと同じ保守サービスを提供する。(2020/12/25)

NEC、ローカル5Gネットワーク構築サービスを提供開始
NECがローカル5Gのネットワーク構築から運用、保守までを支援するサービスの提供を始めた。(2020/11/30)

NECが「ローカル5G」サービスを開始、月額モデルも用意
NECは、11月26日にさまざまなサービスメニューをそろえた「ローカル5G」を提供開始。機器の運用・保守まで月額料金で利用できるプランも用意し、5G基地局のラインアップにSub6(4.7GHz)帯域に対応したスタンドアローン型を追加する。(2020/11/26)

ツイート規制のTwitterからのエクソダスを受け入れるParlerのユーザー急増
米大統領選後、“言論規制された”としてTwitterから多数の著名人が流入しているSNSサービス「Parler」。米国ではユーザーが急増中だ。言論の自由を約束し、中立な立場だと謳うが、WSJによると保守系投資家マーサー家が出資している。(2020/11/16)

IoT&5Gソリューション展:
通信基地の鉛蓄電池を遠隔監視、保守経費の削減につながるIoTソリューション
アドテックは2020年11月、通信基地局などで使われる鉛蓄電池用のセンシングデバイスと、それを用いて開発を進めているバッテリーの遠隔モニタリング用IoTソリューションを展示した。鉛蓄電池の内部温度や電圧などを測定し、遠隔地のPCから電池の稼働状況などを把握できるようにする。(2020/11/12)

工場やプラントのIoT運用、クラウドで高度化へ 新ソリューションが登場
東芝デジタルソリューションズは、O&M(運転管理&保守点検)を支援するIoTサービス「設備・機器メーカー向け Meister RemoteX」「工場・プラント向け Meister OperateX」の提供を開始。IoTデータとO&M業務データを統合することで、アセット管理を高度化する。(2020/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.