• 関連の記事

「経営方針」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「経営方針」に関する情報が集まったページです。

Exxon Mobilが考えるデータ活用とDX【前編】
エクソンモービルのデータ担当者がMicrosoftやSAPとの契約交渉で得た“深い学び”
Exxon Mobilでセントラルデータオフィスのマネジャーを務めるアンドリュー・カリー氏は、24年間でIT担当から経営戦略までさまざまな現場を経験し、DXにつながる学びを得たという。その内容とは。(2023/12/26)

「守りのDX」と「攻めのDX」:
大和ハウスDX戦略の全体像2023年版 設計BIM100%で「導入期」から「活用期」へ
大和ハウス工業は、2022年度から5カ年度の中期経営計画で、守りのDXで持続的成長モデルの構築を掲げている。その中核を成すBIMは、既に設計で全件BIM化を達成し、これまでの導入期から、共通データ環境に蓄積するBIMデータを建材データベースやxRなどで、いかに利活用するかの活用期へと移行している。(2023/12/14)

製造マネジメントニュース:
高度遠隔運用やCFB技術を新たな成長の芽に、OKIのイノベーション戦略
OKIはイノベーションおよび技術戦略説明会を開催。縮小均衡から脱却し成長の芽を作ることを目指す中期経営計画の実現に向け、イノベーションを生み出す組織体制やそれによって生まれた技術などを紹介した。また、同時開催のプライベート展示会で高度遠隔運用サービスやCFBなどの具体例を示した。(2023/11/21)

電動化:
電動化1.7兆円、ADAS1兆円へ、ソフトと半導体を強化するデンソー
デンソーは新体制での経営方針や技術戦略について発表した。2030年度に売上高7.5兆円を目標とする。このうち、電動化で1.7兆円、ADASで1兆円の売り上げを目指す。(2023/11/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
RX-7復活か? マツダのロータリー新スポーツカー登場
2022年11月22日の中期経営計画で突如姿を現した白いスポーツカー「ビジョンスタディモデル」は、多くの人が次期ロードスターと予想していた。しかし今回発表されたそのスペックから普通に考えれば、マツダの商品戦略上の位置付けはRX-7後継ということになるだろう。とすれば03年の生産終了以来21年ぶりに復活となる。(2023/10/30)

製造マネジメントニュース:
東芝がドイツで新たな技術拠点を開設、コア技術を応用した新技術の創出を狙う
東芝は、同社グループが経営方針で掲げる「デジタル化を通じたカーボンニュートラル/サーキュラーエコノミー」の実現を加速するため、ドイツのデュッセルドルフに新しい技術拠点「Regenerative Innovation Centre」を開所したと発表した。(2023/9/21)

製造ITニュース:
製造業のAI活用をよりポップに、クリック操作でデータ分析が行えるプラットフォーム
企業によるデータ活用のためのAI(人工知能)プラットフォームを提供するDataiku Japanは2023年9月5日、同社のサービスや経営戦略に関する説明会をオンラインで開催した。(2023/9/6)

CIO Dive:
Microsoft、2023年初めの大幅人員削減からさらなるレイオフへ
2023年はテック企業で多くの人員削減が行われている。Microsoftも例外ではないが、同社によると人員削減は経営戦略の1つだ。(2023/8/9)

経済の「雑学」:
ビッグモーター「経営計画書」で話題 「生殺与奪権」とは何か
数々の不祥事が明らかになっている中古車販売大手ビッグモーター。そんな渦中にある同社の「経営計画書」の存在をテレビ朝日などが報道し、「生殺与奪権」という言葉が注目を集めている。どんな権利なのか。(2023/8/5)

電動化:
スバルが米国でのEV生産を決定、2028年末までに8車種展開
SUBARUは電動車の投入計画のアップデートなど新体制での経営方針を発表した。(2023/8/3)

ブランドの極意:
「ジョブズ超えしませんか?」 ホリエモン口説いた近畿大学の「広報戦略」
近畿大学の独自のブランド戦略の狙いについて、経営戦略本部長を務める世耕石弘氏に聞いた。(2023/8/3)

“序列”への挑戦:
つんく♂、ホリエモン、本田圭佑 近畿大学が著名人を起用し続ける理由
近大マグロのPRや、卒業生であるつんく♂氏を入学式のプロデューサーに起用するなど、独自の宣伝戦略を打ち出す近畿大学。その戦略の狙いは? 近畿大学で経営戦略本部長を務める世耕石弘氏に話を聞いた。(2023/8/2)

最も不足しているスキルは「企画力」:
データ活用において「システムが分散しているかどうか」はそれほど影響しない あずさ監査法人
あずさ監査法人は、DX推進の実態やDXを推進する上での課題に関する調査の結果を発表した。それによると、最もDXが進んでいる企業はDX戦略を経営ビジョンの柱として掲げている割合が高いことが分かった。(2023/7/26)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
経営戦略とIT戦略はビジネスをドライブする両輪であり車軸となるのがDX戦略――モリタ 取締役 岡本智浩氏
独創的な商品開発を、国内のみならず海外へも輸出することでグローバルに事業を展開。歯科医療の現場に高品質な商品・サービスを提供するモリタ。革新を生み出し、持続的な成長を実現するために積極的に取り組む同社のDX戦略とは。(2023/6/20)

SiCの売上高比率30%目指す:
成長の核はSiC、生産能力5倍に 三菱電機のパワー半導体
三菱電機は2023年5月、オンラインで経営戦略説明会「IR Day 2023」を開催。半導体・デバイス事業本部長の竹見政義氏が、SiCパワーデバイスに関する取り組みを含めた同事業の成長戦略を語った。(2023/6/1)

市場は右肩上がり:
EVシフトでパワー半導体に熱視線 “売上1兆円超”レゾナックCSOに聞く展望
売上高1兆円を超えるレゾナック・ホールディングス。半導体・電子材料をコア成長事業とする経営方針を打ち出し、経営資源を集中的に投資し、半導体・電子材料の比率を売上高の約45%まで引き上げる計画を発表している。(2023/6/1)

製造マネジメントニュース:
「循環型デジタル・エンジニアリング」に勝負を懸ける三菱電機が進める2つのDX
三菱電機は、投資家向けの経営戦略発表会を開催。中期経営計画の進捗度を説明するとともに、新たな成長の軸として打ち出す「循環型デジタル・エンジニアリング」の推進方法について紹介した。(2023/5/31)

エクサウィザーズ:
生成AIで有価証券報告書の要点を抽出・文章化 検索エンジンを強化
エクサウィザーズは、企業情報に特化した同社の検索エンジン「exaBase 企業検索」に、生成AIを活用した情報分析機能を提供することを発表した。「ChatGPT」を利用し、有価証券報告書から正確かつ新しい重要情報を抽出し、文章化する機能。上場企業の経営戦略を簡潔に要約することで、ユーザーの意思決定の迅速化を支援する狙い。(2023/5/29)

製造マネジメントニュース:
ソニーGはコンテンツIPとイメージセンサーの投資強化へ、金融事業はスピンオフ
ソニーグループ(ソニーG)が経営方針を説明。2024年度以降の次期中期経営計画に向けて、コンテンツIPやイメージセンサーへのさらなる投資を継続しつつ、金融事業についても成長拡大を目指すためパーシャルスピンオフを検討していることを明らかにした。(2023/5/19)

2023年度経営方針説明会:
ソニー、半導体など「これまでと次元が違う投資が必要」
ソニーグループ社長の十時裕樹氏は、2023年5月18日に開催した2023年度経営方針説明会で、半導体およびエンターテインメント分野などを中心に、グローバルの競合に対抗するため、「これまでと次元が違う投資が必要になる」と言及した。(2023/5/18)

製造マネジメントニュース:
半導体関連事業へ「飛び抜けて過去最大規模」の投資、京セラが初の中期経営計画
京セラは、同社としては初となる3カ年の中期経営計画を発表。3年間で前3カ年の2倍近くとなる1兆2000億円の設備投資および研究開発投資を行い、その内約半分を半導体関連事業に割り当てる方針を示した。(2023/5/17)

電子ブックレット(製造マネジメント):
株式非公開化進める東芝、経営迷走の経緯を振り返る
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、株式の非公開化を決めた東芝の過去の経営方針の変転についてのニュース記事をまとめた「株式非公開化を進める東芝、経営迷走の経緯を振り返る」をお送りします。(2023/5/12)

製造マネジメントニュース:
縮小均衡から脱却し成長の芽を作る、OKIが中期経営計画を発表
OKIは、2022年度の決算概要を発表するとともに、2025年度までを対象とした中期経営計画を発表。コロナ禍以降の業績が縮小均衡となる中、新たな成長の芽を形とし、次期中期計画での本格成長に向けた土台作りとする方向性を示した。(2023/5/11)

携帯値下げの衝撃から2年、収益回復への秘策は? ソフトバンク決算で語られたこと
ソフトバンクは5月10日、2022年度通期決算と新中期経営計画を発表した。決算説明会では宮川潤一社長が登壇し、展望を紹介した。質疑応答では「副回線のワンナンバー化」にも言及した。(2023/5/11)

製造マネジメントニュース:
日立は事業ポートフォリオ改革からサステナブル成長へ、日立Astemoも非連結化
日立製作所が2022年度決算と「2024中期経営計画」の進捗状況について説明。上場子会社がゼロとなり日立Astemoも非連結化することから、事業ポートフォリオ改革は一区切りとして今後はサステナブルな成長に経営の主軸を切り替えていく方針だ。(2023/4/28)

電動化:
EVの走行距離倍増、PHEVはモーター走行200km……トヨタ新体制が方針
トヨタ自動車は新体制での経営方針を発表した。社長に就任した佐藤恒治氏、副社長の中嶋裕樹氏と宮崎洋一氏が出席し、電動化の計画や「モビリティカンパニー」を目指す変革などについて説明した。(2023/4/10)

日本企業との違いはどこに?:
新規開拓せずに売り上げ成長 米国企業に見習う「経営戦略」としてのカスタマーサクセス
最近ようやく日本企業でも広がりつつあるカスタマーサクセス。一歩先を行く米国企業では、経営戦略として取り組むケースも増えているようだ。(2023/3/20)

電動化:
三菱自動車が今後5年間で電動車9車種、電動化関連の投資も拡大
三菱自動車は2025年度までの3カ年の中期経営計画「Challenge 2025」を発表した。(2023/3/13)

3年ぶり中期経営計画:
脱“日産・ルノー依存” 三菱自、2035年度までに電動化100%へ
三菱自動車は2025年度までの成長戦略を盛り込んだ新たな中期経営計画「Challenge 2025」を発表した。新計画では35年度までに電動化100%実現や、ASEANやオセアニア地域での販売強化を打ち出した。(2023/3/10)

対象店舗は明かさず:
最盛期から7年で店舗半減に舵 イトーヨーカドー、首都圏シフト加速
セブン&アイホールディングスが傘下の「イトーヨーカドー」について、国内14店舗を新たに閉鎖する方針を中期経営計画で示した。首都圏での事業に集中する狙いがある。(2023/3/10)

選択と集中:
「イトーヨーカドー」国内14店舗を閉鎖 アパレルからも完全撤退へ
セブン&アイホールディングスが傘下の「イトーヨーカドー」について、国内14店舗を閉鎖する方針を示した。中期経営計画で明らかにした。アパレル事業からも完全に撤退するという。(2023/3/9)

未曾有の出来事が一人の人生を変えるきっかけに:
「3代目が会社をつぶす」なんて誰が言ったか。年商を100億円に倍増させた3代目の経営戦略
「3代目が会社をつぶす」という言葉がある。創業者や先代が苦労して成長させた会社を、その苦労を知らない3代目が、十分な経営能力もないまま社長になり、会社を傾けさせてしまうことである。その一方で、先代の跡を継いだ3代目社長が、旧態依然とした会社に改革を起こし、新たな発展に導くこともある。(2023/2/1)

人的資本開示が義務化:
海外の人と働いて「生産性」を高めるには? 時差を武器にする
有価証券報告書を発行する大手企業4000社を対象に、「人的資本」の情報開示が義務化される。人的資本をいかに活用していくかが企業の経営戦略のカギを握るわけだが、どのように対応すればよいのだろうか。(2023/1/26)

FAニュース:
DMG森精機が中期経営計画発表、2000億円の成長投資で2025年に売上6000億円へ
 DMG森精機は2022年12月14日、2023年1月からスタートする3カ年を対象とした「中期経営計画2025」を発表した。事業モデルや経営基盤の進化などを進めて、2022年で4650億円の見通しとなっているグローバルの売上高を、2025年に6000億円まで高める。(2022/12/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダの中期経営計画を分析する
マツダが発表した中期経営計画では、時間軸ごとにフェーズ分けした計画が記されている。各フェーズを読み解いていくと……。(2022/11/28)

電動化:
マツダが電動化加速で1.5兆円投資、中国地方のサプライヤーとも協力強化
マツダは2022年11月22日、2030年に向けた経営方針を発表した。2030年までを3つのフェーズに分けて電動化を推進する。2030年時点でのEV(電気自動車)比率は幅を持たせて25〜40%と想定する。電動化領域全体で1.5兆円を投資する計画だ。(2022/11/24)

導入事例:
滋賀県東近江市のPCa部材製造工場に水素蒸気ボイラーを導入、三井住友建設
三井住友建設は、滋賀県東近江市の能登川工場で、再生可水素蒸気ボイラーを建設業界で初めて導入した。また、同社は、「中期経営計画2022-2024」の基本方針として、「成長分野への挑戦」を掲げ、サステナブル社会に向けた取り組みを強化している。(2022/11/15)

注目すべき3つの分野:
上場企業の中計から読み解く下期のビジネスキーワード 食料品「サステナビリティ」、銀行「地域社会」
中期経営計画書は、今後の経営方針を投資家に向けてアピールする側面が強いため、その年のトレンドをより反映しやすい。2022年度後半の注目キーワード、経営トレンドを予測した。大きくいえば、投資家がサステナビリティを重視するようになっている。(2022/10/4)

現実はどうか:
JR東日本「変革2027」発表から4年 計画から大きくズレた“誤算“は
JR東日本が2018年に発表したグループ経営ビジョン「変革2027」。コロナ禍の状況もあり、当然ながらうまくいっていないことはある。当時の計画から大きくズレた誤算とは。(2022/9/29)

連載「情報戦を制す人事」:
優秀な人事はなぜ「本当に会社に必要な人」が分かるのか? 会社を強くする“HRBP”入門
経営戦略や部門戦略を実現するため、部門の人事面をサポートする「HRBP」。部門において求められる人材を定義することも仕事の一つだが、どのようにして、経営戦略のレベルから本当にその部門において必要な人材を把握するのか。(2022/8/25)

PR:地方銀行がフルクラウドのバンキングシステム内製化で実現する経営戦略――北國銀行×ゼンアーキテクツ対談
(2022/7/29)

企業は“とがって”個性を伸ばせ:
「ハリネズミ経営」と「9つのDX推進領域」でベイシアグループはいかに躍進したか?
ワークマンやカインズなど小売業界のIT活用で大きな注目を集める企業をまとめているベイシアグループ。同グループの掲げる特徴的な経営方針「ハリネズミ経営」とDX推進のポイントを聞いた。(2022/7/21)

製造業×脱炭素 インタビュー:
爆発的に増えるデータと消費電力、脱炭素のためインテルは何をするのか
製造業の場合、GHGプロトコルが定めるスコープ3において「販売した製品の使用」時のGHG排出量が大きいことは珍しくない。インテルも同様に、データセンターにおける製品使用時のGHG排出量が大きな割合を持つ。ネットワーク全体のデータ量が爆発的に増加する中、インテルはどのような対策を講じているのか。インテル 執行役員 経営戦略室長の大野誠氏に話を聞いた。(2022/7/19)

「不適切な販売どうして放置?」「5Gで特徴的なサービスがない」 KDDI株主総会で指摘、高橋社長の答えは?
KDDIは5月22日、第38期定時株主総会を開催した。2022年から2024年は5Gを中核に据えて事業変革を推進する。新中期経営戦略では、事業戦略を「サテライトグロース戦略」と位置付け、本格化を迎える5Gを中心に置き、通信を核とした注力領域を拡大していく。株主からの質問では、不適切な販売や3G停波後の影響、5Gサービスの今後について指摘があった。(2022/6/23)

製造マネジメント インタビュー:
品質不正にもつながるスキル管理のばらつき、デジタル化による可視化で改革を
多くの製造現場ではスキルマップを作成し、技術者のスキルを見える化、管理、運用する体制を整えている。品質マネジメントの国際規格であるISOの監査などで必要になるためだ。一方で現在、技術者のスキル取得状況を可視化することで、経営戦略の実現や品質不正の防止に役立てようとする動きもあるという。デジタル上でのスキル管理サービスを展開するSkillnote 代表取締役に、国内製造業におけるスキルマネジメントの現状や課題について話を聞いた。(2022/6/14)

製造マネジメント インタビュー:
東芝は“パンドラの箱”を開ける、データビジネスで硬直性打破を目指す島田氏
東芝は2022年6月3日、代表執行役社長 CEOの島田太郎氏、社外取締役で特別委員会委員長のジェリー・ブラック氏が報道陣の合同インタビューに応じ、同年6月2日に発表した新たなグループ経営方針の内容などについて説明した。(2022/6/6)

製造マネジメントニュース:
東芝が新経営方針を発表、非中核だった昇降機も照明も東芝テックもコア事業に
東芝が新たなグループ経営方針を発表。以前に非注力事業とされた昇降機事業や照明事業、東芝テックも含めた傘下の各事業をコア事業と定め、これらコア事業から得られるデータの活用が可能なプラットフォームの構築によるDXを進めた後、2030年以降に量子技術によって各プラットフォームが最適化されるQXを目指す。(2022/6/3)

製造マネジメントニュース:
パナソニックの新型電池4680セルは「全て計画通り」、2023年度に和歌山で量産
パナソニック エナジーが2022〜2024年度の中期経営戦略を説明。テスラ向けに開発を進めている新型リチウムイオン電池セル「4680」は既に製品化のめどが立っており、2023年度中に和歌山工場で量産を始めて北米市場への供給をスタートさせる方針だ。(2022/6/2)

製造マネジメントニュース:
デジタルで横串を通す三菱電機の経営戦略、新たなあるべき姿を打ち出す
三菱電機が経営戦略を説明。一連の品質不正問題の原因の一つとして指摘されている組織の縦割り構造を打破するとともに、顧客から得たデータを集めたデジタル空間上に関連する組織が横串を通してつながることで進化し続ける統合ソリューションを提供する「循環型デジタル・エンジニアリング企業」をあるべき姿として打ち出した。(2022/5/31)

ソニーが賭ける「メタバース」と「モビリティ」 勝算はあるか?
2022年度の経営方針説明会で、ソニーグループ会長兼社長 CEOの吉田憲一郎氏は今後の成長領域を「モビリティ」と「メタバース」と語った。(2022/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.