• 関連の記事

「博物館」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「博物館」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

さかなクン、“とんでもない熱量”のメッセージが話題 博物館に全力で書いた文字数に「好きな気持ちって凄い」「いとおしい」
好感しかないメッセージ。(2024/6/22)

5月18日は東京国立博物館や東京国立近代美術館の常設展が無料に! 「国際博物館の日」の記念事業で
全ての展示が無料になる博物館も。(2024/5/17)

実際に空を飛べるだって!? スター・ウォーズの戦闘機「Xウイング」が米国立航空宇宙博物館で展示へ
ボーイングがディズニーと共同開発。(2024/5/17)

「カールじいさんの空飛ぶ家」や「フェラーリ博物館」に泊まれる! Airbnbに有名人や作品テーマのカテゴリー
(2024/5/7)

東京メトロ銀座線、レトロな特別仕様車がGW期間限定で登場 「これは乗りたい」「混むかもなあ……」
地下鉄博物館でも貴重な車両の特別公開を実施。(2024/5/2)

Airbnb、フェラーリ博物館やセレブの自宅など「アイコニック」な宿泊プラン
Airbnbは、新たな宿泊カテゴリー「アイコニック」を発表した。映画に登場した邸宅や美術館、セレブの自宅などに泊まれる。申し込みは抽選で、多くのプランは無料だ。(2024/5/2)

国立科学博物館が「マンスリーサポーター」募集 月額1000円から支援でき、コースに応じて特典
研究者インタビューの閲覧権や「かはく収蔵庫ツアー」に参加できます。(2024/4/1)

「古代遺跡から発掘された?」 ボロボロになった化粧品が汚いを超えて遺物みたいと注目集める
博物館にありそう。(2024/3/30)

恐竜が十二単着てる! 恐竜博物館ならではの雛人形に「一緒に写真撮りたい」「一番インパクトある」の反響
福井といえば恐竜ですね。(2024/2/27)

外国人に人気の美術館・博物館 「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovが、口コミデータを基にインバウンド人気の高い美術館・博物館を調査した。(2024/2/7)

日本のクリエイティブチームが制作した“スパイラル木琴”がパリへ 68段超の巨大自動演奏装置が「フランス国立公文書館博物館」で展示される
転がる木製の球がバッハの名曲を奏でます。(2023/11/30)

鮭の博物館の水槽が空っぽに……!? 自然の摂理と異常気象により出現した珍しい光景に、遡上を待ち望む声が寄せられる
日本初の鮭の博物館より。(2023/11/18)

「共感した」「癒やされた」――“いい人”集めてSNSで反響 「いい人すぎるよ展」生みの親に聞くアイデアの源泉
地方開催の要望に応え、「いい人すぎるよ美術館+切ないすぎるよ博物館」として6都市で巡回開催されます。(2023/11/19)

クラスメソッド、国立科学博物館に1300万円寄付 クラファン通じ
クラウド技術支援などを手掛けるSIerのクラスメソッドは、国立科学博物館(かはく)のクラウドファンディングを通じて1300万円を寄付したことを発表した。(2023/11/14)

人気の「いい人すぎるよ展」が全国6都市のPARCOに登場 「切ないすぎるよ博物館」も同時開催
「いい人すぎるよ美術館」にパワーアップ!(2023/11/10)

約9.2億円集まる:
「理念で死ぬわけには」 科博クラファン大幅達成、ネット上の議論見て館長が一言
国立科学博物館はクラウドファンディングで、目標金額1億円に対して9.2億円の支援金を集めた。篠田館長は感謝の言葉とともに、ネット上の議論についても振り返った。(2023/11/6)

国立科学博物館のクラファン、約9.2億円が集まる 目標金額の9倍超、約5.7万人が参加
国立科学博物館は11月6日、運営費を募るクラウドファンディングの結果を発表した。目標金額は1億円、目標金額の1億円に対し、約9.2億円が集まった。約5.7万人が支援した。(2023/11/6)

国立科学博物館のクラウドファンディング、約9億2000万円の支援を集め終了
支援者は約5万7000人。(2023/11/6)

科博クラファン、目標の8倍以上の支援集め成功も…… SNSでは「なぜ国が支援しないのか?」の疑問多数 文化庁と科博に聞く
間もなく終了する国立科学博物館のクラウドファンディング。SNSで多く寄せられている疑問について聞きました。(2023/11/3)

食べ終えた「あずきバー」で「ログハウス」製作 父の“執念”こもったミニチュアに「博物館に展示してほしい」
内装まで作り込んだ本格的な仕上がり。(2023/10/4)

初代「オーロラビジョン」のブラウン管が「未来技術遺産」に
国立科学博物館は5日、「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)に、三菱電機が1970年代に開発した第一世代「オーロラビジョン」のCRT光源管(ブラウン管)など20件を登録すると発表した。(2023/9/5)

アーケードゲームの保存に取り組む「アーケードゲーム博物館計画」が現設備から撤収へ 切実な移転先募集に「喪失の危機」と大きな反響
今後の見通しについて話を聞きました。(2023/9/5)

100年前の今日起きたこと──AIと人力でカラー化した関東大震災の写真、科博で展示
1923年の関東大震災からちょうど100年となる9月1日、国立科学博物館で企画展「震災からのあゆみ─未来へつなげる科学技術─」が始まった。(2023/9/1)

全身ピッカピカ! 小屋で置きっぱなしになっていたVW「ビートル」の清掃が気持ち良い
博物館に飾れそうな状態だ!(2023/9/3)

“会いに行ける縄文人”模型の「ゆきえ」さんが今にも動き出しそうなリアルさ 博物館に名前の由来などを聞いた
浅間縄文ミュージアムに取材しました。(2023/8/24)

縄文土器がクッションやバッグに! フェリシモと十日町市博物館のコラボで縄文時代が身近に
土器がモチーフのスープマグやソックスも。(2023/8/22)

エンタメ×ビジネスを科学する:
国立科学博物館のクラファン、なぜ一瞬で1億円集まったのか? 支援者の「動機」に答え
国立科学博物館が実施したクラウドファンディングは注目され、多くの反響と議論を呼んだ。8月7日に目標金額1億円でスタートしたこのクラウドファンディングは、当日中に目標金額を達成した後も勢いは止まらず、現時点で4万1000人以上の支援者から6.7億円を超える金額が集まっている。なぜこれほどの人数と金額の規模で支持を集めたのか。(2023/8/21)

3億円を超える超高級車「フェラーリ F40」が接触事故を起こす 博物館の中を移動中にポールと接触
とはいえ低速で運転していてよかった……!(2023/8/18)

国立科学博物館のクラファン、5億円を突破 10日には副館長らによるライブ配信も
国立科学博物館が8月7日からスタートしたクラウドファンディングが、9日午後7時ごろに支援額5億円を突破した。当初の目標金額は「当館史上最高額」とする1億円に設定されていたものの、開始から9時間半という異例のスピードで目標をクリアするなど、高い注目を集めている。(2023/8/9)

科博の資金募集、1日で3億超え 目標の3倍以上 財政危機をファンが支援 「まさかこんなに反響が」
国立科学博物館のクラウドファンディングが大きな注目を集め、1日で3億円超の支援があった。目標額の3倍以上が、1日で集まったことになる。(2023/8/8)

国立科学博物館“海展”の割引券が“魚の免許証風”でユニーク 「おもしろすぎる」「何これ欲しい」
上野駅周辺の施設で期間限定配布。(2023/8/8)

国立科学博物館、コレクション維持のためのクラウドファンディング 即日1億円の目標を達成
リターンも豪華だ……!(2023/8/7)

国立科学博物館のクラファン、1日足らずで目標の1億円突破 応援コメントも5000超
8月7日午前に始まった国立科学博物館のクラウドファンディング。同日午後5時過ぎには支援総額が1億円を突破し、当初の目標を達成した。(2023/8/7)

科博のクラウドファンディングにアクセス殺到 READYFOR全体がつながりにくい状態に→緊急メンテで復旧
国立科学博物館がクラウドファンディングサイト「READYFOR」で始めた運営費の募集が大きな注目を集め、サイトにアクセスが集中。一時つながりにくい状態に。(2023/8/7)

目標1億円 国立科学博物館、クラファンで運営資金募る 返礼品にはバックヤードツアーなど
国立科学博物館が運営費を募るクラウドファンディングを始めた。目標金額は1億円。コロナ禍や光熱費、原材料費の高騰で資金難に陥っている中、コレクションの収集や保管、研究などに必要な費用を集める。(2023/8/7)

夜の博物館を懐中電灯1本で探険! 映画「ナイト ミュージアム」みたいなイベントがド迫力でワクワクする
福岡県の「いのちのたび博物館」で、限定的に開催されたイベントです。(2023/8/5)

“虹色”ってどうやって作るの? 印刷博物館が公開した「グラデーションの作り方」が見ても分からないほど不思議
職人技が光ります。(2023/7/23)

『トーマス、きょうとへいく』発売 日本発オリジナル絵本でトーマスが京都鉄道博物館へ
清水寺も登場。(2023/7/21)

旅先も“AI任せ”な時代に? 経路検索「駅すぱあと」がChatGPT活用 “ざっくり要望”で行き先提案
ヴァル研究所が、Webサイト「駅すぱあとfor web」にChatGPTを活用した機能「お出かけAI(β版)」を追加した。「上野駅から30分以内で行ける博物館がある駅」のように希望する行き先を大まかに指定すると、おすすめの施設と移動経路を提案する。(2023/5/31)

青いスープや納豆トッピングのラーメンが作れる!? 新横浜ラーメン博物館にオリジナルカップ麺の製作所が登場
“ヤバい”ラーメンだけでなく、“本格派”ラーメンも作れます。(2023/4/17)

仕事と家事の両立術:
まるでキッザニア!? 「消防博物館」の職業体験が共働き夫婦にありがたいワケ
子どもにさまざまな体験をさせたいが、調べたり予約したりする時間がない。消防士の職業体験ができる場として東京・四谷の「消防博物館」がある。交通アクセスもよく、周辺にも別の子ども向け施設が充実している。(2023/3/25)

「動物の死体を厄介なものと捉えるのは、人間だけ」 大阪湾の迷いクジラ「淀ちゃん」の海洋投棄は妥当だったのか? 市・博物館・専門家に聞いてみた
「死」に対して、どう向き合っていくのか。(2023/3/17)

琵琶湖博物館の大型水槽が破損して水浸し 観覧料800円→550円に 現地訪れた西川貴教さん「大水槽以外は被害なかった」
“一日館長”を務める、ミュージシャンの西川貴教さんが現地を視察しました。(2023/2/11)

動物の埴輪が“放牧”されてる! 博物館なのに牧場みたいな展示がかわいいと話題に
ただでさえかわいい動物埴輪がもっとかわいいことに。(2023/1/27)

東京国立博物館予算ひっ迫、ミュージアムグッズ購入は応援になる? 国立博物館・美術館の応援方法を担当者に聞いた
何が応援につながるのか聞いてみました。(2023/1/13)

“世界3大ギタリスト”ジェフ・ベック、細菌性髄膜炎のため78歳で逝去 エリック・クラプトンやジミー・ペイジらが追悼
博物館「ロックの殿堂」にも2度殿堂入り。(2023/1/12)

古墳時代の銅鏡をチョコで再現! “銅鏡チョコづくりの技術”を確立した郷土歴史博物館のワークショップが楽しそう
考案した学芸員に詳しい話を聞きました。(2023/1/11)

「海溝型地震」のメカニズムを再現した電動模型が分かりやすいと話題 これが現実で起こると思うと……
和歌山県立自然博物館が製作。現在は大阪市立自然史博物館にて2023年2月26日まで展示中。(2023/1/5)

自然史博物館のクラウド活用【後編】
AWSがなぜ生物多様性? 自然史博物館は「クラウド」で何を実現するのか
英国のロンドン自然史博物館はAWSと協力し、生物多様性に関する研究強化を目的としたツールを共同開発した。このツールは、研究の未来をどう変えるのか。(2022/12/27)

最古のまんが「鳥獣戯画」をVRで 凸版印刷、東京国立博物館で再上演
凸版印刷は国宝「鳥獣戯画」を題材にしたVRコンテンツを23年1月2日から東京国立博物館の「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」で上演する。(2022/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.