「ストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

新サービス開発の難局を切り抜けられたワケ
月間52億通のメール配信サービスの要にストレージあり、ユミルリンクの創意工夫
ユミルリンクが月間52億通超を配信する大規模なメール配信サービスの可用性を強化した際に、鍵となったのがストレージシステムだ。必須要件である高速なI/O性能をリーズナブルに実現した秘策とは何か。(2021/9/16)

SSDケースとHDMI/USBポートを一体化 ケーブル1本で全部つながるドッキングステーション
SSD/HDDと周辺機器をケーブル1本でノートPCやタブレットに接続できる、ストレージケース兼ドッキングステーション発売。(2021/9/17)

組み込み開発ニュース:
「Cortex-M4」を搭載した32ビットマイコンの新製品、複合機やAV機器など向け
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4を用いた32ビットマイクロコントローラー「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」の新製品として、「M4G」グループ20製品の量産を開始した。(2021/9/17)

実現への道のりと可能性
容量10ZB(ゼタバイト)を実現する「DNAストレージ」
DNAにデジタルデータを書き込むDNAストレージは、膨大な容量と100万年レベルの保持能力を提供する。その可能性と実現に向けた取り組みを紹介する。(2021/9/17)

PS5でM.2 SSDの拡張ストレージが利用可能に 大型アップデートきょう配信 テレビ内蔵スピーカーで3Dオーディオ再生
SIEは、PlayStation 5の大型アップデート第2弾を9月15日に配信する。M.2 SSDによるストレージ拡張の他、テレビ内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応、新しいUX、カスタマイズオプションなどを追加する。(2021/9/15)

PR:PCIe 4.0より速い!? リアルな検証で分かったIntel SSD 670pの真の実力
クライアントPCのストレージがSSDに移行して久しい。今では最新のPCIe 4.0対応のSSDが登場し、ベンチマークテストでは派手なスコアが飛び交って話題を集めているが、実際に一ユーザーとして使う場合、大切なのは実利用環境でのパフォーマンスだ。インテル最新のクライアントPC向けSSD「インテル SSD 670p」を使って、そのあたりの実情を確かめよう。(2021/9/13)

最新ストレージ仮想化ソフトウェア
クラウドからテープまで、あらゆるストレージを統合管理する「Valence」
ストレージ仮想化ソフトウェア「Valence」は、オンプレミスのフラッシュストレージからクラウドのストレージやオフラインのテープまで、あらゆるストレージを統合管理できるという。(2021/9/13)

32ビットマイコンで新たに20製品:
TXZ+ファミリ アドバンスクラスにM4Gグループ
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4搭載32ビットマイコン「TXZ+ファミリ アドバンスクラス」として、新たに「M4Gグループ」20製品の量産を始めた。高速データ処理が求められるオフィス機器やFA機器、IoT(モノのインターネット)家電などの用途に向ける。(2021/9/13)

膨大なデータ処理を変える技術【後編】
「GPUDirect Storage」はストレージのスループット改善にどれだけ効果的なのか?
GPUによるデータ処理を高速化するNVIDIAの「GPUDirect Storage」は、大量のデータを扱う用途で活用が進む可能性がある。その可能性を考える上では、ストレージベンダーの取り組みが鍵になる。(2021/9/7)

ストレージAPIとは何か
クラウドの多種多様な「ストレージAPI」基礎の基礎
ストレージAPIは多義的な用語であり、提供者や場面によって意味が異なる。本稿ではストレージAPIという用語の再整理を試みる。(2021/9/6)

何が普及を妨げているのか
NVMeをネットワークストレージ化するNVMe-oFの無視できない制約
普及すると目されているがいまだに普及しているとは言い難いNVMe-oF。導入をためらわせる制約とは何か。(2021/9/3)

クラウドストレージ選びの基本
クラウドストレージサービス選びにとって重要な指標
クラウドストレージサービスの比較にストレージのスペックを単純に適用することはできない。クラウドならではの複雑性を理解し、重視するポイントを絞る必要がある。(2021/9/2)

膨大なデータ処理を変える技術【前編】
GPUのデータ処理を高速化 「GPUDirect Storage」はなぜ必要なのか?
GPUとストレージが直接データをやりとりできるNVIDIAの「GPUDirect Storage」が一般に利用可能になった。まずはどのような仕組みなのか、ざっくりと理解しておこう。(2021/8/24)

5Gスマートフォン「Xperia 10 III Lite」登場 Xperia初のeSIM搭載モデル
ソニーが8月19日、ミッドレンジの5Gスマートフォン「Xperia 10 III Lite」を発表。8月下旬以降、一部の通信キャリアが発売する。Xperia 10 IIIよりもストレージが少ないが、Xperiaとしては初めてeSIMに対応している。(2021/8/20)

半径300メートルのIT:
2段階認証だけでは万全ではない? クラウドストレージサービスの使い方を再考する
岡山大学病院で情報漏えいインシデントが発生しました。現時点で悪用は確認されていないそうですが、今後テレワークが進み、同様のインシデントが起こる可能性は捨てきれません。クラウドストレージサービス利用の注意点を考えます。(2021/8/17)

18GBメモリ搭載の「ROG Phone 5 Ultimate」、8月31日に数量限定発売
ASUS JAPANは、18GBのメモリや512GBのストレージを搭載した5G対応ゲーミングスマートフォン「ROG Phone 5 Ultimate」を8月31日に数量限定で発売。価格は14万9800円(税込み)で、8月17日10時から予約を受け付ける。(2021/8/16)

車載ソフトウェア:
車載システム向け、データストレージ技術とリアルタイムOSの統合で業務提携
イーソルは、車載システム分野においてフィンランドのTuxeraと業務提携した。Tuxeraのデータストレージ技術「Reliance ファイルシステムテクノロジー」と、イーソルのリアルタイムOS「eMCOS」を統合する。(2021/8/16)

コンピュテーショナルストレージ動向【後編】
コンピュテーショナルストレージ普及・活用のための課題
多くの可能性を秘めるコンピュテーショナルストレージだが、それを活用してメリットを引き出すためには幾つかの課題を解決する必要がある。(2021/8/16)

ストレージ選びの基本
ストレージパフォーマンスの比較にとって重要な5つの指標
多彩なストレージの中からどれを選ぶべきか。選定の要件は複雑化する一方だが、パフォーマンスに関しては5つの指標に集約できる。(2021/8/13)

製造業IoT:
IoTデバイスのデータを自動処理するオンラインデータベースサービスを提供
ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは、IoTデバイスのデータを自動保管し、システムの一部として利用できるオンラインデータベース「MEEQデータプラットフォーム IoTストレージ」サービスの提供を開始した。(2021/8/12)

組み込み開発ニュース:
Cortex-M4を搭載するモーター制御用32ビットマイコンの新製品を量産開始
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4を搭載した32ビットマイコン製品群「TXZ+ファミリーアドバンスクラス」の第1弾として、モーター制御用マイコン「M4Kグループ」12製品の量産を開始した。(2021/8/11)

東芝 M4K、M4Mグループ:
Arm Cortex-M4搭載のモーター制御用マイコン
東芝デバイス&ストレージは、モーター制御用マイクロコントローラー「M4K」「M4M」グループを発表した。MPU、FPU機能付きの40nmプロセスを用いた「Arm Cortex-M4」や、モーター制御回路、汎用通信機能を搭載する。(2021/8/10)

コンピュテーショナルストレージ動向【前編】
GPUのように使える「演算する」ストレージを目指して
コンピュテーショナルストレージの動向を概観するとともに、コンピュテーショナルストレージ導入企業がNGD Systems製品を導入した理由を紹介する。(2021/8/9)

天空、ゲーミングUMPC「GPD WIN3」2TB版を国内限定で発売
天空は、GPD Technologyが開発したスライド式キーボード一体型のスレートタイプゲーミングUMPC「GPD WIN3」のストレージ2TBを発売した。価格は17万4800円(税込み)。(2021/8/6)

「仮想マシン」を自宅で動かすための製品選定ガイド【中編】
仮想マシン(VM)が自宅で快適に動く「CPU」「メモリ」「ストレージ」の選び方
自宅でVMを構築するには、条件に合ったハードウェアが必要だ。自宅でVMを快適に動かすための、適切な「CPU」「メモリ」「ストレージ」の選び方を説明する。(2021/8/6)

新興メモリやSCMが拡大しても:
メモリコントローラーの未来は、まだNANDに依存
メモリコントローラーの未来は、それらが制御するメモリと切っても切れない関係にある。同様に、メモリコントローラーもムーアの法則に支配されている。新しいアーキテクチャによってストレージクラスメモリ(SCM:Storage Class Memory)が勢力を拡大する可能性があるが、メモリコントローラー市場は依然としてNAND型フラッシュメモリに支配されている。(2021/8/12)

「クラウド利用とストレージ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/8/6)

「既定」と「最大」の容量は
「OneDrive for Business」の容量を増やすには? 注意すべきMicrosoft 365の制限
「Microsoft 365」を利用する場合、「OneDrive for Business」のストレージ容量の上限に注意が必要だ。その上限を増やす方法を紹介する。(2021/8/3)

「Linuxが動く」SSDをどうする?
コンピュテーショナルストレージに移行するには何が必要なのか
「ストレージに実装されたCPU」でLinuxが動く製品も登場したコンピュテーショナルストレージ。これを利用するには何が必要なのか。ソフトウェアの変更が必要なのか。研究者に話を聞いた。(2021/7/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
「NVMeのHDD」爆誕? 進化を続ける「HDD」の今と未来
「『HDD』は過去の技術だ」という認識は正しくない。「SSD」などのフラッシュストレージが市場を席巻する中でも、HDDは広く使われ、技術革新も続いているからだ。アナリストの見解から、HDDの実態と今後を追う。(2021/7/29)

「データとストレージの利活用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/1)

Oculus Quest 2にストレージ128GBの新モデル 価格は64GBモデルから据え置き
米Facebookが、VRヘッドセット「Oculus Quest 2」のストレージを128GBにした新モデルを8月24日に発売する。価格は299ドル。既存モデルのうち、256GBモデルは今後も提供するが、64GBモデルは販売を終了する。(2021/7/28)

コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【後編】
FPGAやGPUを搭載した特化型コンピュテーショナルストレージ
コンピュテーショナルストレージには、圧縮や暗号化を行ったりMySQLのクエリを高速化したり、NVIDIAのGPUを使ってデータをリアルタイム処理したりするものもある。(2021/7/27)

アカウントがBANされても安心?:
Google ドライブをNASにまるごとバックアップ! 設定手順は? 注意するポイントをチェックした
NASキットはデータの自動バックアップ機能を標準で備えている。ここでは、ASUSTOR、QNAP、Synology各社の最新NASキットにおける、オンラインストレージのデータをNASにまるごと定期バックアップする設定を見ていく。(2021/7/21)

半径300メートルのIT:
「PPAP」の代替策、クラウドストレージサービスは万能か? IIJのレポートから考える
パスワード付きzipを添付し、その後パスワードを送る方法、いわゆる「PPAP」の代替策としては、真っ先にクラウドストレージサービスの活用が挙がります。しかしこの手法に本当に問題はないのでしょうか。IIJの公開したレポートが興味深い指摘をしています。(2021/7/20)

コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【前編】
「UbuntuやAzure IoT Edgeが動く」コンピュテーショナルストレージ
CPUを搭載し、ある程度の処理を自身で完結させる「コンピュテーショナルストレージ」。ついにOSが起動する製品が登場した。どのようなユースケースがあるのか。(2021/7/20)

DRAMとNANDの統合も:
マルチタスク化は、スマホメモリ要件の新たなけん引役
スマートフォンのメモリ/ストレージ要件は現在も、5G(第5世代移動通信)ネットワークによってけん引されている。しかし、この5Gネットワークだけが、モバイルDRAMやフラッシュメモリに圧力をかけている唯一の要素というわけではない。(2021/7/20)

ASUS、学校導入にも向く11.6型2in1ノート「B1100FKA」にストレージ増量モデルを追加
ASUS JAPANは、Celeron搭載のエントリー11.6型2in1ノートPC「B1100FKA」にストレージ容量を変更した新構成モデルを追加した。(2021/7/16)

コンピュテーショナルストレージ最新動向【後編】
コンピュテーショナルストレージの具体的な使い道とは?
ストレージに演算能力を追加することで、どのようなことができるのか。使い道や各社の製品を紹介する。(2021/7/14)

PR:大量のデータを安全に管理、活用したい――最新技術で挑むストレージ最前線
音声や映像、配信コンテンツといった、24時間生成される大量のデータを安全に保管し、必要に応じて迅速に活用するニーズが高まっている。そこで課題になりがちなのがコストや可用性だ。データの容量や安全性を確保しつつ、増大するデータを確実に活用できる環境の“要”となるストレージでこの課題をどう解決できるのか。(2021/7/9)

NVM Expressが発表:
NVMe 2.0、「未来のストレージの需要に対応」
SSD接続規格である「NVMe(Non-Volatile Memory express)」が次のレベルへと移行する準備を整えつつある。NVM Expressは2021年6月、「NVMe 2.0」の仕様を発表した。(2021/7/8)

コンピュテーショナルストレージ最新動向【前編】
コンピュテーショナルストレージの最新技術動向
データをCPUに転送することなくストレージで処理するコンピュテーショナルストレージ。その定義と技術動向を紹介する。(2021/7/7)

ボンズ、IT基盤を刷新 アニメーション制作のデータ処理効率を30%アップ
ボンズは、アニメーション制作の現場を支えるワークステーションやサーバを刷新した。レンダリングなどのデータ処理業務の効率が20〜30%アップした他、サーバ、ストレージ環境の運用管理性も向上した。(2021/7/2)

「データとストレージの利活用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/1)

はんだ付け不要で容易に着脱可能:
開発プラットフォーム向けコネクター技術を評価
東芝デバイス&ストレージは、IoT機器を簡単に試作できる開発プラットフォーム「トリリオンノード・エンジン」向けのコネクター技術を評価した。この技術を用いると、はんだ付けなどの作業をしなくても、容易に接続部の実装が可能となる。(2021/6/28)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
「GPUとCPUの違い」から「SSDの駄目な使い方」まで 新規会員が注目した話題は
「サーバ&ストレージ」「ネットワーク」「クラウド」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

高温環境下で高信頼と電力損失低減:
東芝、SiC MOSFETのデバイス構造を最適化
東芝デバイス&ストレージは、SiC(炭化ケイ素)MOSFETの新たなデバイス構造を開発した。新構造を採用することで、高温環境下における素子の信頼性向上と電力損失の低減を実現した。(2021/6/25)

プレミアムコンテンツ:
「ストレージクラスメモリ」とは 次世代メモリの正体
メインメモリとストレージの中間的な役割を担う「ストレージクラスメモリ」。どのような技術で何を実現するのか。代表的な製品とともに基本を解説する。(2021/6/18)

車載用アナログIC向け:
高耐圧LDMOSの静電破壊耐量と電力効率を両立
東芝デバイス&ストレージとジャパンセミコンダクターは2021年6月、車載アナログIC向け高耐圧LDMOSの「静電破壊耐量」と「電力効率」を両立させる技術を開発した。(2021/6/16)

攻撃の成否を分ける2つの要素も紹介
ランサムウェア攻撃者はなぜ「オンラインストレージ」を狙う? 理由と対策は
ランサムウェア攻撃は進化を遂げ、オンラインストレージを標的にするようになった。そうしたランサムウェア攻撃が成功すれば、大きな被害をもたらしかねない。何に注意すれば被害を防ぐことができるのか。(2021/6/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.